歴史上の人物を評価する小学生

レス36
(トピ主3
お気に入り36

趣味・教育・教養

めーのん2012

一人娘小4女子は、本が好きでよく読むのですが、休校中は戦国武将等の日本史がブームでした。

最近はブームが去って他のジャンルの小説を読んでいるのですが、日常の会話の中で歴史上の人物の行いや戦略、人柄などを評価する事が度々あります。
例えば、学校のテストの点数の話をしていると、「頭が良くなりたいから毎日勉強しないとね。○○みたいに無知なのに力で周りをねじ伏せても、最終的には皆に呆れられるからね」とか、「ママって○○みたい。感情的で調子に乗りやすい」とか。

低学年の時から比較的歴史は好きで、世界史での人物が自死した事に関して小2位の時に「自死に追い詰められる位に人を慕う気持ちのある○○が好き」と言った事もあります。
歴史に限らず、虫とか病気とかブームのジャンルの話は生活に絡めてよくするのですが…。

最近の学校の懇談会では、「他の子どもは主体的に物事をみるのに、大人みたいに外側から物事をみている」と言われ、無邪気さが少ない様子と、周囲にとても気を使っている様子を少し心配されました。
実際に私も、経験と知識が噛み合っていない発言がずっと気になってました。

ちなみに、お友達関係は仲良しの子は居ますが女の子グループには入れていません。運動が好きなので、男の子とボール遊びをする事も多いです。
学校は毎日楽しいとの事ですが、家では赤ちゃんのみたいに甘える事が多いです(学校とのギャップも心配です)。
元々myワールドに入り込みやすい子なので、将来、知識に頼って上手く社会に溶け込めなかったり、経験より先に分析して悩み事の多い大人にならないか心配です。

読書好きなお子さんをお持ちの方、同じ様な経験をされていたり、その後どのように成長されたか、心配な部分があるようならどのように対策をした方が良いか等、ご意見や体験談を教えて頂ければと思います。

ユーザーID:3186262263

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
  • なるようにしかならないと思う

    「十で天才、十五で才子、二十歳すぎればただの人」なんて、よく言われます。お嬢さんも今は大人びているように見えますが、将来はどうなるかなんてわからない。もちろん、「栴檀は双葉より芳し」なのかもしれません。

    男子が多いとはいえお友達もいるようですし、甘えるのも4年生なら甘えん坊でもおかしくないんじゃないかな。どうせ10代も半ばを過ぎれば離れていくんだから、甘えてくれるうちは甘えさせてもいいんじゃない?

    ただ、トピを読んだ限りだと、一人の人物に対して一つの評価しか知らないのかな?〇〇はこうだ、と決めつけというか断定的な感じがします。できるなら、一人の人物に対して、一般的な評価と、ちょっと他の面から見た評価もあるというのを教えるなり本を与えるなりしてもいいのかな?例えば、有名なところで今川義元や吉良上野介、田沼意次とかは、従来の評価とはまた違った評価があったりしますよね。

    なんてすると、ますます子どもらしくないなんて言われてしまうかな?

    ユーザーID:9091522841

  • ちょっと息子に似てるかも

    現在小6の息子は、特に図鑑や科学系の本が好きで、小2の時に通っている小学校の全校生徒(800人)の中で、最も学校の図書室の本を読んだことで表彰されたことがあります。

    息子は頭でっかちだなぁと思いますし、ちょっと情報を仕入れると「これって、こういうことなんだよね」とか「このニュースって........」と、解説したがる。
    周りの男の子とは遊び方や考え方が合わず、ほとんど男の子とは遊んでません。
    小4くらいまでは、圧倒的に女の子と一緒にいることが多かったです。

    先生からの評価は「誰よりも物知りで、頼られている」との事でした。
    本人もすごく仲のいい子がいなくても気にしていないし、学校は楽しいと通っています。
    勉強も好きですね。

    前は読んだ本の内容をそのまま鵜呑みにしていたような所もありましたが(間違った情報ではないけど)、それを自分の中で精査しているようです。

    私は知識って財産だと思っていますし、知りたいと思う気持ちは大切です。社会でも、知識が身を助けることもあるのでは?

    ということで、私は全く気にしていません!
    本が欲しいと言われれば、どんなジャンルでもいくらでも買って、私も一緒に読んだりしますよ。

    ユーザーID:1427979433

  • 歴史上の人物を評価する、ではなく

    連投ごめんなさい、もう一つ。

    歴史上の人物を評価している、のではなく、歴史上の人物の評価を使って、周りを評価している、の方が正しそうですね。

    いい方の評価を使うのはまだいいですが、他人を批判するのに歴史上の人物を引き合いに出すのは感じ悪いかもしれないので、それはやめさせた方がいいかも。

    ユーザーID:9091522841

  • まだ四年生

    自分自身も、子ども達も読書好きです。

    前半のエピソード部分は、特に何も心配するような話ではないと思います。
    覚えた知識を披露したいは、普通だと思います。
    特に低学年であれば、そう言う事はありがちだと思います。

