海外在住ロックダウン談義

レス167
(トピ主1
お気に入り1,184

生活・身近な話題

もとりーな

欧州で最初に新型コロナウイルスの感染拡大から外出制限が発令された国在住、40代既婚女性です。
その後、多くの国で同様の政令が出され、また日本への帰国も難しくなった中で、事態の終焉が見通せず、不便、不安、ストレス等を感じながら生活している海外在住者の皆様の意見交換や雑談場所になればと思い、このトピをたてました。

私の場合、外出制限初期は、夫婦仲は良好とにも関わらず、毎日ひとりの空間がないことが一番のストレスでしたが、これは行動範囲をずらし、一緒に居る時間と個々で過ごす時間の区切りをつけることで解消しました。っといっても狭い家の中でのことなので、夫がテレビを観ているときは私は寝室で読書、など。
また、外食や会食の多い生活から一転、3食自炊が毎日続くことがストレスだったのですが、今まで買ったことのなかった保存食や冷凍食品を時々取り入れて外食気分、といっても高速道路のサービスエリアでの食事のような味に期待は出来ない外食ですが、気分転換になっています。
ちなみに時間が出来たらやろうと思っていた、外国語の勉強、毎日のストレッチ、窓拭き、はまだしていません。我ながらここまで怠け者だとは!と呆れています。

海外ロックダウン中の皆様、雑感、愚痴、アイデア等、何でも構いませんので、どうぞ自由な投稿をお待ちしています。

ユーザーID:2338793629

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数167

レスする
  • ロックダウン2週間目

    ロックダウン2週間目です。
    中学生男子2人+夫が家にずーーーーっといるのが
    たまらなくストレスです。
    3食準備して片付け、掃除、勉強を見て、、、と
    のんびりする時間がありません。。
    1日1回買い物・散歩は許されていますが、
    我が家は感染を恐れて誰も1歩も外へ出ません。

    買い物に出かけるのもストレスだし
    宅配便を受け取るのも要注意。
    そして私だけでなく、家族もみんな、
    それぞれにストレスをため込んでいます。
    家庭不和や暴力がないだけ、まだましなのでしょう。

    病気で苦しんでいる方々、家族を失った方々、
    医療機関や食料品店などで働いてくださっている方々を思えば、
    私のストレスはミジンコレベルです。
    わかっています。感謝しています。

    こうして吐き出すトピを立ててくださって
    ありがとうございます。
    気を悪くされた方がいらしたら、ごめんなさい。
    「明けない夜はない」を信じて、家の中でできることを頑張ります!

    ユーザーID:0676967978

  • 心身共にストレスです

    もとりーなさんの隣国在住、50代有職主婦です。

    元々、夫が在宅で仕事をしているので仕事部屋に向き合って私の
    デスクとPCがありますが、彼は電話会議も多く、本気で仕事しようと
    思うと集中できません。
    なので私は今でもオフィスに行ってることが多いです。
    マイカーで通勤、在宅勤務が多くオフィス内も人が少ないので、それほど
    問題ないかと。

    現在、他国と同様、薬局と食品店(と言っても普通のスーパーなので
    食品以外も手に入ります)以外の店舗は閉店、レストラン等の飲食業、
    美容院やマッサージサロン、スポーツジムなども閉まっています。
    普段、週に2〜3回は外食していたので、それはちょっと辛いですね。
    買い物も土曜日や平日も時間帯によっては並ばないと入店できないので
    なるべく一週間分まとめて買うようにしています。
    新鮮な野菜は日持ちしないので冷凍品や缶詰に頼るしかないですね。

    まだ完全な外出禁止令は出ていないので皆さん、本当によく散歩してます。
    普段からプライベートな時間はインターネットに費やしていることが多いですが
    外出できなくなると余計ですね。
    今日はお天気も悪いので、珍しくケーキ焼いてます。
    もうすぐイースターですが、今年はそんな気分じゃないですね。

    日本だけではなく、欧州だけではなく、世界中の人達が皆、このストレスの中、闘っています。
    頑張りましょう!

    ユーザーID:1124729675

  • 愚痴になりますが

    主様のお隣の国在住です。
    アラフォーの既婚です。

    外出禁止令が出た当初は、毎日自炊しなければならないことが一番のストレスだと思っていましたが、真のストレスの原因は子どもたちの学校からの課題でした!
    まだ2人とも低学年なため、完全に自分一人で、というわけにはいかず、学年の違う子どもたちの課題を同時にみなければいけないのが辛いです。

    主人はテレワークで忙しいためあてにはできず、毎日家事と課題で一日が終わるような状況です。
    実は思っている以上にストレスを感じているらしく、身体にある症状が出始めました。
    命に関わるようなものではないので、そのまま過ごしていますが。

    ちなみに、主様と同じくこの機会にある勉強をしようと思っていましたが、まだできていない状況です。
    まだまだ先は長そうなので、何かしら始められるといいですね。

