がさつなのに上品ぶる母

レス16
(トピ主1
お気に入り25

家族・友人・人間関係

カーネーション

40代、女性です。
母が上記の人です。
家事全般がおおざっぱです。冷蔵庫の中は乱雑、
食器を洗うときは汚れが残っており、食洗器に食器を
入れるときは乱暴に扱うので割れることも少なくないです。
ブランド物の洋食器を時々買っていますが、扱いが
雑なので金彩もはげて食器がかわいそうです。
服も本も古いものがあふれていて、整理整頓が苦手です。
収納できない食器が本棚に入っていたりします。。。

母の家事が当たり前だとずっと思って育ちました
今、自分の家庭を持ち、家事育児をする中で、母の
やり方が雑で適当で、きちんとした家事ではないことを
知りました。

母は外出のときはきちんとおしゃれしてお化粧して
綺麗にしているのです。上品ぶっているのに、実は全然そういう人ではないのです。
綺麗に過ごしたいのなら家の中でも丁寧に生活すればよいのに・・・
と思ってしまいます。ギャップが大きくて、ちょっと嫌悪感すら
持つようになってしまいました。

母に同情するけど苦手。だらしなくて汚いと思う反面、
汚さがわからない母が気の毒。同じような方、いらっしゃいますでしょうか?
気持ちの折り合いのつけ方、教えてください。

ユーザーID:7889196103

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
  • 何か不都合でも?

    お母様が家ではガサツなのに外では上品なのが気に入らないのですね。
    二面性が許せないのかな。
    では外でもガサツになればトピ主さんは満足できるのですか。

    お母様の家事が雑で適当でもトピ主さんはちゃんと大きくなった。

    食器が本棚に入っていたらトピ主さんに何か不都合なことがありますか?
    金彩が剥げていたらトピ主さんに損害がありますか?

    親子といえどもお母様とトピ主さんは別人格。
    他人は変えられないのです、ご自身に実害の無いことは放置しておいた方がトピ主さんの精神衛生上もよろしいですよ。

    ユーザーID:4957943834

  • そうですか

    私の母と同じことを言いますね。
    母の教育の賜物かどうなのか。身なりは小綺麗に。家の外構、内装もモデルルームみたいにきれいにしています。
    友人たちは「素敵、きれいにしている」とみんな絶賛してくれるのに
    母だけは違います。
    引き出しを開けて「ヤダー!なにこの並べ方もっと丁寧にしなさいよ」
    冷蔵庫を覗いては「あり得ない!オイスターソースの賞味期限きれているよ汚い!」
    流し台の傍にきては「排水溝をもっと磨きなさい。曇っている」
    洋服棚を勝手に開いて「ヤーダ、冬と夏服まぜておくなんて!」
    とにかく

    こ・ま・か・いのです。
    母がじーっくり、並べている間に、手際よく食事を作っているのは私なのに。
    最近趣味で始めた手芸を見ても「違う!あんた間違っている!もっと正確にしなさいよ!」
    まるで講師のように口を挟みます。
    良く言えば几帳面。悪く言えば神経質。

    少し奮発して上等な服を着ればトピ主さんと同じように
    「あらー!あんた!随分上品ぶっちゃて。いいご身分になったもんだね」
    「今はもっと斬新なデザインが流行りなのにね」と。

    疲れますよ。

    母の細かすぎる性格に「あら捜しの達人か?」と思うことすらあります。

    しかし親子なので縁は切れませんね。大事にして幸せな顔をさせてあの世に送り出すつもりです。

    ユーザーID:8748262048

  • 普通みなさんそうでは?

    笑い話として、うちのお母さん電話出る時は声が違うんだよね!そういう時ばっかり優しい声出してさーっていうのありますよね。

    みなさん多かれ少なかれそういうところはあるんじゃないですか?
    それが普通だと思いますし、そういうところがない人間ってかなり少数だと思いますよ。

    それとも主さんはお母さんに外でも家の中にいる時と同じように振る舞ってもらいたいのでしょうか。私なら外では体裁をつくろってくれてそこはありがたいなと感じます。

    それと、いくら母親とはいえ別の人格を持った一人の人間ですから、主さんに迷惑を掛けない限り口出ししない方がいいですよ。

    ユーザーID:1196906684

  • もしかして私のこと!?

