• ホーム
  • ひと
  • 大変でしたね、辛かったですね…と言われるのが嫌です

大変でしたね、辛かったですね…と言われるのが嫌です

レス252
(トピ主37
お気に入り313

家族・友人・人間関係

あんまき

レス

レス数252

レスする
  • 答える必要なさそうですね

    かなり心境が変化しているみたいなので答える必要はもうなさそうですね。よかった。

    自分の気持ちひとつで不幸にも幸せにもなれます。
    これからもたくさんたくさんいいことがトピ主さんにありますように。

    ユーザーID:7160878716

  • 視線

    あんまきさん、ほんとにすごいです。
    前よりも、おめめが少しパッチリ開き、
    見ている先…あんまきさんの「視線」が、
    伏し目がちではなくて、少し上の遠くを見ている姿が、
    私には目に浮かびます。
    それだけでもとっても嬉しいです。

    「感謝」のすごさについて、少しだけエピソードを。

    私の親族で、「余命半年」を宣告された女性がいました。
    まだ50過ぎの若さです。

    彼女はそれまで、「怒り」「悲しさ」が心を占めていました。

    それがあるとき、彼女の心が「感謝」で大きく開かれました。
    ある人が彼女のことを本当に心配し、励ましてくれたことが、彼女の心を「感謝」で満たすことになりました。
     
    そこからの彼女の回復ぶりはすごかったですよ。

    「余命半年」だったのは、去年の初め頃でした。
    彼女はどんどん良くなっていっており、今も元気に治療に励んでいます。

    病を得る前の、怒りや悲しみに暮れていた彼女のことは、残念な気持ちで見ていましたが、今や彼女は私の心の先生になりました。
    「感謝」という気持ちのパワーのすごさを、こんな形で教えてもらえました。

    あんまきさん、こんなドラマみたいなこともあるほど、「感謝」は最強です。
    足の小指さんにも、食べ物を消化吸収してくれる胃腸さんにも、あんまきさんが眠っている間にもしっかり呼吸してくれる肺さんにも・・・
    いろんな”みんな”に、毎日感謝してみてください。

    あんまきさんが、誰かに
    「いつもありがとう!あなたのおかげで、本当に助かってる!」
    と言われた時の気持ちを想像して、ご自身の身体もそれぞれそんな気持ちになってもらえるように、声をかけてあげてくださいね。

    「遊び」でいいんですよ!
    「ごっこ」でいいんです。
    とにかく「言葉」で表してみてください。

    あんまきさんの幸せを、ここをご覧の大勢の方が祈ってますよ。

    ユーザーID:6013078505

  • そーなんですか

    私なんて誰にもいたわってもらえないのでひがんでいる口です。
    人並みのトラブルは経験して来ているのですが『心配なんかしなくても自分で何とかやってゆける人』と思われているみたいです。
    哀れまれるのも嫌ですがたまには『頑張ったね』といってもらいたいなあ!

    ユーザーID:4621112481

  • 自伝を書いて本にして配ればいい

    大変でしたね、辛かったですねといわれるのが不愉快と言われても、一般的にそういうほうが普通でしょう。
    境遇を話すから相手はそういうしかなくなるんですから。
    でも聞かれて答えるくらいですから、そういう語りをすることで不本意ながらトピさんの癒しになっているんだろうなとは思います。
    相手の反応に不快感を覚えるなら、ご自身の今までを冊子にして境遇を聞いてくる人には黙って渡せばいいと思います。
    活字で読むと、意外とよくある大したことない話だと思うこともあります。
    お試しになってはどうですか。

    ユーザーID:0088867515

  • 活動の場を変える

    詮索好きの人たちがいるような習い事に行かなければ
    いいのでは?
    例えば、英会話の中級クラス以上なら、
    まずこの類の人たちはいませんよ。
    入るのにハードルがあるので、
    本気で勉強したい人しかいません。

    ユーザーID:2506930182

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • う〜ん、そうかな。

    >>言われたくないなら、話さなければいいし、話したいなら、そう言われるのは仕方ありません
    >話したくはありません。
    >何回も聞かれるので、どう誤魔化せば良いのか分からなくて…。
    >話術がないのかもしれません。

    話したくは無いなら、ここは話していいここは秘密にと言うのを自分の中で決めればいいのでは?

    例えば、私の話しますね。
    4月に手術して1か月間休ませてもらった。
    出勤して職場の人達は、久しぶりに会うから、やっぱり「しばらく顔みなかったけど、どうしたの?」と沢山言われました。
    自分では隠していたつもりは一切ない。
    上司と直上司には手術の話を詳しく話して休ませてもらったのですが。一部の男性社員は聞いていたと思う。
    こういうのは口が堅いのかな?

