何を備蓄してますか

レス70
(トピ主3
お気に入り454

生活・身近な話題

あんず

北日本在住で妹との2人暮らしをしています。
東日本大震災を経験した時、しばらくスーパーの棚が空っぽになるという経験をしました。地震の直後は分かりませんがしばらくしてインコの餌を買おうとしたら売っていないのです。何件も探し回りやっと見つけました。
乾電池、懐中電灯も何ヶ月も手に入りませんでした。

その経験からペット餌は最低1ヶ月分、懐中電灯用の乾電池、2リットルのペットボトル3本、米5kg、レトルト10食位、日用品は箱ティッシュ5個(1パック)、トイレロール12個(1袋)、カセットコンロのガス缶3本は切らさないようにしています。ローソクは仏壇用のものが沢山あります。
ガソリンも手に入らなくて困ったので、目盛りの半分まで来たら入れるようにしています。
しかしあとは特に思いつきません。

あなたは万が一の時のために何を備えていますか。

ユーザーID:7082126908

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数70

レスする
  • 東北です

    東日本大震災で被災はしていませんが、24時間の停電はありました。
    寒冷地なので、電気を使わない石油ストーブ2台で
    灯油は500Lのホームタンクに業者が月2回給油に来ます。
    ガソリンは常時20L保管し毎年入れ替え、カセットコンロのガスは12本くらいです。
    日用品はテッシュ、トイレットペーパーが20パック位、ペットシーツが100袋、電池は100本くらいにローソクは5箱くらい。
    ペットのご飯は2か月分、人二人分の食料は水2箱、米5kgと水でも戻せるアルファ米が30パックとレトルト食品です。
    後は簡易トイレくらいです。
    ただ備蓄するようになったのは東日本大震災ではなく、
    2000年問題に備えて、真冬に電気が無くても生き延びる為でした。

    ユーザーID:0996993583

  • 単三が単二にできる乾電池ケース

    今回のウイルス騒動で備蓄は見直しが必要だと感じています。

    我が家は戸建てで4人家族。
    ミネラルウォーターは2L×6本×4箱ありますが、理想は一週間分らしいのであと3箱足りません。
    レトルト食品、カップ麺、パックご飯、乾麺、サバ缶ツナ缶など、普段からローリングストックを心がけていますが、4人家族なので3日ぐらいしか持たないと思います。
    (厳密に管理はしていないので)

    以前、懐中電灯用に単二の電池を非常持ち出し袋に入れていたら期限切れで無駄になってしまいました。単二ってあまり使わないんですよね。
    だから単三を単二サイズに変えられるケースを100均で買っておき単三と一緒に持ち出し袋に入れています。
    単三はよく使うので。
    これも期限切れしないように、定期的に普段使いに回します。

    ペーパー類ですが、今までは安い時に必ず買う、ということを繰り返して、あまり在庫は気にしてませんでした。
    だいたい多いときで3パック、少なくとも1パックはあります。
    今後、通常の店頭になったら、最低3パック在庫を心がけようと思います。


    あと備蓄ではないのですが、
    外出先で被災したときのこと、エレベーターに閉じ込められる事を考えて、飲み物と常備薬とお菓子(チョコや飴)を持ち歩くようにしています。
    また家の背の高い家具は耐震用の突っ張り棒で固定しています。
    寝るときに眼鏡をベッド脇のテーブルの上に置くだけだった習慣をやめて、必ずケースに入れて引き出しに入れるようにしました。
    寝ている時に地震が来て、ド近視の私が困るのは眼鏡が見つからないことだと思うので。

    ユーザーID:8233552965

  • 続き

    人間用のしばらく日持ちする食べ物は米とレトルト10食の他にいつも菓子パン2日分くらい、乾麺、サバの水煮缶、ツナ缶など合わせて10缶位あるので生鮮なんかを先に食べていけば2週間位は大丈夫でしょう。梅干しと米だけにするなら1ヶ月は持ちます。
    東北なので防寒対策としては防寒着、反射式ストーブ、18リットル灯油缶2缶は保つようにしています。

