• ホーム
  • 話題
  • 本当に大事なものって何だろうなぁ(駄)

本当に大事なものって何だろうなぁ(駄)

レス16
(トピ主0
お気に入り42

生活・身近な話題

オウトマティック

コロナによる自粛で、
皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

私は(女)パート労働者ですが
コロナの影響で勤務先が時短営業となり
今は、週の半分くらいは昼間は自宅にいます。

人と会う機会も減り、
時間に余裕ができて
今回の事で、いろんな事を考えました。

まず今までの自分の生活を振り返って
無駄が多かったかもしれないと思っています。

バブル全盛期に若者だったので
あの頃から
贅沢して
良いお酒を飲んで
良いバッグをもって
良い旅をして
良い化粧品を使って
そんな事に
これまで、かなり必死な人生だったかもしれません。

でも今はそんな事はもうどうでもいいかなって。
家族の健康が一番。

もちろんコロナ感染が落ち着いて
日常が戻ってくれば
のど元過ぎればって事も
ちょっとはあるかもしれませんが苦笑

でもこれからはもっと
本当に自分に必要な物だけを購入して
もっと断捨離して生きたいなと感じてます。

それから
物もですが
人間関係もシンプルが良い。

今までずっと
人づきあいは大事だし
孤独は嫌だ!と思って
いろんな人と賑やかに接してきた。
でも、これからは本当に気が合う人と
少ない友人だけの付き合いでいい。

今、コロナのことで
人に合う回数がぐっと減ってますが
案外、平気なもので
かえって人に合わせるストレスがないです。

良いほうに考えれば、
きちんと物事を考える貴重な時間があります。

勿論ずっと外出や仕事が
思うように出来ないのは困るんですけどね。

こういう自粛要請があると、
本当に自分の生活に必要なものは何か
大事にしていきたいものは何か
頭の整理がだんだん出来てくるような気がしてます。

時には誰かに文句も言いたくなるけど。
物事って悪いほうに考えたらきりがない。



皆様は何か心境の変化は御座いましたでしょうか。
どうぞ健康でお過ごし下さい。

ユーザーID:0518215736

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
  • 逆パターン

    おそらく、トピ主さんと同じくらいの年齢だと思います。
    でも、私はバブル直前に結婚して、まったくもってバブルとは縁がないまま家事育児に追われていました。
    大学の仲間のバブル武勇伝?を聞くたびに
    髪振り乱して、子育てに追われて必死で、何の恩恵もなかった、と悲しくなります。

    元々の性格もあるのでしょうが、お金はほとんど家族のため、と質素倹約に努め老後の資金もそこそこあると、ちょっとばかり安心していました。

    しかし、このコロナ騒動で、この先、わが国どころか世界経済はどうなってしまうのだろう? と
    例えばハイパーインフレとか起こったら
    「いつか老後のため」と楽しみを先延ばしにして貯めたお金は
    若いころ、楽しみ倒してお金がない人が持っている分と変わらなくなってしまう?

    なんだかな〜
    損したなぁ〜

    でも、本当は、バブルの時も今も老後も
    贅沢をしたいと思っていたわけではないのだから、それはそれで自分のライフスタイルだとは思います。


    ただ、コロナの自粛要請でも出歩く人を見ていて
    真面目で一生懸命な人が報われる社会ではないんだな、って改めて思いました。

    ユーザーID:1531529629

  • 同感

    50代女性です。
    自分と全く同じ考えでビックリしたのと、嬉しくもありました。

    20代、30代、仕事が忙しい中、夜は沢山遊んで、お金を使い、40代には習い事にハマり、一生懸命の毎日。

    今振り返ると、得たものって何だろう、
    と思います。

    自分にとっての幸せとは、大切な人がコロナに罹らず元気でいてくれること。そして、その大切な人と一緒にときを過ごせること。

    その大切な人とは、主人、親、なんですよね。

    たまに友達とご飯とか行きたいなあって思うけど、それも、本当に心から打ち解ける友達とならって思います。
    だから、そういう友は少ししかいません。

    それ以外のお友達とは、今は会いたいとも思いません。

    コロナで外食も躊躇しますから、今は自宅で、大好きな珈琲を、普段は高くて勿体ない珈琲を注文して、プチぜいたく品気分を味わっています。

    トピ主さんは私と同じく、若い頃色々経験して、そしていま、このコロナで気付いたんだと思います。

    この年にして、気付けて良かったと、今更ながら思ってる私です。

    ユーザーID:6223917455

  • 年配者ですが

    興味深く読ませていただきました。色々考えさせられる話ですね。ありがとう!

