鬱、不安、老いていくこと

レス21
(トピ主3
お気に入り72

心や体の悩み

サトリアニ

53歳、専業主婦、一児ありです。
良い妻、母でなくては、という思いに囚われ、結婚後に不安神経症と鬱病を発症しました。パートに出た事はありますが、鬱を再発し退職、直近3年は特にひどく、精神科に入院した事もあります。
ここ最近、日々悶々とした気持ちを抱え、苦しいです。
色々な考えが浮かび上がってきてしまい、息苦しさや嗚咽が出てしまうのです。朝、絶望感で目覚めることさえあります。最近では、どんどん老いて行く現実が怖くて仕方がないです。いつも、ちぐはぐは感情に揺さぶられてしまい、疲れ果てて、「結婚せずに働いていた方が良かったのだ。その方が自分らしく生きていかれたかもしれない」等という、究極で根拠のない考えに至ってしまいます。夫に優しく出来ない時も、イライラをぶつけてしまった後に後悔し、私となんて結婚しなければ彼は幸せになれたのに、等と思ってしまうのです。こんな事を言うと彼は怒るので心で思うだけですが...

簡単なことさえ決めるのが難しくなりました。食糧の買い物など、買うか買わないかで迷い、お弁当の中身で迷い、単純な行動をするかしないか迷い、あまりにも迷い過ぎてくたくたに疲れ果ててしまうのです。首が凝ってしまいます。
色々な事を考え過ぎて、パニックになる事も多いです。

世の中にはご苦労されている方が沢山いらっしゃり、こんな自分の考えはあさはかで、甘ったれているとは理解しています。劣等感もひどく、他人を羨ましく思う→なぜ自分はそうなれないのかと悩み→鬱鬱となる事が非常に多いです。
若い時は仕事、人付き合い、レジャー、本当に楽しんでいました。あの頃の自分を思い出すと涙が出てきます。歳を取れば大らかになり人生を愉しめると思っていました。今の自分は精神的に苦しいだけです。最後までお読み下さりありがとうございました。

ユーザーID:6477151038

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
  • 同年代です

    サトリアニさんは若い時期には、明るく生活されていたのですね。私の場合は、ずっとネガティブ性格で、生まれつきなのかな、親の気質を受け継いだのかなと諦めています。最近になって精神科の外来を受診し、軽めの精神安定剤を処方されました。病名は、わかりません。私も劣等感は強いです。上手くいっている人、成功している人をみると、強烈な劣等感にさいなまれます。特に、環境の同じような近い人に、嫉妬します。同じようにできないのが悔しいです。専業主婦に憧れます。不本意なパート勤務をしていることが、辛いです。格差は仕方がないとは、理屈ではわかりますが、自己憐憫に陥ります。今日、知り合いの恵まれた主婦の人がごひいきにしている、ブティックに行ってみました。バーゲンセールになってたけど、何も買いませんでした。同じ物を着ても、その人自身にはなれないんだって、しみじみ感じましたから。

    ユーザーID:5338378563

  • マインドフルネス

    主さんと年代は違いますが、同じような気持ちになったことがありその頃苦しかったので、参考になればと思いレスします。

    まず
    >世の中にはご苦労されている方が沢山いらっしゃり、こんな自分の考えはあさはかで、甘ったれているとは理解しています。

    この考えは捨てていいです。
    甘ったれとか他にも大変な人がいるとか言う方も世の中にはいますが、本来人それぞれの人生の中で他の人が大変だから云々は全く関係のないことです。
    そう言い聞かせて自分をいじめながら頑張るのは簡単ですけどね。意味のない苦しさですよ。
    ご自分の辛さや苦しさを受け止めてあげてください。
    そんな中で生きてきただけでも充分頑張っているし甘ったれてません。

    さて、いま主さんは「現在」に生きていないと感じました。
    未来への不安、過去への後悔や羨望。

    人がぐるぐる悩んでいる時って、たいてい現在から心が離れている時です。
    でもそれって現実ではないのですよね。

    マインドフルネスの本や禅の本を読んでみてはいかがでしょうか。
    たくさん本がありますが、入りやすいものとして
    「「今、ここ」に意識を集中する練習」(ジャン・チョーズン・ベイズ)
    という本はおすすめです。

