• ホーム
  • 学ぶ
  • 幼少時代の英語学習は語学力に影響するのか?

幼少時代の英語学習は語学力に影響するのか?

レス10
(トピ主0
お気に入り21

趣味・教育・教養

ハル

30代で乳児を育児中のハルと申します。私は3歳〜7歳までアメリカに住んでいた経験があり、日本人学校などには通わず公立の幼稚園、小学校に通っておりました。幼かった事もあり英語はすぐに身につき言葉では一切不自由しませんでしたし、学校でもネイティブだと思われるぐらいでした。あの頃の自分をビデオなどで見ると、もう本当に何を言っているのかさっぱり分かりません。そう、私は日本に帰ってきてからすぐに英語を忘れてしまったのです。学校での英語の勉強などは困りませんでしたが、リスニング、スピーキングはからきしダメになり、今に至ります。
そんな私も現在子育て中なのですが、最近乳児期や幼児期の英語教室やシステムが沢山ありますよね?ママ友でも大金叩いて英語教育に力を入れている方いますが自分の経験もあり幼少時代の英語の勉強は続ける事や使う機会がなければ意味ないのでは?と思ってしまいます。それこそ、仕事で使うためや留学のためなど、明確な使うための目的もなく日本にいながら英語力を維持するのは難しいのではないかと、、、
皆様に聞きたいのは、私のように大人になってすっかり忘れてしまってもまた勉強すれば思い出したりするのでしょうか?幼少時代の英語のための英語の学習は意味あると思いますか?

ユーザーID:4121598258

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
  • 維持がねー…

    私も夫も短期留学の経験がありますが、帰国後に言語力を維持できているかというと「No」です。
    夫はまだ仕事で多少使っている分そこまで劣化してはいませんが、私はもう無理。何もかも忘れましたわ…。

    あと、他言語を勉強していると湧いてくる「これが理解できないのは私の日本語力の問題なのか?」という疑問。
    簡単な翻訳とか通訳みたいなことをすると、日本語のほうが不自由かもしれないとふと思ったり。

    そんなわけで、夫婦ともに「母国語の理解と習得が先」と意見が一致しています。
    子供がやりたいと言ったら否定はしないが、こちらからやらせようとは一切思わないです。送迎するの面倒だし。
    今後英語の成績が「あちゃー…」になったら塾に行くくらいはさせるかもしれませんが、早期教育には興味ありません。

    私はあまりヤル気のある母親ではないので、お子さんに習い事を3つも4つもさせているご家庭を見ると「すげぇ…」と思います。
    その情熱はどこから来るのですか…。

    ユーザーID:5526479342

  • 6年アメリカ小学校2年生で帰国

    私の娘は小学校2年生でアメリカから帰国して公立の小学校に通いました。
    トピ主さんと同じ境遇ですね。
    英語は週1回の帰国子女塾に通って、小学校6年生で英検準一級を取って現在は中学校の帰国子女クラスに在籍しています。周りは高学年で帰国した子ばかりですが、英語力に差はなく、英検1級も取得しました。

    英語を忘れなかった理由として
    ・アメリカ時代、学校にも周りにも日本人がいなくて友達は100パーセント
     アメリカ人だった
    ・上に兄弟がいて家庭でも常に英語を話していた(今もです)
    ・帰国する時点で小学校中学年以上の本を読むことができた
    ・アメリカの生活が楽しくて英語が好きだった(テレビも映画も英語で見る)

    などがありそうです。現在の英語力は幼少期から初めなければとても到達できなかったと思います。でも何より続けることと興味をもつことが大切ですね。

    ユーザーID:9279227571

  • 年齢や期間にもよるけれど...。

    英語圏に住んでいたとなれば、年齢や居住期間、学校の種類などによってまちまちでしょう。幼い頃5年アメリカに住み、帰国してもインターに通ったという友人はネイティヴレベルですし、小学生から中学生の4年間フランスに住んで現地校に通い、帰国後フランス人学校に通った友人もフランス語ネイティヴに近いです。

    ですが、子供の頃英語塾に通ったぐらいのレベルだとその時に良い経験をするというのが目的で、大人になってからの語学力には必ずしも繋がらないと思います。子供の頃に親が張り切って英語塾や英語の幼稚園に通わせたけれど、今は全然英語が得意ではないという若者を職場でごまんと見ています。

