実家もなく帰る場所もない

レス23
(トピ主0
お気に入り171

生活・身近な話題

エル

私は23歳です
タイトル通り私には帰る実家がありません
母は未婚だったので父はいません
ちなみに一人っ子で母の両親もいません
母は地元が遠く親戚もいません
小さい頃から母は私を生活保護を受けながら育ててくれました
そんな母は60歳です
母は生まれつき心臓が悪く手術し、私が小学生の頃乳癌にもなり、手術をし全て完治し
3年ほど前に脳梗塞で倒れて左半身麻痺になりましたが、リハビリの成果もあり日常生活は送れるほどに回復し退院して一緒にくらすことになったのですが
退院後の母は夜中に徘徊したり、
トイレにひとりで行けず漏らしてしまったり、
正気を失ったり、起きている間はずっと大声で何か喚いたりなど
さすがに私もずっと起きて面倒を見るのが苦痛になり、母をもう一度病院に連れていくと躁鬱と判断されました
そしてまた心臓に異常が見つかりペースメーカーの手術を受け、病院を3つ転々とし、グループホームが見つかりそこに入居してもらいました
グループホームに入居したのは良かったのですが、また心臓に問題があり入院となりました
そしてあらたに母は認知症と診断されました
私の母はもともと軽度の知的障害です
私は高校は通信制で大学にも行けず正社員でもないです。昼のパートと夜はスナックのバイトをしていましたがコロナの影響で出勤できずにいます
なので昼職は新しく面接を来週うけるのですが、
それでもコロナ前も生活はギリギリで今は家賃が払えていません
来週中に払えない場合は強制退去です
今のアパートの保証人は元彼です。元彼が結婚したので保証人をかえなければいけません
私の友達はほとんどが結婚しているか実家ぐらしなので行くあてもありません
光熱費も滞納してしまっています
借金もしてしまいました
母をおいてこの世から去るなんて心苦しいです。
ただどこかに吐き出したかっただけです
すみません。

ユーザーID:1153007642

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
  • 諦めないで。

    月曜日になったらまず、住所地の市役所に行きましょう。

    役所の福祉担当課に行って、トピ主さん自身が生活保護を受けられるかの相談をしましょう。

    また、今はコロナ関係でお給料が減ったり仕事を失った人のために様々な支援制度があります。
    生活資金の緊急融資等もあり、通常より短い期間で貸付等が受けられ、逆に返済期間が長く設定されていたりもします。
    利用可能な制度は必ずあるはずですから、役所の人に相談してください。

    パソコンやスマホがあるなら、自分の住んでいる市役所のHPを確認しておきましょう。
    どこの役所も大抵、HPでコロナウィルス関連の情報をまとめたページを作っていますから見ておいて、色々な申請に必要になりそうな書類等を揃えておきましょう。

    また、光熱費等も供給事業者により、支払期限の延長がなされていることが多いですから、それも調べて申出をしましょう。

    それに、ひとり10万円支給される特定給付金の通知が来ているはずです。
    早急に申請をして、郵送手続をしたら役所に問合せをして、いつぐらいに振り込まれるかを問合せしましょう。

