塾講師をしているものです

レス12
(トピ主0
お気に入り25

趣味・教育・教養

かおりん

アルバイトで個別指導の塾講師をしているものですが、その塾は延長を一切許さない塾です。
今はコロナの関係で家からビデオで授業をしているのですが、説明を途中で蔑ろにしたくない気持ちが強くて5分ほど延長をしてしまいました。その時、塾長から長々と注意のメールをいただきました。その時は、そもそも家での授業なので帰り道の安全面の心配もないし、どうしてそこまでダメなのか分からない状態でした。正直、延長することは私にとってなんのメリットもありませんし、ただ生徒のためという一心でした。しかし、注意を受けるのは嫌だったのでこれからは延長だけはしないでおこうという気持ちでここまできました。しかし、つい前回の授業で1時間延長してしまうというミスをおかしてしまったのです。生徒から分からないと言われたことをどうしても分かって欲しくて必死になっていたら、終わる時間を勘違いしていることに気づかず1時間延長してしまいました。延長してはいけない理由と、このミスがどれほどのものなのか教えていただきたいです。お願いします。

ユーザーID:6740716036

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
  • 個別指導は『時間』を売る商売

    つまり時間が足りないのも時間を超過するのもどっちもダメなんだ。

    塾に通うどこ子・家庭とも同じ料金表で契約をしているんです。
    当然、時間が足りなきゃサービスの提供をしないんだから問題だ。
    (生徒側の都合ならサービス提供を放棄したんだから仕方がないが)

    逆に時間超過は不当廉売のようなものだ。
    だって、同じ金額なのに指導時間が増えるんだろ?
    分単位で見たら安くなるってことだよ。

    カウンターの料理店で2人並んで同じものを頼んだとする。
    トピ主さんは普通盛りだけど、お隣はご飯もおかずも大盛だったら?
    当然のように同じ金額を請求されるとしたら?

    これがトピ主さんがしている行動。
    つまり個別指導は講師の時間を売る商売だから、勝手な延長は
    商品価値を崩壊させることになるだけなんです。

    これは塾業界のようなサービス業では当然なんだけど、
    個別指導ではそれが更に厳しくなるんだ。

    ユーザーID:2158094391

  • 統括がとれない

    トピ主さんが個人で教えているなら、いくらでもオーバーしてもいいと思いますが、アルバイトで塾の講師をしているなら、決められた時間で教えないといけません。

    「あの授業はしてくれたのに、何故この授業はダメなんですか?」
    なんて保護者からクレームが来たら、トピ主さんはどうするのですか?

    それに、トピ主さんが勝手にオーバーした時間の授業料は、誰が負担するのですか?
    おそらく生徒の親はサービスだと思っていますよ。
    トピ主さんがオーバーした分のアルバイト代も払わなければいけなくなるかもしれません。

    雇われてアルバイトしているなら、決められたルールを守る事は、基本中の基本です。

    塾長のメールを、もう一度読み返してください。

    それでも理解できず不満に思うなら、個人で家庭教師でもした方がいいですよ。

    ユーザーID:1647390126

  • う〜ん

    >延長してはいけない理由と、このミスがどれほどのものなのか

    塾長に聞いてないのですか?
    注意のメールに書いてないの?

    私にもわかりませんが推測としては、
    「授業料の延長料金が(ネット接続時間で自動計算され)発生してしまう」場合、生徒の為という主さんの主張とは反することになりますよね。

    あと一番考えられることは、
    「かおりん先生は延長してくれたのに、違う先生は途中で切られた」というクレームに繋がる。

    別の先生はルールを守った授業をしているだけなのにクレームが付いたら、誰のせい?

    主さんの気持ちもよくわかるんだけど、ルールはルールです。
    時間内で教えられるように、工夫してみましょう。

    ユーザーID:4779095672

  • 個人商店のおまけじゃない

    一時間の延長ということは一時間の授業をしたということ
    トピ主さんは自分の時間を無料奉仕しただけのつもりかもしれませんが
    生徒さんにしてみたら『この塾』は無料で一時間でも延長してくれる
    といった認識になるのです、
    たった5分だったらいいんじゃないかといった問題じゃないですよ
    あの先生は延長してくれたのにこっちの先生はしてくれない
    なんて不満が出たら収集がつかなくなるし
    塾の評判も落ちてくるでしょう。

    トピ主さんが個人で塾を経営しているのならおまけの5分とか
    生徒の為の一時間は許されるでしょうけど
    今は塾とトピ主さんとの契約
    塾と生徒さんとの契約
    であって生徒さんとトピ主さんの直接契約ではありませんね。

