• ホーム
  • 健康
  • 夫がいない。悲しくてどうにもなりません。

夫がいない。悲しくてどうにもなりません。

レス23
(トピ主6
お気に入り125

心や体の悩み

ゆら

がんで夫を見送りました。毎日悲しくて泣いています。子供もいなくて一人きりです。
今40代ですが、あと30年とか悲しいまま過ごすの?と思うとますます辛いです。
まだ現実も認めたくないような状況で、心の持っていきようもわかりません。

同じような境遇の方、どのように乗り越えましたか。乗り越えられますか。心の支えなどありましたか?

ユーザーID:0694650225

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
  • お悔やみ申し上げます

    ご主人のご冥福をお祈り申し上げます。トピ主さん、おつらいですね。

    同じ境遇ではないですが、私も子供がおらず夫と2人きりなので、夫がいない
    事を想像しただけでつらくなります。両家とも両親もおらず、親戚とも縁が
    薄いです。

    私は、子供の里親制度を利用したいと思っていますが、夫が家計的に無理と
    言い拒否されています。もし夫になにかあったときは、里親制度を利用した
    いと考えています。日本はどうなのか分からないのですが、在米なので、
    1人親でも引取り可能のようです。

    それがダメなら、やはりパートナーを探そうと思っています。

    トピ主さん、今はつらくてなにもできないと思います。今すぐ何か行動を
    という意味ではなく、近い将来、気力・体力が戻ってきた時に、そういう
    考えもあるなぁと思っていただけたら幸いです。

    つらくてなかなか食欲もわかないと思いますが、どうか少しでも食べて体力
    を温存してくださいね。トピ主さんが、一日も早くつらい苦しみを乗り越え
    て行けますように。

    ユーザーID:3602993373

  • あらたな存在として

    夫が突然亡くなり1年ちょっと経ちました。子どもはいません。
    私の日常生活から夫だけが切り取られたようにいなくなりました。
    1年前の私は、泣いたり自らの気持ちを奮い立たせ少し元気を出してはまた落ち込む、泣き笑いの繰り返し。こんなアップダウンを続けていたらメンタルやられちゃうんじゃないだろうかと思いました。
    私が幾ら悲しかろうと、この世には自分以外に分かり合えるひとはいないんです。長年連れ添った配偶者を失う経験のある人は周囲にそうそういません。
    この悲しみを分かち合うのは故人本人だけです。
    私の夫は何の功績もない一般人ですから、生きた証というのはもう私の思い出の中だけです。私が思い出せる限りは、そういう形で「在る」のです。からだのほう、物質としては大部分が宇宙に還りました。地球上を漂ってもうほかの生き物の一部になっているかもしれません。私がやがて認知症になってしまい忘れるときがくれば、そのときが本当の死ですね。
    いつの日か、夫は、思い出すと私の心をあたためてくれる存在になるだろうと思っています、泣くばかりじゃなくて。
    また、私にとって「大切な故人」の思い出を抱えた私自身も「大切」に思わなくてはいけない、そう思いたいです。
    急にはじまったひとり暮らしは何につけても悲しくて空しくて。
    でも、世の中にひとり暮らしの方は大勢いるし、介護も看護も養育も何もしていない、我が身ひとりの世話だけすればいい、お気楽な私が嘆いたり不満を言う資格はないなと思います。好きなだけ悲しんでいられるのもそういう暇や余裕があるからです。
    急にいなくなった夫ですが、のこしたものから私への愛情を感じられるものがあります。生活の中で、何となくまもってくれているように感じられる出来事もあります。
    長いですが続きます。

    ユーザーID:0119416548

  • 夫に頼らない楽しみ

    夫が亡くなり、いろいろなことを何度も何度も考え堂々巡り。
    自問自答の中で、二人暮らしのときに、自分ひとりだけで過ごした時間はなかったのか、夫を放っておいて自分だけ打ち込んだ楽しんだ充実した時間はなかったのかと考えたら、ありました、そんな趣味だったり習い事だったり。夫に頼らない楽しみもあったんですよ。