    と思ったけど、私はすっぴんでスーパーに行くから、外でもがさつでした。

    うちはもう2回娘から断捨離の指南が入っています。
    家の中のものは、押し入れの中、戸棚の中、全部引っ張り出され、捨てられました。タンスやベッドや本棚など大物も捨てました。

    あとはキッチンの食器関係と、庭に置いているいらない物です。
    第3弾は来年あたりやる予定です。
    すでに計画は説明されました。

    不思議なことに、捨てたら、素敵な家にするイメージが沸いてくるんですね。
    安っぽいキャラクターのマグカップや、割れて不揃いになった食器は捨てて、ノリタケやナルミのシンプルな物に買い換えました。
    雑多なものがなくなったダイニングテーブルには、花を飾っています。

    あなたのプレゼンというか、熱意がお母さんを動かすかもしれませんよ。
    人格否定をやめて、いいものを生かすために、雑然とするものを捨てようと説得し、そして一緒に実行する。
    否定しちゃ駄目ですよ。こんな素敵な生活をしてほしいとプレゼンするんですよ。

    ユーザーID:6239037573

  • そういう方結構いるかも。

    外出する時は着飾って素敵な人だけれど家の中はゴミ屋敷とか言う人居ます。
    これ、不思議ですね。
    自分は綺麗に化粧して素敵な服を着るのだけれど、何故家の中は同じに出来ないのでしょうね?
    逆に外出時にはそれ程でもない格好で家のなかはピカピカの人も居たりしますね。

    でももしトピ主さんがお母様に汚さが分からないと同情しても、本人は散らかった部屋とかに何も感じて無い、其れが逆に居心地良いと思うので同情しても無駄だと思います。

    家の中はガサツにしておいても他人に見られないから良いや、でも外では人に見られるから、と人に見られる時の価値観だけが違うのかもしれません。

    中には心の病気の人も居らっしゃいますね。
    家を片付けられない人はセルフネグレクトとも言いますし、トピ主さんが知らないお母様の心に何かあるのかもしれません。
    でも外では人の目もありますし、そんな自分を隠すかの様に上品に偽っているのかもしれません。
    だとすると、お母様がそうなる心理に「何か」ある訳で、精神的なものなら一言で責められない様な気もします。

    もうお母様が昔からそうなら仕方無いというか。
    お母様の心理に何かあってカウンセリング必要だとしても本人がそんな事無いと言われればそれまでだし。

    結局は本人が其れでいい、と言うなら幾ら親子でも何も出来ない、と言うか。

    実際片方はきちんと整理整頓、片方は無頓着な親子結構居ますよ。
    私も何人か知って居ますし親戚にも居ます。そして整理整頓する方がいつも嘆いて居ますね。

    何の解決案でもないですが、別居でしか方法無いというか。
    結局は別居でも親子だから気になってしまうのでしょけれど。

    ユーザーID:5348589465

  • 今からでも言えない?

    私はこの時期、ゴールデンウィークの間はずっと断捨離してました。

    と言うのも、一人暮らしの息子が帰って来ていて、急に、この家モノ多いよな、思い切って断捨離しよう!と言ってきたからです。

    心の中では、あなたが大学で家を出た時も、就職で家を出た時も、お母さんが一人で全部あなたの部屋片付けたのによく言うわ、と思いましたが。

    それが、息子が中心になってやり始めたこの断捨離、まぁよく片付いたこと!
    見えないからここは手を付けなくていいやん、と思っていた倉庫まで。

    その時に、かなり言われました。

    自分ではいいと思ってた収納の仕方や、こんなもんまで置いてるのか!と言われた物が、本当にこんなもんだったことが、改めてわかりました。

    長く主婦をやっていると、家のことは自分が一番よくわかってる、結局やるのは私一人、などなど思い込んでいましたから。

    途中、大げんかにもなりましたが、家族の新しい目線、意見を聞くこと、もっと素直にならなければいけないこと、いろいろ考えさせられ反省しました。


    トピ主さんも一度、言ってみたら?
    もちろん、言うだけではなく、一緒に最後まで手伝ってあげるのも条件ですよ。

    ユーザーID:5499467386

  • それぞれ、一長一短

    確かにお母さんはがさつかも知れませんが、やはり、それぞれ一長一短があるのではないですか?

