音楽が嫌いです

レス69
(トピ主3
お気に入り87

趣味・教育・教養

よあさ

レス

レス数69

レスする
  • カフカ

    「変身」で知られる作家のカフカが、音楽が理解できなかったそうです。

    詳しい説明は出来ませんが、実際に「変身」を読んでみて、なんとなく分かる気がしました。

    実は、私も、二十歳くらいまでは、音楽に全く興味がありませんでした。

    それから徐々に聴くようになって、二十代後半には、音楽好きになっていました。

    自覚としてあるのは、情緒を理解するようになっていったことだと思います。

    あくまでも、私個人の経験ですが。

    ユーザーID:2321703793

  • 嫌いではないが苦手

    音楽が嫌いってわけではありませんが、多分私自身聞くことが苦手です

    聴力が悪いわけではありませんが、耳から入った情報を多分人よりうまく処理できないんじゃないかと思います(すみません私の勝手な憶測です)

    なので音楽がただ流れていても楽しむことは難しいです
    長年そうだったので多分無意識にシャットダウンしてるきがします
    (音楽が流れていても無意識に聞かない事が出来るようになってきた)

    音楽隙の人には信じられないかもしれませんが
    雑踏の騒音、不愉快な音に囲まれると疲れるのと同じだという事です
    自然の音も音楽という意見も多いですが、そういう人には不愉快な音というのは存在しないものなんでしょうか?

    でも見ることは人一倍好きです
    なので映像にくっついてくる音楽は割と平気です
    最近は動画サイトなどで映像を見ながら音楽を聞くことがいつでも出来るようになって随分音楽に触れるのが平気で、むしろ楽しめるようになってます
    音楽を聞くのではなく、映像の一部として楽しむ
    また、音を聞くというよりも歌詞を楽しむという感じです
    音だけではやっぱり楽しくは無いですが

    音楽が素敵なものだということは理解はしています。

    楽器も弾けるし、歌も音痴ってこともありません。
    学生時代はむしろ人より出来てたと思います
    楽譜を読むことも暗譜してピアノを弾くこともできてましたので

    でも、感覚では理解しがたい 
    これはどうしようもないと思いますよ

    まぁやっぱり人には理解できないでしょうから、他人にこの事を説明はしませんし、理解を求めたりも普段はしません。

    トピ主さんに似たような人もいますよと言う報告です

    ユーザーID:0397375464

  • お気になさらなくても

    良いんじゃないでしょうか?

    音楽ばかりが娯楽ではないですし。
    好きなもの位ご自分で選んでもいいんじゃないかと思いますがね。

    私は音楽は好きな方ですが、確かにジャンルや曲によっては
    「聞きたくない!」という場合もありますし。

    多分にセンスというか感覚がものをいう分野です。
    理性の部分で無理にどうこうする位なら無理に好きになることは無いと思います。

    トピ文を拝見したところ、細やかな感性をお持ちの方だとお見受けしました。
    音楽を好きになれなくても、きっと人生楽しめますよ。

    ユーザーID:4112824381

  • 音楽が好きじゃなくても全然良いと思います。

    人の好みはそれぞれなので、音楽が嫌いでも全く驚きません。

    音楽は美しいもの、情熱的なもの、癒すもの、励ますもの...などポジティブなものと一般的に捉えられているので“嫌い”と公言するのが憚られるのかもしれませんが。

    私は“桜”が別に好きではありません。というよりもっとずっと好きな木や花があります。私の妹は動物全部嫌いです。妹にとってはパンダの赤ちゃんですら“汚いものです”。義姉は花一般に興味が持てないと言います。親友は自然全般が別に好きではないと言います。海も空も一生見なくてもいいそうです。究極で言うと、私の父は自分の両親を愛せなかったと公言しています。

    なんだかとても卑屈で悲しい人に見えるのが一般的なのかもしれないですが、好き嫌いは個人的なもの。どうでもいいんです。

    ユーザーID:7149054728

  • 心の友

    私が生まれて初めて聞いた音楽は、叔母の家に遊びに行った時、ラジオから流れるオペラでした。女の人が、高い音で歌っていて、5才だった私は感動しました。なんて気持ちのいい音なんだ。と思いました。

    そして中一の時、ラジオで初めて学生町の喫茶店を聞いて、鳥肌がたちました。音楽に目覚めて、のちにギターも買いました。

    音楽は私の体の一部です。心の友かな?

