資格はないけど田舎で英語を教えたい

レス43
(トピ主4
お気に入り33

キャリア・職場

モモ

レス

レス数43

レスする
  • 生活費位とはいかほど

    今6000円以上の月謝でも、その実績は「初めまして」な田舎では通用しないのでは?
    田舎の度合いにもよりますが、人として受け入れて貰えるかどうかも大きいですよね。
    英語を教える実力以上に必要な事は多いと思います。
    子ども相手という事は総じて若い親御さんが相手ですが、トピ主さんが歳をとってからその世代の親御さん達とどうコミュニケーション取っていくか?も気になります。 

    大手のスクール名ですら、スクール自体がその田舎で普及してなければ意味はないです。
    やはりわかりやすいのは教師の資格、学校で教えた職歴でしょうか。
    それらが無く取得予定も無い中で【自活できる程度のお金】の収入に繋げるには、数年はフランチャイズ教室で口コミを作る方が早い気がします。

    ユーザーID:8816188849

  • 難しい

    小学校で教えたいとなると難しいと思います。
    理由はまさに資格が存在しているからです。
    教員免許が必要というわけではありません。
    学歴、留学経験も必要ありません。

    大手にお勤めのようですが、小学校で教える為の資格について聞いたことないですか。
    また、教室を開くようなプログラムはないでしょうか。

    私がその資格を知っているくらいなので、教育熱心な親だったら知っていたり、もしかしたらその資格を持っている人もいる可能性があります。

    資格が全てではありませんが、リサーチ不足ということになりかねません。

    ユーザーID:6949029654

  • 大手の看板を外して

    今主さんが英語の先生をやっていられるのは大手の看板のおかげではないのですか?

    まずは都会の子供が多い需要があると思われるところで個人教室を開いて生徒が集まるかどうかです

    もちろん今持っている生徒さんを引き抜くのはなしで

    大手の看板でお仕事してた人が自分に実力と人気があると思って独立したとたん誰もついてきてくれなくなったなんて話どこにでも転がってます

    どういう田舎を想定していらっしゃるかわかりませんが田舎は都会以上に口コミの世界ですから
    まずは都会で成功して資金を貯めて数年は無収入で貯金を切り崩して過ごす、最悪ずっと無収入の覚悟でどうぞ

    ユーザーID:4117774635

  • たぶん

    その大手スクールで地方の教室を紹介してもらうのがいいと思います。わたしもそういう教室をやろうとしたことがありますが、新規の教室は難しいです。あまりに田舎すぎると生徒数を見込めず、運営できませんからね。教室数は飽和状態とも言えます。でも、講師には転勤族の奥様方も多いので、既存の教室を引き継ぐ機会も多いです。引継ぎできる教室を紹介してもらうのがいいと思いますよ。

    ユーザーID:3805403157

  • 需要の見極めが鍵ですね

    田舎は、今と10年前とは人口の減少と共に子供の数も少なくなるくらいの差だと思っています。
    ですが、コロナでこれからどうなるのか、10年後世の中がどのように変化しているのか予測が難しくなってきました。
    地方でも、大手の英会話教室の地方支店があるような都市は人口が集中し、子供もいます。
    たから、支店が存続出来ているのです。

    トピ主さんのお考えの、地方都市のお教室に通えないお子様を救いあげたいお気持ちは分かりますが、そこにどれだけ需要があるでしょうか?
    田舎にもぴんきりがあり、知的欲求が薄い田舎も確実にあります。
    そこでは生計をたてられるほどの需要はないかと思います。
    まず、教育に熱心な方は都市に出られています。
    職のためでもあり、おそらく子供の教育上を考えての結果だと思います。
    どこにお教室を構えるか、一番重要なことかと思います。
    また、お月謝の6000円を英会話にだす人は田舎にはいないのでは?
    地方は賃金がおどろくほど安いのです。
    都市部で働きながら、田舎でもお教室を開く。
    これが、一番早く実現する方法かと思います。
    人脈も出来る可能性もあります。
    それから、田舎では教師への信頼度はかなり高いです。
    田舎へ行くほど学校の先生はエリート視されているかと思います。
    これは英会話教室の先生ではなく、あくまでも学校の先生です。
    お教室は商売と見なされ、先生は趣味の延長という見方をされがちです。