    気持ちが落ち着き、全ては自分の中で生まれただけの恐れだったんだなと気がつけると思いますよ。

    私は最近、犬や猫のように生きたいなぁと思ってます。
    動物ってマインドフルネス体現してるんですよね。

    人生は確かに有限ではあるので、だからこそ「今ここ」をしっかり生きる。
    趣味でも勉強でも、今からやりたいことをやってみてはどうですか。
    その時は、「上手くいくだろうか…という未来への不安」や、「あの時からやっていれば…などの過去への後悔」はナシのお約束で。

    主さんのことを応援してます。

    ユーザーID:2912332267

  • 激しい運動か、又は薬処方

    このトピを読むと、やはり専門家に相談して薬をもらった方がいいのではないでしょうか?

    私は専門家じゃ無いですが、このような感じで相談されたら、そして薬が除外だったら、体を動かすことを薦めます。もし、少しでも自分に動く力があったならば、それもかなり激しい運動を薦めます。これを日課にできないでしょうか? 激しい体の運動は薬と同じ、又はそれ以上の効果があると現代医学は宣言してます。

    それを毎日一週間でも続けることはできないですか? そしても気分が変らなかったら、もしくはそうする気力が全くないなら、やはり専門家に相談して薬を処方してもらった方がいいと思います。そして徐々に薬から体の運動に変えていく方向にしたらいいと思います。

    ユーザーID:3191624150

  • 悩ましい年齢です。

    若いときに、うまく生きてこられたのだから、その時が一番自分らしい時期だったんだと思います。

    その後、うつ病になったときは、多分、自分を後回しにしても子供を守るとかで、治療がうまくいかなかったし、もっと休まなければいけなかったのだと思います。

    だましだまし生きてきて、女性ホルモンが変化する今の時期は、
    うつ病であっても、一番症状が重い時期かもです。

    未来が老いた自分を気にして不安になるのが女性らしいところでしょうが、
    60歳の私が言うのも何ですが、老いだけではないですよ。

    医学は進歩してるし、世の中は、いい方に変わるように、努力する方にたとうと頑張っています。

    怖かった老いや衰え、自分なりに遅らせるような悟りだとか慈愛の気持ち、他人への感謝や、諸々の、若いときとは違う何かが見つかるはずです。

    ですので、余計な心配や素人考えは、やめて、今の病気を治すことです。

    子供に迷惑掛けたくないという気持ちだけで、きっと、強くなりますよ。

    ユーザーID:9501049835

  • 私は恋でした。

    私も時折、そう落ちてしまう事があります。最近落ち方は緩やかになりましたが。

    私は若い頃から鬱気味だったせいか、それとの向き合い方を、年を取る毎にうまく出来るようになったと感じています。

    老いは必ずしもマイナスではないと感じます。

    何度か終わりにしようと決めた事もありました。実際はそんな勇気もないのに。ではせめて、あと五年を目処にとその日を明確にし、それまでは無心になって、倒れてもいいと死ぬ気で働き、家事をし、姑との関係も上手く構築し、そうしてる中である出来事が細やかな心の支えになってることに気付きました。

    それは、とても下らない事かも知れないけど、夫と違う人に恋をすることでした。勿論、誰にも言いません。誰でも構わない訳ではないけど、職場が変わる毎に対象も変わりました。

    恋をすると、お洒落に気を使うようになったし、仕事に専念して好きな人に認めて貰おうとする欲求が、突き動かしたのだと思います。

    主さんに感じる事は、もう少し自分を認めてもいいのではないかと言う事です。劣等感に陥るのは、自信を持つより早いです。少しでも出来てる事に目を向けて、それを頼りにしてみてはと感じます。

