この時期は小アジの唐揚げ。

レス13
(トピ主6
お気に入り11

男性から発信するトピ

さかなさん

釣り好きが高じて魚料理が趣味となりました。
釣りは近場だけのささやかなものですが、季節ごとに釣れる魚は多様で、隣の市の魚市場に足を伸ばせばさらにいろいろな魚介が手に入ります。
この辺りではもうすぐケンサキイカの旬を迎え、今から楽しみです。
皆様のお好きな魚料理を、教えていただけませんか。

ユーザーID:1702576797

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
  • 「摺り流し」作りました。

    アジを刺身におろして、頭と中骨、腹のすき身はグリルでこんがりと焼きます。
    焼いた頭は水を張ってこぶなど入れて弱火で出汁を取ります。
    中骨と腹の身はほぐしてすりごま、白みそを合わせてすり鉢で摺ってから軽く表面を炙って焦げ目をつけておきます。

    頭の出汁で上記の味噌をといて、薬味は大葉、ミョウガ、千切りの生姜とネギ、白ごま、もみのりなど。

    アツアツのごはんに薬味を好みで乗せて摺り流しをかけて頂きます。
    刺身よりこっちが人気(笑)。

    ユーザーID:8669496663

  • やはり刺身ですね

    この時期は
    とれたての
    うるめいわしの刺身は一番の好物でした。

    きびなごの刺身もえもいわれぬ旨さです。

    アジは刺身も美味しいですが、塩焼き、唐揚げ(塩こしょうをして小麦粉少々)のあんかけ、アジならではの風味が堪りません。
    青魚ですが、上品です。

    ちょっと時期が過ぎましたが、

    二月から三月かさごの味噌汁は天下一の味です。
    めかぶを叩いていれると、食感も加わりまた一味違って美味。

    これから夏には、
    イサキが旬を迎えますね。
    焼いても。刺身でも。

    真夏は残念ながら何もないけれど、実は私は
    べら、好きなんです。
    塩焼き一択ですが。
    炭火で焼くと、皮がパリパリになって、身の水分もほどよく飛んでしっとりと美味しい。

    秋からは、もう、どんどん魚が美味しくなるのでね。

    私の一番の好物、それは冬場のカワハギの味噌汁です。
    これは、抜群です。
    こちら都会では肝で刺身を頂くようですが、火の通った肝の甘さは、生では味わえないと私は思っています。

    あ、忘れてた〜。

    タイのお吸い物
    タイの茶漬けです。
    これは、もう、何も言えねぇ、です。
    田舎の父が作ったタイ茶漬け、魚嫌いの息子は三杯おかわりしました。

    魚、生臭くないのよ、とれたてはね…。

    ユーザーID:9197991110

  • タチウオとヤリイカ

    今は亡き父親はバカが付く程の釣り好きで、高齢なのに夜討ち朝駆け、車をぶっ飛ばして今日は外房、明日は横浜(釣り宿があるらしい)、タフな老人でした。

    たくさん釣れると帰りがけに、私んとこに寄って魚を置いて行くのですが、食べて美味しかったのはタチウオとヤリイカ。タチウオは塩焼きにすると美味この上ない。

    ヤリイカは近年、高級な食材になってしまいました。父親が、よく置いていった40センチ級は先日、千住の市場に行くと一杯3,500円もするので驚きました。釣りたてのヤリイカの刺身は、驚くほど甘くて歯触りが良い。

    もう二度と、あんなヤリイカは食べられないかもしれません。

    ユーザーID:3178584337

  • トピ主です。ありがとうございます。

    さっそくレスをくださった方、ありがとうございます。

    黒猫様。
    摺り流し、知りませんでした。美味しそうですね。私もなめろうに中骨を叩いて入れますが、これが肝心ですよね。アジとたっぷりの薬味、もうそれだけで美味しそうです。

    おばはん様。
    凄いバリエーションですね。キビナゴの刺身、私も大好きですが‥カサゴとめかぶを一緒に味噌汁ですか?驚きです。来年めかぶの時期になったらやってみようかな?少し怖いような‥

    ユ様。
    タチウオ美味しいですよね。煮付けにしたら脂が上品で家族にも好評でした。
    お父様のヤリイカ大きいですね!イカは種類ごとに食感も甘みも違って、それが良いですよね。
    まだ小さなスルメイカをバター醤油でサッと焼いたら、絶品・・
    みなさん、ありがとうございます。

