階段 最後の一段だけ怖い

レス18
(トピ主1
お気に入り12

心や体の悩み

ゆき

タイトルにある通りいつからだったかは忘れたんですが、家の下りの最後のだけ降りるのが怖いのです。踏み外しそうでなんかそこだけ異常にソローっと降りてしまうのです!別に用心深く降りたい訳でも無いのに怖いんですよ!同じ症状の方はいませんか?誰に聞いても同意見の方が居ないので気になります。。

ユーザーID:3768896803

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
  • わかります!!

    こんにちは。
    私も経験しています。
    いつなったかもわかっています。

    19歳の頃、高層ビルの非常階段(外ではなくビルの中にある非常階段です。)を52階から下ったことがあって、
    ずっとぐるぐる非常階段を下りていて、
    あと7階分!
    と、なったあたりで
    のこり3段目で足が出なくなりました。
    でも、下りなきゃならないから足を出すのですが、
    どこに足を置いていいかがわからなくなって手すりをつかんでおりました。

    不思議なことに、絶対に残り3段になると足がでないんです。
    体が足を出してくれないんです。
    踏み外しそうで怖くなる。
    その時は残り3段目に差し掛かったら手すりをつかんでよいしょ!と飛び降りたりしてどうにか下りたのですが、
    それからン十年たった今もたまになります。

    近くのスーパーの階段もなってしまいます。
    そこは照明が変わっていて、なんとなく階段の段と段がだぶって見えるような感じで急に足が出なくなってしまいます。
    でも他のお店などの階段ではそういうことは起きないのです。

    ごくたま〜〜〜にしかなりませんが、もしかしたら照明の加減とかで見えにくくて体が危険だ!!と思うのかな?と勝手に思っています。

    私のまわりにも同じように感じた人がいないのでなんでかなぁと思っていましたが、
    同じ体験をされている方がいてなんだか嬉しかったです♪

    長々と失礼しました〜。

    ユーザーID:3761238811

  • 実際に踏み外しました

    二階にいるときに、父から呼ばれて急いで降りたら一段忘れたように踏み外して打ち付けました。
    でもそれどころじゃない状況だったのでそのまま行きました。

    慌てたり、ぼーっとしてると最後の一段を忘れてしまうかもしれませんね。

    ユーザーID:8309650375

  • 老化かなぁ

    まだ踏み外してはないですが、最近最後の1、2段を無い物と感じる時が有ります。
    だから階段を降りる時は、必ず手摺に掴まるようにしています。
    老化か以前小脳梗塞をやっているので、原因はこれだと信じたいのですが、認知症の初期症状だったらどうしよう。

    ユーザーID:6827141409

  • 石段などではあるある

    家の階段は必ず手すりを持ってますので怖くはないです。
    歩道橋などはちょっと気を付けてます。上りは手すりなしで平気ですが、
    下りは用心して手すりを持ってます。最後の一段は、本当にこれでおしまいなのかな?と、目を凝らして下りますよ。
    特に「石段」や山道の下りなどは段の幅が一定じゃないので、
    最後の一歩というか、全部恐いですね〜!!
    高齢者は転んだら最後なので・・・。

    ユーザーID:3130802139

  • わかります

    ちょっと違うけど、わたしも最後の一段は気をつけています。踏み外したというのとは少し違うのですが、とばしちゃったことがたしか2回あるんですよね。あと1段残っているにもかかわらず、なぜか最後だと思いこんでしまい、下から2段目からいきなり床に降りてしまったんです。最後の1段を飛ばして床に降り、転びはしませんでしたが、かなり衝撃的で。さすがに、(たぶん)2回目にそれをやったときには、ヤバいと思いました。それ以来、最後の1段は意識して慎重に降りています。

    また、もともと下りは若いころから気をつけて降りています。階段から落ちて深刻な事態にならないとも限りませんので。

    ユーザーID:5550991143

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • わかる!

    最後の1〜2段になると、どちらの足を出していたか分からなくなり踏み外しそうになります。

    着地点を認識すると、現在地と自分の行動について脳の処理が追い付かなくなっているのではないかと推察しています。
    簡単に言えば老化ですかね。
    もしくは、頭の回転が早すぎるのか。

    関西の方はわかるかと思いますが、阪急電車の改札を出て二階から地下一階まで降りる大階段がけっこう恐怖です(笑)

    ユーザーID:9177188801

  • わかります

    自分は実際、最後の一段を踏み外して捻挫しました。とても急いでいて、勢いよく降りてしまったのです。落ちたとたん、余りの痛みに立てませんでした。建物の中で誰も近くにおらず、清掃の方がたまたま来て腕を引いて立たせてくれました。

    すでに足首がないくらい腫れていて、すぐ医者に行ったらアキレス腱断裂だと。仕事4日間休みました。その後の決まってた休みと合わせて6日間。

    内出血もひどく、しばらくどす黒くてサンダル履けなくなるのではないかと思ったり。全快するのに3ヶ月くらいかかりましたかね…

    長くなりましたが最後の一段は本当に怖いです
    、皆さん気をつけて!