    ユーザーID:5772697362

  • 楽しい思い出

    美味しい料理もお酒も
    楽しい旅行も
    いい香りのする化粧品も
    全部素敵な思い出ではないですか?

    他人に張り合うためのものでしたら
    無駄なのかもしれませんが
    自分や家族や友達のためなら
    全部大切な記憶

    でも、まあ一番大切な物は健康ってことは
    激しく同意です

    私は今、逆に何も考えないで
    家でゴロゴロしています
    ゴロゴロが止まらない
    日常が戻ってきても
    もとに戻るか心配

    人生の骨休めだと思って
    ゴロゴロを楽しみます

    ユーザーID:5552537640

  • そうですね

    50代女性です。
    私は、一人暮らしなのですが、
    自分の時間を大切にする、という事が
    自分にとっては大事な事なんだなと
    実感しております。

    もともと家に籠って好きな番組を
    見たり、本を読んだり、絵を描くことが
    好きなのですが。

    人との付き合いも大切、と思い、
    無理して出かけている事も
    ありました。

    でも今は、思う存分自分の時間を
    楽しめます。

    友達は少ないほうですが、それでも、
    ラインなどで、メッセージをくれる
    人がいて、有難いなあと思います。

    先日は、洋服の断捨離をしました。
    出かけない日々が続くと、
    「なんでこんなに洋服持っていたんだろう?」
    って自分でも可笑しくなってしまいました。

    この時期に、頭の整理ができているという
    トピ主さんは素敵な方だなと思いました。

    ユーザーID:2025148624

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 先人の知恵や教え

    世の中が便利になれば、それはそれでいい事でも、自分にとっての不必要なものまでもが増え過ぎてしまった。
    物だけで無く人への感情等、あらゆる分野への情熱的な執着が。
    それに気付かずに惰性で周りに合わせて楽な方だけをぼんやりと見て生きて来た様に思う。

    便利な世の中が、いつでも困る事無くそばで支えてくれる事が普通だったから感謝の気持ちも薄れて、子供の頃に見て来た本質的に大切なものを忘れた侭で家族を作り昔を知らない子供にそれを伝えても来なかった。

    なので私は、このコロナが早く終息する事を願いつつ、
    今だからこそ自分を見直して今の子供には勉強や好きな事以外の“もっと大切な事を少しでも多く伝えなければ”と思う様になってきました。

    昔の人は何でも自分で作る努力をして、物や人を大事にして来ました。

    私が子供の頃には携帯が無くても信頼出来る友達が沢山いたし、近所に知らない怖い人も少なかった。若い頃には危険を察知する本能の様なものも備わっていた。

    紙類を無駄に使ってポイポイ捨てたりも、簡単に手に入らない今は愚かな事だったと反省。

    体調が少しでも悪ければ、病院に行く事を子供にすすめていた私。なので、マスクが売って無いとか体温計の電池が売ってないとかで、もう大きい子供がパニックになったり。何でもしてあげていた私の責任です。

    今は子供と一緒にマスクを作っています。勿論、自分の分は自分で縫う形で。

    お互いに不要不急な外出が多かった時には出来なかった事です。

    私にとって本当に大切なものは親や家族や親友。

    皆で心1つにして乗り越えたいです。

    ユーザーID:1441874147

  • 私は・・・

    バブルの頃にOLでしたが、生まれてこのかた、ブランド物も貴金属も、全く興味無し。必要最低限の物だけ買っていました。今も質素倹約生活です。

    友達も、最低限に絞るべく、年賀状のご挨拶も、今年から半数ほどお断りしてしまいました。

    新型コロナが流行した今は「いつ死んでも後悔しない様に」と、高級な食材を買って食べています。

    お金は墓場まで持って行かれないので、こういう時にこそ使おう!とばかり、家で楽しめるフィットネス器具を買ったり、手数料かかるけどネットスーパーを利用したりしています。今までのケチケチ生活とは、真逆です。

