• ホーム
  • ひと
  • 大変でしたね、辛かったですね…と言われるのが嫌です

大変でしたね、辛かったですね…と言われるのが嫌です

レス252
(トピ主37
お気に入り313

家族・友人・人間関係

あんまき

レス

レス数252

レスする
  • ありがとうございます

    >病気で寝たきりになり、今も完全治癒はしていない、子供は欲しかったけど諦めるしかなかったと言われて「へー」と返すのは軽すぎて変

    「そうだったんですか…」ぐらいでさらっと流してくれると良いと思うのですが…。


    例えば皆さんが、離婚していたとします。

    「ご主人は?」と家の事をかなりしつこく聞かれて、もう誤魔化せないと思って「実は離婚したんですよ」と言ったら

    「大変だったんですね…」「辛かったんですね…」と言われたら、嫌じゃないですか?

    こちらから離婚時の愚痴を言ったなら(自分から言ったので)仕方ないですが、色々聞かれて、言うしかなくなって、話したらこう言われたら、嫌じゃないですか?


    または、子供が障害を持っていたとします。

    やはり「大変ですね…」「辛いですね…」と言われたら、嫌じゃないですか?

    うちの子供だって大変だけじゃない、可愛い所がたくさんあるのに…って思いませんか?

    なぜこういう風に面と向かって言うのか、どうにも分からないんです…。


    >それだと自分が好き勝手しているように思われて嫌だから経緯を説明したいと思うのなら、「大変だね」と言われるのは仕方ないです。また、そう考えているのなら、自分でも「大変だった、辛かった」と思ってるってことです

    そうなんですか…。

    専業主婦で子供がいない、今までの職歴も分からないとなると、親しくなると「どうして?」「今まで何をしていたの?」「どんな人生だったの?」と何回も聞いてくる人がとても多いです。

    どういう風に誤魔化して話せば良いのか分からなくて…。

    「ちょっと病気で…」と言えば察してくれる人も多くいますが、察してくれない人も多いです。(←察してくれないタイプの人が、何度も聞いてくるのかも…)

    それは、自分でも辛いと思っています。

    だから、傷口に塩を塗るような言葉を言ってくるのを辞めて欲しいのです。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >そういうかわいそうで、辛い人というレッテルを貼られる事に不快感を覚えておられるのかもしれません

    まさにこういう気持ちです。
    分かって頂けて嬉しいです。

    ありがとうございます。


    >子供の居ない専業主婦なのに、誰に聞かれるんですか?趣味の習い事教室で?近所の方から?

    ボランティア(←病気に関わる事です)と趣味の教室で聞かれます。

    (体調の事で)急に休む事があったりして、なぜ急に休むのか?とか、若いのに子供は考えないのか?なぜ産まないのか?なぜ働かないのか?など…色々聞かれます。


    >言われたくないなら、話さなければいいし、話したいなら、そう言われるのは仕方ありません

    話したくはありません。

    何回も聞かれるので、どう誤魔化せば良いのか分からなくて…。
    話術がないのかもしれません。

    ずっと家にいても…と体調が良い時は、ボランティアや趣味の教室などに出かけるのですが、毎回同じメンバーに定期的に会うと、どうしても皆さん普段何をしていて、どんな人生を歩んでいたか…の話になります。

    また子供もいなくて、専業主婦というのが、どうやら一般的には不思議な存在みたいです。

    「ちょっと病気で…」で察してくれる人もたくさんいますが、必ず察してくれずに根掘り葉掘り聞いてくる人がいます。

    その度に教室を辞める訳にもいかないので…
    うまく誤魔化せなくて困っています。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >やはりトピ主自身がご自身の境遇をまだ受けとめられていないからではないでしょうか

    全く受け止められてないです。


    >そういう中途半端な人間関係にはまらない、というのも自分の精神衛生上、大切だと思います。ご自分が置かれている環境をもう少し変えてみることを考えてはどうでしょうか

    こうなると、ボランティアも趣味も行けなくなってしまいます。

    どちらも体調が悪い時は気楽に休めるという所が体調には合っているのですが(←ボランティアは、自分の病気関係の仕事で、体調によって休んで良い事になっています…)(趣味は単純に楽しいので…)

    やはり辞めた方がよいでしょうか?

    定期的に同じ人に会う、休み時間に話す時間がたっぷりある、比較的年配の主婦の方がメンバーに多い…だと、根掘り葉掘り聞かれる気はします。

    (どうしても平日の昼間にやるので、年配の主婦の方がほとんどです)

    逆に同年代の人の方が、なぜか察してくれるというか、何も聞かれない気がします。

    元気な時は外に出て人と関わりたいのですが、関わると傷つくし、難しいです。

    「境遇について、何も聞かないで下さい」というステッカーでもあれば良いのですが…。

    どんなに頑張っても、察してくれない人もいます。

    やはり話術がないのかもしれません…。

    私だって健康になりたいし、子供だって欲しかったし、働きたかったです。

    悔しいです。

    やはり学生時代の気心知れた友人以外、会わない方が良いのでしょうか?

    みんな小さい子の子育て中か、バリバリ働いていて忙しいので…。

    世間から外れていて、悲しいです。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >寝たきりからの復活劇!まだ完璧では無いけど当時を振り返ったら今こうやってお茶しているのが本当に奇跡!!ケーキ美味しい!

    こんな感じに話しても「若いのにお気の毒ね〜」「可哀想にね…」「私は孫がいない事で悩んでたけど、あなたに比べたらマシね…」「健康があるだけマシと思わないと駄目ね…」「一番良い時期なのに、お気の毒…」などなど言われてしまいます…。

    そこはそんな事を言われ続けて、嫌になって辞めたのですが、どこに言ってもこういう風に言ってくる人がいます。


    >それでも大変だったねっていわれたらその時は「まぁねぇ」ってどや顔していれば良いんですよ

    こういう強さや明るさがないから、言われるのかもしれません。

    趣味は楽しいのですが…。

    たぶん夜の教室に行けば、雰囲気が違うのだろうとは思うのですが、時間帯的に平日の昼間になってしまいます…。

    一度世間から外れると、どうにもならないわ…と思うのですが、寝たきりから復活した方は、どんな暮らしをしているのですか?

    私は今の暮らし(夫)に感謝していますが、正直、寂しいし、誰も同じような境遇の人がいなくて、疎外感がすごいです。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >どう言われたいですか?なかなか体験できないです。想像もつかないです

    そうですか?若くして病気で寝たきりになる人、結構たくさんいるような気がするのですが…。

    何年も病院に入院していたから、こう思うのでしょうか?


    >むしろ、どう返答すればいいのか知りたいです

    普通に「そうだったんですね〜」
    と軽く言って、違う話にしてくれるとありがたいです。

    皆さんが病気になってもそうだと思うのですが、そうではないのでしょうか?