    私は、家事は人並みと言うか、叩きをかけて、掃除や拭き掃除、ガラス拭き、整理整頓はしています。

    ただ、私の場合、大変恥ずかしいんですが、あることをこらえられなく、自然にと言うか体質的に出るものがあるんです。

    それは、fart、即ち、おならです。その日によって違うんですが、本当に良く出ます。

    娘や夫にも呆れられます。トピ主さんのお母さんは家にいて、頻繁におならなどしませんよね、私は流石に他人の前ではぐっとこらえますが・・

    それがないのなら、まだ良い方だと思いますが・

    ユーザーID:1502319567

  • 無題

    食器の洗い残し・・・洗剤も洗い水も少ないエコを実践
    でも情報を流し読みだから、正しく出来ていない。
    そしてそれに気付いていない。

    扱いが雑で食器が欠ける・・・わざとしている。
    食器なんて壊れて当たり前、高価な品だから丁寧に扱うべき
    そんな考えは、ただのブランド好きの証拠。

    整理整頓が苦手・・・と言うより、捨てるのが嫌で苦手。
    自治に粗、大型ゴミの回収を依頼するのが面倒。
    又は、自分では整理収納しているつもりだけど
    その都度で適当にするから、何を何処に収納したか忘れた為
    もう片付け不可能状態。

    義母はこんな人です。
    食器の例は笑いました、義母も驚く所に小皿や急須を置いてます。
    ただ私自身が適当な人間なので、小言めいた生活上の注意が皆無なのでとても助かります。
    義母もお洒落で衣装持ちです。
    将来、あの大量の服とバッグの処理が想像だけで怖いです。

    トピ主は今は別世帯で、特に実害ないなら放置です。
    丁寧な生活の基準も生活上の優先順位も、お母様とトピ主とでは違うだけです、他人は変えられませんから、目を背けとけばいいだけです。

    ユーザーID:3428629962

  • 完璧で無いのに上品ぶる娘

    カーネーション様、こんにちは。

    外面の良いお母様への不満に折り合いをつけたいとのこと。

    そう難しい事では無いと思いました。

    例えば貴女様のご自宅、もしくはお部屋をご覧なさい。
    部屋の隅に埃は溜まっていませんか?
    窓のパッキンは真っ白でシンクは光り輝いているでしょうか。

    きっと潔癖症の方が見ればさぞ居心地の悪い部分が少なからずある事でしょう。

    お母様の血を継いでいると言うわけではなく
    何事もその人の価値観で判断されます。

    そんな細かいところまで、と思うなかれ
    貴女様の価値観ではブランドものの傷みは許せなくて
    シンクのくすみは許せてしまう。

    お母様はゴミ屋敷が許せなくて
    整頓できてない部屋は許せてしまう。

    潔癖症の方はどちらも許せないしそのどれもが許せる人もいる

    皆それぞれの価値観を持って生きていますが
    一様に外面というものを意識して化粧や服で身なりを整えます。

    人は変えられないが自分が変わる事はできると申します。

    潔癖症の方が持つ基準に合わせろと言われてもストレスに感じるでしょうし
    そこまでする意味がわからないと反発する気持ちを持つでしょう?

    同じようにお母様の基準を自分に合わせようとすると
    不満に思われること受け合い、
    ましてや60年以上持ち続けた感覚を今更変えようと言うのは無理と言う物です。

    これから頻繁に家に人を招く事にもならないでしょうし
    外ではきちんとしてらっしゃるのならさほど問題でもありません。

    で、あれば不満に思う貴女様が変われば良いだけのこと。
    折り合いがつかないのはどこか自分の基準より下回っているお母様を
    見下す心があるからです。

    もちろん度が過ぎているのであれば問題ですが許容できる程度のことなら
    相手を受け入れ、干渉しない。

    お母様の件に限らず、そうする事で気持ちの折り合いをつけてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:2928280702