    音楽を聞いてると、花が水をほしがるように、心の中に、音楽が注がれる感じです。心地よいです。

    音楽は、悲しみや、心の痛みも消してくれる、精神安定剤みたいなものです。

    ユーザーID:7860159583

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私は逆だけど

    好きなものがあれば誰だって嫌いなものくらいありますよね。

    私は、音楽に人生を変えてもらったので、音楽はなくてはならないです。
    好きなジャンルの音楽を聴くと胸がぐーっと熱くなる感覚になり、その世界に入り込みます。
    歌うことも楽器を奏でることも大好きです。
    音楽によって繋がった友人が1番多く、1番絆が深いです。

    ただ、私の場合は旋律とリズムが何より大切ですが、歌詞はあまり重要視しません。
    大ヒットした洋楽で私の大好きな曲がありますが、知り合いに話したら歌詞が卑猥なのにそんなのが好きなの?!って非難されたことがあります。

    どんなものでも、好きになることも嫌いになることにも理由はいらないと思います。感覚的なものもあるし。
    相手の好き嫌いに他人がとやかく言うのがおかしいと思ってます。

    トピ主さんも、特に音楽に興味無い、程度だったのが、音楽が嫌いというと否定されてきたのではないでしょうか?
    それによって嫌いに拍車がかかったりしますよね。

    音楽って嫌でも耳に入ってくるものだと思うので、いつか歳をとったりしてある日突然好きになったりするかもしれませんね。

    ユーザーID:5694369901

  • エカテリーナ二世もそうだった

    18世紀のロシアの女帝、エカテリーナ二世も「音楽が分からない人」だったそうです。ただ、皇帝という地位のために音楽家会とかオペラには顔を出さざるを得なかったようですが。

    音楽を理解できない人というのは、どこの文化圏に関わらず一定数いるそうです。食わず嫌いとかいろいろおっしゃる方もいますけど、無理なものは無理、でいいのでは。それも人間の個性です。

    ユーザーID:6551137980

  • 音楽が嫌いと言いますが

    僕にはそうは感じませんでした。
    音楽は"音を楽しむ"ものですから、何もメロディーがあるものだけが音楽じゃないと思います。
    僕が思うに、例えば川のせせらぎとか、環境音に安らぎを感じるとか、"音"を"楽しむ"感性があるのなら、それはもう音楽が好きなのじゃないかと個人的には思います。
    歌詞を見て"いい歌詞だな"と思える感性とか、楽譜を渡され意図を説明されると楽しいと思える感性とか、音楽を楽しんでいる人が好きだとか、そういった感性を持ち合わせている時点で、すでに音楽が好きなんじゃないかと個人的には思いました。
    音楽の楽しみ方は人それぞれです。
    ただ、説明を聞いている限り、別に音楽が嫌いなんじゃないんじゃないかと個人的には思いました。

    ユーザーID:8113821814

  • いろいろな音楽、試した?

     音楽、といきなり大上段から言われても、食わず嫌いと一緒で単に狭い興味と生活、人生の範囲内でたまたま耳にしたものが気に入らないだけで、そうではない、と感じる音楽をあたってないだけ、探しもしないで自分から世界を狭めているだけでは?

     嫌い、とはどの程度嫌いなのか。例えばドラマや映画見てても頻繁に背後に音楽、出てきますよね。それがでた瞬間に一気に嫌悪感、うるささ爆発で話やストーリー自体がすっ飛んでしまうほど、見るのをやめたくなるのか。

     音楽が嫌い、ということは歌うことも嫌いですよね? カラオケなどもってのほか、自分で鼻歌も歌わないですよね? 学校の合唱大会とか運動会、卒業式の歌、どうしてました? 嫌で嫌でしょうがなかった? 当然楽器を習ってみようとか絶対無理ですよね。

     ちなみに演奏のみ、と歌つまりヴォーカルが入った場合、どちらがより、嫌いですか?

