• ホーム
  • 子供
  • 今年29歳になる既婚女性です。海外赴任を悩んでいます。

今年29歳になる既婚女性です。海外赴任を悩んでいます。

レス10
(トピ主5
お気に入り8

妊娠・出産・育児

はつこ

こういったところに初めて投稿します。宜しくお願い致します。

1年半前に2歳年下の彼と入籍し、今年29歳の保育士女性です。
24.5歳の頃から保育の資格を生かして海外で仕事し、自分の経験や視野を広げたいと思うようになり、現地に就活をしていたこともありましたが
新卒からずっと現在の保育園の本社から海外事業部ができるとの話があったため、そのことを期待しながら日々働いていました。
1年半前に結婚することになった時、彼も以前から私の海外での仕事への気持ちを知っていたため、結婚してからでもチャンスがあればいくらでも挑戦したほうがいいと、本当にありがたいことに応援してくれています。
しかし、子どもはほしかったし、以前から子宮内膜症があることはわかっていたので、挙式をしてからは、避妊をせず、もし授かったらいいなと思いながら避妊せずに夫婦生活をしていました。海外への気持ちもなくなったわけではありませんでしたが、体のことが心配だったし、子どもは授かりものだと思っていたためです。
避妊をしなくなって1年が経とうとした時に、ついに海外赴任が決まりました。少し先になりますが、来年の4月から1年間の任期になります。私が30歳になる年になります。
避妊しなくなってから1年が経ったこともあり、婦人科で夫婦共に検査をしたところ、夫は問題はなく、やはり私の子宮内膜症の影響だろうと言われました。腫瘍は2.5センチなので、大きくはないが、1年できてないとなると、腫瘍が癒着して着床しづらいのかもしれないとのことでした。

1.治療薬であるピルを今から飲み、内膜症を治しながら単身海外赴任して、帰国後に妊活する
2.海外赴任不妊に行く前提で妊活と続ける

欲張りだと重々承知ですが、海外赴任のチャンスは掴みたいのですが、子どものことが不安です。
皆さまならどうされますでしょうか。体験談やアドバイス頂けたら幸いです。

ユーザーID:5690216734

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
  • 難しい

    こんにちは。私は米国の大学で幼児教育を専門し、現地の幼稚園で勤務してきた者です。私も英語も保育にも興味があったところはトピ主さんと似ているなと思ってレスします。

    折角の海外で生活するチャンス、しかし年齢からいうと自分の子供を持つのに非常に難しい時期ですね。


    >1.治療薬であるピルを今から飲み、内膜症を治しながら単身海外赴任し>て、帰国後に妊活する

    帰国後となると少なくとも 31才以降、実際に出産できるのは32才かそれ以降になると思いますが、その妊娠の可能性も難しいんですよね

    >2.海外赴任不妊に行く前提で妊活と続ける

    不妊?赴任?? 赴任前に妊娠をしてはもし妊娠したら海外に行くことが無理ですよね?どうしたいのでしょう??

    恐らくトピ主さんは、日系幼稚園で働くことになるのでしょうけど、海外にある日系幼稚園の多くは、「日本と全く変わらない」保育ですよ。むしろ、日本の行事を大事にするので、わらべ歌だったり、豆まきだったりと 日本以上に「日本らしい」かもしれません。そして、場所によっては、労働条件がかなり過酷だったりもします。収入が現地でぎりぎりの生活しかできないような金額かもしれません。
    現地や現地人とほとんど関わることもなく、海外の言語を習得する時間もないまま1年終わってしまう可能性がとても高いです。
    場所は海外であれど、関わる保護者、先生ほとんど皆日本人かハーフなので 「海外にいる意味はあるか?」疑問です。

    保育士になるくらいだからお子さんが好きなのはよくわかります。自分の人生(子供がいない人生になるかもしれない)をけってでも海外に行くべきでしょうか?
    海外生活をした後にすぐに妊娠、出産ができればいいですが、年齢もありますし、もしそのせいでなかなか妊娠までいかないとなると きっと海外に行ったことを後悔するような気もします。

    ユーザーID:0677449520

  • 続き2

    大きく変わることですから。

    私はアメリカにいて、現地の子供達の教師だったのですが、アメリカの保育と日本の保育は違う所、違う考えがとても多いです。そういった違いを勉強したいのなら、ともかく、日系幼稚園勤務では特に今やっている事と変わらないし得るものとさほど違いはないです。

    また妊娠をして海外に滞在する場合なのですが、例えばアメリカなどの保険は保険入会後半年以降にならないと産婦人科は使えません。保険などのカバーは園の企業からでるのか、ピルは同じものが処方されるのかなどそういったところも確認が必要でしょう。出産を日本でするとなった場合、妊婦がフライトできる期限はありますし、常にフライトはリスクを伴います。安定期だからフライトしても大丈夫という保証はありません。
    保育士という職業上、勤務期間に妊娠をして出産となると園や児童に多大な迷惑をかけることになりますよね。ですから海外勤務中に妊娠するというのは、トピ主さんには選択が無いでしょう。