    ユーザーID:4531720560

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 地方に人材がいないとはどういう意味なのか

    人材がいなくて習いたい子供が困っているなら今から主さんがいけばいいのでは

    なぜ地方にいかないか?
    食っていけないからではありませんか
    大手の給与形態はわかりませんがコマ数生徒数に応じてお金をいただくのですよね
    生徒が少ないから食べていけない。だからみな人数の多い都会行く。違うのでしょうか
    スクールがないようなところはもっと生徒が集まらないからないわけで

    需要はあってもそれだけで食いつなげられるほどはないしなったとしてもそうなるまでに相当時間はかかるでしょう

    私は田舎で学生時代家庭教師のアルバイトをしていましたが全て人の紹介でした。教育系大学の学生でしたのでその看板です

    かつて大手でやってましたというのがどれくらい看板になるかですね

    田舎にもピアノやらお花など個人の先生はいます。つまりなんでも需要はないことはない。でもそれはみんな何かしらメインの収入源があっての生活の足しにするくらいの収入にしかならない程度の需要

    まああと10年後子供の英語教育界がどうなっているかわかりませんのでとりあえず資金を貯めるの頑張ってください
    小学校の科目講師でしたら各地の募集を探して条件をみられるといいと思います

    ユーザーID:4117774635

  • ??

    >>東京の英語教室は人気です

     地方と東京では、そもそも人口が桁違いです。
     潜在需要を含めて客の母数が違いますから、東京では商売として成り立っても、地方では成り立たないというのは普通にあります。
     100人に1人の割合で客になる人がいるとして、東京じゃ1万人いて100人が客になる可能性があるけど、人口1000人の地方では10人しかいないので、仮に見事、全員が客になったとして収入は10分の1にしかならないわけです。

     そういう物理的な壁も十分に考慮する必要がありますよ

    ユーザーID:3887536420

  • どの程度の田舎を想定するかですね

    >営業さんは地方には人材がいないといつも愚痴っているので

    地方にも人材はいますよ。
    単にそのスクールの雇用条件で欲しい人材が集まらないだけです。

    どの程度の田舎を想定しているのかわかりませんが
    人口3万人以上の市ならば、企業の名前が付いた子供向け英会話スクールはたいていあります。
    フランチャイズで自宅で教える方がいるからです。

    スクールがないところだと、需要を掘り起こすところから必要になるので相当大変ですね。
    何人かの方が書いていますが田舎で月謝6千円は高いですね。

    ユーザーID:7432210087

  • フランチャイズ

    フランチャイズは選択肢に入っています。やはり大手は教材が良いですから。

    まず田舎に行く前に教室を開いて実績を作る。これも考えました。皆さんが言う通り講師と教室経営は全く違うものだと理解しています。でも、いったん教室を開いてしまうと通ってくれている子供を放り出して閉めることは難しいです。結局動けなくなってしまう気がします。

    東京の小学校では教えていたことがあります。区によっては教員免許がなくても教えられる制度があります。ただお給料が安いのと、いくつも学校を掛け持ちしなくてはならず英会話学校と両立するのが難しくて辞めてしまいました。
    でもお給料が安くても学校の英語の先生というのはその地域で信頼されそうですよね。そういう制度のある土地を探すのも良いかもしれません。

    ユーザーID:6195931749

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • そういう考えなら雇用の方が良いのでは

    >でも、いったん教室を開いてしまうと通ってくれている子供を放り出して閉めることは難しいです。

    そもそもそういうことをされない保証があるから個人より教室の方を選ぶのでは?
    ある程度の規模の会社なら、講師交代して続けるなんて余地もあるわけですし。
    人脈がある(作る)というのも根は同じですよ。
    知り合いだったら子供を放り出して閉めたり、いい加減な授業をしたりするようなことはないだろう、というわけで。
    フリで飛び込んでくるようなお客さんは、大手や知り合いの教室に比べたら少ないだろうことは想像に難くないですね(ゼロではないでしょうけど)。

    まあ、そもそもの前提として、「いざとなったら閉めればいいや」より、「いざとなったら辞めればいいや」の方がまだマシのような気がします。
    責任の重さを考えると。

    ユーザーID:6186964311

  • 「英語」と「英会話」のどちらを主体にされるのかな?

