学校の勉強の疑問

レス28
(トピ主5
お気に入り26

趣味・教育・教養

ペンギン

トピを開いて下さってありがとうございます。
小学3年生の子ども持つ40代の母です。
まだ、低学年で 自分から宿題をやるのが難しいので みたり教えたりするのですが、私自身こどもの頃から勉強が大嫌いなので これ役立たないのになぁ
と思いながら 教えています。

例えば 算数でデシリットルの単位とか 今はレシピ本でも何CCで表示するのが主流なのになぁ と思ってしまいます。
かけ算 わり算とか 役立つことは分かりますが 学校で学ぶ勉強が むかしの知識すぎたり 意味なさそうと感じてしまい、教えるモチベーションも上がりません。

ちなみに 大学はこどものペースで勉強していって 入れそうならうければいいかな くらいに考えています。
勉強嫌いなのに、勉強が得意な人が達の中に入ったら 逆に大変そうと思うからです。
学歴にそんなにこだわりはありません。

文章で 伝えにくいのですが、決して頭のいい人を批判してるわけでなく、自分の苦手な事なので 勉強ができる人は尊敬しています。

こんな考え方をしたら、勉強が楽しくなるよ など前向きに考えれる事があったら教えて頂きたいです。
よろしくお願い致します。

ユーザーID:5117925327

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
  • 自分の判断で決めたらいい

    私は教育界隈で生きていますが、それでも、「アールってなに?」って聞かれたら、うっと詰まってスマホで調べます(笑)
    そんなものですよ。

    主さんは学校の先生じゃないのだから、全部教えなくていいと思いますよ。
    ご自身の判断で、役に立つと思うことだけ教えたらいいんじゃないでしょうか。
    都道府県と県庁所在地覚えるとか、漢字やアルファベットとか。
    理科でも、植物・動物とか、天気とか、学校で習うことで日常役に立つことをピックアップして一緒に勉強したらいいと思います。

    デシリットルは使いませんねえ。
    ccも使わない気がしますけど(笑)
    個人的には、気圧の単位のhPaが慣れないですね
    あと、中学で、重力加速度を10にしているのが気持ち悪いです。
    最初、「100gを1Nにする」って、意味が分かりませんでした。

    ユーザーID:2402667130

  • トピ主さんは教えない方がいい

    > これ役立たないのになぁと思いながら 教えています。

    >学校で学ぶ勉強が むかしの知識すぎたり 意味なさそうと感じてしまい、教えるモチベーションも上がりません。

    こんな人が子供に教えてはいけませんよ!
    ちゃんとその気持ちが子供に伝わってしまいます。
    その道のプロ(塾)にお任せしたほうが良いです。
    子供さんの芽を摘んでしまわないために。

    ユーザーID:7786528690

  • 単位変換の学習として

    小学校でデシリットルを習うのは、主に単位を変換する概念や計算方法を学習するためだと思います。リットルとミリリットル(cc)では、千倍の開きがありますが、間にデシリットルを挟むと、10倍、100倍という小学3年生に扱いやすい変換になります。また、リットルとミリリットルの間にデシリットルがあるのに、そこをあえて抜かして教えるのも、おかしいでしょう。
    トピ主さん、これはあくまで、「算数」として単位を勉強しているのです。日常生活で身の回りにある液体を測る練習ではありません。それは、家庭で教えてあげください。
    また、デシリットルも日常で全く使われていないわけではありません。健康診断の数値とか、薬品のラベルとかで、たまに見かけます。知らないと何のことかわかりませんよね。

    ユーザーID:2157297132

  • 大変ですよね

    昔から勉強が苦手な人は大変な世の中だな、と思っていました。
    人間の能力は平等じゃないし、やる気だって人それぞれなのに、勉強だけはどんな人も頑張らないとまずい、という認識ですよね、みんな。

    私はトピ主さんと違って、運動がまったくダメでした。そしてやる気もありません。
    もし世の中が、クラスの代表リレー選手に選ばれる人並みの俊足さがないと食べていけないようなものだったとしたら、私にとってはとても生きにくかったと思います。

    小学校の勉強くらいはできていたほうがいいと思いますが、
    何かお子さんの得意なことで、将来食べていけるように導くことはできませんか?