    でも言っても小学四年生、まだ人生10年位でしょう?
    経験はこれからしていくものでしょう。
    女の子のグループには入ってなくても、仲良しの子もいる、男子とも遊べるで問題無いと思います。
    母親としては、女の子グループが気になるかもしれませんが、本人が困って無いならば今は良しとしませんか?
    もう少し学年があがると、色々あるかもしれませんが、それこそ経験だと思います。

    最近は読書好きの子は、増えていると思います。各々の趣味によって読書の傾向は違うと思います。
    それも個性で、読書好きだけではひとくくりで、語れ無いと思います。
    もし可能ならばお子さんの読んでる本は、小学校まではトピも一通り読んで見ると良いと思います。

    読書好きの小学校のその後は、いたって普通に平和に成長しています。

    ユーザーID:9451597430

  • 二人目のミス・シャーロックですね。

    お嬢さんは冷静な観察眼をお持ちですね。優秀です。これからの成長が楽しみです。

    日本は横並びの国です。飛び出た能力は嫌われます。出る杭は打たれます。優秀な児童は、何だかんだと言って、周囲の大人がその能力を駄目にしてしまう例が多いです。

    私は私の息子を見て、「栴檀は双葉より芳し(せんだんはふたばよりかんばし)」が実感できます。お嬢さんも該当すると思います。

    お嬢さんの今後を期待します。才能を潰さないような環境を作ってあげてください。優秀な子供は国の宝です。

    ユーザーID:2031763210

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私の経験ですが

    私(40代既婚、姉妹の母)が小学校時代、歴史好き本好きでした。
    平家物語(現代文ですが)の良さを料理中の母に聞いてもらってましたね…。
    娘さんと同じように、仲良しの子はいても、グループには入れませんでした。
    困ったのは中学校、高校です。表面上は仲良くしている子が少数いても、本当の本音を話せる子がいない、修学旅行のグループ分けの心配などなど。
    読書好きのおかげか、勉強面では困りませんでしたが、人間関係のイザコザは今でも滅法苦手です。
    小学校高学年の時、両親に女子グループに入れない、本当に仲の良い子が出来ない悩みを打ち明けました。根っから社交的な母は、自分達にはどうしようもない、そのうち友達できるよ、と。でも、自然に任せては出来ませんでした。
    一応、自分で努力したと言えるのは、中学校では運動部、大学は実家を離れ、わざわざ寮(4人部屋)に入ったこと。おかげで、少しは友達の作り方(なり方?)がわかったような気がします(遅い)。
    今は小中学生の姉妹を育てていますが、女子あるある(先生の言葉です)の問題があると、心配すると共に、ここで少しずつ苦労しておく方が将来のためかも、とも思ってます。人間関係もいきなり大人になったからと上手く行く人は少ない、子供の頃からの積み重ねが大事だと思っているので。
    トピ主さんのお子さんの個性は大事にしつつ、習い事や親戚や知り合いのお子さん達との触れ合いを通して、人間関係の経験を少しずつ増やして行かれてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:1370037900

  • 人づきあいは自分で学ぶしかない部分も多いです

    なるようにしかならないと思うの匿名さんもおっしゃっていますが
    歴史上の人物評価がステレオタイプなのはちょっと気になりました
    時代により評価が変わる人はいますし、ここ十数年は科学の進歩により歴史の新発見が続いています
    親子で新聞やネットニュースで歴史のニュースをチェックすると楽しそうです

    他人を歴史上の人物になぞらえて評するのは自宅内だけにしようと伝えてみては?
    相手がそれを聞いてどうおもうかに思いを巡らしてほしいですね

    甘えるのは、まだまだあるあるです
    ゴロニャンと甘えかかったり反発してみたりを繰り返して大人になるのかもですね

    勉強頑張れ!
    トップ高に行けば、あなたみたいな子がたくさんいるから、目立たないし、気の合う同じ趣味の子に出会う確率upするよ
    とお伝えください
    (中学のとき、子供が先生に上記のように言われました)

    うちは、中学の部活で人間関係鍛えられました
    それでも、今も人づきあいは上手な方ではないです

    小学生のうちは、他人に勧められて、家族でカードゲームやボードゲームをしました
    今は共働しないと上がれないゲームもあります
    人との間合いや人づきあいの役に少しはたったかな、と考えています
    趣味と違う小学生女子に人気な本も三回に一回は読むだけでも、違うとおもいます

    あと、親子や先生と生徒といった縦の関係でも、友達の横の関係でもない、斜めの関係を持つと、お互いに楽かなとおもいます

    ユーザーID:5617683688

  • 環境を変えてみては?

