転職回数について

レス35
(トピ主2
お気に入り43

キャリア・職場

トピ主

医療職の40代です。転職回数は多い方です。やや愚痴になります。

今、転職活動しているのですが、必ず転職回数の事聞かれます。採用側の長く勤めてほしいという理由からだと思いますが、時々転職回数が多い事を悪い事、人格に問題など先入観で話す人も多く感じます。

確かにそういう方もいますが、条件が異なっていたり、家族の都合、キャリアなど色々あると思います。

当たり前ですが、私は短く辞めざるえない時もちゃんと職場と相談して退職時期や引き継ぎをしています。

しかし、今までの職場で休職を繰り返して長くいる人、与えられた仕事をこなしきれない人、無断欠席繰り返す人など申し訳ないのですが、明らかに仕事できない人が長く残っているのをみてきました。

言葉は悪いですがそういう方の尻拭いをしながら短い期間とはいえ職場に迷惑かけないよう働いてきた者としては転職回数が多い=問題がある、在職期間が長い=問題ないと捉えられるのは何か歯がゆい思いをします。

もちろん、長く勤めてしっかり実績を積んでいる方もいました。

転職回数に関しての考えってもう少し柔軟にならないのでしょうか?

最近、へこんでいます。

ユーザーID:5591482511

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数35

レスする
  • 自分だけは仕方がないと思っている

    トピ主さん、自分だけは仕方がないことと思ってますよね?

    職場からしたら、理由がなんであろうと短い期間で辞められるのは困ることだと思いますよ。

    無断欠勤があって辞める人も嫌だし、家族の都合で辞める人だって嫌なんです。

    自分の理由だけ「仕方がないんだから大目に見てよ」っていう考えは、ちょっとどうかなぁと思います。

    トピ主さんだって、心の中に「医療職だから辞めても多分すぐ見つかるし」っていう気持ちがありますよね。じゃなかったらどんな事情があってもしがみついて頑張る人もいるし。

    そういうのを見透かされてるんじゃないかなと思います。

    ユーザーID:7933004057

  • 残念ながら難しいでしょうね

    〉転職回数に関しての考えってもう少し柔軟にならないのでしょうか?

    転職回数など事前の応募(webや面接前の履歴書提出など)で分かります。
    柔軟だからこそ、面接に呼ばれるのでは?
    で、理由を聞く。
    納得いく理由で雇用側の利になるのであれば採用につながります。
    トピ主の場合、転職回数の多い40代ですよね。
    それはマイナス要素でしかないですよ。
    40代で中途だと、余程できた人物でなければ働く中どこかで負担になりやすい。
    これは本人だけでなく、既存スタッフについてもです。

    その上で、納得感がなかったり本人に不安を感じる場合は転職回数をネガティブに捉えられてしまいます。

    転職回数への企業側の懸念は変わらないと思います。トピ主はその懸念を払拭する「売り」が必要です。

    ユーザーID:5254712630

  • でもさ、「やめた理由」は重要なポイントですよね

    特に転職回数が多いのに昇進してない人、似たようなレベルに留まる人はほぼ採用しません。

    それって「キャリアアップ」以外の理由、ほぼ確実に「すぐに嫌になって辞めちゃう」って事でしょうから。

    「引き継ぎちゃんとしました」とかってはっきり言ってどうでも良いですね、検証できっこ無いし。

    ユーザーID:4546777093

  • 申し訳ないけど

    昔、友人が私の会社に転職したいと言ってきたので、(中小企業なので)総務部長に履歴書を渡したところ、「転職回数が多すぎる」という理由で却下されました。

    1回は「親が地元に帰って欲しかった」のが理由ですが、それを言うと「親の言いなりだ」と言われ、返事のしようがありませんでした。(確かに本人が凄く希望して他県の行きたい業種に就職したので、そこを辞めたのは「親に反抗できず、親に無理矢理辞めさせられた」気配もしたからです)

    その友人も転職が多い「仕方ない」理由はありましたが、「転職回数が多いのを納得してもらう」という気持ちがよほど強くなければ、とても言えません。

    トピ主さんのように、転職を繰り返しても「職場に迷惑をかけない」人もいます。

    でも、そういった人は少数だし「転職を繰り返した人はウチに入社しても数年で転職するだろう」という考えが「実際に当たる」場合が多いので「一般論」として成り立っています。

    普通の人は少数派はほとんど見ないで、多数派を見て判断すると思います。

    だから「私は少数派ですよ」とアピールするために、履歴書の付属資料として「毎回の転職時の理由」や「そのとき、回りに迷惑をかけないためにどうしたか」ということをしっかり書いて渡せばどうでしょうか。

