• ホーム
  • 話題
  • 銀行系の方お知恵拝借、謎の400万の行方は??

銀行系の方お知恵拝借、謎の400万の行方は??

レス41
(トピ主2
お気に入り744

生活・身近な話題

A子

自宅で断捨離をしていたら15年前の某信託銀行の変動金利定期の残高証通知が時期を追って3通出てきました。
その額400万程。
宛名住所は私の実家、母の旧姓様方、私の旧姓A子です。
当時実家住所ビルには、私の両親、
私を幼い頃から可愛がってくれている独身の母の姉=伯母、
既婚者で子供のいない母の兄=伯父夫婦が、
マンション型で別々の部屋に住んでました。

この残高証の手紙は父か母が、私が実家に寄ったとき、
お前宛だと渡されたと記憶してます。
うちの両親がすんなりこの通知を私に差し出したって事は、
両親は関与していない、
中身を見た私は、これは伯母さんが私の為に貯金してくれるのではないか?
と勝手に推察し心が温まりましたが、
この件でお金の事を確認するのは卑しいと思い、
私が預けていないこの定期の件はそのままに記憶の中に埋もれました。

さて今回出てきたこの通知、伯母は7年前に自宅療養の後亡くなっており、
その財産を整理したであろう伯父、母、からは私名義の口座の話は何も聞いておらず、
もしかしたら休眠口座になって国庫に行ってるのでは?と思い、
伯父、両親にこの件を話した後某信託銀行に確認へ行きました。

3人にこの件を話した時、誰もこの件に心あたりがなく、
そもそも某信託銀行と取引が無いとの事。
母の実家は一族で手堅い商売をしており、
その節は何十年も某信託銀行と同じビルにある同じ系列の某銀行と
やり取りは頻繁に伯母も含めてあったそうですが、
商売は18年前に畳んでます。因みに借り入れ等は一族でありません。

身分証明書を提示し、証書、通帳は無くなったと言う前提で
信託銀行に確認した所、
15年前に預けたこの商品は終了しているが、
その後も定期預金として自動継続されており、
最後は4年前のx月x日に定期から普通預金に変更されて、
その日に全額下されて解約されていると!!続く

ユーザーID:4421774392

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
  • トピ主 続きです

    実家に戻って4年前に引き出された話をしても
    誰も心あたりが無い!と
    信託銀行側はもう4年前にいた行員はおらず、
    どんな人が下ろしたのかわからない、と。

    確かに私が預けた訳では無いけれど、
    通帳や証書や判子が有れば、4年前でも私本人以外の人間が、
    こんな大金身分証明書無しで下ろせるのか???

    伯父(伯父の奥さんは8、9年前から寝たきり老人介護施設に入ってます)、
    母、父の誰かが忘れているが?言いたく無いのか?

    預けた事に関しては3人が否定しているので
    これは確実に伯母が私名義で預金したんだろうな?とは思うのですが、
    余りにもミステリー、私としては宝くじ気分だったので、面白がってます。
    が、夫に話したら、「それは君が預けたお金じゃないから、その程度なんだ、
    本当に預けた人間が、本人以外に400万引き出されているなら、
    すんなりはい、そうですか?と引き下がらずもっと色々銀行に調べてもらうのでは?」と言われ、
    確かにそれも一理あるな、もっと突っ込んで調べてもらったほうがいいのかなー?とも・・・・

    因みに4年前にお金が必要になった案件等も一族になく・・・・

    親が忘れていた、と言うのが一番楽な落としどころではあるのですが、
    どなたか、この謎に考えうる一抹の光を !
    又、あなたが私の立場だったら次はどうしますか?