    私だったらまず自分の人生優先にします。子供ができなかったら一生後悔すると思うので、そちらを優先に。
    海外赴任は諦め、いづれ自分で海外に行かれるようになったら、海外保育現場でボランティアをするとか、親子留学をするとか、そういった形で何か保育の現場を視察してみるかな。
    しかし、新婚さんのトピ主さんに海外赴任を今頃打診するというのも不思議な会社ですね。日系幼稚園に赴任にくる女性はほとんどが独身で、あとは現地採用(すでに海外に住んでいる人)なので。。。

    ご主人とも離れることになるのでそこは二人でよく話し合った方が良いと思います。

    ユーザーID:0677449520

  • トピ主です

    海外保育士さん
    ご丁寧にご意見ありがとうございます。

    *2、の部分は誤字でした。海外赴任を目標としてこのまま妊活を続けるという意味です。

    海外での保育の現場のお話、とても勉強になりました。やはり色々と大変ですよね…。

    詳しく書くことができなかったのですが、海外赴任の内容は現地での保育業務ではなく、東南アジアの国の保育の質向上のためにアドバイザーとして回ったり、研修をしたりする仕事です。
    なので、現地で日系保育園で働くということではなく、語学の習得も目的とはしていません。現在所属している園からの海外赴任という形なので色々と安心できる部分はあります。

    また、現在は来年度、海外赴任する保育士として選んでいただいていますが、ありがたいことにそれまでに気持ちが変わったり、妊娠したのなら断ってもいいと言われていて、秋頃までは猶予があります。

    長い人生で見たときに、その一年間の海外での業務内容と経験は自分にとって大きな財産となると思うのですが、婦人科系の持病のこと、年齢のこともあり、色々と悩んでしまいました。

    主人は交際する前から私が海外赴任がしたかったことを知っているので、とても協力的で、本人も海外で暮らしていたこともあり、柔軟に考えてくれています。

    しかし、帰ってきて31歳ですぐに妊娠できるかはわからないので、おっしゃるとおりだと思いました…。
    もっと慎重に考えてみます。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:5690216734

  • トピ主です

    海外保育士様

    お返事ありがとうございます。
    海外で勤務されていたのですね。

    2の内容ですが、誤字になってしまっていました。
    2.海外赴任へ行くことを目標に妊活を続ける

    と書くつもりでした。
    1を選択した場合、今からホルモン治療でピルを服用すれば、内膜症もよくなるし、海外にもいけると思うのですが、帰国後の赴任のリスクはやはり拭えませんよね…。

    文字制限があり、投稿できなかったのですが、
    海外赴任の仕事内容は東南アジアの一国の保育の質の向上のため、アドバイザーとして園を巡回したり、現地の保育士さんに研修をしたりする仕事内容です。
    なので保育現場で働くということではなく、現地では通訳の方がついてくださるので英語圏ではないため語学習得も目的の中には入っておりません。

    海外で働くことのリスクを細かく教えてくださり、ありがとうございます。やはり病院のことなど、細かいことが色々と大変ですよね。加えて今はコロナのこともありますので、とても参考なりました。

    貴重なご意見、本当にありがとうございました、

    ユーザーID:5690216734

  • レスします

    トピ主さん、返信を有難うございました。日系幼稚園勤務ではないのですね。

    アジア圏の考え方、子供達のリアクションなど 同じ所違う所、色々発見できるでしょうし、いい経験にはなりそうですよね。

    人生は1度しかありません。トピ主さんの20代も30代も1度きりしかないので、一番大切なのは「後悔をしない道を選ぶ」ことじゃないかなと思います。来年から・・・ですとトピ主さんは日本に帰国するころには31になっていますから、最初の子を妊娠したとしても生まれるのが35前後になってしまうでしょう。

    海外業務はもしこのチャンスを逃し、妊娠したら、もう先にはないかもしれない・・・。
    でも海外に1年赴任し、戻ってきてから妊活してもうまくいくかどうかは、神のみぞ知るところです。
    1年後戻ってきた後、無事妊活し出産ができたら、両方手にいれることができる。それが一番いいのですが・・・。

    もし海外に渡ったとして、その後子供が残念ながらできない一生だとしても 絶対に「行かなきゃよかった。もし行かなかったら・・・」とは思わない事。たった1度しかない人生なのだから、後悔しないように生きる事。

    来年春では恐らくワクチンはまだ人々にはいきわたっては無いでしょう。アジアの発展途上国によっては医療制度がまだまだ悪い条件の国もあります。コロナでもしかしたら まだ日本からは行き来できない状況かもしれませんし、あちらの保育事情も変わってくるかもしれません。今はとにかく海外状況も先が見えない状況です。
    アジアですと比較的医療がとても良いのはタイです。タイの国際病院は値段も安く欧米人なども検診に行くくらいとても良いです。他のアジア国ですと日本の方がいいかもしれません。

    ユーザーID:0677449520

  • みなさんの回答を読んでどうするのですか?

