• ホーム
  • 子供
  • 「嘘を付きたくないから」と宿題ができない小2男子

「嘘を付きたくないから」と宿題ができない小2男子

レス37
(トピ主3
お気に入り57

妊娠・出産・育児

月子

小2の息子の事です。
息子は嘘を付きたくないという気持ちが強いせいなのか、学校の宿題が出来ない事がたまにあります。

例えば最近の事なのですが、
「友達に言われて嬉しかった言葉、その状況、その時の自分の気持ちを書きましょう」の宿題が出来なかったのです。

何故なら、
「友達の言葉を一言一句違わずに正確に覚えている自信がない、その時の自分の気持ちも正確に覚えている自信がない。だから書いてはいけない」と言うのです。

友達の言葉も自分の気持ちも大体合っていれば良いと思うよ、と言ったのですが、
もし間違っていたらどうするんだ!それではただの嘘つきだ!僕を嘘つきにするつもりか!!と机に向かって何時間も泣き続け、結局提出が出来ませんでした。

似たような理由で、「指定された単語を使って自分の体験を書く」という宿題も出来ませんでした。
例えば、スイカ、花火、海、汗、扇風機、…という単語から選んで夏の体験談を書く際には、うろ覚えで記憶違いがあるといけないので書けないと言うのです。

これまで取り立てて、嘘つきになるな、正直者であれ、という躾をしてきたつもりはないのですが何故こんなにも頑ななのか困っています。

幼稚園の頃は少々落ち着きがなかったり集団行動が少し苦手に見えたので発達検査にも行った事がありますが、あくまで個性の範囲内という事でした。

学校ではそれで何か苦労をしていたり周りから浮いていたりという事はないそうです。
完璧主義かというと特別そんな事もなく、テストが100点でなくても「学校は間違えて覚えるところだもんね」とあっけらかんとしています。

自分の経験を思い出しそれを文章にする、という課題だけがやたら苦労するのですが一体何なのでしょう。再度発達検査に行ってみるべきなのか迷っていますが…
似たようなお子様をお持ちの方など、何かアドバイスを頂けないでしょうか。

ユーザーID:8652571150

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
  • 先生に相談

    先生に相談したほうがいいかなと思いました。

    先生の方針としては、「創作して文章を書きなさい」は難しいだろうから、「自分の体験を書きなさい」と課題を出しているのだろうと思います。

    しかし「自分の体験」と限定してしまうと、逆にお子さんのように困惑してしまう生徒もいるんでしょうね。

    先生には、「うちの子は自分の体験と指示されると、それをこと細かに正確に制限しなければいけないという気持ちが強いためつまづいてしまうようです。作文問題は、自分の体験と限定せず、自分の体験又は自分が自由に創作して書きなさいという指示に変えていただけるとありがたいのですが・・・」とお願いしてみては。

    息子さんには、「アニメやドラマは自由に嘘で創作した話なんだよ。嘘はついてもいいんだよ。ついていけない嘘は、人の気持ちを傷つけるような嘘だったり、人を陥れて悪者にするような嘘なんだよ」と話してみては。

    ユーザーID:8639736943

  • 検査するほどではなさそう

    作文が書けない子にはそういう子もいます。
    何も書けないから手伝おうとすると、そういう子に限って嫌がります。

    何も浮かばないから書けないのではなくて、イメージを文章にする時に自分なりのこだわりがあり、そこで親に介入されると、せっかくのイメージが劣化するじゃないかという不快感が出るみたいです。

    理由をちゃんと言えるのは立派ですが、どっちみち、書けない子、それだけのことだと思います。

    発達検査にこだわっていますが、学校の集団生活に支障を来さないのなら、必要ないと思います。小さい頃にもう受けていますし、2年生で急に「やっぱりこれは問題ですね」になるとは思えないです。