    ユーザーID:4421774392

  • まるで他人事みたい

    トピ主さんの書き方だと、みんなで推理してみてー!一緒に考えよー!
    みたいなノリで、現実にお金が欲しくて困ってる人という感じが全然しません。

    裕福で、それくらいなら端金というならわざわざ親戚仲を拗らせてまで真相究明すべきではないでしょう。

    貰えるなら貰っておきたい!そのお金は私のお金!とい断固とした意思があるなら、こんなところで聞いてもラチがあかないでしょう。

    その信託先の銀行の行員や親戚の一人一人に聞いて回ればいい。

    ユーザーID:6727389092

  • 銀行の

    銀行の伝票保管は、多分10年間だったと思いますので、その払い出し伝票のコピーをもらったらいいと思います。
    筆跡である程度(身内の方なら)目星つくのでは?あと口座解約なら本人確認しているかも?しれないので、その伝票にメモが書いてあるかもしれませんね。

    ユーザーID:0085420231

  • 結構単純な話だと思うけど

    『自分がやった』って言おうものなら、カネの出どころや使途を
    追及されるのは分かり切ってることだから、誰も知らないって言います。

    4年前に店舗まで行って解約できる人物の中に当事者がいるのは
    間違いありません。

    通帳と印鑑、届け出住所と同一の住所が記載された身分証があれば
    本人ではなくても手続してもらえる可能性は高いです。
    いざとなれば委任状を自作して持って行けばいいだけで。

    家族や同居親族であれば、もしトピ主さん自身のおカネであっても
    窃盗には当たらないし、強いて言えば有印私文書偽造の可能性はあるけど、
    個人的な調査に銀行は相手してくれることは無いでしょう。

    確実に言えることは、確信犯でやった人物がいるってコトです。
    個人か口裏合わせかは分かりませんが。

    ユーザーID:4854694544

  • 確かにおかしいですね・・

    まず4年前に全額解約とのことですか、400万円は「現金」で受け取っていることになっていますか?
    それともどこかに振り込みしたことになっていますか?

    振り込みなら〇〇信託銀行⇒系列銀行で口座が結びついていれば、可能性があります。
    銀行のよって違うかもしれませんが。

    もう一つ、取引があった系列銀行と同じビルにその信託銀行があったとのこと。
    会社として取引がなくとも、個人営業がかかっている可能性があります。
    そうなれば担当者がついている可能性があります。
    その担当者が正規の手続き以外で解約する方法があるかもしれません。

    トピ主様の場合、誰かが本人になりすまし、通帳印鑑を持ってきて解約したとしても、本人確認資料の提示を求められるはずです。
    万が一通帳印鑑を失くしての口座解約ならなおのこと本人確認が厳重に行われるはずです。


    4年前、旧姓、旧住所の本人確認資料(有効期限内)って何かあったのでしょうか?
    (今は確認資料として顔写真付きのものですが、その頃は顔写真付きでなくても受け付けたのかもしれません。)

    私なら信託銀行に直接(取引支店)事情を話し、400万円の行方を追います。伯母さんの厚意?を無駄にしないためにも。

    ユーザーID:2763400946

  • 面白い!

    伯母が亡くなる前であれば、彼女が預金し彼女が下ろしたのでしょうが、
    伯母が亡くなったあとの出来事。普通に考えれば伯父の作業と思いますが、
    その伯父もそのとき寝たきり老人施設に入っているという。
    伯母伯父には子供もいない・・・・これは確かにミステリー。

    >親が忘れていた、と言うのが一番楽な落としどころ

    40万ならあり得ますが、400万のことは忘れないでしょう。
    もし親であるならば、父か母のどちらかに何か秘密の借金でもあったかも。
    しかし、40年前ならともかく4年前ですよね。
    親族とはいえ、他人が勝手に口座をどうこうできるのかなぁ?

    銀行系の方のレス、お待ちしてます。

    ユーザーID:0129573577

  • 記録は残っている筈

    確か、金融関係の書類の保存期限は、重要度によって5年10年20年程度あった筈。
    下ろしたのが4年前なら、記録(当時の書類)は残っているのでは?
    本人以外でも、近親者が代理人として、手続きを出来る事は、トピ主さん自身、ご存知の事と思います。
    代理人として、伯父様が手続きをしたのであれば、その旨が当時の書類に記載されているか、筆跡で分かるのでは?