     音楽から離れて 音 はどうでしょう。音楽流れていなくても外に行けば音が溢れている。窓を開ければ鳥の声、虫の鳴く音、川の流れる音、せせらぎ、雨音、風の音、波の音。。気にならないなら、メロディーに乗った瞬間、ダメになるのでしょうか。

    ユーザーID:2713204032

  • 音楽は感じるもの

    音楽が嫌いだという方のトピを読んで、何か理由があるから嫌いなのかと思いましたが、そういうわけではないようですね。
    音楽というのは、聴覚を使った音を楽しむ芸術で、どちらかというと原始的な感覚的なものです。幼少期から音楽鑑賞を母親がさせるのは、この耳を使った音楽教育の期間が、五歳以下の時期にあたり、早期教育が必要なためです。小さい時から親しんでいないと音楽の楽しさはなかなかわからないと思います。
    音楽の良さがわからなかったからといって、人間的に劣るとか、人格的に劣るとか、能力的に劣ると思ったことは一度もありませんでした。
    ただ芸術の世界として、感性の世界は広がるだろうと思います。音楽は感じるものだと思います。クラッシックであれ、ポップスであれ、ロックであれ、ジャズであれ、ジャンルは違えど、感覚的に素晴らしい音楽は存在します。音を喜ぶ、楽しむ、それが音楽だと思います。

    もし雨だれをピアノで表現したら、ショパンの「雨だれ」を連想しますが、自然音の中にも音楽はあふれています。

    小鳥のさえずりを喜び、風の音を喜び、電車の音、車の音、いろいろなものにも音の喜びはあふれています。
    ピアノは一つの媒介でしかないと思います。たった一つのピアノで、人は軽蔑されるべきではない。なぜなら人は素晴らしい神の作られた創造物なのだから。音は無限な可能性にあふれています。

    ユーザーID:5246359481

  • すごくわかります!

    同じ考えの人を見つけてうれしくなって小町に登録しちゃいました笑
    私の場合嫌いは嫌いでも頑張れば聴くことはできるのですが、やっぱり聞いた後はすごく疲れます......

    好きな役者さんがいて、その方は音楽活動もされていてたまにライブをされるのですが曲を聞きに行くというより役者さんを見に行ってますね。ライブ後にファン仲間にあの曲よかったねーといわれても曲自体は聞いていないので適当に濁します笑

    ずっとダンスをやってきたので曲自体は色々聞いてはきたのですが、音楽自体を楽しいと感じたことは一度もないです。リズムをとるために必要だなくらいです。

    音楽を嫌いだと言いづらくて大変ですよね......

    ユーザーID:8685113867

  • 音楽授業は選択制にして欲しい

    私も音楽は嫌いです。
    ただ明確なトラウマがあります。
    小学3年生の時の音楽の教師は一人だけで歌わせるテストが好きでした。
    私は先生のピアノに上手く合わせて歌うことが出来ず、歌うとみなに笑われるので、そのテストの日は休みたいほど嫌でした。
    小学4〜5年の時担当した先生はさらに私の音楽嫌いを進めました。
    ある時またテストがあって、先生のピアノに合わせて歌い出したら「バーン」と鍵盤を叩いて先生は無言で最初から弾き直しをはじめました。どこが悪いと指摘もなくそれが3回繰り返されたのですっかり私は萎縮してしまいました。
    6年の時の先生は楽しく歌おうスタンスで平穏に過ぎました。
    中学1年の音楽教師は、私の声を聞いて「あなたは音痴ではない、1000人に1人の貴重なアルトだ。合唱部に入らないか」と言いました。私はそこで私の声がものすごい低い事を自覚したのです。しかし音楽嫌いが骨の髄までしみ込んでいたので断りました。
    しかしまた中学2年から音楽は地獄に変わりました。新しく赴任してきた音楽教師が私の声が悪いと。
    地声で話す事は禁止され、音楽の授業が終わった後の休憩や放課後にピアノに合わせて裏声を出す訓練をさせられたのです。
    その音楽教師は担任が不在だと代理を務める事が多かったので私が学級日誌を持っていき地声で話してしまうと「あなたの本当の声はそうじゃないでしょ」と常に裏声を強要されました。
    音楽を専攻しているわけでないただの公立学校で何でここまでされるのかと涙が出ました。
    なので高校は音楽の授業は選択せず、テレビの音楽番組は避けてずっと生きてきました。カラオケは固辞しました。
    50になる今でも音楽は聴きません。
    歌いたい人の気持ちが全く理解できません。カラオケを強要しないで欲しいです。
    ただ中学1年の時の先生の誘いに乗っていたらまた違った生き方があっただろうと思います。