    しかし、本当に立ち直ったきっかけは、はじめての心臓の不整脈、オーバーに言うと発作です。
    全然命にかかわるようなものじゃなく恥ずかしい限りですが、そのときは息苦しくてこのまま死んでしまうようなことがあったらと不安に思ってしまいました。そこで、まだ納骨もしてないし二人でため込んだガラクタも整理していない、まだまだ死ねないと心の内で叫んでしまいました。

    私は悲しくて辛いのに、それでも死にたくないんだなと。我が身を浅ましいな、人間らしいなと呆れてしまい。
    ひとは自分で死ぬ時期は決められない。そのときがくるまで生きているのです。

    ユーザーID:0119416548

  • 参考になります。ご意見ありがとうございます

    励ましありがとうございます。里親はその子との相性とか考えると難しいですね。でも、いろんな選択があり、何が人生起こるかわかりませんよね。共感して、考えてもらってうれしいです。

    突然亡くなられるなんて、どんなにかお辛いかと思います。お身体、大丈夫でしょうか?
    私も現在のメンタルは自分でとても心配です。こんなに体にストレスを与えていたらいずれ良くないだろうなと思います。

    思い出を抱えた自分自身を大切に思うって、すごく良い発想で素晴らしいと思います。その考え方は私も心にとめておきたいなと思います。
    確かに仕事をしているときはだいぶ気持ちが紛れるわけだし、帰ってくると途端に悲しくて、暇な時間があれば悲しむと言う感じです。まるで自分のことを言われてるような同じような状態です。
    夫に頼らない楽しみってあったけどやはり居てくれると言う安心感のもと何でも一人でやれていた気がします。
    死にたいなんて言ってても、新型肺炎にならないように気をつける自分がいます。

    悲しい中ですのに、ご回答ありがとうございました。

    ユーザーID:0694650225

  • ゴメンなさい。面白いポチを触ってしまいました。

    エールポチに一票です。

    お辛い経験をされましたね。私は10年ほど前に子供を亡くしました。未だ20代でした。10年経っても、ビデオを観ることは出来ません。アルバムも開くのも辛いので、出来ません。

    私も、いつまで経っても何をしていても思い出します。買い物の時、料理しているとき、いつも心の中で話しかけています。今日はあなたの好きな焼き肉よ〜とか、心の中にいつもいる感じですね。

    何かに熱中しているときは、一時的に忘れます。仕事とか趣味とか、映画を観ている時とか。

    心の支えというか、心を癒すには、そういう時間を少しずつ延ばしていくしかないのかな、と思っています。

    主さんも、作品作りとか、仕事とか、ボランティアとか・・・何かに熱中すると良いと思います。

    主さんの心が少しでも穏やかになりますように。

    ユーザーID:4049536463

  • 散歩…音楽…読書で立ち直りました。

    私(50代・子供なし)は同時期に母と夫を亡くしました。
    そのストレスから、食欲不振・めまい・甲状腺の手術・乳がんの手術と立て続けに悪いことが続き…激動の3か月間でした。
    姉妹や親戚も他界しており、入院時は保証人になる人も思い浮かばず…もちろん入退院も手術当日も一人でした。

    でも、母と夫を亡くした悲しみが深すぎて、その他のことは楽勝っていうか、なんの感情も湧きませんでした。

    立ち直るためにしたこと…。
    1.散歩する。そして、知らない人に話しかけてお喋りする。
    2.音楽を聴きながら軽く踊る。コンサートに行く。
    3.図書館で本を読む。前向きになるような本を読む。

    今では、私の心を成長させるために…私の前から二人は消えたんだなって思っています。
    あと、身体を失って魂だけになると『何の苦しみもなくなる』と本に書いてあったので少し安心しています。
    『楽になって良かったね…私は元気で幸せだから心配しないで』って話しかけてます。

    二人が亡くなって2年目ですが…。
    今では、二人の魂と冗談を言ったりしながら楽しく暮らしています。長年一緒にいると、相手がどう返してくるか答えが想像できますからね。(笑)

    あと、暗いニュースを見ないようにして、お笑いとか楽しいものを見るようにすると自然に笑えるようになると思います。
    ただ泣くことも悪くないです。私は子供のように大きな声で泣きじゃくってストレス発散してます。

