• ホーム
  • 子供
  • 楽譜が全く読めない娘に何か楽器を習得させたい

楽譜が全く読めない娘に何か楽器を習得させたい

レス66
(トピ主1
お気に入り77

妊娠・出産・育児

ドリーマー

 小学校4年生になる娘がいます。ピアノを年長から習っていますが、未だにバイエルも終わらないレベルです。ピアノがあまり好きでないというのもありますが、楽譜が全く読めないのが上達しない理由だと思っています。
 幼稚園の時から、折り紙の端を合わせる事ができなかったり、塗り絵が枠内にぬれなかったり、小学校では物差しの目盛や、分度器が読めません。視力は問題ないのですが、視覚認知に問題があるのではと思っています。算数のその分野以外の学力は特に問題なく、学習障害や発達障害の診断はおりていません。

 ピアノの譜読みを教えていても、五線が理解できないというか、二本目にある音符も三本目にある音符も同じに見えてしまうのか、ドの位置を教えてもソにたどり着けません。また、ソを教えても、次の小節に出てくるソが読めません。同じと認識できないようです。

 今習っているピアノは、先生に弾いてもらって、その指の動きを覚えて、何とか再現している感じです。リズムがとれないとか、曲を覚えられないという事ではなさそうです。
 娘も、何か楽器が弾けるようになりたいという気持ちはあるのですが、どうしても楽譜が読めないので、ピアノは諦めている様子です。小学校で習うリコーダーは、音符ではなくドレミでカタカナで書いてあるので楽しいようです。

 こんな娘ですが、何か楽器でできるようになる可能性があるものはないでしょうか。本人は、フルートをやってみたいと言っているのですが、私自身、音楽が苦手で全く知識がなく、楽譜が読めない娘がフルートができるようになるのか分かりません。

 どんなアドバイスや経験、知り合いの様子でもよいので教えて頂けるとありがたいです。

ユーザーID:7493700321

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数66

レスする
  • お箏がいいです

    ドレミじゃなくて、漢数字です。13本の弦を表します。
    五線譜じゃなくて、縦に四角で表現されるので、パッと見てわかりやすいと思います。

    それになんと言っても女子力アピールできますよ。
    ドレスはありきたりだから、着物の方が可愛いです。

    ユーザーID:1318877107

  • 三味線とか?

    よくは知らないのですが和楽器は五線譜じゃないと思います。お琴とか漢字表記?
    また、三味線は師匠の真似をして覚えるとかじゃないですか?

    ユーザーID:2018595277

  • フルート、オーボエいいじゃないですか

    唯一の救いは、管楽器なら何とかなりそうだということです。ピアノの楽譜は、和音奏法、オルガン奏法、伴奏付け、いろいろあり、モノフォニーの音楽ではありません。複雑なんですね。
    それに比べて、管楽器なら、単旋律で、わかりやすい。
    それにフルートなら、ソロもあり、華やかで、将来吹奏楽やオーケストラなどの合奏に参加しやすいです。
    フルートはお勧めですね。
    本人がやりたいというなら、習わせたらどうでしょう。

    私は高校は音楽選択のクラスでしたが、ピアノは実に九割の生徒が習っていますが、フルートは一クラスに一人程度です。どちらかというと重宝されますね。あとは、学校時代幅を利かせるなら、声楽です。合唱団に参加させて、声を磨くのでもよいと思います。歌もあまり習ってはいないので、重宝されます。
    希少性を狙われて、習い事されたほうが、音楽の授業では有利ですよ。
    楽譜のほうは、楽理といいますが、勉強のできる生徒が高得点を取るのみです。一生涯できる趣味として、楽しみたいなら、管楽器ができるほうがよいでしょう。

    ユーザーID:8865127903

  • 太鼓は

    太鼓はどうでしょう?

