• ホーム
  • 話題
  • 「あなた、お坊ちゃんだよね」という同僚の言葉。

「あなた、お坊ちゃんだよね」という同僚の言葉。

レス57
(トピ主2
お気に入り68

生活・身近な話題

らんかすたぁ

こんにちは。
27歳男です。
質問に目を留めていただきありがとうございます。

いま、職場の同僚(50代の女性)に「あなたはお坊ちゃんだよね」とよく言われています。
きっかけは、昼休みの雑談でたまたま、「奨学金をもらわずに両親に大学の学費を出してもらった」という僕のエピソードをその方に話したことでした。その方は「うそぉ、あなたの家ってお金持ちなのね!お坊ちゃんね」と言ってきたのです(実際はそこまで裕福でもありません。一般的な家庭だと思います)。

それから事あるごとに僕をお坊ちゃんと呼んできます。
昨日、今後のキャリアプランとして会社の海外営業部に異動したいことをその方に話したら、

「あそこはキツいよー?あなたは自分で思ってるよりずっとお坊ちゃんだから、多分つぶれるよ」

と言ってきて…正直、かなり不愉快になりました。

調べたら、お坊ちゃんというのはどちらかと言うと悪口で、世間知らず、苦労してない、という意味で使われるそうです。
でも…自分のことを苦労人とは呼ぶつもりはありませんが、働きながら大学に通って資格を取り、転職を経験したり、全く畑違いの部署にいたときもあり…苦労しているかわかりませんが、努力して得た人生だったと思っています。
なんで、お坊ちゃんだなんて言われなきゃいけないんですか?

ちなみに、僕自身のことを言うと、気を使いすぎたり、丁寧すぎてどう接したらいいかわからなくなる時がある、と言われたこともあるくらいです。
反面、こいつは接しやすいと思っていただける事もたくさんあり、不器用な性格なのですが、周りに助けられて生きてこれました。

ただ…その同僚の言うとおり、僕がお坊ちゃんだとしたら、もう幸せになれないような気がして…
お坊ちゃんに見える人なんて女性から好かれるわけないし、という感じで、トビウオの大群のごとく様々な考えが頭をぐるぐるしてしまっています。

ユーザーID:8278953224

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数57

レスする
  • 追加です。

    どなたか、お坊ちゃんっぽい僕にアドバイスをいただけませんか?

    今まで、人に嫌われないように人に接して、挙句嫌われたりして、恋愛もうまくいかなくて、だらしなくて、気弱で、優しすぎるとよく言われ…という人生でした。
    友人や家族のおかげで本当によく生きてこれました。今の仕事は好きです。
    人生に悔いはありません。今後も成長を重ねて、また成長していく…という決意のもと、生きてるつもりです。

    でも、、、お坊ちゃんという一言が、ずきりと突き刺さり、今までの人生を否定してきました。
    優しさを捨てればいいんでしょうか?悪くなればいいんでしょうか?バカになればいいんでしょうか?さっぱりわかりません。

    どなたか、アドバイスを、お願いします。

    ユーザーID:8278953224

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • たった一人の同僚の意見なのに

    気にし過ぎじゃないですか?
    何でそんなに気弱なの?
    今までもそうだったんですか?

    お坊ちゃんかどうかってより、他人のネガティブな意見にすぐ振り回されてるようだと、確かに異動は大変なんじゃないかと思います

    もうちょっと自分に自信持ちながら生きていくのが大事だよ

    ちなみに私は特にお坊ちゃんだとは思いませんでしたよ

    ユーザーID:7406107251

  • 優しさは必須。

    ご自分の中に核がないんですよ。
    坊ちゃんと言われてしまい、もうぼろぼろ。
    謙虚も必要だけど、ご自分を持っていればそんな言葉に右往左往しないはず。
    そして優しさは必要です。
    強い人が優しくなれます。
    今抱えてる悶々とした心境が深い海に溺れている状況だとしたら、溺れながらも暗い海の底にある宝物をつかんで戻ってくるみたいな、俺はただじゃ起きないぜってくらいの心意気で毎日を過ごしてほしい。
    今がチャンス。ぜひここをステップアップしてほしいです。