    ユーザーID:1817919835

  • 健康ランキング

    その他も見る
  • 自分を開放して上げませんか

    トピ主さんは、未だお若いと言う事なのではありませんかね。もう少しお歳を召されると、何も要らないわと言う心境になられるのではありませんか。

    人間が悩むのは、過去を嘆き未来を想うからです。この悩みから逃れる術は、過去を語らず、未来を見ないことです。

    今現在、今日現在、目の前だけを見つめるのです。現在が過去となり、現在が明日を作ります。トピ主さんは、過去に拘ることで「今現在」が見えていない。強い言い方をすれば、今を蔑にされているのではありませんか。

    今目の前を一所懸命に生きる人は、過去や未来を考える余裕はないのでは。
    人生の終わりを迎える年齢になりましたが、人間が生き物で命が前提にある限り、今目の前だけが保証されているのではないかと思います。

    何があっても、どんなことがあっても、全て忘れて「今日を生きること」が
    楽に生きられる術ではないでしょうか。過去も未来も、考える必要はありません。それらは、政治家や学者に任せて、我々は人生を楽しみましょう。

    ユーザーID:8323661287

  • 完璧主義をやめましょう

    人間、思い描いてた通りのことができるとは限りません。理想の自分とかけ離れてることの方が多いと思います。でも、それでいいんです。

    変な話、全て完璧にできる人といると、劣等感刺激されるし、気を使いませんか?一緒にいて気楽な人ってちょっと抜けてるところがあったりしません?

    こういうの、あそびっていいます。車のブレーキみたいに、踏んでも少し効かないところがある方がいいんです。

    あまり自分に厳しくなさらず、抜けてる自分を可愛がってあげてください。

    ユーザーID:3271099075

  • ありがとうございます。

    皆様の優しいお言葉、何度も繰り返し読みました。
    瞑想は一時期、していた事があります。ウォーキングと週一でヨガレッスンにも通っています。しかし、最近は何をしても、気づくとマイナスな事を考えてしまっています。振り払うにも、何度もこの思考が襲ってくるので、胸がザワつき本当に辛いです。ヘトヘトになるまで体を動かす、やってみます。マインドフルネスの本、調べてみました。気持ちの切り替え方を訓練するのにも良さそうですね。
    精神科には行き尽くしました。良い医師にも恵まれましたが、やはり自分自身なのだと思います。うつ病の期間、ずっと寝たきりで、それに費やした時間があまりにも長過ぎて、もったいないと思うようになり、鬱に打ち勝ちたい、もう薬は飲みたくないと、強く思うようになりました。
    『今』を生きていない、その通りだと思います。理解はしているのに、この胸の奥から湧き上がってくる苦しさに苛まれています。
    私も飼ってはいませんが、動物が好きで、特に犬、インコ、パンダの動画を良く観ます。動物の一生懸命さが大好きなのです。今の私に、癒しを与えてくれる存在です。

    ユーザーID:6477151038

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 今はお大事にされてください

    サトリアニさんの不安、息苦しさ、朝から絶望感などの不快な症状はどれも病気によるものです。体調が悪いと元気な時は楽々できていたことができなくなります。

    どなたかお書きですが、世の中には苦労されている方が沢山いらっしゃり・・・とご自身のことを甘ったれていると分析されていますが、自分もその考えは辛いだけだと思います。それは思うことないです。

    たまにいますね。○○さんは口に出して言わないけど、もっと苦労しているよ、と。(だからがんばれと)
    自分は友人からそう言われたことがあります。励ましているつもりで言ってくれているのはわかりましたが、わかってもらえると思って話したことを後悔しました。

    トピ主さんはきちんとした方なのでしょう。こうあるべきという考えは苦しいです。わりと恵まれてきた方でしょう。

    また暑さは体に堪えるので、夏はじゅうぶんお気をつけください。

    ユーザーID:8004012463

  • レスします

    昔から究極の悩みですよ
    死亡率は100%
    ぽっくり逝きたい

    昔から小説の題材になっています

    なので自分だけって思うことは無駄な気がします
    昔の名作の本でも読んでみませんか?