    出勤した時「どうしたの?」と聞かれたが、「あぁ、入院してたの。」とか
    「手術だったもんで」と言ってました。

    入院も事実、手術も事実、内容は一切話さないそこが秘密。

    「お大事に」「大変だったね」極めつけは「もう頑張っちゃダメだよ」
    頑張りすぎてたのを見ていた人なのだと思います。たぶんこの方は詳しくしっている部門の人から聞いているのだと思う。

    各返事は「ハイ」「ありがとうございます」って感じでした。

    詳しく話すから、「辛かったね」と言われる。簡単に話せばいいんだよ。

    沢山言われるのは、たくさん話しているからだよ。必要以上に話さなければいいのでは?そしてスピーカーさんに要注意。それだけ
    私の所は今の所、スピーカーさんがいないので全く広がってませんでした。

    入院経験、長期1回、短期2回、手術2回の経験者よりでした。

    ユーザーID:4836247883

  • 身体と心は繋がっているから、余計に堪えるのでは

    大病されたから、心も相当弱っているでしょう。噂好きの主婦の、詮索や軽口も、過剰反応しがちです。それも、悪い方に捉えてしまいがちで悪循環。その噂好きの井戸端会議奥様達も、あなたに詮索した30分後には、もうほかの人の事を話題にしていると思います。同じような人で、群れてませんか。私は、以前官舎にいたから、あなたと似たようなことがありました。夫から、付き合いをやめるのは仕事に差し障りがあるということで、付き合わざるを得ませんでした。働くことで、多少は距離感というか、壁を作ることはできました。暇な人たちだから、あなたでなくてもだれでもよいのです。言われない為には、こういうことを言われるのは不快です、というのを伝えることです。

    ユーザーID:0710361958

  • 久しぶりにきたら、トピ主さんの心持ちは変わってきてますね

    トピレスをみて、嬉しくなりました。

    私も同じ考えです。変えられるのは自分の心持ちだけです。

    それだけで、不快をチョイスしなくてすむ回数も増えますよ。

    自分の過去を受け止めて、感謝して、今を幸せに感じる人生を歩んでいるなら、トピ主さんに会ったら眩しすぎて見えないかも笑

    確かに悪意や偏見もった方もいるかもしれません、その時はそれをその年齢で言わざるを得ない相手の人生に哀れみをおくりましょう。

    そして、自分はそういう人ではないと今回、確認できたなと感謝する。

    良トピになりましたねぇ、この出会いに感謝です。

    ユーザーID:6969734478

  • ありがとうございます

    世話焼さん、ありがとうございます。

    たぶん、自分が病気の事を全力で拒否して受け入れてないので、「大変でしたね…」と言われると、その病気の自分(本来の自分)を思い出して、辛い気持ちになってしまっていたのかなと思います。

    周りの方は、見下す所か、きっと優しい気持ちで言ってくれた方がほとんどだったと思います。

    結局は自分で今の自分自身を受け入れてないから、人の言葉に敏感になり、思い出して辛くなってしまっていたのかなと…。


    >こんな感情になる自分はダメだではなくそういう自分も含めて認めてあげてください

    毎日色んな感情が湧いてきますが、自分の素直な気持ちや、状況、病気をそのまま認められるようになりたいです。

    本当にありがとうございます。


    ひよこんこさん、ありがとうございます。


    >「違う物の見方をしてみる」「角度を変えてみる」最初の自分の受け取り方は変えられなかったとしても、違う受け取り方もあるのかも。と。その次の段階として、頭で違う風に選択してみるのもアリだと思います。世話好き噂好きな人は毅然とした態度の人には深入りしません、いやできません

    違う物の見方をしてみる、角度を変えて考えてみるという癖をつけたいです。

    毅然とした態度…、恐らく私の苦手分野ですが、(まだ自分の心の受け入れ体制が整っていないので)にっこり笑顔で「それ以上は言わない」と決めて、頑張りたいです。

    ありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • ありがとうございます

    辛かったね、大変でしたね、の言葉で、嫌な気持ちにさせてしまう事があると知り、凄く驚き、とても反省しました。
    ありがとうございます。
    私も色々な方に出会いますが、
    色々な事があって、乗り越えて来られたんだな、凄いな、と言う意味で、大変でしたね、などと言ってしまった事があります。

