人生に英語って必要?

レス135
(トピ主0
お気に入り139

編集部からのトピ

編集部

レス

レス数135

レスする
  • 絶対必要です

    もちろん教養科目がしっかりできての上ですが

    だってdeep learning の例を考えて下さい
    コードやノウハウはリアルタイムに英語で共有されていますから
    英語ができなかったらスタートラインにも立てません

    英語はデジタルリテラシーと同じくらいの当然さで必要では
    そして若い人ほどもうそういう感覚になっているのではないでしょうか

    ちなみに外資でない会社ですが
    海外国籍の社員が30%くらいいます
    英語ができないと目立ちますよ...

    関東 40代 女性

    ユーザーID:5475881291

  • 還暦過ぎて必要になって来た

    私が子供の頃は英語を学ぶのは中学生からでした

    2年までは英語が得意だったのですが、3年の時の英語の先生と合わず勉強を放棄
    高校の時の英語の先生とも合わなかったので成績も理解も向上しないまま
    それでも大学には進学できましたが、私の英語力は中学二年で止まったまま

    でも最近はネットで調べれば何でも分かるし翻訳もしてくれるので、
    英語が分からなくても何とかなるじゃんと思っていたら

    60を過ぎて海外ドラマにはまりました
    この歳になってDVDの英語字幕を必死に追いかけてます
    ほとんど分からないけれど ホント60過ぎの手習い

    英語はからっきしダメだけど、中国語は30近くなって始めてから
    何とか話せるようになりました

    それを考えると、英語を真剣に勉強していたらもっといろいろな世界を
    見聞きする事が出来たなと、今になって残念に思っています

    人生に英語(あるいは諸外国語)が必要かと問われれば
    「人によるけれど、身についていればそれにこしたことはない」と思います

    今はいい携帯翻訳機とかスマホのアプリとかあるから何とでもなるけれど
    自分が知識として頭の中に持っているか否かでかなり違ってくると思います

    興味を持ったなら勉強して身につけるべきだと
    でも日本の文法偏重の学習教授法や押しつけでは伸びないかなとも

    これからは益々世界の垣根が低くなります
    世界共通語ともいえる英語の知識は、持っていて無駄ではないでしょう

    但、外国語を学ぶのに一番基となるのは母国語力です
    これは語学習得の基本だと思います

    ユーザーID:5674515487

  • 人それぞれ

    60代、大学教員です。職業柄、英語できなきゃどうしようもないです。
    海外の大学とも遠隔講義で英語使いますし、同僚にも外国人教員多くなってきました。
    だから、会議も英語ですること多いし、留学生向けに英語で講義することもあります。

    普通の人はあまり英語使わないかもしれませんが、自然災害・戦争その他の危機で海外移住する可能性も考えれば、英語できた方がいいですよ。

    ユーザーID:2575096467

  • 私の場合は必要

    50代、女、海外在住です。

    四大卒ですが20代後半までは英語は大の苦手でした。
    大学入試も英語の試験が比較的簡単な大学を選びました。

    しかし、20代半ば、転職しようにも英語ができなくては仕事が選べない、というのを実感し、一大決心して語学留学しました。
    また、内向的な自分の性格を考えて、翻訳を生業にしたいと考えたのです。

    その結果、現在は外国人の夫と海外に住み、在宅で翻訳をしています。
    私の場合は、英語の勉強が人生の転機になりました。
    英語ができなくては、夫とも仕事とも出会えませんでした。

    私は発音が悪く、話すのは今でも苦手意識がありますが、支障なく生活しています。以前は同じ日本人の前で英語を話すのは躊躇しましたが、今は自分の英語が下手だと思われてもいいや、と思えるようになりました。

    英語が必要かどうかは人それぞれだと思いますが、間違いなく人生の選択肢が広がると思います。

    ユーザーID:8785689778

  • 自動翻訳が完璧になる時期は近いが

    >人生に英語って必要?

    自動翻訳機が発達して人の能力が必要なくなる時期がいつ来るのか、それはなかなか読めません。
    そこまでは必要なので、きちんと勉強しておいた方がいいと思います。

    翻訳機が完璧になっても、翻訳機を通して愛を語るのはちょっと無理がありそうなので、それは自分の言葉で語りましょう。

    ユーザーID:2752353187

  • 編集部からのトピランキング

    一覧
  • 必要です

    国内に居て、英語を話す機会がなくても必要不可欠な言語です。
    最新のニュース、ネットでの調べ物をする際に、日本語で検索するのと英語で検索するのとでは圧倒的な情報量の差があります。