    これから先、滅びる職業というのは多々ありますが、
    凄腕のパン職人なんかだと確実に食べていけるだろうな、と思ったりします。

    ユーザーID:0072488613

  • 似るとも限らず

    私自身は本読むのわりと好きで子ども二人への読み聞かせを楽しんで長くやってました。
    実にそれぞれ小6まで。
    最後は何巻もある長編小説を。
    でも別にうちの子達は本好きにもならず国語も伸びず。

    子どもが母親と同じになるかというとそうでもないってことです。
    デシリットルって小学校でしか言わないんだよねー、でいいじゃないですか。
    ただ、リットルとデシリットルでいいかえることで同量なのに別の桁になるというのは数字は絶対ではなく何を基準にするかで変わるというとても根元的な気付きの分かりやすい例になるので。その理解力思考力が備わったとされる時期にカリキュラムに配置されてるわけで。
    なのでめんどーねえ、こんなの大人になったらやらないけどねえ、なんてぼやきながらも「ま、今のあなたには必要なのよ」と
    付き合ってあげればいいと思います。

    そのうち「私にはその面白さがわかんないけどあなたは分かるのねえ!」とほめてあげるとお子さんはやる気が増すかもですよ。

    ちなみにうちの子たちは私には無理な覚えごとばかりにの看護、理解できない統計微積が中心の理系にそれぞれ進んでいます。

    生物は己にない性質を子に持たせることで、種として生き延びてきたのでね。
    お子さんが何をどう面白く思うようになるかは乞うご期待ってことでいいのでは?

    ユーザーID:8937861629

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 思考の停止

    母親が勉強が大嫌いでもお子さんもそうとは限りません。

    勉強は知識を得ることも大事ですが、考える力を養う事もとても重要です。
    学校で学ぶ事は昔の知識ではなく、基本です。

    勉強が得意というよりは、少しずつの積み重ねてで勉強する事が出来るようになるのです。
    最初は10分の勉強が苦痛でも積み重ねていくと、1時間、2時間と出来るようになるのです。

    それでも小学生のうちは遊びたいでしょうから、馬の人参みたいに、勉強の後に小さなご褒美を用意するといいと思います。
    シール一枚ほしくて勉強頑張ったという話も聞いた事があります。

    三年生なら一日、30分が目安です。
    ただし勉強が大嫌いと決めつけて、思考が停止してしまっている母親から習うのはマイナスでは?
    せっかくの可能性を潰してしまいますね。

    〉勉強嫌いなのに、勉強が得意な人が達の中に入ったら 逆に大変そうと思うからです。

    大変な事を避けてたら、後々もっと大変な人生が待ち受けていると思いますよ。

    ユーザーID:5013090247

  • 昔の知識ではない

    小中学校の勉強は基本的なものなので、ちゃんとした方が大人になってから困りませんよね。

    dlは、確かに主婦業には余りお目にかかりませんが、医療系や農業関係等の仕事では使うみたいですよ。
    世界的に見ればdlの方が使われているし、ccは国際単位系で認められていないので、使わないようになってきているそうです。覚えるならccよりもdlですね。

    大学は、レベルに合った所しか入れないので心配する必要は無いかと。

    さて、勉強が楽しくなる方法ですが、小3なら出来るようになった事、覚えた事を褒めてあげる事ですかね。
    (テストの結果だけではなく、日々の些細な事でも)

    お母さん、お父さんに褒められる事が、モチベーションの一つになると思いますよ。

    ユーザーID:5975371602

  • 根本的なところが間違ってる

    勉強は「役に立つ」か「役に立たないか」で学ぶのではないです。だからトピ主の考え方が根本的に間違っています。
    そんな事言ってたら、海外に行かないから日本語以外は役に立たない、県外に出る気は無いから都道府県を覚えなくて大丈夫、政治家になる気は無いから三権分立など学んでも意味がない、興味が無いから歌を覚えなくていい、歴史なんて昔の事だから知らなくていい、なんて事になりますよ。
    これは勉強嫌いを正当化しようと屁理屈こねてるだけです。つまりトピ主もそういう考えなわけです。

    学ぶ事は「知る事」です。
    デシリットル、確かに社会に出たら(と言うより小学校出たら)使いません。でも、ではなぜデシリットルという単位が存在するか分かります?
    そもそも「デシ」って何?そこを紐解くと、ミリリットルやキロリットルなどとの関係性や覚え方が自ずと分かります。実は、とても計算しやすい単位になってるんですよ。だから今でも残っている。
    これが「勉強」です。楽しくないですか?

