喪中なのに息子が結婚

レス218
(トピ主11
お気に入り650

家族・友人・人間関係

しの

レス

レス数218

レスする
  • 息子は息子の意思で結婚しただけ

    >>彼女は持病のためにパート勤務しかできないため国民健康保険料と国民年金料を払っているが、支払いがきついため扶養に入れれば毎月数万円分生活が楽になるからだと説明しました。

    息子さんは彼女の為を思って入籍したんでしょう。
    国保は結構高いです。

    もう数ヶ月我慢したらみんなに祝福されて結婚できるって、それは「親族」が殆どで、息子さんや彼女の友達からは祝福されているんじゃないですか。

    もうお写真まで撮影されているのですから。

    私にもトピ主さんの今回結婚された息子さんと同じくらいの息子がいます。

    今、コロナが流行ですよね。
    でも息子から「親友が結婚した」と聞きました。
    挙式の予定もあり招待されたと喜んでいました。
    私もその親友くんをよく知っています。

    その「挙式予定日」は正直、コロナが収束するとは思えない時期です。
    親友くんはそれでも入籍して、結婚式の予約をしています。
    息子たち友人たちはもちろん出席予定です。

    息子さんがどうしても入籍したかったのは国保や彼女の収入だけではなく、
    「結婚する二人の記念日」だったのではないですか?

    若い二人はどうしても結婚したかった。
    その時期にこだわった。
    祝福は「お友達」や彼女(もう妻です)の家族がしてくれるから、母親の祝福は必要ないと縁を切られたんです。

    他にも息子はいるから、と仰っておられますがまだ拘りというか腑に落ちない、自分は撮影のSNSを他の子供から見せられた、と愚痴を言っているのは正直、「会いたい」んですよね。

    息子さんの怒りが収まるのを待ったらどうですか?

    ユーザーID:5663701030

  • 頑張ってほしい

    息子さんと同い年の女性ですが
    トピ主さんの考えは間違っていないと思います。
    補足を拝見し、絶縁でも構わないと仰られてるので、別に今後息子さん夫婦とどうすれば仲良くできるかなどを考えておられるわけではないのだと分かりました。ただご主人が亡くなられた後、常識から外れた息子夫婦に勝手に罵られ、気の持ちようが難しいということですよね。
    反抗期でもあるまいし、いい歳した息子が親に向かって死ねなんて驚きましたが、元々そういうことを言いかねないタイプだったんでしょうか?
    結婚自体に反対していたわけではなく、ただ少し時期が早すぎるのではという気持ちは、きちんと本人に伝わっていたのですかね。
    また結婚を急いだ理由が息子さんの奥様の諸々の支払いにあったようですが、理由は本当にそれだけなんでしょうか。本当にそれだけなら、トピ主様も書いておられますが、それだけの理由で??父の喪中を押し切る??と疑問符がたくさんです。(笑)

    息子さん夫婦は色々と非常識なように感じますので、今後苦労するのはお二人です。
    トピ主様はもう二人はいないものと思い、無駄に気を煩わせず、ご自身を大切にしてほしいなと感じます。

    ユーザーID:3221073417

  • ホントにそれでいいのですか?

    横から失礼します。

    内容をぼっと読んでいて
    感じたのですが、
    主さんの亡くなられた
    旦那様は再婚された2度目の
    旦那様ですね?

    多分なのですが、息子さん達
    は2度目の旦那様の事を
    父親としてそれ程思っては
    無かったのではないでしょうか?

    主さんにとっては良い旦那様
    であっても子供達の本当の心
    は複雑な心境でここ迄我慢して
    育ってきたのかも知れません。

    もしかしたら主さんは喜んで再婚した
    かもしれませんが子供達からしたら
    「お母さんを取られた」「知らない
    男が家の中で父親面している」「俺達はこれから
    どうしたらいいのか?」とか主さん
    が思っているより深く傷ついて
    今迄来たのかも知れません。

    主さんと前夫との間に何があったのか
    は分かりませんが、
    父親はやっぱり連れ子さんから
    したら前夫さんだったのでは
    無いでしょうか?
    だから主さんの言葉を聞き入れる事
    が出来ないのでは?

    後、息子さんと同棲中にお香典を
    持ってこなかった今のお嫁さん?
    ですが、当時同棲中と言うだけで
    籍を入れてないとしたら、式に
    顔を出すのは如何なものだったのか?
    と私は思います。
    やはりそこのところは控えるのが
    当然の様に感じます。
    (香典の話は別ですが)


    息子さんは主さんと絶縁する位
    、人には言えない心の苦労みたいな事を
    感じていて早く独立をしたかった
    のかもしれなくて、
    それを見抜く事が
    出来なかったのかも知れません。

    レスを見る限りだと
    再婚された旦那さんとの間にお子さん
    いらっしゃりますよね?
    そのお子さんに間に入って
    もらうっていうのはどうか?
    と思いました。

    でも、今スグには無理です。
    逆に今は駄目です。

    絶縁OKと在りますが、ホントに
    それでいいのですか?
    貴方の人生振り返ってみて
    そんなやり方で後悔しませんか?