    これが、他の子が作文を書いているのを見て「ウソだ!」と大声で騒ぐのであれば、問題ですけど。

    自分の作文にだけこだわりがあるなら、いいと思います。

    トピ主の心配は、どちらかというと、自分の心配を解消したいとか、子供の将来の受験が心配だとか、そっちですよね。

    それは家庭で対応していただいて、発達検査待ちの本当に困っている子たちに、譲ってあげてください。

    声掛けも、そんなものでいいと思います。別に心に響く魔法の言葉を言う必要もなし、本人のこだわりが緩和するまで、普通に教科書的な声掛けでいいと思いますよ。

    ユーザーID:6624239987

  • 相談してもいいと思います。

    スペクトラムという言葉が表す通り、「診断をつけるほどでなくともその傾向がある」ということはあります。

    日常生活にこだわりごと等があって困ったり、対処法が知りたいなら、再度相談したり、やり方を相談してみることは有効だと思います。

    ユーザーID:8149513981

  • とにかく担任には現状報告

    まず、担任に現状をきちんと話しておかないと。単に怠けて宿題しないと思われたら良くありませんので。
    で、スクールカウンセラーに繋いでもらったらどうかな。
    親御さんが現状を話して、次に本人と話してもらう、みたいな形で、

    で、必要ならスクールカウンセラーから専門機関につないでもらえると思う。スクールカウンセラーさんだって臨床心理士さんなんかなわけで(私の親戚の小学校スクールカウンセラーさんは臨床心理士だ)、そこで解決まで持っていけるかもしれないし。

    私としては、「絵はどうなのかな?」と思うがな。「遠足に行った時のことを絵に描きましょう」ってのも写真みたいに描かないと嘘なのかなダメなのかな。
    いや、思い出に限らず目の前のリンゴや猫であっても、見た通りに写真のようには描けないでしょ?でもそこに「記憶」や「本人の目」の存在は確かに映されているわけで、いいんだよね、写真のようじゃなくても。
    作文も、文字で書く絵として考えればいいのではないかなと。

    ユーザーID:6759795752

  • 正直に「書けない」と書かせてみる

    少し状況は違うのですが、私も作文に対して妙に頑固になった時期があります。

    私の場合は、作文系の宿題が出ると皆して模範解答のような「良いことしか書かない」ことが、とても気持ち悪く感じていました。

    ある時、耐えきれなくなって、
    「私は作文を書きたくありません。私の気持ちは私の中だけに閉まっておきたいです。」
    と書いて提出しました。

    心配した先生に呼び出され、親は慌てましたが、そのまま受け取って貰えました笑

    今では親子の笑い話ですが、でも正直に書けたあの作文はとても心に残っていて、自分の糧になっていると感じています。

    何より、子供の素直な気持ちを大人が受け入れてくれた気がして、救われました。

    嘘を付くこと、自分を偽ることは成長するうちに覚えましたが、「正直な気持ちを書ける」機会は逆に減ってしまうんですよね…。

    子供のうちだから許されると思って、息子さんにはそのまま
    「嘘を付きたくないので書けません」
    「記憶が曖昧なので間違っているかも知れません」
    と書かせてみるのも、一つの手ではないでしょうか?

    (先生に心配されないように、事前に連携をとっておいた方が良いとは思います)

    発達障害かどうかは専門家ではないので分かりませんが、今後もずっとその状態なら、社会人になる前には再度診断を受けるべきかもしれません。

    社会人になると、一日の業務報告とかありますから、「記憶が曖昧なので書けません」が通用しなくなります。

    ただ、それまでに徐々に改善しそうなら今は様子見もありかと思います。

    気休め程度ですが、上記の様な作文を書いた私でも、もう30代で普通に働けてはいます。

    最後ですが、息子さんが健やかに成長される事をお祈りしています。

    ユーザーID:1712951221

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 面白い子だな

    作文の最初に

    僕の主観であり、正確に再現出来ていないかもしれません。

    と注釈をつける事を教えてみたらどうでしょう。

    担任の先生にもこの事情をお話ししておいて。
    それで通ると慣れてくれば、だんだんとこれはこれで良いんだとわかってくるのではないかな、と思いました。

    ユーザーID:9434317677

  • うまく誘導してあげてください

    まず、先生にはその現状をお伝えした上でになりますが。

    親御さんが上手に誘導しましょう。

    「友達に言われて嬉しかった言葉」を覚えていないなら、「覚えていません、でもこういわれたら嬉しいと感じます」っていうふうに書くんです。もしくは「こう言ったら友達が喜んでくれそうだと思う言葉はこうです」とかです。