    ユーザーID:1676949058

  • 早くお元気になられますように

    又あちらの世界で会えます。早くお元気になられますように。

    ユーザーID:7733739791

  • 私もです

    先月半ば、40前半の同い年の夫が突然死しました。私達も子供がいません。結婚生活7年半でした。
    子供がいれば、大変な事もあるだろうけど、生きる張り合いがでると思うけど、一人だと…。
    私は経済的にも精神的にも夫にどっぷり甘えてたので、その反動が大きいです。良い事って続かないんだなって…。
    一軒家にポツンと一人と一匹(犬飼ってます)。
    これから何十年もこのままなんて苦しいです。
    土日になると気分が更に激しく落ち込みます。ご近所さんは同年代の子あり家族ばかりだから、余計寂しく感じるんです。

    苦しくて、解決策探して、毎日ネットをさまよってます。
    私は実の両親とも相性が良くなく、心を打ち明ける友達もいないので、夫がいなくなって本当に辛いです。

    私も何とかして乗り越えたいです。

    ユーザーID:9362955600

  • 悲しいし苦しいですね…

    自分に置き換えると、とても苦しい思いがします…出来る限りですが、お察しします…

    心の痛みを緩和するには、どうやっても時間が必要です。日薬というやつです。
    その間がとても苦しいということですよね。

    知人や家族に苦しみを話すといってもなかなか難しいと思います。
    カウンセリングや心理セラピーなどが、もし近隣にあれば通ってみられてはどうでしょう。
    今の世の中でしたら、TwitterなどのSNSで似た境遇の人を見つけられるかもしれません。
    感情は感じてあげないと落ち着きません。
    それが出せる場を見つけて欲しいです。孤立せず、色々と外に出てみてください。

    どうか主さんが少しでも落ち着きますように…

    ユーザーID:4224442932

  • 皆さんこんばんは。本当にありがとうございます

    今日はちょうど震災の日ですね。沢山の悲しいことが起きた日であり、被災者の方の気持ち思うと胸が締め付けられます。どうしても大きく取り上げられるこの日は辛さの募る日だと思います。

    回答を下さった皆さま、お子さんを失って、想像もできない辛さだと思います。同時に夫と母、そのような運命を生き抜いて、その道のりを思うと・・・
    また、あちらの世界で会えると思えば、希望の火が心に灯される感じがします。
    そして、私と時期的にも立場的にも同じような経験をされて、同じように苦しみの最中にいらっしゃる方もいるのですね。私も土日はより辛い気がします。

    カウンセリングも行ってみたり、友達にも助けを求めて、一緒に散歩したり話を聞いてもらったりして、よくしてもらってどんなにありがたいかしれません。皆さまにも辛いのに経験を聞かせてくれ、同じ境遇を想像して悲しんだり励ましたり、考えたりしてくれて、やはり感謝に胸が熱くなります。本当に。

    でも隙間の時間ができると、暗闇に落とされたような怖さを味わいます。ワーワー泣いています。そして一方では、少し記憶が薄くなったと感じるとそれもまた悲しくなってしまうのです。悲しみたくないのに忘れるのは怖い。いろんな感情の波に飲まれています。
    私は夫が大好きで一緒にいるだけで楽しかったので、夫以外と深く関わろうとはしませんでした。他の人との繋がりに重きをおくことはありませんでした。ですが、こういうことになって、なんてみんなに助けられるんだと驚き、人は一人では生きてはいないということを、夫の時に感じたのとは別の意味で感じました。普段会う人にも、見ず知らずのみなさんにも助けていただいています。

    辛い日々が続いてますが、皆さんのエール、とても、とてもありがたいです。そして同じ辛さ抱えている方へのエールにもなりますように。
    そしてまたお話していただけたら幸いです。

    ユーザーID:0694650225

  • 辛さはきっと永久には続きません

    お辛いですね。旦那さまの看病も大変だったと思いますが、ちゃんと見送ってあげたゆらさんはとても立派だと思います。

    私も数年前夫を亡くして、子供もいません。あと数十年も夫のいない世界で生きていくことに絶望し、早く死にたいとばかり考えて、外で幸せそうな家族を見ると嫉妬で頭がおかしくなりそうでした。でも数年がたち、悲しさや虚無感は相変わらず消えてはいませんが、思い出さない時間も増えてきました。

