自己導尿している方に質問です

レス4
(トピ主0
お気に入り4

心や体の悩み

さや

自己導尿をした方が良いと泌尿器科で言われており、今後の生活がどうなってしまうのか不安です。
経験された方、普段の生活で工夫していることなどを教えて頂けませんでしょうか。

日中は仕事をしており、打ち合わせなどで外出や出張もあり、トイレの場所も一定ではありません。

荷物が増えるし、物を置けないトイレもあるだろうし、時間はかかるし、狭いトイレでできるのか、不安しかありません。

一年半前に子宮頚がんで広汎摘出術をうけ、その後放射線化学同時療法を受けました。
術後1ヶ月ほど自己導尿をしていましたが、頑張れば出せるようになったので、自己導尿は終了しています。この時は術後ということもあり、ほぼ自宅にいましたので、自宅外での導尿はほとんど経験がありません。

腎臓を守るため、と言われていますが、出来ればやりたくないとまで思ってしまいます。頑張れば自分で出せるし…。神経性排尿障害で回復の見込みはなく、現在40歳、今後一生と思うと、やり切れません。

まとまりのない文章になってしまいましたが、具体的なアドバイスなど頂けると嬉しいです。

ユーザーID:1318805467

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
  • 全くの素人ですが

    63歳男性です。

    私は数年前から尿がとても出にくく、泌尿器科に通院し、男性によくある前立腺肥大ではないと言われましたが、その薬を服用して尿を出しやすくしています。

    また、常に100cc程度の残尿もあるそうで、それによる残尿感や不快感はないのでそのままの状態です。

    以前は「自己導尿しようか」と医師がつぶやいてましたが、特に指示はありません。

    なので一応、自己導尿とは何なのかは調べました。


    トピ主さんは、排尿障害だそうですが、「頑張れば出せる」状態ということで。

    まったく排尿できないのなら定期的に自己導尿しないと、腎臓や膀胱に負担がかかると思います。

    医師が「外出時も含め、常時、自己導尿しないと腎臓が守れない」と言うのなら、従う必要があると思います。

    でも「素人考え」ですが、トピ主さんが外出時は頑張って自分で排尿し、家にいる時だけ自己導尿する方法もあるような気がします。

    もし、残尿があっても、自分で排尿する回数を増やせば、外出先で自己導尿しなくても良いのかな?とも思うし、家で自己導尿するだけでも、腎臓への負担はかなり減るのではないでしょうか?。

    >自己導尿をした方が良い
    というのは「絶対すべき」という口調でもありません。

    とりあえず外出先では今までのように自分で排尿し、家で自己導尿するのではダメなのか、医師に聞いてみたらどうでしょうか?。

    導尿カテーテルは通販を見ると「使い捨て」と「反復使用」タイプがあります。

    もし外出先で使うのだとすれば、「使い捨て」のほうが良いかもしれません。(但し、回数分を持ち歩き、捨てる場所がない場合、持ち帰る必要があります)

    医師の指示なら保険適用なので通販は使えませんが、医師と相談して、消毒綿や潤滑剤も含め、使いやすいものを選ぶのが良いと思います。

    ユーザーID:3865972679

  • 慣れればかなり早いです1

    二分脊椎による神経因性膀胱で一歳過ぎから導尿している息子がいます。今高校です。
    うちは自然によく出るタイプだったので、自分で出すことはできる、というのは分かります。
    でも導尿指示が出たということは、膀胱の働きでは出し切れてないわけです。これは膀胱造影とウロダイナミクスでハッキリ分かってるはずですが、何か問題がある。つまり、頑張る時には補助的に手圧や腹圧を使ってるでしょう。
    が、しかしこの手圧や腹圧、一年二年じゃ何も起こらなくても、十年二十年やってると、腎臓への逆流が起こるんですよ。だって物理的に押すんだもん。尿管逆流症です。
    もひとつ、完全に出しきれないと膀胱内で菌が繁殖してそいつらが腎臓に入り込む。発熱して腎炎が起きて、腎炎を繰り返すと段々腎臓がダメになります。
    それで結局透析→腎不全と移行します。