    ユーザーID:9363806041

  • お坊っちゃまとは違います

    毎年2回は海外旅行に行って、都内に自宅を持ち(山手線の内側かそれに近い)お母さんは専業主婦で自宅でサロンを開いているお家の子ってならそうでしょう。立派な坊っちゃんです。

    ですが「お子さんには十分な教育を受けさせたい」と、日頃から質素な暮らしをして学費を貯めた親御さんもいるんですよ。

    同じ奨学金制度を使わなくても、両者の立場はは全く違います。トピ主さんがどちらかは分かりませんが、それだけで「お坊っちゃま」とは言えませんよね。

    ですが問題はそこじゃなく、ただ若い男性を構いたいおばちゃんの行動と戯れ言に聞こえました。おじさんが若い女性をからかう逆パターンですね。トピ主さんは真面目そうなので、きっと真に受けてしまうのでしょう。

    今度「お坊っちゃん」と言われたら『しつこいなあ、婆やは』と心の中で返事しましょう。くれぐれも実際に声出しちゃダメですよ。

    ユーザーID:6610779312

  • 仕事で結果を出すしかない

    実際に海外営業部に行き、そこで成果を上げて見返しなさい。

    そこでクヨクヨ悩んじゃう打たれ弱さが、お坊ちゃん気質なんじゃないですか?

    ユーザーID:9289897618

  • 話題ランキング

    その他も見る
  • あくまでその人にはその人の基準がある

    その五十代の女性、大卒ではないでしょう。だから、大学を親の出費だけで卒業したというと、お坊ちゃんだというのです。出ていない人から見たら、大学を卒業しているだけで、雲の上の存在なんです。しかしそれはあくまでその人の基準であるだけで、社内のスタンダードや世間のスタンダードはまた別物です。
    大卒が八十パーセント占める会社なら、あなたのような人材は、スタンダードだというだけです。

    私自身、「あなたは恵まれていたのよ」とある病院の看護師さんから言われたことがあります。看護師さんから見たら、うらやむ何かがあったんでしょうね。私はただの短大卒ですが。

    あまり相手にされないほうが良いのではありませんか。社内の中で、その人が基準になるわけではないと思います。

    ユーザーID:6848208968

  • 気にしすぎ

    世の中、そんなつもりはないを言い訳に不愉快な言葉を吐く人はいっぱいいます。
    私もあなたもそうかもしれない。
    知らずうちに誰かの怒りを買ってるかもしれないのよ。

    気をつけなければいけないことだけど、
    たかが一回言われただけでウジウジ悩む必要なし。

    海外事業部に行きたいんだから、
    あなたはそこに行って頑張ればいいだけでしょ?

    骨のあるお坊ちゃんねと言われるかもよ〜。

    ユーザーID:2797636586

  • 頑張れ

    同僚で大学でた人はいないのですか?
    で、みんな奨学金なの?
    じゃなく、親が払ってくれた人もたくさんいるでしょ?
    それくらい冷静に考えたらわかりますよね?

    そう言うところが、お坊ちゃん扱いされる所以ではないのかな。
    苦労知らずでなく、世間知らずなんじゃなあかな。


    >…自分のことを苦労人とは呼ぶつもりはありませんが、働きながら大学に通って資格を取り、転職を経験したり、全く畑違いの部署にいたときもあり…苦労しているかわかりませんが、努力して得た人生だったと思っています。

    ⇒うん、スキルアップのための努力であり苦労人ではないね。

    で、一つ気になるのが、働きながら大学行ったとは?
    4年生とは別の大学にまた行ったのでしょうか?何年間でその間の生活費や学費、身の回りはどうしてたのです?全て自力なんでしょうか。それによってはお坊ちゃん扱いされても仕方ないかも知れませんね。


    世間知らずな人には、私もお坊ちゃんって言ったことありますよー。
    女性にはお嬢ちゃんかお嬢さんです。
    私もあなたが同僚だったなら、お坊ちゃんって言うかも。。。

    だって↓の発想するんだよね?
    >ただ…その同僚の言うとおり、僕がお坊ちゃんだとしたら、もう幸せになれないような気がして…
    お坊ちゃんに見える人なんて女性から好かれるわけないし、という感じで、トビウオの大群のごとく様々な考えが頭をぐるぐるしてしまっています。

    まだ27才だから、世の中をあんまり知らないんだろうね。大丈夫、世間にはお嬢ちゃんもいるから、気が合うのでは?