    指定された単語の体験がなければ、「体験がありません、でもテレビで観たことはあって、その時にこう感じました」などと、息子さんが「これならOKだ」と思う文章にしてしまえばいいんです。

    親御さんも四角四面にとらえすぎですよ。

    ユーザーID:2604167948

  • うーん

    嘘、という概念が間違ってやしませんか?

    嘘というのは本当はこうだと確信があって違うことを故意にいうことですよね

    記憶は本来あやふやなものです。記憶違いはあって当然です。それは嘘ではない

    何かお友達に言うか書くかで嘘つき呼ばわりされたことがあったとかありませんか?
    小さい子供に時々あるんですよね嘘つきと言って相手を責めるの

    宿題に事実の正確さは求められていないと思います
    担任の先生にまず相談なさってみてはいかがでしょうか

    あと気持ちを書くって真面目な子にはなかなか難易度高いですよ。思いを言葉にするのは難しいです。心は言葉でできていないので。そういう意味では正確もへったくれもないんですけどね

    ユーザーID:5629735115

  • 男の子にありがちかも

    うちの息子も似たような感じです。
    そこまで繊細ではないので、トピ主息子さんのように何時間も泣き続けるとかは無いですが。
    とにかく低学年の頃から作文が苦手です。
    融通がきかないというか、本当の事、事実しか書いてはいけない、書けないと思い込んでいるようです。

    作文は、何が起こったかよりも自分がどう思ったか、どう考えたかを文章にすることの方が大切だ、と何度も説明してきましたが、なかなか理解するには至っていません。

    高学年になった今、親の力を借りずとも、なんとか自力で仕上げてはいるようですが、作文の宿題が出るたびに、「何もしてないから書けない」と相変わらず言っています。
    つまりどこかへ出かけた、とか遊んだとか、何か楽しいイベントをこなさないと、書けないと思っているのは相変わらずのようです。

    トピ主さんの息子さんの場合も発達検査とかそこまでのことではないと思いますよ。
    先生には現状をお伝えして、家庭でどのように指導したら良いですか、とアドバイスを求めたら良いと思います。

    指示を変えてもらうように先生にお願いしては、というレスも有りましたが、そこまで言うのは言われた先生も困るだろうしあまり心象が良くないと思うのでやめた方が良いと思います。
    ですが、家庭でどのように導いていけば分からないという感じで、どんどん相談はしてみたら良いと思いますよ。

    我が家では、その都度担任に相談をしてみましたが、だいたいは「学校にお任せください」という返事が多かったので、家ではあまり深刻にとらずに「そんなの適当に書いときゃいいんだよ」流していました。

    ユーザーID:0589244083

  • そう言う時は

    『どうして書けないと思ったのか』書けない理由を書く様に
    言ってみてはいかがですか?
    それなら、今思っている事を書けばいいのだから
    書けるんじゃないでしょうか。
    ちょっとお題とはズレちゃうけど、提出しないよりいいと思うし、
    先生も分かってくれると思います。

    ユーザーID:6647129509

  • レスします

    何らかの出来事を後に思い出しながら文章化するときに、最初から最後まで全てを書かなければいけないと思っている低学年生は大勢います

    例えば郊外学習について感想文を書く際に「家を出て学校に着いて集合場所に行ってバスに乗って〇〇に着いて〜」とタイムスケジュール風に綴ってしまう子どもは珍しくありません
    息子くんにも当て嵌まりますか?