    ユーザーID:7082126908

  • 水節約品

    ないと不便なナンバーワン。それは水。

    水を備蓄している人は多いけれど、いざ被災時は、それは主に飲料水として使われ、皿を洗うとかトイレを流すとか手を洗うとかそういった水はない場合が多いんじゃないかな、と。

    うちは、空のペットボトル5、6本に水道水を入れ、数日間の皿洗い等の飲まない水用に保管しています(日々の皿洗いの最初にその水を使って、新たな水道水を入れ直すようにしてますので、古くて使えない水にはなってません)。

    あとは、水を使わずに使い捨てられる紙皿紙コップや、皿やスプーンに巻き付けて洗い物を減らせるラップ、キッチンペーパー、アルミホイルなんかも、震災時に役立つかと。ウェットティッシュとか。

    後は、ポリ袋も何かと使いますし、生理用品も震災時を考えた量あってほしい。キャンプ何かの携帯用トイレも、一応置いておいて悪くはないと思うし。配給の水を入れるための段ボール(ポリ袋をかけて段ボールに入れる)も、良さそうなのを畳んでおいてあったり。

    あ、あと、震災時に差し入れで嬉しかったものアンケートの上位に歯ブラシがありました(まぁこれは、うちは安い時に買ってため込んでるので気にせずとも出来てますが)。

    新聞紙も、日々紙として色々使うようにストック、の場所が(廃品回収出す用と別れて)あります。

    食べ物は、お菓子類とか缶詰とか色々あるので書ききれません。生き埋め時にカンカン振って居場所を知らせる用のサクマドロップ缶は、日々食べられてますしね。

    後は、寒い時用のカイロとか?手回し充電でUSB口もあるラジオは、備蓄ではないけれど、震災用にあります。

    ユーザーID:2871312253

  • 備蓄以上に背の高い家具の固定

    場所を取りますよね、備蓄も。収納にかなりの余裕がないと種類も量もどちらも多くはできませんね。

    私が助かったのはラップです。
    震災の時、水道の復旧までかなりの日数を要したので、お店で普通に食品は手に入れられても食器が洗えないので、ラップで食器をくるんで毎回交換してしのいでいましたよ。

    備蓄にもそれ程場所を取りませんので、ラップがお薦めですよ。
    割箸や使い捨てのスプーンやフォーク・紙コップもあるといいのでは。

    他にはドライシャンプーや大判厚手の汗拭きウェットティッシュや、手を洗う代わりに使うウェットティッシュも多めに。

    備蓄も大事ですけれど、震災に備えるのならまずは家具の固定が第一なので、そちらも皆さん備蓄以上に抜かりなく!

    ユーザーID:3985327718

  • 海外在住ですが

    現地は、夫婦二人暮らしのための少量売りなんてものが無いため、すべてが大家族用という感覚です。トイレットロールは30個、キッチンタオル10個、ウェットティッシュ10個、そして水は2L6本が最低単位です。それら全てが、メーカー直売ネット通販で届くので、普段、スーパーで買う必要もありません。

    食料品に関しては、日本に行った際にまとめ買いしてくるので、これまた「備蓄」状態になっています。そば、パスタ、ラーメン類が多いです。
    医薬品も、やはり1年分くらい日本のものが「備蓄」されています。綿棒や生理用品まで日本製品です。

    更に結果的に「備蓄」となっているものと言えば、使い古したマットや毛布、タオル類でしょうか。。。キャンプやピクニックに使おうと取ってあるのですが。
    夫が建築関係なので、安全靴もあります。つま先がヘルメットのように守られるものです。軍手、ヘルメットはいつも車にありますね。私は長靴が要る店の手伝いをしているので、長靴の予備もあります。

    ちなみに私は、現地で首都や空港に行くにも3時間半の距離なので、1泊を覚悟するような荷物の多さです。それも、非常時に役立つと思っています。おやつ、歯磨きグッズ、ひざ掛け、常備薬、ポリ袋類、下着靴下の替え、カイロ、スマホ充電器、使い切りアイマスク、耳栓、油性ペン等、常に長距離セットとしてまとめてあります。

    ユーザーID:4076589543

  • お水が少なくないですか??