    もちろん、こちらから話を聞き出そうとしたりはしません。触れて欲しくないところに触れてしまったかな、と言う時には普通に会話をします。
    相手の方から、話して下さった時に、そうなんですね、ですぐに話をかえてしまうのは、逆に申し訳ないな、と思っていました。
    興味ない、大したことない、私に気を遣わせてしまった、と思わせてしまうのでは、と私なりに考えて会話していましたが、トピ主さんのトピを読んで、凄く反省しています。
    良かれと思って話してる会話が相手を傷つけてしまっているかもしれない、改めて考え直させて頂きました。

    ユーザーID:2360251830

  • ありがとうございます

    PINKさん、ありがとうございます。

    まだ、人の言葉に敏感に反応してしまう(←自分自身の病気を自分で受け入れられない状態)なので、今度の習い事の教室では、謎の人物で通そうと思います。

    今までは、うまくかわしたり、笑いで楽しい話にもっていったり…という発想も技術もなかったのだと思います。

    急に出来るか分からないので、にっこり笑顔で、しばらくは謎めいた人物で、頑張ってみたいです!


    まつさん、ありがとうございます。

    >あえて思ってみるのです。どんな小さなことでもいいから見つけて、プラスの方向にもっていってみましょう。これら全てが感謝になるんです。訓練と思って、意識してみて下さい。少し、生きやすくなると思います

    やってみます!

    自然に湧いてくるだと正直難しそうですが、あえて思ってみる、訓練だと思って…なら、出来る気がしてきました。

    そうやって物事の良い面を見つけているうちに、本当にプラス面をすぐに見つけられるようになって、少しづつ前向きな考え方に変化して、物事に感謝できるようになればと思います。

    大切な事を教えて頂いて、感謝しています。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • ありがとうございます

    本人が今の自分を受け入れていて、それで「幸せです」と言えれば、それが過去の事となり、初めて人の労りの言葉にありがたいと感謝できるのかなという気がしてます。

    考えれば目が見えているのも、手が動いているのも、当たり前ではないんですよね…。

    声をかけてくれる人がいるのも、当たり前ではないし…。

    全てに感謝の気持ちを忘れていた気がします。

    「病気の自分を愛する」のは、かなり難しそうですが、少しずつやってみます!

    ユーザーID:6211247225

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • ありがとうございます

    liveさん、優しい言葉に心が暖まりました。
    焦らず少しずつ変わっていけたらと思います。
    ありがとうございます。


    まねき猫さん、ありがとうございます。

    確かに足の小指さん、報われないタイプかも…(笑)

    私の病気はある身体の部位(←腕とか脚とか…)の異常で全く動けなくなり、治療後はリハビリで機能的には動けるようになっても、痛みは残る(だから元通りには、動けない…)

    という種類の病気なのですが、考えたらその部位以外は、元気なんですよね!

    私にとってそれは「当たり前」で、病気になった部位が悪い、新しい部位と変えて欲しい…と思っていたのですが、よく考えたら、他の身体の部位や臓器が、元気に動いてくれているのは「当たり前」じゃないんだな〜って思いました。

    それには全然、感謝していませんでした。
    みんな、毎日頑張ってたんですよね!

    それに擬人化して考えると、病気の部位を迷惑がって「あの人さえいなければ、私は幸せなのに…」と思っているなんて、かなり悪い気がしてきました。

    もっと病気の身体の部位も、他の元気な所も、自分で労ってあげようと思います。


    >「元気な時の自分にしか感謝できない」というのであれば、それは「元気じゃない時の自分は愛せない」ということです。それは「感謝」とは言えませんよね

    確かに「元気じゃない時の自分」は全く愛せてないです。

    自分から切り離したくて仕方ありません。
    毎日、目が覚めたら夢だったらいいのに…と思います。

    でもまずは病気を、そして今の自分を受け入れないと、前に進めないなと思います。

    私は6年も同じように所をぐるぐるしている気がしていて…

    だから人の言葉にも敏感になってしまうのだと思います。

    ユーザーID:6211247225

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • 難しく考えず

    ある程度自分の感情に素直でいていいと思います。
    しかしその時、「なんでこの人は・・・」と考えるから辛くなるのかなーと。
    「あーこいつウザイ」で終わらせてもいいんじゃない?と。

    トピ主さんに(トピ主さんにとって)嫌なことを言ってくる人って、大抵の人はここを読みながら気づいていると思いますが、嫌な人です。めんどくさい人。
    そんな人の脳内を読み解こうと考えるのは、学問や研究でもない限り無駄じゃないかなーと。