    >「友達の言葉を一言一句違わずに正確に覚えている自信がない、その時の自分の気持ちも正確に覚えている自信がない。だから書いてはいけない」

    この息子さんの発言ですが、録画を再生するように書かなければいけないと彼が思われたのなら、物凄いプレッシャーだったでしょう

    若しくは心の中を言語化して表現できない、文章にする方法が分からないのなかも知れませんね

    先ずは担任の先生にご相談されたほうが良いと思います

    ユーザーID:7204199105

  • コツを教えてあげる

    真面目なお子さんにはよくあることかもしれません。私も小学校一年生の時に遠足の思い出の絵を書く課題で、全てのことを正確に思い出せないから書けないと泣いたことを覚えています。その時は先生が「あなたの記憶の中にある風景でいいのよ。それがあなたの絵というものよ。」という感じで言ってくれたので、気が楽になった覚えがあります。

    息子さんには、例えば「きちんと全部覚えていませんが、こんなふうに言われたと思います。」とか、「忘れてしまっていることもあるかもしれませんが、覚えていることを書きます。」と書けばいいよと教えてあげたらいいのではないでしょうか?

    または、先生に相談して、先生から教えてもらったらより良いと思います。

    ユーザーID:4032839309

  • 成程…。

    でも息子さんの言っている事一理あるかも。

    私だって他人の言った事、正確に覚えてない。
    もしかしてこう言ったかもと自分の脳内で変えて理解しているかもしれない。
    其の時の気持ちろ言うのも、その時と今と変わって居る事もあったりして、本当の気持ちもわからなくなることもあるし。

    でも学校の国語の授業となると、具体的に書く事求められるのですよねえ。
    宿題提出出来ない理由は息子さんは先生に話すのでしょうか?
    もし提出物が出来る事が重要としているなら、其の息子さんの気持ちを書かせて提出させて見ては駄目なのでしょうか?

    実際友達に言われて嬉しかった事があったら、友達の言葉一字一句確かでなくていいので「こんなような事言われた。僕はその時、多分こんな風に感じたのだと思う。」とか?
    実際何て言われたか分からないなら「多分」とか「かも」とか「よく覚えてないけれど」との言葉使って書いても良いのでは?

    自分の体験談もうろ覚えでいいので書かせてみる。
    「多分おじいちゃんの家でスイカ割りしたと思う。美味しかったかどうか僕には覚えてない。」

    此処で先生が何て言うかわかりませんが。
    私が教師なら個性的な面白い生徒だなあと受け取りますね。

    また私が教師なら一字一句お友達の言った事間違わないで書かなくても良い、そうだよね。そんな感じだったんだ。とも言います。

    まあ国語師のマニュアル本みたいのあって、其れ通りに事が進まない先生だと言葉悪いですがつまらない先生です。
    でも子供を尊重してくれる先生なら、そんなうろ覚えな感想でも「うろ覚えとしての書き方」を教えてくれそうですけれどねぇ。
    何と言いますか、先生の腕次第みたいな。

    お子さんにはうろ覚えで良いので書かせてみるだけ書かせてみたら?
    其処でこんな書き方は違うと例え言われたとしても、それこそ息子さんのおっしゃる学校は間違える所ですからね。

    ユーザーID:0638378751

  • レスします

    こちらのトピ、興味深く読ませていただきました。6、7才の子供に空想でお話を書けというのはまだ無理なので、自分が思った事・楽しかった事、、などを書かせるのですよね。

    担任の先生には伝えておいた方が良いと思います。どうしても書けないと言うのなら作文の最後にでも「全部、正しくはおぼえていません」など一言書けば落ち着きませんか。

    普段、息子さんが好んで読む本はどんな本でしょうか。あまり物語風の本は読みませんか。日記と聞いて思い出したのは小学校の低学年生に人気の「はれときどきぶた」という本です。

    お母さんに日記を読まれていると知り「あしたの日記」を書き始めるもそれが本当になってしまう...。という内容です。

    息子さんのこだわりに直接的に働きかけないかもしれません。けれど本の主人公である同年代の男の子が日々日記を書く姿や、それに伴うおかしな出来事が息子さんの気持ちをリラックスさせてくれるかもしれません。