    私は金融機関の人間では無いので、詳しい事は分かりませんが、確か他人名義の口座を作るのは、たとえ親子であっても、厳しく制限されている筈なので、伯母様が口座を開設した時期によっては、本人や保護者に無許可で口座開設した事が、法に触れる可能性もあるのでは?(何十年か前に、金融機関から、そういった通知を受け取った覚えがあるのですが…)
    個人で事業をされており、羽振りも良かったとの事ですので、当時の担当者や取引支店の営業ノルマ(新規講座獲得数)に協力して、トピ主さん名義の口座を作った可能性もあるのでは?(金融機関に限らず、こういった営業ノルマに対して、仲の良いお得意さんが協力するのは、珍しく無いようなので)

    気になるようであれば、正式に開示請求すれば、詳しい事を説明してもらう事は、可能なのではないでしょうか。

    ユーザーID:1391250487

  • たぶん

    伯母さんの遺産分割のとき発見できないかつた資産として相続人で再度分割協議をしたと思います。名義はトピ主様でも、おば様が払ったことがわかったのでしよう。口座開設に本人確認が不要な時代に開設したのでしよう。

    ユーザーID:1298998831

  • お金じゃない問題

    ご主人さんの言う通りです
    預けた名義本人以外が勝手に引き出せるなど 金融機関にとっては信用問題です

    4年前なら……少なくとも7年は保管義務があるはずですので…… 誰の筆跡か?など キチンと調べてもらう方が良いですよ

    ユーザーID:8135472817

  • 個人的に「誰が」やったのか知りたいですね

    すみません、興味本位100%です。

    少なくとも四年前の出来事、それもトピ主様の委任状などを用意してまで解約してるなら、解約した当事者には確実に記憶あると思うのです。

    伯母亡くなった時点で、伯母の所から判子を持ち出せる方、伯母の遺産整理をした方が怪しいと思いますね。

    トピ主様名義なら遺産目録に記載する必要ないですもんね(本来は記入すべきですけど)

    こっそり懐に入れた人がいるわけです。

    これね、犯人が父、母、伯父の誰かなら良いけど、全く知らない第三者だったら困りませんか?

    まぁ件の三人集めて、トピ主様から「本格的に調べようと思うんだけど、最悪は警察に被害届でも…」なんて話したら、必ず「そこまでしなくても…」って言う人がいるから(笑)

    それで解決ではないでしょうか。

    ユーザーID:2151823510

  • 謎の 200万円

    答えにはなっていませんが、ヒントになるような事案が私にもありました。

    約20年前、私のメインバンクであるC信用金庫から一通のハガキが届きました。内容は満期になった、私名義の定期預金200万円についてでした。全く記憶にない私は、その旨を信金に告げ確認するが間違いなく私名義の200万円は存在すると言われる。
    はてさて、この200万円て何?
    その頃、私は40代前半。散々と考えた末、ある仮説が思い浮かびます。

    40年以上前から、私の実家近くにA信用金庫がありました。当時商売をしていた実家の母親は、こちらの営業マンと懇意にしていて何本かの定期預金がありました。私のメインバンクC信用金庫は当時、B信用金庫という名称でしたがバブルも終わった10数年後に、
    A信用金庫と
    B信用金庫は
    合併して、C信用金庫になったのです。

    その200万円は、母親がA信用金庫に私名義で積んで満期になった定期預金なのではないか? それがA信金とB信金が合併後にC信用金庫に移って、私に連絡が来たのではないか? 母親も大概忘れっぽというか、まだら認知症になっていたので真実は謎のままです。

    トピに出てきた銀行も、過去に合併されてはいませんか?

    ユーザーID:9658522536

  • とりあえず伝票の確認はしてみたらいかがでしょうか??

    資金の出所が伯母さまだとわかり、相続で払い出されたものなのか、主様の名前で払い出されたものなのかは伝票を調べて貰えばわかると思いますよ。窓口での手続きであれば、4年前なら保管しているはずです。
    私の勤務先なら会社内にまだ置いてある期間です。
    4年前であれば本人以外が払い出しに来ているのなら、なんらかの記録も残してあるはずですが。
    でも相続ならお母様含め遺産分割協議をされているはずなので覚えていそうではあるのですけどね。
    不思議ですね。是非結末が知りたいです。

    ユーザーID:4480942545

  • トピ主さんの実印・印鑑証明・戸籍謄本を誰かに貸したことは?

