部活動って必要?

レス67
(トピ主0
お気に入り44

編集部からのトピ

編集部

レス

レス数67

レスする
  • 本人次第

    だと思います。
    高校生の子を持つ、関東在住の40代主婦です。

    私自身は部活動を途中で退部しましたが、周りの友人に恵まれたので疎外感を感じることも無く楽しい中高生活を送りましたし、卒業後も連絡を取り合い友情は継続しています。
    そんな学生時代だったので、我が子にも特に部活動は強制するつもりもなかったし、学校でも必ず入部せよという方針でもありませんでした。
    なので子供は中学時代は特にやりたいものが見つからずに帰宅部でしたが、高校では心機一転とある部活に入部しました。

    そこで初めて先輩後輩の上下関係、毎日の活動や大会に向けた練習や準備で最初はヘトヘトでしたが、2年生の最後では創部以来初めての県大会出場を果たしてやり切りました。
    残念ながらコロナで3年生の現在は何も活動出来なくてそのまま引退となってしまいましたが、長い休校中でも部活メンバーと連絡を取り合い、孤独になることも不安な気持ちになることもなく学校再開までこぎつけました。

    中学時代は友達はいたものの深く付き合う事がなく、あまり積極的に人間関係を築けなかった我が子には、部活動を通じての仲間作りが高校生活では必要だったなと今の状況を見て改めて思いました。
    基本的に今まで学校の行き渋りはありませんでしたが、高校は今までで一番楽しいようです。
    やはりそれは一緒に過ごす仲間の存在がとても大きいからでしょう。

    学校生活での過ごし方をどうしたいか、進学に向けて勉強に集中するのも、息抜きとしてゆるく部活動をするのも、思い切り部活に励むのも、何より自分がどうしたいかでしょう。
    中高の6年間は長いようであっという間です。
    大人になってはもう経験出来ないことなので、自分がやりたいようにやるのが一番だと思います。
    親の私はそれを応援するのみです。

    ユーザーID:1136833046

  • 部活肯定派

    関東住まい、50代、女性です。

    部活いいと思います。
    趣味への入り口として。

    吹奏楽部、合唱部、バレー部、茶道部、法律研究サークル(大学)まで経験しました。
    レッスン料かからず、道具も購入せず、同年代の同じレベルの子達とスタートできて連帯感もてて年間のスケジュールにほどよく達成感を持てる企画があって学校の行事(テスト等)には無理なく休める。
    よほどの強豪でなければ将来の進路にも影響しない気楽さ。

    旦那は息子に中高生時代は運動しておけ、と有無言わせず運動部押しでした。
    みなまで言わずとも男子特有のエネルギー発散の必要性への対処としてだったようです(笑)。

    学校には熱心な部からそこそこの部、今までなかったけど同好の数人でちょっとやろうかといって同行始めることもできるし、幽霊部員になってもいいし帰宅部もあり。
    学校にあっていいシステムかと。

    ユーザーID:4067997497

  • 経験値を上げる活動は必要

    学校の部活動である必要はありませんが経験値を上げる手段として必要です。
    学校は勉強するところ。
    しかし「勉強」は所謂勉学だけをするところではありません。
    対人関係や集団生活、競技経験など部活動でしか学べないことも多い。
    回答者自身の経験でも、進学や社会経験の糧になってきました。
    回答者の子供も、勉学だけでは得られない貴重な学びの場になりました。
    ブラックな環境も多い部活ですが、脱出可能な、やり直し容易な、改善可能なブラックさであり、これもまた貴重な経験だったと思っています。
    これらの経験を積む場所は学校の部活動でなくとも、地域のサークルや習い事でもよいかとは思います。

