• ホーム
  • 学ぶ
  • 英語の好きな娘。大学より語学専門学校に進ませるべき?

英語の好きな娘。大学より語学専門学校に進ませるべき?

レス23
(トピ主1
お気に入り30

趣味・教育・教養

Alice

高校1年生の娘がいます。

娘は中学生の頃から英語がとにかく好きで、高校を卒業後は、進学して英語を学びたいと言っています。

それで、大学の文学部や外国語学部を考えていたのですが、最近になって語学専門学校に進みたいと言うようになりました。
その方が実践的だからだと言っています。

私が中堅の私立大学の英文科を卒業したのは20年以上も前ですが、当時は大学では実践的な英語の授業というものはとても少なかったように覚えています。

語学教育にさほど熱心な大学ではなかったからかもしれませんが。

夫(ゼミの先輩)と私は在学中に英検準1級とTOEIC800点強のスコアを取得しましたが、これも自分で購入した本で勉強し、取得するために役立つ授業は、大学にはありませんでした。

また、この級・スコアを持っていても、英語でビジネスができるレベルではありませんし、実際、英語が不要の仕事をしています。

専門学校を卒業した者が身内にも友人にもおりませんが、HPで見る限りでは、大学のように放任ではなく、授業も就職指導も非常に手厚く行われているようです。

夫は「英語はどこの学校・学科でもその気になれば学べる。専門学校ではなく、四大の有名どころの経済・商・法学部などを出た方が良い」と言っています。

夫がこう言うのは、おそらく超氷河期(夫婦揃ってこの世代です)の就職で文学部が不利だったことに基づいていると思います。

語学専門学校の実情に詳しい方のご意見をお待ち申し上げております。

ユーザーID:7495959318

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 英語で何をするか?

    詳しい者ではありませんが、アラフォー理系の院卒でTOEIC900ほどです。

    英語圏留学経験はありません。
    交換留学で欧州の非英語圏に1年滞在した経験があり、現地語も日本の英検2級レベルです。もともとTOEIC600ほどでしたが、留学中に英語に似た言語環境にいたために上がったようです。

    私も英語が大好きでしたが、大学で英語そのものを専攻するのは親に反対されました。ご主人のおっしゃるとおり、英語(=語学)はどこでも学べるからです。NHKのラジオ講座(今はビジネス英会話を聴いています)で英検1級を取得したという投稿もたまに目にしますから、大学で英語を専攻するのはもったいないように思います。

    現在の仕事では専門分野の技術翻訳もしています。
    忙しい時期には社内の英語系学科出身の方に翻訳してもらうのですが、日本語を「そのまま」訳してしまうので技術的にも英語としてもおかしな訳になってしまいます。それは私が最終チェックする段階で修正しますし、文系の方に理系の内容を踏まえて訳して欲しいということをお願いするのが不適切だと理解していますが、そこで思うのは英語だけで仕事するのは難しく、スキルとしても重宝されるようなものにはならないのではないかということです。

    よって、お嬢さんには「英語でどんな仕事をしたいのか?」を考えていただくのが良いのではないかと思います。法学部でも経済学部でも、その専門をしっかりと日本語で習得しておけば得意の英語で表現することもおそらく容易な上に、仕事をする・見つける際の強力な武器になります。
    赤ちゃんからバイリンガルとして育てるということでもない限り、まず母国語でしっかりとした思考能力を養うのが大切という記事も目にします。日本語で理解・説明できないことを外国語で表現するのは不可能だからです。

    高校1年生ならまだまだ時間はあります。大きな夢を咲かせてくださいね!

    ユーザーID:5146222630

  • 英語バリバリ大学は?