    「先生、しゅくだいわすれました」も男の子が喜びそうなお話です。お母さんと一緒に読んでどこが面白かったか、それはどうしてかと話合ってもいいですね。

    ユーザーID:8978316863

  • 未来の事なら嘘にならない

    お子さんにそう教えてあげて下さい

    ユーザーID:2391276110

  • はずかしいのでは

    本当は、そんな恥ずかしいことをかかされるのが嫌なんじゃないでしょうか?
    それならばわかります。
    私はもう大人ですが
    今でも、その手の課題を出すのは人権侵害、プライバシー侵害じゃないかと思います。

    友達との関係に波が立つかも知れないし。

    ユーザーID:5815835195

  • それじゃあ

    何もしゃべれないですね?
    話すんだったらいいんですかね?
    聞いてみたことありますか?

    単純に覚えてなくて書けないとか、どう書いたらいいか分からないなら分かるけど、こう言うのは聞いたことないですね。

    一年生からそうでしたか?
    何か先生とか友達に「うそじゃないか?」って責められたこととかがあるんじゃないでしょうかね?

    ユーザーID:7736566914

  • 小学校高学年まで同じようなことを言っていました

    中学でもまれ
    高校では
    英作なんて、本当のことなんか書かなくていいんだよ、先生はわかんないし、自分の語彙で正しい文章を書ける内容を書けばいいんだよ、あんまり違うのは嫌だけどね
    なんて言うようになりました

    言葉を厳格に狭義に受け止めるお子さんって多いです
    小2なら、まだ絵本や簡単な本を読み聞かせてあげてください
    TVで観た番組について語り合ってみてください
    あと、漢字の学習のときに、一字について、音読みと訓読み・熟語を一緒に学習してみてください
    十文字穴埋めゲームなどにすると男の子は乗ってくるかもです
    習った漢字の組合せでも『この漢字は習っていない』というタイプには後々効きます

    ユーザーID:4753936637

  • 先生には相談した方が良いと思います。

    発達検査で診断が下りなくても、実際に今、息子さんには「困り感」が出てきて学業に支障が出てきてしまっているので、ヘルプを出した方が良いと思いますよ。
    息子さんの為に。

    発達検査を絶対した方が良い!というほどの状態ではないとは思いますが、親が学校とどう関わるかによって、子供の学校生活での生きづらさが全然違うと思います。
    学校(担任)に、「こういう事で困っています、どうしたらいいでしょう?」って助けを求めると、いろいろ助けてくれると思います。
    しなければ、「健常児」ならそのまま放置です。
    先生方は忙しいですし、今はクラスに一人は発達障害やグレーの子や診断下りてない(親が拒否とか気付いてないとか)けど疑いがある子とかいる感じです。
    うちの小学校は一学年5〜6クラスですが、クラスに2〜3人は支援級在籍の子(国語算数以外は全て交流級で過ごす)や通級に通う子や、いわゆる「育てにくい子」みたいな子達がいます。
    なので、親が先生に伝えてない子で、他害や多動等の「周りが困る子」でなければ、わざわざ先生の方から支援の手を差し伸べてくれません。

    発達検査までは必要無いとは思いますが、後から後悔するよりかは、気が済むのなら検査されても良いと思いますよ。
    小2ならまだ検査にも連れて行きやすいです。
    それに、もし結果を詳細に教えて貰える病院でしたら、子供の傾向がわかって、親としても対処しやすいです。
    (WISCでしたら、どこの分野が得意不得意かとか…それでこういう問題を解くのが苦手なんだな、だったらこうしよう、とか。)

    ユーザーID:3313043595

  • トラウマとか

    いつからですか?例えば、先生や誰かに勘違いしていたことを指摘されて、責められたとか。
    というのも、私が似たようなことがあり、作文など自分の気持ちを伝えることができませんでした。
    お子さんにどうしてそんなに嫌なのか聞いてみてください。