    ボランティアも習い事も、そういう人は一部とのこと。
    私なら「嫌な奴もいるけどそれ以外はみんないい人だし楽しい」ってなるかな・・・
    嫌な人に囚われちゃうと、そうは思えないけど。

    トピ主さんのレスでの引用しか読んでないのでちょっと理解が違ったら申し訳ないのですが、「感情を選択する」というのはそういうこともあるのかなと思います。
    「違う物の見方をしてみる」「角度を変えてみる」
    最初の自分の受け取り方は変えられなかったとしても、違う受け取り方もあるのかも。と。

    大変でしたね・・・等は多分言ってくる人のせいでトピ主さんはネガティブな印象を受けるのでしょう。
    ハッキリ言って世間的には、「>こんな事はたいした事ないよ〜、誰でも経験しているよ〜」の方が嫌われるワードだと思います。あなたに何が分かるの、って。

    トピ主さんが嫌だなと思う感情を無理に押し込める必要はありません。
    その次の段階として、頭で違う風に選択してみるのもアリだと思います。
    めんどくさかったら、嫌なこと言ってくる人とは離れましょう。

    世話好き噂好きな人は毅然とした態度の人には深入りしません、いやできません。

    ちょっと話がまとまらないままですが、笑顔で拒否、できるようになるといいですね!

    ユーザーID:4460163446

  • レスします

    慰められると惨めになる気持ちもわかります。
    でも一回冷静に考えてください。本当に相手は見下す気持ちでその発言をしたのかと。
    そしてそんなつもりで言ったのでは決してないと、言った相手を許してあげてほしい。

    そして自分自身もです。
    痛い、苦しい、辛い感情が沸いてくるのは仕方のないことです。
    こんな感情になる自分はダメだ、ではなくそういう自分も含めて認めてあげてください。

    優しい旦那さんといつまでもお幸せに。

    ユーザーID:8791138489

  • 適当に答える術を身につけましょう

    あまり親しくも無い人から色々プライベートなことを聞かれたら 適当に答えておきましょう。

    お子さんは?  と聞かれたら
    幸いなことに無いので無駄な苦労がなくて良かったですよ。ホホホ

    お仕事は?
    ラッキーなことに専業主婦ですのよ。ホホホ

    大病なさったんですってね?
    まあ この年まで生きると色々ありますわね。ホホホ

    学校はどちらに?(こういうことを直接聞いて来る人には)
    1)日本ではなかったので ご存知ないと思います。
    2)あらXXさんこそ どちらでしたの?
    3)中卒集団就職でしたから。(これは嘘だとすぐわかる)

    ご主人様以外の人には自分の過去の境遇を話す必要はどこにもありません。
    話てしまうのを”素直”とは言いません。
    他人はあなたの自伝を書いている訳では無いのでそれ程本当に興味は無いし、もし噂するのが好きな人に捕まってしまったら それこそ尾ひれのついた話が広まります。

    トピ様 ご自分で仰っていらっしゃる通り 謎の人物でいるのが一番です。

    ユーザーID:7160445239

  • 応援しています

    トピ主さんが変わろうとしている姿に、勇気をもらいました。

    ご質問にあった、痛い、辛いの感情についてですが、これらにあえて蓋をしなくてもいいのですよ。
    だって、実際に痛くて辛い時なんですよね。
    こんなの痛くない!とか、もっと他に辛い人がいる!のように、無理矢理思わなくてもいいんです。
    とことん痛みや辛さに向き合って下さい。

    でも、それをずっと引きずるのではなく、例えば少し症状が軽くなった時には、
    「あの時より痛みがひいてきた。今日は少し楽になったから、こんなことができた。あぁ、ありがとう」
    などのように思ってみてください。
    こちらは、あえて思ってみるのです。
    どんな小さなことでもいいから見つけて、プラスの方向にもっていってみましょう。
    ポストに新聞を取りに歩いて行けて、うれしい!とか、
    辛い時には食べる気すらしなかった美味しいクッキーを、今日は口にできたよ。幸せをありがとう。
    など、これら全てが感謝になるんです。
    訓練と思って、意識してみて下さい。
    少し、生きやすくなると思います。

    ユーザーID:7120439070

  • すごいすごい!