    知らなければ、知識に乏しい人生となります。知識がないばかりに損をしたり遠回りをしたり誤解する事もあります。知識がある事は人生を豊かにする要素もあります。選択肢の幅を広げます。アイデアの基礎が生まれます。
    子供が勉強するのは役に立つか立つたないかではなく、知識によって人生の指標になったり目的や行動や考え方など形成するうえで重要だからです。

    子供は役に立たない勉強なんかしなくてもいいという大人は、知る事に興味がなく基礎になる知識が乏しいのだと思います。我が子に乏しい人生をすすんで与えたくはないので(子が望んで乏しい人生を選ぶのなら仕方がないですが)勉強は大切だと思っています。

    ユーザーID:7106911540

  • もう手を出さない方がいい

    >こんな考え方をしたら、勉強が楽しくなるよ

    勉強が楽しく感じるのは、元々そういう素質のある人か、あるいはそれなりに努力して必要な理解度まで達した人だと思います。

    ただし、そんなことより、もっと重視すべきなのがトピ主さんの学校の勉強に対する考え方です。
    「私自身こどもの頃から勉強が大嫌いなので これ役立たないのになぁと思いながら 教えています」は良くないですよ。お子さんをわざわざ勉強嫌いにしているようなものです。こんなことを思いながら宿題を手伝っているなら、今後、一切お子さんの勉強には手を出さない方がマシです(お子さんがいくら困っていたとしても)。
    今後は気を付けて下さいね。

    お子さんの進路については、基本お子さんに任せた方がいいでしょう。

    ユーザーID:5056872533

  • どんなにつまらないことでも、覚えたら褒めてあげて下さい。

     仕事などの人生の選択肢が増えますが、それだけでなく見えるもの(理解できるもの)が大きくかわってきますよ。

     ニュースやドキュメンタリーだけでなく、ドラマや小説・・ 実感をつかむのも疑似体験を楽しむのも、意味が分からなくては無理がありますよね。

    「デシリットルの単位とか 今はレシピ本でも何CCで表示するのが主流なのになぁ と思ってしまいます・・」

     小さな例で申し訳ありませんが、あなたの書いた容積の単位を例にしても「cc」しか分からなければ、世界はものすごく狭い範囲になってしまいます。

    「立法メートル」「リットル」「ガロン」「バーレル」「升」・・

    「cc」以外にも沢山の単位があるのはご存じですよね。海外では違うルールや慣例で別の単位を使っていることもあるので、旅行や仕事で海外の情報に触れる時には意味が分からないと話になりません。

     同じ国内でも使い分けがされています。
     ニュースで原油相場を報道する時に「cc」は使いませんよね。
    「バーレル」単位の売買ですから、その単位を使う筈です。
     汚染水問題でも「cc」ではなく「立法メートル」です。

     海外映画はもちろん、国内ドラマでも職場などの舞台に合わせて他の単位は色々と出て来るはずです。

     実生活でも台所だけの生活なら「cc」だけで成り立ちますが、水道代は「立法メートル」。車のガソリンはあなたが主流でないという「リットル」単位です。

     話についていけずにポケ〜としている大人にするのは可哀相と思いませんか?

     知識があれば生活の中での情報を理解して、理解出来ない人の何倍ものレベルアップを繰り返すことになります。自分の未来を探す世界が拡がる上に、成功率が高くなります。

     教育ママになれとは言いませんが、子供が何か覚えたら内容に関わらず褒めてあげてください。子供には一番の喜びになり、良い習慣が付きますよ。

    ユーザーID:8734163400

  • 参考になります。

    エスさんまで、読まさせて頂きました。
    1人1人お返事をしたいところですが、まとめてになってしまいすみません。
    色々な考え方を教えて下さってありがとうございます。
    短い時間で みなさんとても丁寧にコメントして下さってすごく有難く 嬉しく思います。
    自分でも こんな考えで勉強を教えてもマイナスだな と思っていたので、みなさんの 勉強に対する考え方を教えてもらえて コメントを頂く前より前向きに思えるようになりました。
    自分の勉強嫌いが 子どもにうつらないように 何度も読み返したいと思います。
    言葉で伝えきれないのが もどかしいですが とても嬉しいです。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:5117925327

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • トピ主さんは勉強以外のことを子供に教えれば?