    お嫁さんの話はその次です。

    ユーザーID:6880943688

  • 毎月数万円分生活が楽になる

    この理由が大きかったのでしよう。

    息子さんはまだ若いし、生活が苦しく、月数万も楽になるなら、
    結婚したほうが得で楽だったのです。

    数か月待てば、それだけ資金が出ていく、死活問題だったのでは?

    トピ主さんの心情は分かりますが、待ってくれたら資金は援助する等は伝えましたか?
    夫を亡くしたばかりの母親に資金援助を求めては駄目なら、結婚して
    すばやく節約したかったのだと思います。

    気持ちはお金では変えられないと思うかもしれない。
    それは生活に困ってないなら言える事。

    実の父親だから悲しくないのではなく、育ててもらった恩義があるなら、
    尚更自分の生活を維持していく事に重要性を感じていたかもしれない。

    トピ主さんは、経済的には問題無い生活をされているように見受けます。
    息子さんは生活に必死だったと、取りあえず割り切って考えたらいかがでしょうか?

    ユーザーID:7545041154

  • 皆同じ

    息子さんの事情は、様々あるでしょうが、

    「俺の大事なことより、お母さんは、最後まで、義父のことを優先するのか」

    という思いなのだろう、と感じました。

    根底には、寂しさが隠れているように思います。
    でも、もう、いい年の大人。息子さんも、こんな時にこんな風に拗らせてしまうとは、
    幼い、の一言です。

    拗れた理由は、今までの積み重ね。
    どちらが悪いということではなく、仕方のないことだと思いますよ。

    あなたは、寂しいかもしれませんが、放っておきましょう。
    彼も親になれば、というか、親にならなければ、わからないこともあります。

    親孝行したいときには、親はなし
    皆似たり寄ったりですよ。

    ユーザーID:2865116446

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 1年半たっているのに?

    トピ主さんの感覚に共感できません

    ご主人を亡くされたのは 辛く悲しいことでしたよね
    でも 一年半たっています
    息子さんが 結婚するって 嬉しくて おめでたいことです
    反対する気持ちがわかりません

    今さら何を言っても仕方ないでしょうね

    ユーザーID:9718182677

  • 端的に言うと

    亡夫の妻である貴女とその亡夫と血縁のない養子である息子さんの思い遣り意識を感じる優先順位に大きな差があった云う事でしょうね。

    更に云うなら此の世に居ない人へと今近くにいる大事な人への気配りの掛け方に差が有るという事です。それら思いの優先順位は貴女にも言えると思いますよ。 

    でも其の上でも、私なら彼等の諸々の態度にはモヤモヤはしても入籍だけなら息子達の都合を優先します。単に入籍だけなら御祝事とは異なる事務的手続きだと思えるからです。

    何故なら、やはり息子に取っては愛するパートナーの方が大事だ・と思う事は自然だろうと思うからです。

    しかし、母親の心情を理解しようともせずに、挙句に「死ね!」発言は許しがたい暴言です。甘えも大概にして欲しいです。これは貴女も親としても人としても許してはいけません。

    もう絶縁も止む無しとの事で腹括って居られるようですから今はそれで良いと私も思います。
    それにそのお嫁さん・・人として信用するにはトピ文からだと疑問が湧きますね。あまり義を結びたい女性だとは思えませんね。彼等の将来も今の儘で居られるかどうか・・疑問です。

    先で母親を頼って来る事もあるかも知れません。其の時に貴女の人間性が問われる事になるでしょう。若い息子の轍を母親としてどう受け入れてやれるか・だけでは無いかと思いますね。

    其の為にも今は心穏やかに周りの人達との暮しが出来るよう静かな心で過ごす事ではないでしょうか。だってその息子さん・・生きているだけでも有難い事ですからね。その存在は亡夫さんとは違いますから。きっと母親の気持ちに気付く日はやって来ますよ。