    和太鼓、ドラムス、コンガやボンゴなどのパーカッション。
    音で覚えられるし、リズム感がつきます。

    でもまずは対象楽器が使われている音楽を好きになることですよ。

    ユーザーID:4696096807

  • 視野の認知に問題があると思うなら。

    視野の認知に問題があると思っていらっしゃるんですよね。
    だったら、それを軽減する事が大事なんじゃないか?と思うんですが。どんな楽器でも楽譜を読む事は必要でしょうし。
    ビジョントレーニングって、ご存知でしょうか?
    探せば本が出てると思います。ビジョントレーニングを試してみては?もし、視ることを苦手としているなら、読譜以外の困りごとも軽減する可能性があるので、ビジョントレーニングをおすすめします。

    ユーザーID:1285809985

  • 子供ランキング

    その他も見る
  • 現在鍵盤楽器を修得中です

    興味があり返事をさせてもらいます。

    私も幼少期から現在までピアノなどを習っていますが、講師資格は持っておらず、音大出身でもありません。ただ自分のストレス解消程度に楽器を弾いていて、理論も勉強中の者です。
    子育て経験がないので、お子さんの理解度や進捗状況については先生と相談されたら良いと思います。
    極端な言い方ですが、楽譜が理解できなくてもどんな楽器でも演奏可能だと思っています。
    音の作りには決まった形があり名前がついていてアルファベットで表記されます。
    それらは一定の理論に従って演奏されることが多く、そこを修得したら曲が弾けるのと同じことになります。
    ピアノ等の鍵盤楽器、金管、木管、打楽器も同様です。

    幼少期に習うバイエルは、どちらかといえば指の使い方を習うということに重きを置いていると私は思っていました。
    大人になって指も成長してくると、この時に習った弾き方が役に立ちます。

    音楽療法があるように、病気治療の一環としても音楽は取り入れられることもありますので、障がい有無はあまり問われないと思っています。

    どうぞ健やかな成長を見守っています。

    ユーザーID:0856268874

  • 本人次第ですよ(笑)

    手足バラバラの動きのドラムはどうでしょうか?
    楽譜というかリズムで覚えれますよ。
    どの楽器にしても最初から出来る人は居ませんから苦労はしますが…
    まあ、本人がやりたい事を伸ばしてやるのが一番なんですが、親が無理に楽器を絶対やらせたいというのは違うかもしれませんよ(笑)
    本人次第です。

    ユーザーID:0675504066

  • 楽器変えただけでできるのかな

    娘さんは曲を聞いては覚えられはしないんですかね。たまに譜面はが読めないけど、曲を聞けば演奏できる人がいると話題になってますよね。
    果たしてフルートに変えたところで、譜面は同じ表記なので可能性があるのかは、疑問なのですが。ピアノの同じことになると想像します。

    和楽器で、ト音記号の譜面じゃないのはどうですか?(どれがそう言う楽器かは、わからないです。すみません)
    五線譜ではないです。で先生が手本演奏する楽器があったのをテレビで見たことがあります。
    ただ、譜面だけでなく色々認識できないので、今後困ると思うので、楽器を変える前に何か対策や理由?を考えたほうが良いと思うのですが。

    なぜにトピ主さんは楽器に拘るのでしょうか?
    娘さんが1人で生きていけるようにするには、どうしたらよいかお考えですか?それから楽器なんでしょうか。

    ユーザーID:1368339752

  • 娘さんの希望とズレますが

    ギターなんてどうでしょう。でも小さいお子さんにはまだ厳しいかな。指の力もいるし、ボディの大きさを抱え込めないので。ある程度成長して、娘さん本人が興味を持つようなら、是非ギターをおすすめしたいです。

    私も五線譜が読めません。まずピアノ自体あまり触ったことがなくて、「ねこふんじゃった」すら弾けません。そんな私が唯一興味を持った楽器がギターでした。

    ギターには、TAB譜(タブフ)という特有の譜面があります。ご存知だったらすみません。ギターは弦が6本ありますが、TAB譜も、線が6本あります。小町では図を用いて説明できないのが残念ですが、ネットで調べればギターの仕組みは色々出てきますので、そちらを参考にしていただければと思います。

    ギターは音の調節を「フレット」という部分で行います。音の低い方から1フレット、2フレット…となっていくのですが、TAB譜では、6本の線がそれぞれ6本の弦を表し、その上に何フレットを押さえるか、の数字が書かれています。