    年賀状を断った人に対しても、新型コロナの影響がないか心配なので、ワクチンが開発された頃に、メールでもしようかな?と思いました。

    あと、夫がきれい好きで協力的で良かったなと思いました。世の中には、パチンコに行ったり、飲み歩いたり、接客を伴う夜の店に出入りしたり、趣味をしに遠出したり、「気にしすぎ」と、妻の消毒作戦を無視したりする傍若無人な男性が多い様です。

    でも夫は常識的な行動をしてくれています。会社へは自転車で行き、個室で作業。誰も部屋に入れないようにしています。

    外食もせず、買い物は手袋して、帰宅したらきちんと手洗いして、買って来た物も消毒して・・・と、もうこれだけで感謝です。

    自宅でも別室で食事を摂り、タオルもトイレも私と分けています。
    文句も言わず、冷静に対処できるきれい好きな夫で、本当に良かった!

    ユーザーID:6279727916

  • 全て霞のよう

    大事な物って本当に何でしょうね。
    人生って何なんだろうと感じました。

    大きな影響力のある人の人生だって、あっという間に終わって、思い出や功績は残るかもしれないけど、人の一生ってまるで霞のようです。

    歴史だって語り継ぐ人間そのものがいなくなったら、どんな意味があるんだろうか?

    今人間はコロナと戦っているけど、果たして地球にとって人類は大事な存在なの?
    視点を変えたら全く違う答えになってしまいそうです。

    私にとって大切なものは家族だけど、それは永遠ではなくやがて霞のように消えてなくなってしまうのなら、この世に大事な物なんて何ひとつないような気がします。

    ユーザーID:1335219224

  • あの時があるから今がある

    バブル末期に都内の学校に通っていました。今は海外在住です。
    地味な学校学部だったので、派手な夜遊びとは無縁でしたが、勉強も交友関係もそれなりに充実していて、街はキラキラしていて、毎日本当に楽しかった。

    昨年の秋頃、卒業以降連絡したことがなかった友人と連絡が取れ、「来年一時帰国するから絶対に会おう」と約束したのですが、今の状況ではいつ日本に帰れることやら。

    楽しい想い出も、その後のバブル崩壊で経験したあらゆることも、それがあるから今の私を作っているのだと思います。

    ユーザーID:3659251288

  • 寧々さんと同じ気持ちになりました。

    私はバブル崩壊後に社会人になり、超超氷河期なんて言われてました。

    初めて努めた会社は数年で突然倒産、次の会社は数年後に合併消滅しました。

    頼れる物は遠くの親より金!!と、ひたすら貯金ばかりして、結婚した後はこれが夫婦の老後資金もしくは子供の学費になる…と、手を着けずに来ました。

    が、今のこの社会情勢を見ていると、お先真っ暗にも見えますよね。
    その上私は東京在住持病持ち、コロナ怖過ぎ!

    今はいつ何が有っても…の気持ちでどんどん断捨離を進めています。

    大した額では無いけど、地道に頑張って貯めた2000万。
    たかが2000万、されど2000万です。

    せめて半分は自分の為に使ってしまいたいです(笑)

    コロナが終息したら、生きている内に色々旅行したり、美味しい物を食べに行きたいですね!