    ユーザーID:7271946049

  • 大人になって部活動の必要性への考えが変わりました

    中国地方住み 30代後半女性 

    小学校6年生ごろになると、自然と親や周りからも
    「どの部活動にするか考えておかないといけないね」という
    話題が上っていたように思います。

    苦しいこともあったけど、それなりに楽しい経験の方が多く
    幸せな部活動体験だったのだと思います。

    私は中学校時代バレー部でした。顧問の先生は新任の女性でした。
    それまでにバレーの経験がなく、指導するというよりも
    一緒に交じって練習する感じでした。

    当時は、熱心な先生だなとしか思わなかったのですが
    大人になり振り返ってみると、右も左もわからない未経験な部門で
    子供たちの怪我や、戦績等全てが彼女の肩に降りかかるものとなることは
    とてつもないプレッシャーだったのではと感じるようになりました。

    同窓会で、先生と再会することがあったのですが
    「その時は若くてがむしゃらだったから苦しかったけど
     その当時の生徒があなた達でよかったと思ってるのよ」と言われ
    その言葉がたとえお世辞であったとしても救われる思いでした。

    私の子供たちも体を動かすことが大好きです。
    運動部へ入って、先生や先輩たちからマナーや社会性を学べる機会があること
    どんな理不尽な理由で怒られてもそれが社会だという事

    そのことを学べる部活動は大変貴重な経験として残り
    これからの子供たちの成長への大切な時間だと思います。

    ただ、本当に必要かどうかと親の立場から言わせて貰ったら
    答えは「NO」です。

    自然に自分から、雰囲気にのまれたとしても
    やりたいと言い出したら応援します

    ただ、親の方からはやりなさいとは言いません。

    ユーザーID:5631838336

  • 部活動は必要

    コロナ禍により、学校の存在意義が大きく問われ始めました。
    オンライン授業の台頭により、通学の必要性すら薄れつつあります。
    「勉強って、オンラインでも動画配信でも出来るよね?」って。
    学習進度も個々により違うし、教室にみんなが集まる意味ってあるのだろうか。。
    そういうことを考えていると、「集団でしか出来ないこと」を学ぶのが学校と見えてきます。
    例えば、吹奏楽で考えます。
    楽器は趣味で個人ですることも出来ますが、楽曲を合奏するという視点では一人では成立しません。
    そして団体として曲を披露する場合は、皆が同じ方向の調和がないとなりません。
    個人だけで楽器をやっている人には、合奏する難しさと楽しさを経験することが出来ません。
    そして学校単位で競わせることにより、同世代同士で目標をもって取り組むことも出来ます。

    >「部活動って必要?」

    私としては部活が必要ないのであれば、学校自体必要ないのと一緒の価値感があります。
    極論かもですが学校は、運動会、文化祭、遠足、修学旅行、合唱発表会、給食、定期テスト、部活動、この為だけに行ってもいいと思っています。

    さいたま市在住  40代男性

    ユーザーID:9158900088

  • 編集部からのトピランキング

    一覧
  • 部活ね

    都内在住。60代の主婦です。もう孫もいます。

    世田谷区の公立中でしたが(1学年4クラス)、運動部か文化部、なにか一つ、必ず入部しなければならない決まりでした。

    好きで入部する生徒はいいのですが、決まりなので仕方なく、どこかの部へ・・という生徒は、美術部とか生物部、歴史部など、文化部で、部活が1か月に1度程度のゆるい部に入る生徒が多かったですね。
    そうした部は、幽霊部員も多く、教師も黙認していました。

    決まりだから入らなければ、というのは無意味ですね。

    (私はバスケ部でした)

    高校は私立校でしたが、さすがに中学のような決まりはありませんでした。
    でも、それほどスポーツに優れた高校ではなかったですけど。

    私は好きなバスケを続けられて、とても楽しい高校生活でした。
    キャプテンをしていたので、色々苦労もありましたが、人の上に立つ、人をまとめる、など、その後の人生に大いに役に立ったことも、少なからずありましたね。
    合わない人との人間関係の築き方なども、部活で学んだと思います。
    クラスの友達よりも、濃いつきあいでしたから。

