『一回り』ってどのくらい?

レス229
(トピ主0
お気に入り515

生活・身近な話題

Java

タイトル通りです。

例:私と彼の年の差は一回りだ。

事の発端は母との何気ない会話からですが、何せ娘である私の意見より自分のを採用する彼女のことなのですれ違うことがしばしば……

母(60)→12(理由は干支)
私(30)→10

もし年齢も添えていただければ世代間ギャップなども参考になります。

よろしくお願いします。

ユーザーID:5727591756

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数229

レスする
  • 12歳

    55歳です。
    ひとまわり違うと言えば、12歳差ですね。干支がひと回りするということで。

    ユーザーID:2695883908

  • 44歳

    44歳二児の母です
    12ですよ。
    干支で考えますよ。
    え??え??
    最近の一回りは10なんですか?!
    え?!え?!え?!
    ビックリ100回押したい気持ち。

    ユーザーID:0086629875

  • レスします

    年の差なら一回りは、12歳です。
    一般的に一昔は、10年前です。

    ところで、トピ主さんが主張する10年の根拠を教えてください。

    ユーザーID:8484256950

  • こういう場で聞く前に

    あなたは自分の友達(小中高等の同級生)に聞いたの?
    そしてほとんどの人が「一回りとは10歳だ」という確固としたデータを取って
    >世代間ギャップ
    という言葉を使っているのでしょうか?

    まずそこを教えて下さい。

    私は50歳ですが、一回りは12歳(干支が理由)と信じて疑っていません。

    こういうところで聞く前に自分の周りで調べることだと思いますけどね。
    ネットで聞くのが簡単だからとネットで何でも聞くのはどうかと思います。

    ユーザーID:9761218552

  • 12です

    歳の差一回りと言ったら、干支が一回りする12年としか考えられません。
    51歳ですが、年代にかかわらず常識だと思いますよ。

    ユーザーID:4907020309

  • え?干支じゃないの??

    35歳ですが、一回りは12歳差のことだと思ってました。トピ主さんのお母さんと同じく干支が一回りするのが12年だからです。

    なんで、一回りが十歳差なのか理由を聞きたいです。

    ユーザーID:4360304058

  • う〜ん

    46歳です。

    一回りと言ったら12歳違いです。
    お母様と同じく、干支の一回りだから。

    本当に世代間で違ったら、それは面白いですね。

    ユーザーID:6792114123

  • 40代前半ですが

    ひとまわりとは 干支のひとまわりを示します 12 がひとまわりです
    世代間ギャップではなく一般的な常識だと思います

    ユーザーID:1243267950

  • 私の場合

    一回り違うは、12歳違うという意味で使ってます

    10歳差の時は、そのまま10歳離れてるみたいに言います

    50代です

    ユーザーID:0263554604

  • 干支だよ

    いや、干支一回りだよ?
    だから十二歳違い。
    なんで十とか出てくるの?

    「一昔前」なら十年前だ、
    「十念一昔」だ。

    ユーザーID:8483441745

  • 50歳女性です

    それは、12歳じゃないの?
    「一回り」って「干支一回り」の略でしょ?

    逆に10歳を「一回り」としたとして、その場合は何を一回りするのでしょう??

    ユーザーID:0734397665

  • 12年

    50代です。

    「ひとまわり」と言うからには、周期的に回ってくるものを基準にしてるはずです。
    だから、干支を基準にした12年です。

    10年という人がいるのも知ってますが、「十年一昔」と混同したせいかなと思います。

    ユーザーID:4349613330

  • 両方有り

    元々は干支の一回りで「12歳」だったのではと思うけど、最近は「10歳」の場合が多いのではと。

    「一回りぐらい違う」ということで、「10歳ぐらい違う」ということでどっちでも通用するのではと。

    ユーザーID:1727190097

  • トピ主さんが間違えてます

    一回り…年令を話題にした時は
    干支の順番が一回りすると言う意味です

    十二支が一回りするから 12歳違いの事です。

    先ほど16歳の生徒に聞いても 同じ答えをしましたよ。

    ユーザーID:1273363357

  • 干支を一周、以外に無いです

    世代間ギャップなどではないですよ。一回りは一周の事。何を一周かといえば干支。
    それ以外に無いです。
    知識の問題。

    ユーザーID:6760892692

  • 一回りといえば干支

    どう考えても一回りといえば干支でしょう。
    干支はぐるぐる回ってるけど、10年はぐるぐる回りませんからね。
    世代間ギャップは関係ないと思いますよ。
    いやもしかして今の若い人は知らないとか?

