• ホーム
  • ボディポジティブという考え方について。

ボディポジティブという考え方について。

レス19
(トピ主5
お気に入り10

美容・ファッション・ダイエット

ゆい

私にはとても太った妹がいます。BMIで言うと50を超えています。
まだ10代なのに糖尿病ですし、健康面にも影響を及ぼしてます。なので、食べすぎている時は私も母も妹にグチグチ注意してしまうのですが、最近は「プラスサイズモデルさんに憧れている、好きでこの体型でいる」と主張してきます。
最初はただ痩せられないことを憧れだと偽っているのかと思っていたのですが、最近はファッションやメイクを積極的に楽しんでいますし、本当に自分の体型が好きになったのだと思います。
妹のその発言でプラスサイズモデルというものを最近知り調べてみたところ、海外では流行っている(?)ようです。
妹と同じような体型の方が、綺麗な衣装を着て堂々とモデルをされてるんですね。
ボディポジティブという考え方は、痩せている=美しいという固定概念をなくし、ありのままの自分を愛する。どんな体型も美しい。体型にも多様性を。というような考え方みたいです。
しかし、私の妹のように、その体型に憧れて若いうちから生活習慣病を患い治そうともしない女性が出てきてしまうことを考えると、体型にも多様性をと声を大して言うことがあまり良い傾向に感じられません。(特にモデルさん自身がそのようなことを発信されますと、影響力も大きいと思いますので)
細すぎるモデルさんに憧れて無理なダイエットをすることも悪だと思いますが、その逆も…。
多様性と言うと聞こえはいいですが、肥満や時には拒食の方の言い訳になってしまいそうな気がするのです。(ボディポジティブってどんな体型でも美しいという考え方なので、おそらく肥満体型だけでなく細すぎる方も含まれる)
なので私はボディポジティブに関しては半分賛成半分否定という感じで、妹には健康でいられる程度まで痩せてほしいと願っているのですが、ボディポジティブを推奨している方のご意見お聞かせください。

ユーザーID:7529620797

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
  • かなり賛同しています

    >BMIで言うと50を超えています
    計算すると、身長150cmなら、113キロはあるのですね。私の妻もかなり太いのですが、BMIは最大45程度です。

    「プラスサイズモデル」という言葉は最近、時々聞きますが、単純に言えば、体型や肌の色など「外見」で人を賞賛したり差別するのは止めようという運動の一種だと思い、その意味で賛同しています。

    私は痩せすぎで、中年太り前までは男性なのにBMIが17で筋力もなく、学生時代には辛い事もあったし、就職後は女性に「うらやましい体型」とも言われたりして、複雑な思いでした。だから細かろうが太かろうが、ポジティブに捉えるという考えは素晴らしいと思います。

    >多様性と言うと聞こえはいいですが、肥満や時には拒食の方の言い訳になってしまいそう
    その危惧は正しいと思います。

    ただ、モデルさんはかなり過酷な職業だとも聞きます。だから人一倍健康管理には気をつけているようです。

    妹さんが「プラスサイズモデル」を目指すなら、過酷なスケジュールや移動にも耐えられるよう、体力をつけて健康管理もしなければならないと思います。

    また、ダンス・演技・歌唱なども勉強して身につけないと、モデルだけで収入を得るのは簡単ではなさそうです。

    そういったことを知らず「細いモデル」に憧れて、無理な食事制限をしたり、薬を使ったりして、体を壊したり、中には亡くなる人もいたようです。

    だから、多様性だけでなく、モデルさんはいかに健康管理・体重維持に気をつけているかも発信して欲しいですね。

    体重の増減があれば、撮影に用意した衣服が合わなくなって撮影ができず、すぐクビになりそうです。

    持病があってもモデルはできそうですが、持病がモデルの仕事の邪魔になってはいけません。

    そんな所をよく説明し、妹さんが健康管理・体重管理に気をつけるようになれば良いですね。

    ユーザーID:6138853894

  • それと健康の話は違う

    ボディポジティブの観念と
    健康面の話は全く違う事を話し合った方が良いと思います。

    そもそもBMIだってただの基準にしかならず、
    筋肉質な人なのにBMIが肥満の域に入る人もいるし
    細いしBMIも標準かそれ以下とかなのに
    内臓脂肪はかなり高い人とかもいるでしょう。
    また先天的な事情から太れない痩せられない方もいるでしょうし。