    ユーザーID:3492490595

  • トピ主です

    初めての投稿で説明不足すぎて申し訳ありません。
    ふみふみ様のレスがまさに私の気持ちを代弁しています。
    そして皆様のご指摘通り、やはり私ももう少し柔軟に対応すればよかったのかとも思います。
    息子が私に対して言うにいわれぬ心の苦しみがあるのでは?とのご指摘下さった方、私もそう思います。息子の人間性については私のせいだと思うところ沢山あります。我慢を強いたこともあったと思います。
    息子は四十九日法要でまた入籍の話をしたので金銭援助を申し出ましたが、「それならなぜ同棲したのか?金銭的なすり合わせはしなかったのか?」と、私もさすがに夫亡き後2週間おきに入籍の話をされても気持ちがついていきませんでした。まるで死ぬのを待っていたようで。。
    私の精神も崩壊していました。看病、介護、看取り、葬儀と仕事をしながらで疲れ果てていました。
    少し待ってほしい、つらい、しんどい。
    そんなに私は自分の気持ちを無視して「おめでとう」と言わなければならなかったのでしょうか。
    息子は四十九日から法要には出席していません。
    たしかに夫のことどうでもよかったのかもしれませんね。「死んだものは死んだんや。」と言ってましたから。。
    長男次男は私の連れ子で前夫との子です。
    三男は亡くなった夫との子です。
    持病があり子供が望めない(というより体の負担が大きいから産みたくないらしい)、息子に金銭的負担がある、などは息子が納得しているなら私は口出ししません。もちろん心配ではありましたが。
    数年経って「やっぱり子供がほしい」では、彼女が傷つくからよく考えて、とは言いました。
    何度考えてみても、死後2週間で「結婚したい」と言われ「おめでとう」とは言えませんでした。
    私の気持ちをわかってくださる方々、ありがとうございます。
    趣味を見つけたりして楽しんでいきたいと思います。

    ユーザーID:5064501958

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 今時は

    昔は入籍=結婚式・披露宴=同棲と一体不可分でしたが、今はそれぞれは別のもの、だから同棲という事実がすでにある以上、入籍でそれを法律的に追認するだけであって、お目出たい披露宴さえ服喪中に遠慮すれば問題ない、という息子さんの解釈なのかもしれませんね。
    我が家の二人の息子も、双方の親の公認で同棲を開始して間もなく入籍、披露宴は1年近く遅れてとなりました。入籍を早くしたのも、転職や転勤を考慮してのこと。ご相談と同じく経済的理由優先と言ってもいいのかもしれません。
    だから息子さんが経済的理由を持ち出したなら、経済的援助を申し出れば延期もできた、そしてこれからの関係修復もそれがカギだと思うのですがいかがでしょう。
    いずれにしても、結婚そのものの位置付けが変わりつつあるのは確か、親世代としては戸惑うばかりです。

    ユーザーID:2753680646

  • 疎遠でいい。コッチからお断り。

    疎遠でいいのでは?

    息子さんにしたら大学まで出してもらっていて
    感謝はあるけど義父は義父でしょう。
    息子さんが幾つの時に再婚されたのか分かりませんが
    子供として複雑な思いはあったんじゃないですか。

    闘病の様子なども見ていないなら
    トピ主さんの受けた悲しみや辛さは共感できないのかもしれません。

    入籍を急ぐのも社会保険の関係という理由。
    なるほどなと思いました。

    他にも兄弟がいるなら
    トピの息子さんと疎遠でもいいじゃないですか。

    お子さんが独り立ちしたのです。
    家庭をもったのです。

    死ね なんて言う息子、今後
    私なら口を聞きませんね。

    ユーザーID:6990540797

  • トピ主です。暑い日様

    生きているだけで有難い。。
    私は逆のこと思ってました。
    生まなければよかった。と。

    そして、頼ってきたら。。と
    考えたこともあります。
    そんなのもう絶縁したのだから他人でしょう関係ない。と思ってました。

    私の死後、私のわずかばかりのものは次男三男にわける手配をして、長男には遺留分しかあげないつもりにしていました。(いや、今も思っています)
    ひどい母親ですか?
    死ねと言われたのに?

    暑い日様に言われ、私は何に納得してないか、
    よくわかりました。
    「死ね」と何度も言われたことに傷ついていたのです。
    暑い日様の文章を見て涙が溢れてきました。
    夫が死んですぐ、母親に死ねと言えるなんて、本当に子育て間違えたと。
    息子のことは忘れてしまいたい。
    私自身が死んでしまえば息子は本望なのでは?と自死も考えます。
    入籍を「事務的なもの」とは思えません。
    夫が亡くなって余計そう思います。

    ユーザーID:5064501958

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • お金は大事です

    「たったそんなことで?」というトピ主さんの言葉に、トピ主さんの思いやりのなさを感じました。
    月数万円の違いは大きいですよ。
    国民健康保険料・国民年金保険料は本当に高いです。配偶者がサラリーマンでその扶養に入れたら、それが浮くのです。
    息子さんは「生活のために」急いで籍を入れた。それが何故悪いんですか?

    トピ主さんのやり方でまずかったことがもう一つあります。それは、周りに相談して味方につけたことです。
    母として息子と向き合って話をしたのではなく、周りの威を借りて押さえつけようとした。そんなやり方をした親に対して、軽蔑してしまうのは当たり前です。

    育て方が悪かった?そうかもしれませんね。何せ、きちんと向き合おうとしない、相手の言い分を聞こうともしない、冷たいトピ主さんが母親なんですもの。

    ユーザーID:8371090158

  • その息子さんは

    父親と義理の仲なんですね。
    よく読むと。

    それで息子さんはそういう態度に出たなら、息子さんにとっては、義理のお父さんとはやはり、実の父親とは違って、嫌だと思うことも多かったのかもね。

    だから、主も、息子と絶縁ならそれでいい、みたいに冷たい感じなんだね。

    やはり息子と主の間に信頼関係がないんだと思います。

    ユーザーID:4003234008

  • 母親の再婚相手、他人の喪中?