    このまま長い夏休みに突入しないことだけ心から願っています。

    ユーザーID:1977233343

  • 洗濯が楽

    洗濯物が減りました。アイロンがけを要する服を着る事も無く、かけずに済むのが何より楽です。

    今の心配はコロナウィルス感染以外で病院に行きたくないので、他の病気や怪我ですね。
    どこにも行かない長期休暇、夫は仕事をしていますけど、そんな感じです。

    洗濯が楽になったのが1番うれしいかも。

    ユーザーID:7907581742

  • 3週目に入ります

    夫はもともとテレワーク中心でしごとをしていたので
    あいかわらず家で仕事をしています
    ロックダウンのために逆に夫の仕事は増えているので
    経済的に困るということがないのが一番の幸いです

    大学生の子供2人が家でオンライン学習で今学期の終えようとしてます
    大学生ですから、親がか相手をする必要もなく
    部屋にこもって好きなことをしています
    友達とは携帯で連絡を取っているのでしょう


    子供たちは週末のパートのシフトがなくなってしまったので
    お小遣いが稼げないですが
    家にいなければならないので
    小遣いを使う場所もないので何とかなるでしょう
     
    個人的に食事を作る時間増えた
    ジムが開いてないので散歩の時間が増えました
    子供が散歩に付き合ってくれるのがちょっとうれしいです
    散歩に出た際にほかの人がいないときのみ
    公園にある運動器具で運動してます
    (使用前後は除菌ワイプで消毒)

    遊具に立ち入り禁止のテープが張られているところもあるのですが
    子供がたくさん群がっているのでないのなら
    遊ばせてきちんと手洗いさせるほうが良いのではないかと思いました

    学校閉鎖が決まって、それとほぼ同時に、ジム、図書館、市役所閉鎖
    レストランはテイクアウトのみ
    お店はスーパーとドラッグストアはあいてます
    こういうときでもマリワナショップが開いているのはお国柄でしょうか?

    スーパーでは
    店内の人数を制限するために店外に行列はありますが
    店内に入ると人が少ないので、レジの行列がほぼない
    子連れで家族全員で買い物ができなくなっているので
    (入り口で止められる)
    店内をスムースに移動できるので
    トータルに使う時間はあまり変わらないかも
    こまめに消毒に回る店員さんが目立ちます

    ありがとうと思いながら近づかないように気を付けます

    ユーザーID:4689930621

  • アメリカ西海岸です

    ちょうど引っ越しと重なり、ぎりぎり管理事務所が閉鎖する前に鍵を受け取って入居。まさか娘といっしょに過ごすとは考えていなかったので、マクロスペース一間に、在宅勤務になった娘が通ってくることになりました。

    小さな娘は、ハズバンドに任せ、びっしり8時間わき目もふらずにコンピューターに向かっています。私は、トイレにテーブルを置いて仕事場に。

    窓から見えるスーパーは食料を求め、絶え間なくひとが並んでます。1・8mの距離ごとにばってんがついて、そこに並びます。

    毎日驚異的に増えていく数字に、戦時下で生活していると思って、まだ爆弾がふってこないだけでもありがたい、と感謝です。

    ユーザーID:4762411128

  • ポジティブシンキングで過ごす努力をしています

    欧州とは言ってももともと田舎に住んでいるため休日の過ごし方に特別差がないので外出制限もあまりストレスになっていない中年です。

    家には夫だけですが、免疫力が低いので人に会わない生活を送っています。

    私は医療系なので仕事は休めず、私生活を制限してもリスクが高いです。

    子供にも孫にも会えないし当然友達とも会えないので仕事がない日は夫と2人っきりです。夫との距離はありません。どちらかが感染したら相手も自宅待機なので私たちは逆に仲が深まりました。買い物は週に1〜2回のみですが普段からそうなのであまり不便を感じません。ただ夫婦2人での買い物は避けています。

    外食は普段からほとんどしないのですが、今はテイクアウェイを行なっているお気に入りのレストランから週に1回くらい料理を注文しています。そうしないと大好きなレストランがなくなってしまいますから。

    ネットが発達したおかげで遠くの人とも連絡が取れて有難いです。外出が出来ないのはみんな同じなので、時間があるからかみんなネットをしている時間が増えたようですぐに連絡がつくようにもなりました。

    今の時代、何不自由なく生活が出来ます。コロナウイルスの影響での不自由さは現代人に人生を考えさせる時間だと感じます。不自由だと感じる外出制限は健康だからこそ不満に思える、ある意味贅沢な部類かもしれないです。コロナによって病気になった人達や健康を害した人は外出云々以上の問題を抱えているのです。

    他人の身になって考えるという根本的な道徳心を考え直すきっかけになったのが今の状況です。

    私自身はリスクのある夫を家に置いて自分が高リスク現場で仕事をしている事にストレスがあるので、自宅にいて不満な人と交代して私は家にいたいと本気で思います。(残念ながらそれは出来ませんが。)

    ユーザーID:7704748563

  • ロックダウン

    離脱が決まった某国在住のパート主婦、家族は夫と中学生の子供二人。
    ロックダウン以降ヨーロッパ数カ国でDVの件数が20~30数%上昇したというニュースを聞きました。家で平穏に過ごせていることや、協力的で家庭的な夫に感謝です。