    その内膜症うんぬんじゃなくとも、
    夫婦のどちらか一方に海外赴任の話が出てきて、
    子供は欲しいけど、この1〜2年はどうしよう・・・と
    悩む人はいるとは思います。

    でも、そんなこと第三者に聞いて判断材料にするものなのでしょうか?

    「子供は絶対欲しい」のであれば、国内に留まり言葉も問題なく、
    保険も使える状況でこの1〜2年過ごすものだろう、と私は思いますよ。

    海外にいたらそれだけ夫との接触はない(もちろん単身赴任ですよね)
    わけで、妊娠の可能性はどんどん遠のきます。

    内膜症がどうも影響している、、のであればおそらく
    この1〜2年が勝負だとは思います。
    これで出来なければ、もう出来ない(年齢もいってしまうのもあるし)
    可能性は高いです。

    何に重きをおくか?です。
    子供が欲しいなら海外赴任は辞退する、
    諦めるなら行く、二つに一つのことです。

    どうしても海外赴任がしたい(たった1年任期でも?)なら、
    行くしかありません。ただし会社からはトピ主の体の事情とか
    分かっているなら、任期延長とかも考えている可能性はあるわけで、
    1年こっきりで帰れるとは限らないです。

    トピ主さんの後任が決まるまでおそらく帰国は出来ないとは
    思いますよ。新任が来て長くて2〜3ヵ月は引継滞在はしなきゃ
    ならないだろうし、実質14〜15カ月の赴任でしょうね。
    引継込みで12カ月だったら、、、ほんとに何も出来ないまま帰国って
    パターンです。

    一般企業の海外赴任って、大体3年以上、平均で5年前後が当たり前で
    1年過ごしたところで「生活に慣れた」程度で帰国です。
    そんな仕事、どこに魅力ありますか?短期の海外生活をしたいって
    だけじゃないですか?

    でも、、、まあ夫婦で話し合って、将来子供なしでもいいから
    夫から「ずっと夢見て来た海外生活をしておいで」と言ってくれるので
    あれば、行けば良いと思います。

    ユーザーID:6967461571

  • 挑戦はすばらしい

    ここでどんなレスがあっても、思い切って挑戦することはすばらしいことです。
    一度きりしかない人生、思い切って後悔しないようにしてくださいね。
    やらない理由づけなんていくらでもできます。でも自分が絶対に後から後悔します。
    病気のことはそのとき。大丈夫何とかなります。海外で基盤を作ってからでも、まだ若い。
    応援しています。

    ユーザーID:5176954559

  • トピ主です。

    保育士20年様

    後悔しないように人生ということを後押し私てくださり、本当にありがとうございます。
    すごく気持ちが前向きになりました。

    また、勤務地はタイではないです。タイの医療の発達のことを知らなかったので、同じ東南アジアでもそこまで違うのですね。

     おっしゃるとおり、コロナのことはかなり気がかりになっています。内膜症の悪化は最近のことで、実は今年度も海外赴任の選考を受けていて、4月から行くかもしれなかったので、今年行けなかったことは逆に運がよかったのかもと思っています。
    保育士20年様のように、様々な経験をしてこられた方にアドバイスをしていただけてとても参考になりましたし、嬉しかったです。
    最終決定するのを恐らく秋頃かとおもいますので、医師や夫とも相談しながら、アドバイスのことも含めてじっくり悩んでいこうと思います。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:5690216734

  • トピ主です。

    そらまめた様

    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり、ここでみなさんの意見のきいてどうするのか、決めるのは最終的に私たち夫婦ということは分かっているのですが、内膜症のことや、海外赴任のことなど、経験されている方のご意見を聞きたいと思って投稿させていただきました。

    また、一般企業の海外赴任の形とはおそらく異なり、1年の任期が延びることは本人の意思無くしてはならないということが条件のうちにも入っていました。おそらく会社としては、そういった経験を積んだ保育士を数多く育てたいと思っているのかなと感じており、沢山の保育士に挑戦してほしいようでした。

    子どもがいない人生は正直考えられないのが今の気持ちです。
    ただ、こればかりは授かりものなので、日本にいたから必ず授かれるということではないことから、悩んでいますが、現実を仰っていただいて、確かに、本当にできなくなるかもしれないと感じました。

    最終決定は秋ごろになるので、じっくり考えたいと思います。
    コメントありがとうございました。

    ユーザーID:5690216734

  • トピ主です。

    かほ様

    コメントありがとうございます。
    かほ様のお言葉、とても胸に刺さりました。
    本当に嬉しかったです。
    28歳にもなると、妊娠出産する友人も多く、もちろんみんな応援してくれますが、やはり妊娠のリスクのことを言われることが多いです。

    きっと大丈夫と言われるととても勇気づけられます。また、最近若いとはそんなに言われなくなったので…笑

    最終決定は秋ごろになるので、それまでじっくり考えて、後悔のないように思い切り生きたいと思います。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:5690216734

レス求!トピ一覧