    あんまきさん。
    すごい進歩!
    ほんとにすごいことです。嬉しいです。

    「辛いときの【感謝】のしかた」について、私なりのやり方でご説明してみますね。

    例えば、あんまきさんの身体を一つの「クラス(学級)」だと思ってください。
    担任は、あんまきさんの「意識」です。

    クラスには、目さん、鼻さん、喉さん、肺さん、腎臓さん、おへそさん・・・
    いろんな個性的な生徒がたくさんいます。

    さて、その中で「目さん」が、しょっちゅう充血したり、かゆくなったりして、問題を起こします。
    担任(あんまきさんの意識)は、

    「また目さんが問題起こしてる・・・辛いし、目さんのせいで他のクラスの担任から「おたくは大変ですねぇ」とか言われるし、何にも良いことない。
    なんであんな子がうちのクラスにいるんだろ・・・」

    と、思うこと”も”、できます。

    さて、そのクラスには「足の小指さん」もいます。
    足の小指さんは、目立ちませんし、たまに箪笥にぶつかった時ぐらいしか
    担任は注目してくれませんが、毎日自分の役割を淡々とこなしています。

    でも、担任は足の小指さんにはまったく見向きもしてくれません。
    いつも目さんのことばっかりぼやく担任。

    ・・・さて、ここまで読んで、「足の小指さん」の気持ちはわかりますか?

    やる気、うせますよね(笑)。

    足の小指さんに、たまには「いつもありがとうね」と声をかけてみても、誰も困りません。
    においをかいでくれる鼻さん、食べ物を消化してくれる胃さん、
    クラス中のいろんな生徒に感謝、ならできますよね?

    「元気な時の自分にしか感謝できない」というのであれば、
    それは「元気じゃない時の自分は愛せない」ということです。
    それは「感謝」とは言えませんよね。

    「ごっこ」でも「妄想」でも良いんです。
    楽しみながら、トライしてみてください。
    今は「通過点」です。完璧じゃなくて良いんですよ。

    ユーザーID:6013078505

  • こちらこそ、ありがとうございます

    トピ主さんの書いたスイーツのレスを読んでいて、思わず顔がほころんでしまいました。
    ありがとうございます。おそらく私だけではないでしょう。

    あなたが幸せであることは、他の人にも幸せや笑顔を分け与えることができるという事です。
    あなたのレスで、少なくとも私を笑顔にしたのですよ。

    一気に変わろうとしないでください。
    あなたの心が潰れてしまいますから。
    ゆっくりでいいのです。
    人生ながいのですから、焦る必要なんてないのですよ。

    ユーザーID:1875549836

  • ありがとうございます

    >幸せは、外からはやってきません。感謝という思いは、”最強”のツールだと私は思っていて、試しに、日常に起こるいろんな出来事を「感謝」で収める練習をしてみてください。それでどんな気持ちになるかを味わってみてください。辛い、苦しい、不安・・・そういうしんどい感情を追い出したいとき、「感謝」を使うと案外簡単に出て行ってくれるものです。幸せ」か「可哀相」か、どちらを自分が望んでるかを、何度も問うてみてください。


    やってみます!

    ゆきんこさんに書いて頂いた、毎日の良かった事を書き出してみるのを試してみたのですが、気づかないだけで、ものすごくたくさん感謝する事がありました。

    こんなにあるんだ!

    そこはスルーして、痛いとか悲しいとか惨めという感情ばかりに注目していたのかもしれない…と反省したし、色んな感謝が自然に湧いてきました。

    ただ、しんどい感情を「感謝」で追い出すのは、どうやったらいいのか、いまいちよく分からなくて…。

    例えば「痛い」「辛い」といった時に、「なぜ私だけ…」とか「前は元気で幸せ一杯だったのに…」というネガティブな感情が大きな波のように迫ってきて、私を流していってしまうのが、素直な今の私の現状です。

    病状から来る身体の痛みや悲しさ…

    これに「感謝」するのをどうやったらいいのか、本当に分からなくて…。

    毎日、無理矢理でもやっていれば、だんだん「辛い」という感情は出ていってくれるでしょうか?

    やはり痛くない日に感謝するのが、大切でしょうか?

    病気になって、もう6年以上が経ちました。
    ずっと同じ所をぐるぐる回っている気がします。

    私は変わりたいです。

    いつまでも「可哀想」を選んでいないで、「幸せ」を選びたいです。

    「持病があっても」幸せな自分になりたいです。
    幸せに気づける自分に変わりたいです。

    いつも本当にありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • ありがとうございます

    >「私は”幸せな自分”になりたいのか、”可哀相で苦しんでいる自分”のままでいたいのか、どっち?」幸せな自分に決まってる!でも・・・
    と言いたくなるのが今までのトピ主さんではありませんか?なぜ、”頭で考えるだけの自分の希望”に対して「でも」をつけてしまうのでしょう。それは、トピ主さんの「本当の希望」がそう思わせるからではないですか?


