• ホーム
  • 子供
  • 浮きこぼれて小1にして絶望(公文幼児優秀児のその後は?)

浮きこぼれて小1にして絶望(公文幼児優秀児のその後は?)

レス66
(トピ主2
お気に入り238

妊娠・出産・育児

悩み中

緊急事態宣言が終わり、小学校が再開して1カ月です。
子どもは、新1年生で学校を楽しみにしていたのですが、「授業が強烈につまらなく、絶望した」といって、あまり行きたがらないようになってしまいました。
ネットで同じような悩みがないか調べたところ、「落ちこぼれ」の反語で、「浮きこぼれ(吹きこぼれ)」の問題に近いと思ったのですが、なかなかよい解決法が見つかりません。
そこで、小町読者の中に、同じように浮きこぼれのお子さんをお持ちの方が、どのように対応しているかお知恵を拝借させて頂きたく、投稿しました。

現状、両親はフルタイム共働き(どちらも管理職で、コロナ禍で一瞬在宅勤務でしたが、宣言終了と同時に労働時間・場所は固定に戻りました)で、祖父母は遠方、病気時の年数回(0−2歳は、もう少し頻繁に)近所のファミサポさんに助けてもらっています。

そのファミサポさんの勧めで、年中から公文に通っています。未就学時は国算を朝30分〜1時間やり、入学後は学童でやるようにして、自宅では何もしていません。なお入学前に、小学課程を終えて中学課程に入っています。未就学児時に幼児優秀児認定テストを受けて国算ともに合格。

自宅では折り紙(大人用の細かい折り紙ブックを好み、本物そっくりの虫や動物、恐竜などを作成しています)を大量につくっています。

子どもの説明によると、分かりきっていることを超スローペースで座って黙って聞き続けなければならないのが苦痛とのこと。お友達と話したりするのは嬉しいようですが、コロナにより校庭遊具は使用禁止、接触する遊びも禁止で、学校も学童も基本的に1人遊びです。

子どもの悩みにどのように対応したら良いのでしょうか・・・教えて下さい。

ユーザーID:5305720522

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数66

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 公文経験者、かつバイト程度の教師側経験者です

    お子さん、凄いですね。
    小学校に上がる前に中学課程に行ける子は、私が通っていた教室ではまず居なかったです。

    授業がつまらないとのことですが、実習などの時間で周りの分からずに困ってる友達に教えてあげるなど勧めてみてはいかがでしょうか。
    恐らく主様のお子さんなら次にやるであろう実習問題などは授業を聞いている間にできてしまうと思うので。

    私も小中では公文で先を勉強していたので、さっさと実習問題を終わらせて任意ドリルや周りに教えていた記憶があります。懐かしい…

    ユーザーID:5376285786

  • 公文の先生に相談しては?

    我が子はごく普通の子だったのでそのような悩みを体験してはいないのですが、公文の先生であれば、同じようなタイプのお子さんを今までに見てきていると思うんです。

    ですので、公文の先生に相談するのはいかがでしょうか。

    ユーザーID:5085778619

  • 留学しました

    周りで何人か小学校の授業が簡単すぎる、というお子さんをみました。
    優秀な子たちは、さっさと英語を学んで小学生の時から留学、小5の時には仏語も日常会話はペラペラ話せてました(私より発音よかった)。
    海外のほうがギフテッドへの対応も充実していますし、奨学金もあるので費用的にも厳しくないですし。
    今はコロナなので難しいですが、オンラインで探せば世界の優秀な教師とつなげれますから、海外の先生に教えてもらったらいかがでしょうか。
    英語程度なら、興味のある書物や最新の情報は英語の方が多いので、賢い子はそういうのを読みたいので教えなくても自分で学んじゃう子も多いので特に勉強しなくても理解してる子多いですよね。

    ただ、中途半端に親が子供が優秀と思っていた家の子は厳しい子もいました。当然ですが奨学金をもらえるレベルには達していないし、
    でも親は自分の子がすごいと思ってるから学校の授業なんて必用ない!って変な方向にはしちゃって、大学は卒業できましたが義務教育をうやむやにした結果、就職も厳しいみたいです。
    企業からスカウトもらえるほどのスキルがあればまだいいんですけど、迎えてもらえるほどでもないと大変そうです。

    ユーザーID:8972302754

  • 先生がどんな風に教えるのか見る

    娘は36歳です。
    年少から始めた公文で、小学校入学前には国数とも中学教材をしていました。
    一次方程式を面白そうに解いていましたね。
    もちろん優秀児上位者大会にも招待されていました。

    小学校で数字やひらがなから勉強するわけですが「先生がどんな風に教えるのか見てごらん」と言っていました。
    また決して他の子をバカにしてはいけないとも話していました。
    国数以外の教科は初めて習うのだから、しっかり勉強するようにと。
    先取り学習をしているお子さんは性格にもよるのでしょうけど、それを自慢に感じるケ−スと、謙虚でいるケ−スに分かれると思います。