    ユーザーID:3829197545

  • 心の状態を変えられる

    私の場合は、音楽を使って心の状態を変えられるので、よくこういう使い方をします。おおざっぱに言うと、元気な曲調なら気分があがるし、しっとりした曲なら心が落ち着くみたいな感じなんですが、どんな曲でもいいわけではなく、その時の自分にマッチした曲だけにこういうパワフルな効果を感じることができます。

    だから一時期すごくハマって聴きまくっていた曲も、しばらくすると全然聴きたくなくなったりもしますので、いつも新しい曲を探して見つけてハマるということをやってます。

    私は自分の心をいつも良い状態にキープするように心がけていて、心が落ちたりすると放置せずに何らかの方法をつかってあげていくようにしています。そのツールはいろいろあるのですが、音楽はかなりダイレクトに心のトーンを変えられると感じています。

    音楽は耳からだけではなくて、全身に音を透過するような感覚で聴くことが多いです。だからから私にとってパワフルな影響力を持ってるのかもしれません。

    でもこの辺は人それぞれですよね。五感のレベルとかにもよりますので。私は音楽のジャンルには一切こだわりがなく、一重に自分が好きかどうかです。だから色んなジャンルの音楽を楽しんでます。

    私たちには五感が与えられていて、どれが良く発達してたり使い勝手がいいかというのは人それぞれだから、ご自分が楽しめるものを楽しめばいいのではと思います。私は音のほかに、色にもすごく敏感で好きな色を見てると細胞レベルで震えるような感覚とかよくします。そして音楽にしても色にしても、深くは考えずにシンプルに楽しんでいるって感じです。

    ユーザーID:4252481975

  • 私も同じです

    嬉しくなって、やってきてしまいました。初めてお会いしました。音楽嫌い。

    私もです。音楽全般が苦手です。

    歌詞は好き。そう好きなんですよね。
    けど、音にのせるとなんか違う…。

    私は聞くより、見るのが好きなんだと思います。
    読書や映画、絵画を見たりの方がトキメキが大きく、感情が動きます。
    そして見ながら、アレコレ思考するのも好きです。

    音楽は感じるもので、考えるものでは無いからつまらないのかも。
    音楽で表現するとよく言われますし、理性では理解できるんですが、それを楽しいとは思えないです。

    ただ今の仕事がイベント企画運営で、ライブの企画もしてます。
    経験者?どんなジャンルが好き?などと聞かれる時は困るんですが、
    好きというフィルターがないからこそ、冷静に見れるから、成功や失敗がよく分かります。
    そう、それに音楽を聴いて楽しんでいる人を見て楽しめるのは、その通りです。
    音楽には全く興味無いですが、楽しんでいる人をもっと喜んで欲しいと思います。

    ただ美術品を扱う方が楽しいですけど。

    ユーザーID:4812832345

  • 音を聴く・奏でる、だけが音楽ではないですよ

    音楽苦手な人がいたって、別にいいじゃない。
    小学校でみんな合唱したりピアニカを吹いていたけれど、言わないだけでトピ主さんのような子もいたと思います。
    トピ主さんは、音がするのが苦手なのかな、またはメロディーがあるのが苦手なのかもしれませんね。
    変なBGMがかかっているよりも、無音が好きなのかな。
    運動会で流れる「天国と地獄」「クシコスポスト」とかも、なんで?って感じなのかな?
    クラシックのオーケストラで無音の曲があります。
    結構有名だから聞いた事あるかも。
    音が無くても音楽なんですよ。
    例えば耳の不自由な方でも音楽はできるんです。
    以前スピードの今井絵里子さんが、耳の不自由な子供たちに音楽を楽しんでもらおうとギターを弾き語りして、ギターを子供たちの手に触れさせていました。
    あと、ダンスや体操も音楽なんですよ。
    まぁスポーツなんて大体音楽ね。遠泳やマラソンなんて一定のリズム感・テンポ感を持って泳ぐわね。
    ポエムや俳句も音楽ですし。
    トピ主さん、絵画を見るのはお好きですか?絵画も音楽だと思います。
    カンデンスキーという画家の絵は音楽を表現しています。
    よかったら見てみて。

    ユーザーID:9137670487

  • 嫌いなら仕方ない

    音楽嫌いですか

    自然音も嫌かな…

    でもそれでいいと思いますよ
    嫌いなら嫌いで問題ないんじゃないかな

    最初のトピしか読んでいませんが
    無理して理解しなくてもいいと思います

    私の父は数学が大好きで、高齢になった今でも
    中高校生の問題集を楽し気にやっていますが
    数学が大嫌いな私は何が楽しいかさっぱりわかりません

    まあ、想像はできます
    一つの回答しかない物にむかって解いていく快感かな??