    はじめに感じたのは、
    トピ主は喪中の意味を理解しているのか。
    次に喪中云々関係なくドライな息子さんだな。です。

    だだこの時点での落しどころは、
    49日前でも現実の経済事情を考慮して入籍、
    (実際は3ヶ月後になりましたが)
    周囲への報告はトピ主さんのいう数ヶ月後がベターでした。

    が2020年7月9日9:50のレスまで読むと、、、

    「ちなみにその息子ともうひとりの子供は
     私の連れ子で夫の実子ではありませんが」

    つまり父親ではない・・・母親の再婚相手・・・他人。

    ここでようやく親子の温度差が理解できました。
    息子さんにとってはいくら良くしてくれたといっても
    “同居人のオジサン”です。
    養子縁組もしていなければ文字通り他人。
    息子さんには49日も喪中も関係のない話になります。

    だからと言って諸手を上げて息子さんの行動を容認する
    わけではありません。
    上に書いた妥協案に応じる配慮くらいはあって当然と思います。

    >喪中
    にずいぶん拘られていますが、
    周りの皆さん含めて敬虔な氏子か何かですか?
    忌中喪中はそもそも死をケガレとする宗教(神社)の思想で、
    仏教には本来忌中も喪中もありません。
    (浄土真宗以外はやや曖昧なスタンスですが)
    トピ主さんの婚家が浄土真宗なら明確に忌中も喪中もありません。

    とはいえ普段はとくに信心もなく、
    葬儀の時のみ仏教徒、結婚式はチャペルで〜の日本人の多くには
    あまり意味を成さないことですが。

    >私が無理をしていればよかったのか。
    は息子さんの側にも言えることです。

    >育て方が悪かったのだと思うしかない。
    母親の再婚相手とはいえ、
    49日前にド派手な結婚式を挙げたいなら別ですが、
    事情あっての入籍くらいは社会通念の範囲と思います。

    最期になりましたが、
    ご主人様のこと、お悔やみ申し上げます。

    ユーザーID:2057061802

  • 貧乏だけど暇人さまに同意

    あなたはたった数万のことで喪中に結婚を?と思っておいでのようですが、
    あまり裕福でない生活をしたことのある私は、
    それで結婚を焦る若い息子さんの気持ちは分かりますよ。

    あと、私はあなたのしたことで理解不能なところがあります。
    ここは喪中期間の入籍くらい理解不能です。
    どうして同棲中の彼女さんまでご主人のお通夜葬儀に来ないといけなかったのですか。
    息子さん一緒に住んでいるだけの他人ですよ。
    あなたはお子さんの友達にご主人の葬儀に来るように言いましたか?
    言ってませんよね?
    それと同じです。
    同棲しているから家族同然ということで通夜葬儀に呼んだのですか?
    だったら入籍させていいじゃないですか。
    あなたの言動は一貫性がないですよ。
    お通夜葬儀に来させたのは非常識です。
    しかも香典まで期待してたんですか?
    このような非常識なあなたに、喪中期間の入籍がダメなんて言えないと思います。

    私と夫が婚約中(双方の親に結婚相手として紹介済み)に夫の祖母が他界しました。
    既に婚約者だったのでお通夜葬儀に行くと夫の母親に申し出たら
    「誰かが亡くなった場にあなたが行って婚約者と紹介したら
    その場にいる親族も婚約にお祝いを言うべきか個人に想いを馳せるか悩むから、
    今回はお通夜葬儀には来ないでほしい。香典も辞退させてほしい」と言われました。
    その時は「他人行儀だな」と思いましたが、結婚して親戚遣いをしたら
    夫の母親が行ったことがよく分かります。
    でもあなたは赤の他人である息子さんの彼女をお通夜葬儀に来させて
    香典まで期待した。
    非常識ですよ。
    ご主人がお亡くなりになって気が動転していらしたのかと思いきや、
    1年半経った今もそれを正しいと思っていらっしゃる。

    あなたが非常識なことをしておいて、息子さんの非常識を責めるのはどうかと。

    ユーザーID:4085748178

  • 妊娠しなければ、未婚のまま同棲状態を長引かせるつもり?