    また、譜面によっては指の押さえる位置を黒い丸で表記しているものもあります。その形の通りに押さえるだけなので、音符を読もうとしなくても弾けます。

    ギターはピアノと同じように、それ一本で演奏を完結させることもできますし、弾き語りをしたり、伴奏をしたり、使い道は様々です。ギター本体も安いものは2万円弱から買えるので、トピ主さんも一緒にやってみては?おうちでも練習できますよ。

    ユーザーID:5816761851

  • どうしてもやりたければできるようになるから大丈夫ですよ

    本人がやりたいというなら、とりあえずやらせてみたらどうでしょう。フルート。
    経済的に許せばですが…

    ただし期待は全くせずに。そのつもりでいられるなら、やったほうが楽しいでしょう。

    楽譜って、どの楽器もそれなりに難しいです。
    私は一応普通の譜面(ピアノや合唱)は習ったので読めはします。
    が、世の中には「譜面さえあれば」初見で弾ける人、いますよね。
    私は不可能です。
    こういうところが才能の差とか、そういう話になってくるんでしょう。

    その代わり私は、絵が描けます。
    子供の頃は下手でしたが、今は大抵のものはささーっと描けます。
    というかそれが仕事になっており、描けない人からすると神のように見えるようですが、私からしたらもう、描けない頃の思考回路があまりよく思い出せません。

    私も一応、「初見ですらすら鍵盤が叩けて弾き語りでもできたらいいな」と子供の頃思ってました。
    作曲もどきもしてました。
    が、そこまでです。
    本当にやりたければ今も続けてたかもしれないけど、その気がなかったので今もこれからもやる気はありません。

    それで不都合ないですよ。

    トピ主さんのお子さんの場合は、物差しの目盛りが読めないのがちょっと差し支えある程度でしょうか。
    でもそれと楽譜が読めない程度で、学習障害にまで結びつけるほどかな?と思いますよ。
    まだ4年生だし。
    私は算数関係の勉強は普通かそれ以上にできましたが、その代わり社会科が壊滅的でした。
    地図とかの記号は読めるんですが、寺の名前、徳川第何代の将軍の名前、ぜんぜんわかりませんでしたし、今もボンヤリとしか知りません。

    得意、不得意があるというだけじゃないかな?
    ちなみに私は、人の名前もなかなか覚えられないです。
    みんなそれぞれ欠点ってあるので…そのくらい気軽に行かないと、お子さん、楽譜にかまけてるうちにもっと大事な才能を見逃してるかもよ。

    ユーザーID:5266099970

  • 和楽器

    お琴、三味線などの和楽器はいかがですか。譜面は、五線譜ではなく、数字、漢字、カタカナなどで書かれています。
    私はお琴を習っていますが、譜面は縦書きです。ただし、お琴の弦の位置がわかりにくいかもしれません。13本あるので。そうなると、三味線の方がいいかな?

    ユーザーID:6865784330

  • 乏しい経験からですが

    趣味でピアノとアルパ(パラグアイのハープ)を弾いています。

    アルパはグランドハープより一回り小さなハープで、半音を出すためのペダルやレバーが基本的にはありません。ピアノで言えば白鍵のみの弦が張られているとお考えください(それでも半音を出すやり方はあるのですが、それはまた別の話で)。

    アルパが本来奏でる伝統的なラテンの音楽は楽譜のないものも多く、師匠から弟子へ弾き継がれます。また、優れたアレンジで演奏できるということも演奏者の評価につながるので、基本メロディは保ちつつも細かなところはバラエティに富んだものになります。

    日本ではラテン音楽だけでなく、弾く人の好みでJポップやアニメ曲など様々な曲が演奏されています(動画サイトで見ることができます)。ピアノ楽譜を参考にする場合もありますが、「楽譜が読めなくても大丈夫」を売りにしている教室も多く、そうしたところでは先生が生徒のレベルに合わせてアレンジし、生徒は家ではそれを録音したものを聞いて練習しています。

    もし西洋音楽の楽器にこだわらないなら、アルパのような民族楽器から探すのも面白いかもしれません。また、お子さんが興味を持たれているフルートなどはピアノと違って伴奏部がなくメロディ部だけなので、耳コピもかなり楽だと思います。

    ユーザーID:0528361539

  • フルート、いいと思う

    ディスクレシアではないんですよね?