    文系だった私は読書ばっかりですが
    父は逆に読書は大嫌い

    そんなこんなでも生きていられます

     

    ユーザーID:7279448400

  • たとえば鳥のオスがメスにアピールする方法

    たとえば、鳥はいろいろな種類がいますよね。
    羽の美しさでメスにアピールしたり、さえずりがうまいオスがメスに人気があったり、造る巣の巧さとか、そのアピール方法は、実に様々。

    そんな感じで、人も、心にグッとくるポイントが、人によって違うのは当然なのではないかなと思います。

    私は音楽家ですが、ジャンルや音色などによって全く良さを感じないものもあります。
    音楽ならなんでも大好き、ではないです。

    また、自分のことで恐縮ですが、ファッションやメイクにはほとんど興味がなく、オシャレに一生懸命な方々には、それはそれでいいけど、別に私はいいや、という感じです。

    たぶん、私の本能的好みは、ファッション的な美しさは、大して価値がないとみなしているのだと思います。
    景色や、絵画などの美しさは、大好きですが。

    トピ主さまは、例えていうなら、さえずりのうまさで競う種類の鳥ではないのではないでしょうか。

    好き嫌いは本能的なもので、理性でどうこうするのは難しいそうです。

    だから、別に、音楽が嫌いでも構わないと思います。

    ユーザーID:7326926096

  • 2回目です。

    あれから色々考えてしまいました。(笑)

    それで私なりに行きついたのは、「嫌い」では無くて、
    「違和感」なんじゃないかな…と。

    多分、音感(音に対する感受性や音階や貴方自身の持っている元々の音響周波数)とかの問題なのかな?と…。

    映画とか見ますか?映画やミュージカルとか…
    そうそう、TVのドラマとか見ても「あれ?」って感じですかね。

    逆にお経とかは何にも違和感なく聞いてられるのではないですか?


    音楽は素敵なものです。(和洋関係なく)音楽が嫌いでは無く「違和感」と思うように考えるのはどうでしょう?
    そう思う事でほんの少し音楽の傍にいる感じがしません?

    メロディーのついている「曲」と言われてるものだけが「音楽」ではありませんヨ。

    ユーザーID:5906218070

  • 少数派

    こんばんは、的外れでしたらすみませんが

    多くの人は音楽を聴いてなにかしらの感情や感覚をもちます。例えば
    長調は明るく楽しい印象、短調は暗く悲しいような感じなど(これは
    ひどく単純化した書き方であるとお断りしておきます。要するに
    音楽を聴くと何らかの情緒を感じるという話です)。
    音楽はいろんな感覚を持ってきます。
    それを受容する力には人によって強い弱いが当然あるでしょう。
    トピ主さんは弱くて、音楽に伴って想起するものが非常に少なく、
    「なんだこれ」と思われるのではないでしょうか。

    逆に、例えば、
    ある種の数に美しさや面白さを感じる人達がいるとします
    (素数好き、平方数好きなどはいます)。そして、もしそれが多数派で、
    日常会話で「スーパーの支払いが2,048円でちょっといい気分」とか
    言われていたら、そういう感性が無く「一体どこに面白さが?」
    と思う人は、少数派として疎外感を覚え、だんだん数字嫌いになっても
    しかたないですよね。

    音楽をことさら愛さなくても、他に愛するものがあれば良いのでは。

    実は自分もあることで少数派であり、
    「不思議なお祭りを遠くから一人でぼんやりと見ている」状態です。 

    ユーザーID:4623194812

  • さとこさん、私も!

    私も、音楽を「聴かされる」のがダメです!
     