    部活は絶対に必要とは思いませんが、好きな事があれば、やってみて損はないかもしれません。

    ユーザーID:3387682867

  • スポーツばかりが部活じゃないんです

    部活と言うと、多くの人がスポーツ系のことと思い、授業が終わってから 数時間も学校に残って厳しいトレーニング・・・とお考えでしょう。

    私(63・男)が小学生時代、一番長く続けた部活は「理科部・地学班」「気象部」でした。気象観測ですから授業の休憩時間帯(1時限の後の休憩時間)に学校の気象観測設備で観測をしていました。

    学校によっては休日も登校して観測している学童さんもいましたが、私の母校の場合は日曜は観測休みでした。定期的に観測データから統計処理するのですが、小学生ではまだ算数の知識では困難でした。

    「理科部・地学班」では気象・天文・地理を専門の先生から教わりました。小学生にして一部は大学レベルの内容でした。

    中学・高校では「数学クラブ」がありましたので、そこに所属しました。
    数学クラブには「珠算」「計算尺」「代数」の3つに分かれており、私は「計算尺」を選択。現在はもうありませんが、当時は「計算尺競技会」「計算尺技能検定試験」があり、競技会で入賞、検定試験では 1級まで進みました。

    「代数」を選択した生徒たちは、中学数学の授業では習わない複雑な計算を瞬時に解く技術を指導されていて、私も途中から「代数」に移りたかったのですが、指導教師が「計算尺」をすすめられました。中学にして「指数」「対数」の知識が身に付き、いまでも常用対数なら「対数表」なくても対数計算が暗算でできます。

    対数は私が在職中の 通信・放送業界では 日常使う数学でもあります。

    スポーツ部活以外でも、各種の競技会、書道には「競書会」があります。スポーツばかりが競技種目ではありませんから、ひろく部活で学校授業では習わない広い知識を身に着けてください。

    ユーザーID:2066060552

  • 必要なのかなぁ

    最北の県に住む還暦おじさんです。
    中高ともの帰宅部に所属していました。
    授業が終わったのに、学校に残る意味が感じられずに、速攻で帰宅しました。
    部活動に入っていなくて肩身の狭い思いをしたことはありません。
    ただ、野球部なんかの大会に応援として駆り出されるのは迷惑でした。

    部活動は必要でしょうけど、自分たちだけで完結して他人に迷惑を掛けずにやってほしいです。

    ユーザーID:8878706201

  • オトナ と 社会構築

    都内近郊、もうすぐ40歳の男です。
    学校側の面接官、会社側の人事は人の評価をどう見ているかで考察してみます。
    採用する側としては、部活に入っている入っていないだけでは評価しないです。
    それでも、部活動でどういう取り組みをしてきたかなどのエピソードをアピールできる人は好印象になります。
    部活は楽しければいいという人と、県大会など出場して頑張った人。
    実はその後の仕事において、結果を出す人と出せない人とで大きく関係してきます。
    社会は、自分の好きな事だけで食べている人は少数です。
    会社や組織に属すると、課せられる責任が付いてきます。
    与えられた責任を全うできる人か、そうでないのか。
    多くの大人は知っていますが、花形と言われる職業や責任のある仕事に就いている人は物凄く多芸(多才)です。
    分かりやすく言えば、文武両道です。
    部活なんて入らなくても生きていけるかもしれませんが、
    部活も勉強も頑張ってきた人たちが社会の中心にいるのも事実です。
    自分に何もないと感じる人こそ、部活動に入った方がいいと思います。

    ユーザーID:8458838601

  • 2度目です

    友人のことでも良いでしょうか。

    中学の時、クラスで親しくしていたAさんは帰宅部でした。
    運動神経も良く、体育の時間はとても楽しそうでした。
    運動会ではリレーの選手に選ばれたりするくらい、足も速かったのですが、

