香水のつけ方

レス9
(トピ主0
お気に入り10

美容・ファッション・ダイエット

ミモザ

香水のつけ方についてアドバイスいただきたいです。

少し前の休日に、百貨店へ行って憧れていたゲランの香水を美容部員さんにつけてもらいました。その時は、手首にシュっとかけて扇子で仰いでもらい、はいどうぞ、という感じでした。

そのつけ方だと、想像していたよりあまり香りが昇って来ず、手首に鼻を近づけないと分からないくらいでした。つけてもらったのはオーデパルファンです(たぶん)。

そのときに香水の正しいつけ方を聞けばよかったのですが、緊張していたのとその日には買う予定がなかったため、そそくさとカウンターを去ってしまいました。

しかし、後日やはりその香水を購入したくなりました。
田舎住まいで何度も百貨店に足を運ぶことが難しいため、オンラインストアで購入しようと思っています。

香水を使う目的は、他の人に香るようにつけたいというより、自分が通勤中や仕事中に香水の香りで癒されたい、というものです。
香水に酔うタイプではないのですが、あまり顔の近くに付けるのはよくないのでしょうか…?

おすすめのつけ方があれば教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:4136784784

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
  • 体温の高い所につける

    香水とオードパルファムは違います。
    まあ、かなり濃いほうなので香水と同じ感覚でつけていいんですが。

    口の小さい瓶から直接手首の動脈の所に押し付けて腕を返して瓶を放す。
    もう一方の(利き手)の同じ位置で擦り合わせて両方の手首につける。

    その手首を両方の耳の後ろに押し付ける。
    耳の後ろにつけると自分で香りを感じられると思います。
    スプレーでも同じ要領ですが、ほんひと押しで充分です。
    耳の後ろに直にスプレーすると掛け過ぎになる可能性がありますので、気をつけてください。頭部は手首よりも強く香るので周囲に迷惑にならないように。
    オードパルファムは時間と共に香りが変わりながら持続します。とにかく付け過ぎないようにね。

    空間にスプレーしてそこを通り抜けるという方法もありますが、お部屋に強い香りが残るので良し悪しです。


    オーデコロンなら4箇所に直にスプレー。

    ユーザーID:9254438163

  • 太い血管が皮膚の近くで浅い所を通っている箇所

     身体の部位で、タイトルのような場所につけると、体温により匂い成分が揮発するというのが基本だそうです。手首の他には、首筋とか。
     逆に絶対につけてはいけない場所としては、頭とか脇の下です。

     そして香水の匂いは、3段階くらいに分かれるそうで、トップノート、ミドルノート・・というのは聞いたことありませんか?時間が経つにつれて匂いの成分が変化します。

     そういう意味で手首につけるのは、よくある対応です。しばらくすると香りが変わるので、それも含めて気にいるかどうかですね。
     すごく強い香りだと、上半身より下半身の太ももの裏とか足首あたりにつけると、どことなく漂ってくる感じになって良いと思います。

     匂いは好きな人にはいいものかもしれないですが、嫌いな人には不快でしかないですし、私の考えですが、エチケットとしての香水なら近づいて匂うか匂わないか位で楽しむ方が無難だと思います。

     単純によい香りを楽しみたいのであれば、自分につけるというよりもハンカチにエッセンシャルオイルをたらして、たまに匂いをかいでみるとか、いまだったらマスクに軽く匂いをつけてみて・・とかでもいいと思いますよ。
     

    ユーザーID:6758713309

  • お腹

    ロクシタンで働いていた方に聞いた付け方です

    お腹にワンプッシュつけ乾いたあとに服を着ると自分にはふわっと香り、他の方には臭いと思われにくい使い方だそうです

    実際つけてみて自分は香っていたのに一緒にいた人に聞いても香水つけてたんだといった反応でした

    香水によって持続時間が違うのでそこまで強い匂いでなければ足首などでも良いと思いますが

    ユーザーID:3953673936

  • ゲラン良いですね〜

    他人へのアピールは必要なく、自分が楽しむ為に使いたいのでしたら、オーデパルファンかパルファンがよろしいと思います。
    拡散性はオーデコロン、オーデトワレ、オーデパルファン、パルファンの順に小さくなります。
    (対して香りの持続時間は、その順で大きくなります。)
    店頭で手首につけてもらった手首の香りが、鼻を近づけなくては香らなかったのは、やはりオーデパルファンだったからでしょう。
    私のおすすめのつけ方は、おへその近くの素肌に少量つける方法です。
    体温で温められた香りが、服を通過して襟元から自分だけにわかる程度に立ち上ります。
    顔まわりにつけるのは、香りに酔わないタイプの方でも避けておくのが無難ではないでしょうか。
    食事のときに困ることになるので。

