ずっと冴えない私を輝かせたい

レス19
(トピ主1
お気に入り24

趣味・教育・教養

キラキラ2

子供の頃から今日まで、ずーっと何かの一番になることはなく、必死に頑張って三番目とか。子供の頃の水泳も、かけっこも、勉強も。
一度かけっこは一等になりましたが、今思えばどうも、遅い人と組んでいたもよう。
いい方も三番くらいしか経験がないし、一度勉強が嫌になって一切勉強しなかったのに、それでもクラスで下からまた三番目、、、

まぁまぁできると思っても、順番つければ三番くらいです。

いま、趣味の語学でありがたいことに超一流レベルの方と接触しますが、あんな風に出来て見たかったな〜と雲の上をみるようですが、みなさん気さくに接してくださいます。なんとなく、一緒にいろんなことしてると同じように勉強もできたり出来なかったりしてるうちに、同様に読んだり話せたり出来るようになり、かなり厄介な士業の代行も独学でできる範囲で片付けられることも分かり、、、、若い頃の勉強できないコンプレックスはなんだったろうか、、とすら思います、、が、

なんというか、一貫して私冴えないんです!
出来る方って、他の事なんでも出来てしまって格好いいんです!
どんぐりの背比べなら、瞬間的に何かあるかもしれませんが、人より優れたところがないんです。一生こうなのか、、と思ったら、なんだか寂しい気がします。

キャリアもぱっとしないどころか、お粗末。
じゃぁ、不幸せか?といえば、日々暮らせてそれなりに幸せだと思えるし、、、

私は冴えないから幸せなのでしょうか?
かなり努力しても、ずーっと冴えない。
いつか報われると思って生きてきましたが、生きてる証に一花咲かせたいようなそんな気がしてきました。

周囲の友人も、勝ち組っぽかったんですが、広い視野でみたらお粗末な結果だったことが分かってショックです。彼女がお粗末なら、私は藻屑、、なのに幸せ?
なにか達成できたとか、自信みなぎるとか、、それなりに解決ついた方教えてください。

ユーザーID:5887935327

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
  • 他人と比べない

    自分は自分じゃないですか?
    なぜ他人と比べるのでしょうか・・・

    上には上がいるわけで、比べている限りトピ主さんは輝かないと思います。

    ユーザーID:0389737388

  • 冴えない冴えないって汗

    トピ主様がおっしゃる冴えないって何でしょう。
    そこそこお幸せならば、冴えないって事はないと思うのですが。
    もしかしたら何かの分野で1番にならなければ冴えないって事?
    よくわからないけど。


    何かの分野で輝ていて自信に満ちた人って
    それだけ努力してるはず。

    努力の上に実力をつけて、真面目に取り組んでいる人をみたら
    冴えてる人にみえるのではないかな。

    ユーザーID:5259682315

  • トピを拝見して

    思い出しました。

    私はとある大学で教員をしているのですが、大学院時代は決して出来るほうではありませんでした。
    もっとキラキラな先輩が多い環境で、静かに地道にほどほど力を抜いて、でも最後まで走り切り卒業しました。

    で、ようやく仕事もキャリアも落ち着いてきた現在、ふと大学院時代の仲間を検索すると、今もキラキラの魔法が続いて活躍できている人の少ないこと。
    あれ!嘘。と思うほど。

    要は、人生何があるか分からないということです。
    おそらくトピ主さんは現在のところ、ずば抜けた何かは見出せていないけれど、順風満帆な人生を送っていらっしゃるとのだと拝察します。
    それでいいのだと思います。常に一定の努力をしながら、無理し過ぎないこと。
    これが大事だと思います。

    ユーザーID:9028652535

  • 輝いている人は輝きたいとか思っていない

    トピ主によく似た知り合いがいました。
    努力家で能力もあってハタから見れば十分すごい人なのに、人と比べて現状に満足できない、「超一流」「格好いい人」にやたら憧れる。一方で自分の業績をアピールせずにはいられない。その人も口癖みたいに輝きたいって言ってましたね〜。そういえば、「勝ち組と思っていた知り合いも広くみればお粗末」によく似た発言をして周囲にドン引きされ、友達をなくしてました。悪気はないんでしょうけどね。

    その人は3人きょうだいの真ん中で、姉は最初の子だからと可愛がられ、妹は末っ子だからと可愛がられ、自分だけ可愛がられなかったというようなことを言っていました。トピ主さんは、親御さんとの関係はどうでしたか。頑張って3番になったのに褒められなかったのがトラウマとか、ないですか?