    >まねき猫さん、いつもレスありがとうございます。とても大切な事を教えて頂いている気がします。

    何度も読んだのですが、これは私の「本当の希望」が、「可哀想で苦しんでいるままの自分」でいたいとどこかで思っているという事でしょうか?

    あまり意識では分からないのですが、確かに

    「私、可哀想だから、みんな優しくして」「私はありのままの自分(痛かったら泣きわめく)でいるから、みんな優しく私を慰めて」

    という深層心理が、どこかにあるような気はします。

    赤ちゃんじゃあるまし…ですが、確かにどこかに、この心理はあるような気がして…。

    変わらなくていいのは楽で、自分が変わるのはしんどいからでしょうか?

    それなのに、人には変わって…って、確かに傲慢だし、怖いですよね…。

    意識していませんでしたが、どこかでこういう風に思っていたのかもしれません…。

    ユーザーID:6211247225

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • ありがとうございます

    >トピ主も大変でしたねという回答に対して【不快】という選択をした。ありがとう、そうでもないですよ…など気持ちの選択肢は他にもたくさんあります。そのなかであなたは、【不快】を選んだ。もちろん自分自身で。人が大変でしたね、辛かったですねと言ったから不快なのではないです。あなたが【不快】を選んだから、不快になったのです


    ロマン非行さんに書いて頂いた文章を何回も何回も読み直しました。

    よく分かっていない部分があると思うのですが、これは【外からの刺激(←起こった出来事・人からの言葉・体調)に対して、自分の湧いてくる感情は自分自身で選ぶことが出来る】

    という意味で合っているでしょうか?

    自分の感情、自分で選べるんですね!!

    (今までの)私の中では、感情はすごい力で心の奥から湧いてきて、その大きな波に流されていく…といった感覚だったのですが

    確かに私から見て我慢強く立派な人は、例えば痛い、辛い、不快などの感情を1回自分自身で冷静に受け止めて、良い方に浄化?しているように感じていました。

    私は、自分で勝手に【不快】という感情を選んで選択していたのですね…。


    >仕事が楽しい、生きるのが楽しい人なんてたくさんいます

    こうなるには、どうしたらいいのでしょうか?

    皆さんのレスを読んで、幸せというのは状況ではなく、本人の心持ちなのだなと思ったのですが、私も【不快】ではなく【楽しい】を選択できるようになりたいです。

    我ながら、今のままでは、自分が変わらなければ、幸せな気持ちになれないなと思いました。

    周りが悪いのではなく、自分で感情を選んでいたのですね!

    最初は無理矢理でも【楽しい】の感情を方を選ぶ癖をつけていれば、そのうち少しずつでも変われるのでしょうか?

    そういう自分になりたいです。

    ユーザーID:6211247225

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • ありがとうございます

    >1日10個以上良かった事や楽しかった事をノートに書き出してみて。幸せなんて、案外近くにあったりするものだよそれに気づくか気づかないかだけの違い


    さっそくやってみました!

    昔、遠方で食べた美味しかったスイーツが、期間限定でネット販売をしていて、今朝それが届いたのですが、その1つだけを考えても…

    ●夫と旅行の楽しい思い出を共有しながら、一緒に美味しくお菓子が食べられた。

    ●普段は現地でしか食べられないけど、ネット通販をしていて、また食べたかったお菓子を再び食べる事が出来た。

    ●私が美味しいって食べていたら、半々だったのに、夫が3つも余分に私にくれた(←小学生みたいな喜びですが…笑)

    ●自分は持病があって働いてないのに、美味しいお菓子まで食べられる(この暮らしに感謝)

    ●いつも養ってくれている上に、優しい夫の存在に、本当にありがたいな〜と涙が出るほど感謝の気持ちが湧いてきた

    ●ネット通販してくれたお店、運んでくれた宅配の人に感謝

    などなど、たくさん感謝が湧いてきました。

    今までの私だったら、「今日は朝から調子が悪くて、お菓子を食べて少し気分転換できて良かった。けど…調子が悪いな〜」

    だった気がします。

    自分で幸せより、悲しさの感情を集めていたのかもしれません(←調子が悪い時は、身体が痛くなる病気なので、どうにも体調の不調に流されていました…)

    私の周りにも、既にたくさんの幸せがあるんですよね!