    ユーザーID:9114873190

  • お母様一択

    50歳主婦+大学生の息子3人
    全員お母様を支持します。
    一回りって干支でしょ?12歳差です。

    10歳なら10歳差って言えばいいだけ。

    ユーザーID:7771123697

  • 12

    一回りなら
    12歳という感じです


    ちなみに、母(70代)に
    Aさん(60代)とあんた(私、50代)は一回りしか違わないから
    同世代だねと言われます

    訳がわかりません(笑)

    ユーザーID:7304715466

  • レスします。

    一回りといえば、12。

    トピ主とお母様の中間の45歳です。

    一回りを10と考えている人に出会ったことがなかったので(職場の、それこそ一回り以上年下の後輩達も含め)、ちょっとびっくりしました。

    ユーザーID:3091763424

  • 12歳差

    50代半ばです。
    一回りと言えば干支が1周するのだから12違いですね。二回りなら24違い。常識ですね。

    ユーザーID:4460520017

  • 12歳 干支一回り

    62歳女性
    30歳の娘も同じ意見でした

    ユーザーID:7320823865

  • 辞書にもあるけど

    アラフィフですが。
    年齢で一回りというならば干支の一巡で12歳。
    日数なら7日としますが。(これは昔の湯治の一区切りから)

    逆に一回りで10歳だとすると何を巡っての10歳なんですか??

    ユーザーID:2227312647

  • 12

    一回りは12です
    それ以外聞いた事無いです
    ちなみにアラサーです

    ユーザーID:2844185651

  • 12歳

    お母様が正しいです。

    「一回りとは」で、web検索すれば簡単に答えが見つかります。
    ちなみに、私は46歳ですが、
    「一回り」に世代間ギャップは関係ないと思います。
    一般常識だと思います。

    ユーザーID:1678235509

  • ??

    改めて考えたこともないけれど、普通は12歳差あたりを指して言いませんか?

    私は48歳母親で、もうすぐ25歳になる娘がいます。

    よくわかりませんが、議題が何であれ、いつでも子供の意見を採用するのが正しいのですか?
    タイトル見て中学生のトピかなと思ったほどで、60と30のいい歳した母娘のバトル?とは想定外でしたよ。

    ユーザーID:9718370899

  • 12のようです

    私も昔は10歳差のことだと思っていたのですが、以前小町のトピで一回り離れている人とどうこうというトピがあり、その中でそのトピ主さんが10歳差という認識のように書かれていて、みなさんから一回りとは12歳違いのことであるとの指摘が多く寄せられていました。
    それで私の認識も今は12歳差です。

    ユーザーID:0484212658

  • 12

    一回りといえば12です。
    30代です。

    一回りを10だなんて聞いたことないので、世代どうのではなく一般的に12ではないのですか??

    ユーザーID:3072257020

  • 10の意味。

    ん?なぜ10で一回りと?
    年齢に関する一回りは干支の数。

    グランドを一回り、野球の打順が一回り、一回り大きい等々使いますがあなたの言う「歳の差」だと12が多くの人の常識では?

    40代です。

    ユーザーID:6329053243

  • 一回りとは 「一周」 のことですよ。

     12年で干支が一周します。
     12年で一周して同じ干支に戻ります。
     例えば、24才と36才は同じ干支の生まれですが「一回り違い」です。
     年齢を干支で表現する場合「一回り上」等の補足を付けなくては12才以上の年齢差と区別がつかないので、この表現があります。
    「一回り違い(の同じ〜年生まれ)」と表現します。

     10年で一周する表現はありません。
     10年で一周して同じになる年の表現はありません。
     24才の10年後は34才・・ 24才には戻りませんよね。
     平成15年の10年後は平成25年・・ 15年には戻りません。
    「一回り違い(の同じ・・)」に続く言葉がありません。

     あなたは「一回り違いの・・」後に何を略していると思いますか?

     年齢で一回りとは12才違いのことですよ。
     10才違いを言う場合は「一回り近い」年の差と表現します。

    ユーザーID:3211651177

  • 辞書にも載っています。

    お母様が正しいです。

    年齢に関することの場合、「一回り」は干支がめぐる年数=12年のことをいいます。

    辞書で「一回り」と引くとそのように記載されていますから、それは世代間ギャップということではないと思いますよ。

    ユーザーID:1259063054

レス求!トピ一覧