    娘は6年間トピ主お子さんのような悩みはなく、「ちびっこ先生」として先生の手伝いなどをしていたようです。
    難関大学を出た後、外資金融で働いています。

    ユーザーID:5362031787

  • それでも普通に過ごせる心のゆとりを育んで

    先取りして勉強していたら、学校で学ぶ事がわかりきったものになって当たり前ですね。つまらないでしょう。
    でもそれは優秀さ故ではなく、先取りで知識が入っているだけですよ。

    更にそれを伸ばすために、通学が可能な地域でしたら難関中高一貫に通わせるべく、今から受験に特化した塾に変えるも良し、

    学校以外はスポーツやお稽古事の習い事だけにして、お勉強系は止めるも良し。

    >分かりきっていることを超スローペースで座って黙って聞き続けなければならないのが苦痛とのこと。

    当たり前の事を苦痛に思うのが問題なのだと思いますよ。
    自分は知っていても、多くの子は知らないんだからそれが当たり前、と普通に過ごせる心のゆとりを育む事を考えませんか?

    ユーザーID:7964881438

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 私立小になぜ行かなかったんですか??

    うちの子は吹きこぼれることは目に見えていたので、年中から幼児教室に通いお受験対策をした上で、私立小に入学しました。

    それでも教科書は全国同じですからね、授業自体は眠たくなると言いますが、公文で高進度(3学年先)のお子さんたちもいますし、学校が楽しくないという事態にはならずに済んでいます。ペースも、公立よりは早いです。

    実は、私も吹きこぼれ気味で、小学校の途中で私立小の編入試験で転校しました。
    その時に「私が知らないこと知ってる子がいるんだよ!」とすごく楽しそうに親に話したそうで、親は「これまでつまらないかわいそうな思いをさせてしまった」とハッとしたそうです。

    高IQ団体メンサの会員(人口の上位2%のIQ)に、吹きこぼれで不登校になったり、就業できてない方が多いことはご存知ないですか??

    メンサは、メンサの会員同士で交流を図らないと知的交流がなかなかできないために皆さん集まられています。
    やはり、ある程度同じようなレベルのお子さんの中に入れてやらないと、全然話が合わず不登校になりやすいですよ。

    私は子どもに、社会の中で幸せに生きて欲しいです。
    まだ小さいうちは、失敗(面白くない)体験より成功体験を積んで欲しいので、ある程度同じようなお子さんが集まる環境を探しました。

    公文でもいいですが、もし都内ならもう少し他の塾なども含めて、仲間を見つけられるような居場所をぜひ確保してあげてください。

    ユーザーID:9006878772

  • 分けて考えればいいのでは?

    学校は学校。勉強は勉強。

    学校へは、社会生活を学びに行く・友達と交流を持つ。
    それを目的にし、「勉強を学ぶ」目的を外せばいいんじゃない?

    学習は家庭で。いくらでも出来ますでしょ。

    分けて考えればいいだけです。
    何も、生活の全てを一箇所で賄う必要は無いわけで。

    頭が良いのでしたら、それくらいの機転利かそうよ。

    ユーザーID:6357322421

  • 先をやる

    50代女性です。
    うちの子供の話ではないので申し訳ないのですが。
    私も兄も親戚たちも、地元の学校ではお勉強は出来ていたかと思います。
    昔の、そして地方の話で学校の他に勉学出来る環境ではありませんでした。
    そんな私たち。
    年齢はバラバラですが、それぞれ皆、図書館に毎日通って色んな本を読み漁っていた事が後にわかりました。

    授業中は真面目に座っている時は教科書の先の問題を解いたり、読んだり。
    40分?なのでわりとあっという間に終わりますよ。
    実は教科書はもらってすぐ家でも読むので、学校では二度目でしたが。
    教科書、未だに好きで子供の英語など音読したりしてました。

    本当は良くないこと。
    でも、授業がつまらない時は先を読むように仰ってはいかがでしょうか。
    物足りない分は放課後の図書館や、習い事で時間がないならお好きな分野の本を買ってやれば知的欲求は満たされると思います。

    ユーザーID:2000219165

  • 授業だけが勉強じゃないし、課題を与えてみたら?

    他の方のレスもありますように、そういうお子さんなら、私立や国公立小学校の受験も視野に入れればよかったのに、、、と思いました。

    今さらそんなことを言われても困るかもしれませんので、別の視点で。

    公文は、国語と算数だけですよね?
    社会や理科の分野はお子さんはどうですか?中学レベルまで到達していますか?

