猫は一番好きな人を自分で決める

レス19
(トピ主0
お気に入り40

生活・身近な話題

まーにん

今は虹の橋を渡ってしまった飼い猫の事です。
一匹目のペルシャ猫は、父親が貰ってきて我が家につれてきた時に私に一目惚れ?
あっという間に相思相愛になり、ずーっと仲良しでした。

その子が虹の橋を渡って、次の子を私がペットショップで譲り受けてきたら、その子は父親に一目惚れ。
あっという間に相思相愛に…。
私なんて空気みたいに扱われました(涙)

現在は結婚して自宅で犬を飼っていますが、犬はみんなが大好きです。
猫って一番好きな人を自分で決めちゃうんですね。
ちょっと切ない思い出です…。

ユーザーID:7671534029

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
  • 多分、1番好かれていた。

    我が家が最後に飼っていたオス猫の話です。
    愛想が良くて、お客様が大好き。
    お客様が来ると、猫はお客様の膝に片手を置き「膝に乗ってもいいですか?」とばかりに見つめ、お客様が「いいよ」というと、いそいそとお客様の膝で丸くなるような子でした。

    自ら戸を開けてお隣に出かけていき、お隣のお父さんは我が家の猫のために特別な餌を飼って、猫が来るのが生き甲斐だと楽しみにしてくれるほどの、世渡り上手な猫。

    そんな誰にでも愛想を振り撒く猫でしたが、お世話をするのが私だからか、私だけは別格だったようで、家族が同時に名を呼べば、必ず私の元へ来て、私が寝転べば、どんなきわどい角度でも、すばらしいバランス感覚で私の上に乗る始末。
    そんな時は、誰がどんなに猫の名を呼んでも、何度下ろしても、絶対に私の上に乗る!という感じでした。

    その時は、「この子は私を下に見てるのか?」と思っていたのですが、猫自身が病気になり具合を悪くした時、私を探して彷徨っていました。
    私が寝室へ行けば、後を追い。
    私がリビングへ行けば後を追い。
    フラフラしながら私を探し、最後の時も、ひとときも離れたくない…という猫の行動を見て、「この子は私と一緒にいたいんだ…」と泣けました。

    頬をくっつけて、喉のゴロゴロを聞きながら、一緒に携帯を覗き込んでいた猫のことが忘れられません。
    私の携帯の中には、頬をくっつけて、本当に嬉しそうにニッコリしてる猫の写真が残っています。

    ユーザーID:2323262584

  • ああ、なんとなくわかります。

    私は、拾った子猫と19歳で天寿を全うするまで暮らしました。

    けっこう高圧的な猫で、膝に乗ったり撫でさせたりなんてなかなかさせてくれなくて、
    でも自分の欲求だけはきっちり叶えるタイプ。

    ごはんの催促なんかは悪魔的なダミ声でするし、寝坊すれば棚の上からお腹に直でジャンプしてきて死ギリギリで起こされたり、
    長電話すれば電話機の上を歩く、テレビを見てればテレビの上から画面にしっぽを垂らして視界を遮る、退屈すると布団から出した足に噛みつく、などの自己主張も激しく。

    でも、夫と結婚したとたん、夫ラブの猫になり。

    夫が夜更かしする日は必ず、テレビを見ている夫の膝にべったり寝そべって離れない。
    私が撫でると噛むのに、夫にはごしごしすりすり自分からすり寄って撫でろ撫でろ。
    夫へのおねだりは甘い子猫声。

    なんなん?

    と思いましたよ。

    でも、最後は私の足元に寝たまま、亡くなりました。
    とんだツンデレ猫で夫大好きでしたが、拾ってやった恩だけは、忘れてなかったみたいです。

    確かに今暮らしてる犬は、夫が一番好きではありそうだけど、猫よりははるかに博愛主義ですね。
    面白いですね。

    ユーザーID:7739160697

  • そうです

    猫は好きな人を損得抜きで選びます。
    昔、家にいた猫は行き倒れ寸前状態で、公園の隅で横たわっていた所を私が保護して動物病院に連れて生きました。
    退院後も必死に世話しました。
    フード、トイレ用品、おもちゃ、猫用炬燵等
    全て私が買い、食事とトイレの掃除係も私です。