    私もゆらさんと同じように、夫さえいればそれでいいと思っていて、夫を亡くすまで他の人との関係はそれなりでした(笑)でも、どこかで耳にした言葉なのですが、本当に強く生きていくためには、依存できる対象をたくさん作ることが一番だそうです。周りの人や趣味や仕事に依存すること自体は悪いことではくて、むしろその対象がたくさんあればあるほど、辛いことに負けないでいられると。本当にその通りだなと思いました。私は夫を亡くしてから半年ほど経って、仕事と趣味を無理やり再開しました。最初のころは急に涙が出たり色々迷惑もかけたけど、そのおかげで新しい人や物事との出会いもあり、結果的に良かったんだなと思っています。

    あと、どうしても辛い時には、私は夫に語りかける感じで日記を書いています。カウンセリングと効果は似ているかもしれませんが、自分の考えや、なぜ今こんなに辛いのかを分析できて少し頭がスッキリします。初めのころはそれこそ1日に数回書いていましたが、今は1、2ヶ月に1回書くかな?という感じです。

    ゆらさんもきっと今すごく辛くて、未来のことなんて考えられないと思うのですが、どうかご自分のペースでこれからも生きていって下さいね。すぐに変わる必要はないです。とりあえず現状維持で過ごして、そのうちにもし気持ちに変化があったら、少し踏み出してみるといいと思います。

    ユーザーID:2731558079

  • 慣れるのを待つ

    私は三年前に夫を亡くしました ほぼ同時期に友人も夫を亡くし 一年後にまた
    1人 。 1人は色々体調を崩し怪我もして入院 1人は12キロの激やせ 私はストレスで10キロ太りました。口癖は淋しいになり 涙を流し でも本当に少しずつ ゆっくりですが 慣れていくしかないんだなぁ
    うちの夫も友人達のご主人も本当に良い人達でした
    そして 本当に仲良しでした どっかの神様のヤキモチにあたったんだと思ってます。目一杯愛された思い出を胸に平均寿命まで30数年なんとか頑張っていこう!
    貴方に力いっぱいのハグをします

    ユーザーID:4951468618

  • 私よりはマシです

    私は夫を失ったと同時に、家も仕事も失いました。
    子供も身寄りも無く、天涯孤独です。
    今は、遠い親類のアパートに身を寄せていますが、早く出て行けと攻撃されています。
    全てを失ってショックで鬱にもなりました。
    年齢的に中々仕事が見付からず、未来が不安でたまりません。
    きっと、ボロアパートで働けなくなったら生活保護です。
    家があり、犬を飼える余裕があるあなたが羨ましいです。
    もっと悲惨な人がここにいます。

    ユーザーID:7036412028

  • 心強いアドバイス、ありがとうございます

    緑茶さん、ありがとうございます。看病の記憶も辛いです。だんだん弱っていく姿を見ていくって、心が崩壊する思いでした。今とどちらが辛いか比較もできません。悲しい記憶、気持ちに寄り添ってもらってありがとうございます。

    人との関わりは、確かに依存をもっとしようって思いました。してるつもりでも壁を作ったりしてること、多い気がします。
    日記もいいですね。向き合うのが怖くてまだやったことがないのですが夫に語りかけてること、だんだん手紙や文章にしてみたら、同じことばかりに嘆いてるとか分析が出来そうです。辛さはきっと永久に続きませんって、心強かったです。

    おみつさん、ありがとうございます。愛された思い出は大事な宝物ですよね。慣れるのを待つ、みんなで頑張れば頑張れる気もします。ありがたいです。

    あまりに辛い時は、やはり寿命って、人それぞれだから、一年後に自分のも来るかもしれない。とりあえず一年なら頑張れる!と思ったりしています。

    生きる助けをいただいてありがとうございました。

    ユーザーID:0694650225

  • 同じです

    私も一年前に夫を病気で亡くしました。
    子供はいますが、一人は結婚しもう一人も来年大学を卒業して
    巣立って行くでしょう。
    夫が残してくれたものに感謝をしつつ、今日一日頑張って生きています。

    私もペットを飼うのがいいと思います。
    あとはいい映画を観たり、安らぐ音楽を聴いたり、アロマに癒されたり
    綺麗な景色も見ましょう。
    美味しいものを食べて空を眺めて、前を向いて生きていきましょう。

