免疫力を付けるには?

レス9
(トピ主0
お気に入り78

心や体の悩み

七瀬

アラカンの元パート主婦です。
50歳を過ぎたころから加齢による不調が出始め
閉経後はそれがさらに加速し、様々な問題を抱えています。

具体的には

・不眠…午前1時くらいに何とか眠って、1時間ごとにトイレに起きる。場合によっては4時ごろから眠れない
・過敏性腸症候群…下痢と言うほどではないが心配事があると日に何度も軟便
・血圧の上昇…今までは120くらいだったのに、普通で135くらいで、頻繁に180くらいまで上がる
・胃潰瘍の薬を常用している
・コレステロール値が高い…毎年検診を受け、一昨年から基準値を出ています。
・ひざ痛…変形性膝関節症
・視力の衰え…眼圧がやや高い、飛蚊症あり、ドライアイ
・耳鳴り…30年物、最近 特に聞こえが悪く人の話が理解できない
・鬱っぽい?…コロナの恐怖で仕事を辞めるレベル 
・強迫神経症っぽい…異常に手洗い消毒に拘る  心配事で微熱が出る
・時々、過呼吸やパニックになる気分がする…過去に2回くらい救急に駆け込んだことあり
・昨年肺炎をやっているので、時々息苦しい
・気圧の変化によってめまいが起こることがある
・肥満…生まれた時から現在に至るまで標準体重の2割増し

ざっと書いてみて、正直言うと体力が不足しているのもありますが
自律神経の乱れが大きいのでは? と感じます。

この状態では、本当にいつかは大きな病気になってしまいそうです。
自律神経を整えるには免疫力をつけることだと思います。

でも、具体的には何をどうしていいのかわかりません。

私のような症状が改善した、と言う方
同世代以上で、健康的に過ごせている方

ぜひぜひ、免疫力をUPする方法をご指南ください

ユーザーID:9225944862

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
  • 女性ホルモンが鍵かも

    閉経後は女性ホルモンが減るので男性と同じような境遇になっていくのである
    更年期障害みたいなものである
    でも、食品のなかには女性ホルモンに似た特性のものがあるので
    それらを食べると改善されることはわかっています
    それらの代表が大豆加工食品で、その中でもきな粉が実験で
    効果があることがわかっています
    試してミソ

    ユーザーID:7569038152

  • 一般的な免疫力増加はたんぱく質と運動がカギ

    いろんな病気に対する免疫力については、分かりませんが、
    一般的に、病気にならないための免疫力は、食事と運動が
    大切だそうです。

    食事では、たんぱく質です。
    免疫細胞は、たんぱく質からできているので、たんぱく質を
    取ることが大切みたいです。

    日常の食事には、魚、肉、大豆製品、玉子などのたんぱく質ですね。

    それと、筋肉を増やすことだそうです。
    筋肉を増やすには、やはり運動ですね。
    散歩とか、スクワットとか、普段の生活の中で取り入れ、
    毎日、10分でも頑張ることみたいです。

    日常の生活の中での、毎日の食事と運動に気を付けてみたら
    いかがでしょうか?

    ユーザーID:8330457280

  • あきらめないで!これからが人生の第二幕!

    辛いですよね。加齢による心身の衰えは多かれ少なかれ誰にも止めることができないですものね。
    けれど何らかの努力をすれば、それなりに効果は出てきますよ。

    現在55歳の私の場合、

    1)バランスよい食事に気を付けつつも、ビタミンC,B12,Dを更にサプリメントで摂取。

    2)散歩(テンポよく30分以上歩く)の習慣も身体のみならず精神的に効果絶大。

    3)日常生活にリズムとメリハリをつける。

    4)自分が自分の人生の主人公であることをしっかり自覚して、自分が幸せになること興味あることを積極的に実行する。(自分の周りに素敵な美しいものを置いたり、自分のためにおしゃれをしたり、ずっと憧れてきたのに手を付けてなかったことを始めたりとか。)自分を甘やかすのじゃなくて、ありのままの自分を認めて愛情をかけてあげるっていうのかな。