    自分以外の外部要因で転職回数が多いのは「仕方ない」ことなので「どこの誰が見ても仕方ない理由で転職した」「会社には迷惑をかけないよう、このようにしてから転職した」と、堂々とアピールしたら良いのかもしれません。

    ちなみに、上記の友人はその後、小企業に転職し、役員クラスまで上り詰めています。

    ユーザーID:7103168185

  • そういう風土の会社なのだとわかる

    転職者に厳しい組織なんだ、とわかるのでよいのではないですか?
    転職する理由にはいろいろありますが、やはりその組織に合わないな、と思い始めると、些末なことが悪い点として気になるようになります。
    医療職とのことで、「接客業」の部分が大きいですから、組織としては個人の能力よりもチームワークを崩さない、できればチームに貢献できる人が欲しいというところはあるでしょうね。
    私の経験では、3回以上転職している人は採用しない、というところもありましたし、契約社員と正社員と募集しているのに、説明会では「正社員を希望しない人間は信用できない」と発言する人事担当者がいた会社もありました。
    かと思うと、転職しなかったら自分にどんな能力があるかわからないじゃないか、という担当者もいました。
    転職はご自身の選択の結果ですから、それを卑下することもないと思いますし、その経験をアピールできればよいのではないでしょうか。
    就職と結婚は似ている、とある人事は言っていました。
    だとしたら、バツイチやバツニが初婚の人より求められるものが高くなるのは当然ですし、避ける人がいるのも一般的なことだとは思いませんか。
    それでもいっしょになりたい(働きたい)と思わせるものを私は持っています、とアピールすることが大切だと思います。
    結婚したい余り、相性の悪い人、条件の悪い人と結婚するのは間違っています。
    私は転職回数10回を超えているので、もう、何回転職したか勘定するのをやめました。

    ユーザーID:7934344843

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • トビ主です

    皆様、返信ありがとうございます。

    確かに理由はどうであれ、長く働かない事が職場に迷惑かけることは承知していますし、申しわけなく思っています。そこに対して採用側が不安になり面接では不安を除去する努力も必要とわかっています。

    ただ、私がいつも疑問視するのは長く働く事は大切だと思いますが、休職を繰り返したり、病気を理由に仕事をしなかったり、自分の仕事をこなさなかったりなどそういう方ほど長く働いており、職歴として認められている事なんです。それを必死になって働いていると言えるのでしょうか?私の回りはそんな人が多かったです。

    もちろん、責任を持って長く働いて実績を出される人もいます。

    ただ、上記の方も多いので矛盾を感じています。

    ユーザーID:5591482511

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • ほかにアピールできるポイントがあれば良いのでは

    職場ごとに資格を取得したとか、スキルアップしたとか。面接官の側に立って考えてみてください。転職回数が多い人にどんなイメージを抱きますか。そして、あえてそのようなリスキーな人材を採用する意味があるでしょうか。

    生きていればいろいろなことがあります。
    ですが出来るだけ、転職回数が増えないように頑張るものです。

    ユーザーID:9374784036

  • 客観的に考えてみれば分かる事。

    雇用側はたくさんの応募者の中から採用を決めるのだし、いくら主さんが退職理由や円満退職を強調してみたところで関係ないと思います。
    正職員を希望するなら年齢も引っ掛かりますね。若手は長く在職しても40代は定年までの在職期間が短い分、人材育成コストが無駄になりがち。ましてや、転職回数が多ければさらにその可能性は高まる。
    結局、理由が何だろうと辞める可能性が高ければ採用を見送る事になるでしょう。
    それに一社で勤続年数が短いという事はキャリアもそんなに積めてないと思われ、中途採用には不向きだと思います。
    中途採用で転職するなら、その会社が是非とも欲しい人材としての特別なスキルだったり、専門性に長けている等の売りが必要になるでしょう。
    失礼ですが、転職理由を理解して欲しいと採用をする側に求めるのは違うと思います。
    仮に他の応募者が主さん以上に努力して自分の能力を高めてアピールしてきたら?
    自分が人事だったら、こちらの採用基準に文句言うだけで何も売りがないような人は採用しません。職場で即戦力になれそうなやる気のある人を選びます。
    今の自分を見て判断して欲しいって事は努力する気はありませんと言ってるように聞こえます。
    前の職場で勤務態度に問題があると主さんが思う人に比べて自分はマシだとかは他者を下げて自分を上げてるように見えますが、それも主さん目線だし、そうする事で主さんの人材としての魅力が高まるのでしょうか?
    私にはそうは思えません。
    雇用側は可能性のある人を採用したいと思うのではないですか。
    自分の立場だけで主張するのではなく、客観的に考えた方が良いと思います。