    逆にもし私の立場になって「大変だったんですね…」「辛かったんですね…」と言われたら、嫌じゃないですか?

    この感覚は一般的ではないのでしょうか?


    >自分の経験は自分のものでしかないので、他の人が言うことは気にしません。病気になったおかげで卑屈になったら、余計損したことになります

    なかなかこういう気持ちに、まだなれていないのでしょうね…。


    >病気だからってやってみる前に何も諦めるな

    人とは会いたい(体調が良い時は、社会に関わりたい)けど、「大変だったんですね…」「辛かったんですね…」と言われたくないというのは、駄目(無理)なのかもしれませんね…。

    自分が気にしないようにするか、人に会わないようにする…しかないのかもしれません。

    よけい傷口に塩を塗られるというか、卑屈になります。

    が…外に出て、人とは会いたいです。

    親しくなるのに、境遇を全く話さない、聞かれないって、逆にどんな感じか想像つかないです。

    ユーザーID:6211247225

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • ありがとうございます

    >人に何故不快に感じるのか説明できますか?

    私はりんさんに書いて頂いた気持ちに似ているな思っていて、かわいそうで、辛い人というレッテルを貼られる事に不快感を覚えているという気持ちだと思います。

    病院のボランティアだと、先生など知り合いも多く、楽しいのですが、病名などもばれてしまうので、「辛かったですね…」「大変ですね…」と言われる事が多いです。

    勝手にレッテルを貼られる事が嫌です。

    入院中にだって、もちろんですが、楽しい事もあれば、幸せな事もたくさんあります。

    ○○病だからって、幸せな時もあれば、楽しい時もあるし、勝手に不幸で気の毒な人とレッテルを貼られるのが不快なのです。

    傷口に塩を塗られたような気持ちになります。

    たぶん私が立ち直ってないから、受け入れきってないからなのだと思いますが、「そんな嫌な事を言わなくても、さらっと“そうだったんですね〜”と、流してくれたらいいのに…」と思います。

    こちらから辛いと言って話したのなら仕方ないですが、向こうから何回も何回も聞かれたから、渋々答えたのに…

    別に一言も辛かったとも、大変だったとも言っていないのに…と思ってしまいます。

    こんな気持ちで不快に感じてしまうのだと、思います。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >トピ主さんと同じ境遇を相手から聞いた場合、あなたはなんと返すのでしょうか?

    「そうだったんですか…」と言って、相手が話したそうなら聞くし、話したくなさそうなら、違う話にします。


    >お疲れ様やご苦労様とかお大事に、お邪魔しますって挨拶された時に、「別に苦労してないし!」とか「そんなに疲れてないです」「とっくに大事にしてるわ!」「邪魔って分かってるなら来るなよ」といちいち反発しないですよね

    確かにこう考えると良いかもしれないです。

    「お大事に」で「とっくに大事にしてるわ」って何か面白いですよね!

    そう言い返している所を、想像したら、面白くて笑ってしまいました。

    確かに定型文と思っておけば、気が楽になるのかもしれません。

    いちいち反発したくなのは、私が立ち直ってないからかもしれませんね…。

    しかしさも気の毒そうに「大変でしたね…」「辛かったですね…」と言われて、嬉しい人がいるのか…謎です。

    「○○大学出身です」「(え!?そんな所が出身大学なの…と思われている感じで)それは大変でしたね…」「辛かったですね…」なんて言われたら、誰でも腹が立つと思うのですが…

    やはりなぜこの定型文なのか、どうにも謎です。

    私が「辛くて…」と言って「辛いですね…」となるのは分かるのですが、今までの経歴を聞かれたから仕方なく話したら

    「辛かったですね…」「大変だったんですね…」なんて言われたら、誰だって惨めでむなしくなりませんか?

    私だけなのでしょうか?

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >境遇を聞かれた時、反対にどんな言葉をかけられたら不快にならないと思われますか?とても知りたいです。自分でもわからないのです

    Shizukaさん、ありがとうございます。

    専業主婦だと、なぜか責められる事が多いですよね…。
    お気持ち、すごく分かります。

    重複してしまうのですが、さらっと「そうなんですね〜」(←強引に聞いてしまって悪かったな〜という雰囲気を感じる)

    と言われて、すぐに話題を変えてもらえるのが、一番不快にならない気がします。

    私自身は、よくある事として、さらっと流して欲しい気がします。


    ゆーさん、暖かいレス嬉しかったです。
    まさにそんな気持ちになります。

    向こうも何て言っていいのか分からないのかな…とも思うのですが、それなら「ちょっと病気で…」の時点で、「私にはその先を聞いても、何て声をかけていいのか分からなくて困るかも…」と思って、そっとしておいて欲しいなとついつい思ってしまいます。

    ゆーさんに分かって頂いて嬉しかったです。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >長期の入院や子供を諦めたことを語らなければ自分を偽っているような気分になるほど、あなたを知ってもらう上で重要なことなんですね

    そうではなくて、色々聞かれた時にうまくかわす技術(話術)がないのだと思います。

    普通は働いているか、小さいお子さんの子育てをしている年代だからなのか、平日の昼間に趣味の教室やボランティアにいると

    「お仕事は?」「何で専業主婦なの?」「子供はいないの?」「何で生まないの?」「子供もいないのに、専業主婦ってどういうつもり?(なぜか怒られる…)」「少子化なんだから、子供産まなきゃ」「今時は女性も働かなきゃ。うちの娘なんて〜」「まだ遊んでいるような年齢じゃないでしょ!」「そんな暮らしで、ご主人に申し訳ないと思わないの」

    などなど、怒濤に質問してくる人が多くて…

    どのように対処してよいのか、分からないんです。

    「ちょっと病気で…」というと、「何の病気?」「いつから病気?」「結婚前から病気?」など色々聞かれてしまって…。

    どうにもうまく誤魔化す方法が思い浮かびません。

    これは嘘の経歴を話しておけば良いのでしょうか?

    「○歳まで働いて、結婚した所です」とか言っておけばいいのかな…と思うのですが、習い事はずっと続けたいからと正直に言って…。

    結局、自分の心が耐えきれずに辞める事になりました。

    どうやって質問攻撃をかわして良いのか分からなくて…。

    嘘をつくのも矛盾が出るかも…と思うのですが、色々聞かれても、作った話を話しておけばよいのでしょうか?

    できたら「ちょっと病気で…」で察して欲しいのですが(察してくれる人もたくさんいます)

    必ず習い事に30人ぐらいいると、根掘り葉掘り聞いてくる方が何人かはいるので、単純に私自身が、うまくかわす事ができなくて、困っているのだと思います。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >気を遣わせて申し訳ないって気持ちもあるので、相手の言葉を受けとめるってことも必要だと思っています

    青空さんは、すごいですね!
    心が広いです。

    私は狭いので、めちゃくちゃイライラしてしまっていました。

    見習いたいです!