    私の夫はアメリカのカントリーミュージックが好きなのですが、私はあの演歌みたいな曲調や歌い方がどうも苦手(好きな方がいらっしゃったらごめんなさい)。 車の中で、逃げられない空間でかけられるとうわーってなりますよね。 でも、夫が好きで気持ちよさげに聴いているので我慢しますが、正直つらいですよね…。 

    公共の場での音楽(特に素人の演奏)なんかはほんと、勘弁してほしいです。

    本当に、音楽の好みって個人差がありますよね。 私が好きな音楽も、夫からすれば「なんじゃこら」みたいに感じるものかもしれないし。 そう思うと、ヘッドホンをつけてそーっと、自分だけの世界で好きな音楽を心置きなく味わう楽しみ方が好きです。 

    ユーザーID:4223256761

  • 自分の感性と波長に合った音楽は気持ちがいい

    大変興味深いトピだと思いました。

    私にとっての音楽は「感性と同調するもの」だと思います。 耳にして気持ちがいい、感性が揺さぶられる、といった感じのもの。 例えば、波の音、風になびく木の葉の音、列車の走る音、など。 

    また、過去の思い出と音楽が結びついていることもあります。 ある音楽を耳にすると、それをよく耳にしていた頃の思い出が蘇ってきます。親しくしていた友人たちや恋人のことなど思い出したり、「これを聴くと高校を卒業した頃を思い出す」「これが流れていた頃は転職したてで大変だったな」など。 懐かしい人達や思い出が音楽とともに蘇ってきて、一瞬、過去の時間に戻れたりします。 甘く、時には切なくほろ苦い、もう戻ってはこない時間や空間への懐旧の情、様々な感情を呼び起こしてくれます。 

    ただ、何の分野でもそうですが、好みや考えを押し付けられるのは嫌ですね。 大学の授業で、生徒が一人一人、自分の好きな曲をCDなどで持参して聴かせ、その曲にまつわる自分の想いを発表する、という課題があったのですが、音楽の好みって本当に個人差があるものだと実感しました。 自分の好みでない、興味のない音楽を聴く(聴かされる)、というのは苦痛になるものだな、ということも(笑)。  

    繁華街や観光地で無駄に流れる音楽は耳障りだし邪魔だと思ってしまいます。 リゾートで、自分の好きな音楽を流していた観光客がいた時は「自分たちだけで楽しんでくれ!」と思いました。 歴史ある建造物の前で素人が演奏する楽器や歌も、場の雰囲気をぶち壊しにするので本当に邪魔です。

    音楽は人に強要されるものでもなく、自分の中で楽しむものと考えています。 好きなものって、言葉や理屈では表せないけど、心や感性に訴えるものがありますよね。 難しく考えずに、文字通り自分の好きな「音」を「楽」しむ、ことが大切なんだと思います。

    ユーザーID:4223256761

  • 日本人には

    風流と感じる自然の音が、海外の人にとったらただの雑音にしか聞こえないと聞いたことがありますが、トピ主さんもそんな感じでどんな音も繋がりがなくバラバラの雑音と言うか音にしか聞こえないんじゃないかなあと、少し思いました。

    絵を見ても色と形にしか見えないのと一緒、みたいな。

    私は小さい頃少し数字を見ても模様にしか見えなくて頭に入ってこないというところがあって、数学を覚えるのがとても苦手でした。
    意味のあるものとして認識出来ないって感じでしょうか。

    考えたこともなかったけど、音にもそういうのがあっても不思議じゃないかなと。

    ユーザーID:8640290625

  • 食わず嫌いじゃ無いですか?

    新品を、聞いた方がいい。
    意味が分かると楽しいなとか。スラングも多いけど。
    ストーリー的なモノが分かると聞いていていいなと思います。映画みたいに色んな音楽があります。嫌いな音楽も多いでしょう。
    だからこそ、好きな音楽を見つけられた時に幸せだなと思います。
    作品に対しての、意味ってすごく大切だと思う。

    ユーザーID:8153957136

  • トピ主さんとはちょっと違うけれど

    私の一番だめなのは人の音楽を聞かされるときです。
    夫が運転する際は自分の好きなCDをかけてますが、ホントつらいです。一枚終わった時点で、ちょっと消しとこうか、なんて切ってます。ジャズをよくかけてますが、サックスの音でほんとに頭痛がします。音楽が大きくかかっているレストランとかも落ち着かなくて食事がまずくなります。公園に座っていてフリーコンサートとか始まったら即帰ります。
    でも若い頃聴いた邦楽とかは時々小さい音でひとりで聴きます。いろんなジャンルに興味がないことにはなんとも思わないです。
    トピ主さんの年齢を勝手に想像してのことですが、あと10年くらいたったらお友達も自分や家族のことで手一杯になってトピ主さんに好きな音楽の話をすることもなくなるでしょう。そうしたらトピ主さんも音楽が嫌いだ好きだということを世間に問うこともなくなるのではないですか。