    銀行関係者ではありませんが、親の相続手続きを行った時の例だと。
    本人だ!と口頭で言っても銀行は形を重視します。だから、実印と印鑑証明が必須であったり、本人の証明も戸籍謄本と免許証でが必須であることも。そして、その確認をするときには銀行は書類にその免許証の番号等を記入していました。
    委任状も、その印鑑を実印で押して印鑑証明書を添付したことも。

    ただ、銀行に通帳等の紛失届け出を出し、銀行からの確認書類が登録住みの住所に書き留めだったか本人受け取り郵便で受け取り、その書類を持って窓口に行くと処理してくれることもありました。

    ただ、親族関係でモヤモヤが残っても良くないので、笑い話に終わるように、きちんと解決した方がいいのでは。

    ユーザーID:7067471944

  • ただの推測です

    遺品整理した人が通帳を見つけてこっそり解約したと考えれば辻褄が合う気がします。

    ご両親は手紙の中身が残高証明と知らなかった?から預金の存在も知らなかったのかもしれません。
    存在を知らなかったなら解約する考えは思いつかないですよね。

    他人でも委任状があれば定期預金を普通預金に変えることくらいできそうです。
    勝手に作成するのは私文書偽造ですが。
    定期をいきなり解約すると本人に確認の電話が行くと思います。

    普通預金に移した後でキャッシュカードで何回かに分けて下せば本人確認も要らないですね。
    その日の内に全額下されていたみたいですが、今は厳しいので窓口で一括で下せるかどうかは疑問です。

    ただ伯母さんが亡くなって解約されるまでに3年くらい空いてるのが不思議です。
    トピ主さんがこの預金の事を知っているかいないか確かめる期間が3年だったのかな?と思いました。

    ユーザーID:8178078540

  • まずは伝票を見て

    取引が4年前ということでしたら現在と本人確認等の手続きの厳しさは変わらないでしょう。また、4年前なら取引した伝票は紙か電子化され残っているはずです。

    定期預金を解約したり多額の現金を引き出す際は本人確認が必要となります。
    特に200万を超える現金取引に対する本人確認は法律で定められています。
    してないことはありえません。
    また、最近はどこの銀行も委任状による手続きはやっていないと思います。
    ただ、本人確認も銀行によっては身分証明書を求めず、カードの暗証番号だったり、指紋等の認証、営業が懇意にしているような間柄であればそれこそ顔パスな場合もあります。
    なんにせよ、伝票を見れば誰が手続きして、どのような方法で本人確認したか分かります。

    「定期から普通預金に変更されて」もよくわかりません。
    銀行によって違うのかもしれませんが、定期預金は解約して普通預金に振り替えるか、満期時に普通預金に自動振替されるよう事前手続きしておかなければ、普通預金には入りません。口座の種類が定期から普通に変わることはありません。別の口座です。
    ほったらかされていた経緯を見ると、解約されたものではないかと思うのです。
    その普通預金は誰の名義なんでしょうか?A子さんが口座を認識していたのは定期預金だけなんですよね。A子さん名義で普通預金もあったのか、はたまた他の人の名義の普通預金に入金されたのか。
    A子さんのその信託銀行での取引状況もよく確認した方が良いと思います。

    なぜ前回問い合わせた時に伝票を見せてくれなかったのか分かりませんが・・・
    今現在の身分証明書では通帳名義(旧姓なんですよね?)と相違しているため、詳しく話せないと判断されたのでしょうか。
    お手数ですが戸籍謄本を取られて旧姓まで確認できるようにしたら、通帳の名義人=A子さんのだという証明としてベストだと思います。

    ユーザーID:5444682553

  • 伝票取り寄せを依頼したらどうですか?