    何よりあなたはまだまだお若いです。
    泣き暮らしたまま年老いては勿体無いです。

    ユーザーID:0449427790

  • 励まし、ありがとうございます

    ペットを勧めてくれる方も多く、相当癒されそうだし憧れますが、アパート暮らしなので今は飼えない状況です。それを望むならペット可の賃貸に変えればいいですし、今後、可愛い子(ペット)との出会いもあるかもしれないですよね。
    50近くなると、自分が若いと思えないですが、先が長いと感じるのですから考え方次第ですね。
    お子さんがいる方は恵まれているように思っていましたが、もちろん幸せだと思いますが、人それぞれ事情や思いがあり、子供が配偶者の替わりになるわけでもなく、連れを失う悲しみに関しては同じなんだと、皆さんの話を伺って感じました。
    慰めや支えがお子さん、ご両親、ペットであったりするわけで、それが趣味だったりもするわけで、それをどう自分が、自分のできる中で支えにしていけるか。
    そういったことを、今悲しみの最中にいる私に、皆さんが教えてくれたり提案してくれたり寄り添ってくれたりして、私に気づきをくれました。ありがとうございます。
    まだ大泣きする日も多いですし、模索している途中ですが、今自分が持っているものに感謝しながら歩みたいです。
    グリーフに関する本を読んだりすると、気づきや慰めも多いですが、実際に生きてきた皆さんのお話がありがたいとつくづく思いました。

    ユーザーID:0694650225

  • 同じ経験をした方々

    お悔やみ申し上げます。

    私は昨年の10月に銀婚式を迎えたばかりの妻をくも膜下出血で亡くしました。「いってらっしゃい」が妻の最後の言葉でした。
    息子が二人いますが、地元を離れて生活しています。今は二世帯住宅に一人暮らしです。

    今日はホワイトデーでした。受け取ってくれる人はいないけど、マカロンを買ってきて仏前に備えています。

    僕のような死別経験者が何人もブログを書いています。
    「死別ブログ」で検索してみてください。

    いろいろな別れをされた方の経験を読ませていただいて、立ち直りのヒントにしています。

    いつか笑える日が来ますように。

    ユーザーID:5679930875

  • 悲しみはずっとは続かない

     今は本当にお辛いと思います。あとからあとから、いろいろな気持ちが溢れてきますよね…。

     私は、20代で夫を亡くしました。病気がわかった時は信じられなかったし、何で?夫が?と思い…寝てても夫がいなくなると考えると怖くて怖くてたまりませんでした。

     私は子供がいたので、子供を育てるのに必死でしたが、家族連れをみるのは正直辛い時期もありました。

     やはり、時間が少しずつ、少しずつ癒やしてくれました。

     夫がいなくなって、辛い、寂しいって、それだけ夫を愛していたこと、愛されていたことの証でもあります。

     その思い出や、優しい気持ちは、心のなかではなくなりません。

     そして、今でも夫が見守ってくれてると感じますし、とても心強い存在です。

     私個人の考えですが、辛い思いをされた方は、後ほど、良いことが待っていると思います。今は信じられないと思いますし、あまり無理をなさらないで、悲しい時はたくさん泣いてくださいね。

     今はウィルスでなかなか、外出も控えてしまいますが、梅が咲いていたり、これからは桜が咲きますよ…少しでも癒やしになれば…。

     40代の時に、いろいろ家族で悩みのあった友人が小型犬を飼いました。とても癒やしになったと言ってましたよ…参考までに…。

    ユーザーID:0674995240

  • 一人にしてしまった

    本当にごめん。
    だけどいつもそばにいる。
    心の中にいる。
    だからもう泣かないでくれ。



    勝手に旦那さんの気持ちを想像してみた。
    大変失礼した。

    ユーザーID:1670415889

  • あたたかい言葉をありがとうございます

    今までは待ち遠しかった土日は、今では1週間で最も辛い日になり、そして今日は初めての月命日でもありました。この週末も大泣きでした。そんな時にあたたかなコメント、嬉しかったです。
    しげるさん、まだ日も浅い中、ありがとうございます。ブログは同じ思いをした方にとっては書くことも読むことも立ち直りの一つの手段になりそうです。私も経験を参考にしたいと思います。
    50代さん、そんなにお若い時に大変な体験をされて、涙が出てきます。あたたかい言葉にも涙が出ました。ありがとうございます。お子さんは支えでも、周りとの境遇の違いはさぞお辛かったと思います。大事な人の愛情を胸に秘めて頑張ってこられたんですね。50代さんのように人を癒せる人間に私もなりたいですし、素敵なお母さんなんだろうなと思います。
    常在戦場さん、豊かな発想で慰めていただいてうれしいです。