    運動部の部活はやりたくないと、文化部の幽霊部員でした。

    運動部はどこも週3日は練習があり、試合の前は毎日。
    朝練もありました。

    運動は好きだけど、そこまでのめりこみたくない。
    まして、ずっと同じスポーツなんて面白くなさそう、と。
    バスケ、バレー、テニス、卓球・・と色々楽しめる部活があったらいいのに、と夢のようなことを言っていましたね。

    授業が終わってそれから掃除して、そして帰宅すれば、4時過ぎになります。
    帰宅してからの時間は犬の散歩をしたり、書店に行ったり、好きな事をして過ごしたいので、部活動はしたくない、と。

    彼女のような理由で、部活をしない人もいると思いますよ。

    ユーザーID:3387682867

  • 部活は不必要、でも、グルーブでの課外活動は重要

    強制的に入らされる部活は不必要だと思います。公立の中学、高校で強制的に部活に入らなければならず、中学の時はテニス部に入れず、しょうがなく陸上部に。長続きしませんでした。高校ではテニス部に入り、なおかつスポーツ以外の部に入らなければいけない規則で(?),で、あまり大変そうでない、将棋部に入りました。将棋部には2−3回行ってやめたかな。思うと(現在アラフィフです)、将棋部真面目に出ていれば良かったかなーと思います。

    ただ私の場合は、学校とは関係なく、スポーツをやっていたので、授業後や週末はそちらの方が忙しかったです。

    強制的な部活は不必要ですが、グループでの活動は、社会性や、コミュニケーション力などを養うのに、とっても重要です。だから、グループでの課外活動は必要です。

    ユーザーID:0276448434

  • 補足です

    私の妻は現在、ヴァイオリン奏者と先生をしています。
    妻がどんな部活をやっていたのか興味があり、聞いたことがあります。
    妻は学校での部活は、息抜きとして楽しめることが最優先だったそうです。
    その他、体育でボールを使う授業などを休んでいたそうです。
    その代わり学校外で夢中になれる音楽は、一生懸命練習したそうです。
    私は部活は大事と説明しましたが、部活以外で夢中になれるモノがあるのであれば
    それはそれでいいと思います。

    ユーザーID:8458838601

  • 「部活動を制するものは、高校受験をも制す」

    タイトル通りのスローガンを掲げ、部活動が熱心な普通の中学校に入学した息子。
    やたら部活動加入率を他校と比べ、あらゆる場所で誇るわけです。

    なんなんでしょうね、あの部活動加入率。
    営業成績?

    仕方なしに、部活動入りましたが、
    時間が拘束されるし時間厳守、土日はないに等しく、本人が一番好きな習い事にも支障が出てきたし、学習塾も最上位のクラスに入るとそれはもう厳しくて。
    とてもじゃないが両立が出来ない息子、どちらも選べないワケです雰囲気的に。

    家庭訪問の際に担任の先生に相談しましたよ、バリバリの野球部顧問なんですけど。

    私(母):「息子が疲れ果ててまして、部活と塾や習い事、先生はどれを選択するのが良いと思いますか?」
    担任:「そりゃ学習塾に決まってるじゃないですか、当たり前ですよ(笑」
    もう即答でした、本当に間髪いれずに即答。
    必ず「部活動」と言うと思っていたので拍子抜け。
    その先生曰く、好きで部活を頑張る分には良いが、それが本業(勉強)に影響するのは本末転倒、勉強を優先するべきという考え方でした。

    お陰様で、その後部活動は幽霊部員並み、趣味や勉強に勤しみ、地域のトップ校に入りました、それが正解かどうかはわかりませんけど。

    結局ね、部活動頑張っていたほとんどの子が第一志望落ちる結果になってまして、帰宅部などは順当に希望校に入るとか、当初のスローガンはどうなんだと言う疑問。

    集団より個。従順的な協調性より主体性。

    昔のようにそつなく何でも出来る従順な人より、
    ひとつの分野に抜きん出た人、個性ある人の方が充実した生き方が出来る社会になってきたように思います。

    時間は有限。
    下手の馬鹿好きと言われようとも、好きこそ物の上手なれ。
    目標や好きなことに時間をとことん費やす事が一番だと思います。
    部活はあくまでそのひとつ。