    他の方が指摘しているように、トピ主さんが勉強が苦手、役に立たないという考えなら、お子さんに勉強を教えるのをやめたらいかがでしょうか?

    勉強が楽しめる環境を用意するとか他の方法を見つけてみませんか?
    勉強に役立ちそうな本を与える、子どもが興味のある分野の本を探して与える
    塾に通うなど。

    トピ主さんはお子さんに伝えたいこと、勉強以外に学んでほしいことはありませんか?そういったことをお子さんに教えたらいいと思います。

    今、学校が休校となって子どもと一緒に教科書を広げて勉強しています。
    疑問に思ったら、辞書や図鑑を調べたりすると、「そうなんだ!」と思うと
    大人の私でも楽しいです。
    図鑑に載っていなければ、参考になる動画がないか調べたりします。
    今は、本だけではなく、ネットや動画を見れる時代になったので、私が子供の時代に比べて全然違うなど思います。
    なぜ、鉛筆で書いた字を消しゴムで消すことができるのかという読み物を読んで、そのあとに消しゴムができるまでの様子を動画を見つけたので、親子でへぇ〜って動画を見入ってしまいました。

    勉強って楽しいものですよ。

    ユーザーID:7495519425

  • そっかぁ

    私はトピ主さんと対極にあり、
    幼稚園児の頃から暇さえあれば読書と勉強をしていたタイプなので勉強が嫌いな人の思考ってこういう感じなのだなと、勉強になりました。嫌味ではないです。こういう考え方を知るのだって勉強です。
    デシリットルは確かに日常では使いませんね。
    でも、こんなの使わないのにな、と思ったときに、どうして使わないのか興味を持ちませんか。私は持ちます。なぜ、デシリットルは日常生活で使われないのか、ほかの単位となにが違って使われないのか。調べずにはいられません。そこにはなにか理由があるはずです。
    例えば最近kgの定義が変わりましたね。そういうのもすぐ調べます。教科書に載るより速く情報をキャッチして調べます。
    多分、こんなの役に立たないって、表面しかみないからですよね。何故なのかを突き詰めない。
    多分それは勉強以外にも、思考のくせとして出てしまう気がします。なぜそうなったのか、こうしたらどうなるのか。人と接するとき、機微を読むときもそれらは同じです。なぜ、なにの思考はあらゆることに応用がききます。
    想像力の欠如は、昨今のバカッターに代表されるようなそれをしたらどうなるかわからないの?という事象にも繋がります。勉強って、勉強内容だけではなく、考える力、想像する力、物事に興味を持つ力を育むものです。なんであの人はそうしたんだろうとか、これをこうするとどうなるんだろうとか。仕事する上でも大切です。
    あとは、情報を知識に落とし込むスキルも身につきますね。情報を情報のままにしておくと使えません。知識にしてはじめて自分のものになります。
    学校で学ぶことで役立たなかったことなどなにひとつないです。とくに義務教育。ひとつも無駄がないですよ。身についた知識は意識されないので気づかないのかもしれませんが。
    トピ主さんもお子さんと一緒に掘り下げてはいかがですか。折角の考える葦なのですから。

    ユーザーID:9096298107

  • キロキロとヘクトデカけたメートルが…

    「キロキロとヘクトデカけたメートルがデシに追われてセンチミリミリ」
    小学校高学年で単位を学ぶときに暗唱・暗記のための語呂合わせです。

    トピ主さんはさ、TVのクイズ番組を含めたバラエティなどで
    「へ〜」って思うことありませんか?