    周囲を見ていて「輝いている人」は、別に飛び抜けている人だけじゃないです。社会的ステータスのない仕事でも誇りを持って楽しくやっている人は輝いています。「超一流」でもなぜかコンプレックス強くて冴えない人もいるし。輝いている人たちは、そもそも輝きたいと思ってないんですよ。

    ユーザーID:1485903907

  • 足るを知る・・・かしら?

    トピを読んでいてタイトルの老子の言葉を思い出しました。


    トピ主さんは、20代とかお若いのかな?結構幸せな人生だと思いますけどね。ちゃんと努力なさっているじゃないですか。トピ主さんを羨ましいと思っている友人もいるかもしれませんよ。


    わたしも若いときは、華やかで自信に満ち溢れた友人を見て羨ましく思いましたが、40代も半ばになると特に女性は人生いろいろ。幸せそうに見えてもそうでない人もいます。


    大波小波の人生よりも凪の人生のほうが、幸せだったりしますよ。あまり他人と比べても詮無いことです。他人と優劣をつけて己を冴えないと決めつけているトピ主さんはかっこ悪いです。


    トピ主さん自身の内面を磨いてください。

    ユーザーID:4856136388

  • 学ぶランキング

    その他も見る
  • 今ある線路の上を歩くとそうなる。

    他人の評価軸の上に乗せると、当然上がいたり、その評価の先に当の他人がいたりするわけです。
    本当に輝いているのは、自分の評価軸で進んでいく人です。 自分の評価軸だから、めったな事で他者の追っかけにはなりません。

     別に一つのことに飛び出なくたって、合わせ技だってあります。その比率を変えたら、軸の数は無限大です。

     そもそも、輝けるという評価は誰が付けるのでしょうか?
     他人に頼ってませんか?

     例えば、あるスポーツでトップランナーを行く人がいたとしましょう。 そういう人は才能があるとか、人一倍努力したとかもあるかもしれませんが、量なり方法なり、他人と違うことをやっていたことは確かです。 そして、それが他人と違うことで発生する不安をはねのけた人でもあるのです。 (ケガの可能性と紙一重の世界だから、半分命がけやね。)

     この孤独感や不安感を感じずに、あなたが追い求める輝けるものには行きつかないように思います。 どう思われます?

    ユーザーID:9126100407

  • とりあえず目をキラっと開いてみよう

    よくファッションセンスのない人や職場で目立たない人を「冴えない感じ」と女子が小ばかにしますが正直「あっそう」です。
    冴えない、地味なら派手に仕事をすればいい。
    冴えない服装なら派手目のものをチョイスすればいい。
    冴えない性格なら飲んだときくらいトラになっても許してくれ。
    冴えない外見なら中身で勝負だ。

    地味で何が悪い、上等だと聞き流している。

    女性ならメイクや服装で「冴えない」から確実に脱却してみてはどうかな?
    仕事や性格ななんとでもなるでしょう。

    ユーザーID:9808080552

  • トピ主さんは、今冴えている!

    誰かに嫉妬するのは自分の欲しいものを知るランプだと思います。
    例えばオリンピックに出場している重量挙げ選手に嫉妬しませんよね。それは自分がなりたいものではないから。
    逆に出世した友人に嫉妬したら「自分は出世がしたいんだな」、字の綺麗な人を見て恥ずかしくなったら「私は字が綺麗にかける様になりたいんだな」と気づき、その方向へ向かって自分を進めれば、「昨日の自分より冴えてる今日の自分」になれています。

    トピ主さんは子供の頃勉強が得意ではなかった自分から、語学を習得して活用できる自分になっているではないですか。
    それが輝く今、冴えてる私なのではないでしょうか。

    ユーザーID:7898191201

  • 「優れる」と「幸せ」は関係ない

    語学の勉強をされているとのこと。

    日本語で「優れる」は、動きのことばですね。他の者を抜き去るような雰囲気がありますね。勝つ、斬る、食う、も同じ動詞です。
    「幸せだ」は状態を表していますね。静かだ、暖かだ、も仲間です。

    「優れる」と「幸せだ」は関係のないことばだと思います。ただ、何かに優れていることで、他人を幸せにするために苦労を負う能力がある…可能性があるかもしれないなと思います。

    ユーザーID:8680699136

  • レスします

    どういう状態なら冴えてるのか
    何を映えと感じるかは
    あなたが決められるんですよ?