    でも猫が一番、好きだったのは母親でした。
    結構、邪険にしていたのに、母には猫の目がハートになってました
    私なんて空気以下の存在でした。
    思い出しても悲しいです(笑)
    本当に不思議ですよね。

    ユーザーID:6392071093

  • 我が家の愛犬は・・・。

     猫は飼ったことが無いのでわかりませんが、我が家の愛犬(2歳のメスのトイ・プードル)は、夫である私と妻の両方になついています。
     いつもは私の膝の上でマッタリしていますが、遊んでほしい時は妻(私より15歳若いので体力がある。)にせがんでいます。その時の自分の欲求に応じて私と妻を適当に使い分けている感じです。どちらが一番好きというより、その時の自分に都合のいい相手をうまく選んでいるようです。
     その愛犬の行動を見ていて、妻は自分の都合のいいように適当に相手を使い分ける若い女とそっくりな行動だと言っています。

    ユーザーID:5168747636

  • 言われてみれば

    そうかも!

    うちには4匹の同胎の兄妹が居るんだけど、1匹の女の子は私の膝にしか乗らないわね。

    全ての子が膝ネコだから皆好きな時に好きな人の膝に乗って寝てるな〜。

    たまに3匹乗られると重くて足が痺れるけど(笑)

    うちの子達は捨てネコで、まだ目も開かない赤ちゃんの時に捨てられた子達なもので、24時間ボランティアさんの手で育ったから全員膝ネコ。

    お膝大好きにゃんこはボランティアさんに育てられた子がなりやすいのかも。

    次に飼われる時は保護ネコも検討されてみてね。

    ユーザーID:1480293057

  • そうですねー

    犬と猫両方飼ったことありますが、犬は「みんな家族(でも順位付けする)」、猫は好き嫌いしますね。

    実家で犬を飼っていた時は、家で一番偉いのは父、好きなのは私、次が母、一番下は兄(自分より下)。と考えていたようで、夜は兄が帰宅しなくても小屋に入りますが私が帰宅しない時は絶対小屋に入らなかったり、たまに兄と一緒に帰宅すると兄を押し除けて私に「おかえり!!」と飛びつくなどはありましたね。(兄単体で帰宅した時は、それなりにお帰りと喜ぶのですが)

    今は猫ですが、私と子供にはおはようの挨拶をするけど夫はガン無視…ですね。

    無視されないだけ、犬の方が仲間意識があるのかな、という感じはしますね。

    ユーザーID:5003436401

  • 犬も1番好きな人を決めてる

    昔、実家で犬を飼っていました。
    確かに、家族が帰ってきたら尻尾を振って喜んでくれます。
    が、一番好きな人は決まってました。

    ・1匹目の犬
    母……朝のごはん係
    私……朝以外のごはん係、散歩、遊びなど
    父……何も世話をしない
    なのに、父が一番好かれてました。
    父が帰ってきた時の喜ぶ姿をみたら、一目瞭然です。文句なしに父が一番です。
    母は『避妊手術後、まだ手術跡が痛がっている時にお腹を撫でてあげていたから、それが嬉しかったのではないか』と言ってました。が、日々のお世話よりも一時期のお腹ナデナデの方が勝つなんて。。。

    ・2匹目の犬
    お世話の仕方は1匹目同様、母と私。
    だけど一番好かれていたのは、たまに散歩に連れて行く程度の妹。
    1匹目の時と違って、好かれた理由は全くわからない。
    私が散歩に連れて行こうとすると、尻尾を振りながらも目が妹を追っているので、この犬の散歩担当は“ご指名”ということで妹に譲りました。

    私はトピ主さんと逆で、犬の方に切ない思い出があります。
    今は猫を飼っています。(この猫にはめでたく“1番好き”の称号をもらいました。)
    犬と猫の違いは、
    『犬は1番を決めても家族全員に愛想を振りまいてくれるが、1番の人と比べたら圧倒的に違いはわかる。
    猫は1番以外の人には無視』
    だと思います。

    ユーザーID:0581844507

  • 7匹全て空気扱い

    私は自分が頼み込んで迎えた猫が7頭
    野良そして居候から昇格が一頭
    という飼育歴です。
    親はまた連れてきてしょうがないわね、くらいでした。

    一匹は1ヶ月から私がミルクで育てました。
    なのに、です。
    私がいるときは壁ギリギリを伝って歩き、
    私が庭を歩いていると全速力でボディアタック←軽くよろける衝撃。
    そのくせ
    父が帰ってきたときは、エンジンの音で玄関先にダッシュ、床にすりすり営業部長。