    興味欲とか学びってものはさ、物事が繋がったりすると楽しかったりする。
    他のケースで言えば、収集というか覚えるならコンプしたいとかもあるだろう。

    上記のものは、キロ(×1000)、ヘクト(×100)、デカ(×10)
    デシ(1/10)、センチ(1/100)、ミリ(1/1000)を指すのだが、
    日常で見ないのはデカぐらいだ。
    でも、陸上の十種競技を別名で『デカスロン』というように、
    完全に消えている訳でもないんだな。

    トピ主さんもさ、ちょっとでも余裕があれば昔習ったことを
    今一度学んでみたらどうかな?

    大人になって多少先を知った上で見直すとね、自分が未知のまま
    習っていた時とは別の見え方が出来るものなんだ。
    よろしいかな、勉強するんじゃない、学ぶんだよ。

    算数なら、大人でも読める読本もある。
    歴史とかなら書物でも映像作品でも何でもある。

    別に勉強じゃなくてよい、雑学レベルで興味を持ったらさ、
    本でもネット検索でも良いから調べて「へ〜」ってなろうとしてみたら?

    料理なんて理科そのものって部分もあったりするんだし…
    ちょっと興味を持ってちょっと知識を付けてそれを繋げていってね、
    そうなると、なぜこんなことから教えているのかも見えてくるものだ。

    言いかえれば、自分で納得できるようになれるってことだ。

    ユーザーID:2434725873

  • ねこさんに激しく同意します

    私も、体育ができて当然な世の中だったら
    みそっかすで、辛い思いをしたと思います。
    運動や芸術等に向き不向きがあるように、
    頭脳労働にも向き不向きは当然あると思いますし
    達することのできるレベルも、人によって違うと思います。
    なのに今の社会は、勉強ができないと
    ロクな仕事にもつながらない。
    社会が発展した結果とはいえ、ならばこそ、
    勉強に不向きな人をもっと救済できる仕組みができないかしら、
    とよく考えます。
    能力にばらつきがあるからこそ、
    生物は強いんだと思います。

    ユーザーID:4062202210

  • 家事を仕込もう!

    勉強が苦手なら、家事を仕込んであげましょうよ。

    勉強は、学校や塾、旦那さんにお任せし
    日常生活に必要な家事を教えてあげたら?

    洗濯・掃除・料理奥深いですよ〜〜。

    私は、幼少期から、ちょっとづつ仕込みました。

    現在大学生の我が家の息子たち、文武両道で超優秀なんですけど
    勉強に行き詰った時の気分転換が料理になってます。

    あ、勉強も一緒に問題解いたりゲーム感覚で勝負したり未だにやりますけどね。

    得意な事と勉強が結びつくことも多いですよ?

    知識は多い方が良いですから、興味あることは本やネットで情報収集して出向いたり色々関わるようにしてあげたら?

    親が知識無くても子供が優秀な事もありますからね。

    貴方が、勉強嫌いだからと子供の芽を摘まないように努力して下さい。

    ユーザーID:1895879437

  • ありがとうございます。

    みなさん、本当にありがとうございます。
    どのコメントも とても為になる事ばかり書いてあり ありがたく読まさせて頂きました。
    私と真逆で、勉強好きな人もいるんですね(笑)
    多分 こどもの頃 勉強しろ!とよく親から怒られていて できない事を周りと比べて叱られて育ったので ますます勉強嫌いに育ってしまいました。
    大人になった今は 親心からと分かりますが、当時は 勉強の仕方を教えてもらえるわけでなく ただ怒られるだけで 悲しかった記憶しか残ってなかったです。
    質問して 勉強が得意な人達の考えが知れてよかったです。
    こんな質問に長文で答えて下さって本当にありがとうございます。
    こどもが、新学期の目標を書く用紙に 「勉強が得意になりたい。」と 書いていて そんな風に思っていたんだ。とハッとしました。
    今まで 平均下くらいで 先生に叱られる事が多く 苦手意識が強い子でした。私の影響もあるかもしれませんが…。
    今回頂いたコメントを参考にして 少しでも勉強が得意になれるようサポートしていきたいと思います。
    直接は 勉強嫌いの私だと難しい部分もあるので、塾や夫にも頼ろうと思います。
    家事は得意な部分もあるので、お手伝いしてもらいながら教えていきたいと思います。

    コロナの自粛中で 少し気分も落ちていましたが、顔もみえない者に こんなに丁寧に返信して下さって ありがたくて泣けてきました。
    コメントひとつひとつ何度も読み返したいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:5117925327

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • そうかもだけど、違うかも

    広さを表す、アールなんかも、畑でももってなければ使わないと思うけど、将来、仕事で使うかもですよ?単位以外でも、実生活では全然使わないなんてこと、沢山ありますよね?

