音楽理論を勉強したいのです

レス6
(トピ主0
お気に入り21

趣味・教育・教養

音符ちゃん

音楽理論を勉強したいと考えております。


【前提】
ピアノ歴 合計10年(子ども時代 5年 / 成人後 5年)
合唱歴  合計15年


基礎の基礎の楽典は理解できます。
(音符の読み方、拍、音楽記号その他の本当の基礎部分)

ネットの動画配信サイトなどでも「音楽理論」がたくさんありますよね。
ただ、クラシック方面のピアノを主にやっていくためには
コード進行というのは必要でしょうか?

コード進行、難しくて・・・。
ただ、難しくてわからないからこそ、もやもやしてしまうのです。

芸大和声という本も持っていますが、これもまた難しいですね。

【質問】
★クラシックピアノをやっていく上で、コード理論は勉強するべきでしょうか?

★音楽理論を自習するために、おすすめの本があれば教えてください。
(自習し、わからないところはピアノの先生に聞いてみます)


★うまく言えないのですが・・音楽理論の動画を見たり、持っている本を開いても

「どうして?どうして?」という素朴な疑問がわき上がってきてしまうのです。

たとえば「五度圏」だって、「どうして五度ずつなの?」と、そこがモヤモヤでずっと腑に落ちませんでした。
どうやらピタゴラス時代の話が元らしいですね。

理論を理解、暗記したい。。。というよりも
どうしてそういう成り立ちになったの?
誰が理論を組み立てたの? そういう感じの疑問もいっぱいなんdせう。


言語の場合、「文法ありき」ではありませんよね??
音楽の場合も、「理論ありき」ではありませんよね???

伝わりますでしょうか・・・

ユーザーID:6037990546

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
  • お気持ち、とてもわかります。

    私も長年ピアノを習っています。
    沢山の曲をレッスンしてきましたが、詳しい音楽理論を知っていたら更に楽しめるのにと思う事があります。耳で聞いて気に入った曲を自分で楽しむ時にも、伴奏付けがもっと上手く出来たらと思います。トピのお答えになっていなく申し訳ありませんが、私と同じ思いの方がいらして嬉しく、レス致しました。
    お互いに、良い音楽理論の本に出合い、これからもピアノを楽しみたいですね。

    ユーザーID:5691434863

  • 疑問の回答になりますか?

    DTMの打ち込みや音楽の本も読んだので、その範囲で

    >コード理論は勉強するべきでしょうか?
    楽譜を見て演奏するだけなら、無理に勉強しなくても良いかと。

    私はピアノが上手な人は、弾いている小節やフレーズが、ドミソ(1)やドファラ(4)など、どの和音(コード)でできてのか、分かるのだろうと思っていました。

    編曲をするなら、使われている和音が分からなければ、どんな音を追加すれば良いか、感性でしかわからないと思います。

    作曲をするならコード進行が基本です。

    1→5→1のコード進行は、教室で「礼」をするときに使いますが、最後にきちんと「終わる」安定したコード進行です。

    曲を気持ちよく進行させたり、不安にさせたり、変わった感じを出したり、きちんと終わったり、中途半端な終わり方をしたり、など全部コード進行で決まります。

    ギター曲やポップスなどでも、コード進行は重要で、コード進行を解説した本はたくさんあります。

    >どうしてそういう成り立ちになったの?
    昔、本か雑誌で、何故12の音階ができたのかを読みました。弦のいろんな箇所を抑え、ハモる2音を見つけて音階ができていったようです。

    最初に体系化したのがピタゴラスなので「ピタゴラス音階」があり、完全にハモる「純正律」もできました。バイオリンなど弦を押さえる位置が決まってない楽器は(自然に)純正律で演奏でき、転調も可能です。

    でも鍵盤楽器は「ハ長調」の純正律で調律し、ハ長調以外に転調すると不協和音になる。鍵盤楽器でどう転調しても「それなりに」ハモるように作ったのが「平均律」で、今の鍵盤楽器は原則「平均律」で調律します。

    五度圏は(推測で)5度の音同士が一番良くハモり、平均律で5度ずつ上昇すれば12回の上昇で元の音に戻るからではないのかな?転調にも役立つし。

    音階や和音の歴史を解説した本がトピ主さんには最適かもしれません。

    ユーザーID:5312848124

  • 正しいカレーの作り方

    それはあれや、
    『のだめカンタービレ』の「正しいカレーの作り方」
    の話や。
    のだめがコンヴァトに行ってからの話だから後半だ、12巻辺りか。バッハ平均律で対位法だのと格闘すんだなー。
    まさにのだめが「理論の必要性」にぶち当たって苦闘する話だから、よければ読んでみたらどうだろう。理論そのものの勉強には全くならないが、「なんでこんなんやらんといかんのじゃー」ってのは共有できそう。

    >音楽の場合も、「理論ありき」ではありませんよね???

