• ホーム
  • 健康
  • 死ぬのが怖くない人のお話を聞きたいです

死ぬのが怖くない人のお話を聞きたいです

レス65
(トピ主4
お気に入り119

心や体の悩み

もり

レス

レス数65

レスする
  • 怖い、怖くない という感情に至らない

    トピ主さんはご自身の人生、命や周りの人をしっかりと愛されているからこそ恐怖を感じるのかなと思いました。

    私は生き物なら誰にでもいつか訪れる
    死ぬこと
    について、怖い怖くないの感情を抱きません。
    重病で苦しんで死んでいくのは嫌だなとかは思いますが死ぬこと自体にではなく苦しいのが嫌だな、ということです。死んだ後のこととか、地獄に落ちちゃうのかなとか考えたりはしません。

    私は25歳女性で今まで日本で不自由なく人間らしく生きてこられました。ですが姉は引きこもりで毎日家族間で死ねよ、とかこんな家庭に未来なんてないなど言い合ったり家族間トラブルはあります、が、この問題と向き合いながらもあくまでも私は心穏やかに、どうせ生きていくなら自分のために、できれば地球や他人に良いことをして人生を生きたいと願う毎日です。

    現在も身体的に健康で特技も趣味も目標も行きたいところもあり、まだまだ健康で楽しい人生が続いて欲しいと思います。

    きっと年齢を重ねたら怖い、やっぱり怖くなんかないやとか思い始めるのでしょうが
    1分先のことも分からないし考えてもしゃーないなという適当さです笑

    ユーザーID:8337565263

  • また会えると思うからかな

    永遠に無になるとは思っていないんですよね。
    魂の存在を心から信じているので。そこかな。

    死んだら亡くなったおばあちゃんたちや大好きな愛犬にまた会える。
    だから怖くないんです。

    ユーザーID:7997214200

  • 怖いのは当たり前

    死が怖いのは当たり前。
    でも生まれればいつかは死は訪れます。
    そこでです。

    死を忘れて人生を楽しむ一生と
    死を恐れ怯えて過ごす一生と
    どちらを選択しますか?

    大抵の人は恐れ怯えて暮らすのはしんどいので
    忘れる事を選んでいるに過ぎないと思います。
    忘れる為には考えない事が一番です。
    頭に浮かんでしまうのは意図的ではないので仕方がありませんが、その後考え続けるのは勉強した物を自分の物にする為に復習している事と同じです。英単語がスラスラ出てくるように、死についての恐怖がスラスラ出てくるように貴方は自分自身を訓練しているのです。

    私は一度しかない人生なら、怯えて暮らすより
    死を迎える時に
    「ああ楽しかった。大切な人と時間を共にできてよかった」と思えるようにしたいです。
    なので死を考えないようにしています。
    意図的に向き合わない。その考えを突き放す努力をします。
    貴方も忘れる、考えない努力をされては如何ですか?

    ユーザーID:1582290674

  • そもそも死とは?

    そもそも死をどのように定義するのか?から始める必要があります。

    自意識が失われることが死なのであれば、脳の機能低下により肉体より先に死が訪れることになります。
    細胞の活動停止を以て死とするならば、あなたが怖がっている死とはたぶん定義が異なります。
    あなたの死後、あなたが関わった人やまたその人たちと関わった人たちがあなたのことを覚えているなら、それはあなたが生きた証であり、あなたが物理的に消滅しても、あなたはまだ死んだことにはならないかもしれません。

    当方は死ぬのは嫌だが、怖いとは思っていないです。
    当方が定義する死は細胞の活動停止のことで、意識とか記憶とか思い出というのは電気信号の作用によるものですから、単にその電気信号が発生しなくなるだけです。

    死についていろいろ思うのは人間特有の行動です(今のところそうだとされています)。
    そんなわけで、死について考えているように見えない動物を観察してみるのはいかがでしょうか。
    日傘を用意して、アリの巣の前でひたすらアリを眺めるとか。
    当方も煮詰まったときはアリを眺めています。

    偉そうなことを書きましたが、当方も高校生の頃まではあなたと同じようなことを考えていました。
    しかし、3回ほどマジで物理的に死にかけたこともあり、25歳くらいには死は怖くなくなってしまいました。
    死ぬ機会はそこらじゅうにあるのですが、人間なかなか死なないようにできていますので大丈夫です。

    最後に、その死にかけたときに頭をよぎったのは、3回とも
    「おお、人間はこうやって死ぬのか!」
    でした。

    少し気が楽になりましたでしょうか?

    ユーザーID:4641773786

  • 小学校ぐらいから死ぬのは怖くないと思ってました

    結論から言うと、トピ主さんは親御さんから愛されてきたから幸せな人生。だから死が怖いんですよ。

    逆に、ものすごく不幸だったら死は怖くなくなります。(こんなこと言うのは不謹慎なのですが)

    私はあなたと同じく私立で10年間を過ごし、大学卒業後はいわゆる一部上場企業に30年近く務め、その間結婚、出産、子育てをしてきました。
    トピ主さんと同世代(ぐらい)の子供がいます。

    こう書くと他人からは恵まれてると思われるのでしょうが、
    私はあなたと違って、結婚前にいた実家では絶望と不幸しかありませんでした。
    幸せな人生なんて一度もありません。

    今でいうところの毒親たちと毒祖母の3人に支配され、抑圧され、自由に話したり笑うことも許されず、友人と遊ぶことも許されない悲惨な幼少期、そして思春期を過ごしました。
    学校でも孤独。誰とも仲良くなれないし、もはやなろうとも思えないほど病んでました。大学ももちろん実家からでしたので毒からは解放されず、卒業までの22年間は家庭にも学校にも居場所はなかったです。
    勉強だけはかろうじてしていましたが。
    振り返ると小学生ぐらいから自分の存在を消したいと既に思ってましたから、その頃から怖くなかったのだと思います。

    その後就職とともに逃げるように実家を離れてからは、自分の人生を自分で歩めるようになりましたが、心の“核”というのは幼少期に培われたもので変わることはありません。

    毒親から離れて、普通の生活ができるよう努力もしてきましたが、人生が楽しいと思える心には結局改善できませんでした。
    もちろん母親として子育て中はそういう気持ちを子供に見せないように子育てをしてきましたから、子供たちはいたって健全です。
    あなたのようにね。

    でも私は死に対して恐怖を感じることはないまま60近くになりました。
    自分の人生のミッションはほぼ終えてます。お迎えがきても平気です。

    ユーザーID:0767868000

  • 心や体の悩みランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