    北海道 50代 おばちゃん

    ユーザーID:0725039968

  • 必要ではないが、あった方がいい

    関西地方50代女性です。

    私は、中高大と同じクラブ活動をしました。
    クラブ活動を通じて、得たものが沢山あったので、世界を広げ、より多くの経験を積む為に、あった方がよいと思います。

    ただ、そういう経験は、クラブ活動でのみ得られるものではないはずなので、学校で勉強すること以外に、打ち込める何かをもっていればよい事なので、必要とまでは言わないです。

    私がクラブ活動をして良かった事は、
    まず、長く付き合える友達ができたこと。

    いくつになっても、友達と集まって話すのは、本当に楽しいです。それは、同期だけでなく、先輩後輩とも同じようなお付き合いが続いていて、他校にも沢山の友達ができました。

    自分の限界や、至らなさを何度も経験出来たこと。それを、痛感して人間としての成長ができたと思います。

    大学卒業後、競技から30年遠ざかっていましたが、50歳を過ぎて、再開しました。
    何歳になっても、昔と同じように楽しめて、生活にもハリがでました。

    ユーザーID:9878055594

  • AIの時代だからこそ

    世の中どんどん、無人化が進んでいます。
    コンビニに店員さんがいなくなるのも、そう遠くないでしょう。
    人と接する機会が少なくなるから、自分のことだけを考えて生きていけばいいのでしょうか?
    答えは、NO です。
    世界も近くなった現代において、コミュニケーション能力はより大事になります。
    部活は人と接っしたり、人間関係を学ぶチャンスなのです。
    経験値も上がります。
    社会人になっても、昔は何部だったという会話は出ます。
    帰宅部だった方は正直、話題も乏しく大人になっても付き合いが悪い傾向があります。
    部活で理不尽なこともあるでしょう。
    それでもその理不尽さが人を成長させてくれるのです。
    今の学校の部活は昔と違い緩いので、色々経験した方が良いと思いますね。

    神奈川在 中学生の父親

    ユーザーID:4646973790

  • 勉強は家でも出来る

    勉強はオンライン授業で賄えます。

    でも部活は、学校に行かないと出来ません。

    学校は勉強しに行くところという概念は、なくなりますよ。

    北海道 女性 気持ちは若い

    ユーザーID:6824287432

  • あった方が良い

    友人関係でいつの間にか帰宅部になった。今になると、そんな友達なんていらなかった。無理の無いコーラス部があったなと今でも後悔です。今さらママさんコーラスは素敵だとは思わずとても後悔しています。

    ユーザーID:8645438451

  • コロナでは部活無しの育成法の時代

    地方出身、首都圏在住の既婚子持ち40代女性。
    中高柔道部。
    当時の友人達は男女ともに先輩後輩含め、未だに交流あります。
    コミュニケーション能力や社会性の向上に大きく寄与すると思います。

    しかしながら、今の部活の有り様は問題だらけで、時代とミスマッチ。
    部活への同調圧力や、昭和の根性論は論外。
    甲子園や国体インターハイ全国大会目標をはじめとする旧来の部活動は今の時代に全く合っていません。

    コロナでは接近戦有の部活そのものが無理だと思います。

    競技として上を目指すのは企業スポンサー付クラブチームに任せた方がいい。

    教諭を授業や授業準備や教材研究に専念させるためにも
    定時勤務をさせるためにも
    部活の指導者責任者は外部に委ねることは必須。
    教諭に部活やらせるのは労働搾取行為です。