    例えば、コロナウイルスにと打った時に、国内だけの情報を検索している人と英語で全世界の情報を調べている人の情報量差は歴然です。

    また、日本後の検索では国内の見解でしか物事を見ることができませんが、英語で同じ検索をするとあらゆる国の見解を知ることができます。

    英語が使えれば、国内だけでなく海外でも活躍の場を広げる事ができるので、就職にも勿論有利です。


    英語ができなくても国内にいる限りは普通に生活できますが、自身の可能性と最新のアンテナを大幅に縮めることになります。

    ユーザーID:8140727534

  • 学校の英語と自分で学ぶ英語

    学校の英語に関しては、自分の人生には役に立たないと思って勉強しないのは勝手だけど、だからといって、他の生徒たちの教育の機会を奪っていい理由にはならないと、今は思います。

    義務教育ではない上、入試のある高校でも、学校教育は最大公約数的なカリキュラムを組まなくてはなりません。その際に、「自分は英語が嫌い」というのは、自分が勉強をしない理由になっても、英語の授業をなくしていい理由にはなりません。それは、他の科目でも言えることです。

    そもそも、「赤ちゃんは自然に言語を習得するのだから、英語も楽しく自然に学ぼう」というのが問題です。小学校でも国語の授業があって、そこで漢字ドリルやテストもあります。中高の古文も、英語同様、単語や文法を覚えないといけません。算数・数学も、九九や公式をを覚える必要があります。他の科目では辛い努力を強いているのに、英語だけは「楽しく自然に学ぼう。」は、虫が良すぎます。

    私自身も暗記は苦手です。でも、最低限、絶対覚えておかないといけないことはあります。英語の場合、中学で習う文法や語彙がそれに当たります。これを絶対知っておかないと、ビジネス英語や大学入試以降必要な学術英語は、到底理解できません。

    勉強の方法論としては、自分と相性のいい先生に、いいタイミングで出会うことが重要です。野球選手でも、コーチや監督が変わったおかげで、すごく成績が伸びることがあります。単に才能と努力と指導だけではダメで、自分にあった努力の方法、自分の才能を最大限に引き出してくれる指導法・指導者に、ベストのタイミングで出会わないといけません。

    今、苦手でも、今の先生の教え方が、今の自分には合わないだけかも。一般論が必ずしも自分に当てはまるとも限らない。普通は復習が大事と言うけど、私の場合、予習しかしないような勉強の仕方をずっとしていました。でも、私にそれが合っていたのです。

    ユーザーID:1859650155

  • 入ってくる情報量が違う

    日本語は世界から見るとマイナーな言語です。日本人で日本に住んでいれば日本語だけで事足りるかもしれません。ただ英語が理解できると読める本や記事、入ってくる情報が膨大に増えます。日本語に翻訳される本や情報はほんのわずかです。翻訳も質が必ずしも良くないので、原文で読めるにこしたことはありません。
    英語が読めると英語の文献はもちろんのこと、もともとが別の言語であった情報も、日本語訳はされなくれも英訳される可能性は高いので、そういった情報にも触れられるようになります。世界の全てに言語を網羅することは無理でも、英語が話せると、英語圏の人のみでなくお互い第二言語として話ができるようになります。そして英語ができると働ける場所や住める国も増えます。

    逆に世の中には英語しか喋れない人たちもたくさんいるわけです。他国の人たちが自分たちの言語を勉強してくれるから彼らは楽でいいなあと思う事もありますが、彼らは彼らで別の意味で視野が狭くなりそうだなと思います。

    なんしか多言語を話せる読めるのはお得!必要というより得をするのでやはり英語学習はやっていて損は無いと思います。

    海外在住会社員でした

    ユーザーID:3085239033

  • 必要以前の問題

    算数必要ですか?と聞かれていいえという人はいないのではないでしょうか。
    私は受験の英語は好きではありませんでした。
    しかし、社会人になって気づいたのですが、英語ができると、海外旅行で騙されない、お得な情報が得られる、友だちができて一生の思い出になる、仕事に必要な最新の情報が得られる、プログラミングも苦にならない、といいことづくめです。
    またアメリカの教育プログラムはすごい!これも英語ができないと受けられません。
    中高大と勉強しておいてよかった、と思います。
    ただあの頃の自分にもっと楽しく学んでもよかったのだよとは言ってあげたいです。
    30代女性

    ユーザーID:9238701131

  • 必要性を今のところ感じてません

    20代前半女子です。

    自分の周りに海外に興味がある人がいないせいか周りの友達も全く話せない人が多く自分も話せません。し、英語自体に興味があまりないです。
    英語の授業や課題は大変でしたが、日常で苦労したことは今のところありません。