    こんなにも優しい皆さんが、みんな幸せになれますようにと思っています。

    ユーザーID:0694650225

  • 大切な人を亡くしました

    ゆらさん、

    私は今年の1月に夫を亡くしました。
    かなり大きな喧嘩をして、口もきかなくて、そろそろ仲直りするかなと思っていた時に彼は心不全で亡くなりました。朝、起きてきませんでした。

    その後の事は記憶にすらありません。

    もう後悔ばかりで悔やんでも悔やみきれません。
    まともに頭が動かず、ただ泣くかぼんやりしているか、誰かの夢の中に居るみたいです。


    まだ全然私も立ち直っていません。

    眠れないし、ご飯も食べられなくて。そんな中、このコロナ騒ぎで自宅勤務になり、独りの生活でますますメンタルが壊れそうです。
    4月に、友人から紹介されたメンタルクリニックに予約を入れました。とにかく眠れるようになりたいし、仕事に支障が出始めているので。

    全く励ましにも何にもなっていませんが、全く同じ経験をたどっている人間がここにいるので、ひとりじゃないよと言いたかったです。

    夜は、映画を観ることで気を紛らわせています。
    心温まる映画やファミリーもの、恋愛系などなどはつらすぎるので、ふりきったホラーやサスペンス、ヤクザもの、ゾンビものなど、現実と全くかけ離れたものを観ています...

    ユーザーID:4371797007

  • 悲しみの中、ありがとうございます

    くにゃんさん、まだ最近の出来事で、状況もかなりお辛い中、ありがとうございます。友達のお姉さんがまさに同じような状況でお別れをしてしまい、くにゃんさんの辛さに私も胸が締め付けられます。
    私も同じ境遇の人の会に4月から参加することにしました。
    私も最近のコロナで、何かにつけて、収束したら行こうねなんてことばかり言われるので、やはり辛いです。
    瀬戸内寂聴さんの講演をYouTubeでみたら、心癒されて、少し晴れ晴れしましたよ。
    週末の連休がまた怖いです。でも、一人じゃないと言ってもらって嬉しいです。お互い、なんとか生きていかなくてはですね。

    ユーザーID:0694650225

  • 同じ境遇にいて、同じことを感じています。

    昨日は主人の9回目の月命日でした。30年一緒に暮らし、そのうちの9年間は二人三脚でガンと闘ってきました。子供はおりません。

    昨年の夏から、一人で暮らすことに、否が応でも少し慣れてきましたが、毎日何度もふとした折に、涙が留めなくこぼれます。

    ゆらさんと同じことを思い、感じながら、やっとここまでやってきました。

    私はコロナウィルスで外出禁止令が出ている欧州某国在住で、これからまだ4〜6週間、仕事もできず、誰にも会わず一人で暮らしていかなければならないと思うと、この先、今までよりも更に厳しい生活になるだろうと予感しています。同じ屋根の下に家族がいる人には、この寂しさはどうやっても分かってもらえないとも思っています。自分の身に降りかかるまで、自分でも想像できませんでしたから。

    どうしてこんな試練ばかり続くのだろうと思うと、毎日つい泣けてきます。

    でも自分を律して、淡々と規則正しい生活を続けていくより他に方策はないと覚悟を決めています。皆さんが仰るように、忍耐強く頑張れば、明けない夜はないと、日々自分に言い聞かせています。

    同じ境遇にいらっしゃる皆さんのそれぞれの貴重なお言葉に、私もゆらさん同様、救われ、勇気づけられ、何度も読み返しています。

    ゆらさん、皆さん、ありがとうございます。

    ユーザーID:4216873832

レス求!トピ一覧