    熱中症対策などで専業主婦の保護者の世話焼きありきは共働きの現代に合わない。
    土日に保護者の車運転提供などは、働き方の多様化等でミスマッチ。

    マネージャーの奉仕ありきの部活動は共同参画社会教育上もジェンダー教育上も悪影響。

    要は、コロナでもできる部活、親や教員に負担の無い部活を模索し見つけることが急務です。

    ユーザーID:4647791465

  • 体力、精神力、根性、理不尽を乗り越える力、仲間といる楽しさ

    結構勉強はまあまあできる方だったんだけど、
    運動神経は笑えるほど無かった(苦笑

    でも、部活、ずっとやってて

    なんか、先輩後輩とか、実力だけじゃ勝てない理不尽さ
    出る杭は打たれる現実
    逆に、実力のあるものが最後は絶対勝ちの弱肉強食

    そう言うのを、弱者の立場で見たし
    意味のないようなシゴキみたいな練習とかもあって
    色々、否定的な気分を味わうこともあったけど
    一緒の目標に向かっていける仲間がいて楽しかった。



    大人になって、勉強の面では似たようなレベルの人たちと付き合うようになってから
    やっぱり、部活やってきて良かったなあとしみじみ思うようになった。

    一番思ったのは、「体力」
    社会に出て、似たような頭脳で競争したら、
    頭脳以外の部分、体力、持久力、精神力がある奴が勝つに決まっている

    それから、
    「世の中、理不尽なことだらけ」と経験則で理解できてるのも、強いなあと思ったことも、数回じゃない。
    同じように理不尽な目にあっても、潰れない奴と潰れる奴がいること
    ちょっとしたら理不尽があると、もう文句ばっかり言って、言い続けて、本論から気をそらす奴もいれば、
    理不尽をスルっと忘れて、大事なところに集中する奴もいるのを、
    何度も目にしたから


    それから、本当に深く付き合っていける友人ってのは
    目標共有と、かなり深いストレス状況を潜り抜けることで作っていけるっていうのも、学んだ。


    部活って必要か?と問われたら
    やっぱり、心と身体を鍛えるためには、必要なんじゃないかなと思う



    今、ちょっと考えてて思いついたのは
    学生時代
    勉強、受験っていうのは個人競技であって、チームプレーじゃない。
    でも、社会に出たら、会社で働くとか、結婚して子供産んで家庭って、
    全部チームプレーなんだよね

    だから、部活っていうのは、チームプレーを学べる貴重な場所なんじゃないかな
    とも思った。

    ユーザーID:3570277098

  • 選べないなら無い方が良い

    コロナは別として、部活はあった方がいいと思います。
    が、田舎だと生徒が少なく、部の数が少数です。
    その中でも私の出身校では運動部と文化部があるものの、特別な理由がない限り、健康な子は皆運動部に所属させられました。暗黙のルールみたいなものです。
    絵が描きたいのに美術部に入れない。歌が上手いのに合唱部に入れない。部はあるのに選べません。
    そんな学校もあります。だったら部活動は要りません。

    ユーザーID:0763753692

  • 自由を担保することが重要

    私の高校(公立)は、全校生徒皆なにかしらに入部せよという方針でした。1年時に部活に入っていないと、担任から「何か入れ」と言われたそうです。

    私は絵が好きだったのですが、訳あって家で絵を描けなかったので、美術部に入れて救われました。
    またある友人は、本当は家で一人でピアノの練習をしていたかったのだが、担任に「何か入れ」と言われたため、形式だけある部に登録、実際は帰宅してピアノを弾いていたそうです。
    この担任は幽霊部員については黙認してくれたからまだよかったけれど、もし強い圧力をかける先生だったなら…才能ある友人の若い貴重な時間はイヤイヤ無駄に使われ、ピアノの練習もできなかったでしょう。理不尽な話です。

    「部活に入るか入らないかは本人の自由です」と本文にありますが、その当然の自由が担保されていない学校も、いまだにあるかもしれません。
    もし自分の学校で部活の自由が認められているなら、そのありがたさを享受して自分らしく過ごしてほしいです。 (関西在住40代女性)