    ただしうちは数ヶ月前から上の子供が日常生活で問題を抱えていて、ようやく専門機関の手配に漕ぎ着けた矢先のロックダウン。対面は中止され電話カウンセリングではどうにもならず、為す術もなく日々が過ぎていくのみ。辛いです。

    長いウェイティングリストの末、やっと手術できるはずだった重病患者がキャンセルになり絶望しているというニュースも見ました。うちの場合は命に関わらないだけ、全然マシなんでしょう。

    多くの人は普段から色々な事情や問題を抱えながらも日々生活しているけれど、今回のロックダウンによって、外部の助けが得られなくなる弊害も計り知れないでしょうね。

    ユーザーID:1341157407

  • アメリカ南東部です

    うちは夫の研究で、1年の滞在予定でアメリカに来ました。
    (現在半年経過)
    まさかこんな事になるとは思ってもみませんでしたが、
    夫の仕事・収入に影響がないことだけが、不幸中の幸いです。

    今のところ食材の買い出しや、近所の散歩程度は自由にできています。
    私たち夫婦は元々在宅で仕事する時間が長いのと、
    2人とも料理は好きな方で自炊がメインでしたので、
    生活スタイル自体はあまり変化がありません。
    でも友達と外食できないこと、予定していた小旅行キャンセル、
    日本から家族や友達が遊びに来る予定もキャンセルで辛いです。
    みっちり毎日夫と2人だし、気が滅入るニュースばかりで
    色んな意味でストレスが溜まり爆発寸前でしたが、
    お互い言いたいことを言い合って、少し歩み寄りができて楽になりました。

    運動不足解消には、動画サイトのズンバダンス動画見ながら踊る、
    夫と近所の空き地でフリスビーなど。
    気分転換には、レストランのテラス席のつもりで
    バルコニーでビールやカクテル飲んでみたり。

    あと1か月間はこの状態が続くとの予測なので、
    気持ち的に浮き沈みなく平穏に過ごせるよう、
    なんとか暮らしに楽しい演出をプラスしながら乗り切りたいです。

    ユーザーID:1749903756

  • オーストラリアです

    外出自粛要請で、昨日から、3人以上(家族は除く)で外出すると罰金を科せられるようになりました。

    必要最低限の買い物、散歩や運動(二人まで)、医者などの外出はまだ、許されています。

    買い物でもレジで1.5メートルの距離を取るように、地面に印がついています。普段は見たことがないのに、今はマスクをしている人を良く見かけるようになったし、高齢者は使い捨て手袋をして買い物をしている人も結構いました。

    問題なのは、感染していても症状が出ていなく、周りに菌をばらまいていることです。10人中8人が自宅待機を徹底すれば、13週間後には感染拡大を食い止めることができるという統計が出ていますが、7人ではこれが達成されないそうです。

    豪は死者数が20人ほどですが、日本は60人ほど。それでも、こちらの政府の対応の方がかなり厳しいです。

    それから、海外から豪へ来た場合、2週間の隔離。個人任せでなく、政府が管理してホテルへ搬送しています。

    ユーザーID:1926318284

  • おこもり

    当方パリ在住、日仏カップルの9歳女子1名の家族構成です。
    私も物理的に距離をとっています。自分のコントロールが一番大事だと。
    旦那はネットさえあればどこでも仕事ができるのでなんとかなってます。
    午前中は娘はネットで出されてる課題をした後、
    11時から放送される教育番組を見てお昼ご飯。
    午後は動画サイトで1時間のダンスタイムです。
    目標消費カロリーの500カロリーがこれのおかげで消化できます。
    習い事の学習も入るので自分でオーガニゼーションしてやってくれてるので、
    本当助かってます。
    今、勉強だけでなく生きる力が試されてるのだと繰り返し言ってます。
    学校が再開された時に学力の差が出てくるのだと思ってますが。
    私は早速大掃除、衣替え、窓拭き、カーテン洗濯とやりました。
    今狙っているのが本棚の裏の埃取り。
    ただ、旦那にはやめてと止められてますが。
    何しろ大量に本棚に入っているので、壊れるとシャレにならないから。
    本当に外は静かでサイレンと教会の鐘の音だけが響いています。
    不自由な中で自分の楽しいことを探さないと辛くなるので
    考えすぎないように気をつけてます。
    皆さんも気をつけてくださいね。

    ユーザーID:3543511227

  • お隣さん

    トピ主さんの隣国の首都在住の国際結婚家庭です。こちらは外出禁止令が出て3週目に入りました。

    1週目は急激な環境変化に頭がついていかないのと先々への不安で一番キツかったですが、先週からだいぶん慣れてきました。
    主人も私もテレワークになり、家でもしっかりフルタイムで働いているので、そのおかげで生活リズムがキープ出来ているのがありがたいです。
    今まで外食が多かったのが、週7日昼晩と料理をしないといけなくなるのがとにかく不安でしたが、通勤時間がなくなった分余裕ができて、料理もそれほど苦痛でなくこなせているのが自分でもビックリ。
    あと、空き時間で今まで溜まっていたシリーズものの本を一気読みしたり、断捨離で部屋や台所をスッキリさせたりと、それなりに充実した日々を過ごせています。