    ちなみに私の場合は、感情を出した時に親から認められないことが多かったです。好きだったと書いても、嘘、嫌そうにしてたじゃん、とか。したいと言っても理由もなく親の権限で絶対反対とか。その自信がない所に、学校でも責められ、やっぱり自分は正直な感情を出してはいけないと思うようになりました。私は嘘つきになりました。正直な気持ちより万人受けしそうな感想を書いた方が喜ばれたからです。

    ユーザーID:1010098264

  • 面白いお子さんだなあ

    お子さんの拘る部分、わかるような。

    登場人物が二人いるとして、『自分の記憶と感じたこと』『相手の記憶と相手の感じたこと』『実際に起こった真実』の三つが存在すると思います。登場人物が増えればもっと増える。

    お子さんに書けるのはその中の『自分の記憶と感じたこと』のみです。
    でもお子さんは『実際に起こった真実』を書かねばならないと苦しんでいる。
    そりゃ書けませんよね。

    『自分の記憶と感じたこと』では理解が進まないのでしたら、『相手の記憶と相手が感じたこと』で説明してみるのはどうでしょうか。
    お友達が息子さんとの会話を作文にしたとします。おそらく息子さんの記憶とは違う箇所があるでしょう。それは嘘ではなくて、お友達がその時そう感じたのはそのお友達にとっての真実。逆に息子さんの記憶と気持ちも息子さんにとっての真実。同じことを体験しても人によって感じ方や見方が違うことをここで知ることができる。人は機械ではないので情報にいろんなフィルターをかけて記憶してる。

    お友達の作文に自分の記憶と違っているからと責めることができるのか?
    それはできない。なぜなら自分の記憶も絶対的に正しいわけじゃないから。
    だから相手も息子さんの作文にそれは違うと一方的に言うことはできない。

    そんなあやふやなことを書くことに意味があるのか。
    相手の感じたことを知ることによってそう感じる人がいるんだと知ることはとても意味がある。それぞれの記憶が違うことを知ることは大きな発見なんだよって説明じゃわかりにくいでしょうかね。自分の記憶と他人の記憶と合わせることて初めて多面的に物事を見ることができてそれが実際の真実に近づくこともあるし。そういう話をもっと子供にもわかる感じで説明できたらいいのかなと。

    ユーザーID:6356975120

  • 言葉が好きなのかな

    表現や意味に誤りがあるのが気持ち悪い、もしくは言葉に対して失礼だと感じているのかもしれません。
    ジャンルを問わず様々な文章に触れるチャンスを作り、ひきだしを増やしてあげるのはどうでしょう?新聞も良いかも。

    ユーザーID:4968024232

  • スクールカウンセラーもいいかもですね

    うちも小2の子がいて同じような宿題でてますね。
    教科書も同じかもしれません。

    担任の先生と相談なさっては。結果スクールカウンセラーに繋ぐということもあるし、先生がベテランならそのようなお子さんも見て対応も出来るでしょう。

    でもまずおうちで試してなかったら
    「今からお母さんがあなたになにか言うね。その中で嬉しいと思ったら言って?」とお友だちはハードル高いのでまず母親から。
    で、息子さんを褒めてみる。
    毎日起きられて偉いねとか、片付けできて偉いね。
    習い事、前はこれできなかったけど今はこんなこともできてすごいねとか
    お母さんがが今言ったことなら、お母さんが一語一句確認するからいいでしょと。気持ちも今の気持ちで嘘じゃないねと。

    それで学校にはお友だちは難しくてお母さんに言われて嬉しかったことを書きました。
    と報告して提出でいいじゃないかと思うんですが。
    それで色々トピ主さんが言っても
    「嬉しい」と息子さんにどうしても響かない、無理、というならこうしてみやんですが〜と合わせて担任に相談で。