    息子さんが結婚したのは、結局3ヶ月後ですよね。数ヶ月待ったではありませんか。
    おそらく、最初に入籍の話しをされたときに「四十九日も済んでないのに」などと言われ、息子さんも確かに忌中はダメかとしぶしぶながらも四十九日までは待ったのではありませんか。で四十九日にこれでもう良いかと思ったら、まだ何やかやと言われた。じゃあ、いつまで待てば良いのかと。
    息子さんたちは、もともともっと早く結婚する予定だったかもしれません。しかし養父の壮絶な闘病もあり、さすがに言い出せなかったのでは。亡くなるのを待っていたかのよう…と思えるかもしれませんが、もともと結婚するつもりが待たざるを得なくなったのでは?息子さんとしては、闘病中の養父と看病している母親を気遣い、さすがに結婚の相談は出来なかったけど、彼女を同棲状態で待たせているのも心苦しく、生活も苦しかったのかと。
    トピ主さんは、籍をいれずに同棲状態が長引くことを何とも思わないかもしれませんが、それをだらしないと思う人もいるし、女性側にしたら不安になります。結婚を急ぐ理由に妊娠を疑うとか、彼女に失礼だとは思いませんか。妊娠しなければ、未婚の女性とだらだら同棲していいのですか?
    私が彼女の親なら、喪中だから強いことも言えないけれど、娘を内縁のような立場で宙ぶらりんにして欲しくないとも思います。挨拶というなら、同棲する前に欲しかったと思いますし…。
    既に実質的に同棲していたら、籍を入れるのは書類だけの手続きの問題とも言えます。経済的な事情もあるなら、四十九日(忌中)が済んだら現実的に考えることも必要では?トピ主さんは、数ヶ月待てばと言いますが、具体的にはいつまで待たせるつもりでしたか。四十九日の時点で、最初に入籍の話しをされて(死後2週間)から1ヶ月ほど過ぎていますよね。死ねという発言はいけませんが、息子さんも追い詰められた心境だったのでは?

    ユーザーID:6427413720

  • 別にそういう問題のある女性に子供が捕まっただけの話

    大した理論もないですよ。
    失礼ですけど、問題の多いお嬢さんに
    息子さんが捕まって、
    お若い息子さんがお金をやりくりするのに
    結婚が必要で、そのタイミングが悪かっただけです。

    そもそも働いていなくて、自分の保険も払えない
    親との交流がない
    親が人に子供の保険代を払わせて平気、もしくは無職の子供の保険や年金の支払いに興味がない
    子どもも産む気がない(これは絶対ではないし、個人の価値観にもよるけど念のため入れておく)
    通夜に手ぶらで来て何もしない
    すぐに同棲、すぐに結婚したいという(このだらしなさは息子にも共通)。

    しのさんは優しいですよ。
    私、こんな女性と子供が縁づくの
    夫の喪中に関わらず絶対反対ですし
    子どもが結婚することを選ぶなら
    息子ごとこちらから絶縁しますし。

    ユーザーID:9299321782

  • 息子さんにも言い分はあるでしょうが

    どんなに正当な理由があったとしても、親に向かって「死ね」はないと思います。
    親は完璧じゃない。息子さんからすると不満があったのかもしれません。
    でも、友人・知人・隣人に向かって「死ね」なんて言いませんよね? 下手すると警察沙汰です。親なんだからどんな酷い言葉をかけても許されると考えている、甘ったれとしか思えません。
    私なら「死ね」と何度も言われたことの証拠を残し、息子さんが謝らない限り遺留分さえ渡らないようにします。

    幸い、件の息子さんは次男三男さんとは連絡をとっているのでしょう? 今は次男三男さんに任せ、しのさんは距離をおいてはいかがでしょう。

    ユーザーID:8446261536

  • だからさ〜「何がいけないって」さ〜

    しのさんの悲しい気持ち、
    よ〜くよ〜くよ〜く
    分かりましたよ。

    「死ね」と言われ許せない気持ち。
    そう、酷い長男さんですね〜…。

    ではお聞きいたします。

    今迄耐えて来た長男さんのお気持ちは?

    その気持ちは如何に思いますか?

    そしてその話、した事ありますか?

    確かに主さんの言っている事、
    間違っているとは思いません。
    長男さんがしでかした態度は
    褒められたものでは無いのも事実です。

    では貴方が連れ子を連れて勝手に再婚し、
    その子供達の気持ちは?

    今回、長男さんはその気持ちが
    この年になってあふれ出てしまった。
    奥の底にしまい込んでいた気持ちがあふれ出た。
    そうは考えられませんか?

    長男なりの苦労、有りましたよ。絶対。

    長男さんに「酷い。酷い。」と言う前に
    どうしてこうなったのか?
    を考えられないのではこの問題は
    ずっとこのままです。

    親ってさ、いつまでも大きな心で
    子供を受け止めてあげないと
    って思いませんか?
    それは年をとってもです。

    なんか、貴方の話を読んでると、
    貴方の事ばかり。

    そりゃ〜愛しい人が他界して
    悲しいし辛いでしょう。
    闘病中も大変だったとお察し
    します。その中での長男さんの言葉。
    酷く傷ついたと思いますよ。

    でも、
    長男さんは心から「死ね」と言ったと
    お思いですか?