    ユーザーID:9130500071

  • 組織の辞令を断れるか

    やりたくないことはやらない。
    選べないなら必要ない。

    中高生の皆さんは今後、会社なり大きな組織に所属すると思います。
    そして必ず、上からの命令があることでしょう。
    そんな時に、
    自分のやりたいことと違う。
    選べないならやらなくていい。
    こういったことが果たして、通用するのかです。

    ある程度の強制力と向き合うことは、生きていく上で逃れられない実情だと思います。
    部活は命令でもありませんが、顧問の先生からの指導はあると思います。
    そういった経験を積むということは、経験しないよりも得ることは大きいでしょう。

    ユーザーID:3671078316

  • 必須である必要はない

    すべてを否定はしませんが部活が必須のルールは反対です。
    やりたい子とやりたい教師だけで完結すればいいんです。
    あと絶対に廃止すべきなのはマネージャーという雑用係です。
    中高の部活なんて雑用は普通の部員がやればいいんです。
    自分たちのことは自分たちできちんと世話をする。
    自分のことは自分ですることを教育としても教えるべきです。

    ユーザーID:0353383262

  • 大学のサークルのような感じならあってもいい

    私自身は集団でいるのもスポーツも苦手だったので、中高と部活動はおとなしめの文科系のクラブにしか入っていませんでした。活動は週1回。土日はたまに発表会的なものがある、という程度。入部が強制だったので仕方なしに入りました。それよりも家で一人で絵をかいたり本を読んだりゲームしている方が好きでした。勉強も自分のペースでできるし。
    そのため、自分の子たちには部活ましてやスポーツ系を勧めたことは一度もありません。今の子供たちの学校は強制ではないので、どうするのかなーと思っていたら、スポーツ系の部活に入部しました。結果的に中高とそのスポーツを続けています。
    今回のコロナで休校が続き、その後、行事関係は全部中止で学校が再開しました。当初授業だけが再開したときは文句タラタラでしたが、部活動が再開した途端、「やっぱり学校楽しい!」と生き生きと登校しています。
    部活動にこんな効能があったとは・・・
    この我慢だらけのコロナ学生生活の中、いい息抜きになっているようです。
    でも向き不向きはあるのと思うので、強制ではなく、入りたい子は入る、のスタンスがいいと思います。

    ユーザーID:0508711627

  • いらんとおもう

    活動内容や部員との人間関係から得られる経験は生きていればどっかで通るようなありふれたものばかりなので、それだったら本でもネットでも情報の海にダイブしたほうが有益だろう。

    ユーザーID:6451167511

  • 時間を奪われすぎるのはいけない

    50代です。私が中学生のころはスポ根時代ですから,部活動は根性でやるべき,帰宅部はあり得ない,異端,甘えてる,怠けてる,と思われた時代です。

    部活に入ったなら,いやになっても,一度決めたことは続けるのが重要,続けることに意義がある。途中で辞めるなんてたるんでる,怠けている。根性が足りない。
    少々具合が悪くても参加するのが美徳。

    そういう時代です。
    私自身は吹奏楽部でスポーツ関係ほどひどくはありませんが,やはり少々具合が悪くても休まないのが美徳,といった価値観でした。

    そういう弊害を色々見てきましたので,そのような部活動は反対です。

    今自分の子供を見ていると,文化部ですが,部活のない曜日があったり,終わる時間も決まっていたり,休日参加も少なかったり,私のころよりはだいぶ改善されていると感じます。
    ロボコンを部活でやっていて,大会前には自宅に持ち帰って,夜遅くまで色々真剣に作っていましたが,これは彼の自己実現でもあるので,親として容認していました。

    ただ,スポーツ系だと,本当は朝練禁止のはずが,抜け道があって,例えば指導者が学校の先生ではなく一般の人だったりすると,学校の部活であってそうでない状態で,結局朝練,夜も遅くまで,などやっているようです。