    うーん、私自身がお嬢さんと似たところも似ていないところもある子供でした。
    知識欲が強くて悪くいうと頭でっかちになりがちな部分は似ています。
    同じような例え話も大好物で、家庭内では普通にしていました。
    が、小学校ではなかなかその手のノリの会話ができませんでした。
    中学受験で私立に行き、そこで同じような会話を楽しめる友達がたくさんできました。

    という訳で、同じレベルの子がたくさんいる環境だとそんなに心配するほどのものではないと思います。
    そしてお嬢さんの発言からは「無邪気さがない、大人みたいに物事を外から見ている」とも思えません。
    単純に、まわりのお子さんよりも早く客観性が育ちつつあるだけでは…
    今後、お友だちとの間の適切な距離感を掴むにはいいことだと思います。

    ちなみに私は今思えば小学生のときは他人との距離感を掴むのが苦手で、私の気持ちとみんなの気持ちは同じと信じて疑いませんでした。
    自分の思いで突っ走ってまわりとの溝ができるような出来事をいくつか経験して、これではまずいとようやく客観性を身につけました。
    それには読書が多いに役立ちました。
    お嬢さんはすでに客観性を身に付けていらっしゃるとこと、羨ましいです。

    読書は今のまま続けさせてあげてください。
    そして可能なら、同じような知識欲があり同じような会話を楽しめる同年代のお友だちが近くにいるような環境に恵まれますように…。

    ユーザーID:3267806728

  • まだ小学生だからわからないけど

    将来 上手く社会に溶け込めない、というのはあるかもしれません。

    現在 無職の23才の1人息子がいます。
    トピを読んでいて子供の頃の息子によく似ていると思いました。
    大人びた発言、マイワールドに入る、というのは1人っ子にありがちかもしれませんが…
    息子も本が好きで読むのもとても速く、自分で創作もしてました(今も趣味でやっています)

    学生時代は特に大きな問題なく、部活もやり大学まで卒業しましたが、社会人になってからつまづき、仕事が続きません。何か資格を取るよう勧めても「辛い、もう好きな事しかしたくない」の一点張り。もう正社員は無理かな、と思っています。
    鬱状態が出る事もあり心療内科にも時々 通っています。

    ごく普通の家庭で、私としては自分なりに頑張って子育てしてきたつもりだし、何が悪かったのかわかりません。

    娘さんの場合はまだ小さいしこれから変わるかもしれませんが、こういう例もあると言う事で…
    対策がわからなくてすみません。

    ユーザーID:9787240861

  • 自然遊び

    亡父が小・中・高の教員をしていたのですが、早熟で知識欲の旺盛な子はどうしても頭でっかちになってしまいがち、だからそういう子ほど心がけて実体験をさせると良いと言ってました。

    具体的には子供同士の群れ遊び、スポーツ、芸術などですが、一番良いのは自然の中で自由に遊ばせることだと言ってましたね。大人が管理した遊びでなく、自由に子供が体験したり発見するのが大事だそうです。体験と知識とのバランスが大事だと。

    そうしましたら、うちの子のお友達のママから誘われたことがあるのですが、最近は中学受験の学習塾でもそういった自然の中での体験を大事にしているところもあるんですね。自然の中でよく遊んだ子は知能のバランスが良く、レジリエンス力も高いのだとか。

    ただ、今の社会状況だとなかなか昔のようにはいかないのが悩ましいところですが、欧米の都市部の親達はよく子供を自然の中に連れ出すと聞きます。日本でも、地方にはいろんな体験ができるところがあるので、どういったアクティビティがあるのかお調べになってみてはと思います。

    私自身は親のそういう考えもあったのか、川遊びや雑木林での木登り・基地ごっこなど野生児的に遊んだ子供時代で、それは今でも良かったと思っています。うちは都心なのですが、案外都心でも自然は見つかるもので、うちの子もよくお友達と探検遊びをしてました。そのせいかは分かりませんが、高校生になる今まで人付き合い関係で深刻に困ったことはないそうです。

    ユーザーID:0926198061

  • あるある

    賢い子はこまっしゃくれた時期があるものです。

    特に心配ないかと思いますよ。

    読書をしっかりできる子は、勉強もできる場合が多いです。
    本の世界に没頭しすぎなければ何も問題ないかと。

    たまーに歴史の先生と軽い衝突をすることは覚悟しておいて下さい。

    ユーザーID:9841528101

  • それも個性

    いつの間にか、思考の流れが、つい最近仕入れた知識に影響されたものになっている。
    中途半端で断片的に取り込んだに過ぎない知識ではあるが(本人そうとは思っていないが)、実生活の中で応用してみたい、使ってみたいという願望が胸の中に渦巻いている。

    これは、年齢にかかわらず、わりと多くの人に備わっている衝動ではないでしょうか?

    主さんのお子さんは小4だから、つい、経験乏しく未熟な子供が背伸びをして…と、困った問題のように読めてしまいますけれども、では人間は何歳で完成するのでしょうか。
    広い視野を持ち、人間としての経験を豊富に積み重ね、マイブームによって得た知識が他者との日常会話の中にまでチラチラ出現しても「頭でっかち」と見なされなくなるのは、何歳からだとお考えですか?

    単に、今の娘さんの状態が、主さんの好みに合わないだけではないでしょうか?