    ユーザーID:4377386185

  • 転職回数を気にするのは仕方がない

    >時々転職回数が多い事を悪い事、人格に問題など先入観で

    仕方がないと思うし、それが現実だと思います。そういう事例が珍しくないから。また、問題のある人を採用してマイナス面が大きければ業務遂行に悪影響しかありませんから。採用側の立ち場になれば、転職回数を気にするのは珍しくないと思います。すぐに辞められては、また採用して、教育して・・・の繰り返しになります。

    あくまでも先入観なので、面倒かもしれませんが、ひとつひとつ、きっちりと説明するしかないと思います。採用する側なので疑問があれば聞いてくるのは当たり前だと思います。「それなら仕方がないな」と思えば先入観は払拭されるでしょうし、説明次第ではないでしょうか。

    面接時に「〇〇が理由で、転職を繰り返してきた。今後も同様のことになるかもしれない。」とハッキリ伝えて、期間ごとに契約更新するとか、そういう前提で採用してもらう方法をさぐるとか、何らかの方法を考えることも、ひとつの方法だと思います。

    ひとそれぞれ状況が違うのは承知の上で書きます。
    私は転職して現在の会社にいます。条件が異なり、キャリア(技術職ですが、専門分野以外の業務内容)の問題もありましたが、それを理由に転職するのは安易すぎて問題だと思ったこと、これも何かのきかっけと思い異なることも勉強しようと考え、勉強しやってきました。それを武器に条件交渉もしました。正直、しんどかったです。

    こういう経験をした立場からすると、条件やキャリアが違うからということで転職を繰り返すことは、私は良いイメージがないです。仕事なので状況によって条件や業務が変わることはありえることです。何か壁に当たったとき臨機応変に対応して乗り越えようと頑張る姿勢があるか?という見方をします。もちろん、内容によりますよ。あくまでも私の見方です。

    そういうこともあって、私なら転職回数と転職理由は気にします。

    ユーザーID:6374718013

  • まだ言ってる

    皆さんの的確なレスで納得されたかと思いきや、まだ同じこと言ってる。
    長くいても迷惑かけてる人もいる。まぁいますね。でも短期間で辞める人も迷惑。ほんと、会社側としては、教える側としては、めっちゃ迷惑です。理由なんて関係ないです。個人の事情なんてどうでもいいし、引き継ぎするなんて当たり前の事。
    あと、私の周りでは、長く続けている人は真面目な人の方が多いです。いい加減な人はさっさと辞めちゃう。トピ主さんの自己保身で都合よく解釈する考え方、嫌いです。

    ユーザーID:3709261719

  • 辞める理由と入社を希望する理由

    タイトル通りです。
    これが納得できる意見でなければ、
    ただ回数を重ねているだけということになります。
    「あ、だから今度は我が社を希望しているんだね」
    と思ってもらえるかどうかです。
    転職回数が多ければ、以前の転職時の理由の説明も同様です。
    全てで納得されるものでなければ払拭できません。

    例えば、前職でこういう働き方をしたくて
    こういう取り組みをやってきたが
    こういう理由で叶わなかった。
    それが御社ではこういう事情により
    自分が希望している働き方にマッチすると感じた。
    という感じで。
    辞める理由も次を希望する理由も同じなんですよ。
    こういう内容が大事です。
    当然、会社にとってその人の採用で
    どういうメリットがあるかというのも必要ですが、
    転職回数の多さの問題に対するものですので置いておきます。

    辞め方なぞ次の会社にとって何の参考にもなりませんよ。
    そんなこと聞かされても、
    我が社の次に転職したい会社ができれば
    綺麗に辞めてくれるんだね、じゃあ採用、
    とはなりませんよ。

    ユーザーID:1613750197

  • レス読みました

    >そういう方ほど長く働いており、職歴として認められている事なんです
    それは、それを「認めている」人や会社に聞いて下さい。

    >休職を繰り返したり、病気を理由に仕事をしなかったり、自分の仕事をこなさなかったりなどそういう方ほど長く働いており、職歴として認められている事なんです。それを必死になって働いていると言えるのでしょうか?