    1年生だと生活科だと物足りないと思うなら、
    給食の献立から、野菜や食品など、主にどこで生産されているものか毎日、家に帰って調べる。
    たとえば、「ナス」
    なすの生産量1位高知県、2位熊本県、3位群馬県
    農林水産省の子ども向けのサイトがあり参考になりますよ。

    今の給食はバラエティ豊かですから、各国の料理も出ることがあるので、その国がどこにあるか地図で調べる。

    国語の漢字もマスターしているなら、、
    クラスのお友達の名前を漢字で書けるようにマスターする。

    自宅から学校までの地図を作り、お店や標識を書き込んだり、お店の業種について調べたり、標識や記号など俯瞰的に勉強を広げる。

    授業が強烈につまらないと感じるなら、「あなたならどんな授業をやるの?」と聞いて、実際に模擬授業をさせてみる。
    公文ではインプットばかりだと思うので、自分が授業をすることでアウトプットができ、アウトプットすることでより理解が高まります。

    などなど、学校生活の1つをとってみても、学ぼうと思えば、学べることがあります。
    授業という受け身がつまらないのなら、毎日学校で何かしらのテーマを見つけてきて、調べたりすることを続ければ知識やその後の学力にもつながると思います。

    1年生ならアサガオを育てていますよね?
    アサガオの原産、合弁花類の離弁花類どちらか?
    深堀しようと思えばいくらでもできます。
    アサガオのテーマにした子ども向けの本や絵本でもいろんな学びや気づきを与えてくれます。

    自学自習を目指せばいいのかも。

    ユーザーID:3271100808

  • IQが高いからと言って大人とは違う

    〉頭が良いのでしたら、それくらいの機転利かそうよ。

    そういう誤解はどうかしないで欲しいと思います。
    自慢と取られ、嫌味を言われるのもつらいです。

    IQ(処理能力)の高さと、社会性やコミュニケーション能力は一致しません。

    中身はあくまで一年生なんです。

    説明すれば理解はしやすいですが、感情はまだまだ未熟です。

    単に処理能力が高いだけの子どもなんです。

    ミニ先生といったレスもありましたが、現在、休憩中に少し話すことくらいはできますが、子ども同士のグループワークなどは一切無しになっています。机を合わせての作業もできません。なのでかなり難しいかと思います。

    留学について。今みなさん帰国し、もう戻れるかどうかも分からないくらいの状況です。
    また、「外国は手厚い」といったレスもありますが、それはその国の子に対するケアであり、私たち外国人がそこへ留学したからといって受けられるものではありません。
    また、留学するということは、日本に戻って生きていくということを基本的には捨てて、その国でずっと生きていくことを念頭に置いたものになります。親の仕事はどうなのか、永住できるような生業を持っているのかまたは持てるのか…そういうことまで考えての選択になります。

    とりあえず、コロナも年単位の問題ですし、ここ何年かでどうにかできるようなものではないです。
    下手したら、トピ主さんのお子さんはそう遠くないうちに学校に行けなくなってしまいかねない事態です。

    ユーザーID:9006878772

  • 興味の持てる課題を与える

    ご家庭で、知的好奇心を満足させてあげる時間がご両親にないので、そこを何とかするしかないのでは。

    こちらの地域は、進学塾が運営している学童の様な物があって、習い事や個別指導、集団指導の塾形式などもあるのですが、そういうモノを利用されるとか。

    私は専業主婦なので、幼児教室に連れて行ったり、家庭学習で色々させました。知の翼とか、最レベ問題集とか、教科書より難しいので、やりごたえがあるようでした。

    公文に行かせて無かったので、内容が分からないのですが、私立中学受験の問題みたいな、難易度の高い問題も、お子さんは解けるのでしょうか。

    今はネットもありますし、お子さんが楽しく学べる、適切な問題集なりを探して与えてあげることかなと。うちの子は、私が説明してあげないといけない事も多かったし、基本的に私が教えていたのですが、トピ主さんのお子さんはもう中学課程ができる優秀児とのことなので、少しの手助けがあればできるのではないでしょうか。

    簡単すぎると面白くないのは、当然です。
    うちの子供でもそうでしたから。
    でも、家や塾でやりごたえのある勉強が出来たら、学校は友達と仲良く楽しむ場所という感じで、授業の退屈さには慣れました。

    私も同じ感じの子供だったので、子供の話しを否定したり、こうしなさい、こう考えなさいとは言わずに、そうだよねと共感して、話を聞いてあげていました。

    ユーザーID:0309943037

  • すごいですねー

    うちはそこまでじゃないですが、公文で高進度学習者に入ってます。
    やっぱり入学時はあんまり勉強を進ませると学校がつまらなくなるんじゃ?と心配でしたが、うちの子は副教科が苦手なので、国算はちょっとつまらないけど、他の授業はつまらなくないみたいです。
    最近は公文でやらない理科・社会が楽しいみたいです。
    国語は、内容は楽勝だけど字が汚いので、いっそ書写の授業だと思ってキレイに書くことに集中したら?と言って、最近少しずつキレイに書けるようになってきました。