    大体の目安が分かれば、それまで家賃の支払いを待ってもらえるよう、大家さん等とも交渉しやすいのではありませんか。

    諦めてはダメです。
    役所に相談に行って、自分が利用できる制度を教えてもらってください。

    苦しく厳しい中でも、通信制で頑張って高校だって卒業出来たのですよ。
    諦めてしまう前に、まだまだ出来ることはあるはずです。

    月曜日になったら、必ず役所に行ってくださいね。

    ユーザーID:9365716316

  • 生きて

    下さい。
    明日1日ですべては、変わらないけど
    生きていれば未来はあるんだから。

    とりあえず すぐに役所に行って相談してください。
    くらし・しごと相談支援センターなどで、
    生きるすべは、相談してから。

    23歳まだこれからのほうが長いです。

    ユーザーID:3315400977

  • がんばったね

    はじめまして。
    くまぴょんです。
    投稿読ませていただきました。
    今までがんばってきたね。
    大変だったね。
    偉いね。
    行き続ければきっといい事がありますよ。
    皆あなたの頑張りをみているよ。
    一人じゃないよ。
    苦しかったら回りに助けてと言ってね。
    友達や周りの人に弱い自分を見せても大丈夫だよ。
    まだまだ二十代で若いしきっと良い出逢いもたくさんあるはずですよ。
    あなたがどこにいて誰かもわからないのでお話を聞く事しか出来なくて悔しいです。
    皆生まれるところを選べないし人生は薔薇色なんかじゃない。皆苦しい事悲しい事不安な事沢山あって悩みながら生きてます。生きてるだけでりっぱです。
    あなたががんばってるのわかります。
    頑張りすぎずに周りの人を頼ってくださいね。応援してますよ。お母さんを大切になさってくださいね。そしてご自身も大切にしてくださいね。あなたに幸せがいっぱい来ますように。

    ユーザーID:2406237913

  • 生活保護を申請して

    地元の役所の窓口に行けば、親切に対応してくれます。

    事情を話して生活保護を受けられるように計らってもらえば、当面は何とかなると思います。

    あとはあなた自身が「生きよう」という前向きな気持を取り戻すことです。

    悩むより行動する。死んだつもりなら出来ない事はない。

    ユーザーID:4842840880

  • 役所や支援団体に相談を!

    詳しくはありませんが、保証人の代わりをしてくれる団体や、自治体によっては支援が手厚い所もあります。

    まずは地元の市役所で相談。それから、インターネットが使えるなら検索してみてください。
    コロナ時期なので難しいかもしれませんが、住み込みの仕事もあります。

    私は両親揃っていますが、毒親だったので未成年の頃にやむなく同棲していたこともあります。その後、正社員になってから自分でアパートを借りました。成人していれば、親がいるとかいないとか、金持ちかそうじゃないかは、あまり関係なくなります。探せば必ず支援はあります。早まったり、私のように変な人に引っかからないでね。

    ユーザーID:2099484477

  • 話題ランキング

    その他も見る
  • 家庭が複雑だと色々と難しいですよね

    市役所へは行きましたか?
    生活保護だけではなく他の援助もありますよ。
    既に借金をしてしまったようですが、まずは市役所に助けを求めるのがいいと思います。

    私も複雑な家庭で育ち、夜間の定時制高校を出ています。22の時には家を出て独り暮らしでした。
    引っ越しに伴い何度か転職もし、市から家賃補助を貰っていた時期もありました。

    まだ23歳とお若いので選ばなければ正社員も見つかると思います。
    今はコロナで少し時期が悪いですが、諦めずに前を向いていればいつかきっと良いときがきます。

    ユーザーID:2514602575

  • 大丈夫ですか?

    本当に八方ふさがりでお辛い状況だろうと思います。
    若いのに大変でしたね。

    行政に頼る事は出来ませんか?
    またはNPO団体とか何かそういう支援団体があるかもしれません。
    調べてみて下さい。

    >来週中に払えない場合は強制退去です

    この部分ですが、強制退去って出来ない気がしますが・・。
    法的に住んでる人の権利が強いので。
    だから家賃を滞納し続けても良い!という意味では無いのですが・・。

    主さんはまだまだ若いので仕事も選ばなければ働けると思います。
    何もかも嫌になってしまうかもしれませんが、希望を捨てないように。

    なんとか乗り越えて欲しいと祈っています。

    ユーザーID:0372542492

  • 同情します

    エルさん、

    トピの読後の何とも言えないやるさなさ、世の中の生まれつき不公平さに

    心が痛みました。私も銀のスプーンどころか割り箸をくわえて生まれてきた

    環境なので少しはエルさんの立場は理解できるつもりです。経済的にも緊急し

    て状態のようですから、生活保護の手続きはされましたでしょうか。

    どうか、どうか命は大切にしてください。お母さんのためというよりあなたの

    為に生き抜いてください。将来報われると信じて。

    ユーザーID:6823898394

  • すぐに自立相談支援機関の相談窓口で相談してみてくだい。

    エル様、お母様のご病気や介護のこと、日常の生活のこと、これまでお一人で良く頑張って来られましたね。
    もう大丈夫。これからはお一人で何から何まで頑張らなくても良いのですよ。

