ただ生きてるだけ

レス6
(トピ主0
お気に入り18

家族・友人・人間関係

さくら

50代、パート主婦です。
子育てはほぼ終わっていますが、上手くいかずに終わりました。もう成人ですので、親がどうこうするわけにいきません。後悔するばかりです。

側から見たら、習い事をしたり、観劇をしたり(今はコロナでどちらも出来ていませんが)して、楽しんでいるように見られるかもしれません。
でも題名の通りなのです。
何をしても楽しくありません。ただ生きてるだけです。

両親には貶され、厳しく育てられました。
いわゆる毒親で、それに気づいたのはここ最近でした。だから、自分の子供に対しても毒親になってしまっていたと思います。
もっと早くに気づいていたら、もう少し違った子育てができたのかと後悔ばかりしています。
こんな私にアドバイスいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

ユーザーID:5330384706

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
  • もう少し詳しく

    子供さんは今はどのように過ごされてるのかな?

    それが分からないとアドバイスしずらいかな。

    ユーザーID:9580049722

  • 自分の後悔だけ?

    今からでも子供に謝ってください。
    どんな細かいエピソードでもいいので思い出して、具体的にどう悪かったのかどうするべきだったかを添えて謝罪してください。
    自分自身が子供の時こうだったから、という言い訳は控えめにしてくださいね。

    ユーザーID:8062922297

  • 50歳代はそう言う世代

    私も、一番ジタバタしてきた時代でした。
    今、60歳代になりましたが、よく悩みよく苦しみ、病気になったり、離婚覚悟で別居したり、運が悪かったら死んでいたかも。

    だけど、今は、いろんな事に感謝できるようになり、あの苦しみを知ったからこそ目が覚めたと思っています。

    今は、四人目の孫が生まれるという、楽しみがあります。

    ユーザーID:2988308346

  • 自分を生きる

    子育てはほぼ終わっていて、うまくいかずに終わったということですが、どういう風にうまくいかなかったのでしょうか?親がどうこうするわけにはいきませんということですから、自分の理想通りに育ってくれなかったということでしょうか?

    もしそう思われるのであれば、それを絶対にお子様に悟られないようにしてください。親にとって自分は失敗作だと気づくと、子供はとても傷つきます。そういう風に思うことを辞められないのであれば、どうかお子様の人生を大事にしてあげてください。つまり、距離を置いてください。

    それから、さくらさんは自分の人生を生きてください。毒親に育てられたのであって、自分も毒親であるという自覚があるのであれば、今からでも自分自身を慈しんで育てる気持ちで、自分を癒していったらいかがでしょうか。まずはそこからだと思います。

    ユーザーID:1800526851

  • まあねー、反抗期がないと、いつかはツケが来るのよ

    自分の心の中からの声に、耳をふさいで生きてきたから、今そんな虚しさに襲われるのよ。

    みんな必ず一度は人生に悩むんだから、それが今やってきたと思って、粛々と取り組みなさい。

    その声をまた無視すると、70代になって、ひとりぼっちの人生が待ってるよ。そうなったらもう遅いから。

    ユーザーID:9794392032

  • ひとランキング

    その他も見る
  • わかります

    本当のところはわかっていないのかもしれませんが
    「わかるわかる」と思ってしまいました。

    わたしも子育てに関しては後悔したり、人のせいにしたり
    (今の結果の一因であろう元夫の行状は未だに腹立たしい)、
    いや、それでも我が親より自分はマシな親だよねと思ったり、
    いやいや、結果を見ると本当にダメダメな親だったのではと
    思い返したりと、あれこれウツウツとすることがあります。

    アドバイスできるような立場ではありませんが…

    自分の人生の「肉親部門」は殺伐としたものかもしれませんが、
    それ以外のところ、例えば「仕事&経済部門」とか「お友達」、
    「趣味やレジャー」等はそれなりにうまくいってるじゃん?と
    無理やりにでも思うことにしています。

    そして
    肉親部門にしても「今が結論ではない」と思うように心がけています。

    生きていればまだ先があり、仮に状況に変化がなくても
    解釈に変化が起こる余地があるということです。
    ということは「生きている」ことは大事ですよね。

    解釈が更新されるのは、やはり自分が成長した時です。
    「ただ生きている」だけではなく、悪あがきであっても
    一生懸命考え続けていくことが希望なのかな。

    ユーザーID:0621082100

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