    私は何度も病気をして、休職を何回もしました。復職後も数ヶ月〜数年は毎日定時で帰る日も多かったです。

    だから「必死に働いている」とまでは言えません。

    でも「必死に働かなくてはいけないとき」は必死に働きました。それが原因で、また休職するハメになったこともあります。

    体調が良いときは、残業は毎日2〜3時間程度だとしても、できる範囲でできるだけ働き、アイデアを出したり、いろんな部署の人と話をして会社の業務改善にもかなり貢献したと自負しています。

    そんなわけで200人程度の中小製造業でしたが、上司たちに期待されている部分もあり「ひょっとしたら課長になれるかな?」と思っていたら、結局は「課長補佐」止まりで管理職にはなれず、定年退職を迎えました。病気がちだったところが原因かもしれません。

    それぞれの会社の考え方にも寄るし、「(昔の)役所的」なところなら、職場にいるだけ、勤続するだけで「実績」を認められる会社もあると思います。

    私が上のレスにも書いたように、ウチの総務部長が却下した転職回数が多い友人を雇う会社もあったし、友人はその会社で15〜20年位?勤め、本来は定年のはずだけど、有能だったのか、役員クラスになったので、まだまだ頑張っています。

    転職回数で断られるのは「仕方ない」ので、めげずに応募して、採用されたところで長く頑張れば、報われるのではないでしょうか。

    ユーザーID:7103168185

  • 割合の問題

    長く勤める人は真面目な人が多い。
    転職が多い人は問題がある人が多い。

    例外はどちらにもある。

    それだけですよね。

    そんな先入観のある職場はこちらから願い下げだ。
    って思うしかないと思います。

    ユーザーID:9640895781

  • 40代だから

    >尻拭い

    一般的には40代だと後輩を指導したり、役職に就いてまとめ役をやります。

    役職待遇ではなく、尻拭い役というところで
    既にスキル不足です。

    >休職を繰り返したり、病気を理由に仕事をしなかったり、自分の仕事をこなさなかったりなどそういう方ほど長く働いており、職歴として認められている事なんです

    こういう人って他の職場に移ろうって思いますか?

    それに病気を理由にってのは職場で認められている場合もありますし。

    勘違いされているようですが、
    長く勤務するのと必死に働くというのは必ずしもイコールではありません。
    病気を理由に断る仕事以外はどうですか?
    休職していない時はどうですか?
    トピ主の主観でみている部分があるように思いますが。

    ユーザーID:7875156014

  • いずれにしても、レアケース

    『休職を繰り返したり、病気を理由に仕事をしなかったり、自分の仕事をこなさなかったりなどそういう方ほど長く働いており、職歴として認められている事なんです。』
    医療系、人不足だから多少はそういう事もあるかもしれません。
    でも、業界自体がそういう事が多い業界、とは思えないので、トピ主さんの周りがレアケースなんでしょうね。
    それかそちらの責任者の方々の彼らに対する評価がトピ主さんの下す評価とは違うのか。

    通常は慣れている人と仕事をしたい事もありますし、“ある程度信頼感のある人には”長期間の休職後の復職を認めているのだと思われます。
    トピ主さんは、わたしの方が優秀なのに、と不満を持ってますが、一般的には、それだけの待遇をしたくない人には辞めていただいていますから、トピ主さんが思うほどズルいことはまかり通っていないでしょうね。
    それともなにかな、トピ主さんは彼女らのように休職後の復職を認めて引き留めて欲しかったのかな?

    また、ぶっちゃけますと、家庭に何かと事情があり、転職をすることは女性にはついて回る問題です。トピ主さんだけではなく。

    でも、程度がありますし、本当に責任感のある人ならば、今度の職場では長く勤められるように万難排して求職しているはずで、繰り返すとやはり悪印象になります。

    直前の仕事は事情があり3ヶ月もたず退職、その前もやむを得ない事情で1年未満で辞めました、その前もすぐに辞めましたがやはり、事情が、、、でもきちんと引き継ぎをして辞めています。
    いまはその事情も解決されましたので求職しているのです。
    と仮に面接でいわれたとして、
    また繰り返さない保障なんてないし、リスクを感じ取ったならば(よほどトピ主さんに資格や容姿含め、アドバンテージがあるならば別ですが)、同程度の他の候補の人に決めることは想像に難くないです。

    ユーザーID:9608844820

  • 今までそういう人がいたから、どうなの?

    転職回数については必ず聞かれるのですから、
    トピ主さんが面接相手(会社)を納得させる回答ができればよいのではないでしょうか?