    中堅私大英文科じゃあ実践に不満があったと。
    なら実践バリバリ英語の強い大学に、とはならんのですかね。

    国際基督教大学ICUは?私ら(52)の学生時分から、「英語ガンガントレーニングして英語圏大学院に送り込んだるから好きな勉強してこい英語で」てな大学ですよね。

    東京外大は?言語学的な研究にガーッと行く人も多いけど、やっぱ実践すごいでしょ。国立で安いし。

    名門、上智の外国語学部の英語学科は?あ、英文学科じゃないよ。

    新しいとこで秋田国際教養大学は?ウチの辺りなんか東北は遠いのに、「ACUの英語集中プログラムはスゲエ」って評判よく聞くが。まあ本当に新しいから、実際これからどうなるかよく分からないけど。
    専攻するのは「グローバル・ビジネス課程」か「グローバル・スタディズ課程」
    なんだから、ご主人が言ってることにも沿うだろう。

    海外でバリバリ仕事するなら学位はあった方がいいよ。学歴で扱いスパーンと変わるよ。
    そもそも下りる就労ビザの種類が違うもん。
    同じ仕事内容の日本人同士で話してたら、学士か修士か博士かで違うビザが下りてるのが分かって、「ヘーッ」って思った経験が実際あるだよ、オイラ。

    ユーザーID:3917334058

  • 英語+専門分野が必要だと、私も思います。

    他の方もご指摘の通り
    >進学して英語を学び
    【英語で】何をするか?を真剣に考える必要があると思います。

    HN通り、私は英語圏在住です。
    在住国には、英語が母語・流暢でも失業中の方が少なくありません。
    一方、多くの英語圏は移民問題を抱え、労働Visa取得が非常に困難になっているにも関わらず、英語が母語・完璧ではなくても特筆すべき専門的知識・技術・経験があり移住、短・長期滞在を歓迎される人がいます。

    >英検準1級とTOEIC800点強
    >英語でビジネスができるレベルではありません
    英語圏出身・在住経験有で国語=英語が得意な子なら、小学校高学年で英検1級合格できると言われます。
    英検1級は日本では英語が出来ると認識されますが、英語圏の方は「英検」を知らないし、(自分は他言語出来なくても)英語は出来て当たり前と思っている部分があります。

    英語⇔他言語の翻訳・通訳はAI技術も進化しつつあり仕事は減り、専門分野がなければ単価は下がる一方で激戦です。
    在住国の教育関係者達は将来的な事を考慮し、これからの時代を生きる子供達にはPC、AIに負けない様、PCに出来ない(論理的)思考を身に着ける為の教育をしています。

    お嬢様が何を基準に
    >語学専門学校
    を【実践的】だと判断したのか分かりませんが…
    英語圏も案外学歴社会で、日本の専門学校卒がすんなり認められるとは限りらず、雇用主の求める人物に合致せず応募できない事も多いかも知れません。

    主旦那様の
    >英語はどこの学校・学科でもその気になれば学べる
    に私も賛成ですが、お嬢様が本気なら日本の専門学校より英語圏の大学などに正規留学する方がより実践的だと私は思います。

    >専門学校ではなく、四大の有名どころの経済・商・法学部などを出た方が良い
    または何か英語圏が欲しがる様な別の専門分野(医療等)を持ち、その分野で英語を活かすことをお勧めします。

    ユーザーID:0483446291

  • ごめん

    秋田国際教養大学はAIUでした。
    訂正します。

    ユーザーID:3917334058

  • 旦那さんの助言が賢い

    日本の組織ですが、ずっと海外関係の仕事を専門にしています。
    元々大学は英語専攻。TOEICなど受けたことが無いので点数わかりませんが、TOEICほぼ満点の新人の英語添削してます(笑)。
    で、そちらの業界で人事担当もして、人材採用業務もやってたこともあります。

    大学進学できる余裕と学力があるなら、お父さんの言う通り、外国語以外の分野を専攻にして、並行して英語も勉強するのが、最も賢明なアドバイスだと思います。
    英語の勉強が好きということなら、それが結局のところ「英語も使いながら仕事をする職業」に就く可能性が一番高い道ですね。