    地方でやるのなら、何でも屋になる気でないと。

    気になったのが、タイトルは「英語」ですが、現在は「英会話スクール」ですよね。会話主体でコミュニケーションツールとしての英語なのか、英文を読めて書けるるようになる英語なのか、どちらを主体にされますか?

    地方の自治体や零細小企業で文書を英訳・和訳して欲しい等のスキマ仕事は受け入れられますか?(技術系・法律系・契約書等)
    ALTとの間をつなぐTTはできますか?
    この辺りの経験や知識があると英会話教室への一般からの信頼度が高まります。
    あと、スクール時代の教材は著作権の関係もあるので授業料を徴収する教室では使用不可と思ってないとダメです。そして、細かいコトを言えば英語の歌をCDに合わせて一緒に歌おうも、JASRACに引っかかる「かも」しれないので注意が必要です。

    やりがいのある仕事を年齢を重ねても出来るのは良いことです。そのために今は色んな事を調べて吸収する10年にしてほしいな。と思います。

    ユーザーID:5988505849

  • 田舎と言ってもピンキリですよね?

    町や村などで田んぼや畑ばかりの田舎じゃ子供がいないし、居たとしても逆に英語教室は敬遠されることもあります。田舎には英語より日本語でしょという感覚の人は結構います。こういう所で月謝6000円では難しいですね。

    かといって、地方の大きな○○市となれば大手の英会話スクールの方を選ぶでしょうし。個人だといつなくなるかわからないですから。

    うちはこの2つの間くらいの一応「市」ですが、個人の英語教室(フランチャイズ含む)は生徒はせいぜい多いところで10人程度みたいですね。月謝は4000円〜6000円、年齢やグループの人数(レベルで分けるので)で変わりますね。

    知り合いがやってます。その人から話を聞くこともありますが、同じフランチャイズの個人教室の先生達と会う機会もあるが、どこも個人ではパート程度しか稼げない。配偶者がきちんと働いているからこそ出来ると言っています。

    多くて10人程度なので3万〜6万程度の収入。生徒さん集めや、続けてもらえるように季節のイベント開催や留学生との交流とか何か工夫が必要みたいで、それを月謝で賄うので(別に催促するとやめる人が多い)、色々準備にお金がかかりほぼ利益はでないみたいですね。家計の足しにという感じではなく、自分の趣味と思ってやらないと持たないと言っています。だから教室を閉める人も多いみたいです。

    知り合いは子供が好きで子供に英語を広めたいという志で、色々工夫して楽しませようとしているので収入は度外視でやっていますね。おろらく赤字の月もあると思います。

    志とは別に自活できる収入も欲しいなら、今の所や地方支店で続けることをお勧めしますね。

    ユーザーID:2692359472

  • うーん

    お教室を開いたら子供を投げ出せないといっても都会なら他の受け皿は沢山あると思いますが。それに大手を辞めるにしても個人的には投げ出すことにはなりますよね

    一年前くらいに言えば充分では?
    まあそこは感覚ですけど

    小学校の講師は都会でもそうだったように掛け持ちしないと収入は少ないでしょうしまた学校が少ないので遠くまで行かないとならないでしょう

    それから勤めている小学校の校区内でお教室を開くのは無しだと思います。絶対揉めます。非常勤とはいえ先生ですから。そもそも契約時禁止されるのでは?都会だとやってもわからないかもですが地方ならバレバレですし。ボランティアなら別かもしれませんが

    講師をして地域の信頼を稼いで辞めたあとに望まれてお教室を開くのはありかもしれませんが時間もかかるでしょう

    思い描くのも実行するのも主さんですのでご自由にですけど大変そう

    ユーザーID:4117774635

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