    キレイの価値は人それぞれです。
    太ってようが痩せすぎだろうが、
    それを卑屈に思うのではなく、
    自分に自信を持って行動するというのは
    とても大事な事です。
    これは妹さんの言い分を認めてあげてほしいです。

    しかし糖尿病の話は多分幼い頃からの糖尿病ではなく
    生活習慣からの糖尿病ですよね?
    程度がどれくらいか知りませんが、
    気を付けなければ、色々他の病気を誘発しますよ?
    妹さんそういった危険を全く気にしていないのでは?
    極端な話、足を失ったり、失明するかも知れない、
    そこまでいかなくとも、毎食事血糖値測って
    インスリン打ってっていう生活、それに伴う医療費、
    そういうリスクを負っても今の生活習慣で良いのか、
    こういった健康面の事だけにフォーカスして
    ご家族で話された方がいいと思います。
    多分今まで色々妹さんに見た目の事だけ言い過ぎて、
    妹さんは批判されている、としか思っていないのでは?
    貴方に健康でいて欲しいからということを軸で
    話せば妹さんも受け入れやすいのでは?

    でも結局本人が変わろうと思わなければ
    何も始まりません。
    なので歯痒いかも知れませんが、
    妹さんが自分から行動するまでは
    あまりグダグダ言わないようにされては?

    ユーザーID:8165483446

  • ボディーポジティブには賛成だけど…

    トピ主さんの危惧されていることはもっともだと思います。

    私はボディポジティブの運動には賛成です。特に日本の女性は体型に対するコンプレックスが強いですし、広まって欲しいと思っています。

    でもボディポジティブって、心身共に健康で、が前提だと思っています。特に10代で糖尿病は大問題。糖尿病ってコントロールが悪ければ全身に悪影響がでて、心臓病・腎臓病・頭の血管の病気にもつながります。腎臓を悪くすれば、2日に1回半日病院で過ごす生活になります。
    そうなってはモデル業も困難ですよね。

    痩せるためでなくても、健康的な体でいるために、食生活に気をつけることは必要だと思います。

    ユーザーID:7002863274

  • トピ主です

    遅くなってしまいましたが、コメントくださった皆さん、ありがとうございます。

    詳しく書けませんでしたが、妹は通院や日々のインスリン注射は既に行っていますし、病院では将来的に重大な病気を誘発するリスクを指摘され、運動と食事療法の指導を受けています。(ですが運動も食事制限も本人が拒否している状況です)
    なので本人がそのようなリスクを全く自覚していないということはないと思います…。

    また、プラスサイズモデルという職業を目指しているわけではなさそうです。プラスサイズモデルさんのように、太っている自分に自信を持って生きていきたいという意味の「憧れ」だと思います。

    ネットで調べた程度の知識ですが、ボディポジティブ賛成派の方の中には、「たとえ体型によって健康に害を及ぼしていても、体型を決めるのは個人の自由なのだから痩せることを強要するのは良くない」というような意見の方も多いように思います。(妹もこの考え方のようです)
    ボディポジティブの概念に↑のような考え方が含まれるものなのか分かりませんが、含まれるのだとしたらやはり私はその部分には賛成とは言えない…。

    回答くださった方々のように、健康に配慮した上で、細かろうが太かろうが自分の体型をポジティブに受け入れるということなら、私も素晴らしい考え方だと思うのですが…。

    健康面にフォーカスして、きちんと家族で話し合いの場を設けようと思いますが、もし本人がリスクを理解した上で今の体型を選んでいると言うなら、もう健康になってもらうことを望むのはやめたほうがいいのでしょうか…?