    ピアノだといくつも音が重なるけど、フルートだと一音だけなので、耳で聴いて覚えて真似しやすそうですね。楽譜が読めないなら、ピアノよりフルートがいいと思いますよ。

    ユーザーID:3629193457

  • どうして楽器にこだわるの?

    娘さん自身がどうしてもやりたいと言うのならともかく、
    あまり向いていないように思うのですが。
    お母さんも音楽が苦手で知識もなく…という状態なのに、
    なぜピアノを習わせているのでしょう。すごく不思議です。

    楽譜は読めないけど、音楽が好き!ということでしたら、
    楽器を習うのではなく、クラシック系のコンサートに
    娘さんを連れていってみてはいかがですか?
    コンサートでしたら、純粋に音楽を堪能できると思います。
    あと、運動が好きならダンスもいいですよね。
    こちらも音楽を使いますから。

    楽器にこだわる必要はないのでは?

    ユーザーID:5008679150

  • 厳しい

    フルートいいですね。
    他の木管楽器より入りやすいと思います。
    ただ、耳コピや、楽譜にドレミを書いて、ある程度自分が楽しめる程度に吹けるようになるかもしれませんが、やはり楽譜が読めないとなると限界があると思います。
    もしかしたら、聴きつつ吹けるようになるかもしれませんが、楽団などに入ってみんなで演奏するには楽譜が読めないのはネックですよね。
    それより、物差しの目盛り読めないのが気になります。
    日常生活上、楽譜を読めなくても困りませんが、物差しの目盛りが読めないのは困りますよね。

    ユーザーID:2397841954

  • トピ主さんがこだわる理由が分からない

    ピアノを習ったこともなく、音楽の知識が全くない私がトピを読んで、、、

    トピ主さんは一体娘さんにどんな理想を押し付けているのだろう。
    娘さんがピアノがあまり好きでないことが分かっているのになぜ、お金と時間をそこに費やすのか。
    楽器を習得しなければいけない理由があるのか?
    トピ主さんが音楽が苦手で知識がないことにコンプレックスがあるのか?
    トピ主さん音楽が出来ないことを娘さんにできるようにさせるのか?


    音楽は素晴らしいですし、楽器をできることも素敵なこと、音楽は教養でもある。

    しかし、音楽家を目指さなければいけないわけでもないし、楽譜が読めなくても音楽は楽しめるし、楽器を習得しないと何が困ることでもあるのでしょうか?

    トピ主さんが一番娘さんの近いところで観察されて、理解者であり、娘さんが苦手なこと、出来ないことをよくわかっているのに、なぜそんなに固執しているのでしょう。

    習いごとなんて趣味の分野だし、娘さんの好きなことに没頭できる習い事を探してあげればいいのに。。。と思いました。
    お金と時間がもったいない。

    ユーザーID:2846196261

  • 単旋律の楽器

    フルートを吹いてみたいのなら、チャレンジ!
    楽譜を読む練習が必要なら、ピアノより音符が少ない短旋律の楽器の方が良いでしょうし、娘さんがフルートが好きならなおのことです。趣味の範囲なら、充分楽しめると思いますよ!

    ユーザーID:5362616853

  • フルートはリコーダーと違って、音が出るまで

    時間がかかりますよ。趣味でフルートをやっていますが、フルートやトランペット、ホルンやチューバなどのマウスピースは口にくわえて息を吹き込まないので、音が出るまでに時間がかかりますよ。譜読み以前の問題があるので、それは踏まえたほうがいいですね。同じ管楽器でも、サックスやクラリネットは口にくわえて息を吹き込むので、ここはリコーダーと同じく音は出やすいです。ピアノ教室にそこまで通っていて譜読みが出来ない、練習曲のグレードが進まないなら、先生から何のご注意もないのですか?家での練習量も気になります。楽器も向き不向きがありますが、トピ主様がお子さんに、音楽を押し付けるとか、やる気になってないのに、いやいや通わせた状態だとすれば、それも問題です。スポーツであっても一緒ですよ。大人だってイヤなことはしたくないですよね?子供はもっとイヤですよ。因みに、私も小さいころから目が悪くてメガネを二十代までかけてましたし、小学生時代も塗り絵は線からはみ出して色塗りしてましたし、お勉強が大嫌いで、親と先生を困らせてました。中学生になってもそうです。やる気のキッカケを自分で見出だせないでいました。高校には何とか行けましたが、社会人になってから大変でしたね。でも、今は高い年収は稼いでなくとも、何とか生きてます。フルートに興味があるなら、まずは教室見学に連れて行ってあげてみては?大手の楽器店に問い合わせて、フルートのレッスンを見学させて貰えないか聞いてみたらいいですよ。譜読みも大事かもしれませんが、フルートのどういう点にお子さんが惹かれているのか、音を出すまでの努力は惜しまない気持ちがあるかを確かめてみては?その他が中途半端だからといって、真っ向から否定するのでは何も始まらないですよ。