    それに気づこうとしていなかったし、体調の波に流されていた気がします。

    しばらく毎日続けてみます!
    専用のノートを作りました。

    自分の心持ちを変えて、「持病があっても」たくさんの幸せを感じられる私になりたいです。

    本当にありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • では自分は言ってないのか…と考えてみませんか?

    >>私の黒い琴線に触れるのは「大丈夫、癌なんて誰でもなるし、今は治るから」
    >すみません。
    こちらは励ましに聞こえてしまいました。

    と、ご自身も書かれていらっしゃいますが、そのようにどの言葉がその人にとって不快に感じられるかってきっと違うんだと思います。

    上の言葉をトピ主さんが励ましと感じられたように、トピ主が傷ついた言葉を励ましと受け取る方もいらっしゃる。

    人って一人一人違うから色んな気持ちがありますよね。

    同時に、自分は言われたら嬉しい言葉だと思って言ったけれど、相手は嫌だと受け取ってしまったということもきっとある。
    言われる側だけではなく、気づかずに自分が言っている側のことって必ずあると思うんです。

    だから不快だなと思っても、ある程度はお互い様なのかな、と思ったりします。

    わたしも10年病気を抱えてます。
    健康な時と違って色々諦めないといけないことかあって、やりきれないと思うことも沢山あるので、言葉に敏感になってしまう気持ち、わかります。

    でもきっとみんなそれぞれに色んな事情があって、私とは違うことで苦しんでいる人がいて、
    その苦しみは私にはきっとわからない。
    だから無意識にその苦しみを理解出来ない言葉を言ってしまってるかもしれない。

    その気持ちを持っておけば、「どうしてこんなこと言ってくるんだろう…傷つくのに」といった不快感を受けるだけの自分から少し解放されないでしょうか。
    そうなれば良いな、と思います。

    ユーザーID:6702643925

  • でしょ〜って言ってなよ

    お気の毒に・・・
    大変ね・・・
    苦労されたのね・・・

    って言われたら
    でしょ〜。気の毒よね〜
    でしょ〜。大変よ〜
    でしょ〜。苦労したのよ〜

    もう相手は言わないよ。

    やってみて。

    ユーザーID:8825889952

  • トピ主さん

    トピ主さんも人がどうのではなく、自分自身の内面の問題なのだとお気づきになったようですね。
    そして自分自身が変わらねばならないと思い始めたけど、なかなかうまく切り替えられない、変えようと思ってもすぐに元の地点に戻ってしまうような思いがあるのでしょか。

    でもねトピ主さん、トピの最初のころと比べるとトピ主さんは確実に変わってきていますよ。
    始めのころは、みなさんの意見に対しても「ちがうちがう!」や「でも、そんなこと言ったって」などといった、反発や反論、拒否のようなレスが多かったのが、途中からは、自分自身の内面を見つめるようになり、みなさんの意見をしっかりと受け止め理解し、自分を変えようとされています。
    でも人はそんなに簡単に変われませんよね。
    そんなにすぐに変われるのなら、みんなこんなに悩みませんもの。
    ですから、これはある程度長い時間をかけて、じっくりと取り組んでいかなければならないことだと思いますよ。
    トピ主さんは、若いころからの長い年月をかけて今の心理状態になっていったわけですから、変えるのもやはり長い年月が必要なのです。
    それでもトピ主さんがこの短期間でここまで変わることができたのは、みなさんが言葉を変え根気よくレスしてこられたことと、トピ主さんが「みんなわかってくれない!」「もういい!」などと投げ出してしまわず、悩みながらもみなさんの意見を真剣に受け止め考えてこられたからでしょう。
    最初は正直言って、こちこちに凝り固まった人のような印象でしたが、そんなことはなく、トピ主さんは充分柔軟な心をお持ちの方です。
    ですから上に書いたように、じっくりと時間をかけてすこしずつ変わっていくことを目指してください。
    あせって短期間で結果を出そうとしてはいけません、無理をするとゆがみや亀裂が生じます、それは心も同じです。

    応援しています!