    厚生労働省では、生活に困窮している方々に向けて、「生活困窮者自立支援制度」という制度を設けています。
    また、この制度に基づいて全国の都道府県や市に、「自立相談支援機関」が設置されています。

    「生活困窮者自立支援制度」では、いろいろな事情で生活に困窮している方々に、一定期間家賃相当額を支給したり、就労支援をしています。
    また、今回の新型コロナウイルス感染症の影響で仕事を失い、生活に困窮している方々に向けては、当面の生活資金の貸付や、自治体から家主さんに対して家賃を原則3ヶ月(最大9ヶ月)直接支給してもらえる制度もあります。

    ぜひ「厚生労働省」「生活困窮者自立支援制度」で検索してみてください。

    そして、すぐにエル様がお住まいの地域の「自立相談支援機関」を探して、相談してみてください。きっとエル様の相談に親身に乗って頂けるはずです。相談は早ければ早い方が良いです。

    最後に、このような支援制度を利用することは、決して恥かしいことでもなんでもありません。エル様はこれまで十分お一人で頑張って来られたのです。
    エル様が一日でも早く、いつか明るい笑顔で毎日を過ごすことが出来るように陰ながら応援しております。

    ユーザーID:8560113103

  • 一般的におすすめされる方法ではないですが

    23歳の女性なら、来週中に家賃ぶんくらいは現金をもらえる仕事があると思います。
    役所などは月曜日に駆け込んでも、来週中には難しいでしょうし
    「この世から去る」まで思いつめられているのでしたら、今のどうしようもない状況が解消できるまでの間だけでも割り切って働くことを検討されてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:5140010995

  • 役所に相談はしましたか?

    受けられる助成金や手当てがあると思います。
    また、生活保護に一度切り替えるのも手だと思います。
    主さん自身はもちろんのこと、母親にも何かしらお金が給付されるかもしれないので、
    まずは公的機関を訪ねてみてはいかがでしょうか?諦めるのはまだ早い気もします。
    現段階で母親とあなたにはコロナの助成金で二人合わせて20万は受け取れるはず...
    そして母親が生活保護受給できるのなら、母親の医療費は無料になるはずです

    まず手当や助成金の有無を確認して、
    アパートは保証会社がつくところなら、保証人居なくても借りられますので、
    1つ1つ調べてみてください。

    ユーザーID:6976823911

  • 歩みを止めなければ、かならず良いことに出会う筈ですよ。

     人生は塞翁が馬。
     山あり谷あり・・

     今までの人生が谷ならば、これからの人生のどこかに山がきますよ。
     谷底で立ち止まってしまうのが、一番もったいない人生です。

     私は、人の幸せの総量なんて一生を通じて計算すればみんな同じだと思っています。もしツライことが多いのなら、幸せを積み立てているのではないでしょうか・・ いつになるかは分かりませんが、満期になるまで頑張りましょう。