    某信託銀行に勤務しています。解約日が4年前なら絶対に解約した時の伝票は残っていますよ。きっと倉庫などで保管されているので、取り寄せまでに時間がかかるかもしれませんが。
    後は、手続きした記録なども残っているはずです。私の勤務先は手続きの内容を専用端末に入力していています。今ある3つの信託銀行ならどこでもしていると思います。だから辞めちゃって分からないという回答は同業者としてもう少しお客様目線で回答しなければいけないと感じました。

    ユーザーID:2829266970

  • 1人きりの時に、自分は1円も欲しくないと言ってから尋ねて

    知られたくないからトピ主さん名義で作ったのでしょう。

    3人に尋ねて全員知らなかったとありますけれど、それぞれ1人きりの時に尋ね直した方が良いと思います。
    誰かいる時に尋ねても、知られたくない事を話せませんよ。

    それに私の名義のお金なのだから、全額とは言わずとも幾らか欲しいと言われるのを避けているのかと。

    トピ主さんの口から、真相が知りたいだけで、お金は1円も欲しいと思っていないと強調してから尋ねてください。

    ユーザーID:8875846178

  • うーん

    興味本位ですみません

    解約するなら通帳と判子はいりますよね。紛失届けを出して作り直したかどうかくらいわからないですか

    作り直していないなら解約したのは印影のついた通帳を持っていた人物か情報を手に入れられる人物。本人確認に何を使用したのか。苗字がかわる前の預金の本人確認は難しいのでは?その情報を提供できる人物は誰か

    あと残高証明を渡されたとのことですがそのこと自体親御さんは覚えていないのですか?封筒の中を見たのが主様だけということですか

    また宛先が様方?その時主様はそこにお住まいでなかったのですか?
    どういう作り方をしたら宛先がそうなるのか

    疑問だらけですみません
    ミステリですね。是非真相を解明して教えていただきたいです

    ユーザーID:2642475962

  • 2度目です

    銀行支店営業の経験者ではありませんが、金融専門職の経験者です。

    金融業において法律(または協会規則や通達)は、抵触するかと
    問題になるかの2点セットで考えます。
    抵触するかだけで考えていては業務だけでなく顧客サービスにも支障が出ます。
    自分の年金のついでに旦那の年金からも下ろす。厳密には法律違反であっても
    問題になることはそうそうないので杓子定規に運用するケースの方が
    少ないでしょう。

    先述しましたが、トピ主さんの個人的な調査に銀行が付き合うことは
    先ずありません。口座の履歴を伝えればもうお役御免で、伝票取り寄せ
    なんて面倒なこと、捜査令状でも持ってこないと対応しないと思います。
    付き合わせるためにどうするかは弁護士案件レベルと思った方がいいです。

    解約して下ろした人が追跡できたとして、契約して入金した人と
    同じかどうかは今さら追跡のしようがないと思います。

    ちなみに委任状は今でも有効です。金融機関によっては、ひな型や記入例を
    公開しているくらいです。

    ユーザーID:4854694544

  • 伝票は

    10年間の保管が義務づけられてるので、トピ主さんの本人確認資料を持って銀行にコピー依頼をされたらいいかと思います。但し、古い伝票は倉庫に集中保管されてることが多いので、調査に時間がかかるかもしれません。
    筆跡から誰が解約したかわかると思います。
    なお、トピ主さんが預けてないこの預金は「借名預金」ということになりますので、銀行も筆跡確認などにより「真の預金者」に払いだしたのかもしれません。
    ※昔は口座数を増やすために家族全員分の預金口座を一人に書かせたりがあったみたいなので、銀行とのお付き合いだったのかもしれません。

    ユーザーID:4641818420

  • あなたのお金ではない!

     定期預金の場合、預けた方に所有権があり、これを借名預金といい、名義人であるトピ主さんに、そもそも権利はなく、伝票の確認は無駄です。トピ主さんに贈与がされた訳でもありません。贈与とは、贈与する側と贈与される側の意思の合致が必要なのです。
     よって、預けた方が、死亡前に出金しているはずです。死亡後であれば、相続財産となり、相続人が一定の添付書類を添付して出金します。
     トピ主さんは、名義を借りられただけなので、伝票の調査依頼権限もありません。ミステリーのままです。夢のない現実です。

    ユーザーID:3517260909

  • 4年前に解約なんですね

    4年前なら400万は高額ですから、窓口解約するなら本人確認(保険証、運転免許証)が必要じゃないですか?