    ユーザーID:8457176371

  • 根本的な解決をしましょう

    趣味の場を変えて、嫌いな人から離れれば一時の幸せがあるかもしれません。
    ただ、あなたが嫌いなタイプの人はどこにでもいます。
    次の趣味の場にもいるかもしれません。
    もし今はいなくても、後から入ってくるかもしれません。

    だから考え方そのものを変える方向に努力してほしい。
    賛同してくれるレスはさぞ心地よい事でしょう。
    でも、そういうレスばかり抜粋してもあなたは不幸のままなのですよ。

    少し話は逸れますが、好きの反対はご存じですか?
    嫌いではありません。無関心です。

    相手があなたの境遇を聞いてくるという事は、少なくともあなたに関心があるという事です。
    良いことだと思いませんか?
    関心の無い方は、そもそもあなたと話そうとすらしないのです。
    興味がないのですから、話す必要すらありません。

    相手に少なからず関心を持ってもらっている。
    それ自体がすばらしく贅沢な事であると思えませんか。
    環境を変えるのは簡単です。
    ただ、楽な方に逃げず、少しずつでもいい、自分の心の在り方を変える方に力を入れてほしいと思います。

    ユーザーID:7834528495

  • 多分八割くらいの人が

    「そうなんですかー」って軽く返すと「同情しないのか」と悪感情持つからです。

    だから無難な相槌として流せば良いんです。よっぽど近しい人で無い限り心のなかでな興味持ってないから。

    ユーザーID:7389250141

  • シャットアウトテクニックを磨く

    >何回も聞かれるので、どう誤魔化せば良いのか分からなくて…。

    質問をはぐらかすテクニックを身につける方がいいかも。相手に質問する隙を与えないようにするとかね。

    何か聞かれたら逆に質問責めにするとか。

    若い人より年配者に知りたがりが多いのは、若い人の方が都市の匿名性の中で暮らしているから、プライバシーを尊重する傾向があるのですよ。それと自分のことで精一杯で他人に過剰な興味を持たないから。

    その点、年配者は自分は殆ど隠居生活で変化のない毎日だから、他者に刺激を求めるんですよ。

    向こうは「そうなのー、大変だったわねぇ。うんうん…」で勝手に打ち解けた気分に浸っていますよ。他人の心に土足で踏み込んだという自覚や罪悪感はありません。

    さらに癖のある人なら

    人生の先輩面をして説教めいた話をしたり、長々と自分語りが始まったり(男性に多い)

    「私は色々な人の色々な情報を握ってるのよ!」というのが自慢で、よそで得意げに吹聴してみたり(女性に多い)

    まあ色々やらかします。

    餌食になりたくなければ、大事なことは口外しないこと。

    相手のリアクションに期待するより、そういう人をうまくシャットアウトするテクニックを磨いた方がいいですよ。

    もちろん全ての年配者がそうだというわけではありません。グループの中で幅をきかせているような押しの強い人の中にそういうタイプが多いです。要は仕切りたがったり、周囲をコントロールしたがったりする人なんだと思います。

    ユーザーID:1131761708

  • 2回目です

    >私は「頑張ってね」は嫌ではないです。
    >「頑張ったんですね…」「辛かったですね…」「大変だったんですね…」と言われるのが、嫌です。

    たぶん、トピ主さんにとってはつらいことが過去になっておらず、現在進行形のことだからいやだと感じるのかもしれません。

    「頑張ってね」は現在から未来に関する言葉です。トピ主さんはこの言葉を聞くと、いままで頑張ってきた自分を肯定されているように感じ、これからもそれが続くのだろうと相手が思っているように感じるのではないでしょうか。だから、慰められる気がするのではないかと思います。

    一方、トピ主さんがいやだと感じる言葉は、すべてが過去形です。その言葉を聞くと、相手はすでに終わったことだと思っていることを突きつけられるような気がするのではないでしょうか。自分はまだ頑張っている、自分はまだ本調子ではない、自分にとってはまだ終わっていない、と感じるのではないですか? だから、つらいと感じてしまうのではないかと思います。

    >自分が心から幸せだと思えていれば、人に何を言われても気にしないし、聞かれもしないという事でしょうか?

    そのとおりだと思います。「大変でしたね」などの言葉に不快感を抱くのは、トピ主さんが自分でまだ大変だと思っているからだと思います。トピ主さんにとってはまだ苦しみが続いているのに、相手はそれを過去のものとして考えていると感じられ、そのギャップに不快感を持つのだと思います。トピ主さんもうすうす気がついていらっしゃるようですが。

    トピ主さんにかぎらず、自分をかわいそうと思う部分は誰でもあるものだと思います。でも、自分をかわいそうと思っても何も解決しませんし、自分がつらくなるだけです。だから、自分をかわいそうと思うのはやめましょう。それより、目の前の小さな幸せに注目するんです。そのように意識していたら、変わっていくのではないでしょうか。

    ユーザーID:0862405129

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