    宮沢賢治は死ぬまでたくさんの物語を書きましたが、
    亡くなってから大勢に受け入れられ、読まれるようになりましたよね

    生前は売れっ子作家ではなかった
    でも、宮沢賢治は自分を“冴えない”と卑下していたと思えないんですよね

    自分のやりたいことをやり、生きたいように生きている人は輝きこそすれ、冴えないという言葉は当てはまらないと感じるのですが。

    自分の生き様に満足していないばかりか、
    他人の生き様をも冴えない、とこき下ろす
    あなたの苛烈な一面。

    そこを改めない限り、いつまで経っても何をしても
    満足出来ないのではないでしょうか。

    ひと花咲かせる
     
    どうやって?
    あなた一人で出来ますか。

    ユーザーID:0598961137

  • ローリスクローリターン

    と言う感じですかね。

    それはそれで良い人生だと思いますけど 輝きたい!とおっしゃるなら筋トレをお勧めします。

    トピ主さんが何才の方か分からないけど 年令を重ねるにしたがって 顔の造作よりも身体の美しさが目立ってきます。

    顔は生まれつきだけど 身体は努力の賜物で おいそれとは手に入らない事をみんな知ってるからです。

    そして鍛えられた身体を持つと 自信が生まれます。
    (女性の場合 腹筋はバキバキに割れるには程遠く 一般的な鍛え方では縦に筋が入ります)

    綺麗な身体の人は冴えますよ。

    ユーザーID:0242900610

  • 一流のひとたちは努力することが楽しい

    周りにもすごいなあと感心してしまうひとたちがいますが、

    すばらしい才能があるひとたちというのは、それが何より好きであり、
    それに対してものすごい集中力があり、努力することを惜しまない
    という気がします。

    超一流のひとたちと接することだけでもとても幸運だと思います。

    昨日たまたまそういうすごいひとからと話していたのですが、

    「くよくよ悩むうちはまだまだ目の前のことに集中していない」
    というお言葉をいただきました。その通りだと思っています。

    ユーザーID:3275293738

  • 向き不向きがある

    いるんですよ。勉強したらスバ抜けた頭脳を生かし簡単に習得する人って。
    スポーツや芸術に至ってもそう。
    先生があれこれ言わなくてもコツが分かっているのか、向いているのか
    直ぐに成果が出る人がいる。彼らはひっそりと見えない所でも努力しているし、真面目です。でも努力して彼らと同等になれるかっていったらNOなのです。
    私もあんな風にできるようになるかな?冴えないからキラっと目立つ存在になれるかな?なんて。
    今どき小学生でも自己限界がわかりますよ。じゃあどうしたらいい?
    自分にピッタリとあうものを探した方がいいのです。
    自分の特性を生かしたことにチャレンジした方がうんと輝きます。
    例えば、水泳選手に向いている強靭な肩を持つなら競技や球技をすればいい
    人ととにかく話すのが楽しい、誰かを笑顔にするのが得意だとすれば
    人と接する仕事を選べばいい。
    精密な作業が得意なら何か伝統工芸品をつくる仕事がないか探したらいい
    勉強が得意で本能的にコツを分かっている、人が「大好き」なら教壇に立つ仕事を選べばいい。
    今まで「冴えない人」というカテゴリーに属する人に出会ったことがないので
    わからないのですが「目が(心?)死んでいる」人に出会ったことがあります。
    本来人嫌いなのに無理に人と密着するカテゴリーを選んでいたり、競争が苦手なのに
    競争社会に身を置いていたりする人です。
    本当の自分にウソをついて何かをしていても偽善的で違和感があるのです。
    仕事や人を好きだと思えている人は生き生きとして
    冴えないどころかきらきらオーラが凄い。気迫に圧倒されます。
    「好きな人や好きなこと」とかないのですか?