    しかし折り紙をするのなら手先も器用なのでしょうね。字もキレイなのでしょう。そうなるとちょっと八方塞がりかもしれませんね。

    でも先生の教え方を学ぶ気持ちで授業を受けるのも大切だと思いますよ。
    うちの子も算数の問題の解き方が独特で、説明聞いてもよく分からないのですが、「わからない人にもわかるように説明できるのが本当に頭がいいということだ」と言い聞かせてます。
    まだまだそこまでの域には行ってませんが、おかげで少しずつ説明がうまくなってきました。

    出来ないことに目を向けるといいかもしれませんね。

    ユーザーID:6595774681

  • ビシッと叱ってあげてください

    私も過去はそんな感じでした。
    っていうか、うちの大学の人はみんな過去はそうだったと思います。



    >>>分かりきっていることを超スローペースで座って黙って聞き続けなければならないのが苦痛

    その苦痛は、人生ずっと続きます
    「その苦痛をやり過ごすトレーニングのために学校に行く」
    と教えてあげてください

    ただ退屈してないで、クラスに今何が起きてるか観察して、自分を有効に役立てる視点を育てる

    例えば、隣の子に教えてあげるのも、
    遅い子の面倒見てあげるのも
    先生のお気に入りになりお手伝いするのも
    クラス委員などになるのも
    退屈を上手くやり過ごし、さらに周囲には感謝される有益な過ごし方です


    他のお子さんたちも、平均よりお勉強が上のお子さんは、大なり小なり、みんな主さんのお子さんと似たようなものだし

    平均よりお勉強が下のお子さんは
    「理解できない勉強を、それでもずっと聞いていないといけない苦痛を慣らすために学校に行く」んですから、クラス全員が退屈をしのいでいるのは事実ですよ


    とにかく、ちょっとくらい勉強できるからって、自分だけが特別って思ったらダメだし、親も子供にそう思わせたらダメ

    「みんな同じようなものなのに、わがまま言わない!」とビシッと叱ってあげたほうが良いと思います


    あとね
    長い目で見ると
    息子さんがクラスで特別なのって、今だけですよ

    東大と京大に入れる人だけで、毎年5500人(定員)もいるんですよ。
    後の人生は、みんな似たようなレベルで、しのぎを削る生活がやってきます。


    そんな中で、一番大事なのは
    「勉強できるできないってのは、人としての価値のほんの一部」ってこと

    それがわかってて、ちゃんと身体も心も鍛え
    状況を読み
    他人の良い所を探して尊敬できる人は成功するし
    勉強しかできず、自分の気持ちしか見ない人は、良い大学出てても、ズルズルします

    ユーザーID:3388553094

  • 読書の許可を

    似たような状況でした。

    うちも低学年のとき授業が退屈で辛いというので、教師に読書の許可をお願いしました。しばらくはそれで登校出来るようになりましたが、
    本人からの希望もあり、翌年からはインターナショナルスクールに転校させました。インターナショナルスクールでは学校にもよりますが、飛び級も可能です。わかっている授業を無理に聞かないでも、読書や学年が上の課題をするなどしていれば怒られません。むしろ教師が率先して課題を与えてくださいました。
    教科書も読みごたえのあるものです。

    またそのときの興味に応じて、詳しい方を話し相手につけました。(東大法学部の学生など)
    これはとてもよいストレス発散になっています。
    お友だち関係も小学生のうちは親が介入して、似たような興味をもつ早熟な子とよく遊ばせました。
    楽器を弾くことや文章を書くこと、外遊びをすることでストレス発散も心がけました。


    その後は大手塾に通い、最難関中学に合格しました。
    ここからは似たような子だらけなので、浮くことはないです。
    頭脳は賢くとも、心はまだまだ未成熟な低学年が一番辛い時期だと思います。

    ユーザーID:3027270881

  • 是非検索を。

    ギフテッド(Gifted)をご存知ですか?
    是非検索して下さい。

    親が出来る事は多くの情報を得て、
    どんな暮らし、教育を受けさせるかです。
    本来であれば、
    転校、留学などをお薦めしますが、
    世界的に新型コロナウィルスの影響で制限がありますよね。
    その辺りにも関連した情報があると思います。
    また経済的に無理な場合もあると思います。
    経済的な部分はご主人とご相談して下さい。

    とにかくお調べになって下さい。
    お子さんもお母さんも辛い部分が減りますように。

    ユーザーID:1475557050

  • すごいですね〜

    入学前に小学課程を終わらせ中学課程に進む7才ってすごいですね。
    いわゆる天才、でしょうか!?