    社会人として男として、一人前になりましょう。そして助けられる側でなく助ける側に成長しましょう。頑張れ、若者よ!

    ユーザーID:7821388319

  • 可愛いが故のからかい、もしくは嫉妬?

    直接会ったわけでもないので断定できませんが、その女性に反応を面白がられている様な気がしました。
    自分の人生の半分くらいしかまだ生きていないトピ主さんが可愛く見えているのではないでしょうか? 最近は減りましたが、おじさんがよく気のある若い女の子をからかいますよね。あの逆バージョンです。

    またはその方は学歴がトピ主さんほどないので、羨ましいのかもしれません。その方は同僚ということなので、出世できていないのですよね。
    2、30年後に今の小学生たちと同じ立場で働くご自分を想像してみてください。劣等感を感じませんか?

    嫌悪感を示さず、毅然とした態度で実力を発揮して成果を出していけば、将来ご自身の味方についてくれる人になるかもしれませんよ。

    ユーザーID:4947693809

  • 「お坊ちゃん」じゃなくて、「打たれ弱い」んだと思う。

    その女性の言動に翻弄されてますね。
    彼女があなたを何度「お坊ちゃん」と表現しようが、
    「自分は自分。お坊ちゃんではない。」と堂々としていればいいのでは?

    それができず、うろたえて悩んでるあなたは、ただ単に『打たれ弱い人』、
    もしくは『世間の荒波を超えていく度量の無い人』だと感じます。

    >お坊ちゃんというのはどちらかと言うと悪口で、世間知らず、苦労してない、という意味で使われる

    悪口だろうが、別に言わせておけばいいのに。
    そんな人の言う事を気にしてる暇が合ったら、仕事に役立つ勉強をして見返すとか、そっちに労力割けば?

    ユーザーID:5370251974

  • 勇気がいるかもですが

    あなたがお坊ちゃんっと言われて不快に感じていることがまず相手の方に伝わっていない気がします。
    相手の女性は50代と言うことで多少、ご自身人生の中で色々と分かった「つもり」であなたを正しく判断しできている「つもり」なのでしょう。

    今度、同じようなことを言われた時、あえて一旦そこで沈黙を作り、会話を止めて「あの、ずっとお聞きしたかったんですが、そのお坊ちゃんとはどう言う意味で私におつかいなんですか?」と伺ってみてはいかがでしょうか。
    出来れば、不快な感じをしっかり出した方がいいです。
    声をいつもより低くするとか。

    でも大きな音を立てたり、物に当たるとかはやめてくださいね、子供っぽいので。
    「え、どう言う意味ですか?」とだけ言って相手の出方待ってもいいかもしれないです。
    ひょっとしたら、回答ではなく、コドモを怒らせちゃったわ、くらいに窘められる言い方しかされないかもしれませんが、それならそれで…。
    「おおーさすが『年配の』女性は人を見る目が違いますね」くらいの嫌味を返してみたらいかがでしょうか。
    あとは彼女と対等に話せる人に親しい方がいるようなら「彼が悩んでいるから言わないほうがいい」みたいに注意してもらえないか頼む、とか?

    ユーザーID:8877023187

  • 追加レスを読みました

    ダメダメ、たった一人の一言でやさぐれちゃ絶対いけません。優しい家族の中で育った事に自信を持って!

    今のままで良い。変な方向に行ったら損するのはあなたですよ。

    ユーザーID:6610779312

  • 気にしない気にしない

    同僚と言っても50代の女性ですよね。
    その女性が若い時は大学に行けるだけでお金持ちだったとか?
    まあ実際は知らないですけど、ジェネレーションギャップだと思っておけばいいと思いますよ。
    また言われたら、〇〇さんの時代はそうだったんですねー。今は普通ですよー。とおばさん扱いしちゃいましょう。