    ユーザーID:8793060616

  • 低血圧の症状で

    これはわたしの場合なので、ゆきさんや他の方には当てはまらないかもしれませんが、低血圧のときに階段がうまく降りれなくなることがありました。
    普段何も考えなくても普通に降りれる階段が、見えているのに手すりにつかまって段を足で確認しながらじゃないと降りれなくなったことがあって、、
    脳の疾患を疑っていろいろ調べましたが、低血圧の影響だったようです。
    血圧を普段測ることはなかったので、自分が低血圧だとは気が付きませんでした。

    ユーザーID:2515267777

  • わかる!わかる!全く同じ。

    不思議なもので、自宅の階段だけで感じます。
    そお?って、誰の共感も得られません。
    若いときから中年になった今まで、ずーっとその感覚が抜けません。特に踏み外してケガをしたこともないのに、毎日何回も使うのに、不思議な感覚。
    降りてきて最後の一段は、まるで過去に「底が抜けてしまった記憶があるような感覚」があり、用心して足を下ろすような感じです。

    ユーザーID:9035974373

  • 階段から落ちた経験

    乱視があるので、リズム感で下りる最後の一段がクセモノ。肋骨を折ってしまいました。

    それ以来、最後の一段は慎重にしています。

    ユーザーID:7622871072

  • あります!

    私もそうです。自宅に限らず、知人宅の階段とかでも。さいごの1段が怖いです。
    実際、その知人宅では1段踏みはずして、捻挫しマシタ。。怖かった。。
    私の場合は、老眼?乱視、もすすんでいるのもあり、最近はより、そろーりと降りて、薄暗い時にはまず電気をつけるようになりました。笑。

    ユーザーID:4125474413

  • 私もあります

    踏み外したこともあります。
    自宅の階段がフローリングの素材、床も同じ色のフローリングの素材で見にくいのに加え、私が目が悪いのに普段は裸眼で過ごしていることもありました。
    見やすいように、階段の後半の段数に滑り止めの絨毯のような素材のシートを張りました。
    フローリングの色でなくなったので、見やすくなり、余り気にしないで降りることができるようになりました。

    ユーザーID:8116327672

  • わかるなあ

    集合住宅なので家には階段ないのですが、共用部分の外階段をたまに使う時、下りがちょっとこわいです。

    老眼もあるせいもあるのでしょうか。ぼんやりとして危ないんですよね。
    それに下りの最後ってがくんとくるような感じもあります。筋力の衰えですね。
    ゆきさん、家の階段は段数を数えながら降りてはどうでしょうか。
    踏み外さないように気をつけよう、とあらためて思います。外階段だとたぶんケガにつながると思うので。

    ユーザーID:3459207316

  • すごくわかります!!

    激しく共感してしまいました笑

    私も階段でその現象によく陥ります!
    ひどい時は階段の途中でも訳が分からなくなり踏み外しそうになる時もあります。

    周りに話しても一切共感して貰えませんでしたが…笑

    なのでこの現象の理由を、三半規管が弱いからか、同じ作業を繰り返すのが苦手な体質だからに違いない。と勝手に思っています…

    ユーザーID:8890456140

  • 当然と言えば当然

    その前までと同じペースで進めば突っかかる
    意に反して急ブレーキをかけるようなもの
    そうならないように、手前で速度を落として様子を見るのでしょう
    ないと思っていたら段差があってカクッとなるのと同じ

    上りのように動きながら最後の段をまじかで目視確認できるのと、足先と頭の距離が離れたままで下るのでは後者の方が最後の段が分かりづらい

    私は段数を数えながら上り下りするのでトピ主ほどの恐れなしですよ
    歌に乗せて数えるとリズムがとれて尚よしです
    真っ暗でも平気です

    ユーザーID:5447481798

  • 気が抜ける

    最後の一段!と思って気が抜ける。
    そして踏み外す。
    経験ありです。
    だから、ゆっくり降ります。

    走って降りたときほど、踏み外します。
    違うかな?

    ユーザーID:5958022422

  • トピ主です

    そういう人もいるんですね!安心しました!確かに一二、一二、とか歌を歌いながらとかでもやれば気にしないで階段を下りられそうな気がします!皆さんありがとうございます!

    ユーザーID:3768896803

  • 上りも下りもです

    こんにちは。私は上りも下りも最後の一段が近づくとソロリソロリと歩いてしまいます。
    対策として自宅の階段には和紙の幅広のマスキングテープを最後の段に貼りました。
    和紙のため少しザラッとしているので、目視だけでなく足の裏の感触でも認識できます。
    それでもやはり緊張しますけど(笑)

    ユーザーID:8605738907

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