    でも、お子さんは将来何に興味をもって、勉強するのか、仕事にするのか分からないので、義務教育の範囲は知っておく必要があると思いますよ?

    私は文系なので、高校の数学も科学も大学以降必要ないはずだったのに、仕事で何故か関数電卓使うハメに。あー、センター対策で数学やってて良かったなぁと思いました。

    昔流行ったティファニーの銀ネックレスを、娘にあげようと、科学の知識でピカピカにしたりもできたし(酸化と還元ですね)まぁ、何処で何に役立つかわかりません。

    ユーザーID:5195571794

  • 子供の頃

    小学校の頃、壁に貼ってある五十音表を読んでいて、横によんだら あかさたなはまやらわ、いきしちにひみいりい とか面白かった想い出があります。時計が知らない間に進んでいるから、1分動くまで目をそらさなかったり。
    自動車のメーターを見ていてkm/hとあるのを見て、道のり÷時間が速さだと実感しました。こういうこと、ある日自分で疑問が氷解することが勉強好きになる一歩かも知れません。
    木の本数と間の数も、実際に外に出て数えたらわかります。指とその間の数を見てもわかる。
    勉強なんて嫌いじゃなく、面白がってすると楽しいし、お子さんも伸びます。
    私は学習塾を30年しています。今回、小学英語のいい教材が出来、英語好きが増えるわと喜んで一緒に楽しんでいます。子供ってすごいですよ。伸び始めたらこちらが思うより伸びる。
    是非楽しんで下さい。

    ユーザーID:7917057862

  • 聞いたことがあるのとないのとでは大違いなんです

    元教育産業にいた者ですが

    たしかに、勉強の成績だけでヒトを判断するのは違うと私も思います。
    私自身は大卒ですが、学歴で差別は絶対にしません。
    仕事において高卒の人に負けてると思うこともよくあるし、東大卒の人より勝ってると思うことだってあります。
    学歴偏差値で言ったらそりゃ高卒には勝ってるし東大には惨敗してますけど、ものさしはそれだけじゃないですよね。

    でも日本の義務教育の利点はそこじゃないんですよ。
    日本の識字率が非常に高いの知ってますか?
    多分常識すぎて逆に理解できない人が多いと思うんですが、教育の水準が低い国だと字が読めない人って未だにいるんです。

    字が読めないっていうのは、つまりそういう文化に接してない、必要なかったということでもあります。
    デシリットルと同じです。
    必要ないから知らない。
    でも端から見たらどれだけ異常か、文字のこととして考えれば理解できませんか?

    使わなくてもいいんですよ。
    もっと言えば、テストで正解できなくてもいいんです。
    どこかで「デシリットルって知ってる?」
    と聞かれて、「ああそれ小学校の時にやりましたよ。役に立たないですよね」
    と言えることがどれだけ尊いか、なんです。

    それに他のレスにもありましたが、おそらくみなさん頻度が少なすぎるせいで気付かないんですが、実はデシリットルをはじめ、義務教育中に「これ役に立たないよね」
    と思ったようなもの、必ず皆さん卒業後一度は触れてます。
    知ってるから逆に気付かないんですよ。
    その尊さ。

    と、まあこんなことをお子さんに言わなくたって良いですよ。
    大人としてこの辺りを知っていただいた上で
    「だよね〜こんなの大人になっても使わないけどね、でもまあクイズみたいなもんだよ」
    とでも言って、興味なさそうならスルーしてもいいですよ。
    テストで正解できないかもしれないけど、潜在意識には刻まれます。それでOK。

