負けるとぐずってしまう娘

レス14
(トピ主3
お気に入り30

妊娠・出産・育児

ももまりも 

小2、年長、年少の三姉妹を持つ母です。

長女がお友達と遊ぶと、勝負事に負けた時に泣いてぐずります。
近所の子供たちは、小4〜年少まで年齢が階段状につながっていて同じ年はいません。

力量にどうしても差があったりするので、そういうことも説明したり、負けてもその過程を頑張っていることを褒めてみたり、色々言い方を変えてはみてるのですが、なかなかその場になると感情を抑えられません。
そのぐずりが入ることで年上の子たちはイライラしてる様子だったり…。

練習することが大切、とことん付き合ってあげると色々声掛けしてみるのですが、コツコツ練習することが嫌いでなかなかうまくいきません。

親としても勝負事の遊びが始まり、そういうことが重なると娘の様子を見てイライラしてきます。

やる気をうまく引き出し、ぐずりを落ち着かせてるいい方法があったらぜひ教えて欲しいです。

ユーザーID:8477456331

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
  • 泣かせておけば良いのでは?

    >やる気をうまく引き出し、ぐずりを落ち着かせてるいい方法があったらぜひ教えて欲しいです。

    これ、親がする必要あるんですかね?

    個人的にですが、泣いたら親が何とかしてくれるって図式が出来上がってるのでは?

    負けは負け
    泣いたら勝負遊びを止める
    したい子だけさせる

    それで良いのでは?何故、やる気を出させたり負けた分析をして説明したりするんですかね?

    泣くなら泣かせておけば良いと思いますけどね
    悔しいならまたするでしょう?もう1回!みたいな

    ただ泣いてるだけなら、誰かに甘えてるだけでしょ?

    それぐらいの年齢なら年上に負ける事も当然な訳で、、

    泣きだしたら
    「あーごめんね。抜きで遊んで」と言います
    それで、更に泣いたら
    「泣いても仕方ないでしょ?負けて泣かれたら誰でも嫌な気持ちになる。だから抜けなさい」と言います

    ユーザーID:0987149708

  • 保育士をしています

    勝ちたいという気持ちが強いお子さんなんですね。一つの案として参考にしていただければと思います。

    負けず嫌いなお子さんには、ゲームが始まる前に「負けることもあるよ。」ということ、「もし、負けて悔しいなと思ってもまた、次も挑戦できるよ。」ということを遊びが始まる前に伝えるようにしています。「楽しい気持ちで遊ぶためには、悔しいなと思ってもグッと我慢しようね。」と声をかけることもあります。

    お子さんの性格などをよくわかっている場合は「負けることが嫌なら最初から遊びには入れないよ。」とハッキリ言っていました。どちらにしても、ゲームが始まる前、負ける前に伝えて約束しておくことが大切かなと思います。それでも負けてぐずりそうになったら「悔しいね。でも、始める時に約束したよね。我慢できないなら今は悔しい気持ちが治るまでみんなとは違うところで休もうか?」とそのお子さんを離します。違う場所でクールダウンすることを望むお子さんもいれば、「できる。」と悔しい気持ちをグッと我慢してそのまま落ち着いて遊べるお子さんもいます。

    とにかくポイントは事前に楽しく遊ぶためのルールを確認しておくことと、悔しい気持ちは悪いことではないと伝えておくことだと思います。

    ユーザーID:2795824749

  • お疲れ様です。

    自然な感情だと思うんですがね。
    ダメですか?

    泣かれてイライラする気持ちもわかります。

    でも、負けて「悔しい」気持ちって、あって良い感情じゃないでしょうか。

    そもそも、100点満点の子供なんて、いませんよ?
    特に第一子は不器用です。

    ぐずりが出たら、「負けて悔しいんだね」と共感し、「練習するなら一緒にやるよ?」と提案、
    するところまでで良いと思いますが、

    主さんはお嬢さんをコントロールしたいのでしょうね。

    主さんがあれこれ構うから、余計に泣くような気すらするのですが。

    あまりにひどい時は、その場を離れるのも手だと思います。

    たぶん、下のお子さんたちは要領良く立ち回るでしょうから余計に長女ちゃんにイライラするのでしょう。
    でも、長子なのは本人にとっては「どうにもならないこと」なので、お母さんである主さんがある程度理解してあげてほしいです。