    >嘘では無い範囲でボヤかして答えてます。相手は深い意味もなく雑談のネタ程度に聞いてるのだから、真面目に受け止めてダメージ負わなくてもいいのですよ。自分が変われば相手も変わります。辛い話はフワッとかわして、楽しいことだけ共有しましょ

    勉強になります。

    うまくぼやかして答える事が出来てないんでしょうね!

    もちろん察してくれる方もたくさんいますが、ものすごく何回もしつこく聞かれる事があったり、「働きもせず、子供も生まず、専業主婦ってあり得ないわ…」ってしつこく言われ続ける事があり、そんな時にどうしていいのか分からなくて…。

    うまくかわせる方法を身に付けたいです。

    ぽんさんみたいに、軽やかにかわせる素敵な人になりたいなと思いました。


    >ボランティアや趣味の団体も様々。プライベートを明かさずとも済むような所を探してみては

    これもよく考えたいです!
    ありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >トピ主さんは同情されたくない気持ちがとても強いから拒否反応があるのだと思います。ごまかせば心を開かない人だと思われ、話せば同情される事が不快なのでしょう

    そうなんです。

    きっと同情されたくないという気持ちが強いのだと思います。

    かといって言わないと

    「専業主婦で子供もいないのに、こんな風に遊びに来てちゃ駄目よ!早く子供を産んだり、働いたりしなさいよ」「社会の為に生きる年齢なのよ」と怒られる事が多くて…。

    それはそれで、ずっとそれを言われるので…。理不尽に怒られる事に、耐えきれなくなってしまいます。

    >ネガティブに話すと聞きたくない言葉が返って来ます。人に事情を話す時はあっさり話して、人生そんなもの、自分で選べないからねって言って終わりにすると相手も同情の言葉は言わない

    次に聞かれたら、このように言ってみます。

    きっと私自身が、病気や自分の人生を受け入れられていないのが、駄目なのだと思います。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >主様が、その反応を引き出している可能性はありませんか?

    きっとそうなのだと思います。

    >主様が何をどう話すか・どう相手に伝わるか考え、自衛するしかないと私は思います

    うまく話せないし、私自身が後ろ向きな気持ちでいるから、自然に伝わっているのかもしれません。

    素直な思いとしては、病気になんてなりたくなかったし、子供も産んで育てたかったし、普通の人生を送りたかったです。

    良かったなんて1回も思った事がないし、なぜ私が?何か悪い事をしたのか?と思っています。

    入院中はカウンセリングを受けていたのですが、全く受け止められていないのかもしれません。

    正直言うと、病気に腹が立ちます。
    そして悔しいです。

    こんな風になってしまった自分を受け入れられないし、悔しくてたまりません。

    また、うまくかわせる技術がなくて、受け止める事も出来なくて、情けないです…。

    病気にならなければ、仕事も続けられたし(←やりたい仕事があって、一生懸命勉強して、大学に行って、就職もできたのに、あまり働けないまま病気になり、退職しました)

    子供も産めただろうと思うと…悲しいですね…。
    自分の子供、見てみたかったです…。
    育ててみたかったです…。

    健康な友人達が、羨ましいです…。
    なんでこんな人生なんだろう…と思っています。

    これが淡々と真実を話しているだけでも、にじみ出ちゃってるんでしょうね…。

    たぶん…。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >コツは相手の言ったことを否定せずノリツッコミの要領です。歩きながら動きながら流すのがポイント。レスのやり取りを見てるとコミュニケーションが下手というか、他人に興味が薄いのでしょうね。おかしな人には近寄らない、逃げるが勝ち

    コミュニケーションが苦手なのだと思います。

    また言ってくる人は、40歳ぐらい年上だったりするので、どう言っていいのか…分からない感じもあります。


    >皆さん、そんなに今までの生きざまみたいなものを聞かれたりしていないですよね。聞くなオ−ラを出しつつ「まあ、色々あって・・・」でお終いです

    そうなんですね!

    私の習い事は、出身地、学生時代、結婚の年齢、夫の話、子供の人数、子供の就職先、子供の結婚、お嫁さんの話、お孫さんの話や数、自分や夫の健康の話…など、それはそれは詳細に皆さん聞かれているし、ガンガン話している感じです。

    何か距離が近いのか…そんな雰囲気なんですよね…。

    もちろんそんな人ばかりではなく、優しい方もたくさんいるのですが、必ず、どの教室にも、すごい圧力で聞いてくる人が何人かいる感じです。

    1回だけ振り替えで、平日の夜の教室に行ったのですが、年齢層も若いし、皆さんお互いに全然話してなかったので、こちらの雰囲気の方が私には良いな…とは思ったのですが、やはり暇なのが平日の昼間なのですよね…。

    もっと、うまくかわせるようになりたいです。

    否定せずノリツッコミ…。
    かなり高度な技ですね…。

    頑張ってみます。

    私が気にしなきゃ良いのに、気にしちゃうんですよね…。

    それがいけないのだと、思います。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >トピ主さんは個別にHNを出したり、アンカーで引用して返信をしているレスもあれば、まるっきり無視しているレスもありますよね。これものすごく失礼なことだってお解りですか?

    これは、発言小町って、全員にレスを書く掲示板ではなく、トピ主が気になった事を抜き出して書く掲示板だと思っていたのですが(皆さんもこんな感じの使い方だと思うのですが…)違うのでしょうか?

    もちろん全員大切に読んでますし、全員にお返事を書いてもいいですが、重複して読みにくいかも…と思いまして…。

    気に触ったのなら、ごめんなさい。

    >実社会でも、トピ主さんがご自分に照らし合わせて「そうなんですね」などとあっさりとした対応をして、相手は「寄り添ったり共感の言葉が欲しかったのに無関心な態度だった」と傷ついたり不快になったりといったことがあったかもしれません

    これは確かにあるのかもしれません。

    私は「大変でしたね…」「辛かったですね…」と言われる方が嫌なので、「そうなんですね…」の方が良いと思ったのですが、逆が良いという人もいるかもしれないな…と皆さんのレスを読んで思いました。

    そこは確かに思い当たってなかったです。
    嫌じゃないどころか、嬉しい(共感してくれた)と感じる人もいるのですね…。

    言葉の感じ方は、人それぞれなのだなと思いました。

    それが知れただけでも、トピを立てて良かったです。

    自分の感じ方の側からしか、見ていなかったので…。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >辛かったね"の後には今は幸せで良かったねと言う意味があるので不快に思う人がいると思いませんでした

    そうだったんですね!!
    目から鱗でした。

    辛かったねの後には、今は幸せで良かったねと言う意味があるとは!!