    ユーザーID:5264776554

  • 使わないなぁ

    と思ってましたが、数年前にここだったか、「デシリットルは点滴の輸液で使う」というのを見て、使うんだな、と思いましたね。
    トピ主さんのお子さんが、将来どの道に進まれるか分かりませんが、今から道を狭くする必要は無いと思います。

    ユーザーID:9926753327

  • 自分で買わせる

    コロナ・ウィルス問題のさなか、むつかしいかもしれませんが…

    本屋さんやネット通販で、お子さんに「勉強に関係あるかも、と思える
    本なら今日一冊、何を買ってもよい。ただしお母さん・お父さん)がみた瞬間、それが勉強に関係してないとすぐわかるようなものはダメ。どうかな、と思うものについては説明できたらOKする。

    という風に、自分たちで勉強本を探させてはと思います。

    公式配布の教科書や教科書準拠の学習書出版は、本当のところ読者(つまり生徒)目線で書かれていないのです。まずは、その筋の「大人」たちのチェックをクリアすることが執筆の最大条件であり、教える人(先生)たちが使いやすいように書かれているものだ、という認識を持った方がよいです。最近は変わってきましたが、パソコンのソフトやアプリの付属公式取説だけではわからないので、別途ガイド買ったり、クイックスターター的な要約チラシを参考にしませんでしたか?学校教育の現場もそれと同じ工夫が必要なのです。

    私は業界関係者なので空気がわかりますが、先生たちも生徒と同じになってる場合があります。たとえば「小学校英語のクィックスターターセット」とか、本気で欲しい先生たち多いのではないでしょうか?

    地頭のよいこ、勉強が好きな子は、公式取説だけでも学習していきますし、教え方の上手い(公式取説をIT弱者にもわかるように伝えられる)先生がいれば、生徒は楽なのですが、そうもいきませんからね。

    あと「役に立つ」「立たない」の話は、やめましょ。そういうことを本気で口にして「人を勉強させない」人って、基本で勉強できない(知識とつきあえない)人か、そういうことで自分の方に利益誘導したいだけの人ですから、何も生産的な話につながらない。教え方が役に立たないってのはわかりますが、知識そのものは情報社会の通貨なので、ないよりはあった方がよいです。

    ユーザーID:1986199976

  • ありがとうございます。2

    トピ後もコメント下さった方々 本当にありがとうございます。
    私の考えなかった角度からの視点もあり、なるほど!と思いながら じっくり読まさせて頂きました。
    教育関係に関わっている方からの意見もあり、本当に参考になります。

    大卒の方で 人を学歴で判断しないと書いてあって すごく嬉しかったです。
    私は専門学校卒業ですが、大人になって 学歴でこんなに人を見下したり差別したりするんだ という経験が何度かあり、それも勉強嫌いを増長させていた気がします。
    こどもが嫌がっても、怒って週6塾に行かせたり 成績が悪いと人格否定するくらい怒るママ友が 周りにたくさんいるので 勉強に対するイメージが とても悪くなっていた気がします。
    本当に頭のいい人は 勉強できる できないで人を判断しないし 勉強の楽しさを伝えてくれるんだなと思いました。
    素敵な人達ばかりからコメントを頂けて すごく嬉しくて感謝しています。

    クイズみたいに考えたり、大人になってから あまり使わないけどね〜。と言えるようになる事も 大切な事と知って
    嫌いなイメージが だいぶなくなりました。

    私の考え方を変えて下さって 本当にありがとうございます。
    みなさんのコメントが 私の宝物です。
    1人1人に返事をできず 申し訳ないですが、コメントを書いて下さった1人1人の人に とても感謝しています。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:5117925327

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 楽しいことを、より楽しむために

    楽しいことを、もっと楽しむために勉強するって考え方もありますよ。

    たとえば、スーパーの揚げ物コーナーのポップに「春は揚げ物」と書いてあった時、「なんじゃそりゃ?」で終わるか、「ほほう、枕草子の『春はあけぼの』と掛けてあるんだな」と考えるか。

    先日、伝統あるお寺のお坊様がバイオリンを演奏されている動画が話題になりました。そのお寺は古文の授業でよく出てくるお寺なのですが、「あ、授業でやったことのある、あの〇〇寺だ」と、知識と関連付けるとより趣が増すというか、興味が持てるような気がします。