    定期満期時に自動的に総合口座(普通)に振替手続されていたとしても、
    同名義人への振替えになると思うけど。
    当日全額引き出しですから、自動振替後カード引き出しで400万は1日の制限上無理。

    まだ4年前の事ですし、調べる事は出来ると思いますが。

    ユーザーID:7957808157

  • 皆様本当にありがとうございました

    さずが発言小町、私では思いつかないアドバイスを頂き非常に
    嬉しく、感謝しております。
    皆様の返信を読みながら、そうだよねーとか、そうか!とか、
    一々頷く事しかりです。

    少々補足を!
    モチロン400万は端金ではありません!
    これがあれば子供達に、奨学金と言う名の借金を負わせる事も無く、
    彼らの可能性を広げられますし、年金だって満額出ないので・・・・
    でも執着するのも良くないかと・・・・

    戸籍謄本持参の上、父付き添いで(笑)。
    4年前、いえいつでも実印等貸してません。
    残高証明書の封筒は封がしたまま、私に渡されました。
    現在それ私に渡した事も両親は覚えていないと思います。
    まだまだ補足したいですが字数が・・・

    皆様のご意見を参考に、私としては解約時の伝票の取りよせを
    頼んでみようと思います。←ありがとうございます、この発想無かったので。
    ぽんしゅうさんの仰る様に信託側がトラブルに派生しそうなお願いを
    ヨシとするかは、わかりませんが。
    そこまでしないと私の中での区切りがつかないな〜と思いました。
    家族の字癖はわかるので、3人の家族の誰かが下したなら、
    それはそれでよいのです。
    でもな〜んか違うな〜と思う、ダークな私がいます。
    伯母の死後3年とか、個人営業担当者とか、引っかかってますw。
    その時は通帳・印鑑・証書をもっていたその人の勝ちですかね。

    うわ〜どう切り出そう〜、
    実際最初に自分の生年月日を聞かれた時、ドキドキでした。
    でもちゃんと一致して、私の口座だったんだー!と
    シミジミ思いました。

    この解約が伯母の亡くなった1年以内とか、
    それ以にもっと前だったらそれこそ、あーやっぱりね!で終わったと思います。
    4年前と言う手が届きそうな近い過去だからこそ、気になる!

    皆様本当にありがとうございました。
    可能な限り結果お届けします。

    ユーザーID:4421774392

  • ミステリー

    でも可能性としては、ご家族の方か、銀行員の横領しかないので、きちんと調べてもらったほうがいいですよ。

    もったいない!

    ユーザーID:0907275183

  • 分かるといいですね。

    直系親族じゃないと難しいのでは…。
    お母さんなら戸籍の附票が取れますし、口座名義人が実の娘である事を証明し委任状を作成して、
    同時に通帳と印鑑紛失再発行手続きをして、トピ主さんに住民票か運転免許証の写しを提出させていれば出来なくはないかと思います。
    あるいはお母さんにその書類を用意させた人。

    ただ、お母さんに成り済まして誰か第三者が搾取した可能性もなきにしもあらずなので、
    ご主人の言うように銀行にはもっと調査してもらった方がいいと思います。
    金融機関はトピ主さんみたいな方が押し寄せて混雑していると聞きましたが本当なのですね。
    でも額が大きいですし、ちゃんと調べてもらえると思いますよ。
    前回の担当者を指定して、電話予約したらいかがでしょうか。
    控えも保管庫に入っていて封緘されていますから、いきなり行くのは控えた方が。
    電子化されていても探さなくてはいけませんし。

    普通預金を引き出すとしても必ず書類が残っていますし、当日は対応しない所もあります。
    お年寄りだと振り込め詐欺を疑われますし。

    ユーザーID:4132838975

  • 届け出の印鑑は払い出しした人が持っていた?何故?