    なんだか、周りのお友達と話が合わなそうですが、友達関係は大丈夫ですか?

    そういうお子さんには、それなりの環境を与えてあげないと、何だか6年間の小学校生活が可哀想に思います。

    ユーザーID:0566605773

  • 本をたくさん買ってあげて

    公文も習い事もやっていませんが、姉の教科書や配られた教科書を一日で読んでしまって、授業がつまらなくなりました。授業を聞いてないのに成績は良かったので、先生にも授業態度を叱られ、友人達も子供っぽく見えて(自分も子供なのに)横柄な態度を取っていました。

    私はそのうち、嫌われないように周りに合わせる術を覚えましたが、浮いたまま成績トップを維持していた子もいれば、嫌われて勉強が嫌になってしまった子もいました。どうなるかは、お子さんの性格によるので、何とも言えませんが、まず知的好奇心を満たしてあげてはどうでしょうか。私の家にはたくさん本がありました。友達に嫌われて遊び相手がいなかったので、休み時間も読んでいて気がまぎれました。音声つきの英語の本もあって勝手に覚えてしまったので、中学英語も困りませんでした。

    家庭の事情で進学できず、自分で言うのもおこがましいですが、頭はいいのに低学歴のギャップと学歴社会の待遇が嫌になり、お金を貯めて留学しました。その後紆余曲折あって、今は海外で働いています。

    本当に天才なら、自分で世の中を渡る方法を見つけられます。ただそこは子供なので、知識が足りません。図書館や本屋の存在も知らず、親が買う本とテレビの知識しかありませんでした。私も奨学金などについて知っていたら、もしかしたら進学できたかもしれないですが、親から「お金が無いから無理だ」と言われて調べもせず諦めてしまいました。

    授業は平均に合わせるので仕方ない部分もありますね。私も教育関係ですが、海外でも同じです。飛び級制度はあっても中身が小学生だからと飛び級させない親もいます。
    全員が満足する授業というのは低学年ほど難しいです。学校を選べれば、だいたい同類が集まるので教えやすくなるのではと思いますが。私も高校の授業は好きでした。

    ユーザーID:6561600505

  • すぐ順応します

    私も同じ状況で、都内私立小に通っていました。

    授業がつまらないと感じたことはありませんでしたが、ずっと1番でした。計算テストなどは早く終わり過ぎて、早くみんな終わらないかなーとは思ってました。しかし、公文は算数と国語のみで、確か2年生くらいで辞めてしまったため、社会理科は全く普通の出来でしたし、だんだん高学年になるにつれ、貯金もつきてきて、普通になってましたね。

    中学に入ったら、全く振り出しに戻り、成績は下位。中学受験組にすぐ抜かされました。

    算数はこれから公文ではやらない時計や図形などが始まりますし、国語もいつまでもひらがな書いてるわけではありません。友だちと協力して、文章を読み解いたりなど、高度になってきます。

    1年生の初めは、ひらがな書けない読めないお子さん達とも足並み揃えてスタートですから、つまらないでしょうが、どんどん進んでいきますし、ウカウカしているとすぐに抜かされます。

    まだまだ知らないことなんてたくさんあるし、学ぶことは山のようにあるのだと、教えてあげるといいと思います。

    私の母は幼稚園時代で力尽きたのか、小学校に入ると、私の勉強については放置。6年になってから成績が落ちていることに慌てて、家庭教師をつけていました。

    ユーザーID:8235798609

  • 中学受験算数などにトライしてみるのは?

    とても知的好奇心の高いお子さんなのですね。
    羨ましいお悩みですが、きっと本当にお悩みなのですよね。

    既に小学過程を終えているのでしたら、中学受験算数や国語に取り組むのはいかがでしょうか?
    一般に市販されている物もあります、小学過程の内容を踏まえて「こんな解法あるんだ」と驚く様なものがあります。
     それで物足りないお子さんは算数オリンピックの問題に取り組んだりされるようです。
     折り紙の内容から理科も好きな様にお見受けしました、ニュートンなどの雑誌を渡してみたら喜んで読んだりしませんか?