    七瀬さんと同じような症状を私もいくつか持ってます(ました)が、上記のことを実行するようになってから、周囲の人からも「変わったね」と言われるほどで、自分でも心身の調子がよくなってる自覚があります。そしてそれがまた自分でも楽しく嬉しくて、さらにいろんなアイデアが沸いてきて努力もどんどんできるようになってきますよ。

    身体の調子がよくないと心も下向きになってしまいがちだけど、身体の不調は年齢と共に誰もが通る道だと割り切って、今自分に出来ることを考えてどんどんやってみるといいです。

    自分の年齢に抵抗するのじゃなくそれを受け入れて、それでも自分が幸せな毎日が送れる小さな工夫をしていくことで、徐々に本来の自分に戻りつつある、しっかりと地に足をつけて生きている感覚を取り戻しつつある、と感じてます。ここにたどり着くまでに7年かかりましたが。

    ユーザーID:5530012262

  • 心を健康にする

    50代後半女性です。

    免疫力についてはよくわかりませんが『体の健康』は『心の健康』が第一前提だと思っています。

    私自身も心が弱っていたときに一気に様々な症状がでました。食欲不振・体重激減・不眠・動悸・吐き気・メニエール病・甲状腺の異常・乳がん発症など数えたらキリがありません。手洗いも少し何かに触れただけで石鹸で手を洗わないと気がすまないです。

    自分自身で変えたこと。
    1.洗面台の鏡の前で笑顔を作り、自分を褒める。
    『真面目だね』『人に優しいよね』『いい子いい子』
    『こんなにいい子に育って親は幸せだね。笑。』
    自分で恥ずかしくなるぐらい褒めるんです。
    そしたら、めちゃくちゃ笑えます。声をだして笑えます。

    2.頭の中で不安や心配なことが浮かんだらこう言います。
    『どうでもええわっ、なるようになれっ。知らん。』
    これは頭や手を振りながら声をだして強く言い切ります。

    3.お風呂の中で気持ちよく歌います。

    4.寝るときには『お布団あったかい、幸せ。幸せ。』と言ってから寝ます。


    上記のほかには規則正しい生活を心がけています。
    1.起きる時間と寝る時間・食事・風呂の時間を決める。

    2.食事の量は腹八分目。お腹いっぱいには食べない。

    3.スーパーに行く時は姿勢よく早歩き。階段利用。

    4.料理は和食中心・お惣菜や加工食品は買わない。

    あと、『発言小町』にレスをする。
    自分の意見を書き込むときに気持ちの整理ができるし、文章が間違っていないか調べたりして勉強にもなるし、人が読みやすいように書くこととか、様々なことを考えるので脳が刺激されていいと思います。

    ユーザーID:8084641191

  • 体験からのオススメ

    自律神経は大切ですよね。

    ハードワークで過労もあり体調を崩しました。
    体調や食べ物にも気を使っていなかったですね。

    私のやったことを書きます。当時色々な書物も読み勉強しました。
    体質改善に取り組みました。

    カフェインを減らすか、できたら止める。不安が強い方は特に
    コーヒーは控えた方がいい。コーヒーなら紅茶をしょうがをすって入れ
    はちみつもいれたり。
    玄米食も取り入れ。具沢山お味噌汁、野菜スープで自炊。
    無農薬やオーガニック野菜(これはすごくオススメです)を中心に食べる。

    身体を温めるために、おすすめしたいことです。
    薄い腹巻をする。5本指ソックス。春もできるだけ。締め付けない。
    ゆっくりバスタブにつかる。できたら毎日。
    髪の毛は乾かす。
    寝る時に湯たんぽ。
    お灸を自宅でする。
    冷え取りのシルクの腹巻や靴下もあります。夏も腹巻していました。

    少し体調が回復したら、散歩を日課にし軽い体操。
    散歩は本当にいいです。それか、瞑想や呼吸をする。呼吸法を毎日。
    ヨガもオススメします。

    今、思いつくのはこのくらいです。
    いつの間にか元気を取りもどしていました!
    根気よくやってみて下さい。

    ユーザーID:1481522498

  • 免疫の生産する

    臓器は腸だと記憶してます
    なので、腸の環境を整える事でしょうね

    自律神経は腸の環境から崩れるので
    腸内も社会なのです1億の善玉菌や悪玉菌

    日和み菌達が動いていて、ものの30分で
    腸内細菌が崩れて自律神経が崩れてる様です。

    なので、いろいろ食べて詰め込むのも
    結構ですが

    ナチュラル食品生活してみると
    いいですよ。

    ユーザーID:8900621681

  • 辛いですね

    私も一時期ひどい不調でした。トピ主さんが書いてるようなこともたくさん経験しました。体重も、独身時に比べたら6キロ増。まだ標準内とはいえ、自分としてはショックでした。