    ユーザーID:9905110298

  • 氷河期突入世代です

    私にとっては、家族と時間かなあ、と思います。
    今、第二子妊娠中で、とにかくまずは出産まで時間を稼ぎたいです。

    コロナ禍や、自粛生活が早く過ぎて〜というより、
    私もかかりたくないし、罹患者増えないで〜と思っています。

    それから、情報化社会の中で、いかに早く情報を掴むかが勝ちのようにされてきたけど、家で過ごす時間が増えて、今まで生き急いでいたんじゃないかな、と思います。

    もちろん、生活がかかっている人もいるので、安易に言ってはいけないと思いますが、今の長く感じられる時間を、少しのんびり過ごしてもいいんじゃないかな、と感じてもいます。

    ユーザーID:5209782874

  • 欲しい物を我慢せずに購入するようになった

    「コロナで明日にでも死んでしまうかも」と思うと、服やバッグなどネットで見て欲しいと思った物は我慢せず購入するようになりました。コロナ以前は、収入と支出、貯蓄のバランスをどう上手く配分するかが重要ポイントでした。でも老後資金のためのお金なんか、今死んでしまったら何にもなりません。せっかく購入した服も今は着ていく所がありませんが、コロナ終息したら謳歌したいです。no life,no shopping!

    ユーザーID:7964025946

  • レスします

    パート時間は減ったけど
    この時期、恒例の固定資産税は、例年と変わらない。
    今月末までにほぼ7万円を納税しなければいけません。
    やはり人生、本当に大事なものは「お金」です。

    ユーザーID:5250315846

  • 物欲

    物欲が減りました。
    先月のクレジットカードの支払いが いつもの半分程度でした。
    私は現在医療職なので 今回の感染拡大防止のための自粛になる事はないですが、もし前職(サービス業)のままなら 収入は完全に途絶えていたでしょう。とても人ごとには考えられません。
    今後 本当に欲しいもの必要なものだけにお金を使おうと思いました。

    ユーザーID:7622296830

  • 清貧の思想

    主さんがバブルのころ若者だったのなら「清貧の思想」を覚えていませんか?

    バブルでガンガン踊ってお金使って楽しんだ日本人がはじけた途端、バブルは良くなかったこれからは清貧である無駄なものはいらない必要最低限のものを大事使おう、ってもてはやされたあれです。

    60近くまで生きていると、社会や経済ってイケイケどんどんではしゃぎまくってお金使いまくる時期と、それは儚い虚栄であり必要なものだけ求めるのが正しいって倹約に走る時期と繰り返している気がします。

    片方だけだと飽きますからね。

    私はこれからこそお金を使って楽しみます。
    だってみんなが倹約に走ったら不要不急の文化がなくなってしまう。
    あまりお金がある方ではないので、踊るときもガンガン踊れない人間ですからこれからは清貧と心の時代と言われてもやっていることは通常営業ですが。

    人間が歩くとき幅は50cmもあれば十分だけど、幅50cmだけあって両側が断崖に落ちている道は歩けない、みたいな中国の名言がありませんでしたっけ?
    やっぱり両側2mくらいあったほうが安心。
    その2mにお金を使います。

    ユーザーID:9834838415

  • うわぁ 深いですね!

    ここの皆様のレスを読んで感動しています。
    私はバブルを知らない世代です。
    お笑いのバブリーなネタをみながら
    「あれがバブルの感覚かー」と思った程度。
    でも、とにかくお金があまってたんだというのはわかる。

    うちには年老いた祖母がいて
    戦後の、貧乏で物がない時代の話を聞かされたことがあります。
    そのなかで、みんなで工夫したり
    足りないものはご近所で共有してきたって聞きました。
    現代はご近所で共有しなくても
    なんでもコンビニ行けば売ってますね。

    昔と今。
    どっちの生活が果たして精神的には豊かなのか。
    わからないけど

    コンビニやスーパーに売ってるもので
    本当に自分に必要なものは、確かに少ないです。
    ほんとに今、どんなジャンルのアイテム数もすごいけど
    自分が買うものって限られてる。

    父が、最近新聞に広告が入らなくなったって言ってました。
    自粛で宣伝もままならない店側は大変だと思います。
    だけど広告が入らなくても、私自身やうちの家庭は何も困りません。

    そう思えば、今の世の中って
    DMやネット広告の類も入れれば、
    意図しないところで
    必要ないものが沢山、入ってきますね。
    豊かになるということは一体何なのでしょうね。

    自粛なのにレジャーに出かける人達。
    うしろめたさはないのかな、楽しいのでしょうか。

    私だったら、
    今レジャーへでかける気分にはならない。無理だな。

    いろいろ考えさせられますね。

    ユーザーID:4251890670

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