    ユーザーID:7498240479

  • 失礼ながら

    小学校の楽譜のくだりのお話に笑いました(笑)
    私は幼少期からテレビ等が好きではなく、「無音」の環境が好きだったので、わからなくもないです。
    いまでこそno music no lifeですけど、音のない時間も重要ですね。

    私が音楽に対してときめきを覚えるのは、ひとつは「情景」ですね。
    この音はこういう景色を連想する、というセオリーがあります。そのイメージの広がりが好きです。
    もうひとつは「ハーモニー」、洋楽はJpopと次元が違い、これに痺れました。
    小学生でこれを知って以降、虜ですね。
    いろいろな音の重なり合いが好きなのです。
    オーケストラも脳が大興奮します。
    それから「リズム」「楽器」、ジャンル問わず世界中の音楽を聞き漁りましたよ。

    トピ主さんは、たとえば「お祭り」の音も苦手ですか?
    太鼓や踊り、これはまあ雰囲気を盛り上げる役割だったり、人を悦に入らせる効果音だと思うのですよね。
    こうした意図のある音も、共感が難しいのですか?

    結局、音楽は多くの人にとって「快感」につながる要素だと思うんです。
    激しい曲、穏やかな音、色々な音楽がありますが「気持ちいい」わけです。
    だから常習性もあるし、熱烈に好きな人がいるんだと思います。
    ただ、それの受け取り方には個人差やふれ幅があるのは当然かと思いますよ。
    あまり気にされない方が宜しいかと思います。

    ユーザーID:1976175161

  • 音楽好きですが、よあささんに共感するところ有り

    私は音楽が大好きです。

    しかし、他の人と全く同じ音楽を楽しむ、ということは不可能だと思います。
    音楽はそれを作った人の個性の反映ですし、聴く人の感受性もそれぞれ個性があります。
    よあささんには、他の人が皆等しく音楽を楽しんでいるように見えるかもしれませんが、AさんとBさんの音楽の好みは同じではないし、時にはそれで喧嘩にさえなります。
    多くの人に愛される曲はありますが、全ての人に愛される曲などありません。
    この曲が良いよ、と勧められて聞いて、本当に良いな、と思える人は半数くらいでしょう、好みが似ていればともかく。
    よあささんは自分だけが例外と考える必要はありません。

    音楽は人生の楽しみの一つであるけれど、他にも楽しみは無数にあります。よあささんは音楽に興味が薄い分、他のことに力を注げているのではないですか。

    ところで、よあささんはテレビドラマや映画のバックに音楽がついているのもお嫌いですか。バックが全く無音なのがお好きですか?
    そこまでいったら音楽嫌いと言えるかも。そうでなかったら嫌いなのではなくて興味がないだけです。

    音楽はドラマの感動を倍増させますが、私は大事なシーンにつまらない(と私が感じる)音楽が流れると白けて、無音の方がマシだ、と思ってしまいます。

    ユーザーID:8164035321

  • トピ主です。2(続き

    とはいえ、音楽は日常の中にたくさんあるものですし、音楽が好きな友もたくさんいますから、音楽と全く関わらないわけではありません。
    全身で「音楽愛してる!」と表現する友人たちを否定したくはないので、音楽を勧められイヤホンを差し出されたら覚悟を決めて聴きます。ただ、その音楽の良さなどはわからないのでその辺りは友から聞いて、いいね、素敵だね、と返します。上っ面だけの反応を返している気がして胸は痛みますが。

    “音楽に感情を振り回される”というのは、わかるような、わからないような感じです。
    その音楽が哀しみを歌っていたとして、自分まで哀しい気持ちになるということでしょうか。自分は音楽への戸惑いが先に来てしまうので、そこで哀しみはあまり感じないです。

    ただ、すごく耳に残るフレーズがある、ということに悩まされたり落ち込んだりはします。忘れるまで延々と脳内に流れるのはとても疲れるのでなんとかリセットを試み、駄目だった時の精神ダメージは結構馬鹿にならないです。

    感情に呼応して(?)音楽が流れるという経験はないです。皆さまは結構そういうことがおありなのでしょうか。

    それから、本を勧めてくださった方へ、すごく興味があるので、是非探して読んでみたいと思います。
    それと、前世が平安だったのではという言葉をくださった方へ、前世の自分は歌を詠めるほどの優雅さはなかったろうと思いますが、面白くて思わず笑ってしまいました。
    百人一首をあまり音楽と意識していなかったのですが、詠んでいる時なんと言っているか全くわからないという戸惑いを考えると、苦手なのかもしれません。でも百人一首の言葉は景色をみてぱっと思い出すくらいには好きです。


    長々と失礼いたしました。
    このようなトピにレスをくださり、本当にありがとうございます!