    ちなみに私は四人姉弟の三女なので、要領だけは良いです。
    主人も、長男ですが第二子なので要領が良いです。
    私たちには一人っ子の息子しかいませんが、長子なので要領が悪いところがあります。

    ユーザーID:4691459685

  • お疲れ様です。

    昔と違い、今は年長者だからと言うだけで敬って貰える時代ではないんですよ。その人が自分の個性をどれだけ発揮して、日々を楽しく過ごせるかなんですよ。

    子供の内から可哀想に感じるけど、今の社会に出れば、否応がな痛感することですよね。

    まずは、泣いてぐずる心の内側を理解してあげることではないでしょうかね?

    同年代の子達の中には、自分が他と劣っていようがお構いなしの子もいます。それって、そもそも勝負事に興味がなかったり、他者に対する感情がそんなに強くないのかも知れません。

    お嬢さんは、感情豊かで負けん気が強いから泣くのだと思います。

    例えが大袈裟で特別ですが、卓球の福原愛さんも、小さい時は泣いてばかりでした。

    悔しくて泣くことはとても頼もしい事だと思います。悔しいと感じられない人もいますよ。

    グズっていると捉えずに、悔しんでいるだと思うようにして接してみてはどうでしょう?そして、出来る事をお母さんが見つけるだけではなくて、お嬢さん自身にも「貴女は負けてばかりじゃないよね。」と、自分で考える力を養うように見守ってはいかがでしょうかね?

    ユーザーID:8548255749

  • 泣いてぐずったら退場させる

    まあ、まだ小学2年生ですから自分の感情をコントロール出来ないのも仕方がありません。
    負けて感情が高ぶったらとりあえずその場から離脱させるようにしましょう。
    そのうちおさまってきますよ。

    ユーザーID:8509131534

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 経験を重ねるしかない

    負けず嫌いは悪いことばかりではありません。

    世の中の多くのものは、失敗を乗り越えて、あるいは競争を勝ち抜いて多くの人の目に触れています。

    失敗は乗り越えなければ成功につながりませんし、勝ち続ける競争はありませんから、負けてもなお次の勝負に挑める人だけが勝ち抜けるのです。

    野球だって将棋だって、ペーパーテストだって、どんなに賢く強い人でも、100%の勝率なんてありえません。

    長女さんには、
    ・大人と一緒にゲームし、大人も本気で勝負する(負ける経験を積む)。
    ・ゲームは勝ったり負けたりして楽しむんだよ(ゲームの楽しみ方を教える)。
    ・次は勝てるかもしれないね(次のチャンスがあるかもしれないと教える)。
    どうやったら勝てるかよく考えてみよう(自分の行動を振り返り、次につなげる)。

    ・負けたからってぐずっていたら、お友達も嫌な気持ちになるから、あっちに行ってなさい。気持ちが落ち着いたら戻っておいで(他者の気持ちに注意を向け、感情コントロールの具体的な方法を教える)。

    ・他に負けた子の中に好ましい反応をしている子がいれば、その様子を指摘して、ああいう風に我慢したり、気持ちを切り替えたりできると良いよね、全然気にしないってやり方もあるよねなど(お手本を見せる)。


    などと、機会をとらえて何度も伝え、負ける経験を重ねて慣れるしかないと思います。
    時には勝てたり、勝てずとも上手くいくような場面もあるでしょうから、そういうのも指摘しつつ、そのうち、本人も気持ちと行動をコントロールできるようになるでしょう。