    ユーザーID:4233832691

  • 度々失礼いたします。お子さんの出来ないことだらけを

    並べていらっしゃるようにも思えますが、基本的にはその出来ないことも、出来るようにさせたいのですよね?紙の二つ折りにしても、折る練習をさせれば出来ますよね?例えば、折り紙で作る折り鶴も綺麗に折るコツがあって、最初に四つ折りにして、広げてから折り順を守れば、綺麗に出来ます。ただ、これも端と端を合わせるという基本は同じなので、まずは楽しみながら、丁寧にすることを教えてあげてみては?今のままだと、習い事や勉強だけでなく人生全般で自信を無くしてしまうこともあるので、フルートにお子さんが自分から興味を示したなら、その後押しをしてあげて欲しいです。音符や符号はイヤでも楽器をやるなら、どこの教室でも教えてますし、小学生向けでしたら、ドラえもんの学習シリーズでマンガで学べるタイプもあります。要は興味とやる気です。そして、トピ主様が急ぎすぎないことです。ご心配はわかりますが、トピ主様が口だけで上から言っていくだけでは、上達するものも上達しないですよ。塗り絵は子供向けで、お子さんがやる気であるなら、色鉛筆や水性ペン、クレヨンの扱いと、綺麗に塗るやり方を教えてあげたらいいだけですよ。もしも、知り合いやお身内の方で上手な人や得意な人がいるなら、聞いてみられては?私はフルートが心底好きだから、趣味でやってます。時にはイヤな日もありますけど、辞めようと思ったことはないですよ。

    ユーザーID:4233832691

  • 楽しく、気長に、根気よく

    音楽については、ウクレレとリコーダーをおすすめします
    ウクレレはどこを押さえればいいか図解してあるような楽譜?があります
    親子2人で習っても楽しいですよ

    余談ですが…
    子供が小学生低学年のころ遊びに来た子が、紙袋が畳めない不器用さんでした
    きちんと畳めるようになってほしいなぁとおもって、折紙三角折りをベースにした人形遊びをしました
    最初は三角に折ってあげ、一枚は角を好みで折って顔にして、もう一枚と繋げて、顔や服の模様などを書き込みます
    できた三角折紙人形を使っておままごとのようなことをして遊びます
    最初は三角にうまく折れずに苦戦していましたが、『遊びたい』『もっとファミリーを増やしたい』という想いが上回ったらしく、自宅でもひたすら作る時期があり、自然と紙袋が畳めるようになりました(二年くらいかかりました)
    その子は小4半ばから急に三角折りを卒業して色々な折紙にチャレンジするようになり、高学年で折紙クラブに入るくらいはまったようです
    助走期間がとても長いんです

    苦手だとなるべく意識をさせずに、楽しく、やりたい!とうい気持ちを育てると、最初は大変ですが、自分でできるようになるようです

    分度器は見やすいものと見にくいものでは雲泥の差があるので、別のものを試してみるのもよいですよ
    あと、先に定規やコンパスと仲良くなっておくと読みやすいです
    江戸小紋の連続文様を書いて色塗りするとか、上手くいかないと挫折したくなりますが
    、繰り返すことで見違えるように上手になります
    例:円を前後左右に半径分ずつずらして描いていく(できるようになったら二重円や正方形と円、ひし形と円などを組み合わせて)
    これも、先に親が気分転換の楽しみとして目の前でやってみせるといいのです

    あと、お手伝いや親子で調理などするといいみたいです

    ユーザーID:3048110134

  • ギターやウクレレはどうですか?