    全くそんな意味があるとは、気づいていませんでした。

    そうなんですか!!
    ここ数年で一番びっくりしました…。

    何かが根底から覆ったような、衝撃でした。

    そうだったんですね!!
    私は何でまた、「あなたは辛くて可哀想な境遇の人間ですよ」とわざわざ言ってくるのかしら…?

    もうそんなの自分が一番知ってるよ…と思っていたのですが、単に自分自身がいじけていただけだったのかもしれないです。

    めちゃくちゃ衝撃的でした。

    単に今も幸せではないからこう思うのか(←今の境遇が、ありがたいとは思いますが、元に戻りたいと思ってしまいます…どうしても…)

    ひねくれてしまったのか、いじけているのか…

    やっぱり病気が受け入れられてないからでしょうね…。
    たぶん…。

    でもそんな優しい意味で言っていた人もいたというのに、驚きました。

    もしこんな優しい意味で言ってくれていた人がいたのなら、勝手にいじけて、不快な気持ちになって、申し訳なかったなと反省しました。

    本当に衝撃的でした。

    そんな良い方の意味もあったとは!!

    今まで言ってくれていたのに、怒っていて、すみませんという気持ちになりました。

    教えて頂いて感謝します。
    そんな発想は全く湧いていませんでした。

    ありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    ゆーさん、いつも優しいレスをありがとうございます。

    ゆーさんの言葉がとても心に染みました。
    辛い気持ちを分かってもらえて嬉しかったです。

    私もつい不幸だと思われたくないと思ってしまいます。

    実は入院生活だって、楽しい思い出もたくさんあるのにな…と思ったり…。

    >聞かれても詳しく言わない、にごす、言いたくない感じを出すなど。あまりにしつこかったらそれ以上は思い出したくないですと言えば聞いて来ないかもしれません

    やってみます!

    優しい言葉がすごく嬉しかったです。
    本当にありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >私も同情されるような環境にいます。激励されると味方が増えた気がして嬉しいです。言葉上だけだと分かっていても嬉しいですよ

    きっとリアルな人間関係では聞けないので、思いきって聞くのですが、もし失礼だったり、不快になられたらごめんなさい。

    変な意味ではなく、素朴に不思議なのですが、何かこちらが話したくないけれど、聞かれて仕方なく境遇を話す羽目になった時に「大変でしたね…」「辛かったですね…」と言われて、激励されているような気持ちになるという事でしょうか?

    それはなぜですか?

    私は逆に「お前は大変で可哀想な惨めな人間だ」と烙印を押されたようで、どうにも辛い気持ちになってしまうのですが、なぜこれが励まされる気持ちになるのか、どうにも分からないのです。

    「大変でしたね…」「辛かったですね…」と言われると、味方が増えたと思うのでしょうか?

    なぜなのだろうと素朴に不思議で…。
    これが分かれば、言われてもそんなに嫌な気持ちにもならないのかもしれません。

    もしよかったら、教えてもらえると嬉しいです。


    >トピ主の場合は、同情が煩わしく感じるのですね

    同情が煩わしくはないのですか?
    それはなぜですか?

    同情かどうかは分かりませんが、「大変でしたね…」などと言われると、馬鹿にされたように感じませんか?
    私はどうにもそう感じてしまい、苦しいです。

    やはり自分がコンプレックスに感じているので、馬鹿にされたと感じるのでしょうか?

    お気の毒に…と思われると傷つきます。

    だからできるだけ、何も聞かないで欲しいと思ってしまうのですが、結局は私がうまくかわせていないのが駄目なのだと思います。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >もし私がトピ主のような同情は煩わしいと思っている人に出会い、友達になりたいと思ったら、なんて声をかけたらいいのでしょうか?

    特に楽しい話だけできたら嬉しいです。

    過去の事とかは、「ちょっと病気で…」と言っていれば、何かあったんだろうな…と思って、触れないでもらえるとありがたいなと思います。

    >堂々とにっこりして「まあ、色々あるんです」と言えば、
    『この人はこれ以上聞いても情報出さなそうだな』と思われてそれ以上聞かれないと思います。(もしもまだ聞かれたら「色々は、色々(にっこり)。」)

    これやってみます。
    にっこりとするのが重要なんですね!

    ありがとうございます。


    >のぞむ回答がえられなくとも、相手は最大限に気を使ってよかれとおもって言ってるんです

    「大変でしたね」「辛かったですね…」は、私にとっては嫌な言葉だったので、誰にとっても嫌な言葉に違いないと思い込んでいました。

    それゆえに、なぜわざわざ言ってくるのだろう?と思っていました。

    しかし、最大限気を使ってよかれと思って…という場合もあるんですね。

    何というか、自分にとって嫌な言葉は、誰にとっても嫌に違いないと思い込んでいたような気がします。

    色々なんですね…。


    >人生の醍醐味は、もがいたり、時には人と分かり合えなくてちょっと苦しかったりするけど、それを乗り越えながら感じられるものなんですよ

    そうなんですね!

    私は単純にやりたかった仕事を続けて、結婚して、子供を産んでみたかった…と思うのですが(←それが醍醐味と思っていた)

    いつまでも泣いていても仕方ないですもんね…。

    でも素直に、悔しくてたまらないです。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >「専業主婦で子供もいないのに、こんな風に遊びに来てちゃ駄目よ!早く子供を産んだり、働いたりしなさいよ」と繰り返し言ってくる人が沢山いて、病気について言葉を濁しても根掘り葉掘りしつこく聞いてくる人も多くて…さらに団体を変えてどこに行っても、そういう人がいる

    これはこういう事を言ってくる人は30人教室中に2〜3人ぐらいなのですが、教室のリーダーといった方達なので、勢いが凄くて…

    他の方達は、ただただ黙っている感じです。

    結局、この圧力に耐えきれずに、境遇を話してしまい、他の人達からも「大変でしたね…」「辛かったですね…」と言われてしまったという話です。

    それで、それに耐えきれずに辞めて、しかしその習い事自体は続けたかったので、他の曜日の教室にしたら、また同じような方がいて(今度は1人)色々と聞かれてしまい、辛くなっている…という経緯です。

    結局、自分がうまくかわす事が出来なくて、正直に境遇を話してしまった事がいけなかったのだと思います。

    また2つの教室ともに、距離が近い雰囲気で、私以外にも、娘さんが30代後半なのに結婚していない事で色々言われたり、息子さんの就職が不安定で色々言われたり、孫が男の子で色々言われたり…と、怒っている人はたくさんいました。

    しかしリーダーなので、逆らえないといった雰囲気の教室でした。

    これは無理だわ…と思って辞めたのに、また同じような人がいたのは衝撃でしたが、もちろんそんな人ばかりではありません。

    「ちょっと病気で…」と言ったら、何も言わずにそっとしておいてくれる人、何か特別にお菓子をくれた人、「気にしないようにね」と言ってくれた人など、優しい人もたくさんいました。

    ただ怖い感じの最年長の女性がリーダーなのは、二つの教室共にそうだったので、私の話術とコミュニケーション能力では、うまくかわせなかった…という話なんです。 

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >私はそこまで大変じゃなかった!という気持ちがおありになり…。もっとひどい人はいた!私はまだマシだった?私はそんなに大変じゃなかったのに!もうだいぶよくなったのに!