     幸せの満期日は、案外とすぐ近くに来ているかもしれませんよ。

    ユーザーID:9074153275

  • まずはお近くの公民館へ

    時々、地元校区の貧困支援担当さんのところに出入りしています。

    お住まいの校区に公民館があるなら、大きな都市部でコロナの影響が少なければ開いていると思います。
    公民館のスタッフさんに、ヌシ様お住まいの地域の保護司さんや民生委員さんをご存知ではないか聞いて下さい。
    公民館がない地域でも、他に自治会館など支援のヒントをもらえるところがあります。
    えっ?と思われるかもしれませんが、コンビニで裏にオーナーさんがお住まいのところや以前からある個人の小売店なども、地域情報はたくさんお持ちです。
    人生を諦めるくらいなら恥をかく覚悟で尋ねてみて下さい。
    案外親身に答えてくれます。
    そして、保護司さんや民生委員さんに繋いでもらいます。
    割と年配で在宅の方が多いかと思いますので、土日でも捕まるはずです。
    生活が困窮していてまずは家賃が払えないこと、そして社会福祉協議会に来週早々に繋いで欲しい旨、できれば同行して欲しいことを伝えて下さい。
    そして困りごとやどのように手助けをして欲しいのか、しっかり話をして下さい。
    尚、社会福祉協議会から貸し付けという形でいくばくかのお金が出るでしょうが、無利子でも返済が必要ということはお忘れなく。
    給付で返済不要なものは、生活保護だけと思って下さい。(詳細はまたそれぞれのセクションから詳しくなされます)

    保護司さん民生委員さんは営業活動をして困窮している人を探しているのではなく、相談が来るのを待つスタンスです。

    例え親が認知症であっても、子が先に逝くことは望んでいないし止めたいでしょう。
    保護や支援をもらえる借りられるのなら、その間に生活や仕事のリズムを整えられます。
    まだ諦めるには早いです。

    ユーザーID:3186569220

  • 住居確保給付金

    住むところを失いそうな人の為の給付金。
    借り入れではないので、返さなくていいです。

    それと、生活保護は
    生活の全てを面倒見てもらうものだけではなく、一部を補助してもらうタイプもあります。

    収入が激減したり失職する事は、
    誰の身の上にも起こりえます。
    役所のパワーと連携力を信じて
    相談してみてください。

    担当者はあなたのような人こそ
    救いたい、手助けしたいと
    思っているはずです。

    ユーザーID:7119270376

  • 市役所に相談 住居確保給付金と自立支援と職能開発(失業手当)

    市役所の幾つかの窓口へ相談ハシゴ。

    まずは住居確保給付金申請。
    次に生活自立支援相談窓口で生活保護申請。
    ハローワークで失業手当申請。

    >今は家賃が払えていません
    >来週中に払えない場合は強制退去
    を訴えて市役所にまとまったお金を借りましょう。
    親御さんが知的障害をお持ちで現在は認知症で頼れない、と。

    家賃納付期限期日までに給付が間に合わないと困るので、
    市独自の生活支援金の無利子貸与制度があれば、借りて家賃を払い済みにしておく。
    できることなら滞納している先月分と近日収めるべき今月分を今払う。
    >借金もしてしまいました
    もしかしたら高利貸から借りてませんか?
    今すぐに完済を!
    今後も高利貸から借りてはいけません。

    もし市役所窓口が「若者は働いて稼げ」と門前払い状態なら、
    市議会議員さん(各政党均等に相談を持ち掛けてみましょう。ネットで相談にのってくれる議員さんいると思います。)や
    町内の民生委員さんに相談
    「もう一度申請に行くので一緒に同行して欲しい」とお願いを。

    ネット就活と、ハローワークにもアクセスして就活相談履歴を残しておく。

    就業が厳しくても、アパートを退去連絡するのは絶対に住まいを確保してからです。
    住所が無い/定まっていないと、住居扶助給付金も生活保護も受けられません。
    今家賃が高額なら、市営住宅や市立女子寮や生活保護OKアパートなど公的住居を市に頼んで確保して。

