病院に行きたがらない父親

レス3
(トピ主0
お気に入り5

家族・友人・人間関係

まさ

77歳の父親について教えてください。
本当に軽度の認知があるのと、昔から病院嫌いで頑固な性格なのとで、我慢ができなくなるくらいにならないと病院に行ってくれません。
もう1年くらいになりますが、便に血が混じって、最近ひどくなりました。病院へ行こうと言っても、怒って絶対言ってくれません。
認知症もだんだんひどくなりつつあって、オムツをしないと1日数回失敗してしまいます。
母親が面倒を見ていますが、そちらが倒れないか心配です。
病院できっちり診てもらって、認知の方も、全て検査してもらいたいのですが、無理やり連れていくしか方法は無いのでしょうか?
その2点以外は普通に歩けるし、普通に会話もできます。
そんな経験をお持ちの方、どんな対処をされたか教えてください。よろしくお願いします。

ユーザーID:4969647287

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
  • さて、どうしましょう

    心労お察しします。お父様、そして、介護されてるお母様共々ご心配は尽きないですね。

    血便が気になりますね。なるべく早く医者に行きたい所でしょうが、お父様の様子からは、無理やりには駄目ですね。

    痛いとか、我慢出来ないなら、行くでしょうが、本人の自覚がなければ説得は難しそう。

    少し、策を講じる事が出来ないでしょうか?

    例えば、家族皆健診すると言う事で連れて行けませんか?出たついでに外食するとか。

    主治医の先生にはお話を事前に。多分、お父様のような方は珍しくないと思います。

    介護認定はされていますか? 軽度の認知とありますが、排泄での失敗は介護者の負担が大きいです。

    認定して、ケアマネジャーをつけて貰いましょう。1番のアドバイザーです。

    お母様、主さんの心痛が少しでも、安らげますよう。 的を射たレスではないかもしれませんが、なにか参考になれば幸いです。

    ユーザーID:7976169675

  • お父さんのプライドに配慮した建前を作ってあげて下さい。

     自分の為だと思うなら、自分が我慢できるかが基準になります。
     歳と共に衰えている現実を見たくはないでしょうし、
     プライドもあります。
     だから自分が我慢できるうちは行きたくないのでしょう。

     私の為に行ってほしい・・と言う理由付けでは説得出来ませんか?

    「私が心配でたまらないからお願いします。
     お父さん、私を助けて下さい」とね。

     歳をとると自分のプライドを守る為のツールが少なくなります。
     自分の為に病院に連れていってもらうと感じれば恩を受けることになりますが、お父さんには恩を返す方法が少ないのですよ。プライドを保つ為には自分が受ける恩を減らすしかありません。年配者が意固地になりやすいのは、プライドを守る為のささやかな抵抗という意味もありますよ。

     でも、あなたの為に行くのならお父さんは恩を与える側です。
     人に恩を売れる貴重なチャンスに変わります。
     もちろん恩を売れると本心では思わない筈ですが、その建前をとることでお父さんもOKと言いやすくなると思いますよ。

    「そこまで頼むのなら、お前の為に行ってやる。
     ありがたく思えよ!」

     お父様が心の中でそう思える様にしてあげて下さい。
     もちろんあなたは「ありがとう」と言って下さいね。

     全員に通じるコツとまでは言いませんが、私の周りでは成功例を良く聞きます。よろしければ試して下さい。

     良い診断であることをお祈りしております。

    ユーザーID:7083177368

  • うちの父も病院嫌いで・・・

    参考になるか判りませんが、亡くなった父も病院嫌いでした。
    正確に言えば「病院が怖い」です。
    病気が発覚するのが怖い、その烙印を押されるのが怖いんです。

    父の場合は心臓でした。
    親族のほとんどに重篤な心臓疾患があるのに、いよいよ体調が悪くなっても
    病院に行くことを拒否し、限界ギリギリまで我慢していました。
    (もちろんその間、手を変え品を変え何度も何度も説得しましたが無理でした。)

    結果、私も母も真夜中に背中をさすり続け、本人は苦しくて苦しくてたまらず、自分から「救急車を呼んでくれ」と言いました。
    救急隊員の方が血中酸素飽和度を計ったら80%台で、
    「もっと早く呼んで良かったんですよ」と言われました。
    (躊躇したのだと思われたようです。)

    もうその頃には他の臓器も不全状態で、血液循環が悪くなっていて
    血中酸素飽和度も15%になり何度かICUのお世話になりました。

    医師から「腎臓の機能が回復すれば良くなる」と言われたのに、
    本人がパニック状態になり「家に帰りたい」「家に帰らないと死ぬ」と私たちを困らせ続け、医師から「病院を一歩出たら即死する」「自殺行為だ」と匙を投げられました。

    結果、たった10日足らずの入院期間で亡くなりました。
    私たち家族は病院からの真夜中の知らせで飛び起き、
    父が怒鳴るのでヘトヘトになり、母はゲッソリ痩せました。

    もう少し、早く病院に行っていたら
    もう少し、安静に過ごしていたら
    もう少し、長く生きられたのは確実です。

    私には悔いばかり残りました。
    どうしてきちんと病気に立ち向かってくれなかったのだろう。
    日本のように充実した医療を受けられる環境にありながら、
    予防医学、病気の早期発見・治療の機会が与えられたことに感謝し、
    前向きに利用しようと思えなかったのか。

    正直、まだ立ち直れていません。
    この一人の後悔をお父様に是非お伝えください。

    ユーザーID:5522301145

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