    そうではなく、うまく言えないのですが、例えば、自分の顔が不細工で悩んでいたとします。

    マスクで隠していたのに、「マスク取ってよ」と何回も言われ、嫌々取ったら

    「不細工ですね」「ひどい顔ですね」「そんな顔で気の毒ですね」と言われているような感じに取っていました。

    要は「大変で辛い人生ですね」と烙印を押されたように取っていたのだと思います。

    そんなの言われなくても知ってるし、私が一番誰よりも思ってるわ…みたいな気持ちだったと思います。

    しかし「大変ですね」「辛かったですね」はそういう意味の言葉ではないし、配慮とか定型文とかだったんですね…。

    病気になり、少し治って、習い事やボランティアに行くまで、家族・友人・知人には、一度もこれらの言葉を言われた事がなかったので、間違って取っていたのかもしれません。

    どちらかというと「不細工ですね」とか「貧乏ですね」みたいな感じの言葉だと思っていて、何で心の中で思ってくれればいいのに、わざわざ口に出して言ってくるのかしら?と思っていました(汗)

    どちらかというと、配慮とか善意の意味の言葉だったんですね。

    これからは、認識を変えようと思います。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >「まぁ色々ありまして」ってにっこりと言う、相手が更に質問してきても「まぁねぇ」で済ます。それでもダメなら「すみません、あまり話したくないんですよ〜」ってぴしゃりと言う。雰囲気が悪くなったのは相手の質問のせいですから、気にしない

    こういう風にうまくかわすようにして、自分の事は一切話さないようにしてみます。


    >わからないなりに、寄り添おうとしてるから
    病気を乗り越えて、良かったですね。って気持ちで言うけどな

    こんな良い意味だったんですね。
    勝手に悪い意味に捉えていて、申し訳なかったです。

    これからは認識を変えていき、さらに聞かれても自分の事は一切話さないように、うまくかわせるようになりたいなと思いました。


    >人との違いをマイナスに考えることがなくなり、普通でないことを気の毒そうに、もしくは卑下されるような言動をとられても、まったく気にならなくなりました。大半は親切心で言ってくれていると思うところもあります。「心配してくれてありがとう」という気持ちも持てるようになり、若い時期のように相手の言動に自分の心が影響されることがないのが、今の状況です

    こういう立派な人になりたいです。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >仏教の真髄は慈悲の心で他人と接するということだと思います。病気の人、貧しい人、つらい目に遭った人を憐れみ、いつくしむことです。だからこそ他人はあなたに大変でしたね、辛かったですねと声をかけて下さるのです

    一般的には、憐れみを受けるなんて、嫌な事だと思うのですが、もしかしてそうではないのでしょうか?

    よく分からなくなってきました…。


    >私の黒い琴線に触れるのは「大丈夫、癌なんて誰でもなるし、今は治るから」

    すみません。
    こちらは励ましに聞こえてしまいました。

    少なくても言っている人は、励ましているつもりかもしれません(私は言いませんが…)

    私は個人的には、こんな事はたいした事ないよ〜、誰でも経験しているよ〜と言われると、ちょっと励まされます。

    感覚がずれているのかもしれないです。
    よく分からなくなってきました。

    しかし、言葉の受け取り方は人それぞれで、一般的には悪気があって言っている訳ではなく、励ましとか労りみたいな感じなのだという事が分かりました。


    >私も「頑張って」は好き。相手の可能性や気力や能力を多少なりとも認めていれば、自然に発せられる言葉だと思います

    これは私もそうなんです。
    力が湧いてきますよね。

    「頑張って」が、何で世間的に言ってはいけないのか…よく分からないんですよね…。

    とりあえず、自分にとって嫌な言葉でも悪意に取らないで、どんなに聞かれても、境遇は話さないようにしたいです。

    習い事も新しい教室に変えて、今度こそ何も話さないように頑張ります!!

    またあまり休み時間のない教室を選びたいなと思いました。

    ありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >「好奇心から人の境遇を無理に聞き出し、その失礼な行動を取り繕うために、辛かったね、と終わらせる」行為が不快だと言っているのではないのかな。自分から愚痴を吐いたときに「辛かったね」と寄り添われるときの言葉とは違うと思います

    >不快になるお気持ちはわかりますよ。だって、不幸ですねって他人に認められている言葉に聞こえますから


    まさにこのことを思っていました。
    分かって頂いて嬉しいです。
    ありがとうございます。

    自分から話したのだったら良いのですが(どんな反応がかえってきても、自己責任ですし…)

    どんなに頑張ってはぐらかしても「何で専業主婦なの?」「若いのにブラブラ遊んでるってどういうつもりなの!」「何で子供作らないの?」「「何で教えてくれないの?」「なんの病気?」「どこに入院していたの?」「どんな病状だったの?」「何で言ってくれないの!何で?」と、どんどん聞かれて、最後に「大変だったわね〜」と言われるのが辛くて…。

    また聞き出した人以外は、気の毒そうな顔をしているのですが、(こちらは善意だと思うのですが)「大変でしたね…」「辛かったですね…」と一方的に言われるのも辛かったです。

    しかし、どんなに聞かれても、専業主婦で子供がいない事を怒られても、雰囲気が悪くなっても、自分が相手の反応を受け止められないなら、絶対に自分の病気の事は言ってはいけなかったんだな〜と思いました。

    どんなに聞かれても、私から見ると逃げられない雰囲気でも、言ってしまったのなら、それは自己責任だったんですよね…。

    >病気のことは言わないと決めていますの(にっこり)」です。「笑顔&決意」で解決です!