    このまま順調に就活がうまくいき就業し落ち着けば、
    市役所に借りたお金を徐々に返済できますし、
    完済後は先取り積立をして今後の不況に備えましょう。


    失礼ながら戸籍に認知した男性は記載有りませんか?
    市役所のワーカーさん経由で戸籍上繋がりの記載された成人へ支援のお願いをするケースもあります。

    ユーザーID:9718602990

  • 必ず助けてもらえます!今は役所も親切です

    コロナで仕事を失ったり、お金に困っている人が、たくさん役所に来ています。役所の人も親切に相談に乗ってくれますよ。

    今年の4月から制度が変わったので、あちこち役所の窓口をはしごしなくても、まずは一ヶ所でまとめて話を聞いてもらえ、助けてもらえます。

    トピ主が住んでいる場所がどこか分からないけれど、住んでいる場所によって、相談できる窓口が変わります。区役所だったり、市役所だったり、他の団体だったり。

    住んでいるところの、区役所か市役所、役場にまずは電話して「家賃が払えず困っています。相談にのってくれるところを教えてください」と、聞いてみてください。

    今は、トピ主と同じように、一時的に困っている人がたくさんいますから、助けを求めてみてください。

    きっと、なんとかなります。

    ユーザーID:1794298512

  • 強制退去とはいっても

    本物の「強制退去」は、大家さんが訴訟を起こして裁判所から通知が来て、裁判の日程が入って月単位で公判があって…判決出るまでなんだかんだで、判決出てから執行の申し立てして、なんだかんだで、滞納してから年単位かかると思う。
    今言われている「強制退去」は、本物の「強制退去」ではないので、まだ時間があります。
    本当に荷物を放り出されたり、鍵を変えられたら、大家さん側が違法です。
    「法テラス」の法律相談で、契約書持参で弁護士さんに相談しておいてもいいと思う。あなたなら、無料で相談できます。
    スマホで「法テラス」「法律扶助制度」調べてみてください。
    お金のない人でも、弁護士さんの手を借りることのできる制度です。

    生活面の立て直しについては、市役所や社会福祉協議会が助けの手を用意しています。
    お母さんのことも含めて相談してみてください。

    ユーザーID:0920428324

  • 生活保護の申請をしましょう

    役所の生活保護の部署に行って、現状を伝えて「保護の申請」をしてください。
    相談で終わらせるのではなく、ハッキリと「保護の申請をします」と言ってください。
    そこまで困窮していたら、申請の書類を書けばすぐに生活保護の受給が決定しますよ。

    銀行の通帳や印鑑、部屋の賃貸契約書。水道光熱費を滞納して止められそうなら、その督促状も持っていってください。
    どれだけ困っているかが分かり、申請のスピードがアップします。
    手持ちのお金が極僅かなら、その月の分として申請日からの保護費もすぐに振り込まれます。

    一刻も速く生活保護の申請をしてください。

    ユーザーID:7218900238

  • レスします

    その若さで本当に苦労されたんですね。お母様もです。
    ここに助けを求められたのはとてもいい判断でしたね。
    しっかりされていらっしゃると思います
    私は具体的にアドバイスはできませんが、とにかくとび主様の今までの苦労が報われる日が来ることを信じています

    ユーザーID:1438197072

  • もう大丈夫です

    何もわからないのなら、お住いの市役所に連絡したほうがいいですよ。
    電話だけじゃなく出向いたほうがいいかもしれませんね。
    トピに書いたようなことを言えばいいです。
    間違えても、公民館や自治会館ではありません。
    そこの人が連絡してくれるかもしれませんが、直に市役所に行ったほうが話が早いです。
    トピ主さんはまだ若い。まだまだ未来がありますよ。
    私が23の頃、実家はありましたが特に頼ってはいません。
    が、認知のお母さまをお世話してたトピ主さんに比べれば、
    自由を満喫し幸せでしたね。(自活の苦労はありましたが)
    お母さまは施設で無料で一生お世話をしてもらえるはずです。
    もうトピ主さんは解放されていいのです。
    トピ主さんは1度生活保護を受け、その後職について稼げるようになったら
    生活保護をやめて自活しましょう。
    賃貸の保証人は今は保証会社が一般的です。大丈夫ですよ。
    その後、トピ主さんがお母さまの施設費を出さなくても大丈夫です。
    だって無理なんですから。(ものすごく稼いだら別ですが)

    今はこんな状態かもしれませんが、ここを見てる大多数の大人がわかっています。
    今後、きちんと職について働けば大丈夫です。
    バカな男に頼ったりせず、、だらしない生活をせず、
    何か資格をとったほうがいいですね。
    人生は一生勉強なのです。
    欲しい報酬の額の資格をとりましょう。
    この言葉は当時の自分にも言いたい(聞く耳持たない若い私でしたが)。
    大丈夫です。あなたの未来は幸せです。

    ユーザーID:4234772176

  • エルさん!!!大丈夫だから,今は世の中に頼って!!!