  • 他者の問題を自分に持ち込まない

    うちの祖母もちょっとびっくりな汚宅ですが、念入りに化粧しておしゃれして外行くタイプですよ。

    義母も家の中無頓着でモノも溢れていますが、エステも化粧品も大好きで海外にいっては〇〇コスメとかお土産にいっぱい買ってきます。


    せっかく高い買ってるなら、もう少し家や持ち物のケアしたらいいのに…と思うこともありますが、一瞬ちらっと思うだけです。


    というのも、そのごちゃごちゃの家も部屋も食器も洋服も「自分のじゃないから」です。トピ主さんもいくらお母様とはいえ、汚れたり割れたりしてる食器は自分のじゃないですよ。
    自分の本棚に食器が入ってるわけじゃないですよ。

    それなら別にいいんじゃないですか。
    お母様にとってはそれが普通、それで本人が病気になったり不便を感じたら勝手に直すんじゃないかな。

    外でおしゃれしたり上品ぶったり(←この言い方、嫌悪感が表れてますよね。笑)する分、家で息抜きしたくなるんじゃない?


    世の中、完璧な人間はいません。
    他者の問題を自分に持ち込まないことで、気持ちの折り合いがつくと思います。

    ユーザーID:3001410031

  • ありがとうございいます。

    皆さま、数々のご指摘やご教示有難うございます。

    私は、乱雑な流し周り、汚れたゴミ箱、くすんだコップや欠けたお皿が
    食器棚に並ぶ・・・そういう家で育ち、そういう環境が当たり前だと
    思って育ちました。そういう汚れが気にならない、いや、汚れていて
    あたり前だったのでしょう。でも、成人して自分の家を持つようになってから、それはだらしのない部類の家なのだということに気付いてしまいました。
    たしかに同居をしているわけでもないですし、実害は
    ないので・・・実家のことは見て見ぬふりで過ごしたいと思います。
    できる範囲で整理整頓も手伝いたいと思います。

    少し話がそれますが、今まで私が服や食器を買っても、母から
    ”ずいぶん地味だね”、”貧弱なデザインだね”、などなど嫌みなのか
    けなすようなこともずいぶん言われました。そのくせ、母は自分の買ったものを”素敵でしょ””なんともいえない品があるでしょ”等と自慢します。

    今までは母の価値観を普通に受け止めていました。
    ”素敵な買い物をしたね”と母の買い物は褒めましたし
    自分の買い物は”地味だったかも”と後悔したりしていました。
    でも、母がだらしない、がさつな部類に入ると気付いてから、
    全く素直に母の価値観を受け入れることができなくなってしまいました。
    年老いていく母に優しくしなくては、とも思うのですが
    今までのように母に同調できず、むしろ疎ましく思ったり
    してしまうのです。そういう自分に嫌悪感も持ったりします。


    母のことをさらりと流せるような人間になりたいです。
    なにかコメントありましたら、引き続きよろしくお願いいたします。

    ユーザーID:7889196103

  • あなたとお母さんは全く別の人間です。

    何に価値をおくか、何を大事にするか、違っていて当たり前です。
    お母さんはおそらく過去を生きているでしょうし、あなたは現在を、そして未来を生きるのです。

    自分のセンスに自信を持ってください。
    自分が使うものや身につけるものは、自分が好きなものを選んでください。
    お母さんの意見は関係ありません。
    お母さんが自分のために買ったものを、「お母さんにはそれが似合うよ」「お母さんの家にはこれが合うよね」と言っていればいいんです。
    私には…っていうのは、自分の心の中に留めて、でもしっかり迷わないように持っておくんです。

    お母さんとあなたは別の人間。
    価値観が違うのは当たり前で、お母さんに認めてもらう必要はないのです。

    ユーザーID:6239037573

  • 2度目です

    トピ主さんのレスを読みました。
    なるほど、トピ主さんには「理想のお母さん像」があるようです。
    自分の事を受け入れてくれて、無条件に愛して、的確に褒めてくれる、そんなお母さん像を作りあげていませんか?