    二分脊椎患者で膀胱機能がやられている人は、間歇的自己導尿の手法が確立する四十年くらい前までは手圧腹圧で出す指導がされ、透析→腎不全となって、三十前くらいから命が危なくなるのが割と普通でした。専用カテーテルが開発され自己導尿技術が確立したのは素晴らしい画期的なことで、腎臓を自分で守れるようになりました。

    二十年後くらいのことを考えたら、自己導尿始めといた方がいいと思います。
    一旦自己導尿始めたら、回数守って生活習慣としてやった方がいいす。
    うちは1日5回ペース((起床)7時、12時、16時、20時(風呂)、24時(睡眠))ですが、チビの時、感染が絡むと8回とかなったりで…まあ回数は医師と相談で。

    手技タイムは早くなります。うちは小学校時に早くなり、実動5分、ズボン上げ下げや前後手洗いや入れても7〜8分かな。休み時間にトイレ行って導尿して次の授業に間に合わないといけなかったし。まあ丁寧な歯磨きくらいの感覚。

    ユーザーID:7197993395

  • 早くなります2

    導尿時刻は、回数守れば一時間二時間前後しても構わないし、
    手技はできるだけ省略して可。
    「手順より回数堅持」って医師もWACナースも皆言うもん。「清潔性を追求して面倒がって回数減るより、ズボラ手順でも回数堅持を」て。回数回して雑菌流すの。
    手間削減はWACナースさんに相談。反抗期サボり厨男子向けの、ここに書けないようなズボラ手法もある。

    外出時はいつも綺麗な多目的トイレリサーチしといて、そこ狙う。うちは家族中が多目的トイレリサーチの鬼。
    未知の土地に行くときはネットで多目的トイレ(普通の洋式トイレでも綺麗ならいい)調査。街中なら結構詳しいです。
    置き台は、大抵どっか置くとこあるけど、うちも小さいときは手すりパイプに引っかける折り畳み台を夫が自作したりしてました。が、今は素で行く。

    荷になるのは…
    普段家では使い捨てネラトンカテーテルの長いのでしょ?あとゼリーと清浄綿だよね。
    そこで、出先用は携帯用のいいカテ(高いの)出してもらうの。

    うちは今は「スピーディカテ フレックス」。去年から。
    初めて見ると「なんじゃこれ?」な変なヤツだけど、丸まってて携帯性良し。ゼリー要らないから一荷物一手間省ける。台がなきゃトイレットペーパーの上にでも置ける。あと入ってたケースに入れて捨てやすい。

    更に「スピーディカテ コンパクト」ってのがあって、より持ち運びやすいし、女性用とかちょうカッコいいし使いやすいらしい。でも高いからうちの病院では出ないの。検索したら画像出るよ。

    スピーディーフレックスもネラトンに比べると高いから、「今回ネラトン50本入り二箱削ってその分スピーディーください」とか頼むので、外出用のみ。うちは。
    扱いがあるカテは、発注決める前に頼めばお試しで数本出してくれるはず。医師に相談。

    回数さえ堅持すれば後は気楽にやればいいです。ガチガチにやるともたない。

    ユーザーID:7197993395

  • 3それと

    障害者手帳持ってますか?
    まだなら、自己導尿することになれば膀胱機能障害で障害者手帳取れると思うんですが。うちは3級(うちは直腸障害もあるから一緒じゃないかもだけど)。

    で、ここからは主さんの考え次第なんだけど、
    手帳取ったら雇用先に申請して、障害者雇用に切り替えてもらえば、雇用先にはメリットになるはずなんですよ、国の障害者雇用の規準守るのどこも苦労してるし金銭的なメリットもあるし。
    で、障害者雇用に切り替えたら、会社に環境整備を依頼できるはずなんです。
    トピ主さんの場合は、もしトイレがよろしくないなら工事入れて、トイレに置き台つけて温水洗浄便座の障害者仕様にした所を一ヶ所確保する、更に導尿用品をしまえて他の人が中をいじれないようなロッカーか何か設置する、というような感じかなあ。
    設備改善には会社からの申請で公費助成が出るはずなんですよね。
    仕事場の導尿環境を整えようと思えばそういうことができます。

    ただ、障害者雇用になると昇進にガラスの天井ができたりするのはよく聞くので、この会社への申請は考え所ではあるかも。そこそこの洋式トイレさえあれば工事しなくても割と普通に過ごせちゃいますからね。

    ユーザーID:7197993395

レス求!トピ一覧