    中学校から普通に学校で英語を勉強始めても、本人の興味と努力次第ではいくらでも語学力が付くはずです。友人のご主人は帰国子女でも何でもないですが、大学と院の時のアメリカ交換留学を経てアメリカの大学教授になっていますし、私の姉は大学の時始めた外国語を死ぬほど勉強し(さらに専門も必死で勉強)、奨学金をもらってその国で博士号を取り、現在は大学でその言語を教えています。努力(と才能、センスもでしょうが)の賜物だと思います。

    ユーザーID:0968795363

  • 一つの例ですが

    うちの子は幼稚園の時に、英語に力を入れているところに通っていました。

    午前と午後の時間を分け、どちらかは英語だけの時間を過ごします。やっていることは歌やクイズ、工作など、普通の幼稚園と同じようなことですが、会話がすべて英語です。子どもたちも日本語で話すと「English please」と言われ、英語禁止でした。

    そういった園で3年過ごしましたが、本人が英語に興味を示さなかったので、小学校時代は特に英語に触れずに過ごしました。

    今は大学生なのですが、受験時一番苦手だったのは英語でした。リスニングも苦手だったので、幼稚園で3年くらい英語してもあまり効果はなく、維持継続をしないとダメなんだな、と私は思っています。

    ユーザーID:5712613325

  • 子供二人が帰国子女です

    現在中2と小5の子供がおります。それぞれ6歳と4歳から4年間英語圏で生活し、アメリカンスクールに通っておりました。
    帰国直後から週一回30分、ネイティブの先生にオンラインで英語をならっております。

    スピーキングとヒアリングは絶賛されます。日常会話はok。外国人の先生と普通のスピードでやりとりしています。

    ただし文法などの基礎が入っていません。英語で教育を受けていないため、ライティングとリーディングが全くダメ。ニュースをきいていると、発音からなんとなく単語をおこせるけれど、意味分からんということが多いです。ようは「習った年齢で語彙が止まっている」状態のようです。
    (例えば「座れ=sitdown」は知っていても「おかけになってください=have a seat please」は知らない)
    帰国後4年目までに、中2は英検2級、小5は英検3級をとっています。

    小さいときは、耳と口を作り、大きくなるにつれ、勉強でカバーするのが理想的なのかもしれません。でも英語マスターには勉強が欠かせない要素だと思います。

    ユーザーID:4282017108

  • 学ぶランキング

    その他も見る
  • 発音が

    日常的に英語を使う環境で仕事をしています。
    日本語英語半々か英語が多いくらいです。

    国籍としては日本人が多数派なのですが、自分を含めて「仕事で英語が話せる」というのと「英語がペラペラ」は天と地ほどの差があります。
    日本を拠点に世界中を飛び回っていてもジャパニーズイングリッシュな人はたくさん居ます。
    国際会議で自信満々に演説していてもすぐに日本育ちの日本人だとわかります。

    やはり幼少期の環境か、海外を拠点に活動していないとペラペラにはなれないんだと感じます。

    そういう経験から我が子にも英語教育をしています。

    私自身の経験から、週2日以上勉強しないと英語力は向上しません。
    維持するのが精一杯です。

    親子で英検を受けて、子供に負ける日が来るのが目標です。

    ユーザーID:6375755494

  • 永遠の課題だねー

    早期教育に意味がない、必要になってから学べば良い、
    と主張する人って、ほとんどが、帰国子女など本人が幼少期に英語を学んだ人。
    高学歴の人が学歴なんて必要ないって言ってるような矛盾を感じます。

    ユーザーID:1786125674

  • 継続しないと難しいですよね

    私は小学2年〜中学まで7年間英語圏の現地校に通い、高校からは日本で学びました。
    しかし、トピ主様が仰るとおり、英語は使わないと本当に忘れます。

    私も40代過ぎて、仕事で英語も使いますが、子供の頃に比べたら、スラスラ出てこなくなってます。ただ、一旦忘れても発音だけは維持出来てるようです。
    今思えば、我が家はホストファミリーをしていた事もあり、大学までは英語に触れる機会が多かったです。