    要はトピ主さん自身が優秀な人で
    うちの職場でぜひ働いてほしい!
    という人であればよいわけです。

    トピ主さんがいうように、長く働いている人にそういう人もいれば、そうじゃない人もいる。

    トピ主さん自身は納得して今までの人生を歩んできたのでしょうから、職場にどういう人がいてもベストを尽くせばよいのです。

    もし採用基準から外れていたとしても、
    自分のアピール不足か、
    そういうことで判断する会社なんだと、
    割り切って就職先を見つけるしかないですね。

    ユーザーID:8549451548

  • 確率論でふるいにかける

    採用側にいたことがあります。
    バイトの採用で月に200人位の履歴書を見て、50人位の面接をしていました。
    採用だけをやっていたわけでわないので、じっくり履歴書を精査する暇はありません。
    こちらが望む勤務シフトが可能かを確認したあとは、履歴書の字面でふるいにかけてました。上手い下手ではなく丁寧に書いているか否かです。
    ここで勤めたいという意欲があれば、履歴書くらいは丁寧に書くだろうという考えで、逸材を取りこぼしたかもしれませんが、「雑な履歴書を提出する逸材」はそうそういるものではありません。確率が低いのです。

    同じだとが転職回数にも言えると思います。
    トピ主さんの周りには仕事をしないで長く職場に居座る人が多かったようですが、一般的には「転職の多い人=堪え性がない人」と取られやすく、沢山の応募があるのなら転職回数の少ない人を選びます。
    トピ主さんはそういう人なのかもしれませんが「転職回数が多い逸材」というのもそうそういるものではないのです。

    トピ主さんはご存知ないのかもしれませんが、採用・教育には沢山の時間とお金がかかります。
    かけたお金が数カ月から数年で台無しになるリスクの高い人を企業はわざわざ採用したいとは思いません。
    そういうことができるのは特殊技能や実績をもつヘッドハンティングされるような人だと思いますよ。

    ユーザーID:2958362010

  • 世の中にも会社にもいろいろな人がいるので

    みんながみんないつもいつも必死で働いたり、バッリバリのキレッキレで仕事出来なきゃいけないってわけじゃないんじゃない?
    休職・復職を繰り返す人も、特に重要とも思えない仕事を黙々とやっている人も、ミスが多くて周りに手間かけることが多い人も、やっぱり辞めずに続けるのはエラいと私は思いますね。
    だって辞めちゃうのって簡単でしょ?
    自分の思っていた条件と違っても、毎日毎日ダメ出しされても、家庭の事情が変わっても「せっかく採用された会社なんだから簡単には辞めない。自分の希望を聞いてもらえるようになるまでしっかり仕事する」と決めて頑張る方がずっと根性がいると思うけどな。
    チュン夫様のような方はほんとうに立派だと私は思います。
    あなたに転職する理由があるように、あなたにはダラダラ仕事してるようにしか見えない人にも、
    事情や理由があるんですよ。
    あんまり簡単に「在職期間が長けりゃいいの?」みたいな書き方しない方がいいんじゃないかなあ。
    もちろん「転職回数が多い人は問題あり」というのは、採用担当者の経験から判断してることなので仕方ないと思いますよ。

    ユーザーID:1575866620

  • 納得出来る理由が無いから?

    私の職場に転職希望の面接がありました。
    短い期間で何度も何度も転職している人でした。
    国家資格が必要な職なので転々と出来たのだと思います。

    転職希望の人は「私は今まで○社もの会社の経験があります!」と
    転職回数が多いことを売りのように言ってきました。
    派遣ならともかくそんなに何回も転職するのはどうしてか正当な理由がわかりません。
    サラリーなどの条件は入る前に確認することですから辞める理由というのが(100%でないにせよ)人間関係のトラブルでは無いかと思ってしまうのです。

    結局似たような地域での多数回の転職がどうしてもネックとなりその方は不採用に。

    世間一般で納得出来る転職理由としては
    「自分ではどうしようも無い外因的な理由」
    だと思います。

    「自分としてはずっと続けたかったけど続けられない理由が出来てしまってやむなく‥」というのであれば納得してもらえると思います。
    例えば夫が転勤族だったとか、立て続けに身内に介護対象が出来て仕方なく退職したとか、自分が病気になったとかなどです。

    トピ主さんの転職回数が多いぶっちゃけの理由は何ですか?
    やはり気の合わない人がいたなどの人間関係では無いですか?