    まあまあなかの良い家族だとは思っていましたが、外出禁止になってみて、あぁ家族っていいなあと再確認しているところです。暇だからか会話も増えましたし、子供達も兄弟で飽きもせず楽しそうに遊んでいるのが微笑ましいです。今日は主人の電話会議中に騒いで雷落とされていましたが。。

    子供達の学校からは毎日しっかり課題がメールで送られてくるので、親が仕事をしながら勉強も見るのがかなり大変です(これは主人担当)。おまけにイースター休暇も外出禁止になったので、学校からはイースター休暇も引き続き課題を送りますと連絡がきて目眩がしています。でもそのおかげで子供達もなんとかだらけ過ぎずに過ごせています。
    今日読んだニュースでは、先生へのアンケートで、外出禁止が始まってから8パーセント前後の生徒と音信不通になっているとありました。日本の学校の一斉休校でも問題になりましたが、移民家庭が多く、自宅で子供の勉強を見れない親も多いこの国では、休校中の教育格差が深刻なようです。
    学校が再開されてからの混乱が眼に浮かぶようでちょっと不安です。。

    ユーザーID:4170724890

  • トピ主さん、交流の場をありがとうございます

    アメリカ中西部です。
    夫は3週間前からテレワーク、緊急事態に週末もフル稼働で働いています。
    私は臨床研究の医療従事者なので患者さんのアポは減りましたが、今も週に数日は病院に出勤して残りの日は家で書類仕事をしています。
    私は資格があるので、もしかしたらコロナ最前線に呼ばれるかもしれません。
    人が足りなくなったらヘルプで呼ぶ可能性があると病院から言われています。
    家族は私には持病があるのでこれ以上病院に出勤してほしくないと言っています。
    医療従事者として、妻・母として、難しいところです。

    仕事があるだけ有難いという状況です。
    職を失った人が溢れ、先日は職場の裏で銃事件や強盗が相次ぎ、一気に治安が悪くなったのを感じます。
    幸い家の周りは治安の良い地域で、昼間は散歩やジョギングをしている人を見かけます。

    スーパーでは宅配やオンライン注文の店頭受け取りなど有難いサービスがありますが、先週末利用しようと思ったら店頭受け取りでも1週間後になると聞き、結局お店に行きました。
    紙製品や消毒用品はまだ買えませんが、食品は乾麺や缶も大体買えるまでに復活していて助かりました。

    在宅勤務の日は、時間はかかるけど手間の少ないシチューなど煮込み料理を2〜3日分作っています。
    義理の姉は子供が4人もいてさぞかし大変だろうと思いましたが、どんな時も楽しめる家族で尊敬します。
    先日は子供達が水着やアロハを着ながらパンケーキとフルーツジュースを楽しんでいる写真を送ってきて「今、在宅ハワイ楽しんでるの」と。

    ウイルスと戦う世界大戦ですよね。
    どうか皆様ご無事でいてください。お互いに生きてまた日本に帰りましょう。

    ユーザーID:2712025388

  • 3週間後が怖い

    私が住んでいる米国のこちらの郡では、感染症の動態研究の教授と数学の教授が組んで感染数成長曲線のアルゴリズムを開発した結果、当郡はイタリアをほぼ正確に追随しており、最大で20日遅れ、これをイタリアの経緯から逸らすには、社会的距離がもっと必要との事。

    人口はイタリアの5%の郡でしかないのに、感染者の増加具合はイタリアと同じとは、イタリアやスペインにお住まいの方々を他人事の様に思ってはいられなくなりました。

    中国も日本も対岸の火事の様に過ごしていた時期もそう前ではないのに、いつの間に。

    既に在宅令も12日目に入りかなりの制限が続いている中、日本の制限の緩さを心配していましたが、それよりも当地の先行きへの心配の方が大きくなりました。
    どこにも行かずに過ごしているのに、この先が恐ろしい思いです。

    ユーザーID:2132171875

  • アジアから

    ロックダウンが発表されてあせってpanic buyをしてしまいました。
    三週目に入りスーパーには滞り無く野菜、果物、肉や魚が並びトイレットペーパーも戻って来ました。
    欠品は除菌用のアルコールくらいになりました。
    私の心も落ち着いて来て普段は古いデイーゼル車の排気ガスに覆われた空が姿を消し、南国特有の抜ける様な青空と力強い太陽に心が癒されています。
    スーパーマーケットに出かけるくらいしか出来ませんが、朝に夕にベランダに出て新鮮な風を満喫しています。
    数日前に冷蔵庫二台分の在庫を洗い出しメニューを立てました。
    冷蔵庫には朝昼晩の三食が野菜など除いて三週間を超える量が入っていました。
    そこで思いつきお品書き風のメニューを制作しました。
    毎日主人に「何をめしあがりますか?」と注文を取って夫婦であれこれ話しながら楽しんでいます。
    ただお隣の住人がストレスからか不安定で彼らの飼い犬が吠えると「静かにしろ!」と怒鳴り散らす様になりました。
    我が家の気の小さな愛犬は怒鳴り散らす声に怯え食欲が減りました。
    餌の置き場がリビングで声が漏れて聴こえてくる度に落ち着かない様子で可哀想なので一番奥まった私の寝室に移してやりました。
    犬も人間もストレス発散が何より大切かもしれないですね。
    大統領府の厳しい規制ではありますが確実な治療法が未だ無いコロナの感染防止は出歩かないが一番の治療法なのかも知れません。
    先週、東京の本社から帰国についての話がありました。しかし今の日本の自粛と言う無秩序な状態に不安が拭えず、ここに留まるという決断をしました。
    日本は決して安全な国ではなく感染爆発の起きそうな危険な国だと思います。
    一人でも感染者が増えない様願ってやみません。