    今の実家で買っている猫は母べったりで
    風呂は出待ち。
    私たちが行くと二階に避難してしまう。
    他の猫も皆私のところには来ない。

    でも、ツンデレちゃんで本当は私のこと大好きなんですよ。私が寝た後にこっそりお布団に入ってきたり、スズメプレゼントしてくれたり。
    おい、腹減ってるだろ、食えや。的な
    序列が完全に下なだけです。

    もう、ほんとかわいい。
    一番分け隔てなく相手してくれたのが
    野良上がりの猫ちゃんでした

    ユーザーID:6551760513

  • 個体による

    うちは、夫婦差別なく驚くほど平等に接してきます。
    乳児がいますが、わざとゆっくり歩いて触らせてあげたりもします。

    ユーザーID:6721690718

  • 自由気ままなところがネコ好きには萌え

    ネコ好きにとってはそういう自由気ままで、好き勝手なところが萌えポイントなんですが、犬が好きな方には「もー」って言われちゃうとこですね。

    個人的には、犬はなんだか一生懸命すぎて、「どんな人とも」頑張って付き合っています!って感じが切なくて、私は「お前も頑張ってるんだな、でもそんな気を使わなくていいよ」という気持ちになっちゃいます。

    なので、ウチは過去迎えたペットは猫だけです。
    人の顔色なんて見ないわ!でも私の顔色は見なさいよ!という猫たちでした。でも、こっちがへこんでいたり、体調が悪いと黙ってそっと寄り添ってくる。まさに小悪魔的魅力のネコたちでした。

    ユーザーID:3264572092

  • うちのにゃんは八方美人

    家の裏口でボロボロになって鳴いていた推定生後3か月の猫を飼うようになって12年。その間多少家族構成は変わり今は夫婦と20代の息子の3人。お腹が空いているときは夫の傍を離れず。夜は私の横でゴロリ。遊んでほしいときはわざわざ息子を部屋まで呼びに行きます。
    夫が一番猫に甘く好きな餌をホイホイ出します。夫と息子は寝相が悪く、以前猫は寝ていて蹴られたので夜は私にくっつきます。
    オスなのに八方美人。家族を用途別に使い分けてます。猫ですから用が無ければひとり(一匹)で家の中の好きな所で寝ていますけど。

    ユーザーID:6516525467

  • 可愛いですよね!

    庭で作業をしていると駒鳥がよくやってきます。
    餌なんか上げた事がないのに傍まで飛んでくるのは何故?
    もしかして私の事好きなのかな?と思うとハッピーです!!

    ユーザーID:9300295003

  • 人間は一番好きな人を自分で決める

    >猫は一番好きな人を自分で決める

    おそらく、心のある動物はみんな同じだと思います。人間も!

    ユーザーID:0438286549

  • 「好き・嫌い」が言える幸せ

    我が家では、夫は猫を撫でたりおやつをやったりするだけ。
    トイレの掃除なんか、しやしません。
    (オムツを換えない自称イクメンみたいなもの?)
    基本的な世話・獣医さん通いは、皆、私です。
    歴代の猫たちは、全員私が一番でした(フフン!)。
    私に甘えている時、夫が猫たちを呼んでも、知らん顔です。

    地域猫ボランティアもやっております。
    幸い、地域猫活動の上手くいっている地域で、ボランティアと猫をかまいたい猫好きさんたちとの関係も良好です(嫌いな人も、苦情を言いやすくしてあるので、何かあったらすぐ教えてくれます)。犬を飼っている人は、お散歩中に顔を合わせる犬友さんができますが、こちらでは猫友ネットができてます(こうなるまでには苦労もしたのよ)。
    ある日、空き地の真ん中で、町内随一の美猫で人気No.1の雄が人待ち(エサ待ち?)中。正面から近づいていった私に気づいて、駆け寄ってこようとしたところ、空き地の左側と右側から、同時に「美猫ちゃーん!」とお声掛かり。
    いやもう、その時の美猫の顔ってば。
    「ど、どどど、どうしよう!?」
    まず私が「いいよ。スポンサーさんのところに行きなよ」と譲りましたが「猫ちゃーん」の呼ばわりは、依然おふたりいらっしゃる。
    美猫君は、意を決して、まず年配のご婦人のところへ。足にすりすりしたあと、草地を猛ダッシュで横切り、もう一人の中年男性へ。これを何度か繰り返し。
    おふたりは「犬みたいな猫ちゃんだねー」と苦笑。
    美猫はおいしいおやつを二人分せしめていましたが、食べた気がしなかった顔でした。
    彼が虹の橋に越してもう何年もたちます。あちらでは、そんな気配りも不要で、のびのびやってるかな…?