    音楽でも、現代のポップスの中にクラシックのメロディが隠されていたりとか、「知らなくてもそこそこ楽しめるけど、知っていたらもっと楽しめる」こともたくさんあります。

    学校で教えてもらう知識は、すぐに役に立つとか収入に直結するとかいったものばかりではなく、人生を豊かにするヒントも隠されていると思います。何がどんなふうに人生を豊かにしてくれるのかは、結果が出てみないと分かりませんが、知識は持っておいても損は無いと思います。

    ユーザーID:8183649371

  • 春はあけぼの。

    匿名さん ありがとうございます。
    春はあけぼのの文ステキですね。
    人生を豊かにするヒントと捉えたら 楽しくなりそうです。

    これポチで びっくりをおされてる人が多くて私もびっくりしました(笑)
    勉強が苦手という親が珍しかったのかな?

    小学校が再開したと思ったら、すぐにまた休校になり たくさんの宿題をもらってくる事になりそうなので、その前に みなさんに色々教えてもらえてよかったです。
    お時間をつかって コメント下さった方々ありがとうございました。

    ユーザーID:5117925327

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 楽しむ

    大卒、社会人・管理職の者です。

    確かに勉強はつらい。私も中1まではそうであり、学力は下からトップテンでした。が、進学高校や四年大に行けました。今の感想です。

    学校ではたくさんのこと学びますが、何が役に立って何が役に立たないかはわかりません。それがわかって勉強できるのはスーパーマン級に優秀な人でしょう。だからそんなこと考えるのは全く無駄なことです。

    しかし結果的に役に立たないことを多くするわけですが、これは全く意味がないわけではありません。なかなか目に見えないので分かりにくいですが、思考する脳を作り上げることが最大の成果になります。そういう意味では勉強だけでなく、遊びや旅行、食事なども脳を作ることには欠かせない要素です。

    脳を作り上げるには、好きなことからすることを勧めます。苦手なことはなかなか前に進みませんが、好きなことはどんどんやっていけます。
    好きになるには小さな成功(問題ができるようになるとか)だったり、褒められたり、ワクワクしたりですね。
    いつしか苦手なこともできるようになってきます。

    勉強に関して具体的に言えば、問題集を繰り返しやることをお勧めします。最初はできなくても、二回三回繰り返しやってみてください。一問しかできなかったものでも三問八問と数が増えてくるはずです。この繰り返しです。
    親御さんの立場から、できたら褒めてあげるといいし、目標をさらに高く上げていってあげるといいと思います。

    体罰や暴言、ネガティブな発言はNG
    できない人の特徴です。

    ゲームはどうか?と聞かれそうですね。
    賛否ありそうですが、ゲームをやることに反対はしません。時間をきめたりコントロールすることが大事だと思います。依存症にならないよう注意が必要です。

    頑張ってください。

    ユーザーID:2199223357

  • 勘違い

    > これ役立たないのになぁ

    勉強に関しての勘違い、ですね。

    「役に立つからやる」んじゃないんですよ。

    「この程度はわかって当たり前」のことを習ってるんです。

    大人になって、義務教育の学校で教わる授業内容程度のことは、「わかっていて当然」なんです。

    そこに到達していて当然で、到達できていなければ相応のマイナス評価を受ける、というだけのことです。

    だから、出来なくても生きていけないわけではない。生きる方法はいろいろあるからね。

    ですが、出来ている人よりも出来ていない人の方が、人生に制約が付きやすいんです。

    ユーザーID:0607492858

  • ありがとうございます。

    コメントを読まさせてもらって 私の考え方が 偏っていたと気付かされました。
    自分がこどもの頃に 知っていたらまた人生が変わっていたのかなとも思いますが、子育て中に いろんな方の意見が聞けて それを伝えていけるのでよかったです。
    テレビをみていても 知識があったほうが楽しめるものもあるなぁ と思うようになりました。
    私の苦手意識を変えて下さってありがとうございます。
    1人1人にお礼を言いたいですが、まとめてになってしまいすみません。
    ひとつひとつ感謝しながら 読まさせてもらってます。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:5117925327

  • トピ主のコメント(5件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