    これでは先生の負担は減っても(それはそれでいいことですが)子供の負担は改善されません。

    部活ばかりやって,残りの時間は宿題をやるのが精いっぱい。これでは本を読んだり,ぼーっと取り留めもなく色々考えることができません。
    そういう時間こそ,若いときには大切だと思います。

    ぼーっとする時間が無くなるような部活なら,反対です。

    ユーザーID:4437914871

  • 自分はあって良かった

    中国地方30代女

    私はあって良かったので必要と思います。

    クラスの雰囲気が苦手だったので
    好きな物だけ考えてればいい人たちに囲まれた部活は
    とても心地よかったし、救いだった。

    今の中高生に私は〇〇だったから絶対部活は入るべき!
    とは言いません。

    だけど、部活がある事で
    クラスが居心地悪いなっていう人が救われる事もあるよー
    という意味合いでは、あってもいいかなーと。

    ようは、学生時代、
    自分が楽でいられたり、楽しいと思える場所の選択肢は
    ひとつでも多い方がいいかなーと思うので。

    ユーザーID:9393409871

  • 部活動

    自分の時は、親が介入することなく、普通に顧問とみんなと頑張って、違和感も無かったけど、今親の立場になってみて、子供の部活に必要以上に親が関わっていることに凄く違和感を感じています。子供も親のために頑張っている感じ。あれ?こんなんだったっけ?誰のための何のための部活なんだろう。強い子とその親が頂点に立ち、変な圧力もかかる。
    部活はやりたい人だけやるという選択制にすべきだと思う。

    ユーザーID:0734793305

  • あった方がいいけど

    利点はトピに書かれている通りです。毒親家庭で引っ込み思案でしたが、部活で得た仲間のおかげで学校生活は楽しく過ごせました。
    けれども自分が大人になって教育関係の仕事に就き、子供ができて、ブラック部活などの話も聞くようになり、やりたくない先生が無理やり顧問をさせられるのは無しだと思いました。

    顧問の先生との交流も楽しかったですが、今考えると、子供がいた先生の家庭は大丈夫だったのだろうか、先生が結婚しなかったのは部活が忙しすぎたせいだったんじゃないだろうかとか色々申し訳なくなりました。土日も練習や試合がありました。薄給なのに試合に買ったからと奢ってくれたり。雨の日は車で送ってもらったこともありました。

    現在は海外在住です。子供の学校の部活は外部発注で、習い事の先生達が学校に来てくれます。費用はそれなりですが、外部で習い事に通うより学校施設が使えるため、安いです。
    先生や有志が始めた同好会のようなものもありますが、こちらは練習練習ではなく楽しんでやっている感じです。

    大人も子供も辛くない部活なら、帰宅部でも楽でいいとは思われないのではないでしょうか。

    ユーザーID:3307688567

  • 甥っ子はバスケ部先輩にいじめられ

    中1の2学期から不登校になりました。
    とても明るくムードメーカー的性格で、正義感も強くとても運動神経のいい子です。
    元々甥っ子の部活の友達がいじめのターゲットにされていたようで、その子をかばったら甥っ子もターゲットにされたようです。
    不登校になってしまったのは甥っ子の心の弱さ故かもしれませんが、部活という小さな世界の中で2学年も上の先輩からいじめにあった時、そこに立ち向かうのはとても難しいことだと思います。部活をやめればいいという問題でもありません。たった数カ月で部活を辞めた忍耐のない奴というレッテルが貼られます。また部活をやめても学校内で先輩に会うこともあるでしょう。
    私にも娘がいますが、中学に入ったらできるだけ目立たずに、部活にも入らないでほしいなと思っています。中学という人生で最も多感で人間関係の難しい時期に、不安材料を増やす必要はないと思います。興味のある分野があれば、習い事という形で打ち込めるようサポートしたいと思っています。習い事であれば、人間関係をリセットすることは容易いのです。

    ユーザーID:8049631753

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