    ユーザーID:5994690199

  • 反感買うかもね

    相手の知らない事で例えられたり、知らない事をバカにするようだと要注意かな。
    早熟な子にありがちだけど、こんなに物知りな俺かっこいい、周りはみんなバカ
    って態度の子は反感を買いがちです。

    ある程度周りが大人になってきてるとアイツまた言ってるよ〜って
    流してもらえるのですが、周りがそこまで達観できない年齢でやると
    特に女子は超反感買います。上から目線でムカつくってやつですね。

    トピ主さんがちょくちょくそれどういう事?ママ知らないな〜とか言って
    自分の知識がみんなの共通知識じゃない事、知らない事を自慢げに言われるのはイラっとする事をわからせてあげてください。
    ついでに>感情的で調子にのりやすい こういうの良くないです。
    事実でも悪く言われてうれしい人いないので。

    ユーザーID:9256402962

  • トピ主です。

    レスを下さったら皆様、体験談やご意見をお聞かせ下さり、ありがとうございました。
    すぐに答えの出ない私の迷いにとって、色々な傾向を知れる事はとても貴重です。

    ひとつ、私が子どもや夫を評価しているのを真似ている事に気がつきました。家族だからこその指摘をしていたつもりなのですが、子どもにとっては家族同士の会話としてインプットされ、知識の披露としてアウトプットされてたのかもしれません(お友達等を評価する事はしないので、家族や歴史上の人物であればオッケーと認識してるみたいです)。自分自身の会話に気をつけようと思いました。

    少しでも経験を伴わせるために、キャンプや運動等、体感する機会を作ってはいました(コロナで集団でのキャンプ等が出来なくなり残念です)。
    ただ笑えればと思い、大好きなお笑い番組もあまり制限してません。

    本人が拒否して塾へ通ってない分、授業が新鮮なようで進んで勉強をするためか、成績はとても良いとの事です。
    自学ノートの内容も良く、発言の仕方も丁度よい?との事で学習面は申し分なく、お友達関係もトラブルなく、周囲に気を使っている様子を「良い方だったら良いんだけどと思ってみてました」と懇談会で言われました。本を良く読む話をしたら少し納得できました、との事ですが、良い方と悪い方とは何か?!を聞きそびれてしまいました。

    私は、良い子に育てたいのではなく、前向きな気持ちで過ごせる大人に育てたいのです。歳を取った時に幸せな気分でいてくれれば何でも良いんです。

    そしてやっぱり、知識欲が高い故に、物事を洞察する事が多い事が気になります(今は推理小説にどハマりです。そして将棋やチェスが好きなので、先を読もうとします)。リアルな問題に対して、読書等のバーチャルで得た知識で洞察しがちになり、気持ちを病まないかが心配です。

    引き続き、皆様の体験談やご意見等をお聞かせ頂きたいです。

    ユーザーID:3186262263

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • お嬢様は、まだ子供なんだから

    >将来、知識に頼って上手く社会に溶け込めなかったり、経験より先に分析して悩み事の多い大人にならないか心配です。

    知識に頼って社会に溶け込めない、とは、具体的にどのような言動が問題なのかを「トピ主様ご自身が」考え、親として具体的な教育をする場面だと思います。

    私なら、
    「力でねじ伏せた理由があるのではないか。また、本当にそれが理由で飽きられたのか。安直な判断をする前に考えなさい。」
    「子供が大人に物申す時は言葉を選びなさい。」
    「自死を安易に肯定しないように。命の大切さをよく考えなさい。」
    などと注意します。

    これは、本を読むから、とか、お子様に問題があるから、ではなく、単に、お嬢様が学び途中、成長途中、しつけ途中の「子供だから」です。

    トピ主様ご自身も、冒頭の引用の傾向が出ていると思います。ですから、成長してどうなるかと言えば、ちょっとトピ主様に似た、知識や分析に頼りすぎてグルグル回ってしまう大人にはなるかも知れません。

    私の子供も膨大な数の本を読み、多くの言葉をインプットしていますが、勿論、子供なので使い方を間違えるし、本の情報も十分な考察なく引用してきますが、都度、注意していますよ。

    だって、やっていることはと言えば、戦隊モノを見て真似をする男の子と同じことですよね。怪我をしないよう、お友達と喧嘩にならないよう、戦隊モノの遊び方に注意をすることは、大人の役目でしょう?

    対象が本だから、知識だからと言って、それは変わりません。
    だって、お嬢様はまだ子供なんですから。

    ユーザーID:8971304565

  • すごく率直に言いますが。。。

    率直な感想を申し上げます。お気を悪くなさらないでください。

    母親と娘さんの知性がつりあってないと思いました。

    いわば「トンビがタカを産んだ」という感じでしょうか。

    なぜ「対策」なのでしょうか。理解に苦しみます。単に知性に優れた娘さんというだけだと思いますが。

    知性を磨いてあげるよう、知的好奇心を満足させてあげるように、例えば「ジュニア学習年鑑2020」(新聞社が毎年発行)とか、小学生向け新聞(大手新聞社は全部発行)を購読して読ませてみてはどうでしょう。

    理系だったら年鑑はあったかな? ジュニア向け科学シリーズ本はたくさんありますね。

    私も親が学習年鑑を毎年買ってくれて、読んでました。ものすごい知識の源です。大人が知らないようなことも優しい言葉でたくさん書かれています。販売されているのは、需要があるからです。一定数のお子さんが読んでいるのです。