    災害用備蓄の個人用では、最低3日分と言われていますよね。

    でも、東日本大震災のような場合は、3日では最低限の支援が届き始める…といった感じだったと思います。

    トピ主さんは妹さんとのお二人暮らしですよね、であれば、お水と食料がまだ全然少ないと思います。

    最低3日です。それが2人分。
    特にお水がすごく少ないと思いました。3本、ですよね?3ケースじゃなくて。お水は命の基本なので、2ケースは置いておいたほうがいいと思います。

    ユーザーID:7964790408

  • 子どもが生まれてから

    上の子が生まれてから、備蓄をはじめました。
    主に避難用で、玄関に用意。
    子ども用のミルク、離乳食、オムツなど。
    次の年に着れるサイズの服、下着なども何枚か。
    その後、3.11があり、食料は大人分含めて量を増やしていきました。
    途中で循環備蓄の考え方を知り、避難用とは別にキッチンに用意してます。
    体験談で甘いものが恋しくなる、と聞いてレトルトのぜんざいも。
    衛生用品で言えば、トピ主さんが書いて無い
    マスク、歯ブラシ、生理用品かな。
    毎年、3月か9月に避難用は中身を確認しています。

    ユーザーID:6171278767

  • 水が足りない…

    東京都では3日間飲食できる分を備蓄しましょうと提唱しています。

    特に水は1日1人当たり3リットル必要です。トピ主の場合は

    3リットル × 2人 × 3日 = 18リットルが必要です。(2リットルの水が9本)

    それと女性なら生理用品は必須です。

    ここで質問するよりも、防災に関するHPなどを見てチェックする方が確実だと思います。

    私も改めてチェックしている最中です。

    ユーザーID:8764452316

  • 備蓄

    昔から地震が来るぞと言われている富士山の県庁所在地に住んでいますが
    備蓄しているのは、水と電池と懐中電灯程度。

    電池と懐中電灯は、昨年の台風が来る前に買った物。強いぞと言われ何があってもいいように、懐中電灯と電池を買っておきました。

    水(ミネラルウォーター)は常に買って飲んでいるので、備蓄と言うより、習慣みたいなものです。

    あとは冷蔵庫を空にしないということかな。詰めすぎは良くないと言われてますが、何かあった時はしばしは冷蔵庫の中の物をと言われているので、買い物時は必要な物+日持ちするものを1品買うようにしてます
    日付見ながら食べております。

    ティッシュとトイレットペーパーは常に余分に買っているのであるかなって感じ。なぜかコロナの件でキッチンペーパーまでたくさんあるし。
    特に備蓄というのはないかな。

    ユーザーID:4624002396

  • 電気と野菜です

    我が家は一戸建てでも屋根にソーラーパネル&蓄電池がありません。電気が止まると冷蔵庫が使えず食材の保存が効かない、水とガスがあっても風呂は沸かせないなど思わぬ不便にみまわれます。スマホやパソコンももちろんです。今までの水害や地震を見ても大規模停電は稀有な事例ではありません。
    そこで700W出力のリチウム蓄電池と専用ソーラー充電器を買いました。併せて10万円です。天気が良ければ昼間でフル充電、冷蔵庫も数時間動きます。それとスマホ用の小型充電池&ソーラーも用意しています。
    あと、炊事はカセットボンベ・コンロとキャンプ用のガソリンコンロ、水はペットボトル以外にポリタンク、インスタント食料などです。
    忘れていました、家庭菜園には半月は栄養補給できる野菜類を絶やしません。夏はトマトやキュウリ、豆類、冬はほうれん草や小松菜、通年で三ツ葉やニンジン、春菊、ネギなど。ミカンやモモなどの果物類もあります。

    ユーザーID:7846828400

  • 我が家の場合

    基本的に食品はローリングストックを心がけています。
    例えばお米は5キロ袋を開けたら次の袋を買います。
    他の物も同じでマスクは一箱開けたら次の箱を買います。
    お水はケースで買って同じく、生活用水としてお風呂には常に水を入れてます。