    ユーザーID:1702576797

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • かさごの味噌汁

    カサゴは汁に入れると大変上品な出汁がでます。
    まだ三月のものは脂も乗りきって、身もしっかりとしてほろりと骨から離れて、味わい深いです。

    まず、味噌汁を作って、汁と身と味わった後に、汁だけの味噌汁の中に叩いたメカブを入れます。
    魚の味噌汁は、味噌の風味が飛ぼうがぐらりとするまで火を入れるのが我が家の味です。
    ぐらりとした汁をメカブの入ったお椀に入れると、さっと、色が変わります。
    お箸でメカブを混ぜるととろみが出て…。
    そこで、一口、やけどに気をつけながら(笑)すすります。
    う〜ん、と唸るほど美味しい。
    季節ならではです。
    是非一度お試しください。

    カサゴは小さめのもので充分、二、三匹入れるとよく出汁が出ます。

    ユーザーID:9197991110

  • 男性発ランキング

    その他も見る
  • おばはん様。それは美味しい。

    ありがとうございます。
    カサゴを食べた後にめかぶを入れるんですね。
    初め、トロトロのめかぶ汁の中に浮いたカサゴを想像して、どう食べるんだ??と思ってしまいました。
    後出しになりますが、私は青春時代を小さな漁村で過ごしました。当時大好きだったのはムツの味噌汁です。今の時期だったと思いますが、小ムツが回遊してくるのを仲間と堤防で釣って味噌汁に。フワフワの身と綺麗な脂と、刻みネギの香りと。最高でした。
    味噌が沸こうがお構いなし。私も同じです。

    ユーザーID:1702576797

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 連投失礼します

    そうなの〜。
    ネギです、ネギの香りと共に頂くとれたての魚の出汁のお味噌汁は、海のそばに住んだ者の特権です。

    私の集落では貰い物の同じ種類の魚がお隣さんで行き交ったりします。

    すぐ料理してすぐに食べる。

    魚はこれでないと、生臭くなってしまいます。

    魚は骨があるので、おつゆは気を付けないと危なくて食べられませんよね(笑)
    メカブのトロトロを先に食べるか、魚を先に食べるか迷います(笑)

    ユーザーID:9197991110

  • ありがとうございます。

    おばはん様。
    海辺に住む特権、ありますよね。漁師のおじさんにもらったタコも美味しかった。つまらないと思われがちなソウダガツオも、新鮮な刺身は美味しかったなあ。干物でも、各家庭で塩加減、干し方にこだわりがあって、近所の干物名人さんの干物、スーパーのものとは別物でした。
    思い出の漁村にはこれまでもたまに通っていたのですが、コロナの騒動でしばらく行くことができず、郷愁に駆られてこのトピを立てさせてもらいました。
    調子に乗って名産物などを挙げると、すぐに場所が特定できてしまいそうなので、難しかったです(笑)

    ユーザーID:1702576797

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 煮魚も良いですよね。

    お気に入りにしてくださる方、エールなどをポチッとしてくださる方が今もいらっしゃるようで嬉しいです。ありがとうございます。
    もう少しだけ書いてみます。
    このトピをご覧になる方は、魚料理がお好きな方が多いかもしれませんが、いつか、魚料理に苦手意識のある方がこのトピを見るかもと勝手に仮定して、私の超簡単な煮魚の作り方を挙げてみます。
    ・鱗はしっかり落とす。ハラワタも出す。
    (スーパーなどで処理済みのものでも、雑なことがある。)
    ・青魚などはクッキングペーパーの上から霜降りにする。ブリは炙る。
    ・鍋に入れ、「この魚全部を刺身で食べるならこの位かな〜」という量の醤油を入れる。
    ・同じくらいの砂糖を入れる。
    ・ひたひたになるまで水を加える。
    ・落し蓋をして液面が泡立つくらいの火加減で2回以上煮る。煮詰めるかどうかはお好みで。
    ・ショウガは忘れずに。
    これで煮魚の出来上がりです。慣れてくれば、水の半量を酒に置き換えたり、砂糖の半量を味醂にしてみたり、私は隠し味に昆布だしやオイスターソースを入れます。
    みなさんの作り方とは違ったでしょうか。
    なんとなく敬遠されてきた方も、美味しいので是非お試しを。

    ユーザーID:1702576797

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 絶対的に外せないのが「鯖寿司」です

    鯖寿司といっても釣ってきて作るんじゃなく、
    売ってる鯖を使いますよ。

    で、鯖はアニーが怖いので必ず「塩鯖の冷凍処理済み」の
    ものを買います。近隣のデパートに入っている「〇〇水産」
    (名前は伏せときます)で、質の良い大振りな身の冷凍塩鯖が
    買えます。

    ケンサキも良いですね。
    イカは鮮度が良い(水揚げ後すぐ市場に並ぶようなもの)とコリコリ
    ですけど、一日寝かして少し身にネットリ感が出たものも好きです。