    まぁ、月単位あるいは年単位の時間がかかると思うので、気長に関わるのが良いと思いますよ。

    そのうち、
    ・勝った時には、負けた人の気持ちも考えて行動した方がカッコ良いよ。
    とかも教えてあげると良いでしょう。

    負けず嫌いの強い気持ちを次につなげられるようになると良いですね。

    ユーザーID:5969621905

  • 基本的には、勝ちたいんですよ。

    仕事の傍ら学童保育の補助員をしています。地元の市内のあちこちの小学校の学童に派遣されていますが、どこの小学校でも、トランプや将棋、カルタやウノ、オセロでも強い子、弱い子はいます。しかし、一方でズルいやり方やルールを無視して自分勝手にやって、他の児童たちが泣いたり、イヤな思いをして終わる場面にも遭遇します。私も、トピ主様のお子さんと同様に、コツコツする努力が大嫌いな子供でした。
    何故ならば、コツコツやることが面倒だと思ってましたし、何でもやってのける子が羨ましかったからです。もちろん、飲み込みの早い子や観察力のある子もいますが、そうでない子もいます。そこで私が思ったのは、どんな子であれ、勝負ごとには基本的には勝ちたいということ。でも、プロのアスリートだって、勝つための努力はしますし、敗北を経験して立ち上がりますが、ルールの無視やズルいやり方はいけませんよね?まずは、基本的には勝ちたいというのを念頭に置いて、勝敗にはこだわらない一人練習ですね。カルタならば、トピ主様が読んであげて、取るのはお子さんだけにして下さい。まずは、観察力を鍛えてあげてみては?カルタは文字から始まりますから、頭の文字を言ってあげたらいいと思います。トランプの神経衰弱も同様に、すぐに当たりが出なくても、どこに同じ絵柄のトランプがあったかを、覚えさせてあげることです。
    私も児童たちに、遊びに誘われて付き合いますが、学童の主役は児童ですから、勝つのはあくまでも児童たちと割り切って、付き合ってます。ただし、ルールを無視したり、誰かが泣いたりイヤな思いをした場合は、必ず注意をしますし、先生にもご報告します。場合によっては、遊びに付き合わないことにしてますね。まずは、観察力の練習をなさってみては?

    ユーザーID:5973215392

  • ちょっと極端ですが。。

    お友達と遊ばないというのはどうですか?
    そんなにぐずるようなお子さんは、他所の子と遊ぶことは控えたほうがいいと思います。まずは家族のなかで、練習ですよ。
    正直、周囲のお子さんは困っていると思いますよ。小2なら、感情を抑えることはできそうなものです。多少のことはあっても、毎回は困りますよね。
    言い聞かせてもだめなら、遊べないのです。
    近所の子を遊ばず、習い事にでも行かせて、近所のお子さんと距離をおいてみてはどうですか?負けたことで泣くようなお子さんは、とぴ主さんには悪いですが、性格が悪いように思うし、親のしつけがなっていないと思います。

    また、家族で徹底的にお子さんを負かせてみてはどうですか。
    負けることに慣れさせる、負けてぐずるとゲームをやめる。これを繰り返せばわかるでしょう。近所のお子さんと遊んでいるときも、ぐずったら、退場です。慰めるのではなく、叱りましょう。

    ユーザーID:6948009373

  • レスありがとうございます

    トピ主です。
    こちらにまとめての返信でごめんなさい。
    5名の方、レスありがとうございました。

    とても参考になりました。
    グサリというとこもありましたが、その通りだと思います。

    でも、10人くらいの集団でいて、どうしても長女がズレてしまっているのか?孤立してしまうことが多く、最初は本人たちに任せておいたのですが、何度か重なってしまい…親としても複雑な思いがありまして、悩んでしまいました。

    子どもの世界のことに親がそんなに突っ込まなくてもとも思ったり、だけどやっぱりこの先それがエスカレートしたら…?という不安があったり。

    そんな自分も完璧な人間ではないので、子供に無理強いさせてはいけませんね。
    反省してまた頑張ります。

    ユーザーID:8477456331

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 私も昔、そんな子でした

    同級生の幼なじみと、学年は2つ差だけど、1歳半違いの妹。
    私は、足が遅くて、鬼ごっこすると日が暮れるまで私が鬼で、泣いて母に訴えました。

    すると、母は
    「こんな、泣く子とは遊ばないで」と幼なじみに言いました。

    幼なじみも私もビックリ!