    トイレットペーパーは100メートル超巻きの物を使用しています、取り替える手間も省けるし、ストックとしても優秀。

    その他、電池や手回しでも聞けるラジオ、電池でスマホに充電できる物、ソーラーで充電できる物を持っています。
    それから災害用トイレ、ソーラーランタンも。

    トピ主さんはスマホ充電関係が無いようなので、そこを強化するといいかも。

    ユーザーID:8166418889

  • 私も

    私は西日本在住ですが、東日本大震災以降ガソリンは半分になったら給油するようにしてます。
    カセットコンロのガスも無理のないように、使い切ったら買い足す程度。
    電池は使わず液漏れして大量廃棄したことがあるので単三電池以外は焦らない、と割り切りました。

    余談ですが、
    東日本大震災以降、入浴の時脱衣所の電気を消す動作が当たり前になりました。あの時の私なりな節電の気持ちだったんだよなあ、って思います。

    ユーザーID:2582903971

  • 我が家はかなり

    住宅地の坂の上に住んでいて、わたしの母親も備蓄派だったので、凄いですよ。雪や大雨で買い物行けなくなるので(南関東ですが、たまに積もります)多めです。
    トイレットペーパーは、普段から3倍巻きの12ロールが、5パックほど。生理用品も女3人なので、常に小さい店の売場ほど。米は故郷納税ので、定期的に15キロ届きます。レトルトカレーも常に20箱、缶詰の魚、焼き鳥、フルーツもたくさん。マスクは普段から、喉が弱いので付けて寝てるから、たくさんあります。
    ボックスティッシュも常に4個パックが3個。
    水も炭酸水と3ケースずつ。洗剤、シャンプー類もかなりストックあります。ガスバーナーも料理で使うし、缶のガスで使える発電機。ガソリンで使える発電機、両方あります。近所の別宅に置いてあります。

    近くで緊急漏水工事があって、長い時間水道がとまった時も別宅でお風呂入れました。
    なので、今回も焦って買い物しなくても、普通に暮らせてます。しかしながら、外出自粛は鬱々します。
    私も来るのガソリンは半分まで来たら、入れに行きます。半分から下は、減るのが早いんですよ。
    ペットもいるので、そちら関連もバッチリです。

    ユーザーID:1708945832

  • トイレ

    東日本経験した時に

    水とトイレが困った記憶があります
    水は止まるのが当然、下水も復旧しないとトイレが使えない

    ラジオで水栓トイレが使えるという場所に
    (たまたま近く)で自転車で通い

    それでも当時一人暮らしだからよかったと思います
    家族だったとしても、いやですもの

    その時に見たテレビの映像が衝撃的だった
    (家では電気もないのでテレビは見れない)

    避難所でも仮設トイレ以外は使えません
    必ず仮設トイレがあるわけではないです

    ガスと電気は不便ですが、工夫の仕様があると思いました

    現代では携帯の充電を確保する方が大事かも
    こちらもラジオで聞いて、充電できる施設に通いました

    次にラジオ
    携帯は非常時に備えて使わないようにしたい
    しかしまったく情報が入ってこないのは困る

    ラジオならそんなに電気も必要なく
    何だかんだで情報を得られたので
    重要なインフラだと思いました

    食料品は何とかなりますね
    水とカセットコンロと冷蔵庫の物があれば、
    それで数日食べられます(というか食べないといけない)

    ローソクは火事の危険もあるので、頻繁には使えません
    予備用に懐中電灯のほか電気のランタンがあるといいと思います

    ユーザーID:9214268821

  • うちの場合

    大体主さんと同じような感じですが、「ストックは回さないと消費期限切れになりやすい」「災害でストレスを感じやすいときに普段と違うものを使いたくない」という気持ちで、普段使っているものを日常で必要と思う予備量の倍持つようにしています。
    トイレットペーパーなら普段から使いかけ+未開封2パック。水はいつも国産ミネラルウォーターを飲んでいるのでその商品を2リットル6本入り一箱の使いかけ一箱+2〜3箱とか。
    レトルトは普段食べないので代わりにカップ麺を用意しています。