    次はこうします!
    本当にありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >そういう人が多い環境なのかも?あなたの周囲には、こういう聞きたがり、話したがりの人が多いのかも。環境を変えればあなたのおっしゃる「世間」は変わる可能性はありますよ


    学生時代からの友人や知人には、このような事は1回も言われた事がないし、優しい人ばかりで、人間関係のトラブルに巻き込まれた事はないのですが

    たぶん習い事やボランティアが、平日のお昼の時間帯、年配の方がほとんど、休み時間が結構ある…という環境が良くないのかなとは思います。

    趣味は、元々は病院のリハビリでやっていた事なのですが、すごく楽しくて、すっかりその趣味に、はまってしまいました。

    ぼやかしますが、写経とか絵手紙みたいな、かなり渋い感じの趣味で、習い事でもらう新聞には、やっている人の平均年齢が63歳と書いてあったので、年配の人がほとんどの趣味なのだと思います。

    美術系の趣味なのですが、作成していると楽しくて、夢中で作っているし、展覧会などにも出品させてもらったり、趣味としては楽しくて絶対に続けたいのですが…

    平均年齢や構成などから、環境としては、色々と聞かれてしまう環境だと思います。

    また普通なら、働いているか子育てしている年齢層で、平日の昼間に講座に来てて、子なし専業主婦というのも謎みたいで…。

    でもどんなに聞かれても、怒られても、受け止められる心の度量がないなら、境遇は言ってはいけなかったのだと思います。

    趣味自体は続けたいけれど、今の所では私の心が持たないので(毎回、大変ね…と言われるのが辛くて)

    教室を変わって(3回目ですが…)今度こそ、自分の話は何も言わないようにしたいです。

    (講座は、どこも平日の昼間のみで、大体先生1人に生徒が30人なんですよね…)

    また善意の優しさから言って下さっている人も多いと知ったので、自分の受け取り方を変えていきたいです。

    ありがとうございます。 

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >人にばかり期待して自分が変わろうという考えには至っていないように見えます。受け取り方だけじゃなくて根っこから変えないと。環境が変わったから世間が変わるんではないんです。自分が変わるのが先なんです。自分が変わったらどうですか。人のことは変えられないんです。もっともっと大変な人っています。意識もないまま管につながれて。普通に暮らせているだけでも幸せなんだということをもっと自覚して。自分だけが大変なんて思わないでください。そこに気づいて直さない限り同じことが何度でも起きると思います


    レスありがとうございます。

    人にばかり期待して、自分が変わろうとしていない…
    何度も繰り返し読んだのですが、自分だけが大変と思わず、今の暮らしに心から感謝すれば、「大変ですね…」「辛かったですね…」と人に言われても、気にしなくなれるという事なのでしょうか?

    根っこから変える…何度も読んだのですが、どんな感じで変えるのか…。
    分かるようで、分かっていないのかもしれないです。

    変えたくないとかではなく、読んでもよく分からなかったのですが、まねき猫さんのレスを読んで

    >こうして私のことを心配してくれた人とまた会えて、会話できてる。そのことが嬉しくて、素直に笑顔になれます。なぜ他人をコントロールしようとしてるんでしょうか。そんなことは、一生不可能ですよ。自分の気持ちは自分で守ってください

    スルー力をつける、人に境遇を話さないとかだけではなく、自分の境遇を不幸だと自分が思わずに、今の暮らしに、今、持っている物に心から感謝し、人にも感謝して生きるという事なのでしょうか?

    確かに「私だけ」とは思っていませんが(世の中たくさん病気の人はいるので…)

    「私」可哀想とは思っています。
    しかし、自分がそう思っている限り、人からの善意の言葉も悪意に聞こえてしまう(←自分が気にしているから、被害者妄想)

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    自分自身が今の状況を受け入れ、心から幸せだ、ありがたいなと感謝できれば、人に何を言われても気にしないし、言ってもらった言葉を良い方に取れて、声をかけてもらった事をありがとうと思える…という事なのかな?と思いました。

    今の状況にも、人にも感謝が足りなくて、人が合わせてくれるべき…と無意識に思っているのがよくないのでしょうか?


    >自分の気持ちは自分で守ってください
    人をコントロールしようとしたら、その人は一生苦しいままですよ。ずっとしんどいと思いながら暮らしたいのであれば、今のままのトピ主さんであり続けても良いのです


    ずっとしんどいと思って暮らしたくありません。私も変わりたいです。

    「自分の気持ちを自分で守る」とは、自分が今持っている幸せの方に目を向け、心から周りの人に感謝するという事でしょうか?

    私も自分の言葉で人をたくさん傷つけてきたと思います。それは自分でも思っています。

    人に期待せず、自分の心持ちを変えるというのは、まねき猫さんのように、「人に幸せを与えてもらう事が期待するのではなく、幸せを自分で感じる」

    という事でしょうか?


    >「人(他者)は変えられない、変えられるのは自分だけ」この言葉に救われましたよ。他者や運命に期待する前に自分が努力せよという言葉は厳しいけれども本当のことだなと思いました

    自分の心(感じ方)を変える事を努力する事が大事。
    今の状況や声をかけてくれる人・運命に期待するのではなく、自分が変われば、人も変わる。

    自分が自分で、「私、可哀想…」と思わず、周囲の人や出来事に心から積極的に感謝できれば、変われるでしょうか?

    確かに皆さんのレスを読むと、私は「みんな私に優しくしてよ」と勝手に期待して、優しくしてくれた人にも、自分が不幸だという自分の気持ちのせいで、「何でそんな事言うの…」と無意識に責めていたのかもしれません。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    決してそんなつもりはなかったにですが、それが傲慢という事だったのかなと…。

    人が変わる事を期待せずに、自分が変わるというのは、結構大変で自分に厳しい事で、

    「私、可哀想…」と思っている方が楽だけど、そこから一歩踏み出して、自分の幸せは自分で作るように…という事でしょうか?

    全然、検討違いだったらすみません。

    何度も読んで、何度も考えたのですが、ここまでしか分かりませんでした。

    確かに私は、不健康になって以来、同じ所をぐるぐる回って抜け出せなくなっているなと思います。

    自分でも抜け出したいんですよ!
    自分が苦しいので…
    それは本当です。

    自分は、今の状況に感謝が足りないのかな?人に感謝が足りないのかな?と思いました。

    また、やはり「私、可哀想…」から抜けれてないのかもしれません。

    「私だけ」とは思っていませんが、自分で私、可哀想とは思っています。

    それが状況や今の現実に立ち向かわず、ただ逃げているだけなのかもしれません。

    自分が自分の状況を受け入れられてないので(無意識に拒否してる)

    人の言葉にも敏感に反応してしまうのかなと…。

    自分が変わるとは、もっと現実を受け入れて、ここから幸せを感じられるようにしていく?という事で良いのでしょうか?

    頑張って考えたのですが、ここまでしか分かりませんでした。

    でも確かに私は逃げているし、自分が変わらずに、人にばかり変わってもらう事を望んでいた気がします。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >私はまったく個人的なことを聞かれません。聞かれるということはそれなりに理由があるんです。だからそこを考えて自分が変わったらどうですか。人のことは変えられないんです


    自分が心から幸せだと思えていれば、人に何を言われても気にしないし、聞かれもしないという事でしょうか?

    「私、可哀想…」との想いをなくせれば、変われますか?

    やはり自分は変わらず、人が変わってくれる事ばかり、望んでいたのでしょうか?