    トピ主さんのしている事はミスではなくて契約違反です。
    帰り道の安全云々は何の関係もありません。

    ユーザーID:8748745064

  • あなたのビジネスのルールだから

    念のためですが、塾・講師業において「約束の時間を延長してはならない」なんて法律とかはないですし、近所の子供や親戚などに勉強を教えてるのに何時間しか時間をかけてはならないというようなことはないです。

    しかしトピ主さんは勉強を教えているのではなくて、お金をもらうために組織に所属し、その組織で対価のためにしている内容が「塾講師」であるかと思います。
    トピ主さんが責められるのは「延長をしてしまった」ことではなくて、「ビジネス上のルールを守れていない」点においてとなると思います。お金をもらっている以上(組織に所属している以上)物事の正誤ではなくてルールに従わなくてはならないのは当然です。

    なぜ塾長or経営者が塾業をしているかはわかりませんが、彼らなりに営利の方法としてそれをしようと思った何かがあるのでしょう。

    >延長してはいけない理由
    トピ主さんは組織に所属しており、そのルールに反したからです。
    そのルールがある理由は、一般的には塾講師業は営利のためであり、延長に対しては通常は課金を要求できるものであるか(営利のためのビジネスなのだから、有料のものを無償で売ってはならない)、サービスの均質化(あの人はやってくれたのに、にはならないように)あたりかとは思います。

    >このミスがどれほどのものなのか
    法律とかで裁かれるものではないので、ローカルルールに従うものです。塾長とかだれかに聞いてください。

    トピ主さんがアルバイトをして雇用されるということは、雇用者のルールに従うということです。塾業においても経営者によってはトピ主さんの対応が歓迎されることはあるでしょうし(お金は払えないけれど、生徒さんの希望にあわせてくれたらありがたい、とか)、個人で家庭教師をすればトピ主さんルールでの対応ができると思います。

    ユーザーID:8153092079

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 全員に同じことができるか

    時間通りに指導するのが仕事です。

    5分の延長で厳重注意されたのに、それよりひどい延長をしてしまうとは、塾長からの信頼は失ったでしょう。

    講師契約を解消されるくらいの失敗だと思います。

    勘違い指導に気が付いた後すぐに塾長にその失敗を報告していますか?
    言いにくいでしょうが、すぐに報告して、どう対応すべきか、塾長の指示を仰ぐべきです。
    それが主様の塾講師としての責任ですよ。

    2回分(?)の指導を一気にしたことになるので、次の指導を休みにするなどの対応が必要かもしれません。

    その塾は主様だけが講師ではないのでしょう?
    他の講師が時間通りに指導している中で、主様と主様の生徒だけが延長を許される理由はありません。
    会費は指導時間によって変わるのでしょうから、契約違反でしょう?

    保護者から、あの先生はいつも延長サービスするが、この講師は延長サービスなしなのか、とクレームが来たら、主様はどう説明し、どう責任をとるのですか?

    また、主様は、延長することを良いサービスと捉えているかもしれませんが、それは生徒の時間を奪う行為です。奪った時間は返せません。
    誰にでも次の予定があるでしょう?担当生徒の次の予定にまで責任持てないですよね?
    主様が次に指導する生徒がいれば、次の生徒を待たせることでも時間を奪います。
    時間にルーズだと信用を失いますよ。

    時間通りに指導するのが仕事です。

    生徒に対応する時には、それを全員の生徒にできるかを考えてみてはどうでしょう。

    採算を考えずに自分の好きなように指導したいなら、自分で教室を開くか、組織に所属しないで家庭教師をするかでしょうか。

    その塾では長く働けないかもしれませんが、次につなげましょう。
    がんばってね。

    ユーザーID:2720665252

  • お金が絡むから

    同じ料金で1人は時間内、もう1人は延長となるのはダメでしょう。
    トピ主さんにはメリットがないからとかどうでもいいのです。他の生徒に不公平が生じるからです。例えば、同じお金を払ったのに1人はMサイズのドリンクがもらえて、1人はSサイズのドリンクとなるのはおかしいでしょう。

    個人家庭教師としてサービスで延長するならいいですが、塾に雇われているのですよね?それならダメでしょう。時間配分を上手に出来るようにならないと。他の塾講師の方々にも迷惑がかかりますよ。あの先生は延長してくれたのにって。