    「借名預金」と言うのですね。

    ところで、某都市銀行や某信託銀行で言われたのが、銀行としては「借名預金」は、昭和の時代にはあったのは確かだけど、実際にどんな意図があって口座を作ったのかは銀行としては一応知るよしもない。よって、今の口座の名義人が預金をした人と見なす。だから、その名義人が届け印鑑と通帳を持ってくれば払い出しの拒否は出来ない。逆に、自分がその架空口座を作った者です。と言ってもその人に払い出しをすることはできないと。
    そして、3年ぐらい前だと高額の現金を信託銀行や都市銀行の窓口から持って帰ろうとしたときに「オレオレ詐欺ではありませんか?」と誰何され「振り込め詐欺チェックシート」にチェックをさせられました。4年前だと、どうかわかりませんが、もしかしたらその信託銀行も同じ対応をしているかも知れませんね。それを掻い潜って持って帰ったとすると悪意ありすぎです。

    ユーザーID:7067471944

  • ひとつの方法として

    定期預金から普通預金に移されているということですが,トピ主様名義の普通預金に移されて解約されている,という理解でよいでしょうか。

    他の方のレスにもありますが,よほど高齢の方とか未成年の方でない限り,委任状だけで第三者が銀行手続きできるとは思えないんですね。委任状があっても,本人(トピ主様)の意思確認くらいはすると思うんです。

    手間暇はかかりますが,弁護士に調査を依頼して,信託銀行宛に照会してもらうこともひとつの選択肢です。また,今回は信託銀行なので,信託協会に相談して,そのうえで信託協会の紛争解決手続きを利用するという方法もあります。

    ここからは私の推理ですが,銀行員が伯母様の管理下にあったはずなので,それを持ち出せる誰かが,うまいことトピ主様になりすまして受け取った,というあたりではないでしょうか。

    それなりに大きい金額なので,無事に解決することを祈っています。

    ユーザーID:8309763556

  • ちゃんと調べてもらって!

    私の母は毎月積み立てしていたものを解約したときに、
    なんか残高が少ないな〜と思い、
    家計簿チェックしたそうです。
    結果、銀行側の横領でした。

    ユーザーID:2606343923

  • トピ主さんの身分証を自由に持ち出しできた人なのでは?

    昭和の頃なら架空名義だったり家族名義の口座は作れたかもしれませんが、15年前なら口座を作るときに少なくとも本人確認書類が必要だったのではないでしょうか。
    伯母さんはトピ主さんの保険証や免許証などを自由に持ち出せたでしょうか。
    4年前に解約するときに通帳と印鑑を持参したとしても性別が違ったり年齢が明らかに違うと委任状と引き出す人の本人確認が必要だったのでは?郵送であれば登録住所に解約書類を送ってもらって普通預金に解約金を入金する手続きは誰でも指示できるかもしれませんが、その場合は当日に普通預金の解約して現金を手にするのは困難な気がしますので店頭で定期を解約普通預金へ入金、普通預金ごと全て解約したと思うのですが。

    お母様ならできたかもって気がしますが伯母さん単独では難しい気がしますよ。おばさんがお亡くなりになった時期も考えるとお母様がなさったことと考えるのが一番有り得るかと。全くの他人がわざわざトピ主さんの名義で口座を作り解約する意味があまりないでしょうし。

    ユーザーID:1342507293

  • 健闘を祈ります

    自分で言っておきながら何ですが、全ての金融機関のすべての店舗が
    同じ対応することも有り得ないので、いい店舗のいい担当に当たると
    いいですね。

    口座自体の贈与を受けた記憶はあるが、解約と払い戻しは本人が
    やっていない。解約の記録を確認させてほしい。
    単刀直入に言うことかと思います。

    犯罪を匂わせると銀行側も警戒するので、相続とか生前贈与とか
    家族内の追跡のためで通した方がよいかと思います。

    本件の内容が該当するかちょっと怪しいのですが、金融商品あっせん相談を
    受ける紛争解決団体もあり、金融業専門職時代は何度か応答したことが
    あります。
    銀行側の態度があまりにも悪かった場合は、こういった機関に相談する
    手もあります。

    ユーザーID:4854694544

レス求!トピ一覧