    ユーザーID:1378345877

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • その気持ちは本当に「嫌い」ですか?

    こいう言う言い方をしてしまうと、気に障るかもしれませんが、
    面白い悩みだなと思いました。

    アニメやドラマは見られたりするでしょうか?
    OPやED、挿入歌など場面を盛り上げてくれたりしますが、
    そういうのも嫌いなんでしょうか?
    ゲームのBGMとか。

    興味がないならないでいいと思いますが、嫌いとまでいくのでしょうか?
    私は音楽好きなので、共感はできないです。
    楽器は弾けないので授業の音楽は苦手でしたが。
    カラオケも昔は苦手でしたが、今は好きです。
    なので、聞くのと歌うのは好きと言うことになります。

    苦手と嫌いを混同してませんでしょうか?

    音楽好きだと思う私でも
    「音楽で人をつなぐ」=「いい曲だよね」と思うくらいだと思うし、
    ある人が好きな曲を私は好きではなかったり、逆もまたしかりです。

    「音楽で世界を救う」も本当に世界が救われるとは思っていなくて
    辛い状況や心情にあるときに、曲(メロディ)だと染みたり、癒されたりとか、言葉だとやさぐれた心に届かなくてもメロディに乗っかるとすんなり届いたり。
    みたいな理解です。

    場面に似合わなくて「なんだこれ」と思うこともありますよ。
    でも好きじゃない曲は、別に「嫌い」ではないです。

    その「なんだこれ」が同じ気持ちなのかなぁ?
    とは思いますが、私はトピ主ではないし、トピ主も私ではないからわからないですね。

    嫌いなのは、黒板をひっかいた音とか不協和音と言われる奴は嫌いです。

    トピ主は興味湧く曲に出会ってないだけで、嫌いなわけではないんじゃないかなーと思いますが、どうなんでしょうね。

    回答らしい回答でなくてすみません。

    ユーザーID:4066293426

  • トピ主です。2

    レスありがとうございます。多くの方にご意見を頂き、本当に嬉しいです。


    何人かの方にご指摘頂きましたが、“音楽に関する嫌な記憶、印象、出来事”があるかどうかというと、やはりあると思います。が、なにか決定的な出来事があったかというと心当たりはないし、そんなに大したことではないんじゃないかなとも思います。

    「自分、どうやら音楽が嫌いらしいな」と自覚したのはつい最近のことですが、振り返ると、幼稚園の頃から音楽を楽しいとは思っていませんでした。

    先生の弾くピアノの周りに立たせて何がしたいんだろう、と訳のわからなさにギャン泣きしていました。
    今思えば周りの子からするとすごく迷惑だったと思います。今更すごく申し訳ないです…。
    ピアニカも鍵盤と音の結びつきは全く分からず、全部弾く振りで乗り切っていました。
    先生方はよく許してくれたなと思います。
    当時の自分はドレミすら分かっていませんでしたね…。逆にどうやって周りの子に合わせていたんだろう…。

    小学校に上がってようやくドレミという音階の概念を知って衝撃を受けました。
    その衝撃は今でも思い出せます。
    「あっ、音に決まりあったんだ…!? 楽譜すげぇ…!! 道理でわかんねーわけだわ!!」という鮮やかな衝撃を受けた瞬間は、音楽へ歩み寄った気がします。

    その後リコーダーは褒められる程度には吹けましたが、面白かったかというとそうでもなく。
    中学校まで音楽の授業はありましたが、先生が美人という点が救いである他はいつも教室から逃げたい思いでした。

    高校以降、音楽とはそれほど接点はなく、今日まで来ています。

    (続きます。長文すみません…)

    ユーザーID:1378345877

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 関係無いけど、赤ちゃんがいる家庭にオススメ!

    赤ちゃんが、泣き止まない事ありますよね?
    そんな時に BTS のVの歌声を聴くと
    泣き止むらしいですよ〜

    ユーザーID:1035701053

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