    辛いよね。心細いよね?一人っ子だからわかりますよ。
    相談できないんだよね?
    でもね、答えを一人で出すのはやめて。
    今はつらいなら辛いと声に出そう。
    福祉を頼って。だいじょうぶ。生活の基盤が整いだして来たら、あなたなら大丈夫。
    家を出る事だけは早まらないで。道はあるから。方法はあるから。

    ユーザーID:9801449665

  • しんどいね。でも、だいじょうぶだよ。

    頼る人がいない心細さ、すごくよくわかります。
    イヤだから頼らないということと、本当に寄る辺ないことは違いますよね。家族に文句を言ってはいても、案外と帰る家のある人が多いんですよね。

    かなしくて、不安で、すごく辛くなってしまう時が、きっとあるのだと思います。そしてそれが、今なのかも。

    でも、だいじょうぶですよ、本当です。めちゃくちゃキツくて、家族も仕事もお金もなにもなくなってしんどくても、あきらめないで。生活保護などの仕組みは、こんな時の、貴方のような人のためにあるのです。ちゃんと使って、少しずつでも生活を立て直して、元気になりましょう。

    いまから何でもできるから。
    10年生きていたら、きっと全然違う、今からは想像もつかない人生にたどり着けるから、なんとか踏みとどまろうよ。もうなくす物が何もないなら、あとは増えるだけだから、落ち着いて、ちょっとずつ進みましょう。

    私も同じくらいの年齢の時、お金も家も仕事もみんななくして、悲しくて、もういなくなってしまいたいとも考えたけど、いろいろあって、今は普通のおばさんになりました。
    おいしいものもたくさん食たし、外国にもいっぱい行ったし、ちょっと前に通信制だけど大学も卒業しました。
    めちゃくちゃがんばったわけじゃなく、ただ、できることやって生きていただけで、まあまあ幸せになれたから、あなたにもあきらめないでほしいんです。

    だいじょうぶ、ひとりだけど、ほんとうはひとりじゃないよ。
    まだ絶望はしないでね。いっしょに生きましょう、この世界でもう少し。

    ユーザーID:2163902892

  • 帰る場所がなくても、助けてくれる人はいる!

    エルさんへ

    エルさんの置かれている状況と家庭環境をみるば、エルさんが疲れきって絶望的になる姿が想像できます。
    どんな人でもエルさんの状況下に置かれたら、エルさんと同じ気持ちになるか、とっくに潰れていると思います。

    まだエルさんには今を乗り越える力が残っています。
    忘れないで欲しいです。
    そして、そのチカラを有効に使って欲しいな。

    日本には有難いことに、家庭問題に関することを扱う機関が沢山あります。
    保健センターや命の電話サービスなど。
    近くの市区町村に問い合わせると、直ぐに繋いでくれます。他にも別の機関があります。

    私自身、何年も何年も悩み苦しんでいた時がありました。今もまだ解決していませんし、まだ悩み苦しんでいます。
    ただ1つはっきりとお伝えしたいことは、1人で抱え込むと、最終的にはもうダメだ…と自分で勝手に決めつけてしまい潰れてしまうということ。私は周りに助けてくれる人も身内もいなく、いつも1人で考え悩み抱え込む…の繰り返し

    ある事がきっかけで、地域のサービスから助言を頂き、そこから別の機関に繋げてくれて。
    抱えていた問題が深いだけに、直ぐ解決とはなりませんが、でも、明らかに状況は変わりました。

    10人に助けを求めていいんです。
    忙しい人もいるから拒否されても仕方ないんです。
    でも1人の人が何かしらの形で手を差し伸べてくれます。必ず。

    こうやってエルさんが投稿されたのも、話しを聞いて欲しいという欲求があって、それにより行動を起こしたわけで、十分ポジティブですよ!

    なので、今持っているポジティブなチカラを他者との繋がりに使い、今の状況から少しでも変化を起こせますように。

    ユーザーID:4636905714

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