    ただその同僚の言葉だけでここまで気にするなんて、たしかに少し繊細過ぎるような気がします。
    優しさはそのままに鈍感力を磨きましょう。

    ユーザーID:0684524722

  • そのくらい跳ね返そう

    相手は軽い気持ちでちょくちょく言ってるだけかもしれないですね。
    昔、周囲でもいたなあ。
    「彼はボンボンだから」「お前はボンボンだから」って言われてる男性。
    大して裕福でもなかったみたいですけど、親御さんがそこそこ地位のある職業に就いていたからだったみたいです。
    確かにその時の彼もよくぼやいてましたけど、できる範囲言い返してましたよ。

    「いや、ボンボンじゃないです」「よくそれ言われますけど全然ボンボンじゃないですから」とかって。
    それで言わなくなる人もいるけど、言い続ける人もいる。
    後者はもう諦めてましたね、どうでもいいやって。

    気にし過ぎに一票です。
    不快なのを我慢すればいいのか?ってそこでまたカーッとこないこと。
    世の中、流すべき雑音というのもあります。
    「ああ、この人にとってはお坊ちゃんに見えるんだなあ。違うのに」って思ってかわしていけばいいと思いますよ。
    できれば毎回「お坊ちゃんじゃないですよ?」っておうむ返ししながら。

    >実際はそこまで裕福でもありません。一般的な家庭だと思います。

    これも言いましょう、ハッキリと。
    「あなたは自分で思ってるよりずっとお坊ちゃんだから」なんていうのには「そうですかね。じゃあお坊ちゃんパワー見せればいいですか?」とでも皮肉で返すのだっていいかも?よ。

    ユーザーID:7097978536

  • 気にしていることがすでに「お坊ちゃん」

    お坊ちゃんねって言う時は苦労知らずっていう意味ですが、苦労して大学を出たとかそういう事じゃなくて、人間関係で苦労してないときにも言いますよ。

    ご自分でも

    >不器用な性格なのですが、周りに助けられて生きてこれました


    とおっしゃってます。人に裏切られたり嫌な思いをさせられたことが少ないんじゃないですか?


    もし本当にご自分が苦労人だと思うならこんな同僚の一言にここまで悩まないんですよ。これくらいで悩むという事はこれ以上の苦労は過去にはなかったということですよ。


    でもご希望通り海外営業部に行ったときにこの同僚以上にすごい人がいたらどうするんですか? こんな同僚の一言に不愉快になるようでは大変じゃないでしょうか。

    ユーザーID:9132421461

  • 「聞き流す」精神的強さが必要です

    「お坊ちゃん」と言われたら、「あ〜、そうですか?」と
    いつも、返事して聞き流す。

    人間的にできた人だと、その女性のような言葉は、言いません。
    代わりに「恵まれた環境でよかったね」と言います。

    ですから、そのような人に惑わされない精神力をつける
    ことが、これからの人生に大切ですね。

    いつも、自分の人生で、何が大切か?と優先順位を考えながら
    生活してみたらどうでしょう?

    ユーザーID:2553344916

  • お坊ちゃんで何か悪いですか?

    人の定義はさまざまです。

    あなた自身は言われて抵抗、反論があってあたりまえ。

    でも、はい。それで?でいいのではないですか?

    苦労や経験を語れば、そりゃあそんなことで?なんて言われてしまう可能性は多々(働きながらでも大学に行き、資格をとれるということがどれほど幸せかわかっていないから)


    私は恵まれています。頑張ります!

    でいいのではないですか?

    あなたが希望する部署でつぶれても、その人はそれみたことか、というかもしれませんが、だからなに?挑戦したいと思えることが素敵だとおもうし、頑張ってみればいいんじゃないかな?

    どこでも”お坊ちゃん”って言われるなら、言動が”鼻にかけてる”ってことだから注意は必要かもしれませんが。


    そこにこだわっている限り、一皮むけません。
    受け入れてみたら、だからなに?っていえますよ。万人に受け入れてもらう必要はないんです。

    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:6788193274

  • 解釈次第デスね

    かつて職場に、男性新人が就職してご挨拶すると「お坊ちゃま」と呼び、続けて「親に感謝しなさい」と言う同僚がいました。年配女性で受け取る人によるとは思いますが、他意はなくどうやら挨拶代わりのようでした。
    確かに「親に感謝しなさい」は間違いないので、トピ様もどうぞ、そう解釈なさってお励み下さい。

    ユーザーID:1444722185

  • はっきり言ってみれば?