    西洋クラシックに限り、それはどうだろう?と思う。理論ありきかもしれんある意味。
    中世の学問分野では、音楽は数学と同じ教科だったんだよね。神学の中の一教科で。
    数学の人々は、それを「中世においては数学がどれだけ理解されず妙な扱いを受けていたか」の証左に使うんだけど、逆の考え方もあってさ、あれは「音楽がどんだけ数学物理学だったか」の証左でもあるんだよね。

    あんなに和声をやたらと発達させた音楽なんて、他のどんな民族音楽にもないんじゃないか?やっぱ理論に引っ張らせてガンガン深みを追及していったからあんなことになった、というのが大きいんじゃないかなあ。

    ユーザーID:9846239340

  • 芸術と科学

    >言語の場合、「文法ありき」ではありませんよね??
    >音楽の場合も、「理論ありき」ではありませんよね???
    >伝わりますでしょうか・・・


    それ、よく分かりますよ。

    大学(音大)で、和声学を課題に取り組んでいた頃の先生の言葉。
    「君の解答は、まちがっていないけど、美しくはないな」とな。

    その時はよく分かりませんでしたが、まぁ、今はよく分かります。

    和声は、ある意味パズルであり、数学の証明ような側面もあります。
    理論的に正しくとも、音にしたときに美しくないといけないのです。

    結局、音楽は科学でもあり、表現を伴って人の心を打つ芸術でもあるという、
    厄介なものなのです。

    良く聴き、よく練習し、よく学ぶ。
    と、いうことなのでしょう。

    「よく学ぶ」については、今はネット環境があるので、
    ずいぶんと楽に調べたりできるようになりました。

    30年以上高校で音楽の教員をし、吹奏楽や合唱の指導もしていますが、
    いまだに、できない(弾けない)ことや知らないこと、
    訳の分からないことの、なんと多いことか。

    ユーザーID:1228058279

  • 私もです!

    子供のころ10年以上エレクトーンを習っていたので
    楽譜を読む事はできます。

    40代も後半になってからオーケストラの魅力にハマり10年近くになります。
    コンサートに行くのはもちろんの事、クラシック関係の本(海外国内オケの
    周辺事情 指揮者 クラシックの歴史など)を読み漁ったり
    一般的な楽典なんかも読み返したりしています。

    でもなんと言うかやっぱり私には音楽理論の基礎知識が足りない?
    もうちょっと知ってればもう少し楽しみの幅が広がるんじゃ無いか、
    なんて思ってたところです。

    トピ主さんのおっしゃる理論ありきではない?については
    私はクラシックに関しては美しい音色やメロディハーモニーという
    人間の感覚で捉えたものをあらゆる方法で理論で説明するという
    西洋の強い意志または哲学を感じます。

    世界には色んな音楽が溢れていますが、私がクラシックが好きな理由は
    中心は理論である事、その上に何をプラスアルファして人の心んでいるか
    というところです。

    ユーザーID:7626054760

  • なぜ『理論』を勉強したいのでしょうか?

    クラシック音楽で言う『和声理論』とジャズ(ポップスはジャズの派生と考え)で言う『コード理論』は若干違うのではないでしょうか?
    元々音楽の場合『その方が美しい』とか『収まりが良い』という感覚的な部分を理論付ける側面があり、その場合『なぜ5度か』は理屈ではなく『その方が美しい』とか『その方が自然に聞こえるから』と言う事が往々にしてあると思います。
    特にジャズの場合は演奏が先行し理論を後付けした感があり、同じ曲でも演奏者によってコード進行に違いが出るケースが多々あります。
    その辺がその曲の『構造』をどう捉えるかであり、ジャズの場合に『理論』を学んでおく必要性だと思います。
    クラシックの場合は演奏者毎に譜面が異なるケースは多くなく、出版社や年代の違いにより多少異なるモノがある様ですが基本的には同じですので、理論を知らないと演奏の深みが変わってくる様な事は無いと思います。
    それでも曲の『構造』を理解しておくことは無駄ではないと思います。

    取り留めもない説明でしたが、表題の質問です。
    『なぜトピ主さんは、理論を勉強したのでしょうか?』
    その答えの如何でご判断されたら良いと思います。

    ユーザーID:4398823549

レス求!トピ一覧