    ユーザーID:7529620797

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • ボディーポジティブ賛成派ですが。

    たとえ体型によって健康に害を及ぼしていても、痩せるのを強要するのは良くない。そうSNSで発信していたモデルさんを私も知っています。
    でもモデルさんだからこそ出る言葉かな、って私は思っています。
    人前に出るお仕事をしてる方って、SNSとかで見ず知らずの匿名アカウントから、不健康そう…痩せれば?とか言われたりするんです。
    見ず知らずの人からそのような失礼でお節介なこと言われたら、仮に不健康だとしてもあなたには関係ないでしょう?って言い返したくなるのは当然だと思うんですよ。(不健康だとしても、なんて言い方してても実際モデルさんで病気の人ってほぼいないと思います)
    決して、健康を心配する家族や友人であっても体型のことに口出ししてはいけない、という意味の言葉ではないと思います。
    人前に出るお仕事なのですから、有名な方にはもう少しわかりやすく発信してほしいと私も思います。でも何より、そんな受け取り方をしてしまう妹さんが一番問題だと思いますね。
    糖尿病は怖い病気です。それを心配する家族が食事制限や運動をしてって言うのは当然でしょう。
    というか、糖尿病まで行かなくとも体を壊しそうな食生活をしていたら家族が注意するのは当然だと思いますよ。
    肝臓壊しそうなくらいお酒飲んでたら飲み過ぎだよって言うでしょ。
    肺癌になりそうなほどタバコ吸ってたらもうちょっと控えてって言うでしょ。
    食事に関して口出しするのも同じだと思ってます。
    しかし実際、食事制限や運動をするかどうかは妹さん次第です。いくらリスクを説明しても今のままがいいと言うなら、もう周りにできることは何もない。放っておくしかないのです。

    ユーザーID:1134785306

  • ランキング

    その他も見る
  • レス読みました

    >たとえ体型によって健康に害を及ぼしていても、体型を決めるのは個人の自由なのだから痩せることを強要するのは良くない

    「健康に害を及ぼす」という解釈が人によって異なると思います。本当に「失明しても良い。足を切断しても良い。自分がいくら苦しんでも良いから、個人の自由だ」と主張しているとは思えません。

    太り過ぎで、血液検査の数値がグレーなら「痩せなさい」や「運動しなさい」と言われるのが普通ですし、体重で膝を痛めるリスクも高いです。それが「健康に害を及ぼしていても」かもしれません。

    医師から見てリスクがあると思っても(害になりそうと見なされても)グレーの数値がグレーのままで、明らかに悪くならないのであれば、薬も出さず「様子を見ましょう」で経過観察となります。私も糖尿の数値はその状態です。

    妹さんは若くてインスリンも常用しているのに、食事制限も運動もしないのなら、いずれとても悪くなるように思います。若年性糖尿病は本人に責任のない病気ですが、将来は同じ経過でしょう。

    >もし本人がリスクを理解した上で今の体型を選んでいると言うなら

    知人に(年取ってからですが)糖尿病が悪化して失明したり、足を切断した人がいます。(理解はしていましたが)見舞いに行って、そのリスクを実感しました。

    妹さんが、直接、そんな患者さんを見たり、患者さんの話を聞いたりしないと、医師の話や糖尿病教室の説明だけでは理解できないのかもしれません。

    食事制限も、悪くなった時の症状も、とても厳しすぎて、聞いても受け付けられないのかもしれません。

    家族の話し合いも良いです。医師にお願いして、妹さんと患者さんが交流する機会を作ってもらうのも良いと思います。

    食事・運動療法で入院し、看護師が同室の糖尿病患者に話すのを聞かせるのも良いです。30歳で糖尿病が判明した人が私と同じ病室に入院し、私の知識が増えました。

    ユーザーID:6138853894

  • 本人次第

    ポジティブな捉え方には賛成ですが、健康を損なってまで追求するものではありません。

    妹さんは同じ家で暮らし、同じ食べ物を食べているのに急に太ったのでしょうか?
    じょじょに太ったのでしょうか?
    身近で見ていて心配ではありませんでしたか?
    何か隠れて買い食いしたとか?
    (アルバイトなどで自由なお金を手にしたとか、時間が有り余って暇だったとかキッカケがある筈)

    食は代替行為になりやすいです。
    さみしさやストレスや欲求不満などを手っ取り早く解消する手段。
    何か根本的な原因があるんだと思います。
    それを本人が向き合って、認めて、生活を立て直すしか痩せないのでは。

    外野がアレコレ注意しても、本人が真面目に取り組まないと意味がない。
    むしろうるさいこと言ってかえって閉じ籠ることもありますからね。
    主さんにとって痩せてほしい理由が例えば「姉妹として並ぶのが恥ずかしい」とか「家族と見られたくない」だったりすると、それは言葉や態度に出ているものです。
    結果、妹さんを傷付けたり追い詰めたりしてる。

