自分の気持ち

レス3
(トピ主1
お気に入り2

家族・友人・人間関係

りんご

1歳と2歳の男の子がいる母です。
悩んでいるのは義両親との関わりです。

旦那と付き合ってる頃より仲良くしてもらい出産後も夕食を食べに行ったり、色々食材をもらったりととても良くしてくれています。
しかし、週に1回ペースで誘われたり、親なしで遠出したいといい遊ばせてと言ってきます。遠出は心配なので県内であればと以前伝えると激怒。旦那にも話しましたが自分の家族が大好きなので激怒。少しの間、別居にもなりました。
普段は優しくしてくれ助かる部分もあるのですが思い通りにならない?となるとすぐ怒る義両親。旦那も私の味方ではないのでなかなか言えず…。4月から仕事復帰し忙しくなるので生活リズムも崩したくありません。でもきっと会いたいからと言ってきたり、色々取りに来てと言われそうです。家と職場は近いですが義両親宅はちょっと遠いです。
まだガルガル期?から抜けていないのか義両親に息子達を快く預けたいと思いません。
この気持ちはどうやったら無くなっていくのでしょうか?
わかりにくくすみません。

ユーザーID:9155863229

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
  • 気持ちの切り替えについて

     りんごさんは、義両親にお子さん達を快く預けたいと思えない気持ちを無くしたいとのことです。
     トピを拝見すると、りんごさんは、「この子は『私が』立派に育てるんだ」という気持ち、又は過保護の気持ち、若しくは両方の気持ちが潜在的に強い可能性があると思いました。
     その様な気持ちが強い場合、1立派に育ったのは自分のお陰、2立派に育たなかったのは自分が考える子育てが邪魔されたせい、3自分の考える子育て通りに周りが行動するべき、などといった考えが発生してしまいます。
     そのような弊害を無くす又は減らすためには、考え方として、「親は無くとも子は育つ」という言葉を意識した方が、子育てがより良くなるかと思います。
     子育てにおいて、全くの放任主義は良くないですが、過保護過ぎるのも良くなく、バランスが取れていること(中庸)が一番良いかと思います。
     したがって、アルカリ性に酸性を足して中和するように、酸性にアルカリ性を足して中和するように、「親は無くとも子は育つ」という言葉を意識されてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:0919677475

  • その気持ちは普通です

    自分で産んだ子を他人にあずけたくない
    普通の気持ちだと思います
    悩むところではありません

    自分の思い通りにならないとす怒るというのも、今後、孫に対してはそうならない保証もないわけで

    まずは義実家寄りのご主人の教育からでしょう
    子の責任は親にあって祖父母じゃどうにもならないのです

    強くなってね

    ユーザーID:7495141325

  • トピ主です。

    お返事ありがとうございます!
    自分の気持ちがおかしくないことを知り少し心が軽くなりました。
    そして確かにちゃんとした大人になってほしい、自立させないといけないという思いが強くあり過ぎてるのかもしれません。
    自分では過保護になっていることに気づいていませんでした。
    早めに気づけてよかったです。
    これだけはやめて欲しいことを夫や義両親に伝えれるようになり、それを守ってもらえるなら快く預けれることができるのかなと思います。ありがとうございました!

    ユーザーID:9155863229

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