    医食同源というので
    食事に積極的にうつ消しご飯を取り入れるとか

    お近くに山があれば登ってみませんか?
    小学生がハイキングに行くレベルの山
    緑の中をひたすら登る
    自分のいる場所はわからなくなる
    でも道が自分を前に連れて行ってくれる

    私も考えすぎるタイプで
    自分の立ち位置をきにするのですが
    山の中って本当にどこにいるのか
    どこまで登ったのかわからなくて
    そこがいいです

    疲れたら休む
    のどが乾いたら飲む
    ちょっとした食べ物を持って食べる
    すごくおいしい

    無理はしない

    頭の中を空っぽにするのって気持ちいいですよ
    近くにちょうど良い山があるといいな

    ユーザーID:3712853192

  • カウンセリングは?

    はじめまして、
    主さんと年齢も近い50代女性です

    誰でも老いてゆく不安はあるんじゃないかなって思います
    特に50歳を過ぎると急に、そう思うようになりました

    街中で見かける やっとの状態で歩いているお年寄りお1人様を見かけると
    いたたまれない気持ちになる事があります
    私もそうなるのか 人間は誰しもああなるのか
    きっとあの人だって若い頃はシャンと歩いてお元気だったろうに、等思ったり
    私は夫も子供もいないし どうなってしまうんだろうと思います

    もしも探せたら保険適用のカウンセリングを受けられたら良いかなと思います
    私は昔ずっと受けてました
    そこで堂々巡りの不安や心配も全て吐露しました

    こういった思考になるのは私は虐待の後遺症だと自分では理解しています
    主さんは虐待や虐めや事件事故の被害者に過去にあった事ないでしょうか

    虐待を受けていても自覚がない人って本当に沢山います

    特に日本は現代まで人の心なんて大事にしませんでしたから。
    今だって事故や事件の心の傷に慰謝料が乏しいのは先進国でも日本だけなのでは?と思うくらいです

    なんだかそんなことばかり最近思います
    個人的感想です

    ユーザーID:6205307485

  • うつ状態ですね。

    思い詰めてしまう苦しさは薬を飲むことで楽にできるのに、貴女は拒否している。薬の種類や量が合っていなかったのかも知れませんね。

    うつは真面目で完璧主義な人がなりがちな病気です。うつになりがちな考え方の癖に、ご自分で気づき直していく努力も大事です。精神科で薬を処方されるのが嫌なら、その旨ドクターに話してカウンセリングを受けてはどうですか?

    ユーザーID:2375923030

  • わかります!

    もうアラ還で、トピ主さんより年上ですが、「甘えてるのかな」という思いには、ホントに苦しめられますよね……。
    もっと辛い、苦しい人はたくさんいるのに、って……。
    自分の苦しみは自分だけのもので他人には判りません。
    あなたが今、苦しいのなら、自分だけでも、自分だけは、自分を甘やかし、優しくしてあげて下さいね……それが難しいのは判っていますが……自分もそうだから……でも、何度でも繰り返し自分に言い聞かせるのは大切な事ですよ、楽になりたいなら。
    自分を救えるのは自分だけ!
    頑張って!

    ユーザーID:6113327687

  • 貴方は悪くない

    鬱の経験があるものです。
    若いころから少しずつ悪くなり、大人になって入院するほどの重症になり、療養の結果、日常生活に支障のない程度になっています。

    トピ主の症状、どれもとても理解できます。
    鬱の症状ですね。
    鬱の原因については何か言われましたか?
    私は生まれ育った家庭の不安定さが原因だったようで、それがわかってからは随分心が軽くなりました。

    元々の鬱傾向に更年期のアンバランスが重なっているのではないでしょうか。
    私も同年代ですが、ここ2年ほどは辛い状態です。
    子供も高校卒業間近ですし、生きている意味を見出せません。
    感情に波があって、なんとか普通に過ごせる時期とそうでない時期を繰り返しています。
    更年期の軽い治療はしていますが、これ以上酷くなるなら心療内科で鬱の治療が必要なのかなと思っています。

    トピ主は長い間苦しんでおられるようですが、その原因が軽減されないと辛いのかなと思います。

    鬱の辛さは、元気な人にはわかりません。生きていいることが、呼吸をしていることが辛いのですから。
    でもどうぞ、それは一人ではないと知ってください。
    私は若いころ重度の鬱から回復し、その後子供を持ちました。
    だから、あの時死なないでよかったと思っています。
    一度頑張れたのだから、またそんな風に思えるときが来ると信じて日々過ごしています。
    一緒に頑張れたらいいですね。