    それ以外では
    ・トマト缶(災害時に生野菜がなくなった時にそのまま食べる。普段はミネストローネやボークビーンズに使用)
    ・頭痛薬(頭痛持ちなので災害時に頭痛薬が切れたらつらい…病気ではないので優先的に病院で見てもらえるレベルでもない)
    ・ラップ、アルミホイル(普段使うけど、使いかけ+予備2本用意)
    ・太陽光で蓄電できる置き式の折り畳みライト
    ・灯油(石油ストーブを使っているので。夏でも一缶は置いてある。暖房以外に調理に使える)

    などです。

    ユーザーID:7344499271

  • 都内一人暮らし

    私の場合の最低備蓄は

    水2L 12本
    レトルトごはん200g 15個
    いろんな防災用レトルト 15個
    防災用の缶入りパン 10個
    リポD 12本
    トイレットペーパー 16ロール
    ティッシュペーパー 5箱
    マスク 1箱100枚
    軍手とニトリル手袋 各5双
    生理用品 2袋
    寝袋&マット
    ちっこいソーラー発電機
    モバイルバッテリー 2個
    市販の防災用品リュック 1個

    こんな感じです。足りなくなりそうになったら補充しますので、実際はもうちょっと多めです。

    リュックに手回し充電ラジオとか銀色の毛布(?)みたいなのとかいろいろ入ってます。

    政府が3日分の食料を…とのことだったので、多めの5日を目安に備蓄してます。が、コロナ騒動をみて足りるのか不安になってきました。もう少し増やすかを思案している最中です。

    ユーザーID:8893467316

  • ストック大好き

    働いていた時、在庫管理の係だったので自然に家の物もストック大好きになってしまいました。
    上手くローリングストック出来たらいいのですが。
    うちも同じ様な感じです。
    あとはパックのジュースとか、缶詰、飴、カロリーメイトなどを安いときに買っています。
    赤ちゃんがいるのでオムツ、おしりふき、ミルクなども一応ストックあります。
    マスク、ティシュ、トイペ、ハンドソープ、アルコールも今回の騒ぎとは関係なく常にストックがあります。
    あとは洗い流さないシャンプーが欲しいですね。
    ラップ、アルミホイル、紙皿、紙コップ、歯ブラシ、歯磨き粉、マウスウォッシュも防災用に別にしてあります。
    ホッカイロも用意しなきゃな〜。

    皆さんの意見も参考にさせて頂きたいです。

    ユーザーID:2897778546

  • あんず様の備蓄はいいと思いますが

    量的に足りないと思います。東北地方に住むものですが東日本大震災の時のモノ不足は約一カ月は続きました。水もトイレットペーパーもティッシュペーパーも5倍の量が有ればいいと思います。
    それからガソリンはいざという時の為に取って置きになりますので、車輪のついた買い物用の引っ張るだけで動く大きめのバッグが必要です。私はこれを引っ張ってどこまでも買い出しに歩きました。
    それから給水用の水のタンクと水を入れる容器が有ればいいと思います。タンクは給水車から水をもらう時に必要です。スーパーなどで美味しい水のサービス用に売っています。容器はもらった水を貯めて置きます。トイレ用の流す水は古くなった水を使いました。飲めるのは三日までなのでそれを過ぎた水はバケツに入れてトイレに流しました。
    初日は余裕が無いので缶詰やレトルトが数日分あると助かります。あの時は薬も買えなかったので咳止め風邪薬傷薬等。津波に遭った友人に家の薬を届けました。これだけの物資は備蓄に苦労しますが最低は必要です。
    私は自分の車にペットボトルを常に二十本、羊羹のようなカロリー食をいくつか、厚手のコートと共にいつも積んでいます。逃げるためです。
    おかげでコロナによる物資不足も大丈夫でした。
    停電は必ず起きます。その時の為に灯油だけで使えるストーブも買いました。灯油は必需品です。何日も寒さに耐えれば病気になりかねません。いつも最悪を考えるようになりました。