    ユーザーID:9807799129

  • 長い職歴が評価されるのでなく、短期で辞める人が困るだけです。

     真面目に仕事をしない人、出来ない人・・ 長く働いても評価されません。会社や同僚も迷惑ですよね。

     自分がそんな人だという前提で、試験を受けているのですか?
     それならば長い職歴は迷惑をかける期間が長いので最悪です。
     短期の職歴は、会社に対して配慮をした実績だと言いたいのですね。

     でも、それってセールスポイントですか?

     短期で辞めてくれる方が良い人材、
     短期で辞めてくれないと迷惑な人材・・
     そんな人を採用したい会社はありません。

     長い職歴が評価されるのではありません。
     短期で会社を辞めている実績がマイナスポイントなのです。

     人が入れ替わるのは組織にとって負担になります。
     引継ぎその他・・無駄や業務が増えます。
     その間は2人分の人件費が発生します。
     次の人を採用する為にも多くの無駄が発生します。
     入社や退職に関連する付帯業務も倍です。
     人の入れ替わりが多い組織はその内情などを疑われます。顧客からの信頼や職場内での人間関係の構築など、目に見えない負担も増えます。

     短期で辞められると迷惑なのですよ。
     もちろん短期雇用を前提に募集をしているのなら問題ありませんが、あなたは短期雇用の仕事を選んでいるのではないのですよね。

     次の仕事は定年まで続ける前提ですか?
     今までの様にすぐに辞めてしまわない・・と思われない為には何が大事ですか? 考えなくてはいけませんよ。

     組織は・・
     採用したい人間を選ぶ場合は、短期で辞めてしまわない人を選びます。
     長期で勤められて迷惑な人は、そもそも選びません。

     人の入れ替わりが多い前提や、顧客との長い信頼関係は重視しないブラックな会社なら、短期で辞める人もウエルカムです。しかし社員を大事にしたり社会的な信用を大事にする組織は、すぐに辞める人は採用したくありませんよ。

     あなたはどんな人ですか?

    ユーザーID:2978901046

  • 先進派だと思います

    転職回数の多い少ないが、その人の漠然とした評価になるのが日本ですね。
    と半ば強引に結論付けましたが、転職回数云々は、何れ過去の話になるのではないでしょうか。

    と言うのは、グローバリーゼーションで、新旧企業の交代が激しい時代に入ったからです。何時までも、同じ場所で勤めたいと希望しても叶えられない時代になりつつあります。

    自身は、7回転職と言うか、勤務先を代わりました。当時から、世間は転職に対してネガティブな見方をしていたと思います。
    ただ、転社を繰り返しながらも、一つ職業、職種に拘り続けました。

    一つの職種に拘ることで、自己ノウハウを築けると考えたからです。そして、転社に対する理由付けを自分なりにしていました。それは学校時代と同じように、入学(入社)して卒業退社)するんだと自分に言い聞かせていました。

    自分の中に課していたこともあります。それは「1ケ所」で最低限何か一つは身に着けると言う事です。幸いなことに、転社の度に収入と地位を上げて行くことが出来ました。

    転社、転職をプラスにするかマイナスにするかは、自分自身だと思います。
    トピ主さんへのアドバイスは、自分のノウハウを磨き自分自身が納得でぎるようにお仕事を為さることが大切と思います。

    ユーザーID:3358242627

  • 雇用する側から

    転職の実績はアナタ自身の足跡です。
    担当者はアナタの人となりの実情を知らないのだから、アナタの足跡を判断材料にするのは当然の事です。

    ヒトひとり採用して現場で使いものに成るまでには様々なコストがかかります。
    私は尻の軽い人は一番に採用候補から外しています。

    それとトピ主が挙げた「能力、実績が劣る人よりは」との意見は単なる屁理屈です。
    「すぐ辞める人」は面接の時点で大きいマイナス材料であり、(採用されて)働き方に問題がある人と比べるのはナンセンスです。

    ユーザーID:5255316725

  • わかっていない

    「確かにそういう方もいますが」と自分でも言っている通りです。そしてあなたはその正確な割合を知りません。

    採用するにあたって人の能力は面接や資料だけでは計り知れません。人事は運です。だから危険要素を排除していくのです。それで企業側が優秀な人材を雇い損ねることもあるでしょうが、企業側もそのリスクは重々承知の上です。

    「短い期間とはいえ職場に迷惑かけないよう働いてきた者」というのは個人の主観です。私は雇う側ですが、私も短い間で辞められた経験が何回かあります。辞めていった方々は「短い期間とはいえ職場に迷惑かけないよう働いてきた者」などと考えているでしょうが、雇った側からしたら大いに迷惑です(口には出さずに明るく見送りますが)。引継ぎをすればいいという話ではないのです。おそらくここの考え方に大きなギャップがあると思います。ここは絶対にやめる側はわかっているべきです。「短い期間とはいえ職場に迷惑かけないよう働いてきた」はダメダメです。