    その他は、トピ主さんの方針でいいと思います。外で体験して遊ぶ機会をつくってあげる、甘えさせてあげる、などです。

    おそらく女の子だから、よけいに心配しているのでは。男の子ならこのトピを立てたでしょうか。

    古い考えに基づいて娘さんを判断していませんか。お子さんが大人になる20年後には、男女平等はもっと進み、世の中はもっと変わっているでしょう。

    ちなみに私は、海外の有名大学の大学院を卒業して働いています。3ヶ国語話せます(自分で勉強しました。帰国子女とかではありません)。
    時々、親が小4の時から毎年買ってくれた、ジュニア学習年鑑のおかげだったと思うことがあります。

    将来が実に楽しみなお子さんですね。大学院(修士)くらいまでを視野にいれて、学費を用意してあげてください。

    ユーザーID:7554417213

  • 私なら

    子供が歴史上の人物の評価をしたら、そのことについて徹底的に話し合いますけどね。
    表面だけをなぞって批評めいたことを言っているのか、どかの誰かの批評を丸パクリしているのかとか、自分の評価と違っていれば、どこに相違点があって評価が分かれるのかとかね。
    余談ですが、子供の丸パクリは悪いこととは思っていません。
    学習の全てがパクるところから入るのですから。

    もっともっと深く思いを至らせ、自分なりの批評をしてくれたら嬉しいな。

    姉(夫がインド人)に聞いた話ですが、インドではちょっとでも教育熱心な家庭は、小さい子供でも議論に参加させるそうです。
    フランス革命についての話題の時に、姉が一番話せなくて、7才の息子にママって勉強しないの?僕にはしろって言うくせにって不満げに言われてしまったそうです。
    姉は大いに反省して、子供と一緒に勉強し、子供の知っていることは母親も知っている状態をキープしたそうですよ。
    (その話を聞いて私も丸パクリしたんですけど)

    小さな子供の人物評。
    小生意気だと思って心配するのは親が勉強不足だからだと思う。
    子供に知識で負けているからだと思う。

    子供が使っている教科書とか買い与えた本は全部自分でも読んでみる。
    教科書は面白いよ。自分達の時代との違いも分かるしね。
    何よりスッポリ忘れてしまっていた事に気づける。
    それほど時間はかかりませんよ。
    子供が何時間もかけて理解することでも、まあ10分かせいぜい20分もあれば思い出せるし理解もできます。
    1回勉強していますからね。
    まあ中三くらいになると苦戦しますが(笑)
    小4なら大丈夫ですよ。

    ユーザーID:8448281687

  • えー

    お嬢さんをコントロールしすぎじゃないですか?
    あなたこそ、お嬢さんを厳しく評価し過ぎだと思うのですが…
    だから彼女は、自分らしくいられないのではないですか?
    彼女が自分の意見や好きなことをやったとき、あなたは否定してきたのでは?
    つまり…あなたのせいでは?

    彼女はもう、自分の好きなことを自力でみつけてるんですよ?
    これは能力であり、とても前向きな力です。
    素晴らしいことで、私ならほめちぎるような案件です。
    たぶんあなたの幼少期にはそれがなかったのではないですか?
    だから共感できない気持ち悪さがあるのかもしれないです。
    ですがあなたの描く幸せが、彼女の幸せとは限りません。
    基本的には好きにさせるのが良いのではないかと思いました。

    ユーザーID:8602341132

  • 読む本

    歴史上の人物の評伝といっても、本により微妙に違いますからね。
    それくらいの知識(というか、いわゆるキャラ付け)なら、ネットの歴史の登場人物占い、みたいなものをやっただけで出来ちゃいそう。
    勉強っぽいキャラを使って物事を言えば、信憑性が増して大人も文句言えないと思ってるのでしょうけど、人を小馬鹿にするために利用するだけならいただけませんね。
    一度、出典を聞いてみてあげて下さい。

    ユーザーID:4860408398

  • 問題点は?

    トピ主さんが考える問題点はどこなのでしょうか。

    史実(事実であることが客観的に評価されていること)と
    >無知なのに力で周りをねじ伏せても、最終的には皆に呆れられる
    >感情的で調子に乗りやすい
    >自死に追い詰められる位に人を慕う気持ちのある
    は別ですよね。
    多分ソースのマンガなり本なりのストーリーラインの中で与えられたキャラクター性質をうのみにしているだけで「エピソードを覚えている(記憶力)」という以上の知性的な何かはないような気がしますが…。

    >大人みたいに外側から物事をみている
    いや、受け売りなだけで、どこがこのような評価になるのか、少なくとも投稿のエピソードからはわかりません。多分周囲の人がそのような評価をする理由はあるのだとは思いますが、トピ主さんが書いたようなことではないのだと思います。(多分他者を貶めて発言する傾向があるのでしょう)

    例えばトピ主さんはこのような投稿をする気持ちの細やかな親御さんだと私はわかりますが、仮に料理を一度失敗してしまった事実があるとしても、そのエピソードだけを取り上げて「料理もできないマヌケなお母さん」とか評価してしまっている状況になると思います。