    ユーザーID:4095752595

  • カナダからです

    私の住んでいる州では緊急事態宣言は出されていませんが、事実上同じ状態です。スーパー、薬局以外のほとんどの店が閉まりました。

    学校、図書館、コミュティセンター、運動施設、公園、子供が行けそうなところ全てが閉鎖しています。学校からは、「今からオンラインに取り組みます」とのメールが来て、まだ授業再開はしていません。退屈しきった子供達に手を焼きながら、ワークブックを渡して勉強させています。不毛な戦いがあるので、疲れます。

    子供達の習い事は、音楽や語学はオンラインです。スポーツ系は諦めました。ど田舎なので、庭もあるし、近くの森にも歩いて行けますが、都心に住んでいる子達はストレスたまるでしょうね。

    たまにスーパーに行きますが、ガラガラで、もともと料理の苦手な私は、求める食材が手に入らなければどうやって料理すればいいんだ?と途方に暮れています。石鹸や掃除用の洗剤類も不足しています(それを言い訳に家が荒れ放題)。

    私自身は大学教員なので、オンラインへの移行に伴って、教材や課題、試験の作り直しが求められ、慣れないオンラインのプラットフォームを使っての授業などで忙しくしています。メールも大学のいろんな部署からくるし、不安になった学生からもじゃんじゃんくるし、で、てんやわんやしています。もうすぐ学期が終わるので、少し楽になりますが。

    今までできなかった読書や自分の研究なども進めたいですが、まだ何も手をつけられていません。

    日本は初期の頃感染者が増えたため、危険視されていましたが、あっという間にカナダの方が死者数が多くなっていました。春休みに、ヨーロッパやアジアへの旅行を予定していた人も「あきらめてアメリカにする」なんて言っていましたが、あれよあれよという間に国境封鎖になってしまい。。。展開の速さが怖いです。みなさま、健康にはお気をつけください。

    ユーザーID:1006012997

  • ストレスと怒りと望み

    皆さんも、と言うか、世界中の人々が同じボートに乗って、行先と次にいつ寄港するのかもわからない旅に出ている…という感じですね。

    航海のさなか船長が「デッキには出ないで!レストランで食事はしないで!こっそりと飲み会も禁止!これだけは守ってください。でなければ、船はいずれ沈んで皆溺れ死にしますから!」と言うのに、「自分だけは溺れないと思う。」「少しだけなら平気なのでは?」という人がいて、パーティーをしたり、大勢で集まっている人もいる。
    「そんな事してたらダメです!」と大声で叫ぶと、「人は人でしょ?押し付けないで!」と。

    なんて物語調に書いてみましたが、海外から日本人の行動を見て感じた事です。

    日本、大丈夫でしょうか?
    危機感ゼロですよね。

    在米、西側に住んでます。
    少し内陸の田舎なので、感染者、死者も出てはいますが、NYとは比べ物にならない位です。

    それでも毎晩考えてしまい、眠りに落ちるまで時間がかったり、変な夢を見たりします。
    ストレスですよね。

    ここも自宅で自粛の令が出てますので、食料品等の買い物以外は家にこもってます。
    夫は仕事で出なければいけませんが、家から仕事、帰りに郵便物を取りに行って帰宅…な毎日。
    私は出かけるのが怖いです。
    どこでいつLung Eaterとまで呼ばれてるコロナ菌を拾ってしまうかわからないから。


    これが何時まで続くのか?
    でも今は耐えないとならない時ですよね?

    家の周り、散歩に出たりもしますが、他人とすれ違う際、距離があっても息を止めてしまいます。

    アジア人いじめには、幸いあってません。
    あったらきっと爆発すると思います(笑)。
    こっちだって被害者なんだもの!

    今日は夕食をしながら、夫に「生き残りたいね。頑張ろうね!」と話しました。
    自分では、事態はそれ程酷いものと感じてます。

    皆さんも、生き残れます様に祈ります!!!