    それは嫌だったんでねぇ。もう泣かないって約束しました。
    そして、自分が絶対有利になる遊びを考えましたよ。

    鬼ごっこ以外なら、足の速さは関係なから。
    田舎だったんで、田んぼの畦の、今で言う「どーんじゃんけんぽん」
    子どもに聞いたら、平均台とかでやるんで、負けたら降りれば良いんだけど、田んぼの畦ですから降りるわけにいかず、戻るしかありません。
    もちろん、じゃんけんに負ければ私も戻るんですが、足の速さは関係ない、公平なルールです。

    後に、その様子を母が写真におさめていることを知りました。
    ちゃんと、どうしたか、様子を見ていたんでしょうね。

    ユーザーID:1595265950

  • お家でゲーム

    こんにちは うちは三兄弟です
    一番下の子がすごく負けず嫌いです
    ボートゲームやカードゲームを家族ですると
    一番小さいのでよく負けます、で 直ぐに泣きます。
    でも毎回なので皆、慣れましたし本人も慣れました。
    「僕泣いちゃうもんね!」と宣言して
    自分の部屋へ走って行ってシクシク泣いてます。
    で、気が済んだら戻ってきてゲームに戻ります。
    勝ったら人一倍自慢するので、こちらも手加減出来ません。

    喜怒哀楽が深いのは人として良い事です
    自分でそれに対処出来る様に家で練習させましょう。
    小学校低学年迄はよく泣いて可愛かったですね、
    もう 高校生ですが、人一倍気配りの出来る
    皆に好かれる好青年に成りましたよ。

    ユーザーID:5751831791

  • 声掛けのタイミングが悪い

    「練習することが大切、とことん付き合ってあげる」と言いますが、本当にトピ主が教えれば、常勝を約束してあげられるのですか?

    近所の中学年以下の子供たちがたむろしていての、自然発生的なゲームでしょ?

    何の遊びをしているのか知らないけど、トランプとかボードゲームとか、運要素が大きいゲームだったら練習して何とかなりますか?

    今日、トランプで負けたとして、次回いつやるか分からないトランプの同じゲームの練習をするのですか?次、他のゲームで負けたらそのゲームの練習?

    それともある程度ルールがしっかりしているスポーツ的なものですか?

    何でこんなこと聞くかというと、ちゃんと強くしてやるという確信も無しに、いい加減なことを子供に言わないで欲しいんですよ。

    だとしても・・まあ、ゲームの練習する暇があったら、勉強でも教えてあげれば?と思います。

    近所の子供にゲームで勝ったからと言って、はっきり言って将来に何の関係もないし、勝負事が嫌いなら、他人と競争したり蹴落としたりせずに、自分がコツコツと積み上げた努力に対して報酬をもらう方法はいくらでもありますので。

    その声掛けも、子供が泣いている最中や、ぐずりがおさまってきた頃に言っているのですか?まさか、他の子供がいる中で言っているとしたら、最悪の中の最悪レベルですが。

    小2で「練習して勝てるようになろう」というのが行動にまで必ずしも結びつかないのは仕方ないと思います。

    それよりトピ主が、自分の声掛けが下手なだけなのに「コツコツ練習することが嫌い」とか「ズレている」とか、全部子供のせいにしているのはとても情けないと思います。

    こんな母親が「練習することが大切」とかよく言えたものだと思います。自分こそ、子供の心理をよく考えて適切な声掛けをできるように練習しないと、受験や進学の時に痛い目にあいますよ。

    ユーザーID:7028885374

  • コメントありがとうございます

    色々とエピソード付きのコメントありがとうございます!

    なるほどなぁ…と参考にさせていただきたいものがたくさんです。
    のりまきさんのお話面白かったです、うちの子もそんな風に育ってくれるといいなぁ…と思いました。

    子育てって正解もないし、先々の未来でどんな結果だったらよかったって言えるのか…難しいですよね。
    母としても子としてもこれを糧にしていきたいと思います。

    ユーザーID:8477456331

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • はのさん

    確かに声かけのタイミングが悪い?という話なのかもしれません。

    コツコツ努力することが嫌いなタイプ→これはスクールカウンセリングを何度か受けてたどり着いた答えです。先生にそういうタイプの子どもだと言われました。なるほどな、たしかにそんな感じだなと思うところがありました。
    逆に天才型?とは言いませんが、サラサラっとできてしまうことがあるので、そこを上手く引き延ばせたらと言われております。

    しかし、なかなかその引き延ばしが難しいなぁと感じております。
    こういうところに相談をかけるのは厳しい意見もあるとは思っています。
    状況や背景まで細かく文章化するのはなかなか難しく、わからない部分もあるかとは思います。

    だけど、非難非難されたくているわけでもなく、私も迷いながらの子育てで、なにかいい案はないかなぁという気持ちで載せています。
    いい方向に向くように努力をしていきたいと思っています。

    ユーザーID:8477456331

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