     受験情報を調べたり書き込んだりする有名サイトなどもありますので、そちらにご相談なさるのはどうでしょうか?
    超難関校にトライ&卒業生の親御さんが大量に見ていますのでそちらにはトピさんのお子さんの様な方がいらっしゃると思います 

    ユーザーID:1383208215

  • できるできないは別として

    できるできないは別として、授業中(あまり興味のない授業を)一定時間、座って聞き続けなければいけないことを、苦痛に思っているお子さんたくさんいると思います。
    一年生であればそこの忍耐力はまだまだでしょう。

    私の息子も、中3になった今でも、学校で一日中授業、授業なのがいやだ!といまだに言います。
    友人関係は良好で、成績は良い方です。
    線が細く、姿勢もしっかり保てないほうなので、よほどやることがないと6時間座学は苦痛なのだと思います。
    わたしも体質的には同じタイプなのでよくわかります。(長く姿勢を保つことに疲れるので食事も早々に切り上げたい方)

    前置きが長くなりましたが、わたしも小学校高学年くらいまでは当たり前によくできて、学校の授業は「ただ座る忍耐力をつける」場でした。
    わたし自身は、よく本を読む子だったので、授業に飽きると白昼夢のように、空想の世界に自分を飛ばしていました。
    国語の時間は、今の授業とは関係ない教科書の「物語」のページを繰り返し繰り返し読んでいました。
    おそらく先生気づいていましたが、成績が良かったことと、発言するような授業ではちゃんと参加していたこと、他の子に迷惑もかからなかったので、見逃していてくれました。

    お子さんもお子さんなりの時間やり過ごす方法について編み出してくれるといいのですけれどね。
    また、お友達と休み時間に遊ぶなど、他の楽しみを見つけてくれるといいのですけれど。

    知的好奇心については、新たに習い事などで満たしてあげてもいいかと思います。

    ユーザーID:3803176333

  • 今の段階ではそんなもんじゃないですか?

    お気を悪くさせたらすみませんが…。

    小学校1年生の最初の段階って平仮名や片仮名の書き方、読み方とかじゃないんですか?算数なら10までの数とか。

    公立というコトにしてレスしますが、熱心に幼児教育を受けていた子からすれば物足りないかもしれませんね。

    ですが小1の今の段階だと全く幼児教育を受けていない子もいることを前提としたカリキュラムなので、同じように退屈さを感じているお子さんはかなりいると思います。

    あまり天才扱いせず自宅で興味のあることは伸ばしつつ様子を見てればいいんじゃないでしょうか。

    いきなり私立や留学だと与えすぎても今度は周りについていけずに絶望しちゃうかもですしね。

    それよりはちょっと授業がつまらないからと絶望してしまうお子様の心のトレーニングに目を向けていくと良いのではないでしょうか。

    と、昔々に勝手に天才扱いされて有名私立に転校、結果的に早熟だっただけで落ちこぼれていった凡人の私は思います。

    ユーザーID:2019524508

  • 本気で心配なら、専門機関で精査をお勧めします。

    >浮きこぼれ
    と一口に言っても、それが先取りによるものか、高IQによるものか?理由、原因によって対処の仕方は変わります。

    >子どもの悩みにどのように対応したら良いのでしょうか
    本気でお悩みなら、発達の専門機関で精査・助言して貰うことをお勧めします。

    高IQでも得意、不得意に大差がある場合は本人が強く苦痛を感じていると思いますので、「不得意な部分」を伸ばす必要があります。得意なところを活かして…と考える方は多いですが、それが許されるのは学生の内だけ、社会に出たら好き・得意な事だけする事は出来ず、差は小さい方が生き易いです。

    オックス・ブリッジの研究者達は、先取り、飛び級に反対の方が多いです。追跡調査の結果、飛び級し早く大学卒業した方の大半が勤続困難で、転職を繰り返し苦労していることが分かった為、才能がある子ほど、後々のことを考え小学生の間くらい子供らしく過ごし、情操教育し心を豊かに、自分なりのストレス解消法を持っている方が仕事を続けられる可能性が高いとお考えです。その為、英国では飛び級は殆どなくなり(外国籍でも飛び級はトップ大に受け入れて貰えない可能性有)、gifted・talented教育は中学からです。
    公立でも中学から学力別なので、トップバンドと呼ばれるグループにいたら、授業は高速で進みます…と言っても日本の様に記憶重視、計算問題が出る訳ではなく、数学でも問題文は1行で論理的思考の過程を言語化する課題が多いので、英国出身の生徒と比較し学術英語が上位レベルでないと付いて行くのは大変です。

    gifted教育を受けたいなら、米国等を目指すしかありませんが、今の状況では難しいと思いますし、小中学生には保護者も必要です。また他の方もご指摘の通り、移民問題を抱える国で労働許可取得も困難です。

    本当に浮きこぼれなら、まず日本の専門家に相談し改善をお勧めします。

    ユーザーID:1560816664

  • そんなに難しく考えなくてもいいのかも

    特別出来の良い人間ではないですが、本が好きで兄弟の教科書を読みあさりお子さんと同じ状態になりました。学校の勉強が本当につまらなかったです。
    本では学べないような座学以外の授業などはとても楽しかったことを覚えています。

    私はお世話したがりだったので周りのわからない子に教えること気分転換していました。人に教えるのは自分がきちんと理解していないと出来ないことだし、わからない人に教えるのはパズルみたいなものなので楽しかったですよ。