    本人にある程度思考力や知性があるのであれば、今していることは非常に愚かであり恥ずべきことだとわからせることが先決では。

    ユーザーID:4728625138

  • 多面的に見る

    表面的にだけではなく、もっと深く考えるようにしてはいかがですか?
    今年の大河ドラマの「明智光秀」にしても、「織田信長」にしても、それまでの経験、周囲の状態、他者との関係が複雑に組み合っての行動なのですよ。
    また、同じ明智光秀でも、織田信長から見た人物像、秀吉から見た人物像、徳川家康から見た人物像、それぞれ異なります。

    まあ、これは歴史的な人物だけでなく、誰についても当てはまることですが。

    ユーザーID:0370545762

  • まだイビツで皮相でいいと思う1

    息子が行ってた小さい幼稚園で年中ん時、同級女子Aちゃんのお母さんが
    「うちのA、先生にも友達にも挨拶できなくて困ってて」と話しかけてきて。
    私「あーAちゃんべらぼうに頭いいすから小さいときはそういうのありがちすね」
    「え、そう言ってくれる?偏屈で心配なんだけど」
    「それもアルアルすよね」
    「そう?今Aは歴女で、平家物語に嵌まってるんだけど、引かない?」
    「引きません」
    「なら、息子君に平家話の相手してくれるように頼んでくれない?平家のことばかりで誰とも話せないみたいなのよ。息子君は物知りだから…」
    「あいつは広く浅くで深い話はできませんよ」
    「うん、年中だし勿論」
    という事で帰宅して息子に確認したさ。
    「平家物語といえばー?」
    「鵯越の逆落とし、八艘跳び、瓶子の首を折る、壇之浦、琵琶法師、えーと」
    「園児ならそんなもんだよな、よし、明日Aちゃんと平家物語話をしといで」
    で、気楽に送り出したですよ。

    が、迎えに行ったら息子半べそで出てきて
    「Aちゃん僕無理だよう。突き飛ばされたよう」と。
    聞けば、息子がAちゃんに
    「いやあ、僕も源平好きだなあ」と話しかけたらAちゃんキッと睨んで
    「平家物語の平氏の登場人物を挙げて」。
    「え?平清盛、平重盛、平将門…」
    と言った所で
    「話にならない!」
    と突き飛ばされたそうな。

    「将門は違うの?僕分からないよ」
    「あーごめんオカンが悪い。Aちゃんを甘く見てた、Aちゃんは平家物語が大好きだからいい加減なのが許せなかったんだね。君は無理だな撤退だ」

    とまあ筋金歴女エピが印象深いAちゃんですが、数学女子でもあり、その後も安定ですよ。
    息子と小学校は別になり、その後は優秀女子中高一貫X女に進まれましたが、
    算オリ数オリ決勝出ちゃうし、四谷大塚/東進の全国統一テスト決勝で毎回凄い成績出すし、バリガリX女でも何やら別格なのが聞こえてきます。

    ユーザーID:1755392490

  • まだイビツで皮相でいいと思う2

    中学んとき偶々Aちゃんと会ったらお洒落に綺麗になってて、ちゃんとニッコリ挨拶してくれて、まあどんどん変わってる。お母さんが華やかな人だから身なりは母指導が入ってるんだろうけどね。

    今もう高校生ですが、
    「Aちゃんは理三かなあ、いや海外大にダイレクトに進学するかなあ、何でもできるよね」
    てな感じ。
    息子もX女に知り合いは結構いてAちゃんの事も聞けるんだけど、
    「あそこまで突き抜ければ変わってる事も「さすが〜」となるだけだってさ」と。
    Aお母さん、一時期
    「女子校は人間関係心配だから、少し偏差値下がるけど共学の方が…」
    と言ってたけど、いやいや、よりトンがった学校が合ってたようです。

    なんか頭のいい子って「子供らしさの表出」が要求されてそれが無いと教師から心配されたりするもんだけど、子供は未熟で当然で、成長途中はイビツでヘンテコリンでイライラさせるようなのでいいと思うのよね。頭でっかちで皮相でさ。
    勿論トピ主さんも書いてるように、体を使って動いて色々実感した方がいいけどね。
    あと、多方面に興味が向いてていいことですが、特に数学はできてた方が、そういうタイプは進路の自由度上がっていいみたい(息子の男子校同級生の変わり者(息子含む)達を見ててもね)。

    もう一人、息子のX女の知り合いで、学年違いにとんでもない数学女子がいるんだけどね。こっちはもう数オリはEGMOに選抜されて海外行っちゃうし(今年は中止で残念)、模試の数学偏差値は103とか取るし(偏差値って100以上が出るの知らなかったよ)、物理コンテストでも決勝に選ばれるし、「東大推薦入試使えるよね?使いそうにないけど」って娘さん。
    色々天然でポーッとしたタイプだそうなんだけど(息子談。よく学校に荷物全部忘れて帰宅するそうな)、そんだけできると天然エピは全部「さすが凄い」って変換されちゃう。

    イビツでいいからバリガリ行けば?

    ユーザーID:1755392490

  • 天才肌の娘さん

    別にいいじゃないですか。
    なぜ「皆んな」と同じように考えて、行動して、「子供らしく」無邪気じゃなければいけないんですか?
    「皆んな」って何ですか?個性の意味ってなんですか?