    辞める方には辞めるほうの正当な理由があるのはわかりますが、雇う方にも雇う方の考えがあるのです。

    ユーザーID:2970752274

  • 就活

    やや愚痴ということなので、分かってらっしゃるのでしょう。
    人に「先入観を持たないで」と言うのは無理な話。どうしても持っちゃいますからね。

    相手をどうこうすることはできないとなれば、自分でできることを考えるだけ。
    先入観を覆すこと、ですね。

    仕事ができないのに長く勤める人がいようがいまいがそんなことは採用側に関係ないことです。
    主さんに何ができるかが問われているのだから。

    「私は短く辞めざるえない時もちゃんと職場と相談して」とありますが、何故頻繁にそういう状況になるのか納得してもらえる説明ができればいいわけです。
    面接前に門前払いというわけではないのでしょう?
    転職の多さがネックなら履歴書で切られてますよ。

    ユーザーID:4765721413

  • そういう業界もあるというだけ

    ここのレスに驚いている私は転職回数が不利ではない業界の人事に絡んでいる立場です。
    人事部というわけではなく、何回かあるうちの面接に駆り出される立場です。
    人事部とも当然やり取りするのですが、転職回数を気にするか聞いてみたところ、全く気にしていないそうです。
    むしろ、どこぞの企業で経験を積んで、うちにチャレンジする人はかなり多いです。転職ありきです。

    転職回数はみてません。
    ただ、転職の度に必ず年収や待遇が良くなっているかはみていますよ。
    転職はいまより高く自分を買ってもらうためにするものですから。
    転職の理由を一つずつ見ていくことはできませんから、ある程度ふるいにかけることは考え方としてはありだと思います。
    転職回数が多くても、別にいいんですよ。
    ただ、そのほかのアピールポイントで、その理由を聞いてもらえるところ(面接など)まで持ち込むくらいはなにかないと端から採用対象ではありません。
    どちらも必要だから、どちらから評価しても結局は同じことです。
    トピ主さん、聞いてもらえる場までこぎつけるなにかが履歴書と職務経歴書にありますか?
    ないなら多分面談で転職回数に納得してもらっても結局そちらの要素で落ちますよ。

    ただ、皆さんが短い期間で辞めるのは困るとか転職回数が多いのは不利と仰るのには違和感を覚えますね。
    企業だって企業都合で人を切ったりボーナスカットするんですから、人が企業を切ってもいいんですよ。
    合わなければ次行こう次!で問題ないし、平成の後半からは若手を中心に無駄な場所での我慢はしなくなりました。
    偉そうに短い期間で辞められては困ると言うけれど、ではそれを言う企業や社員は人に辞めたくないと思わせる環境や待遇を与えていたのでしょうか。被害者面はよくありません。

    そういうの含めて相性です。
    うちは転職回数気にしないけど、多分トピ主さんは採用しないかな。

    ユーザーID:8041702640

  • トピ主さんがやってみせればいいんです

    トピ主さん、就職が決まらないからへこんでるんですよね。
    それとも、自分の人生を間違ったなぁってこと?

    面接に呼ばれるのなら、転職回数はそんなに問題じゃないと思いませんか?
    転職回数で切られるなら、履歴書だけで落とされるんじゃないかな。

    転職について触れたときのトピ主さんの反応を見られているんですよ。
    トピ主さんもなんか負い目に感じてるから、面接側からすると「ちょっと問題ありそう…」って判断になるのでは?

    堂々としましょうよ。

    私も勤務先や家庭の都合で転職回数多いです。
    だから履歴書には、「一身上の都合」なんて書かずに「家族の介護のため」とか堂々と入れます。
    もちろん、自己アピールはちゃんとします。
    採用されて今は正社員で働いてます。

    トピ文やレス拝読する限り、トピ主さんの考え方に難があって、「一緒に仕事したい」と思われないだけじゃないかな。
    被害者意識が強くて、独りよがりでめんどくさそう
    って、私は感じました。

    >時々転職回数が多い事を悪い事、人格に問題など先入観で話す人も多く感じます。

    圧迫面接かもしれません。面接なら、いったん受け入れましょう。
    「ご指摘ごもっともです。」って。そこから逆転するための自己アピールにもっていけますよ。
    若い頃は忍耐力がなかった。でも、年を重ねるごとに考えが変わった。
    で、いいじゃない。

    がんばって!