    まだ10代ならこれから楽しいことがたくさんあるのに、自ら招いた不健康で可能性の幅を狭くしてしまうのはもったいないです。
    健康か不健康か状態を選べるなら、誰も不健康でいたいとは思いませんよね。
    治療に通っているようですが、妹さんが取り組みやすい方法を考えて貰ったり、本人の心構えを変える方が大事。
    結局は本人次第です。
    モデルの声はたまたま「渡りに船」なだけです。

    ユーザーID:0938542985

  • トピ主です。

    皆さんありがとうございます。
    妹に食事のことや体型こと、病気のことを話すと毎回「ボディポジティブ」という私も母もよく分からない言葉を出して、アメリカではこれが普通で日本人の感覚がおかしいと言われてきたので、考えが混乱してしまっていました。
    やはり健康になってもらうことを望むのは間違っていないですよね…。安心しました。

    残念ながら今通っている病院は、食事制限くらい家庭でなんとかしてください!皆さん普通にやってますから!と投げやりな感じです…。協力的な病院を探して移ることを検討してみます。

    妹が太り始めた原因は、中学生の頃いじめに遭って引きこもってしまったことです。
    ストレス発散の為かたくさん食べるようになりましたが、当時は妹に同情して家族の誰も食べ過ぎを注意することはありませんでした。(その頃は一応母が食事を管理していたので、ぽっちゃりと言えるくらいの体型でした。)
    引きこもっていることに関しても妹を責めるなんてことは誰もしませんでしたし、休日は家族で妹の好きな場所に出かけたり、出来る限りサポートしてきたつもりです。

    病的に太ってしまったのは妹が中学卒業後の15歳の頃、バイトを始めて自分で食料を買うようになってからです。この頃から、ちょっと食べ過ぎじゃない?等の注意はしておりましたが、それから4年ほど経ち現在の状況に至ってしまいました。
    更に、最近ボディポジティブという言葉を使うようになってから体重の増加が加速気味です。

    未だに寂しさやストレスが原因で過食しているという可能性もあるのでしょうか…?
    妹は高校大学には通えておりませんが、バイトは出来ていますし友達もいるようなので、その辺りはもうあまり心配しておりませんでした…。

    ユーザーID:7529620797

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • トピ主です。

    >>主さんにとって痩せてほしい理由が例えば「姉妹として並ぶのが恥ずかしい」とか「家族と見られたくない」だったりすると、それは言葉や態度に出ているものです。

    →私があまり容姿にこだわるほうでもないせいか、そのようなことは思ったことがありません。
    ただ…「これだけ注意したりお願いしたりしているのに妹が自分勝手にこのままの生活を続けて、もし将来多大な治療費や介護が必要になってしまったら…私は援助したくない」とは正直なところ思っています。でも、妹に生活保護を受けながら闘病するような苦しい生活をしてほしいとは、もちろん思いません。将来の幸せのために痩せてほしいというのが本心です。

    ユーザーID:7529620797

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • ボディポジティブというのは

    他人の目を気にせず、自分のありのままを自分の物差しで愛そうというもので、たぶん低い自己肯定感をいったん満たすことが大事だと思います。

    だからトピ主さんも一緒にぽっちゃりファッション雑誌を見て、これかわいーいとか、一緒になって楽しんであげてください。

    そうやっていると、そのうち自分を大事にしたいという気持ちが湧いてくるので、健康面にも気持ちが向いてくると思います。
    痩せる方向にいくのか、お相撲さんみたいに、太っていても筋肉、にいくのかはわかりませんが、次のステップにいくと思います。

    今はしっかり共感!非難はしないでくださいね。

    ユーザーID:9652528026

  • 妹の幸せってなんだろう?

    詳しい経緯をありがとうございます。
    寂しさやストレスの真っ只中だと思いますよ。
    生きることと食べることは密接に繋がっているので、この先もずっと自制との戦いになるでしょう。
    だから妹さん自身が食について、栄養を学び、口に入れるものを全てコントロールすることを覚える必要があります。

    学校に通わずにアルバイトをしているのですね。
    それは本人の希望ですか?
    アルバイトでの将来設計はどのようなものですか?
    妹さんの幸せってどんなものを想像していますか?