    ユーザーID:5358921618

  • 冴えない私でも世は恙なし

    人生五十年も生きていると、雨露しのげて、三度ご飯が食べられて、病もなく健康で、にこにこ笑って暮らせれば、輝いてなくても別にいいんじゃないかと思います。
    別に一番でなくても、二番手の行く高校に進学して、それなりの大学に進学して、しかし結婚には恵まれたのか、花形医師と結婚、家庭を築いたお友達もいれば、一番じゃなくて、同じく二番手の学歴だけど、好きな人と結婚して、息子さん二人とも、一流私大に進学、一流老舗企業に就職しているお友達もいます。私の地元では、二番手高校の隆盛がすごいです。
    とかく一番というの問題が多いのか、かならず栄達するとは限らないです。
    一番の人が常に輝いているかといえば、それはNOでしょう。
    ただ人生は最後まで投げないことが大事だと思います。一番じゃなくても人生はあるし、世の中に受け入れられれば、それなりの栄達はある。

    冴えない私、ドジな私、結構ではありませんか。自分を投げ出さないで、自分流に生きていく、そういう人生観を育んでください。

    ユーザーID:6931502082

  • 例えばどのように?

    輝かせるとは?
    例えばどんな感じが理想ですか?

    >いつか報われると思って生きてきましたが、生きてる証に一花咲かせたいようなそんな気がしてきました。

    トピ主さんが思う「報われた状態」って例えばどんな感じをイメージしてますか?

    多分トピ主さんは気付いてないだけだと思いますが、そこそこ優秀なんですよ。
    「そこそこ」自体がダメなのかな。
    3番目にだってなれない人がたくさんいますよ。
    トピ主さんの目標が高いから3番じゃ不満なんだと思います。
    かといって、下を見て満足しろと言ってるのではないですよ。

    趣味の語学で超一流レベルと接触できるだけでもすごいですよ。
    なんとなく見様見真似でやってるうちにできるようになったり、士業の仕事も独学でできるようになったんでしょう?
    努力家だしすごいと思いますよ。
    でもなんだろうなぁ・・・
    「常に現状に満足することなく上を目指す」というのともちょっと違うんですよね。
    どちらかというと「常に現状に不満」が近いのかな。

    例えば。
    オリンピックに出て、3位までに入れなかった選手ががっかりしてる場面がありますが「オリンピックに出るレベルにいる」こと自体がすごいことだと思うんですが、選手の基準はそこではないんですよね。
    「そこにいるのは当然」であって、そこでメダルを取ってこそなんですよね。

    東大生も入学後に「上には上がいる、自分なんでお呼びじゃない」と落ち込む人もいます。
    凡人からすると「東大生!」なんですけどね。
    トピ主さんは立ってるステージの中で(トピ主さんが思う)いまいちな位置なんだと思います。
    だけどそのステージ自体、他より断然上だったりしそうなのに。
    他人と比べても、キリがないですよ。
    今から老後のためにゲートボールでも極めて1位目指しますか?

    ユーザーID:2208297554

  • やっぱりぱっとしないですよ

    しょうもないもやもやに、おつきあいくださりコメントくださったみなさまありがとうございます。

    褒めてくださってる方もおられて恐縮ですけど、、ほんと凡人には時間かかりますけど誰にでもできることだと思うので、なんかができた達成したという実感がないです。

    もともと競争も人の目も関心がないので、自分の興味のあることしかしないのもあり、人に自慢できるものがないわりに幸せ感が高いのだとおもいます。

    「何かに秀でる」のと「幸福」と「キラキラ」は、確かにすべて違う項目ですね。親類に「秀でていて、キラキラ」な人がいますが幸せではないようです。会ったら分かりましたが、身の回りの人を大事にしない人(要は根っこが無礼)でした。友人に、「会社に戻ってくるなって言われてるの(営業だから)」と話す人がいますが、多分私の身近な人の中で一番幸せな人です。だって、家事と子育てはご主人がすべてやってくれるそうで、自分は仕事と習い事にいってればいいし、子供もいて家族がみんな元気な人です。
    学生の頃のキラキラした友人は、今もキラキラしてます。なにしろタフです。今も昔も活躍してますが、そもそも私たちの社会ヒエラルキーの立場が下の方だったので、そのあたりでキラキラしてます。たぶん、自発的に自分の目標を達成してるからキラキラしてます。

    今、自分のそばでおつきあいのある天井のエリートさんたちは、、思えば特にキラキラはしてないですね、、仕事の仕方が鮮やかだったり、仕事のしすぎで満身創痍だったりしてます、、。ほんと尊敬します。自信を持ってる人のイメージとは違います。謙虚だし、、努力を惜しまない。何かするときに迷いがない。やってどうするとか考えない。

    このどこにも当てはまらない私は不幸か?といえば幸せだけど、取り立てて何もない冴えない感じだなと思いました。

    ユーザーID:5887935327

  • スタンドプレーが好き?