    >「聞かれるということは、それなりに理由があるんです」の所が何度も読んでも、よく分かりませんでした

    なぜ私は聞かれるのか、それはよく分かってないです。

    何度も読んだのですが、そこは分かりませんでした。

    でも変わりたいです!

    もう自分が苦しいのは嫌だし、恐らく人のせいではなく、自分で苦しくしているとは思っています。

    いまいち分かっていなくて、すみません。
    真剣に考えたのですが、ここまでしか分かりませんでした。

    でも人ではなく、自分が変わらなくてはいけないのだな…と思いました。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >主さんは、働いた経験がありますか?働かなきゃ生きて行けませんので、ほとんどの方は、他人から理不尽な事をされたり言われても、いちいち気にしていられません。自分が病気になったり、家族が病気になり過酷な介護をしていても、辛かったねなんて声掛けて貰えるどころか、退職を余儀なくされ路頭に迷う事だって多々ありますよ


    新人研修期間中(入社して半年ぐらい)に病気になってしまったので、実質働いた事がありません。

    社会って厳しいんですね…。

    あれから時間も経ち、色々な経験をしたのに、もうおばさんなのに、どこか学生気分を引きずっているかもしれないです。

    病院はある意味、みんな優しいし「患者様」でいられる面もあるのかもしれません。

    もちろんそんなことばかりではありませんが、(理不尽な医療スタッフもいるし…)

    でも基本的にはみんな優しくて、お金を払う方の立場なので、社会の厳しさは知らないままかもしれません。

    もっと私を養ってくれる夫、支えてくれた両親に感謝しないといけないなと思いました。

    感謝していたつもりですが、結局は感謝が足りていないのだろうな…と自分で思いました。

    働くのも生きていくのも、誰にとっても厳しい事なのですね…。

    それは健康・不健康に関わらず、大変なのですね…。

    私は自分が健康なら、もっと遊べたのに…とか、子供を産んで育てられたのに…とか、もっと普通に幸せになれたのに…と、良い面にばかり注目して、羨ましくて…

    自分では努力せず、環境のせいにして、勝手にいじけていたのかなと思います。

    周囲への感謝は足りず、そちらは当たり前として受け取り、人にはもっと親切にしてくれれば良いのに…と思って甘えていたのかもしれないなと思いました。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >1日10個以上良かった事や楽しかった事をノートに書き出してみて。幸せなんて、案外近くにあったりするものだよそれに気づくか気づかないかだけの違い


    さっそくやってみました!

    昔、遠方で食べた美味しかったスイーツが、期間限定でネット販売をしていて、今朝それが届いたのですが、その1つだけを考えても…

    ●夫と旅行の楽しい思い出を共有しながら、一緒に美味しくお菓子が食べられた。

    ●普段は現地でしか食べられないけど、ネット通販をしていて、また食べたかったお菓子を再び食べる事が出来た。

    ●私が美味しいって食べていたら、半々だったのに、夫が3つも余分に私にくれた(←小学生みたいな喜びですが…笑)

    ●自分は持病があって働いてないのに、美味しいお菓子まで食べられる(この暮らしに感謝)

    ●いつも養ってくれている上に、優しい夫の存在に、本当にありがたいな〜と涙が出るほど感謝の気持ちが湧いてきた

    ●ネット通販してくれたお店、運んでくれた宅配の人に感謝

    などなど、たくさん感謝が湧いてきました。

    今までの私だったら、「今日は朝から調子が悪くて、お菓子を食べて少し気分転換できて良かった。けど…調子が悪いな〜」

    だった気がします。

    自分で幸せより、悲しさの感情を集めていたのかもしれません(←調子が悪い時は、身体が痛くなる病気なので、どうにも体調の不調に流されていました…)

    私の周りにも、既にたくさんの幸せがあるんですよね!

    それに気づこうとしていなかったし、体調の波に流されていた気がします。

    しばらく毎日続けてみます!
    専用のノートを作りました。

    自分の心持ちを変えて、「持病があっても」たくさんの幸せを感じられる私になりたいです。

    本当にありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >トピ主も大変でしたねという回答に対して【不快】という選択をした。ありがとう、そうでもないですよ…など気持ちの選択肢は他にもたくさんあります。そのなかであなたは、【不快】を選んだ。もちろん自分自身で。人が大変でしたね、辛かったですねと言ったから不快なのではないです。あなたが【不快】を選んだから、不快になったのです


    ロマン非行さんに書いて頂いた文章を何回も何回も読み直しました。

    よく分かっていない部分があると思うのですが、これは【外からの刺激(←起こった出来事・人からの言葉・体調)に対して、自分の湧いてくる感情は自分自身で選ぶことが出来る】

    という意味で合っているでしょうか?

    自分の感情、自分で選べるんですね!!

    (今までの)私の中では、感情はすごい力で心の奥から湧いてきて、その大きな波に流されていく…といった感覚だったのですが

    確かに私から見て我慢強く立派な人は、例えば痛い、辛い、不快などの感情を1回自分自身で冷静に受け止めて、良い方に浄化?しているように感じていました。

    私は、自分で勝手に【不快】という感情を選んで選択していたのですね…。


    >仕事が楽しい、生きるのが楽しい人なんてたくさんいます

    こうなるには、どうしたらいいのでしょうか?

    皆さんのレスを読んで、幸せというのは状況ではなく、本人の心持ちなのだなと思ったのですが、私も【不快】ではなく【楽しい】を選択できるようになりたいです。

    我ながら、今のままでは、自分が変わらなければ、幸せな気持ちになれないなと思いました。

    周りが悪いのではなく、自分で感情を選んでいたのですね!

    最初は無理矢理でも【楽しい】の感情を方を選ぶ癖をつけていれば、そのうち少しずつでも変われるのでしょうか?

    そういう自分になりたいです。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >「私は”幸せな自分”になりたいのか、”可哀相で苦しんでいる自分”のままでいたいのか、どっち?」幸せな自分に決まってる!でも・・・
    と言いたくなるのが今までのトピ主さんではありませんか?なぜ、”頭で考えるだけの自分の希望”に対して「でも」をつけてしまうのでしょう。それは、トピ主さんの「本当の希望」がそう思わせるからではないですか?


    >まねき猫さん、いつもレスありがとうございます。とても大切な事を教えて頂いている気がします。

    何度も読んだのですが、これは私の「本当の希望」が、「可哀想で苦しんでいるままの自分」でいたいとどこかで思っているという事でしょうか?

    あまり意識では分からないのですが、確かに

    「私、可哀想だから、みんな優しくして」「私はありのままの自分(痛かったら泣きわめく)でいるから、みんな優しく私を慰めて」

    という深層心理が、どこかにあるような気はします。

    赤ちゃんじゃあるまし…ですが、確かにどこかに、この心理はあるような気がして…。

    変わらなくていいのは楽で、自分が変わるのはしんどいからでしょうか?