    >「これだけ注意したりお願いしたりしているのに妹が自分勝手にこのままの生活を続けて、もし将来多大な治療費や介護が必要になってしまったら…私は援助したくない」
    この正直な言葉を読み直してみてください。
    妹さんの為ではなく、経済的に頼られたくない私がベースになっています。
    つまり「私に迷惑かけないでよ」では妹さんの心に響きません。

    妹さんの立場を推測すると、なぜいじめの最中にもっと親身になってくれなかったのか。
    ひきこもりについて自分の為になる正しい対応をとってくれなかったのか。
    怒りやうまくいかなかったことを、家族にぶつける代わりに言葉ごと飲み込んで文字通り膨れ上がっているのでしょう。
    家の中でも孤独なのだと思います。

    「ボディポジティブ」はおまじないのように心の支えなのでしょう。
    健康な立場から見たら単なる甘えにしか見えなくても、妹さんにとっては一筋の希望の光かもしれない。

    妹さんがやりたいことがあれば日本でなくても留学など環境を大きく変えるのも一つの方法でしょう。
    やりたいことや好きなことないのかな?

    この先、好きな人ができたり就きたい職業が見つかった時に、今のままでいいのか?
    若いうちからアルバイトで楽しいのかどうか。
    本人のやりたいことやれることを応援してあげてほしいです。

    ユーザーID:0938542985

  • 一旦、姉の私からは痩せてと言うのはやめてみます。

    アルバイトは本人の意思なんです…。
    両親は妹が何かやりたいことがあれば学費は出すから大学や専門学校に行って欲しいと言っています。留学なども妹が望めば資金は惜しまないでしょう。私も一時期は通信制の学校や、妹の興味のあるジャンルの専門学校などたくさん資料請求して見せたりしていましたが、特に興味は湧かなかったようで…。
    何もやりたいことがなくても、将来のために一応高卒認定はとったほうがいいよとアドバイスをしています、最近は。

    妹がいじめに遭っているとき、最良の措置だったかは分かりませんが家族中必死に問題に立ち向かいました。
    妹は最初いじめを隠していましたが、同じ中学に通っていた私が、たまたま妹のいじめ現場を発見しました。
    両親に報告したのち、両親と担任で何度も話し合いの場が設けられましたし、いじめている子の親たちを交えての話し合いもありました。
    私も学校では中休みになるたび妹の様子を見に行って、もしいじめがあればその場で注意して先生にも報告していました。
    やれる事はやったつもりですが、それでもいじめが止まなかったので、家族会議で辛いならもう学校に行く必要はないという結論になり、妹は引きこもりました。

    妹自身がどのような将来設計をしているのかは分かりません。
    「幼なじみの同い年の友達はまだ学生かフリーターだし、みんなまだ将来のことなんて考えてないよ」というのが妹の言い分です。
    将来のことをもっと真剣に考えて欲しいとは思いますが、まだ19歳ですし仕方ないのかな…と思っています。

    妹に何かやりたい事があれば全力で応援したいですが、何もないようでどうしたものか…。
    目標ややりたい事がない人ほど大学に行くべきだと思うのですが、中学生の頃のこともあって、大学に通うことを強制するのは気が引けます。
    通信は通信で、やる気がないと続かないと思いますし…。

    ユーザーID:7529620797

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • カウンセリングはどうでしょうか

    イジメがきっかけで食べ過ぎるようになったのなら、内科的治療だけでなく、カウンセリングなどの精神療法も必要ではありませんか?

    内科の医師は糖尿病や太りすぎを問題にするだけで、食べ過ぎとなったきっかけや、その後の気持ちについては、何も考えないのでしょうか?

    なにかしらのアドバイスがあっても良いように思いますが。

    ユーザーID:6138853894

  • うーん、ちょっとご家族が干渉し過ぎている感じですね

    いじめを軽いことと思っているわけじゃありませんが、大袈裟にして、妹さんを学校に戻れなくしたのは、ご家族ですね。

    私の娘も中学時代いじめにあっていたと、告白したのは、つい最近で、娘はもう25歳で、2児の母です。
    娘の姉と同じ部屋にいたのですが、姉娘も全然気づかなかったと言ってました。私も学校楽しくなさそうだな、友達と気が合わないみたいだなと思っていましたが、いじめだとは思ってもみませんでした。
    娘は自分で担任の先生に告白し、保健室に行ったりしながらしのぎ、高校に入ってから、青春がブレークしました。