    ユーザーID:8038152155

  • いかにマイナスイメージを取り払えるか

    何度か転職して現在正社員で働いています。
    転職回数が多かった理由はまず最初に聞かれますよね?
    私の場合は前職場で仕事をしている時に声をかけていただき、好条件で転職だったので正直に話しました。実際にトピ主さんがいうような人が社内にいてモチベーションが下がることもありました。でも、前職場の悪口的な内容は一切言いませんでした。
    一般的に転職回数が多いことはマイナスイメージなわけで、それに加えて前職場の悪口は、マイナスイメージを増やすだけですから。

    今の職場の面接時「苦手なタイプの人と一緒に働かなければいけないとしたら、どうしますか?」と聞かれました。
    今思えば、面接担当者(現在の上司)は鋭いなぁとおもいますが、転職回数が多いことが人間関係によるものかどうか、疑っていたのかもしれません。
    トピ主さんはこういう質問をされたら、なんと答えるのでしょうか?

    とりあえず、履歴書に書いた以上、転職回数が多いことはマイナスの印象であることは覚悟して、トピ主さんなりに作戦を練って、気持ちよく働ける職場で実力を発揮してほしいと思います。

    ユーザーID:8549451548

  • 私自身の経験からですが

    一回転職すると、会社を辞めることの心理的ハードルががくんと下がります。トピ主さんも最初の転職は、なんだ、こんな簡単なことだったのかと思いませんでしたか。辞めることに抵抗がなくなってくるので、コミュニケーション問題など職場の問題が自分に影響したとき、転職でさらっと解決しようとする傾向が出てくるんです。

    問題のない職場はないと思います。それを在職のまま解決しようとするのではなく、転職で解決しようとするのは個人的なアプローチとしては良いことでも悪いことでもありませんが、職場を預かる管理職としてはあまり歓迎できることではありません。

    私自身2回の転職経験があり現在3社目ですが、転職経験が多い人はそういう目で見ざるを得ないところではあります。

    ユーザーID:2637576769

  • 何が矛盾なのかよくわからない

    アラフィフの会社員です。
    家族の都合で転職せざるを得ないのは全くマイナスになりません。
    採用側が納得できる転職理由なら、問題なく採用されると思います。

    トピ主さんの言いたいことって「何もしないでずっと同じ会社にいる人より、一生懸命働いている自分が転職回数ではねられるなんて理不尽!」ということですか?長く会社にいる人たちは会社が認めて(制度上)ずっとその会社にいるのであり、トピ主さんがとやかく言うことではないし、そういう人たちや環境が嫌で「やめます」と転職を繰り返しているのであれば、我慢強さやスルースキルの部分で足りないな、と思われて不採用になるかもしれませんね。
    40代の考えにしては、失礼ながら幼稚だと思いました。
    私の近しい人にも同じような人間がいますが、転職回数が多いです。スキルアップの転職ならいいですが、違います。会社の悪いところばかりに目がいって転職を繰り返す人は、どこにいっても同じ場合が多いと思います。だから、避けられるんだと思う。

    人は人、です。自分のできることをアピールして転職活動なさったらどうでしょうか。

    ユーザーID:7120940838

  • 確率

    なんでもそうですけど確率論なんですよ。
    面接の感触では能力が同じくらいだと判断された
    二人がいたときに
    転職が今回初めての人と5回目の人と
    どちらが長く勤めてくれそうかを考えたら転職少ない方が
    可能性として高いと思いませんか。

    世の中の大半の仕事は高卒でも問題ないはずなのに
    大卒と書かれることが多いのは大卒の方が優秀な可能性が高いから。
    とある一人の人間だけをクローズアップすれば
    大卒より圧倒的に優秀な高卒はいるし、それなりに優秀な高卒もいます。
    高卒と大卒という区分で判定すれば大卒の方が優秀な人が多いでしょう。
    だから、簡便にしながらも優秀な人を採用するために
    高卒より大卒、大卒より高レベル大卒になる。

    貴方が言っているのは上記のようなことです。
    だから貴方としては同じ求人に募集した人よりも圧倒的に優秀であることを認めてもらえるように対応すれば
    転職回数に対する質問は会っても採用に大きな影響は無いでしょう。
    実際に自分が面接に関わった求人に対して
    転職回数が多かった人を採用したことあります。
    採用して良かったと思うくらい優秀な方でした。

    ユーザーID:2972424944

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