    ただし、自分の専攻をきちんと学ぶことを第一にしつつ、英語は中途半端でなく上級に達する必要があります。いまどき、英語も使うような業種で、就職のときに「英語もいちおうできます」と言えるには、TOEICなら満点近い基礎力があるのが普通になってます。でもそれは学習方法を間違えなければ、英語専攻でなくても4年あれば十分可能です。
    そういう学生さん、いますよ。

    お嬢さんの強みは、英語の勉強が「好き」なことです。これはとても有利。

    ユーザーID:8504121009

  • 絶対に大学

    語学がお好きなら将来は外資系企業に勤める可能性は高いです。どこの大学かではなく4年制大学卒業という学位が求められる事があります。専門学校は選択が狭まるので外国語大学はどうですか?

    ユーザーID:2980647063

  • 英語は道具の一つに過ぎない

    帰国子女でもないのに、英語ができるようになりたくて、幸いにも実家が比較的裕福なので、高校卒業後にアメリカの大学へ進学して卒業しました。

    他の方々も仰るとおり、将来英語で仕事ができるのを目指さす必要があります。例えば、日本で日本語が流暢だとしても、じゃあどんな就職先があるのかと言われたら答えは明白です。日本で英語ができる人は大勢いますし、世界の出たら英語ができる人で溢れかえっていますから。

    グローバルな社会でほぼ強制的に英語を使わないと仕事にならない職種もありますから、英語のその先にやりたい事をやれるようにするのが良いと思います。

    ユーザーID:0094321031

  • 専門学校は

    アメリカの大学へ編入できません。短大ですと、大学に交渉すると、3年に編入出来ます。ので、日本の英語の専門学校は、進学費用が無駄です。外語大、または、留学して、勉強する。他の科目は成績良いの?アメリカでも単に大学出ちゃうと、就職ないです。あとアメリカの大学のリクルートと言う方が出張して、うちの大学へこないか?授業料も免除する「学生の成績が良い場合」というのもあり、なので、調べてみて下さい。

    ユーザーID:1840418336

  • 実践的とは

    例えば。
    米国の就労ビザを取得するためには、英語能力の高さ云々よりも学歴が必要です。
    四年制大学を出ていてこそ、まずは第一関門突破。
    そうでない場合はややこしい条件をクリアしなければなりません。

    語学専門学校へ行くことがどれだけ実践的なのか、は客観的・社会的に見てこの程度。

    英語は道具、というレスがたくさんありまして、私もそれらにまったく同感です。

    ユーザーID:0575314701

  • 英語はツール

    英語で何をしたいのか、はっきりさせるように。

    英語圏ではみんな英語を話します。また欧米は特に言語でのコミュニケーションが強く、自分の意志や考え、思いを言葉で表現できないと社会になじめません。日本とは真逆な社会です。

    ユーザーID:6848964216

  • たま

    トピ主さんよりも古い昭和的な感覚ですが、同じように語学が堪能な二人が、例えば、商社などに就職したとすると、

    専門学校出身者は、外国語が苦手な重役の秘書とか通訳止まり
    名門大学出身者は、世界を相手にバリバリ一線で働ける

    という感じでしょうか。もちろん例外もあるでしょうが。

    令和の時代、外国語が苦手な重役なども少なくなっているでしょうから、語学が好きなだけでは道は開けないかもしれませんね。ほかにも強みを持っていたほうがいいとは思います。

    ユーザーID:3368645171

  • できる英語で何をするのかが大事じゃないですか?

    英語ができるだけなら英語圏の人間はみんな話せます。
    大事なのはせっかく身に着けた英語で何をしたいかだと思います。

    大人になり働くことをまだまだ実感できない高校生なので得意なことだけをしたくて専門学校を選びたくなる気持ちはわからなくもありません。

    ですが、それは楽なほうに流れているともいえるのです。

    娘さんは将来何になりたいのですか?
    英語が学びたいだけ?
    その先を考えさせましょう。

    英語を生かした職に就きたい。
    英語だけができても選択肢は狭くなります。
    専門学校卒は高卒と同等の扱いでしかありませんから。

    ちなみに、専門学校の就職結果表をきちんと見ましたか?