    ユーザーID:2961797059

  • 東南アジア某国です

    東南アジア某国在住です。

    二月には米やトイレットペーパーが無くなるとのデマがネットで流れ、買い占め騒ぎとなりました。今月も数日前に同じような現象が起きましたが、今は落ち着いています。

    なかなか買えないか、買えてもあまりにも高いので手が出ないのはマスクです。衛生関連用品は普通に買えますし、他の物資もたまに棚がすかすかになるけど、数日で回復します。スーパーで接客する店員さんたち、本当に偉いと思います。

    先週末から4人以上の集会禁止で、これは当面半月の措置ですが、以後どうなるかは不明です。マスク着用も政府のよびかけで、必須です。

    海外からこの国に戻ってくる人たちがまだ居るため、感染者の数は増え続けています。ただし、マスクをして、手洗いとうがいをきちんと実行し、人と人との距離を取っていれば、空気感染はほとんどありません。感染するのは、人と密閉された場所で接触したこと、或いは外国で感染した人の親族家族がうつされた場合が圧倒的です。

    映画館、サウナ、スポーツジムは今週から閉鎖。飲食店はテーブルとテーブルの間が最低1.5メートルあること。店の半分までしか客を入れないこと、などの規制をかけられています。飲食店の入口で検温されますが、私は得体の知れない検温計を耳につけられるのが嫌なので、当分テイクアウトもしないつもりです。

    コロナ倒産・・・すでに起きてます。不要不急の物は売れず、飲食店も閑古鳥、観光客ゼロだからです。

    政府によると回復の見通しは「真夏になればどうにか・・・」です。17年前のサーズのときよりもひどいですね。地球規模のパンデミックなので。

    でもやり過ごすしかないです。

    ユーザーID:3501949020

  • ニュージーランド。コロナ死亡者ゼロでロックダウン。

    コロナによる死亡者ゼロの段階でロックダウンに入りました。スーパーや薬局、ガソリンスタンドなど生活に必要不可欠なところのみ業務でき、そのほかの学校や全てのビジネス、レストラン、テイクアウトなどのサービスも「全て」営業中止。もしくは自宅勤務となっています。街には人が誰もいません!
    原則、家にいなければなりません。家族以外の人と会うこともできません。先日は、タッチラグビーをしている人たちが厳重注意を受け、以後、自宅待機できていない人を見たら違反者として報告するシステムまでできました。
    私は、比較的大きな都市で観光業に関わっていますが、自宅勤務になり、おそらく近いうちにレイオフされると思います。日本との飛行機が飛んでませんから仕事の仕様がありません。経済的に大打撃なことは間違いありません。ただ、12週間限度で給料補償は政府によってされますが、支出上限、支出期限はあります。
    これから仕事はどうしたら良いのか、自分たちの生活がどうなっていくのか.....。

    家には同じく在宅勤務の夫。中学生、高校生の子供が学校休校でオンライン学習で勉強しています。高校生の息子は授業全てに課題が出ており、いつもより勉強しているように見えます。中学生の娘は普段から家にいるのが大好きな子なので、休校を喜んでいるタイプ。家で好きなギターを弾いたり、絵を書いたり、エクササイズしたりと伸び伸び過ごしている印象。
    私は通勤にかかっていた時間を溜まりに溜まっていた片付けに使えるとはりきっていましたが、ロックダウンに入って気持ちがそわそわして、全く落ち着かず。結局ネットサーフィンしたり、お茶飲んだりとだらだら過ごしています。

    この非常時に日本にいる家族(高齢両親)になにもなければいいなと。何かあったらどうやって帰国したらと考えると不安です。

    ユーザーID:3785494135

  • ロックダウンで逆に別居…

    皆さんとは逆に、うちは重病に倒れた母の看病で私が日本にいる間にロックダウンとなったため、夫婦長期別居になっています。
    夫が日本の滞在ヴィザをもっていないためです。
    私は住民カードがあるので欧州に戻れますが、母を置いて帰れません…
    夫は「こんなときに夫婦が別居してるなんてうちだけだよ!一緒にいられたらどうってことないのに」と嘆いていますが、どうしろと…
    私も病気の母とマンツーマンで、仕事もあるし少々悲観的になってきました…
    このぶんじゃ半年くらい別居になっちゃうのかな…(涙)

    ユーザーID:8570731520

  • 日本にまた行ける日まで生き延びましょう!

    トピ立てありがとうございます。ドイツ在住中年日独夫婦です。夫が体調を崩し、二人してしばらく家にこもってましたが現在はほぼ元気になりほっとしたところです。

    もしコロナだったら救急車に一緒に乗せてもらえないだろうし、
    どこに連れて行かれるかわからないし、
    コロナじゃなかったとしても病院に行くのは感染の恐れがあるし
    とにかくなんとか元気になって〜〜!と祈ってました。

    今は笑い話にできますが、
    「トイレットペーパーが売り切れてるのに下痢!?」
    「保存食として買っておいたのに乾パンや私の秘蔵の真空パックうどんをいま消費しちゃうの?」

    ドイツの乾パン「ツヴィーベック」は
    ロックダウンに備えて買っておいたのですが食べられちゃった…
    元気になってくれたから愚痴ったり笑えたりできるんですけどね。

    3食を家にある乏しい材料でまかないました。
    工夫すればなんとかなるものですね。親子丼とか。

    今日は久しぶりに夫がオフィスでしかできない仕事のために出たのを機に
    大掃除、布団干し、ストレッチをしてシャワーを浴びてスッキリしました。

    家でじっとして食べてるだけなので太ったろうと恐る恐る体重を測ると痩せてました(喜)
    夫につきあった病人食がきいたのかもしれません。節約して食事量をいつもより減らしているからかもしれません。筋肉を減らさないよう運動頑張ります。

    ドイツで唯一美味しい!!!と自慢できるシュパーゲル(アスパラガス)といちごの季節がもうすぐ来ます。買いに行ける状況になりますように!