    妹さんの力を信じて、後ろからサポートするだけでよかったのに、前面に出てきて、引っ込みがつかないようにさせたのは、トピ主さんです。

    そりゃ、自己肯定感も低くなりますし、家族の言うことに耳を貸しませんよ。よくそんな危ない家庭にいますね。本当に行くところないんですね。

    ユーザーID:9652528026

  • 甘やかす期間はそろそろ終わり。

    レスも読みましたけど、正直甘やかしすぎかな〜って思いました。
    いじめが発覚した当時のご家族の対応は素晴らしいと思いますし、学校に行かないという決断も間違っていなかったと思います。ここまでは甘やかしとは思いません。

    しかし現在は、友達もいて、バイトして、ファッション誌読んだりメイクしたり日常を楽しめるくらい回復したのでしょう?
    いじめの傷が完全に癒えたわけじゃなくても、日常生活を普通に送れるくらい回復したと考えていいと思います。
    それなのにフリーターでいることや病気を放置していることを、結果的に「許している」。
    これは甘やかしですよ、さすがに。

    もう19歳、そろそろきちんとライフプランを立てるべきです。ご家族も現在の健康についてはもちろんですが、妹さんの進学や就職についてももっと真剣に話し合うべき。

    「幼なじみの同い年の友達はまだ学生かフリーターだし、みんなまだ将来のことなんて考えてないよ」
    本当にそうでしょうか?大学1年や2年では、たしかにまだ明確にやりたい仕事が決まっていない子も多いと思います。でも、ほとんどの子が就活に備えた準備くらいはしてると思いますよ。
    19歳で何も考えずフリーターしてるのはどう考えても大問題。

    体型と同じように、引き返すのが難しいところまで行ってからでは頑張るのも大変です。
    まだ19歳だから…妹は辛い経験をしたから…と甘やかすのではなく、厳しい態度も妹さんのためだと思います。

    少し体型の話から逸れますけど、多少無理やりにでも大学に通わせたらどうでしょう?(きちんと進学しなさい、それが出来ないならもう実家で養えませんから就職して自立してください、という態度で)
    無理やり、と言っても、もちろんご家族で勉強をみてあげることや話を聞いてあげること、出来る限りサポートをしてあげてください。
    (続きます)→

    ユーザーID:9820925259

  • 続きです

    トピ主さんの将来経済的に援助したくないという気持ちも、妹さんの将来設計の無さから来ていると思うんですよね。
    糖尿病の治療も大事ですけど、妹さんに自立する力をつけさせる、努力させることも大事ですよ。

    それに、大学に通ったら健康的な体型の子がたくさんいます。
    共学なら男の子もたくさんいて、妹さんに好きな人ができるかもしれない。
    いろいろな人と出会って食べる以外の楽しみを見つけられるかもしれない。
    そういう環境に置かれたら、自ずと痩せるんじゃないでしょうか。

    妹さんからしたら学校に通うこと自体多少トラウマかもしれません。しかし大学では固定のクラスもないですから、いじめは少ないです。
    ですからそこまで心配する必要はないし、家族が過保護になりすぎるのもどうかと思います。 
    少し厳しい意見ですみません。

    ユーザーID:9820925259

  • レスありがとうございます。

    文字数の関係もあり、全ては書けず情報がいろいろと後出しになってしまいすみません。
    カウンセリングは、引きこもり始めてしまった頃受けていました。期間で言うとたしか1年くらいです。
    妹がもう必要ないと言ったことと、カウンセラーさんももう大丈夫だと思うと言ってくれたことで、通うことはやめてしまいました。
    しかし今の妹にも、またカウンセリングが必要でしょうか…。

    過干渉というやつですかね…。
    いじめに遭っていた当時、両親も私も妹にどうして欲しいか気持ちを確認してから行動していました。(親が介入していじめが酷くなるケースもあるでしょうし、本人が助けを求めないのに勝手に動くのはダメかなとは一応理解していた)
    結果、妹は私たち家族に助けを求めました。
    いじめられている妹が助けを求めているのだから、家族として出来る限りのことをしてあげなければと全力になっておりましたが、たしかに過干渉と言われればそうだったのかもしれません…。
    反省です…。

    甘やかしている自覚がないわけではありません。
    しかし…健康状態すらまともではない妹が、進学就職などの大きな壁を乗り越えられると思えず、まずは健康を取り戻してもらおうというのが我が家の考え方でした。
    この考え方こそが、過干渉・甘やかしなのでしょうか…?