    ユーザーID:7943650147

  • 飲料水に加えて、トイレに使うために灯油ポリタンク二缶分を備蓄しています。

    ユーザーID:6697727083

  • 中高年夫婦二人暮らしです

    大阪市内在住なので、身内が阪神大震災で被災した経験と南海トラフ大地震に備えて
    非常用持ち出し袋を二人分、枕元と車のトランクの中に仕込んでいます。
    年に一回見直しをしますが大体中身は以下のものです。

    ・水(2リットルのペットボトル1本)
    ・ひとくち羊羹(5個くらい)
    ・チキンラーメンミニサイズ(3個くらい)
    ・青魚の味付け煮の缶詰(3個くらい)
    ・レトルトごはん(3パックくらい)
    ・赤ちゃんのおしりふき(1個)
    ・ビニール袋(ひとつかみ程度)
    ・電池式のモバイルバッテリーと電池
    ・新聞紙

    上記を4つのリュックにそれぞれいれて、避難所などが手配されるまでの2日くらいを
    しのごうかな、と。一応、水が貴重品になることを考えて飲料以外の使用を避ける方向で
    考えると、トイレの際にはビニールと新聞紙とおしりふきがあればなんとかなるかなとか
    ラーメンはそのままかじればいいかとか、そういう発想です。

    家庭内の備蓄は、特にこれといってそれ用に何か、ということはあまりないですが、
    夫も私も普段働いていて、買い出しの時間はそんなに取れない時もあるので、
    普段からトイレットペーパーやティッシュはホームセンターで4カ月に一回くらいのペースで
    箱買いしています。
    食料も同じくで、お米は半年に一度くらいのペースで玄米を30kg買いますし、
    パスタも大型スーパーでソースなどと一緒にまとめ買いしたのを数カ月かけて
    チビチビ消費しています。お米とパスタを消費しつくす頃合をずらすようにはします。
    あとは缶詰とレトルトカレーですね(夫が好きなので)。
    懐中電灯は手動で充電できるタイプを買いました。
    あと、去年大阪でも大規模な停電がありましたが、そのときにUSBジャックがついたランタンが
    とても役に立ったという話なので、それを電池と一緒に置いてあります。

    ユーザーID:3746387532

  • 主にペット用品

    一人暮らしですが猫がいます
    震災とかで飢え死にすることはまずない
    人への救援物資は結構早く届くから
    が、ペット用品なんて物流が元に戻るまで
    手に入らないと考えています
    なのでトイレ用品、フードは1か月分は備蓄しています
    自分用には水と米とトイレットペーパー、乾麺など備蓄
    ガソリンは常に半分以上をキープしています
    乾電池はもう少し買い足そうかな
    現金もいるよね

    ユーザーID:4696238409

  • カセットガス

    意図的に買い置きしているものはカセットガス。
    冬場は10本以上ストックします。
    調理はもちろん、カセットガス用のストーブがあるので暖房にも使えます。(電気不要)あとは米と水があれば食いっぱぐれがありません。普通の鍋で炊飯出来ます。
    夏を除けば、キャンピングストーブで朝のコーヒーを淹れるのにも使うし、カセットストーブはトイレの暖房に使いガスを消費しますから、ローリングストックになっています。ちなみにカセットガスのボンベの保存期限は5年。

    また、意図的ではありませんが、積雪が多い土地柄、過半の住宅に灯油の外部タンクが設置され、最大400L強の灯油があり、電気が止まっても使える灯油コンロに給油出来ます。

    除雪機用にガソリンの買い置きが最大15Lあります。
    燃費のよいバイクを持ってますので、雪の無い季節なら15Lで500km以上走れますから、通勤や買い出しの足としてしばらくもつでしょう。クルマと違って悪路も走れるし。

