アダルトチルドレン の皆さん。

レス6
(トピ主0
お気に入り19

心や体の悩み

kiki

25歳女です。
私の家庭は母子家庭で母は私が小さい時から男優先(問題ある男ばかり)で子供放置です。
現在も最近できたヒモ彼氏のお世話をしています。
母には心無いことを言われ、昔の母の彼氏からはDVをされ育ってきました。どんな事をされても母が大好きで父が居ない分、私が母を守らないと!と思ってました。ですが成人してまもなく、母は異常だと気づき私の心はズタボロで心療内科に通い、沢山のACについての本も読み漁り、自分自身の傷を癒すため頑張りました。
頑張ってはいるもののいい大人になった今も傷は癒えることはありません。母とは関わらないようにしてますが昔の事がフラッシュバックしたり心の奥底の怒りや悲しみが消えません。
AC専門の心療内科を検索してみたりしましたが高額でずっと続けられません。
ACの環境で育ち、回復に向かってる人、努力してる人、どのような方法を試していますか?

ユーザーID:9055010543

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
  • いいこともあった

    たくさんのつらいことがあったと思います。
    多くの他人には理解できない苦しさだと思います。
    私は今年で還暦になりますが、施設に入所している実母がいます。
    私のACの加害者は実母です。
    傍観していた父も共謀者と言えますが、彼も母の被害者で、私が成人する前に亡くなりました。
    自分の母親が社会的にもおかしい、と思い始めたのは結婚後でした。
    それから彼女を施設に入れるまで彼女と私は修羅の道を挟んで歩んできました。
    徐々に認知がゆるくなってきている母は、自分が自分の両親と暮らしていたころの話をします。
    その中には、いかに父親に理解してもらえなかったか、暴力を振るわれたか、ということもでてきました。
    興味深いのは、もっと若かったころの私が知る母は、自分の母親のことを毛嫌いしていたものの、父親のことはほとんど言わなかったことです。
    その辺りはよくわかりません。
    まあ、そんな母に育てられて、施設に週一で顔をだしていますが、
    会社勤めをして、30年以上、実はあの母親に虐げられた経験が役に立っている、と思うことがあります。
    それは我慢強いこと、他人の意見に安易に左右されないこと、打たれ強いこと、です。
    サバイバーならではの強みです。
    なので、今も結構上司からやられていますが、この人は基本的にはフェアで論理的な人なので、一旦、言われるだけ言われて、翌日は忘れて仕事をしています。
    前任者は、3か月でつぶれました。私は今、2か月目です。
    もちろん、そんな強みなんてものがなくても平和に生きてゆける方がずっといいです。
    あたたかな、なつかしむことのできる家庭の思い出がある方が豊かな人生だと思います。
    でも、過去は変えられない。
    昨日より今日、今日より明日、ぜったい自分の力で幸せになる、と思っています。

    ユーザーID:6439167491

  • 回復とは

    何だろうと人生を思い返しながら読ませて頂きました。

     と言うのも、多分自分はACとは思いながらも、取り立てて回復を目指すことはしてこなかったからです。詳しくは申せませんが、やはり子供らしさを封印して生きて来ざるを得ない環境でした。生きづらさは現在只今も継続中です。

     運良くそれでもこれまで生きて来られた、今このような状況になれた事に感謝していす。 

     生きづらさは消えません。が、それと感謝の思いはありがたいことに併存するもののようです。ようは生きてりゃいいの。ご参考までに。

    ユーザーID:9497526001

  • こたえではありませんが、

    kikiさん

    倍くらいの年齢のものです。
    わたしも家族のことでずーっと悩んでおりまして、
    ふつうの家庭に生まれたかった、、、、といまも思います。

    このトピを今日読んで、
    ほかの方のご意見に「回復を目指さない」とあって、目からうろこが落ちそうです。

    長い間、こんな家庭に生まれおちた、こたえがどこかにあるのだと思って
    探し続けてきましたが、どうやらこたえは無くてもいいのかもしれません。
    そんな気がしてきました。

    kikiさんの求めるこたえではないかもしれませんが、
    疲れたら、少し休んでくださいね。

    心が穏やかであるように、遠くから祈ってます。

    ユーザーID:6286510617

  • いちばん悔しかったのは

    私はアラ還の元ACです。
    元と書いたのは、35歳の頃に気づいて、
    40歳くらいでサバイバーになり、
    だいたい45歳くらいでスライバーになったと思うので。