    娘さんはきっと、周りの本を読まず知識も娘さんよりも少ない友達より、見識があってその分「大人」なんですよ。

    >「他の子どもは主体的に物事をみるのに、大人みたいに外側から物事をみている」
    素晴らしいじゃないですか。天才肌ですよ。
    目の前のことしか見えない子供より、視野が広いんです。
    それだけ賢いってことですよ。

    大人になるってことは、色んな経験や知識が増えて何も知らない「無邪気」な状態ではなくなるってことですよね。
    娘さんは知識が増えて、それを自分なりに理解し、実生活に取り入れたり役立てようとしていますよね。そして知識を得ることが好きなとても賢い子だと思います。

    そのような賢く、自ら色々と理解し道を開いていく子なら、周りの娘さんよりもレベルの低い友達と合わなくて当然です。
    アインシュタインだってスティーブジョブスだって、人よりも物事の理解力があって、アイディアがあって周りからは「変わった」人と捕らえられてましたよ。

    それは周りよりも抜きん出た素晴らしい点があるからです。

    >元々myワールドに入り込みやすい子なので、将来、知識に頼って上手く社会に溶け込めなかったり、経験より先に分析して悩み事の多い大人にならないか心配です。

    心配はわかりますが、娘さんの個性や好きなこと、得意なことを伸ばして将来にうまく活かせるよう、サポートしてください。

    くれぐれも「周り」や「みんな」に合わせるように、と娘さんの個性を潰すようなことはしないでください。

    ユーザーID:2332522284

  • お嬢さんの興味を押さえつけないで!

    2度目です。

    学校の先生は、単に分かりやすい「小学四年生はこの程度」という型にはめたがってるだけに見えます。
    先生の思い描いている成長曲線(知性、情緒面で)を外れるのは、例え上に外れていてもその先生の器では許容できないだけなのでは…。

    そしてトピ主さんはお嬢さんがどんどん自我が芽生えて思い通りにならなくなってきているのを、押さえつけようとしているだけのように見えます。
    数名が書かれているように、知性では勝てなさそうですもんね。
    いちゃもんをつけてお嬢さんの知への興味を否定しているのではないでしょうか。
    例えば、お嬢さんの発言が
    『「頭が良くなりたいから毎日勉強しないとね。モウロ将軍(ラピュタより)みたいに無知なのに力で周りをねじ伏せても、最終的には皆に呆れられるからね」とか、「ママってのび太くんのママみたい。感情的で調子に乗りやすい」』
    だと、こんなトピを立てたでしょうか?
    立てないですよね、きっと。
    なぜこれが歴史が好きで歴史上の人物だと問題なのでしょうか?いちゃもんにしか思えません。

    折角のお嬢さんの興味を否定しないでください。

    お嬢さんは塾を否定されてるとのことですが、一度先入観なしで夏期講習だけでも行ってみてください。
    今は学校がつまらなのを、つまらなくならないように逆向きの努力をしているだけです。
    必死に努力することが成果として帰ってくる楽しさ、知識が増えて世界が広がる楽しさ、同レベルの子供と触れ合う楽しさも味あわせてあげてほしいです。

    ユーザーID:3267806728

  • そういう子、大好き。

    私は知的な会話ができる子は大好きです。
    特に私も歴史好きなので、話してるだけで楽しそう。子供なんだから、今は表面的にとらえるだけでもOK。興味を持っていろいろ読み漁っていけば、そのうち多角的な視野も自然に身に付きます。
    もし心配なら、時期を見ていろいろな著者の三国志なんかを与えてあげると、聡明な娘さんなら直ぐに理解するでしょう。

    わからないのが、洞察することの延長線上に病むとしていること。
    洞察って、物事を深く観察して見通すことでしょ?病むこととは対極にあると思いますが。
    私の周りで言えば、物事をキチンと洞察できる人って、問題解決までの道程を考察できる人が大半。逆に感情的な思考が優勢な人ほど、ヤバい!どうしよう…が空回り。深みにはまって病んじゃってるような。

    幸せな人生を娘さんに望むなら、今はトピ主さんも勉強して一緒に楽しみながら娘さんを肯定してあげてください。歴史でも推理小説でも、その他のコトでも。ヘタな心配より、どっしり構えてサポートを。もし矛盾があることを言い出したら、その矛盾を指摘して考えさせるくらいで十分だと思いますよ。

    自分を肯定できないまま大人になった人は不幸に陥りやすいです。興味を持てない分野の話についていくのは大変かもしれませんが、ポジティブに頑張ってください。

    ユーザーID:2532013547

  • 世の中に目を向けてほしい

    リアルな問題に対して、読書等のバーチャルで得た知識で洞察しがち…
    良いじゃないですか
    読書で、他人の生を生きてみる体験は素晴らしいですよ
    実体験は限りがありますが、読書で得られる二次体験は無限大
    子供にお奨め本を紹介してもらって一部だけでも親も読むと、よりお子さんを理解できます