    ユーザーID:5391396451

  • 東北在住です

    震災の時に一番 困ったのはガソリンでした。
    (直接的な被災地ではないので)
    お米は、当時は4人暮らしだったので玄米で1年分を購入しており食べ物には困りませんでした。
    今は、息子達が大学進学で家を離れておりますので夫婦二人で10キロくらい。
    大型の石油ストーブを持っていたのでとても重宝しました。
    石油給湯器なのでいざとなったら石油を抜いて使用可能。
    ガスは集中基地からの供給なので復旧が早いです。
    ジュースは2箱くらい常備しておりますが車で30分のところに天然水を汲める場所が2か所あるので2週間に1度くらいペットボトルに30本くらい汲みに行くのが習慣になりました。
    (しっかり水質検査もされて水道の蛇口もある天然水です)
    根野菜(人参・じゃがいも・玉ねぎ)は箱買いで常備してます。
    カレーやシチューのルーや常温で保存が可能な食品は相当数備蓄しています。
    バーベキュー用の炭などもあります。
    (いざとなったら外で煮炊きです)
    水とガソリンがあれば数か月は生き延びられるかなぁ。

    ユーザーID:0256878874

  • コロナ対策で実験してみました

    買い物をはじめコロナ対策で3日間、一歩も家から出ませんでした。母と2人暮らしです。ペットは飼っていません。

    1日目は特に変わりない生活です。
    (電気・ガス・水があるから当たり前ですが…)

    2日目は母がアルファ米が飽きてしまい、脱落しました(笑)

    3日目、甘味が欲しくなりました。

    日頃から食べ慣れないもの、水のみは、通常の生活を急には切り替えられませんね。


    備蓄の話しですが

    うちも2人暮らしなのに日用品は大量買いです。トイペは業務用の箱買い60ロール、ティッシュも箱買い20箱、電池も種類別にあり、簡易トイレ100回分、700w充電池を常にフル充電しています。

    被災というよりライフラインが止まった時を想定して、不便が最小限で済むように準備しています。アウトドア用品を一式揃えた感じです。

    水はミネラルウォーター(あえて500ミリリットル)を日頃から飲んでいて48本をきったら買い足します。

    あとは処方薬を毎月数日早めに受診して、常にプラス1ヶ月分をストックしています。

    ユーザーID:5648818708

  • 加えて。

    みなさんとほぼ一緒です。
    ローリングストックを心がけています。
    主さんのところにないものとしては

    ・アルコールやお手拭きシート(災害時は手を洗えずノロが流行るそうです。)
    ・みかんの缶詰(ストレスにはビタミンCが効果的だそうです。)
    ・総合ビタミン剤(栄養不足の間に合わせです。)
    ・ラップ(おさらにラップをかけて使います。)

    どれもこれも日常的に使ってはストックするを繰り返しています。

    ちなみに、アルコール、お手拭きシートとマスクは常時在庫していたので、
    今回も助かりました。

    ユーザーID:9532446764

  • 私も被災された方の生の声が聞きたい

    お恥ずかしい話ですが、今まで備蓄に疎すぎました。
    今回、コロナウイルスの影響でマスクが店頭になくなって改めて備蓄の必要性を感じ、いろいろ備えにかかっている最中です。
    まず、何を買えばいいのか判断に迷ったので、食料や水、ランタン等が入った非常用持ち出しリュック(1万円ちょっと)やシュラフ等を通販で購入しました。
    5年程度保存できる食料や水、日用品も徐々に買い集めています。
    あと、送られてきたカタログギフトの商品の中にビクトリノックスのマルチツール(缶切りやハサミ、マイナスドライバーなど14種)があり、それを注文しました。
    今後は下着類もと考えています。
    旅行用の使い捨てにするか、素材は不織布などの紙か布か、検討していきたいですね。

    一番怖いのは家屋の倒壊です。
    壁が非常に少なく、窓がたくさんある古い家に住んでいるため、備蓄品をどこに保管しておくのがベストなのか悩んでいます。
    真夏だと車内の温度が相当高くなってしまうため、保管に適さないようにも思うし…。
    私もいろんな方のお知恵を拝借したいです。

    ユーザーID:2476508083

  • 私も東日本大震災から 備蓄してます

    震災以前には 実家(木造家屋)の耐震補強工事を完了。
    一級建築士に診てもらう費用、工事の費用などは市区町村によって 助成金があるケースがあるので 問い合わせてみて。
    費用はどこまでやるか?によります、わが実家では300万程度で済みましたが
    中には一千万かけた人もいるそう。