    確かにその言葉は許しがたいですが、今の若い人達は
    平気でその言葉を口にしますよ。

    別にもう、長男さんの事をそこ迄
    (遺産分与的な)
    お考えで、それで主さんの気持ちが
    スッキリならそれでよしとして、
    いいじゃないですか。

    他のお子さんも離れないで
    居てくれると良いですね。

    どうかご自愛ください。

    失礼しました。

    ユーザーID:6880943688

  • 実父の死でも求めすぎの状況

    実父・養父・継父に関係なく、
    四十九日の間に人を招いての結婚式を挙げたいという話しなら、
    貴方の気持ちは当然と思います。
    しかし息子さんが求めていたのは入籍届けを出すだけです。

    >夫の四十九日までの間に「入籍したい」と言い出しました。
    この時に貴方が言えるのは四十九日後にして欲しいというくらいです。
    それ以上は息子さんの経済状況を考えたら求めすぎです。

    >「死んだものは死んだんや」
    >大学まで出してくれて大切にしてくれた
    上と下では別人の発言です。
    確執後の暴言は貴方への含めて本音ではないでしょう。

    >そんなに私は自分の気持ちを無視して
    >「おめでとう」と言わなければならなかったのでしょうか。
    再婚時の息子さんたちの年齢が分かりませんが、
    当時の息子さんたちも同様だったかもしれません。

    貴方にとって再婚相手は最愛の人でも、
    長男、次男にとっては複雑な対象だったかもしれません。
    思春期の子供?が知らない男と暮らさなくてはならない状況、
    貴方は少し軽く見ていませんか?

    息子さんたちがある程度の年齢、
    十代後半での再婚なら養父・継父との距離感は尚更です。
    貴方と同じ感覚(喪失感)を共有できる相手ではありません。

    >「死ね」と何度も言われたことに傷ついていたのです。
    当時の息子さんの経済状況によっては、
    貴方の要求は息子さんに「死ね」と同義語です。

    >結局夫亡くなり3ヶ月後に入籍しました。
    つまり三ヶ月間、息子さんは母親に
    「苦しめ」と言い続けたことになります。

    私は無理に「おめでとう」と言う必要はなかったと思いますが、
    息子夫婦の決定をもう少し尊重しても良かったと思います。

    ユーザーID:6739303319

  • なるほど

    ご主人に対する温度差があった。

    継父より愛する女性が大切だったのです。
    身体の事のあり、保険で何かしたかったのかもしれない。
    なのですぐにでも入籍したかったが、
    継父の四十九日は超えたので入籍した。

    おめでとうなんて言って欲しいわけじゃない。
    でもトピ主さんは思う。
    寄り添ってくれていない。
    私はこんなに悲しいのに、めでたい入籍をしたいのか。

    本当にめでたい入籍なのか…。
    愛する女性の身体を心配しての、苦渋の入籍とは思わないのか…。
    それを他者に相談をし、相談相手が苦言を呈して来る。

    >入籍を「事務的なもの」とは思えません。
    >夫が亡くなって余計そう思います。
    息子さんも言うでしょう。
    妻と知り合って余計思う。
    常識で言う喪中より、入籍が大切な場合がある。
    事務的なものではない。と。

    ユーザーID:7833499392

  • トピ主です

    皆さまおっしゃる通り、「たいへんな娘さんに引っかかってしまった」と思ったのは事実ですが、そんな娘さんと波長が合う息子もたいへんなものですから、人様の娘さんに文句は言えません。母親ですから心配はします。夫との関係は悪くはなかったと思っています。闘病中は3人の子の中で一番心配し面会に行っていました。受診に付き添ったり。息子は実父を覚えていないので「血がつながっていなくても実父だと思っている」と言っていました。そういうこともあり、急な入籍は私はちょっと頭がついていけなかったです。

    葬儀に彼女が出席、ですが、私は来なくてもかまいませんでしたが、息子が呼びました。強制はしていません。でも、私なら自分の子ひ手ぶらでは行かせませんし、手ぶらの人はいませんよね?
    お金がほしいわけではありません。お悔やみの言葉もなく仕方なく来たのだとその場の人たちが言うくらい態度に出ていました。
    それならば、半年前に私の実母が死去しましたが、彼女は来ませんでした。これはもう入籍後ですから来るべきでは?と思いますが、そういう人間性なのだろうと。(息子はその時来ましたが私とはひとことも話さず目もあわさず。次男が連絡したのです)

    ユーザーID:5064501958

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 一年半なら

    一年半なら喪中じゃないでしょ。
    今は配偶者でも13ヶ月ですよ。

    亡くなった旦那さんは祝福しなさそうなんですか?
    俺の事は良いから幸せにくらい言わなそうな、そんな父親だったんでしょうか?