    ところで同年代の方、今の状況について、小松左京原作、草刈正雄主演の角川映画「復活の日」を思い浮かべてしまいませんか?
    大好きな夫とは、こういう「懐かしい」ネタを共有できないのは惜しいです。

    ユーザーID:9862869518

  • イスラエル在住

    永住予定のアラフィフです。
    通勤と必要最低限の買物以外は外出禁止で、散歩は自宅から100メートル以内、職場の人員は15%に減らし、テレワークや時間差出勤をすること、など非常に厳しく管理されています。
    食料品店・薬局・生活必需品店以外は休業命令が出ています。

    夫はテレワーク、私は会社まで徒歩5分なので毎日出勤しています。
    通常より仕事量は減りましたが、テレワークの社員から「あの書類をスキャンして送って」「これ調べてくれる?」などとよく頼まれ、それなりに忙しいです。

    実は4月に給料交渉をしようと思っていたのですが、この状況では到底無理。多くの人が無給休暇で失業手当をもらう中、夫婦揃ってフルタイムで仕事があるだけマシですね。

    ユーザーID:3615907205

  • 3週間になったのか。。

    毎日、息子と森か近所を歩きます(散歩はok。公園は閉鎖)。
    移動は徒歩か自転車だけで、公共交通機関は使いません。電車も臨時ダイヤになっているようです。

    買い物は週に2回くらい。相変わらずお米が手に入りません。。

    夫が在宅勤務になったので、三食きちんと作る面倒さ、掃除をきっちりしなきゃというストレスはあります。
    が、私がもともと在宅勤務なので、フレキシブルに息子の相手を交換できるのは助かります。
    息子の幼稚園ももちろん休校ですので。。

    毎日毎日家にいて、夫と話すこともコロナか息子のことくらいで、鬱々してきています。
    他人に会わないし喋らないので、現地語も英語もおかしくなってきている気がする。
    イースターにキャンプに行くはずだったけど、行けないだろう。
    夫の昇給も無くなるかも。

    でも、ほんと私のこんな悩みなんてミジンコレベルです。

    コロナに感染して辛い思いをしている人はもちろん、
    医療関係、交通、スーパーやガソリンスタンド、配送業、清掃業、、、たくさんの方々が外で頑張って働いてくれているおかげで、私も家族も家で働いたり家事ができるわけです。

    本当にありがたいです。

    今は、恐怖ではなく、愛の気持ちで自粛するという言葉をどこかで見て、本当にそうだなと思っています。

    ユーザーID:9132801659

  • あっという間に

     アメリカ西海岸から2度目です。先日投稿して数日で、ニュースが飛び込んできました。親戚や友人たちが次々と、、。一人は、小学生の子供が二人いるお母さん。とても具合が悪くて寝込んでいて、今検査結果を待つ状態。離婚していて、たよりになる近所に住むお母さんも、手伝いに来ようにも結果が出るまで面会禁止。
     義理のいとこも陽性反応。やはり子供が二人います。そしてその家族も、。
     哀しくて情けなくて、外に降る雨を見ながら、どうか助かってとお祈りしていました。
     強くなければ。なんとか生き延びなければ。と心持ちが変化しています。
     みなさん、これからが正念場だと思います。気を強く持って、頑張って、なんとか乗り越えましょう。

    ユーザーID:0789947239

  • カナダです

    他のカナダの方も書かれていますが、こちらもロックダウンになっています。
    最初に始まったときは、気が滅入るな〜と思っていましたが、意外とノンビリ平和に暮らしています。

    わたしも主人も家から仕事ができるので経済的な不安も無く、子どもたち(4歳と6歳)の学校、習い事やプレイデートの送迎で時間との戦いも無く。食べ物に困らず、暖かい家で家族と暮らせて幸せだなと感謝の日々です。
    もちろん命を張って、頑張っておられる医療現場の方たちには感謝してもしきれません。

    子どもの勉強を見るのは大変ですが、最近はオンラインカメラでお友だちと一緒に勉強させて自分も横で一緒に勉強しています。
    他にも子どもと一緒にお菓子を作ったり、ガーデニングしたり、休暇だと思って楽しむようにしています。スーパーなど必要最低限の外出の際は細心の注意を払っていますが、自分の力でコントロールできないことを心配しても仕方ありません。不安や恐怖の空気は伝染しますので、穏やかに努めるのも大事だと思っています。

    ユーザーID:8344633474

  • オーストラリアです

    オーストラリアでも日に日に感染者が増え、毎日ニュースもほぼコロナばかり少し鬱々してしまいます。

    私の働いている会社も旦那の会社も全員Work from homeの措置が取られ、毎日家から働いています。


    買占めが私の住んでるとことでもあります。
    私は買占め絶対反対なのでしなかったのですが、一週間はお店からお肉お魚がすべて消え、意図せずベジタリアンの一週間を過ごすことになりました。
    お肉が買えなかったのは一週間だけで、今は元通りですね。
    しかし、トイレットペーパーは私はいまだに買えてません。先月おなかを壊したときは少し焦りました。なくなるー!と思ってしまいました。
    でもそろそろ買わないとうちのトイレットペーパーはもう持ちません…