    「お坊ちゃんじゃないですよ」「奨学金もらわないとお金持ちなんですか?じゃあ、ほとんどの人はお坊ちゃんとお嬢ちゃんなんですね」などなど…軽く言い返してもいいと思いますが。
    その女性も嫌ですが、トピ主さんも弱過ぎます。もう幸せになれないなんて、何故そんな発想に繋がるのか分かりません。その弱さがまた更にお坊ちゃんっぽいと思われる要因ではないでしょうか。
    うちの息子は中学生の時、部活の先輩の女子達に「坊ちゃん」と呼ばれた事がありました。
    たぶん物静かで、男子にありがちなバカなノリには入らない感じの子だったからと思います。
    息子は「その呼び方止めて下さい。そう呼ばれても自分の事だと思いませんから反応しませんよ」と言ったら、その後は坊ちゃんと呼ばれなかったそうです。

    ユーザーID:7386898565

  • ガラスのハートの持ち主だから

    裕福だからお坊ちゃんと言われたのではないです。ずばり打たれ弱いのを見抜かれているからです。

    気配りは良い事ですが、こちらが恐縮するほど気を使い過ぎる人は、自分が傷つきたくないという保身からの気の弱い人が多いです。

    トピ主さんのような人は、自分の何気ない一言で思い悩ませる事があるのでお坊ちゃんと思って接しています。

    そんなちっさい事で悩まない、考え過ぎない!

    ユーザーID:1864562777

  • いいんじゃないですか

    海外営業部、いいんじゃないですか。

    「お坊ちゃんには務まらない」と言われたら、「お坊ちゃんと言われなくなるために行くんですよ」と笑って返したらいい。

    1人の意見に左右されすぎない、
    極端なイメージ先行で思ったこと言う人っていますけど、その人がトピ主さんの人生の責任取れるわけじゃないし、鷹揚に対応していいんですよ。

    ユーザーID:7792271441

  • 主人は「ぼく」だった

    新卒で就職した主人、女性ベテラン職員から
    「ぼく、慣れた」とか。「ぼく、頑張ってる」とか、よく声を掛けてくれたそうです。
    当時は「ぼくってさぁ、もう10代じゃあるまいし」と複雑な感情でしたが、他の人に聞いてみたら、声を掛けてくれるのも有難いでしょうと言われ、明るくはいと答えていたそうです。
    もう主人は定年を過ぎました。

    ユーザーID:1444722185

  • 気にしすぎです

    その同僚さんの言うことが全てなんですか?

    しかし少なくとも50過ぎの人を同僚と言う時点で主様はわりと世間なれしていないというかね。たとえ職種が同じでも人生的には先輩です

    私も50過ぎですが20代なんてみんなお坊ちゃんお嬢ちゃんです。かわいいよねえ。まだまだ苦労もしていないし。言わないですが

    それに人は見かけによらない。奨学金エピソードだけでぼんぼん扱いする人も視野が狭くて思い込みが強い。あなたがやりたいならやればいい。自分をしっかり持っていたらいいだけです。

    その人は学費とかで苦労してるんでしょうね。お坊ちゃん発言は自分周辺と比べてなんで気にしなくていいです

    昔、大学で先輩に「青いな」と言われてすごくショックだったという同級生がいましたが私からみたらその人はすごくしっかりした人。自分でもしっかりしてる自信があったからショックだったのかなと思いました。
    先輩からみて足りないところがあるのは当たり前だと思うのですけどね

    人生まだまだこれからですよ。同年代の人に言われたならともかく50のおばちゃんに言われたなら気にしない。沢山経験積んでより大きい人になってくださいね

    ユーザーID:8030159038

  • 品が良いということは良いことです(笑)メンタル強くもつ。1

    50代のおばちゃんの言葉に振り回されては駄目ですよ。

    「おぼっちゃん」は人によって揶揄していっている言葉かもしれません。これは多分に嫉妬が含まれています。でも、ご自身が書いているように努力苦労もしている。どなたがかいうように「 ばあやが戯言を言っている」と思いましょう(笑)