    周りの子と合わないことも多いかとおもいます(時には大人とも)
    でも、それは気にしない気にしない
    中学、高校と進むうちに変わります

    とてもしっかりしたお子さんだとおもいます

    どうしても気になるなら、将来をどう考えているか聞いてみて
    まずは大学に行きたい
    と言ってくれたら『じゃあ一人暮らしするかもだから家事もできないとね』と、ゴミの分別、ゴミだし、掃除、調理と片付けなど少しずつできるように一緒にして、何か仕事として継続させたらどうでしょう
    週二回くらいは外遊びか親子でランニングをするとか
    身体を動かすことも大切ですから

    新聞を読んでニュースについて家族で語り合ったり、興味のあるニュースやその他のことを深掘りする方法を教えてあげてください
    世界がひろがります
    ミステリー好きなら、一冊の本から地理・歴史その他色々な方面に関心を広げていけますよね

    ユーザーID:5617683688

  • トピ主です。

    昨日はこんな感じでした。

    ・百人一首の解説本を一通り読んだ後、「後鳥羽院の句(人もをし 人も恨めし あぢきなく 世を思ふ故に もの思ふ身は)が一番好き!」私「何で?」娘「共感出来るしかっこいい!」私「人間関係で何か悩み事でもあるの?!」娘「仲良しの子に止めて欲しい事があるの(プンプン)明日もう止めてって言う!」

    ・「心理学では人は触れられると安心するんだって(推理小説から得た知識)。だからママが機嫌悪い時に頼みたい事がある時は、触りながら可愛く頼んでたんだよ」私「(人を操作するような事は)それはあまり良くない事だよ(理由等即座に言えなかったので、今度伝えなきゃです)」娘「知らなかった!知ったから気を付けるね」
    生物とか病気とかの知識は聞いていればよいのですが、人に関係する事は返答に迷います。

    ご指摘にもありましたが私の知識が足りなく、次から次へと出てくる子どもの発信に反応しきれません。正したり導いたりが上手に出来ません。
    一緒に学ぼうと同じ本を読んでますが進みが遅く、解説する娘も者足りなさそうです。
    ここで教えて頂いた書籍を早速購入して置いておいたら、朝食を食べながら眺めて解説をしてました。
    皆様からのお話を聞いて、娘の良いところの伸ばし方が見えてきました。変わったところがあっても良いのだと、勇気も沸いてきました。

    まだ経験談やご意見あれば、もう少しお聞きしたいです。

    ユーザーID:3186262263

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 私、そのような子ども好きです。

    たくさん本を読み、いろいろな知識を得て、評価できる小学4年生。塾にも行かないけど、成績の良い、男の子と遊び、将棋が好き、しかも百人一首の解説本までも!

    きっと小学校の授業では収まりきれないスケールですよ!

    私も子どもの頃から歴史が好き、本を読むのが好きだったけど、小学校の頃は「キュリー夫人のようにノーベル賞は2個はいらないけど1個は欲しい」と言っていただけです。

    百人一首が好きなら文系にも、将棋が好きなら理系にも、どちらにも進めそうな感じ。
    経験なんて今あるわけないでしょう。大学生、社会人になってどんどん自然とついていきます。
    将来が楽しみです。

    ユーザーID:1626443418

  • だからお嬢様を否定するのはやめてー!

    お母様、落ち着いてください。
    なぜ「正したり導いたりが上手に出来ません」と、お嬢様の知的好奇心を否定するのですか?
    「否定していません」と反論されるのでしょうが、今のお嬢様が良くないと考えられているから正す・導くという言葉が出てくるのです。

    お嬢様は新たな知識を得ることを楽しみ、その発見を誰かと共有したいように思えます。
    新しいおもちゃを手に入れたら遊びたいし、おもちゃの楽しさを誰かに伝えて共有したくなりますよね。
    世の中はこういう仕組みなんだ、世の中にはこういう物の見方があるんだ、とお嬢様の中の世界がどんどん広がっていくのが見えるようです。

    それに対してお母様は「そんな知識が何だというの?そうじゃないでしょ?」とマウントを取るばかりで…
    なぜ、お嬢様を否定し押さえつけるのでしょうか。
    百人一首のエピソードはまだしも(否定はしていない、でもまずは共感した方が良い?)、心理学の方のエピソードは…なぜお嬢様を否定する必要があるのかさっぱりわかりませんでした。
    どちらかというと「お母さんこれってすごい発見でしょ」と言わんばかりに打ち明けたところに、相応の無邪気さを感じませんか?
    シンプルに「わぁすごいことを発見したね」と誉めればいいものを…

    インプットした知識はアウトプットしたくなるのに、都度お母様から否定されたりマウントをとられることが続いたら、お嬢様の自己肯定感が低くなりそうで心配です。
    お嬢様の吸収力についていけないのなら、すごいねと肯定するだけでいいんです。
    読めば読むほど、お嬢様と同じレベルで会話を楽しめるお友だちができればいいのにと思います。
    ご自宅ではなく、外でお嬢様の世界の広がりを共有でき思う存分アウトプットできますから。

    ちなみに百人一首で例え話は、本が好きな小学生だと珍しくもない気が。
    孤独感を「花より他に…だなぁ」と表現したりは普通でしたよ。

    ユーザーID:3267806728

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