    それなのに、人には変わって…って、確かに傲慢だし、怖いですよね…。

    意識していませんでしたが、どこかでこういう風に思っていたのかもしれません…。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    >幸せは、外からはやってきません。感謝という思いは、”最強”のツールだと私は思っていて、試しに、日常に起こるいろんな出来事を「感謝」で収める練習をしてみてください。それでどんな気持ちになるかを味わってみてください。辛い、苦しい、不安・・・そういうしんどい感情を追い出したいとき、「感謝」を使うと案外簡単に出て行ってくれるものです。幸せ」か「可哀相」か、どちらを自分が望んでるかを、何度も問うてみてください。


    やってみます!

    ゆきんこさんに書いて頂いた、毎日の良かった事を書き出してみるのを試してみたのですが、気づかないだけで、ものすごくたくさん感謝する事がありました。

    こんなにあるんだ!

    そこはスルーして、痛いとか悲しいとか惨めという感情ばかりに注目していたのかもしれない…と反省したし、色んな感謝が自然に湧いてきました。

    ただ、しんどい感情を「感謝」で追い出すのは、どうやったらいいのか、いまいちよく分からなくて…。

    例えば「痛い」「辛い」といった時に、「なぜ私だけ…」とか「前は元気で幸せ一杯だったのに…」というネガティブな感情が大きな波のように迫ってきて、私を流していってしまうのが、素直な今の私の現状です。

    病状から来る身体の痛みや悲しさ…

    これに「感謝」するのをどうやったらいいのか、本当に分からなくて…。

    毎日、無理矢理でもやっていれば、だんだん「辛い」という感情は出ていってくれるでしょうか?

    やはり痛くない日に感謝するのが、大切でしょうか?

    病気になって、もう6年以上が経ちました。
    ずっと同じ所をぐるぐる回っている気がします。

    私は変わりたいです。

    いつまでも「可哀想」を選んでいないで、「幸せ」を選びたいです。

    「持病があっても」幸せな自分になりたいです。
    幸せに気づける自分に変わりたいです。

    いつも本当にありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    liveさん、優しい言葉に心が暖まりました。
    焦らず少しずつ変わっていけたらと思います。
    ありがとうございます。


    まねき猫さん、ありがとうございます。

    確かに足の小指さん、報われないタイプかも…(笑)

    私の病気はある身体の部位(←腕とか脚とか…)の異常で全く動けなくなり、治療後はリハビリで機能的には動けるようになっても、痛みは残る(だから元通りには、動けない…)

    という種類の病気なのですが、考えたらその部位以外は、元気なんですよね!

    私にとってそれは「当たり前」で、病気になった部位が悪い、新しい部位と変えて欲しい…と思っていたのですが、よく考えたら、他の身体の部位や臓器が、元気に動いてくれているのは「当たり前」じゃないんだな〜って思いました。

    それには全然、感謝していませんでした。
    みんな、毎日頑張ってたんですよね!

    それに擬人化して考えると、病気の部位を迷惑がって「あの人さえいなければ、私は幸せなのに…」と思っているなんて、かなり悪い気がしてきました。

    もっと病気の身体の部位も、他の元気な所も、自分で労ってあげようと思います。


    >「元気な時の自分にしか感謝できない」というのであれば、それは「元気じゃない時の自分は愛せない」ということです。それは「感謝」とは言えませんよね

    確かに「元気じゃない時の自分」は全く愛せてないです。

    自分から切り離したくて仕方ありません。
    毎日、目が覚めたら夢だったらいいのに…と思います。

    でもまずは病気を、そして今の自分を受け入れないと、前に進めないなと思います。

    私は6年も同じように所をぐるぐるしている気がしていて…

    だから人の言葉にも敏感になってしまうのだと思います。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    本人が今の自分を受け入れていて、それで「幸せです」と言えれば、それが過去の事となり、初めて人の労りの言葉にありがたいと感謝できるのかなという気がしてます。

    考えれば目が見えているのも、手が動いているのも、当たり前ではないんですよね…。

    声をかけてくれる人がいるのも、当たり前ではないし…。

    全てに感謝の気持ちを忘れていた気がします。

    「病気の自分を愛する」のは、かなり難しそうですが、少しずつやってみます!

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    PINKさん、ありがとうございます。

    まだ、人の言葉に敏感に反応してしまう(←自分自身の病気を自分で受け入れられない状態)なので、今度の習い事の教室では、謎の人物で通そうと思います。

    今までは、うまくかわしたり、笑いで楽しい話にもっていったり…という発想も技術もなかったのだと思います。

    急に出来るか分からないので、にっこり笑顔で、しばらくは謎めいた人物で、頑張ってみたいです!


    まつさん、ありがとうございます。

    >あえて思ってみるのです。どんな小さなことでもいいから見つけて、プラスの方向にもっていってみましょう。これら全てが感謝になるんです。訓練と思って、意識してみて下さい。少し、生きやすくなると思います

    やってみます!

    自然に湧いてくるだと正直難しそうですが、あえて思ってみる、訓練だと思って…なら、出来る気がしてきました。

    そうやって物事の良い面を見つけているうちに、本当にプラス面をすぐに見つけられるようになって、少しづつ前向きな考え方に変化して、物事に感謝できるようになればと思います。

    大切な事を教えて頂いて、感謝しています。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

  • ありがとうございます

    世話焼さん、ありがとうございます。

    たぶん、自分が病気の事を全力で拒否して受け入れてないので、「大変でしたね…」と言われると、その病気の自分(本来の自分)を思い出して、辛い気持ちになってしまっていたのかなと思います。

    周りの方は、見下す所か、きっと優しい気持ちで言ってくれた方がほとんどだったと思います。

    結局は自分で今の自分自身を受け入れてないから、人の言葉に敏感になり、思い出して辛くなってしまっていたのかなと…。


    >こんな感情になる自分はダメだではなくそういう自分も含めて認めてあげてください

    毎日色んな感情が湧いてきますが、自分の素直な気持ちや、状況、病気をそのまま認められるようになりたいです。

    本当にありがとうございます。


    ひよこんこさん、ありがとうございます。


    >「違う物の見方をしてみる」「角度を変えてみる」最初の自分の受け取り方は変えられなかったとしても、違う受け取り方もあるのかも。と。その次の段階として、頭で違う風に選択してみるのもアリだと思います。世話好き噂好きな人は毅然とした態度の人には深入りしません、いやできません

    違う物の見方をしてみる、角度を変えて考えてみるという癖をつけたいです。

    毅然とした態度…、恐らく私の苦手分野ですが、(まだ自分の心の受け入れ体制が整っていないので)にっこり笑顔で「それ以上は言わない」と決めて、頑張りたいです。

    ありがとうございます。

    ユーザーID:6211247225

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