    授業中は教える側だけど、図工の時間では絵の上手な子から色の作り方を聞いたり塗り方を聞いたりして、人に親切にすると親切が返ってくるんだなぁ…と幼子心に思っていました。

    それでもまぁ、学校には行ったほうがいいけど、学校に行くことにはこだわらなくてもいいのでは?
    勉強以外の見聞を深めることで将来役に立つ興味や関心を育てることもあるので、たまには学校休んで旅行に行ったり普段行かないような場所にいくのはどうでしょう。

    ユーザーID:3253999079

  • 学校に不満を持っても仕方ないと思う

    この国の学校のシステムは、ご存知の通りでしょう。
    「みんな一緒に」です。

    何かが進んでいても遅れていても、輪に溶け込めなくても
    本人や家族が辛いだけで、特に誰か何かをしてくれる訳でもありません。
    自分たちで気づき、修正をかけていくしかない。

    「たんに上の学年の勉強が出来すぎる」のだったら、
    そこだけ家庭で鍛えてどんどん先に進めばよいだけで、
    学校のカリキュラムに沿わないのだから、我慢するしかないのでは?

    >「授業が強烈につまらなく、絶望した」と言って学校に行きたがらない
    こういう理由であって、ギフテッドゆえの苦悩とまでは行かないと思います。

    授業がつまらなければ、どんどん家庭で先の学習をして、授業中は「ああ、この学年ってこの内容の授業をするんだ」みたいな気持ちで、取り敢えずその場に座っているか(嫌なら転校しましょ)、先生に相談して、その授業の先の所のワークでも、静かにやらせてもらうか、どちらかでしょう。

    学校は朝から夕方までで、その後は空いているでしょうから、そこでギフテッドなりの教育をご家庭ですればよいだけ。なにも24時間小学校に行っているわけじゃない。

    この国の小学校に普通に入れて、対応してくれないってボヤくくらいだったら、海外にお住みになれば宜しいじゃないですか。そういう機関、充実していると聞いてますので。

    どうしても学校で何か対応をして欲しいのでしたら、頑張って働きかけて、システムを変えていくしか無いのでは? 出来ます?

    頭が良いのだからというのは、子どもさんもそうですが、親もそういう思考でないと、ギフテッドのような子は伸せないのでは?
    色々調べて勉強して然るべきで、学校のシステムについて愚痴言っても拉致あかないと思うけどね。

    その辺、上手く対処出来ないのに一部の学習がべらぼうに出来ても、あまり意味ないんじゃないかね。

    ユーザーID:6357322421

  • いけないことだけど・・・

    あくまで国算の授業中が苦痛なんですよね?

    友達に教えることは今は出来ないだろうし、教えてOKの時間も授業中の数分くらいですからね。授業の大半を占める先生が教えている時や問題を解く時が、簡単すぎてつまらないってことですよね?

    うちの子がやってたことですが・・・。

    トピ主さんのお子さんほど優秀ではないですけど、算数の問題はわかりきっていて苦痛だったようです。

    だから私はこっそり算数のノートの後ろのページに、かなり難解な文章問題を小さく書いてあげました。どうしてもつまらなくて我慢できなくなったら、こっそり解いてごらんって。本当はいけないことかもしれないですけどね。

    本人は授業に参加しながら、もしくは課題をさっと解いた後に、こっそりノートの後ろの問題を考えていたようです。もちろん、グループ学習や先生が回ってきた時は授業の問題をやったそうですけどね。

    あとは普通に問題を解いた後に、文章題の式の答えをXにして方程式にしてみたら?とか、別の解き方がないか考えてみたら?とか言ってました。

    国語はどうしましょうかね…。取り合えず教科書のお話は初めてですよね?
    算数よりは苦痛ではないのではないのですかね。取り合えず教科書に書いてある文章をどこまで漢字に出来るか、漢字に出来たら出てきた漢字でどのくらい熟語を作れるかとか、ノートの後ろにこっそり書いててはどうですかね。

    1年生だからそこまで器用にできないですかね。でもそこまで優秀ならこっそりも出来そうな気もします。

    他の教科はどうなんですかね?他の教科は初めてなのできちんと聞くようにと諭してはどうですかね。

    学校に相談もアリといえばアリですが、中学の問題を解いていてもいいとか理解が得られるかは賭け的な部分もありますよね。

    ユーザーID:2952695867

  • 普通の子になった

    息子の幼稚園の時の公文の同級生にそういう子いましたよ。
    小学校に入る頃は中学数学に進んでたような。
    その子は女の子だったけど、小学校の高学年の時にはまぁ普通レベルになってました。
    公文の計算問題と学校の算数や数学はまた別物なので。
    その子は都内の女子大に進んで栄養士になりました。
    それはそれとして、学校の授業が易しくて身が入らないのは良くないです。
    塾でもなんでもいいので、もっとハイレベルな世界にもお子さんを置いた方が。
    私も小学校の勉強は楽勝で国立の中学校に進学したのですが、そこの同級生が皆レベルが高く、小学校の時に授業を真面目に聞く習慣が付いてなかった私は大変でした。