    >ほんと凡人には時間かかりますけど誰にでもできることだと思うので、な

    そうやって、自分や他人を馬鹿にしているようでは、キラキラなどしようがありません。

    傍からキラキラして見える人には二通りあって、その一つは周りの評価は気にせず、自分のやりたいことをやっている人です。もうひとつは、似ていますが周囲の迷惑やフォローを気が付かず、自分のやりたいことをやっている人です。
    どちらにも共通しているのは、「キラキラしたい」と思ってはいないということでしょう。

    ユーザーID:7812475969

  • 承認欲求なんだろうな

    どこぞの大ヒット曲じゃないけど、No.1ではなくてOnly Oneであればよいと
    思えるかどうかじゃないでしょうかね。

    人間の欲というのは限度が無いからね。
    1つ上を目指すと、その上が必ずいるんだよな。

    他者からの承認だけを欲しがるとそれは苦しいものだと思う。
    だからこそ自分自身を認められるかってことが大事なんだけどね。
    自己肯定感の行き着く先でしょうかね。

    トピ主さんのような人は結婚して伴侶に恵まれ、お子様を授かっても
    どうしても比較してしまいそうだよね。

    お子様がかけがえのない存在と思ってくれても、
    お子様さえその育て方や成績とかで他人と比較してしまいそうだ。

    トピ主さんはさ、上を見ずに下を見たらどうだろうか。
    それは他人と比較して自分の方が上だという自己満足じゃないよ。

    今の自分で周囲に対して何をしてあげられるかということだ。
    別に施しとか恩を売るとかじゃないよ。

    『記録より記憶に残る人』という表現があって、
    世間一般ではさ、重大局面とか大一番で活躍できる人を指すけどさ、
    でも直接係われる人なんて誰もがそこまで莫大じゃない訳で、
    その限られた係わった人たちから良くしてもらったとかで十分じゃない?
    係わった誰かの記憶に残ればそれで十分幸せだと思うし、
    その人たちから見ればトピ主さんはキラキラなんだよな。

    それか、色んなものを削っていって『有難み』を知るのも良いかもよ。
    例えばですが、短期間でも断食をしてみるとか。
    一応は胃腸をリセットする効果など乱暴でないなら健康のためになる。
    そうやって俗世の欲のようなものを断って、その後で食べるお粥だけでも
    とびきり美味しく感じるんじゃないだろうか。

    俗世から離れるなら、お遍路さんでも発展途上国をバックパッカーで
    旅行をするでも良いと思うけど、違う世界を見たら価値観も変化するのでは?

    ユーザーID:5230108302

  • 才能だと思います

    何だか話が複雑になってきましたが・・・。

    キラキラが「華がある」という意味なら、それは才能です。
    努力して身につくものではないと思います。

    どんな人だって、幸せややる気に輝いて「キラキラ」するときはあると思います。
    花嫁さんはキラキラしているし、仕事で「やるぞーっ!」て燃えている人もキラキラしているし。
    でも、トピ主さんが言っているのは、そういう意味じゃないんですよね?

    役者さんで考えればわかりやすいです。「華がある」のは、美人やハンサムとは限りません。演技力とも限りません。演技力は第一線を続ける上ではとても大事なファクターですけどね。華があるのは、理屈じゃありません。

    「華がある」のは才能です。持っていない人は一生持てません。あきらめるしかないと思います。

    トピ主さんがお気づきのように、「華がある」と幸せは、基本的には何の関係もないと思います。華があるゆえに、周りから妬まれて凡人にはない苦労する。。。とか、そういう風に関係はすると思いますが。
    トピ主さんの二度目のレスは、才能のない人が理屈をこねくりまわして妬んでいるように見えてしまいました。幸せならいいじゃないですか。世の中の9割以上の人は「冴えない」ですよ。

    ユーザーID:9886079398

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