    ピアノもフルートも演奏したことがありますが、どちらの譜面も五線譜ですね。
    私は歌も好きで、ピアノやキーボードは持ち運びが大変だしフルートは吹きながら歌えないので、ギターやウクレレが弾けたら楽しいかなー、と思い触りはじめました。

    ギターは指が痛くなってわりとすぐにイヤになりましたが、ウクレレは楽しいです。
    どちらも最初はタブ譜という譜面でコードの押さえ方を丸ごと覚えるので、五線譜を知らなくても音楽になりますよ。
    弾き歌いもできます。

    音楽が好きなら、ボイストレーニングも良いのではないかな、と思います。
    詩吟とかでなければ、多くは五線譜の世界ですが、自分で声を出す方がハードルは低いかも。
    自分を楽器にしてしまえば、どこでも楽しめますしね。

    ところで、お嬢さん、楽譜を拡大コピーしても譜読みが難しいですか?
    五線を色分けしてはどうでしょうか。
    音符の上にドレミを書いてあげたら楽しく弾けるなら、少しできる範囲で工夫して支援してみてはどうかな、とも思いました。

    ユーザーID:4429885727

  • 音符を読めるようになるために

    音符を読めるようになるために、子供のピアノレッスンでは、それ用の教本があり、30分のピアノレッスンにさらに教本を30分。
    音符をかいたり、色を塗ったりしました。
    まずはピアノの先生に相談ではないでしょうか。

    それでも音符が怪しかったうちの子のために、五線譜に音が1つずつ描いてあるかるたのようなものを購入し、音あてをやりました。ある程度訓練が必要かと思います。

    譜読みは、子供は私といっしょにやりました。私自身は小学校終わりくらいでピアノやめてるので、それこそバイエルを終わってしばらくやってた程度です。一緒に音を読んだり、弾いたりしました。下の子は、今も練習に付き合っています。練習は子供たちは嫌いですね。そこを何とか頑張らせるのは本当に大変です。ちなみに音符があやしかった上の子は、中学でようやくベートーベンなんぞを弾くようになれました。

    ユーザーID:9934092245

  • 和楽器

    私も多分、視覚認知に問題があります。
    医師の診断は受けていませんが、地図を読めない。図形問題が苦手(展開図から立体をイメージ出来ない)などの特徴があります。
    ただ。楽譜は読めます。
    これについては、幼稚園入園と同時に、幼児向けの音楽教室に通い、音符や五線譜の読み方を、五感を使ったゲームで習得したからでは無いかと思われます。
    小学校に入ってから、電子オルガンの教室に移行して、中学まで続けましたが、「楽譜通りに演奏は出来ても、感情や情感を込めて演奏する」というのが出来ず、自分でもあまり好きではなかったため、辞めてしまいましたが、娘さんは楽器演奏に興味があるという事なので、ほかの方も勧めてらっしゃる、和楽器はいかがでしょうか。
    和楽器なら五線譜ではなく、記号と文字で譜面が書かれているし、練習も体感的なので、習得しやすいのでは無いかと思います。

    4年生でフルート希望という事は、娘さんは、ブラスバンドに興味があるのでしょうか?
    もしそうなら。楽譜が読めないのは、将来的に不利になると思うので、洋楽器を習うのであれば、子供向けの教室ではなく、楽器初心者の大人向けにレッスンを行っている教室で、一度相談されてみてはいかがでしょうか。
    大人の初心者向けの教室だと、「楽譜が読めなくても楽しめる」カリキュラムを組んでいたり、楽譜の読み方も、大人になってから五線譜を覚える人用の教材の方が、娘さんには分かりやすいかもしれません。(4年生でも理解出来るよう、改良は必要かもしれませんが)

    ユーザーID:6925002663

  • 根性はある?