    就職率が高くても英語を生かした職に就いているとは限りません。
    一般事務でもショップの売り子でも就職したことには変わりません。
    学校によっては「就職希望者のうちの就職率」でしかないこともあるのです。
    就職する気がなくなった生徒の分はカウントしないのです。
    就職むりそうだから次に別の専門学校行こうかなとした生徒の分はカウントしなくても嘘じゃないのですよ。

    有名どころに就職できていたとしてもそれは多分ごく一部。
    大学と二足の草鞋を履いている学生かもしれません。
    正規社員ではない可能性もあります。

    パンフ、HPを鵜呑みにしてはいけません。
    嘘は書いていないでしょうが書かれていない情報もあるのです。

    まずは娘さんがどう生きたいのかを話し合ったほうがいいと思いますよ。

    ユーザーID:7069587613

  • 理系院卒、TOEIC900点越えです。

    私自身英語が好き、と思ったことはありません。
    たかが、ツールのうちの一つにこれだけ時間を割かないといけない事が苦痛でしかありませんが、
    でも、どうにも英語が必要そうだと腹を据えて勉強しました。
    御主人の言う通りだと思います。

    専門性があれば、私自身全く英語が出来ない時から、英語を使う仕事、チャンスは嫌というほどありました。
    逆に英語一本でやってきた人は、英語の仕事につけない、というような話も聞きます。
    英語を使って認められる人になりたいのであれば、海外でも認められる専門性が大事です。
    日本だと英語がしゃべれるだけで、すごい!となりますが、英語圏であれば誰だって話せるものなわけです。
    日本で日本語が喋れることに価値がないのと同じです。

    ユーザーID:0774687156

  • 行けるのなら大学が良いに決まっている

    授業内容は確かに、大学よりも専門学校の方が優れているという所もあるでしょう。
    英語以外の学力がさっぱりで大学に行けないというのなら専門学校でも良いですが、もしくは大学を卒業したあとに専門学校にいくのはよいですが大学に行く学力と学費がなんとかなるのでしたら絶対に大学に行くべきです。
    いくら英検1級で語学が堪能でも専門学校卒は採っていないという企業は多いです。
    また、大卒と専門卒では初任給が違ったりします。

    ユーザーID:6914699552

  • どうかなあ

    なりたい職種にもよりますが、大卒以上が条件になってる企業に入れなかったりする事がありますよ。
    外交官とかは大卒以上じゃないと、いくら語学だけが堪能でも無理でしょうし、大企業も就職すらできないかも。
    大学に行かずに、語学の資格だけ取っても、いざ2年後に就職のときに、条件が当てはまらず選択肢が少ない、なんて事になりませんか?
    語学だけがやりたいなら、海外の語学学校に留学が一番早いかも。

    ユーザーID:2254061631

  • で、何をするの?

    英語が好き。英語に関わる仕事がしたい。
    で、何をしたいの?
    翻訳?通訳?英語教師?
    やりたい仕事によって、勉強内容も変わるでしょう。

    英語だけできても、役には立たないと思うのです。
    英語を使って何をするか、その為には何が必要なのか、そっちの方が重要かと。

    ユーザーID:1029338494

  • 目指すものはなに?

    語学専門学校の実情に詳しくないですが、
    レスさせていただきます。

    英語が好きで学びたいという気持ちは大事ですが、
    その後のことがより大事だと思います。
    英語を学んでどのような職業に就きたいか?が
    最重要ポイントだと思いますよ。

    英語で食べていくのには
    相当のスキルが必要だと思います。
    通訳、翻訳、などはむしろ海外に留学されて
    本格的に学ぶ必要があるでしょう。

    企業内で英語を使った仕事をしたいということならば
    大学に行き、主さんご夫婦のようにTOEICなどの
    検定を受ける等で準備できますね。
    その点は、ご主人様のご意見がごもっともだと思います。

    高校後の進路は、将来どのような職業で食べていくのか
    ということを中心に考えた方がいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:8522054468

  • 語学でなにをするの?