    現在私はマンションでペット複数と人間二人


    ・ペットシートダブル最低2パックはストック(犬)
    ・ペットフード(犬猫)三か月分はストック
    ・猫砂3袋
    ・避難所用ケージ類(移動用バッグ含む)
    ・行方不明時のためにマイクロチップ

    人間では
    ・トイレットペーパー19ロールを3−4パック
    ・除菌タオル3個
    ・除菌スプレー4(中身だけは20個程度ある)
    ・マスク 50枚入り5箱・一枚づつの小分けマスク20
    ・除菌ジェル仕事場と自宅用で大小合わせて6本
    ・薬用ハンドソープ (中身だけ4つ)

    ・缶詰・瓶詰類は 合計すると70くらい
    ・レトルト食品 30
    ・米
    ・水(長期保存水と一般のミネラルウォーター2リットルを7箱)

    ・アルコール燃料10本とそれを使って加熱できるアルポット2
    ・BBQセット3 木炭5キロ×4
    ・ガスコンロ2とガスボンベ12

    ・ラップ
    ・ジッパー付きの袋
    ・紙皿など
    ・ビニールで個別包装の割りばし

    ・手巻きラジオ(これは本当に助かった)

    ・電池類各種
    ・ランタン3個
    ・ろうそくは燭台に飾って各所に飾ってある
    (飾ってるときにはインテリア、いざとなったら火をともす)

    キャンプ用として使っている
    ・寝袋2
    ・テント(避難所にペット不可の場合)


    ・処方箋の薬は常時 2か月分あるようにしてもらってる
    ・薬箱にあるものを補充
    ・各サプリ
    簡易用トイレ

    トピ主さんの量は少ないと思います、特に水。
    大人一人で一日3本目安らしいです。
    ローリングストック方式で回してます。

    ユーザーID:5712570135

  • 備蓄という訳では無いですが

    無くなってから、あわてて買いに行くのが嫌なので、日用品などは常にストックしておくようにしています。
    次に買いに行く間隔としては、1ヶ月後ぐらいが目安なので、1ヶ月分ストックということになるのかな。
    ティッシュは常に15箱くらいあるし、トイペも2パックは普通です。だから先日の騒ぎでも全然困りませんでした。
    カセットガスは普段補助暖房で使っているので、これも常に6本はあります。
    水は2Lが12本ですが、他にお茶とかジュース類もあります。コメの他にも、そば、うどん、パスタも常備してますし、乾物類や缶詰類もストックして気が向いたときに食べて消費してる感じ。せんべいもよく食べるからまとめ買いです。
    ペット用品もぎりぎりにはせずに、常に次の餌がある状態にしてます。ドライフードなんで、そんなに悪くならないだろうし。


    私は一昨年に北海道の台風・地震・停電のコンボに見舞われた経験から、さらに電源無しで動く灯油ストーブを買いました。こちらでは同じようにストーブを用意した人が多いみたい。冬に停電して暖房が使えなくなったら死んでしまうかも・・人もペットもです。
    子供が学校で作ったライト付きの手回しラジオが意外と役に立ちました。偶然子供が風呂にきれいな水を張りっぱなしにしていて、トイレにも困らなかったし、食器や手をを洗うくらいなら、それで十分でした。
    アロマ用のキャンドルも大量にストックしてたので、簡易ランタンを作って夜に大活躍でした。ただキャンドルの光で台所仕事するのは、大変で諦めざるを得なかったので、日中に家事を済ませるようにしました。

    あの停電の時は、多くの人が水や食べ物を求めてコンビニやスーパーに並んでましたが、逆に不思議な気もしました。そんな並ばなきゃいけないくらい、ギリギリの人が多いのだなと。
    そういう状態で、うちは割と普通に自炊して食べていたので並ぶほどには困りませんでした。

    ユーザーID:9020422485

  • 書き忘れていましたが女性の方々

    下着の汚れ防止にパンティライナーがあると便利でしたよ。
    洗う回数が減ります。

    ユーザーID:5712570135

レス求!トピ一覧