    あと、オーストラリアではお酒の買える制限がかかりました。
    とは言っても、ビールは2ケースまで、ワインは12本までなどなど、制限を超えるくらい買うことはないのですが…
    私の周りにはあまりいませんが、それ以上に飲む方がたくさんいるのでしょうね。

    趣味だったジム通いも、ジム閉鎖によって運動不足になっています。
    なのでネットでエクササイズようの大きなマットを買いました。2mx2mのかなり大きなものなのでいろいろなエクササイズをしようと思っています。

    早くコロナ前の生活に戻りたいと思いつつ、毎日頑張っていくしかないですね。

    ユーザーID:9244630245

  • 二度目のレスです 東南アジア某国より

    相変わらず毎日感染者が増えています。
    自宅で隔離14日の対象者に、GPSで追跡できるリストバンドを渡して、外出しないように牽制していますが、それでも外に出る人が多いらしくて、いたちごっこです。

    ぴたっとタイプの黒いマスクがドラッグストアにありましたが、高い!!
    3枚で650円くらいでした。誰も買ってません。手作りマスクもちらほら見かけるようになりました。マスクしないでしらーって顔で歩いている人も、たまにいます。開き直ってしまったのかな。

    飲食店、半日だけの営業とか、お得メニューを繰り出すとか、あの手この手で努力しています。外食が盛んな国なので、テイクアウトのレジ袋を手に下げて歩いている人が多いです。最後の最後まで自炊しない人たちです。

    ユーザーID:3501949020

  • 日本が心配

    欧州の子なし国際カップルです。

    仕事もホームオフィスになり快適です。
    ゆっくり朝食をとったり飼い猫との時間も取れるようになって嬉しいです。
    家にいる時間ができたので、絵を描き始めました。ずっとやりたいと思ってたのですが、ハマってきました!
    ロックダウンといっても散歩も買い物もできるので、時々買い物ついでに散歩してます。

    ロックダウン中のこちらよりも、高齢持病持ちの両親がいる日本の方が心配です。みなさんどうですか。
    首都圏でウィルスが蔓延しててロックダウンもしないみたいなので、このままだと医療崩壊になるのではと怖いです。

    このままだと両親とは2度と会えなくなるんじゃないかと心配してます。高齢持病持ちの上孫と同居してるため、リスクが高いのです。
    両親と話してもあまり伝わらず悲しいです。

    ユーザーID:6887796892

  • ポジティブにしないと凹んじゃう

    ニュージーランド在住。子供3人。ロックダウンにより家に完全に引きこもっています。
    夫の仕事は自宅で働いても支障ないため問題なく過ごしてます。私は完全休業(飲食業)となりました。今後については全くわかりません。不安でいっぱいです。子どもは4月末まで続く外出自粛により自宅学習です。
    午前中は家事と子供の勉強の手伝い(あれば)。ランチ後、毎日政府発表のコロナウイルス関連の定時ニュースを見ています。午後は、庭先にできるだけ出て、なにかしら作業をするようにしています。そうしないと気が滅入るので。いつもより手が入って整然としてくる庭を見るだけでややほっとできます。また、子供とクリケットやバトミントンなどすることもあります。運動はいいですね。夕食後は、皆好き勝手に過ごしています。子供たちは友人とSNSで連絡。私も日本の家族とビデオチャットなど。
    行くところは当然ですがどこもないです。家族だけで近場の海(50km圏内)まで気分転換にと思っても、近遠距離への不要不急の外出はもちろん禁止されているのでできません。
    散歩やランニングする人を日中ちらほら見るぐらいで街中を歩いている人もほぼいません。ロックダウンで皆家にいるはずですが、住んでいる通りは静まり返っています。
    働いていた店の喧騒と、珈琲の香りが妙に恋しいです。

    あと3週間、がんばります。

    ユーザーID:6624259459

  • Stay-in-place中です

    アメリカニュージャージー州です。州内勤務の夫は自宅勤務3週目、マンハッタン勤務の私は自宅勤務2週目、中学生の娘は遠隔授業3週目です。報道の通り、東海岸でもNYとNJは感染者が非常に多いです。私の町でも感染者が倍々ゲームで増えており、先は見えない印象です。
    気分転換にはじめは夕方公園で家族でウォーキングをしていましたが、度重なる警告にも関わらず大勢で集まって遊んだりする様子が見られたことから、公園は先週末から封鎖になってしまいました。。バレーボールのネットをネット通販で買ったので、夫と子供には庭で遊んでもらい、私は草むしりでもしようかと思っています。
    外出禁止令でよかったことは、懸案だった台所の床の貼り替えプロジェクトに着手できたことでしょうか。3人でわいわい話したり、音楽に合わせて歌ったり踊ったりしながら作業するのは楽しいです。つぎのプロジェクトも切れ目なく用意して、ある日外に出られるようになったら、家が見違えるように!なっているかしら。みなさま、Let's keep a level headで行きましょう!

    ユーザーID:0869290033

レス求!トピ一覧