    一番いいのはやはり運動です。私の場合は、ウォーキング、ヨガ、瞑想です。
    毎日1時間、歩く、ヨガも1時間、プラス瞑想。
    時々サボったり、天気や季節にもよりますし、しばらく休んだりすることもありますが、2年ほど続けてだいぶ体調が良くなりました。体も引き締まり、よく眠れます。
    それに加えて、規則正しい生活、食生活も野菜たっぷり、バランスよく、脂や糖分、脂肪を取り過ぎない。体重は劇的には減ってはいませんが、気にならなくなりましたし、体力もつきました。疲れにくくなったと思います。

    私はヨガはすごくいいと思っていますが、自分に合った運動を見つければいいのではないかと思います。

    トピ主さんも何かご自分にあった運動をされてはいかがでしょう。無理せず、続けることが大事だと思います。まずはウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:0620821867

  • 激しく同意!!!

    50代半ば、パート主婦です。

    常に4時間前後しか寝られない不眠で6時間寝られるとぐっすり感がすごい日々、食道裂肛ヘルニアによる胃の不調、ギックリ腰による慢性腰痛、胃の不調によってもたらされる常に口内に3〜6個前後ある口内炎、目が赤くなるほどのドライアイ・・・いくつかトピ主さんの症状と重なる所があるな〜と拝見していました。

    昔から言われる快食・快眠・快便ですが、この年になってつくづく真実だと思います。中でも快眠が免疫力を保つ、強くすることの要も要、大要だと感じる毎日です。

    トピ主さんも不眠気味ですからお判りでしょうが、ぐっすりと7〜8時間寝ることができた日は体調、心身ともに良くないですか?私は6時間がマイゴールなんですが、もうこれが大変です。

    私も自律神経がおかしくなっているかと。なんせ寝る姿勢が右側にも左側にもできず、正面のみで、その体勢からなんとかすこおおおおし、首と左足だけを左側に向ける・・・とでもいいましょうか・・・

    とにかく食道裂肛ヘルニアで胃酸が上がってくるので一定の体勢でしか寝ることができません。3〜4時間ねると血行が悪いのでしょ、どんなに眠たくても起きてしまいます、自動的に。枕を高くすると今度は腰が痛くて寝られません。ほんと、不便!

    ただ眠り薬を飲むと寝られます。夜中に何度起きても又すぐに寝られる。ですが、この眠り薬も毎日は取れません、胃に物凄く悪いから。ですからねられない日が4日くらいつづくと半分の量の薬を飲んでなんとか凌ぐ毎日です。

    本当にうんざりします。今薬を取る日以外はシナモンが血行を良くすると読んだので、小匙半分のみ夜寝る2〜3時間前に飲んでいます。飲まないよりは眠れるかなという感じですが。ただ飲みすぎると肝臓を悪くすると言いますので気おつけないといけないんですが。

    どうやったら一定の睡眠が快適にとれるのか。免疫あげるには睡眠ですよ!

    ユーザーID:9004720272

  • 肥満を解消することから

    最近の研究では、肥満によって体内が慢性的な炎症状態になることがわかっています。
    従って、肥満しているということは、体の中に常に傷があるような状態となり、様々な身体状態の悪化を招きます。特にこれは、年齢とともに亢進する、血圧、血中脂肪、胃腸の不活化、脳や心臓の疾病となって現れやすくなります。

    トピ主さんの種々の症状も、長年の肥満によって、体が傷つけられてきたことが、年齢とともに代謝が衰えることで、徐々に表面化してきたものと考えられそうに思います。

    自律神経や免疫という、自分ではなかなかコントロールできなさそうな言葉に逃げずに、まずは食事や運動で、肥満状態を解消することを目指したほうがいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:8571826684

レス求!トピ一覧