    ユーザーID:0408203565

  • そういう認知なんですよね

    小学校高学年まで同じようなことを言っていましたをレスしたななです

    別の子の話ですが
    夏のプール帰りに
    『真っ直ぐ帰ってね』
    と先生に、声かけされたら
    『真っ直ぐなんて帰れない!』
    と泣いた子がいたそうです
    『道がカーブしているし、何度も道を曲がるから』

    大真面目なんです

    この場合は『寄り道せずに早く帰りなさい』という意味ですよね

    ひとつ一つ教えていくと同時に
    相手の意図が自分の解釈とぴったり同じとは限らないことを理解してもらうことが大切かとおもいます

    そのためにも、絵本や本を読む、物語を観るのは効果的です
    誤解や気持ちのすれ違いはよく出てきますから
    高学年頃からは読んだ本について親子で語り合うこともありました

    あと、我が家はボードゲームやカードゲームを家族などですることが効果があったように感じました

    先生に相談し、どんな会話の齟齬があったか時々まとめてでも教えてもらう
    専門家や通級教室の先生に繋いでもらう
    など検討してみては?

    我が子の小学校では通級教室の先生などよく知らない先生が教室内を見学されていることが割とあったようです
    さりげなく様子をみてもらうことも可能かとおもいますよ

    ユーザーID:4753936637

  • 先生にお願いして「覚えてないところは創作して」と言ってもらう

    嘘を付きたくないと言う事ですから
    先生にお願いして

    「ちょっとこだわりが強い感じなので、
    詳しく覚えていないところは、想像したり、面白く作ったりしてもいい」と言っていただいたらいかがですか?

    ユーザーID:3012797016

  • 間違い

    トピ主さんの息子さんの考えは間違っているよ。
    「嘘」と「間違い」を一緒にしてるけど、それは違うもんだからね。

    >「友達の言葉を一言一句違わずに正確に覚えている自信がない、その時の自分の気持ちも正確に覚えている自信がない
    不正確なことを書いてもそれは嘘にはならないよ。
    嘘というのは「真実がAだ」と知っていて「Bだ」と言うことだよ
    息子さんは「多分がBだ」と思っていて「Bだ」と言っているんだからね。「真実がA」であったら「間違い」になっても「嘘」にはならないよ。

    >もし間違っていたらどうするんだ!それではただの嘘つきだ
    同様にこれも「間違い」になっても「嘘」にはならない。

    まあ、トピ主の息子さんの話がそういう事かどうかはわかりませんが。

    ユーザーID:4612693585

  • トピ主です(その1)

    沢山のレスをありがとうございました。
    えるさんのレスまで読ませていただきました。
    思っていたよりも多くのご意見を頂けたので、個別ではなくまとめてのお返事で失礼いたします。

    とにかくまずは先生に相談を、というご意見が多いですね。このコロナ禍で先生のお仕事が増えているさなかだと思いましたので少々遠慮をしておりましたが、躊躇わずに相談してみようと思います。
    発達検査についてはそれからですね。ひょっとしたらまずはスクールカウンセラーなど勧められるかもしれませんので、そういう事になりましたらまた考えてみたいと思います。

    先生のご理解がある程度得られた上で、何人かの方からのレスにあるように、「多分〜だったように思う」などと曖昧な言い回しを使わせて貰えるのであれば、息子としては気が楽になるのかなと思います。
    そういう対応を含めて相談したいと思います。

    ご自身の子どもの頃の経験で「書けない」「書きたくない」と書いて提出された方もいらっしゃって、少し安心というか程度の差はあれどうちの子だけではないのだなと思えました。
    お子さんが以前はそうだったけど高学年になって妥協を覚えた、という方の体験談も参考になりました。

    低学年の子が課題の指示をギチギチに狭義に捉えてしまう事は結構あるあるなのでしょうかね。
    真面目な子供にはよくある、と書いてくださった方も数人いらっしゃいましたが、その通りで、真面目を通り越して生真面目すぎて少々大変そうだなと思う事もあります。