    5分はともかく1時間の延長は別料金とらなきゃいけなくなるくらいのミスでは?1講分に大分近い時間ですよね。講師のミスだから生徒側には請求できないけど、トピ主さんのお給料から差し引かれたとしても文句は言えないのではないですか?まぁその辺は塾のルール次第でしょうけど。

    生徒思いで意欲的なのはわかるのですけど、雇われている身であって慈善事業ではないですから、そこは上手く両立していかないと。その意欲は時間内でどれだけわかりやすく教えられるかに費やして下さい。

    ユーザーID:5236549432

  • あなたの仕事

    どなたかも書いておられますが、あなたは自分が勉強を教えてる仕事と勘違いされてます。
    正確には、時間を売ってその時間内に勉強を教えているのです。

    例えば1分50円としましょうか。
    1時間だと3000円を売っています。
    5分延長したとなると250円追加料金が発生します。
    追加料金をもらうことはできましたか?
    恐らく、もらってないでしょう。
    ということは250円を値引きしたことと同じです。

    もしファミレスで、アルバイトが勝手に自分がレジ処理した相手にだけ勝手に250円値引きしたら、どれだけ問題かは分かりますよね?

    個人事業で経営者がするには問題なさそうですけど、それでも1人が2人、他の子もとなり、5分が10分15分となると、そのうち経営破綻しますよ。

    ユーザーID:2724492745

  • お金の問題とは別に

    個別指導の契約の枠の中で、延長をしたり逆に早退をしたりすることが、経営面の問題でしかないということは、みなさんが書いておられる通り。残業を許さないホワイト会社かもしれません。

    ただ、もう一つ、客(の子息)と必要以上の時間、一緒にいさせないということを徹底する社会倫理的な意義もあると思います。要は、講師と生徒で、契約時間外で問題を起こさせない仕組みということ。経営者が怒ってまでそれを阻止しようとするのは、お金の問題よりこちらかもしれません。

    トピ主さんはご自分が、誠実で勉強好き、生徒思いの先生のつもりでいるので、経営面とか社会倫理であれこれ言われるのが心外かもしれませんが、少し想像してください。生徒に気に入られるために遊び半分で、教室を遊び場にしてしまいそうな講師だってあり得ます。個別指導が、勉強ではなく、遊びや勉強以外の指導の場になったら目も当てられません。

    こういうけじめをしっかりつけさせるために、延長厳禁の仕組みがあるのではないでしょうか。

    ユーザーID:0864810738

  • 例外かな

    皆さん厳格でホワイトな塾のお話をされていますね。

    うちの子がバイトしてる個別指導塾はしょっちゅう、終わってからの質問に対応しています。聞かれればまんざらでもないので対応し、「今日もつかまったー」と言いながら帰ってきます。本人もお金が必要でやってるというより教えるのが趣味だから行ってるんですけどね。誰をつかまえてどう質問してもいい雰囲気なのでしょう、誰かだけ特別扱いというクレームもなさそうです。

    つまりは、個人事業。塾長の判断によるというものでしょう。

    ユーザーID:7653211042

  • 何だか

    延長を一切許さない塾、それを知っていたのにどうして疑問に思うのですか?

    それがそこの塾のシステムなんですよ。それを疑問に思うのなら、とことん生徒に付き合う塾、そこに変わったらいいだけでは?

    延長するのが熱心とは思っていない人もいますよ。時間通りに終わることの出来ない人、ペース配分が出来ない人、
    そう評価するところもあるようです。大人のある試験予備校でも、5分でも終わるのが遅くなると、帰りに乗る電車やバスの時間が狂ってくる、自分は熱心だと思っているようだけど本当に困った、学校側に投書した、そういう人もいるんですよ。1時間延長なんて論外です。

    ユーザーID:2076535250

  • 逆に、延長していい理由は?

    延長を一切許さないというルールの下で運営されている塾で、
    一介のアルバイトさんがなぜ「延長してもいい」と判断するのでしょう。

    延長してはいけない理由は、そもそもトピ主さんには権限がないからです。
    延長により発生するリスクや苦情などの対応の責任をとれますか?

    それにトピ主さんに与えられた仕事は、
    あくまでも「時間内で教えること」ですし、
    むしろ時間を厳守してでも、説明を終わらせる・中断するべきです。

    その仕事が出来ないのなら、解雇されても文句は言えませんし、
    もっと言えば、その塾を辞めて、自分の理念にあった塾に移るか、
    個人塾を開講すればいいだけです。

    ユーザーID:1530462718

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