    ユーザーID:4295701559

  • 香水好きとして

    香水が大好きで、普段からシャネルを使ってます。
    ゲランも香りが良いですよね。

    さて、香水のつけ方ですが私のお勧めは、コットンにシュッとしてブラに挟む。
    これが周りにも拡散しないし、自分だけ楽しむのに良いですよ。
    ふわっと時々香りが上がるんですが癒されます。
    あと、手首につける時に、片方にシュッとしてくるくると擦り合わせるようにすると、皮脂と混ざって香りが変わるので、出来るだけトントンとして擦り合わせないようにして下さい。

    ユーザーID:9769446800

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • 下半身がお勧め

    香水暦40年ほど。ミニサイズを含めると多分100本くらい持っています。
    うなじや胸元、手首など顔に近い場所につけると鼻が慣れてしまい、次第に付ける量が多くなって、周りへの香害となってしまう可能性があります。

    お勧めは腰から下です。
    腰や太もも、膝の裏、足首などにつけると、体温で温まってふわっと香りが立ち上ってくるので、品良く香らせることができますよ。

    オーデコロンやトワレなど、軽い香りですぐに飛ぶものは、つける場所をあまり気にしなくても大丈夫です。

    ユーザーID:9853208156

  • つけてもらったのは

    多分「オードトワレ」じゃないですか?

    オードパルファムでそのつけ方だと
    「手首に鼻を近づけないと分からない」
    という事は無いはずです。

    トピ主さんが香水初心者なら
    「オードパルファム」よりも軽い
    「オードトワレ」をおすすめします。

    どなたかも書いておられましたが
    服を着る前にウエスト上辺りに1吹きすると
    香りは上に立ち昇るので、自分で香りが楽しめますよ。

    ユーザーID:6060900065

  • スカートの裏地

    その昔、職場出勤前に家で、メイクの後シュッと。

    試香紙をもらって、ハンカチかティッシュに挟み、帰宅後嗅ぐと
    香りは、付けて2度変化しますが ほぼ自分に合うかどうか
    結果がでます。

    ある方は、自分の前、頭くらいにシュッと その下をくぐるらしいです。

    手首では、直接肌では、後日シミになるから避けてでした。

    ユーザーID:7548686429

  • ゲランと言えば、ミツコ、夜間飛行が「伝統的」

    >百貨店へ行って憧れていたゲランの香水を美容部員さんにつけてもらいました。その時は、手首にシュっとかけて扇子で仰いでもらい、はいどうぞ、という感じでした。

    それは「香水を試す方法」です。実際に付けて楽しむ場合とは異なります。
    一般に西洋の「香水」は香料をアルコールに溶いたもので、香料も揮発性の高いものから、なかなか揮発しないものもあります。それらを組み合わせて、

    ・トップノート 先立ち
    ・ミドルノート 中立ち
    ・ラストノート 後立ち

    が作られます。
    つけてすぐにはミドルノート、ラストノートは分かりませんから、表皮温度が比較的高く、鼻にも近づけ易い手首で試してみるのです。扇子で仰いだのは、更にラストノートが立つのを早めるためです。身に着ける場合は扇子で仰ぐことは、あまりしません。
    ついでに言うと、一般的には同時に香りを試せるのは2つぐらいです。それ以上になると嗅覚が鈍るので、評価しにくくなるからです。

    で、ある香水が気にいったとして、それがトップノートならば同じ香りのオーデコロンを高頻度で使います。ラストノートが気にいったのなら、同じ香りの濃度の高いもの、パルファン、オードパルファン、オードトワレを少量、低頻度で使います。製品によっても、持続時間は違います。
    また、トップノートからラストノートまで、香りはあまり変化しないものもあります。

    日本だとオードパルファンでも「くさい」と言われるかもしれませんが、使い方次第です。あまり直接肌が露出する場所や、温度が高い場所に付けるのは避けた方が良いでしょう。また、香料は肌や繊維に「やさしい」わけではありませんので、その点にも注意しましょう。
    間違っても、濃度の高いものを「上に向かって噴霧し、その下をくぐる」ことはしないようにしてください。また、アトマイザ(スプレー)も、適切な物を選んでください。

    ユーザーID:9748452686

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