    他の方もおっしゃっていますが、レスします。
    昔、家庭教師をしていたときによくいましたよ。英語が好きだから英文科や外大に行きたいという生徒やご家庭。
    英語でなにをしたいの?英文科で何を学ぶの?と聞くとだいたい返事がしどろもどろになります。
    ペラペラできるようになりたいなら、どの学部学科でも可能です。

    例えばですけど、
    海外で品物を買いつけて自分で店を開きたいなら経営学部、
    シェイクスピアにハマって古典英語を学びたいのであれば文学部、
    映画の字幕の仕事をしたいなら専門学校といった選択肢があるでしょう。
    児童文学の翻訳をしたいのか、金融関連会社の会議に随行する通訳になりたいのかでも必要となる知識は全く違います。

    ちなみに、やたら就職率をアピールしている学校だと操作された数字を掲げていることがよくあるので、ホームページ情報は鵜呑みにはせず情報収集に留意して選んでください。

    とにかく、英語で具体的になにをしたいのか明確にすることが必要です。
    まだそこまで突き詰められていないなら、ご主人のいう通り、名のとおった四大で法学や経済という選択肢も無難です。
    英語が好きだからと英語にこだわっていると却って視野を狭めてしまいますよ。

    ユーザーID:0484779871

  • アナタ方親が「仕事をするとはどういうことか」を考えていない

    英語が好きだから → 語学専門学校 → の実情を知りたい

    ですか?全く的外れですね。


    トピ主とトピ主夫は、

    「仕事をして生きる、ということはどういうことか」

    を全く考えたことがないのですか?


    語学は、エンピツや紙と同じ。
    ただの、「コミュニケーションの道具」です。

    ★それを使って、どんな仕事でどんな価値を生み出したいのか?

    を、アナタ方親はどう考えているのでしょうか。


    >四大の有名どころの経済・商・法学部などを出た方が良い

    夫君は、就職という「目先のこと」しか見ていない。親としてこの程度の視野じゃいけませんね。

    大学・学部選択は、その人の将来の「エクスパティーズ(得意分野)」を決める、重大な意思決定ですよ?


    金融だろうが、製造業だろうが、商社だろうが、海外関連の仕事に就きたいのなら英語は必須。

    が、「英語学習の最低ライン」であるTOEIC900点超えくらいなら、仕事しながらでも半年〜1年もあれば取れる。TOEIC900点を超えてから英会話に入れば、短期間でビジネス会話ができるようになる。

    だからこそ、英語以外の専門性が非常に重要。



    >その方が実践的だから

    何の実践なのか、娘に聞きましたか?

    法律の実践?
    金融の実践?
    ITの実践?  高1ならまだ何のイメージもないはず。

    世界を股に掛けたビジネスをしたいのなら、英語だけでは意味はない。
    日本で外国人観光客の接客をしたいだけなら、専門学校で十分。

    英語が好きな学生は、「外国での生活を夢見ているだけ」のことが往々にしてあるので、要注意。


    親は、

    ●どの分野の仕事を目指させるのか、そのためにどの大学に行くべきなのか(大学に入れないレベルならどういう職業を選択するか)



    ●親自身が、まず考えること

    が必要。


    しっかりしてくださいよ。親なんだから。

    ユーザーID:8363360298

  • 目的と手段を取り違えている

    他のレスにもありますが、英語圏で育てば英語はできて当たり前、すでにハイティーンのお嬢さんがネイティブスピーカーとがっぶり四つに組んで英語を武器に戦っても、この国際化した社会で勝てるはずがありません。