    次に生まれてくる時は、好きな時に甘えたいだけ好きなひとに甘えられる猫におなりよ。

    ユーザーID:8165017712

  • 本当にね



    猫は、一番好きな人を自分で決める

    あるいは

    猫は、下僕にしても良いと思ったヤツを自分で決める


    あるいは

    猫は、ベッドのド真ん中に座ることを自ら決定し
    下僕である人間にちょっと叱られそうになったら
    可愛い肉球なんぞ見せつけて、下僕をひれ伏させることが可能だ


    そして下僕を混乱させ、勝手に虹の橋を渡った挙句に
    空の上から、下僕がまだ来ないので
    致し方なく見守っている

    ワンコもきっと同じかな…

     

    ユーザーID:7170824027

  • 勘違い

    猫にとっては好き嫌いじゃなく 使えそうなやつかどうかです

    犬にとってはどっちが立場が上かって話になります

    ユーザーID:8859680673

  • うちの猫は適材を知っていた

    我が家は3世代7人家族でしたが、猫は自分の欲求に添える適材を知っていました。

    甘えたいときはお母さん(私。構いたがり)、おやつが欲しい時はお祖父ちゃん(義父。すぐにぼしを与える)、外に脱走したい時はお父さん(夫。隙が多いのですぐ逃げ出せる)、静かに昼寝をしたい時はお兄ちゃん(息子。可愛がりもしないがじゃまにもしない)。

    猫って犬に比べて賢くないみたいに言われますが、こういう生活の知恵は犬以上じゃないかと思います。

    ユーザーID:1972934680

  • ホントそうですよね。

    ウチの猫は上の娘28才が一番好きですね。
    上の娘に言わせると、家族それぞれに好きだよ、となるのですが、もう全然違う、態度が。
    娘が帰ってくるとバイクの音で迎えに出、甘ったれた聞く方が恥ずかしくなるような声ですり寄り、床に転がりお腹見せ。娘が座れば膝に乗り、見つめあって仲良くしてます。まあ娘もコマゴマと良く世話をしてますが。
    私なんて通りすがりに指先の匂いを嗅いでもらえる程度ですよ。ああ、格差社会。
    でも猫が好き。見てるだけでも。

    ユーザーID:5728419794

  • うちはちょっと違う

    とても温和な猫で家族の誰にでもなついてるって感じです。

    ただし、なんとなく見ていて娘(成人)にだけはちょっと違う
    一番好いているというよりなんとなく姉妹のようなというか

    娘は暇だとついついネコにちょっかいをかけるんです
    しっぽをいきなりつかんだり、耳をつかんだり
    もちろんちゃんと加減はしてます。
    大抵猫がされるがままで相手にしないので、我慢強いなぁと思うのですが
    度が過ぎると怒ります(あたりまえです)

    で、娘が転寝をしているとわざとお腹のあたりを踏んであるく
    これが結構ピンポイントで効くらしく、娘がぐえっと言って起こされる
    まるでさっきのお返しって感じです

    それに娘がソファで寝転んでると傍にいって自分も寝転ぶ
    時には娘がテレビを見てるとわざとテレビとの間に入り込む

    で、娘が邪魔って声を出すと猫もニャーと言い返す
    まるで口げんかしてるみたいなんです。
    もうね煩いくらい

    で、喧嘩するぐらいなら離れていればいいのに
    やっぱり娘の傍に行くんですよね。

    普段あんまり鳴かないのに、娘にだけは鳴く
    どっちかというと文句を言ってるようにしか見えない。

    本当に仲がいいけどよく喧嘩する姉妹の様で
    猫も老獪になってくると人の言葉がわかるのかもしれないとちょっとだけおもってます。

    ユーザーID:4164838499

レス求!トピ一覧