    私の経験からは、幼少から英語教育をしても、日々英語に触れてないと難しいと思いますね。
    逆に会社の同僚は、日本で中学から一般的に英語を学んだそうですが、会社でも英語を駆使し、バリバリ交渉してますし。

    ユーザーID:8428086266

  • まずは1言語を確立

    30歳から海外に住んで20年目。子供はいませんが、こちらで知り合う日本人の方は、多くがこの国の人と結婚して住んでいて子供さんもいます。そして、子供さんに日本語も教えようとなさっています。

    申し訳ないけれど、そういうご家族を見ていて、幼少期に2言語以上を学ぶのはとても難しいのではないかと個人的には思っています。

    やはり、思考力の核となる言語が必要なんです。聴き取りや発音が重要でないとは言いませんが、いくら聴き取れても意味が分からない、長い文章になると理解できない、ということになると本末転倒だからです。

    こういうトピには、ご自分やご家族の成功例に基づいて「いいよ!」「効果あるよ!」というレスが付きがちです。できる子、できる人はたしかにいますが、そういうケースが全体の半数以上であるとは思えません。

    他の方のレスにもあるように、継続しなくては力になりませんよね。外国語の習得に適性のある人・ない人、いわゆるお勉強に適性のある人・ない人、コツコツ努力することに適性のある人・ない人、様々な人がいるので苦手なこと、得意でないことを継続するのは難しかろうと思います。

    トピ主さんの場合、
    >私のように大人になってすっかり忘れてしまってもまた勉強すれば思い出したりするのでしょうか?

    と質問する前に、なぜご自分で勉強を再開なさらないのかな?と疑問でなりません。勉強を再開して思い出せるにせよ、思い出せないにせよ、トピ主さんと子供さんは別の人間なので、幼少期の英語教育の効果の出方が同じになるとも限りません。

    子供の頃の習い事ですから、将来どういう役に立つかといった目的は要らないと思いますが、幼いうちは親御さんがいろいろなことに興味を持たせるよううまく導いてあげてほしいと思います。親の視野が広くないと、子供の視野も狭くなり、役に立たないから英語の勉強は不要、ということにもなりかねません。

    ユーザーID:7255560405

  • 大人になるまで続けることができれば有効です。

     実用的な語学力の勉強は、川の流れに逆らって船を漕ぐ様なものだと表現する人がいましたが、私も同感です。漕ぎ続ければ前に進みますが、手を緩めるとバックします。一度覚えればブランクがあっても同じ地点からスタートできるものもありますが、英語力は違うと思いますよ。

     特に幼少期の頭の中には大人以上のスピードで色々なものが流れ込んできます。川の流れは大人よりも急ですよ。勉強は価値がありますが、大人まで継続して人より前を進み続けなくては、すぐにスタート地点に戻されてしまいます。ですから中学などで勉強を始める頃には他の子供と同じレベルです。

     ちなみに私の中学での英語力学年最下位メンバーズの一人は帰国子女でした・・

     反面、英語をよく使う私たちの職場にはネイティブに近い英語力の帰国子女が何人かいます。その人達は帰国後も英語から離れずに成長したそうです。英字新聞や英語の本を読み、吹き替えではない洋画や外国ドラマを字幕に頼らずに楽しんでいたそうですよ。もちろん声に出して話す習慣も・・

     私は英語に親しみを感じさせる為の楽しい勉強は誰にでも勧めますが、幼少期の本格的な英語教育の価値には疑問を感じます。もしするなら、大人までの継続した勉強がセットです。

     しかしながら音楽と同じで、聞き分ける能力の体得効果は大きいと思いますよ。これはブランクがあっても有効です。
     私はそれがなかったので苦労しました。音符や発音記号その他・・理屈では覚えましたが現実には分かりません。聞き比べても私にはまったく同じに聞こえます。おかげで私はペーパー試験ではそれなりの成績をとれますが、どんなに努力をしても英語や音楽の実践能力は・・でした。俗に言う音痴、ジャパニーズイングリッシュです。

     私の意見としては
     幼少期だけの本格的な英語教育には価値なし。
     幼少期から英語に触れることは価値あり。です。

    ユーザーID:8368395076

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