    ユーザーID:1939145270

  • うつ病って

    サトリアニさん、大変ですね。

    サトリアニさんはご自分が甘えていると思っているようですが、
    そう思ってしまうのもうつ状態の症状の一つですよね。

    サトリアニさんは、(うつ病を治すには)やはり自分自身なのだとおっしゃ
    いますが、わたしもその通りだと思います。
    とは言っても、じゃあ、一人で治せるかというと、治せないのがうつ病だと
    思います。
    だって、その「自分自身」が病気なんですから。

    自分だけで治そうとせず、自分と医師でタッグを組む、夫を頼る、人の
    手を借りる。
    そうやって人とともに治していく病気だと思っています。

    医師の役割も、薬を出すだけではないです。
    わたしの主治医はゆっくりと話を聞いてくれ、性格や、生き方などの話もたくさんしてくれます。
    もう寛解していますが、再発防止のため、時々まだ話をしに通っています。

    夫には、家事などをやってもらった時、わたしは「ごめんなさい」ばっかり
    言っていました。
    そうしたら夫は「ごめんなさい」じゃなくて「ありがとう」でいいんだよ
    と言ってくれました。

    一人じゃない。
    人は一人じゃない。

    どうか医師を夫を人をもっと頼ってくださいね。

    ユーザーID:1323829071

  • ありがとうございます(泣)

    見も知らぬ者に、暖かいお言葉を本当にありがとうございました。泣きながら読ませて頂きました。カウンセリングは受けた事がありますが、どうにも気を使ってしまい、本音を話せないという本末転倒な結果となり、そうこうしているうちに鬱が再発してしまい、辞めました。その時の先生に紹介された、認知行動療法の本に取り掛かかり始めたのですが、四苦八苦してしまい、するとまた迷い、簡単に決められない病が出てきて、余計辛くなり今は休止しています。

    私も、更年期と、コロナ、梅雨も大きく影響していると思います。自分が自分をコントロール出来ず、ふいに辛い感情が湧き上がってきて、昨夜も嗚咽しながら苦しみ、持っていた向精神薬を飲みました。もう自分では、その感情の波が来たら、なんとか耐えてそれが過ぎゆくのを待つことしか出来ないのかもしれません。
    ずっとやめていた「いのちの母」を今朝から飲み始めました。しばらく続けてきます。

    うつ消しご飯も読みました。鉄とタンパク質は意識して取るようにしています。

    山登り、良いですね。なかなか外出するのにまだ躊躇してしまうのですが、来週、パンダのシャンシャンに会いに、上野動物園へ出かけてきます。整理券も取れました。久しぶりに嬉しくなりました。

    ユーザーID:6477151038

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 同じく更年期世代です

    うつ回復中です。大分良くなったと思い、コロナ拡大中に就職していまい
    再発…恥ずかしながら、試用期間早々退職しました…

    さんざん拗らせて医療関係者や家族に諭され、生活支援してもらい…

    自分にダメ出しが一番悪化します。「欠点だらけながら、良く生きようと
    努力している私!偉い!」的な、クサい?セリフで自分を励ます方が余程
    改善します。ある意味他人事だと思って、家族か友人ならどう励ますか
    考えて自分に呼び掛けてみてはどうでしょう?

    あと私は大人のぬりえが効きます。何かしら手仕事に没頭するのも効果的だと言われて、実行しています。今はやりの手作りマスクとかも良いかも?