    ある意味、「家が良くて品がある人。」という風に見えているということです。これってにじみ出ている人間性が素敵なことです。

    借金を子供に負わせないキチンとした家庭。丁寧な物腰言い方をする品のある男性。そして努力家で誠実。海外営業部希望。とぴ主さん、女性にはモテる条件だと確信いたします。

    ただ、書いてあることを読むと「おぼっちゃん」という一言で凹むほど繊細で気が弱いですね。「お、お坊っちゃんなんて光栄な・・・俺、育ちがいいように見えるっすか。ありがとうございます(ニヤリ)。○○さん(50代のばあや)も美人だし品がいいっすね(褒め殺し)。」位さらっといえるように、経験と知力、メンタル鍛えましょう。

    ちなみに、私の周りでは奨学金もらわず親が出してくれるのは当たり前でした。都内で生まれ育ち自宅があり奨学金なしで4大卒。地元友達もみんなそう。お嬢ちゃんで結構。少なくとも悪いよりいい。

    トピ主さん、メンタルも強くするほうがいいですよ。海外に接しているとばあや(笑)なんか問題にならないほど、いろんな人います。「おぼっちゃん」を気にしているメンタルが「甘い!甘いよ!そこがぼっちゃんと言われる所以よ!」と思う。揶揄に負けちゃ駄目。さらりとかわす。ニヤリと笑う。

    とぴ主さん、27才ですか? あと10年後楽しみですねぇ。
    絶対に海外事業部に行きましょう。そしてバリバリ活躍してください。そのときには素敵な女性が隣にいますよ。

    ユーザーID:3298609345

  • それは、単なる若い子に相手をしてもらいたい、オバちゃん(笑)

    50代前半の女性です。

    私が読む限りでは、トピ主さんがどうこうと言うより、その同僚さんが若い子に絡んでいるだけに感じます。トピ主さんに好意を持っているか、マウントしたいのか、はたまたその両方か。

    その方、独身だったりしませんか?
    若い子に相手にして欲しくって、ちょっかい出しているようにしか見えないんだけれどな。

    とるべき対策は、気にしないこと!
    あと、できるだけ接点を持たないこと。わざわざ自身のキャリアプランなんて相談しなくて良し!
    もし「あなたお坊ちゃんだから」発言が出たら、「あー、またオバはんが何か言うとるわ。相手して欲しいんやなぁ。」と、哀れんでください。
    その人の言うことに、惑わされてはいけません。
    自分に自信を持って!

    ユーザーID:7392840370

  • 気にしすぎ、これにつきます

    奨学金を借りないで大学を出た、これくらいならば一般的にはお坊ちゃんとは言わないかな。
    んなこと言ったら私もお嬢様です。
    「金はない」と言われながらも教育が子供の未来を開くという考えの両親だったので、切り詰めて私を私立大学まで出してくれました。

    まぁでも…「家計の事情で負担してもらえなかったので…」という方から見たら、お坊ちゃんとも言えるのかな?
    一方、20年30年前と比べたら学費も上がり、賃金は上がらない家庭も多いのは事実で、学費を負担できる家計の状況を作ってくれたトピ主さんの親には感謝してもいいかもしれないですね。

    そちらの女性も、トピ主さんより学費に苦労した過去があるのかもしれないし、
    もし、ないのだとしたら、トピ主さんのその繊細すぎる、過敏に反応しすぎることを指して「坊ちゃん」と言ってるのでは?
    「お坊ちゃんだったら幸せになれない、女性に好かれない」とまで考えるのは少し行き過ぎだと思う。

    ちなみにうちの夫は資産家の息子でリアル坊ちゃんですが、家庭環境には恵まれず精神的には苦労しました。
    多感な時期に家庭はぐちゃぐちゃで両親にたらい回しにされ、ろくに勉強もできず、かなりの遠回りと努力をして医者になりました。しかし研究者肌で薄給の医者です。
    リアル坊ちゃんなので私もたまに「お坊ちゃま!」などと弄ったりしますが、そんなの気にせず研究と臨床に勤しんでます。
    小柄でちょっと丸くてイケメンでもないし、稼ぎも少ないけど、そんなメンタルが強く優しく努力家の夫を私は尊敬してますし、私といて幸せだと感じてもらえればいいなと思っています。

    その女性はしつこいし、不愉快になるのも理解できるけど、スルーして、ぜひ自分の仕事に邁進してください。
    邁進してるうちに気にならなくなるし、そのうち邁進してることが幸せになるし、その先に素敵な女性も待ってると思いますよ!