    回復には段階がありました。

    本当に辛くていたたまれない時もあったけれど、
    心が軽くなって自由を沢山感じられるようにもなりました。

    好きな事、楽しい事をなるべくして、そして自分を責めなかった。
    運動もしましたよ。
    身体を動かしてお風呂に入って汗を流す。
    自分のために自分を優しく扱い世話する。
    だんだんと自分を癒せるようになったと思います。

    友達と夫にも話を聞いてもらったけど、
    例えば10辛かったとしても2くらいまで話すようにしました。
    内容の脚色はしないけど、量を多く話さないように。
    うちの親は私を愚痴のゴミ箱にしたので、
    愚痴を言われる辛さは身に沁みていたので。
    気持ちをちょっと分かってもらえばそれで良かった。

    フラッシュバックもかなりあったし、今もたまにあります。
    でもこれは螺旋階段を上っているんだと思っています。
    同じような風景を見てると思っても、階段を上がっているので、
    高さは上になっていて、決して同じ所にいるわけではない。
    ちゃんと自分は回復しているんだなと思います。

    最後に。

    最近私が思うのは、本当に私が悔しかった事は、
    実は自分が自分を守れなかった事ではないかと。
    相手の言いなりになった自分、相手に自分を差し出した自分。
    それが本当に悔しかったんだ、だから病んだんだと。

    でもそれでも、幼い私は頑張った。
    あんなに辛かったのに死なずによく頑張ったなと心から思えます。

    ベストの対応はできなかったかもしれないけど、
    小さな私は自分を精一杯守った。
    ああいう行動しか取れなかったけど、あれはベターだった。
    ベストは無理でもベターだったんだと思います。

    だから私は私を許します。
    大切な無二の私を。

    ユーザーID:0448252971

  • わたしも

    28歳女です。
    私は大いに甘やかされて、親からも愛されて育ちました。が、現在アダルトチルドレンの疑いがあると言われています。
    私の場合、その歪んだ愛情確認の行動は夫に向けられています。
    確かめ行為、あまのじゃくな言動で夫を混乱させてしまいます。
    とにかく、自分が120%必要だと言ってほしいのです。承認欲求我が強すぎるのですね。
    とても生きづらく、自分に自信がなく、常に周りの評価を気にしています。

    今はカウンセリングにたまに通い、「ありのままの自分を愛せるように」すごしています。「何もしないことを許す」「無償の愛」そんなことが人生のテーマとなっています。

    日々修行です。母親から受ける多大な影響力に負けないように、自分の考えをしっかり持てるように訓練しています。

    ユーザーID:1607332301

  • 親とほぼ疎遠な関係だからこそできたことだと思います。

    どうしても、前に進めないことがあって、人生で一度、自分を省みることがありました。

    そのとき、客観的に自分を分析出来た気がします。

    物心つく頃から、人見知り。自分に自信がなくて、消極的で、なかなか友達ができず、自分の考えや、言おうとしていることは、全部間違いのような気がして、なかなか積極的にはなれませんでした。

    そして、そのとき、何が自分を苦しめているのだろう・・・と考えたとき、それまで頑張ったことは、たいてい人に認められてきたのに、そのときばかりは、認められたい人に認められず、躍起になって苦しんでいることに気付きました。

    そういえば、それまでの自分も承認要求のもとで頑張っていたな・・・と。

    白黒はっきりしないと気が済まないことや、自己肯定感が低いことも、更に苦しみを増長させていることに。

    それまで、自己肯定感が低いことは、ぼんやりとは思っていましたが、何故、そうなったのか・・・ということは考えたことはありませんでした。

    しかし、自分の育てられ方を辿っていくうちに、点と線がつながった気がしました。

    そこで、初めて自分の短所を受け入れることができました。

    すると、対処の方法も分かってきました。
    他人に認められるために頑張ることはやめよう。結果がでたとしても、それを認めてもらえるとは限らない。いろんな考えの人がいるのだから。
    いろんな考えが、世の中に存在するのなら、自分の考えもそれでOKなのだ・・・と。
    そこで、他人のことも、自分のことも認める・・・ということが出来ましたし、『白・黒』だけではなく『グレー』の部分も自分の考えのなかに持つことができ、一気に視野が広がりました。

    それからは、自分のために頑張ることを念頭に、生きてきました。
    自分で考えて、自分のために動いた成功体験を積み重ねていくうち、自信もつき、自己肯定感も高まっていくのが分かりましたよ。

    ユーザーID:0595629014

レス求!トピ一覧