    ユーザーID:3240490668

  • 治りますよ

    サトリアニさん、お辛い様子で心配です。

    私は、もう少し上の年代ですが、超高齢の両親の面倒と夫の闘病が重なったりして疲れ切ってしまい、うつ病になりました。

    本当に辛かったので、お気持ちはよくわかります。

    私の場合、メンタルクリニックにかかり、抗うつ剤を3年ほど飲みました。今は、睡眠障害が少し残っているのと、取り巻く環境がより厳しくなっているので(両親の面倒と夫の癌の再発)、引き続き病院に通っていて、漢方薬と軽い眠剤をもらっています。

    うつ病は、治りますよ。そして、今のところ、厳しい状況でも私は再発していません。

    毎日できるだけ散歩し(少しでもいい)、家ではヨガと体操を続けています。
    身体を動かすことは、面倒でも大事です。

    自分へのご褒美に、月1回整体にも通っています。

    うつ病は、波があって辛いですが、必ず良くなる日が来ます。
    私の友人も仮面うつ病でしたが、ちゃんと治りました。

    どうか、ご自分も大切になさって、少し好きなことをし、「日にち薬」もありますので、焦らずにやっていってくださいね。

    サトリアニさんは、もう十分頑張っておられます。少しでもお休みしましょう。

    ユーザーID:4855960141

  • 質問ですが

    お薬をちゃんと飲んでいないのでは?

    向精神薬を飲んだとありますが 毎日抗鬱剤は飲んでいないのでしょうか?
    それとも飲んでるけど効いた感じがないという事でしょうか

    今、鬱は薬でかなりコントロールできる時代かと思いますが
    主さんの場合、重度という事なのでしょうか

    私の知人で鬱治療を受けてるのに酷くなっていき、結局、双極性障害だったという事でそちらの治療を始めたら落ち着いたそうです

    主さんの場合、更年期もありそうなのでそちらの治療も受けたら良いとは思いますよ

    ユーザーID:6205307485

  • 現状を受け入れ、楽しいことのみを考える

    義母がうつ病(2度:1度目は死別、2度目は骨折)で、似た症状です。
    決められないと悩み、私がアドバイスしても、それは無視されます。

    ・現状や自分(能力の限界)を受け入れる → 他人と比較しない
    ・今ある幸せ、その日の楽しかった・良かったことのみを書き留める → マイナスのことを考える時間を作らない
    をして欲しいです。
    と、アドバイスしても受け入れられないのが、うつ病+性格(頑固=固執)なのですが。

    うつ病の義母は、暇さえあれば、過去を悔やみ、未来を憂いています。
    どうしようもないこと、無駄なことに、時間と神経を使ってますよね。

    ちなみに、夫も、部署異動(仕事内容と人間関係)が原因でうつ病になりました。
    再度、部署異動させてもらい、数年かかって治りました。


    パンダ見学楽しみですね。
    そうやって、可能な範囲で、忙しくして、楽しみを見つけ、マイナスなことを考える時間を減らしましょう。

    原因(完璧主義、マイナス思考)を取り除けば、治ると思いますよ。

    なんとかなるさー

    ユーザーID:5049344014

  • ありがとうございます(3)

    皆様のレス、何度も繰り返し読ませてもらっています。
    塗り絵も良さそうですね。何かに没頭する事は効果があると思います。
    うつ病の薬は辞めてしまいました。服用していても、ストレスがかかれば再発してしまうので、ここ数年飲んでいる事に意味があるのかずっと疑問だったからです。私は打たれ弱い部分があり、26歳になった時も、もう若くないなどと非常に落ち込んだ事がありました。読む本は、啓発本やスピリチュアルな物が多かった気がします。どこかに答えを見つけようとするタイプです。
    頑固、他の考えを受け付けない、私にも通じる物が多いにあります。
    私は鬱になっていくパターンが大体分かるようになりました。ストレスがかかると疲労がどんどん溜まっていき、簡単に出来ていた事が出来なくなり、物事を選ぶ事が出来なくなり億劫感が出て、寝たきりになってしまうのです。
    最近、人と話していても、その話に集中せず別の事を考えている事が多くなりました。どうしても集中できないのです。これは子供の話を聞く時も同じで、愕然としています。もしかしたら認知症の入り口に立っているのかも、と不安になります。
    が、皆様のアドバイスを参考に、自分の気持ちをコントロールする訓練をしていこうと思いました。お勧めして頂いた「今、ここに意識を集中する練習」の本を購入しました。『今』を生きたいと思います。
    大分、調子も良くなりました。皆さまも、どうぞご自愛ください。

    ユーザーID:6477151038

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