    ユーザーID:3000193807

  • せめてその女性相手に言い返せるよう訓練

    長所は短所にもなるし、その逆もしかり。あとは自分でどう折り合いをつけていくかだと思うんですよね。別に優しいのがダメなわけではないです。

    ただ、お坊ちゃんと言われたくらいで、ぺしゃんとなってしまうメンタルでは、少なくともその海外営業部というところではとてもやっていけないのだろうなという気がします。

    優しさを捨てようとする必要はないけれど、せめてその女性に対抗できるようになる、というのを当面の目標にするのはどうですか。不愉快や怒りをぶつけるのではなく言い返すんですよ。
    自分のコンプレックスを無神経かつ厳しくついてくる相手。しかも上司でもないから気をつかう必要もないし、子どもみたいな年下男性相手に多少のことでは傷つかないはず。いい練習相手だと思うのですが。

    ユーザーID:0029053605

  • お坊ちゃまになりたかった。

    恐らく中年おばさんはあなたのことが羨ましくてしょうがないんだよ。

    自分がお嬢様でなかったから。

    両親に大学の学費を払ってもらったくらいで、お坊ちゃまだったら、ワシもお坊ちゃまだ。

    私立医学部の学生は全員お坊ちゃま、お嬢様だ。
    実際、本当のお坊ちゃまばかりだ。

    ワシは学生時代車の免許もなかったから、マイカーはなかった。
    同級生は外車を乗り回していた。

    トピさんのレベルはお坊ちゃまなんかじゃないよ。

    同僚のおばちゃんが貧乏すぎる。

    ユーザーID:9713858057

  • 海外に派遣されておかしくなるのは・・・

    その50代の困ったおばちゃんのことはさておき・・・
    トピ主さん、あのね。そんなおばちゃん一人に対処できないでおたおたしているのでは、海外に行ったら、もっと大変ですよ。

    私は海外小町ですが現地採用組で、日本から派遣されて来た正社員を何人も見てきました。圧倒的に男性の方がメンタルが弱かったです。精神的にやられてノイローゼになり、体調もくずして数年で日本に逃げ戻るのは、独身、20代後半から30代前半の日本人男性ばかりでした。現地採用でも日本からの派遣でも、女性はしぶとくて、おかしくなる人はごくまれでしたよ。

    おぼっちゃまを気にするよりも、現実に海外に派遣された場合に困らないように、英語を磨くとか、行きたい国の言葉を今から習うとか、そっちに力を注ぐ時でしょう。ちなみに海外でノイローゼになる場合、最大の理由は「現地の人と会話できるほどの語学力がなかった」につきます。相手に日本語を求めるのではなく、こちらが相手の国の言葉をどんどん覚えるしかないです。がんばってね。応援しています。

    67歳の女性より。

    ユーザーID:7503844636

  • 気にしない

    こんにちは
    嫌な思いをされましたね〜
    わたしがまだ30代の頃、結婚して住宅販売会社にパートとして入社しました。そしてある日そこの本社に研修に行ったのですが、休憩時間になって急に若い女性社員が私の所へやって来て「あなた、苦労知らずでしょ〜、そんな顔してる〜」と笑って言うんです。はぁ?驚くと共にとても悔しくて。あなたが私の何を知ってるの?苦労しました、こんな風にあんな風にって、いちいち初対面の他人のあなたにエピソードをどうして話さないといけないの?って。帰って1人で家で泣いた事を思い出しました。

    さて、そのおば様の事ですが、気にしないでいいんです。みんな年をとると余計な事を言いたくなります。
    言わなくてもいい、ほんとに余計な事。
    あなたはまだ27歳だし、確かにおば様より世間を知らない。でも時代が違う。そしてそれぞれ家の事情も違うのです。彼女の勝手な思い込みで色々言われても知ったこっちゃない。
    気にしない気にしない。
    知らん顔していればそのうちそんな余計な話はしなくなるでしょう。お疲れ様です。
    希望の部署に移動出来るといいですね。

    ユーザーID:8472725988

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