    ネイティブではない日本人がネイティブに勝つには「英語をツールとして」使って、「英語以外の強み」で勝負することです。2分野で深い知識を持つπ(パイ)型の人材になることではないでしょうか。

    他の方も書いていらっしゃいますが、英語で接客・ガイドをするなら観光学科、医療サポートするなら医学部か看護学部、英語圏で商売をするなら経営学科、人に英語を教えるなら教育学部、シェイクスピアを原著で読むなら英文科、ということになります。最後の学科は学者になる道です。結構しんどいですよ。

    私は社会に出てから英語を勉強して十分仕事ができました。理系だったので専門用語がわかっていれば相手が何を言っているかわかるし、専門用語で返せば意思疎通ができるのです。一般英語しかわからない通訳なんて有害でしかなかったです。

    ユーザーID:0696802143

  • 英語を使って何をしたいか考えては?

    我が子も英語が好きでした。
    もともと映画が好きで、小学校高学年の頃から字幕なしで洋画を見はじめ、やがて原著を辞書を引きながら読破し、ALTの先生との異文化交流を積極的に楽しんでいたようです。
    進路を決めるときには、英語を使って何をしたいか考えろ、とアドバイスしていました。

    本人なりにいろいろと考えていた様子でしたが、最終的には理系コースを選択し建築学科に進みました。
    日本語話者以外の人たちと英語で交流したり、英語論文を読んだり、国際学会に参加したりすることに抵抗がないのは、彼にとって素晴らしい財産だと思います。

    主様のお子さんも、英語の他に得意なことや好きなことを思い出してみながら、どんな仕事に就きたいかを考え、幅広く進路を検討してはどうでしょう。

    私自身は理系なので、文系の事情をよく知らないのですが、語学の専門学校を卒業したら、どのような仕事につけるのですか?

    どちらか迷っているなら、英語以外の分野を学ぶために大学に進学した方が良いのでは?

    お子さんらしさを生かせる目標が見つかると良いですね。これからが楽しみですね。がんばってください。

    ユーザーID:2876390281

  • ご回答ありがとうございました。

    ご回答をお寄せいただきまして感謝申し上げます。

    こちらに投稿いただいた内容については、娘にすべて伝えます。

    「自分の専門があって、その上での英語」というのは、わかってはおります。

    まず、娘が語学専門学校を「実践的」と考えている理由の一つは、「使える英語」を学べて、且つ資格取得のためのカリキュラムが充実しているからということです。

    娘は「ネイテイブ並みにペラペラに話せるようになりたい」という気持ちが強く、当然、語学を生かせる仕事に就きたいと言っています。

    英検は2級を持っていますが、いずれは1級が欲しい、TOEICも受験したいと言っています。

    そのためには、大学での「英語学」や「英文学」のような授業は時間の無駄だと言うのです。

    そういった意味で、英文科を出た夫や私については「進路を誤り、大学の4年間を無駄に過ごした」と非難します。

    確かに、英文科の授業には実務に役立たないものも多数ありましたが、それらを勉強したこと自体は私は「無駄だった」とは思っていません(話がずれてすみません)。

    夫の意見ですが「英語はどこででも学べる」ということだけで、語学専門学校への進学を反対しているのではありません。

    夫は「大学には行くべき」という考えです。理由はこちらに寄せていただいたご意見と同じです。

    こちらに相談して、良かったと思っております。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:7495959318

  • ピアニストが難しいのと同様

    ピアノやバイオリンは、たくさんの人が習い、上手な人もたくさんいます。プロとして生計を立てるのがとても大変です。

    英語も、生計を立てるのは難しいですよ。大学とか専門学校とかの問題ではありません。

    私の父は、もう60代で退職していますが、英語の通訳でした。大学へ行き、専攻とは別に英語を学び、専攻分野の通訳になりました。
    その父から、私が若い頃に「お前の世代(現在40代)ではもう英語だけで生計を立てるのは難しいと思う」と言われました。

    ユーザーID:8158020985

レス求!トピ一覧