    折り紙や塗り絵は小学生高学年でも上手に出来ない子は結構多いですよ。
    学童で働いていた経験があり、一緒に折り紙をしたりしましたが、折り紙の端を合わせるのは中々できないです。折っていくうちに端と端が合ってないからどんどんズレて、結局先生やってって子の多かったこと。

    定規や分度器は確かに視覚認知に何かあるかもしれませんね。

    楽譜を読めない書けない作曲家とかアーティストの人も多いそうですよね。鼻歌録音して奥様に楽譜にしてもらう人もいるとか。そこは気にしなくていいのではないですかね。

    フルートはリコーダーと違って吹けば音が出るわけではないので、中々音が出せるようになるまで根気がいります。その辺の根性がある子ならやらせてみてもいいかもしれません。

    好きでもないピアノはやめた方がいいのでは?楽譜を読めないならドレミ譜ってあげればいいんですよ。音楽のプロになるわけじゃないなら、お子さんが興味があって楽しく出来るのが一番です。

    ユーザーID:1730836273

  • 私なら・・・

    記譜が全然違う楽器にするかな。
    フルート等の管楽器ってブラスバンド部とか中学から始める子も多くて、素質とやる気のある人はそれで音大に入ってしまったりします。
    楽譜を読むのが難しいのに西洋音楽の楽器では、また同じ思いをする可能性もあるのでは。
    和楽器や三線等の民族楽器、特殊楽器なら全然違う所で勝負できるかも知れませんよ。
    人気のある楽器(ピアノ、バイオリン、フルート)って弾ける人のレベルも高くなるんですよ(前者2種やってます)。
    ちょっとできるくらいでは自慢にもなりません。
    私が今始めるなら、演奏人口の少な目な楽器を狙います。
    とはいえ、好きでもない楽器の練習は続かないとは思いますが。

    ユーザーID:4272660130

  • 斜視の可能性はありませんか?

    トピ主さんが「視力に問題はない」と書かれているので的外れかもしれませんが、お嬢さんが斜視である可能性はありませんか?

    私は、近視、乱視、斜視です。
    最初は近視しか分からなかったのですが、中学生の時に初めて斜視の検査を受けました。
    その際も「あれ?」とは自分でも思いましたが、良くない結果になることが嫌で誤魔化しました(汗)
    社会人になって入社した会社の健康診断に斜視の検査があり、完全に斜視だと判明しました。
    この時点で、両眼の視力の差が大きくなっていて、階段の段差がはっきり分からない、横の平行線が見えづらい状態でした。
    横の流れが捉えづらいのです。
    斜視の場合、片方の眼だけで見る癖がついてしまい、視力に差が出てしまいます。そして、目つきが悪いという外見上の問題も。
    小さな文字で各行の間が狭い横書きの文章が非常に分かりづらく、定規をあてて読んだりもしていました。
    最近は、細かい文字の紙の文書を読むことが少なくなったので助かっています。
    パソコンのディスプレイやスマートフォン上で文書を読む場合は拡大できますから。

    斜視の治療には外科手術もありますし、眼鏡やコンタクトレンズによる治療もあるようです。
    私は酷い近視と乱視もありますから治療はしていません。
    父が斜視で非常に目つきが悪かったです。
    母方の伯母も斜視で、外科手術を受けたと聞いています。

    私の両親はピアノが弾けたため、年中の頃から母からピアノを教わりました。
    母にしてみれば一般教養のつもりだったのでしょう。ピアノ教室に通ったりはしていません。
    妹は趣味として弾けるくらいになりましたが、私は興味が持てず、楽譜も読めるようにはなりませんでした。
    中学生の時の部活は合唱部、高校時の選択授業は音楽でしたが、楽譜は読めないまま。
    斜視とは関係なく、楽譜には全く興味が持てない、だから読めない。

    横ですが、ご参考まで。

    ユーザーID:0578206797

  • ピアノしかわかりませんが…

    ピアノを幼稚園から高校卒業まで習っていました
    他の楽器は習っていないのでわかりませんが参考まで


    今はバイエルとのことなのでそう音符の粒が小さいとも思えませんが、学年が上がり、誰もがどこかで聞いたことのある曲レベルになると本当に粒が見えず、私も四苦八苦しました
    私の場合メガネで視力を合わせていますが(普通の乱視と近視)、パソコンに合わせて目が疲れないような眼鏡にしたら楽譜が見えませんでした笑

    工夫で思いつくのは、色塗りをする(ドは赤、レは黄色…)、譜読みの段階でドレミを下に書く、拡大してコピーして見やすくする(A4コピーで裏に厚紙を貼ると立て掛けやすくなります)、絶対音感があるなら動画サイト探してきて歌ってみる(ドレミの歌ならドーレミードミードーミーみたいに)、なくても先生に歌ってもらって録音してみる、等の工夫はいかがでしょうか?