    残念ながら、それは幻です。

    トピ主さんが無意識のうちに作り上げた理想像にすぎません。

    しかし現実のお母さんは家事は苦手だけど家族の世話をして、子供にひもじい思いはさせなかった。
    トピ主さんの買い物を褒めなかったのは、おそらくお母さん自身の自己評価が低いからでしょう。
    娘だけがお母さんの自慢話を聞いてくれる人物なんじゃないのかしら。
    家事が苦手で自己評価が低く人間関係も不器用だけど、トピ主さんには愛情を注いでくれたと思いますよ。

    相手の価値観をそのまま受け入れる必要はないのです、ただ、ああ、お母さんはそれがいいのね、と思うだけで大丈夫。
    否定しない、矯正しようとしなければいいのです。

    親や子供、配偶者などの身近な人に「こうなって欲しい」と理想を描くのはごく当たり前です。
    しかしどんなに近しい人間でも別人格なことを忘れないで下さい。

    ユーザーID:4957943834

  • 2回目のレスです

    トピ主さんのレスを読み、なぜお母様に嫌悪感を持ってしまうのかちょっとわかったような気がします。

    それはトピ主さんがお母様の価値観を認められないのと同時に、


    >今まで私が服や食器を買っても、母から
    ”ずいぶん地味だね”、”貧弱なデザインだね”、などなど嫌みなのか
    けなすようなこともずいぶん言われました。

    といった「自分の価値観を認められない」からではないでしょうか?

    こういうお母様からの「地味」とか「貧弱」といったコメント(コンプレックスの裏返しからくる嫌味かもしれないし、単に本人の感想を言ってるだけかもしれませんが)は、トピ主さんの領域に踏み込んだものなので若干イラっとくるのは分かります。


    こういう時、軽く「お母さんからみたら地味かもね。でも【私は】気に入ってるんだ」「【私は】シンプルで気に入ってるんだよ」という風に軽く言い返してもいいかもしれません。

    これは【私が】選んだもの、自分の家のことは自分で決めるの、というトピ主さんの【自分のスタンス】を提示するだけでもちょっと心がスッとしませんかね。

    トピ主さんは他者(今回はお母様)と自分との領域に踏み込まれたり踏み込んだりで疲れているのだと思います。
    別に母の価値観といえど「受け入れる」必要は無いと思います。ただ「そういう人もいるのね」って認める、知るだけでいいのだと思います。

    ユーザーID:3001410031

  • 自分の人生に集中!

    母親ってそんなもんですよね。
    私も自分の母親に苛烈に常識やしつけを教えられて非難されてけなされてきたので
    随分私も他者をこきおろす人間になってしまっていました。

    結婚してから分かったことは、母親は別に偉くもなんでもない、ということです。これをもっと早く気づきたかった。でも家にいたせいで私が幼くて気付けなかったです。

    トピさんはそういうお母さんです。過去の非難に傷ついたでしょうけど、もうお母さんは年取っていくばかりだし、年取っていくと子供っぽくなるし体力が落ちてますます家は汚くなりますよ。だから、そういう母だったんだなって理解してあげたらどうでしょう。ただそれだけです。あとはご自身の人生を幸せにしてくださいね


    私も母を理想化してみていたので、結婚して自分の母と離れてから、自分の母と普通の世の中の母親とのギャップに気付き、これまでの価値観がひっくり返ってしまいとても悩みました。私は母にダメ出しばっかりされていたから、自分の母親が一番立派って思ってあがめていたんです。それが・・別に偉くもなんでもない、尊敬してあがめる必要のない普通の欠点のある女性だった・・

    あなたはもう、精神的な自立の時です。
    あなたはあなたの人生、お母さんはお母さんの人生。
    目に余るほどのごちゃごちゃなら、アドバイスをしてあげればいいだけです。
    自分の人生に集中!

    ユーザーID:8913064194

  • ただ「ガサツだから嫌」というだけの問題ではなさそう

    トピ主さんがお母さまに嫌悪感を抱くのには、根の深い理由がありそうですね。

    初めのトピを読んだだけ時は「別にそんなお母さんでもいいじゃん」と思ったのですが、トピ主さんのレスを読み、何かお母さまに対して恨みにも近い感情があるのではないかと察します。

    ユーザーID:8240178023

レス求!トピ一覧