    ユーザーID:0499212007

  • 優秀ですね。

    うちは、中3で数学の最終教材を修了し、
    公文は卒業しました。

    昔は、3学年先以上でイベント参加ができて
    オブジェとかもらってたっけ。。
    今はどうなのかしらん。

    うちの子は、「授業が強烈につまらなく、絶望した」なんて
    大人みたいなことは言わなかったなー。
    学校だ、いやっほう!
    今日、ブロック使った、できたもんねー、だって
    僕は公文に行ってるからね、と
    公文は勉強の原動力でした。

    実際、友達に教えていたり、
    高学年では、ミニテストの丸付けなんかも
    任されていたようで。
    今も、スマホで友達に数学を教えていることが
    たまにあります。

    まぁ、本人が言っているから心配なんでしょうが、
    それでも、学校で楽しかったことを聞き出すようにしては?

    もともと優秀で、
    学校の勉強なんか面白くないだろうなーという
    親の心配ありきでものを聞けば、
    つまらないって返事しそうな気もするんです。

    うちは、低学年のうちは果てしなく
    公文のドリルをやっていました。
    算数でお友達に答えられないような事態を避けたかったんでしょう。
    (褒められたがり(笑))

    もう、当面授業がスローペースであることは
    間違いないでしょうから、その感情をつまらないという
    負の感情のままにしないほうがいいと思いました。

    日本でも飛び級とかあったらよかったのでしょうが。

    ユーザーID:1816490637

  • 浮きこぼれ、落ちこぼれ、両方ともよい解決法は無いようです。

    「"落ち"こぼれ」という言葉はよくお目にかかりますが、「"浮き"こぼれ("吹き"こぼれ)」というの始めてです。

    公文式は営利的な匂いが強く嫌いでしたが、貴女のお子さんの例を読んで、少し見直しました。子どもの持っている潜在能力(?)を引き出してくれるのですね。

    日本では、貴女のお子さんのような優秀児に対する教育は存在しません。横並び教育が原則です。浮きこぼれを救い上げる解決法は無いでしょう。

    30年以上前です。三男は、幼稚園や小学校の担任から、優秀だとかリーダーシップがあるとよく言われました。だからと言って、田舎のことですから、何もしませんでした。

    彼は私の雑誌、「現代数学(後の理系の数学)」「数理科学」「数学セミナー」をよく見ていました。それが原因かどうか分かりませんが、その後、東大理、数理に進んで、博士(数理科学)を取得しました。

    今のように、GiftedとかTalentedという言葉が流布していない時代です。彼から、冗談で「もっときちんとした教育を受けさせて欲しかった」と言われます。私にGiftedの知識があれば、彼はハーバード大学からPh.D.を取得できたかも知れません。惜しいことをしました(笑い)。

    日本も早く、優秀児に対する教育を立ち上げて欲しいものです。

    ユーザーID:0891956638

  • どんなに退屈でも我慢する力を養うことは重要です

    経験者の私が断言します。
    どんなに優秀な子供であっても、どんなに退屈な授業であっても我慢して授業を受ける力は生きる上でとても重要です。

    日本の学校は一斉授業で飛び級もないので、できる子は退屈、できない子はそれでもついていけない場合があります。どちらの子供も我慢して授業を受け続けなければ、ドロップアウトしてしまう結果になります。

    将来、我慢する力の重要性に気づくでしょう。それがなければ、仕事もできないし、人とも継続的な関係を結べないし、子供も育てることは不可能です。

    ユーザーID:2816442741

  • 諸々つまらないと思う

    国語と算数の授業が面白くないのもそうでしょうし、
    それ以外の書かれていることが本当に子供達にとって辛いことだろうなーと心配しています。友達同士でくっついて話したり遊んだりするのが好きな子が多く、そういうのを全部奪われてつまんないだろうなーって。ご飯も前向いて食べてますよね? 面白いわけがないと言うか。

    どうしたらいいんでしょうねぇ。
    とりあえず先生には「勉強がつまらない」ではなくそれ以外で学校に行きたがらないと話しておく方が良いと思います。

    公文はうちの子は速攻でやめたので、お子さんはすごいなぁと思います。

    ただ優秀優秀でないにかかわらず、休校明けで学校に行けなくなる子も多いようですし、いろいろな面から話を聞いてあげてください。

    ユーザーID:9428002442

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