    こちら母とも一緒に見ておりますので、皆さんの意見を一緒に読んで、話し合っております。
    本当にたくさんありがとうございました。
    よろしければまたコメント頂けたら嬉しいです。

    ユーザーID:7529620797

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • カウンセリングについて

    >妹がもう必要ないと言ったことと、カウンセラーさんももう大丈夫だと思うと言ってくれたことで、通うことはやめてしまいました。

    どの時点でカウンセリングを受けたのか不明ですが、そのときは、妹さんも、おそらく「普通」でいたのでしょう。

    できれば、同じカウンセラーにお願いできれば当時の状況も知っているし、良いと思います。

    >この考え方こそが、過干渉・甘やかしなのでしょうか…?
    これについても、トピ主さんやお母様がカウンセリングを受けるのが良いと思います。

    「過干渉」だったかもしれませんが、そこまでやるのなら、家族会議で「学校へ行かなくて良い」と決めた後に(引きこもりはある程度許しても)別の勉強方法や高校への進学方法を家族として考えて提示したり、ある程度は強制すべきだったと思います。

    つまり、干渉するなら区切りがつくまで徹底的に干渉すべきだったと思います。(これは下記、河合隼雄先生の「こころの処方箋」を読んでの私なりの解釈です。良かったら読んでみてください)

    妹さんへ家族がどう考えるのか、カウンセラーがヒントをくれたり、家族みんなが考えることで、良い方向に向かうかもしれません。

    私は臨床心理学の河合隼雄先生の本をよく読みました。

    心理的には、Aの解決後に、Bを解決すれば良い。と、順番に解決するものでもないし。妹さんだけがカウンセリングを受ければ良いのでもなく。

    家族の対応も、過去のいろんな行動や経験も含め、全体が今現在につながっているので、みんながカウンセリングを受けてカウンセラーと一緒に解決策を考えて行けば、少しずつ全体が解決していくように思います。

    とはいえ、私の考えが良いかどうかはカウンセラーの判断に任せるべきです。

    カウンセリングのやり方も、家族みんなが同時にカウンセリングを受けるのか、個別にカウンセリングを受けるのかはカウンセラーの考え方次第です。

    ユーザーID:6138853894

  • 未成年の病気の責任

    お母さんも読まれているとのことなのでご両親に向けて書きます。

    未成年の生活習慣病は親の責任が大きいです。
    なぜ同じ家に暮らしながら、妹さんが太ってゆくのを見過ごしたのでしょう。
    1日2日で太るわけではありません。
    何年も放任し続けた理由はなんですか?
    子どもが病気の怖さを知らなくても、親なら子どもが理解できるように説明するべきでした。
    糖尿病は一生治りません。
    大変な病気だからこそ、その手前で生活を見直し避ける必要がありました。

    いじめというキッカケがあったのは気の毒です。
    しかし家に引きこもることを容認し、教育の権利・学びの場を奪ったのは残念です。
    まだ学生であるお姉さんに任せてなんとかなる問題ではありません。

    アルバイトといっても働いて給与を得るのはストレスがつきもの。
    お姉さんや同年代の友人が学校生活を満喫する一方、病気を抱えて更に太り続け…歪んだ家庭環境といえます。

    親が亡くなった後に一人で生きていけますか?
    病気のせいで短命の可能性も高いですが。

    将来、お姉さんが結婚を考えた時、妹さんが原因で破断となることも有り得ます。
    きょうだいリスクは本人だけでなく未来の子世代まで影響します。

    本来の「ボディポジティブ」の意義を調べてみましたが「セルフラブ」が根底にあるようです。
    未成年のうちは無条件で親から愛されていい年頃ですよね…「セルフラブ」を主張せざるを得ない妹さんの悲鳴のように感じました。

    今から妹さんの健康を取り戻すために出来ることは、グチグチ文句を言うのではなく、理論的に分かるように説明し、一緒に徹底的に実践することでしょう。
    食だけでなく運動や生活そのものを見直す。
    長年の不摂生が引き起こした病気ですから治療は倍以上の年月がかかると思います。

    これは親の責任です。
    妹さんの人生を償いましょう。

    ユーザーID:0938542985

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