    ユーザーID:6204986276

  • 私も泣けてきます。(再レスです)

    主さんの長男さんへの落胆されたお気持ちは(死ね!)とまでは言われなかったけど、或る揉め事で親を全否定するような事をどん底まで達するほどの暴言を私も長男から投げつけられて、もう怒るという気持ちを通り過ぎて、可笑しくなり笑う事しか出来成った経験が有りますので主さんの今のやるせない何とも表現しようも無い虚しいお気持ちはよく解ります。

    我家の事の顛末など詳しい事は言えませんが、息子のこの一言(貴女の育て方が悪かったから仕方ない)に私も納得せざるを得ませんでしたよ。

    確かに生業の跡取り長男として、厳しい時もあったのは事実ですが、やはり全般的には甘やかしてきたのです。結果、親は愛情もお金もATM。自分の欲しい時にそれが無条件に貰える便利な物と刷り込まれてしまったのかもと其の時は思ったのものです。

    地元での後継ぎを拒否し今は他所で開業していますが家族思いの良い夫であり父親しています。

    要するに息子は親に甘えているのです。親は子供の為ならどんな無理難題でも受け入れてくれる存在と。それを否定される事に凄く反発してしまい引く事を知らない。これは多分ですが親家庭の裕福さも有るかと思っています。

    そんな家庭の大方の長男さんは優秀な反面我儘なように感じています。特に主さん宅は血の無い関係性もあって長男さんには甘かったのではと思いますね。

    そんな我が長男との和解は、彼が生き死にの大病を患い父親に助を乞い、(罰が当たった・・)と泣かれ全て水に流しました。本当に生きてくれ!と祈りました。それからコロナ禍で、医療で使う必需品の援助要請、頑張って協力しました。親子の情って色々不具合があっても普通はそんなもんだろうと思っています。

    吉田松陰様の辞世の句(親思う心、子にまさる親心 今日の訪れ何と聞くらん) 意味はネットでも知れますよ。

    主さんが息子さんを嘆くのはそんな息子でも愛おしいからです。

    ユーザーID:3492490595

  • 当時25歳で今は27歳と書いてあるので

    >当日息子は25歳、現在27歳です。

    って書いてあるので、一年半経ってから入籍ではなく、逆算すれば半年程で入籍した事はすぐにわかります。


    次男、三男はどう思っているのでしょうね。
    特に三男は実の父を亡くしたわけでしょう?

    二人の息子達が人として真っ当に育っているのなら、残念ながら親の責任ではなく元々持った性格なんだと思います。

    うちの親は私達きょうだいを愛情を持って育ててくれたし、ある意味平等に育ててくれたと思いますが、皆家族に対する考え方は違いますからね。


    長男さんもいずれ、もっと自分が大人になった時に気がつくんじゃないでしょうか。

    自分が母親にかけた言葉の意味に。

    次男と三男さんももっと大人になれば、本当に大切な人と出会った時に夫を亡くした母の悲しみや辛さが分かると思うんですよね。

    その時に兄との関係を何とかしようとか、兄に対して思うところも変わるかもしれません。


    死ね。
    そんな言葉、どんな状況で聞いたとしても辛いですよね。
    絶対に口にしてはならない言葉です。

    それを夫を亡くした直後に吐き捨てられたら、冷静になれなくて当たり前だと思います。


    確かに息子さんには息子さんの理由があったのだと思います。

    でも、私はトピさんを責める気持ちにはなれないです。
    本当に生活に困窮して入籍を急いでいたのなら、同棲と同じタイミングで、養父が生きてる時に入籍して安心させてあげる事もできたはずですよね?

    >息子は四十九日法要でまた入籍の話をしたので金銭援助を申し出ました

    と書かれてるので、トピさんはトピさんなりに息子を助けようとはしていたんですから。

    ユーザーID:8312162778

  • なるほど。。。状況が理解出来ました

    最初の投稿では 全く見えてなかった事〜 連れ子での再婚であり長男さんと次男さんは前夫の子供、 亡くなったご主人との間に三男3が居るのですね。今回 「奥さんを扶養家族にする為だけ」に 急いで入籍をした長男さんとの関係が拗れてるのですね。 長男さんは、母親への気持ちに確執が…… その辺りは 母であるトピ主さんにも 理解出来てないように思いますよ。 入籍というタイミングで 長男さんの中で 溜まっていた感情的なものが 言動に現れたのでしょう。

    もう、距離を置い取って 静観するしかなさそうです。

    時間が解決するしかない気がします。 これ以上 もめても 誰も 喜ばしい事態にはなりそうにありませんね。

    ユーザーID:9858751442

  • 今の時代は・・

    >周りに聞いてみた、の「周り」とは身内や友人達で、皆息子に言ってくれましたが聞く耳を持ちませんでした。

    これは余計です。人に言わせたりするものではありません。言われた息子さんはあなたが告げ口したことで、返って不愉快で、有難迷惑なだけです。

    トピ主さんはこの息子さんだけじゃない、他にも子供さんがいるんですし、やはりやや、複雑な家庭で、この息子さんに変に邪念を植え付けてしまったのかも知れませんね。

    今はもう令和の時代、親子だからって必ずしも交流する時代じゃないんです。昔のしきたりは死語かも・・

    寧ろ、この嫁さんもかなり、変わった家庭環境で育って、普通の平凡な付き合いは無理なような気がします。

    ものは考えようで、ある意味絶縁ほど楽なことはないんです。手間もお金もかかりませんから、この息子さんのことは諦めてください。

    ユーザーID:5129085589

  • 2回目です

    私はトピ主様がとても良識があると感じます。息子さん達に今後こうなってほしいと要求されているわけではないですし、非常識そうな息子さんの奥様に関しても、息子さんが選んだのだから本人と同類、彼女を悪く思わないと仰っている点からも感じます。

