• ホーム
  • 働く
  • 音を出さずには気がすまない上司(特にキーボード)

音を出さずには気がすまない上司(特にキーボード)

レス7
(トピ主0
お気に入り7

キャリア・職場

アグネスヘリオス

職場の上司(隣の席)
キーボードの入力音がカタカタカタと必要以上に大きく
エンターキーでは、ダーン!
ダーン!の後に、腕を上げて悦に入るくらいの勢い。
マウスも一々軽く持ち上げる感じで、叩きつけるようにガツガツガツと
そして入力が一通り終わると、プフーという謎の息なのか声なのかを発する。

隣席で仕事をしている時間が長いため、もう耳鳴りがするくらい。

そのほかに、ボールペンをカチカチカチと使っていないときにも鳴らす。
そのあとに、机に放り投げて、バチンと音を鳴らす。

ゼムクリップは、磁石が入口にあるタイプの入れ物で、出すときに一々カシャカシャカシャと降ってから出す。

ハンコを押すときは、朱肉にドンドンと2,3回たたきつけてから押す。

上司だし注意しづらいのだけど、やんわりと2、3項目の音が大きいですよって話したけど、全く響かず、日々騒音の中の職務。

近所での工事の音に対しては、文句を言うのだけど自分の音には無頓着。
工事の音のが全然マシなんですけど、、、、、

自分も神経質になっているのだとは思うけど、なんとかならんもんかと。
その上司自体は嫌な人ではないので、余計に注意ができず
本当に困って今の部署に異動してきて2年。
当分異動もなさそうだし、誰かに愚痴ることでほんの少しストレスを解消するくらい。

なんか効果的な対応策ないかなあ。

ユーザーID:4465121997

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
  • オフィスあるある

    いますよね、そういう人。
    私も音に敏感なので、一度音に気づいてしまうとすごく気になってしまいます。
    最近は、仕事やってる感じが出て気分いいんだろうな〜と思うようになったら、笑えるというか許せるようになりました。

    ユーザーID:0102537722

  • 自分の発言理解してる?

    >2、3項目の音が大きいですよって話した
    これは「音が大きい」という事実を伝えたことにはなりますが、だから何、の部分がないですよね。
    「外は雨だ」があったとして「野外で遊べなくて残念」とか「家でしずかに勉強が捗る」のなか、という肝心な部分がありません。
    あるとしたら「だから私(トピ主さん)が不愉快なので音を立てないべき」だと思うのですが相手が上司だというので正直対応すべき必要はないって話だけです。

    生理的に身体から立ってしまう音だともうちょっとは同情の余地があるかな。

    >なんか効果的な対応策
    「音がうるさい」にだから何なのか(トピ主さんがしかるべき部門にクレームを入れることによって上司自身の相対評価が下がる、トピ主さんが異動もしくは退職することで上司自身にデメリットがあるならそれを避けられる、等)で対応するかしないか迫っては。

    ユーザーID:9054590806

  • 世間話できますか?

    家でもそんな感じですか?奥さんに怒られませんか?とか。
    友人がよく、旦那さんの出す騒音に文句言ってるんですけど、なかなか治せるものじゃないですよねー、とか言ってみる。

    エンターキーに関してはネットでも話題になることだし、「私は自分もそうかと気付いちゃって治しましたよ!」と嘘でも言ってみる。

    世間話ができたら、ですけどね。

    ユーザーID:0199438869

  • 「嫌だ」と思えば思うほど

    気になってくるモノですよ。

    彼はそうする事によりリズムが出来て、仕事が捗るわけだから、それを止めさせる事はほぼ不可能。

    お分かりのように、彼自身は自分が迷惑な騒音を出しているなんて全く思っていない。

    つまり、問題はあなたの心の持ちようにあるわけです。改善が見込めない事なら、自分が変わるしかない。

    気にしないでおこうと思えば思うほど気になってくるモノです。

    だから自分の気持を彼に合わせて(寄り添って)見る。

    幸いにしてその上司は人間的には不快な人ではないとの事。ならば出来るはずです。

    ユーザーID:3481940068

  • 自己分析できてます?

    トピ主は、音が嫌いなのではなく、その上司が嫌いなのです。
    そこはきちんと自己分析してわかった方がいいと思います。

    キーボードの音とか、ゼムクリップのカシャカシャする音とか、ボールペンをノックする音とか、そんな小さな音が騒音レベルのわけがありません。また、仕事する際にそういう音を出していけないというマナーも理屈もありません。
    そんな音量が本当に耐えられないなら、電車やバスの車内は何十デジベルも上ですから、到底普通の通勤などできない筈です。

    その上司を嫌っているに過ぎないので、仮に上司が無音になっても次は匂いが嫌だったり、目線が気持ち悪いだったりと、嫌悪の材料は尽きないでしょう。

    ユーザーID:1352010507

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • なくて七癖、いや四十九癖?

    オフィスあるあるですね。

    漫画喫茶でも昔体験したことあります。
    上部が開いてる間仕切りの隣に、ものすごい音でリターンキーを押し、ボリボリとせんべいを食べる若者(らしき)が入室してきました。
    こちらは、短時間滞在だったので、すぐ部屋を出ましたが、音出しの本人は絶対気づいていないし、その音で気持ちいいのですよね。

    集合住宅でもそうです。いつも部屋をシュッシュと掃除した後、最後にカンカン!と箒かはたきかをおそらく窓枠を?叩いて終わらせる人がいますが、安い普請なのでその音がみな響いてきます。
    本人にしたら儀式を終了したようなものなのでしょう。もちろん、気づいていないから永遠にその音が今日も続いています。

    オフィスでは、大変静かな中キーボードタッチ騒音は今では随分減って来ましたが、一度、怒りをマウスのコリコリで表現する人に出会って後、他の場所でもマウスのコリコリを必死に回してる音を聞くと、ビクつくようになってしまいました。

    他にも、事務机の引出しをバシン!と叩きつけて閉じる二十代の女性もいました。彼女も、つまらない庶務ばかり任される怒りを、その騒音で表現していました。そのたび、終盤には、その部署の皆がドキリ!としていました(笑)

    人間、本当にたいした癖がないつもりでいても、必ず7つの癖がある、という諺の意味が子供の頃は分かりませんでしたが、大人になってさまざまな人に接する機会が増えるにつけ、この諺?箴言が身に沁みます。7つじゃ足りないでしょうね、どの人も、びっくりするようなところで小さな不思議な癖をもっているんだろうな、とそういう騒音人間に出会ったら、考えているのです。

    ユーザーID:6298685960

  • 真似をする

     同じことをしてみたらどうですか?
    注意をしてきたら『あなたも同じことしていますけど(にっこり)』と返す。

     私の職場にもいます。いちいち芝居がかった動作の人(男性)が。
    ペンを持っていればカチカチ、もしくは机などにコンコン。
    書類(紙)を持っていればあおぐようにバサバサ。ついでに歩いてるときは
    鼻歌まじり。すれ違う時はフゥ〜とかハァ〜っとため息。
    なにかのアピール?それともツッコミ待ちなの?
     なので隣に来た時に同じことをしてやったらおとなしくなりました。

    ユーザーID:4923994152

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