    息子がそうなってしまう原因についてなのですが・・・
    現段階では友達に嘘つきと言われたとか何かトラウマが、というのは聞いたことがないです。敢えて私には言っていないだけかもしれません。
    何もない時に掘り返しても本人も不愉快かもしれないので、また同じような状況になった時に改めて聞いてみたいと思います。

    ユーザーID:8652571150

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です(その2)

    また、単にテクニック的に書き方を知らないのではというご指摘なのですが、実は息子は作文自体は比較的得意にしている方だと思うのです。

    1年生の時に「童話の続きを想像して書いてみよう」の授業ではあっという間に書き上げ、それがなかなか面白かったらしく他のクラスの見本として使用されたとの事。大好きだった元担任の先生へのお手紙の課題もスラスラと書き、感動した本の感想文も特に問題なく書き上げていた記憶があります。

    要は完全な創作であるとか、心からの感謝や感動などと心情が追い付いている時には苦も無くできるのだと思いました。
    これを書いていて思ったのですが、作文が結構好きで得意だという自覚があるからこそ、万一にでも「それは嘘だろう」と絶対に言われたくない意地みたいなものがあるのかなと思います。

    絵ならどうなのか、それこそ正確に描けないと思うのだが、というご意見がありましたが絵もやはり少々嫌がります。でも絵は元々あまり得意ではない自覚があるようで、うまく描けなくても仕方ないみたいな気持ちがあるようです。

    お母さん(私)が、子供が嬉しくなりそうな言葉をその場で言ってあげれば…というレスもありましたが、実はその時実際にそれをやってみたのですが、「いかにも宿題を早く終わらせたいが為の言葉なんか嬉しさを感じるわけないだろう」と言われて一蹴されてしまいました。
    こちらからすれば屁理屈に思えてしまったのですが、息子は息子なりに課題に大真面目に取り組んでいるのでしょうね。面白い子だな、と言ってくださった方も居て少々気持ちが楽になりました。

    息子の心情に近そうな本を勧めてくださった方もありがとうございます。読書は大好きですので、図書館で見つけたら借りてみたいと思います。

    こちらで相談させて頂けて色々と参考になりました。
    来週になりましたら担任の先生にコンタクトを取ってみようと思います。

    ユーザーID:8652571150

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • うちの息子も似ていました。

    小学生の頃、よくわからない理由(忘れました)で作文が書けませんでした。高学年まで割とその調子で、宿題を残されてやっていました。

    幼稚園では何もお遊戯しませんし、落ち着きがなく近所のお遊び音楽教室はお断りされるし、担任の先生には「話を何も聞いていません。」と言われました。耳鼻科の検査には連れて行ってみました(笑)。

    中学生あたりから成績が良いことに気付き始め、結局学年トップで高校へ進学。作文?はびっくりするくらい上手くなり、代表で何かしらスピーチしたりする機会も増えました。現在旧帝大を目指して楽しく高校生活を満喫しております。

    ママ友にT大生とK大生の息子さんがいる人がいるのですが、やはり小学生の頃わけわからないところがあったとか。何となく、社会的な常識力(適当に書けば良いのだというような)とその子供本人の持つ思考力がうまくかみ合わずにずれてしまうのではないかと思います。そしてそれを譲れない頑固さがあるという・・。

    面倒くさいですが、大器晩成かもしれませんよ?あんまり心配いらないのでは。

    ユーザーID:5375647905

  • 勝手なこだわり

    何か勝手なこだわりですね。。。
    以下の点をじっくり話し合われてはいかがですか?

    1.「嘘」とは何か?
      世間一般では、「意図的」に事実と反することを述べることを嘘と言います
    2.先生の求めていることは?
      先生は、一字一句正確に書くことを求めているのですか?  
      自分勝手な思い込みではありませんか? 先生に確認しましたか?
      宿題の目的をはっきりしましょう。
    3.自分勝手な思い込みで宿題をしないのは大きな問題です。
      サボって宿題をしないのと同じです。

    ユーザーID:4534971347

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