    葬儀は、息子さんが彼女を呼んだのですね。お金がほしいわけではないという気持ち、よくわかります。冠婚葬祭の最低限のマナーは知らなくても検索すれば分かりますし、弔う気持ちも感じられないのに参列されても悲しいです。

    ご主人の最期が壮絶だったと書かれていましたので、精神的にもとてもしんどかったことと想像しますが、少なからずそれを知っていた息子が、母親に何度も死ねなんて言えるのはやっぱり考えられません。
    親の育て方が〜という意見もありますが、結婚して家庭をもったいい年の大人であれば、親の育て方云々の次元の話ではないように思います。

    トピ主様は一生懸命にご主人を看取られ、お子様を育ててこられたのですから、今後はご自身のことを大事にしてほしいなと感じます。ご自身の死後、その息子さんにあまり残さない方向で考えておられるということでしたが、それで全く問題ないと思います。

    トピ主様には、どうか今後幸せに生きていってほしいなと感じます。

    ユーザーID:3221073417

  • おめでとうは言う必要ないけど

    延期できないと言うなら、「わかった、しっかりやりなさい」とか、言いようはあると思います。

    私も夫を亡くしてますし、父も亡くしてますから、トピ主さんの悲しい気持ちは分かります。
    私の場合、実子の息子が小さくて、悲しむ暇もなくがむしゃらに生きましたが。

    トピ主さんは、自分の気持ちだけ、つらつらと述べているだけ。
    息子さんの気持ちを少しでも考える事があったのでしょうか?
    自分と同じように悲しんでいないから、納得がいかない。
    自分が伴侶を亡くしたのに結婚するから、納得がいかない。

    子が親の思う通りにならなかったのが納得行ってない、という感情しか前面に出てない印象です。

    夫を亡くして混乱するのは分かりますが、なんだか子に求めすぎのように感じます。
    子には子の人生がありますから。

    そんなに、子が自分の想定通りの感情や行動を示さなければ駄目なのでしょうか?

    いくら血を分けた我が子でも、親とは別人格の一人の人間なのです。
    想定外の言動ばかりなら、何故そうなのか、その奥を本人に聞いてみる事は無かったのでしょうか?
    私なら、他人に聞く前に、息子に堂々と胸の内を聞いています。
    「死ね」という言葉は、子がかなり小さい時から、言ってはいけない言葉だと教えてきましたので、
    バトルゲームのキャラに対してすら、言った事はありません。

    葬儀の時の、息子さんの妻(or婚約状態)の時も、親として何も教えなかったのですか?
    結婚の事で揉めたけれど、連れてきた方がいいとか知らせなかったのですか?
    息子さんの判断に任せたのなら、後から文句を言っても、どうにもなりません。

    ユーザーID:8823402884

  • なるほど

    長男さんは、義父さんが生きている間は、感謝し大切にし、見舞いにも行っていた。でも、死後、喪中を大切にしようとかそういうことはなかった…というわけですね。

    この温度差、これは仕方がないと思います。死者を悼むことと、喪中忌中を大切にすることとは、全く違う、それを主さんが理解していたなっただけです。
    息子さんは、死んでしまった人の喪中に慎みを持つことに意義を見出せなかった、それは亡くなった義父さんを大切に思うこととは別のことだったのです。

    トピ主さんの対応も頓珍漢です。普通、(同棲中とはいっても)ただの「彼氏」の親の葬式なんか、来ませんよ。その親が来るなんて、もっと有り得ないです。結婚していない、夫婦ではないのだから、義父にはあたらないです。

    「死ね」とまで言われて許せないトピ主さんのお気持ちは分からなくはありません。でも、生きている間はきちんと継父を大切にしてくれた長男さんが、トピ主さんに向かって「死ね」とまで言い放ったとは、やっぱりトピ主さん側に思いやりの気持ちがなかったのではないかとしか、思えません。

    で、結局、息子さんの入籍は、夫さんが亡くなって3か月後だったのですよね?だとしたら、トピタイトルの「喪中なのに結婚」は嘘ですね。49日は過ぎ、充分待ってくれたじゃないですか。やっぱりトピ主さんの方が思いやりがなくて酷いと思います。

    ま、トピ主さんの遺産は次男さんと三男さんに残す、縁を切ったまま、で良いのではないですか?トピ主さんは自分が悪いとは全く思っていないのですから、縁切り上等でしょう。

    ユーザーID:8371090158

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