    先日、京都の北部へ行き帰りに舞鶴港産の紋甲イカを買って
    帰りました。その日のうちに刺身で飲りました。
    しかし紋甲イカの墨袋って巨大ですよね。

    あとは、、、キンメとかマナカツオみたいな小ぶりでも
    身の味の豊かな魚なら半身や一匹丸ごとの「中華蒸し」も良いと
    思います。ネギ・生姜、紹興酒にオイスターソースを混ぜて
    蒸し器で蒸せばいいです。

    上品な味と言えば「グジ」ですね。京都や北陸以外じゃ
    「アマダイ」と言いますね。このアマダイの刺身も良いんですが、
    一夜干し程度のものを炙って食べるのも非常に美味しいです。

    最近とんと食べてはいませんが、昔金沢のお寿司屋さんに行った時に
    食べた「生のとり貝の握り寿司」。絶品でしたね。

    番外編?かどうかは分かりませんが、東南アジアへ行った時に
    ナマズの素揚げに甘辛ソースが掛かったものも美味しかったです。

    秋田へ旅行に行った時に、宿の朝ごはんで出てきたハタハタの佃煮。
    何杯でもご飯がススム君でした。

    全般的に刺身が好きですけど、刺身の場合はサクにおろした状態で、
    軽く塩を振ってキッチンペーパーで小1時間ほど冷蔵庫で寝かせ、
    「締めた」状態にした方が格段に味が良くなります。
    もちろん「昆布締め」も美味しいです。

    こんなところですかね。

    ユーザーID:0924991301

  • あてな夜様。美味しそうです。

    ありがとうございます。
    すごいですね。手間のかけ方から違う感じがします。トピタイトルに挙げた小アジの唐揚げも、実は私は塩コショウさえしません‥
    寝かせるだけで美味しくなるものも多いですよね。紹介してくださった魚介も私のところとは違っていてワクワクします。
    鯖寿司美味しそうです。私はシメサバ一辺倒ですが、生や超浅〆で食べるつわものがいたり、しっかり〆るのが好きな人がいたり、好みも分かれますよね。私は心配性なので長く〆ます。冷凍ものを活用する方法、良さそうですね。
    紋甲イカ!私はコウイカでしたが、今は家庭内持ち込みが禁止されています。以前私が捌いているところを見て、墨がドス黒くて気持ち悪い、だそうです。
    マナカツオ、知りませんでした。関西では超高級魚のようですね。姿の近いところで貝割は刺身で美味しかったです。中華蒸し、美味しいですよね。淡白な魚が合いますよね。
    ナマズ‥美味しいらしいですが‥信州の鯉こくは美味しかったので、うーん、アリかも。

    ユーザーID:1702576797

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 甘鯛

    前の方のレスで思い出しました。
    今は亡き父親は、相模湾に出る乗合船でアマダイをよく釣ってきました。四〜五匹釣れると大漁だと喜んでいました。たしか赤と白の2種類いたと思います。

    関東圏では馴染みが薄い魚ですが、関西圏では、グジと呼ばれる高級魚で、漫画『美味しんぼ』でも海原雄山が「グジのひと塩」として、シローとの料理対決に出したと記憶してます。

    父親も干物を作っていたので美味しく食べたものです。たまに都内でも、三段ネットの干物メーカーが軒先にぶら下がってるのを見かけますね。

    ユーザーID:3178584337

  • ユ様。ありがとうございます。

    アマダイ、残念ながら味を知りません。東京の風に吹かれる干物ネットも、田舎と同じブルーのアレなんでしょうか。私はみりん干しを作ろうとして汚してしまい、やめてしまいました。
    高級魚の干物を店頭で買おうとすると、高くつくか味の落ちるビリ規格や遠洋ものでしょうから、これも釣り人の特権と言えそうです。
    魚料理は思い出と結びついている、と、みなさんのレスを読んで感じました。子供の頃の記憶、あるいは代々DNA に刻まれたレベルで、私達は魚料理に親しんでいるのかも知れませんね。
    私は祖父母が海の人間でしたから、昔の話が面白くてよく話をしてもらいました。
    木造船を櫓(ろ)と櫂(かい)で沖へ漕ぎ出し、木綿糸で編んだ網と、椰子の繊維を撚った綱で作った刺網で、漁をしたそうです。
    化繊と比べて強度がないですから、新網を仕立てる頻度も破れの補修の量も、現在の比ではなかったと思います。正確な天気予報も波予報も風予報もなし。大変なことですよね。
    ひとりで何かできるわけもなく、村全体で助け合って行う仕事が多かったそうです。
    コロナ禍の今、改めて考えさせられるものがありそうですよね。

    ユーザーID:1702576797

  • トピ主のコメント(6件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