    ユーザーID:5288175561

  • 出来ない事を親に期待され強いられることほど辛い事は無い

    『ピアノがあまり好きでない』
    『視覚認知に問題があるのでは』
    『二本目にある音符も三本目にある音符も同じに見えてしまう』

    この状態で如何しても娘に音楽をやらせたい理由は何ですか?

    『娘も、何か楽器が弾けるようになりたいという気持ちはあるのですが』

    母親が必死にやらせようとして居るのですから、そりゃ弾けるように成りたいと言いますよ。
    大人になって全くピアノが弾けない、習ったことも無い人が、目の前で美しく奏でる人を見たら、誰だって「いいなー、自分も弾けたら良いなー」って思いますよ。でも殆どの人がやりませんけど?

    子供だってそりゃ、引けたら良いと思うけど、それだけの苦労をした上でやりたいかは疑問です。
    でもやらなきゃ行けない風に感じていると思いますよ。
    トピ文読んだだけの人が何人もトピ主が拘っていると感じるくらいですから。
    子供自身に本当になりたいのか、成らないと母に見棄てられそうでそう言っているのかの自覚も無いですよ。

    教員をやっていて思うのは、親が子供の適性を見極められず、手の届かない目標を掲げ、尻を叩く様な教育をするのは、伸びるどころか心が歪む元です。
    彼女の出来る所を伸ばし、褒め、彼女に生きる希望と学ぶ喜びを教えずして、何の教育でしょう?

    私もピアノを習ってましたが上達しませんでした。
    母は私に練習が足りないと散々怒りましたが、とてもついて行けず辞めました。
    大人になって息子が望み、習わせました。
    もの凄い早さで上達する息子の手を見て、私はやっと気付きました。
    私は手が小さくて(大人になった当時でも)力も無く、鍵盤が抑えられませんでした。
    思い出してみれば、ピアノが上手かった友人達は皆、私より第一関節分、手が大きかった。

    子供の出来が悪いのでは無く、親の選択肢が間違っているという視点は無いですか?

    ユーザーID:6194940956

  • 英才教育とかしなくていい

    子供に英才教育をほどこしたい人ですか?

    >ピアノがあまり好きでない

    えーと…やらなくていいんじゃないでしょうか。
    まあ学校の勉強は好きじゃなくてもやらないといけないですけどね。
    習い事はべつにいいんじゃない?

    >幼稚園の時から、折り紙の端を合わせる事ができなかったり、塗り絵が枠内にぬれなかったり、

    幼稚園生でしょ!?
    こんなの普通ですって。むしろちゃんと折れたり塗れたりする子のほうが少数派じゃない?

    >小学校では物差しの目盛や、分度器が読めません。

    学校の先生は何て言ってますか?
    ちなみに塾講師経験がある私の意見としては、まあ、いますよ。でもその後ちゃんと普通の大人になってます。

    思うのは、親が無理矢理英才的なことをやらせてるから、逆に伸び悩んでる印象です。
    もっとのびのびやらせてみたら、思いもよらない特技が出てくるかもよ。

    フルートについては、やりたいと言うならやらせてみてもいいけど、もう少し音楽以外の習い事も試してみたらどうですかね。そろばんとか、習字とか、絵とか。
    (絵は、塗り絵が下手でも関係ないので。案外芸術センスあるかもよ)
    まあそれも、苦手そうだったら無理させないでね。

    ユーザーID:7619445446

  • なんで??

    ピアノがあまり好きじゃないのに なぜ続けているのですか?
    娘さんの興味のある習い事じゃいけないのですか?
    その状態からプロを目指してるわけではなさそうなので、娘さんが 楽しくできるようならばいいんじゃないですか?
    できる事にこだわりすぎていると、音楽の楽しさよりも 苦痛の方が大きくなってしまいますよ。

    ユーザーID:8062871104

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