    ユーザーID:0570262521

  • 学校英語を叩き込め

    非英語圏在住のアラフィフです。この国には30歳で来て、ゼロから現地語を習得しました。

    海外に出ると、ペラペラと英語が話せるのに、読めない書けない人が本当に多いことに驚きます。私が今住む国でも、会話は上手いのに英語の説明書などを渡されると読めずに逆切れする人もいます。

    それに比べて、日本の学校英語は素晴らしい。大学受験まで勉強したら、英文説明書や新聞の内容を把握するレベルの英語を習得できるのですから。

    聞き取りや会話なんて後からいくらでもついてきます。読み書きは古今東西、教養のバロメーターですよ。

    ユーザーID:5324845137

  • この世に生まれてきたからにはこの世を楽しむために必要

    私はアメリカ住(男、72歳)ですが、気が付いたのは英語エンターテインメントの多様さは尋常ではないという事です。勿論、他の言語も卓越すればその言語文化を楽しめるでしょうが英語はイギリスの古い文化(シェークスピアなんか文化は凄いです。)から産業革命が始まったころのイギリス文化から今のアメリカ文化(映画やブロードウェイ)は才能が凝縮してます。

    今こちらではコロナの影響でブロードウェイは皆扉が閉まってますが、救済の目的で流行ってるミュージカル、「ハミルトン」があるチャンネルで観れるようになってます。これはかなり早い速度英語(ラップ)でネイテイヴの人達にもちょっと分からない速度ですが、もしこの速度の英語がちゃんと聞き取れたら(自前に勉強して)その楽しい事は言うまでもありません。これは他の言語に訳されて演じられることができるのだろうかと勘ぐってしまいますが難しいでしょう。

    世界を旅行中、英語だけに卓越してればコミュニケ―ションには困らず誰とでも話が出来、友達になります。世界冒険が楽しく簡単に安全にできます。テレビのニュースでも一番先に報道されるのは英語でしょう。他の国の言語の文学でも真っ先に翻訳されるのは英語です。

    多分、このように考えない人も多いでしょう。それはそれでいいですが、この人生をもっと楽しむためには皆さまに英語を卓越して欲しいと伝えたいです。

    ユーザーID:1821721891

  • できるに越したことはないとは思う

    50代、女性、英語圏在住21年

    海外旅行に出かけた際には、英語ができると非常に便利ですよね。

    またインターネットによりますます世界が小さく感じられるようになってきている時代ですから、英語が必要かと聞かれれば、必要とする人は増えてきていると答えると思います。

    が!一番大切なのは母国語です。母国語で書かれた文章を正しく理解したり、母国語で思考してそれをきちんとした言葉で言い表せられることが大前提だと思います。その上での英語でしょう。

    日本人に英語が苦手な人が多いのは、とどのつまり、日常生活において英語ができなくても支障がないからだと思います。習得に時間がかかるのは違いが大きい言語だからであって、それは仕方のない事だと思いますね。

    ユーザーID:1350100105

  • 日本人が日本で生活する限り、不要

    あくまでも個人的な意見ですが、英語に限らず外国語などというものは、本当に覚えようという強い意志があるか、必要に迫られない限り、いくら時間をかけても身にはつかないと考えています。

    ですので、子どもの頃から学校で習っているはずなのに、なかなか習得できない人が多い理由は、結局のところ、日本での日常生活においては、英語ができないと困る場面がまずないため、習得する必要性が薄いからに他ならず、従って、レスタイトルの通り、日本人が日本で生活する限りにおいて、英語は不要、というのが私の意見です。

    ただ、当然海外では日本語なんて通じませんから、海外に出てみたい、と言う人は、英語は学ぶべきです。その方が間違いなく世界は広がりますし。

    そしてその際、英語が完璧か否かなんて気にする必要はないと思います。海外あちこちに行っている友人曰く「世界で一番話されている言語は、"Broken English"か"Body Language"だ!」だそうなので。

    北関東在住 40代男性 (中高生時代は東京近郊在住)

    ユーザーID:1738717211

  • 英語できなかったら今の夫との出会いはない。

    秋田県の人口約1000人の村出社です。
    小中学校と全ての科目は平均以下の劣等生でした。
    (後ろから数えた方が順位は宜しい。)

    中学入学当時からなぜか週1の英語塾に通わせられました。
    そのお陰で授業は解るし面白かったです。
    大学の夏休みにヨーロッパでドイツ人の夫と知り合い
    英語で話し結婚し、ドイツでドイツ語を1から勉強。

    3人の子供を育てて気が付いたことは
    日本で学んだ英語文法がドイツの学校で教わる英語文法と
    同じ事。
    私が子供達の英語を手助けして
    学校でいつも首位だった事で私自身に
    自信が持てて自宅で他の生徒たちに
    英語を教え始めました。

    今は夫が独自の会社を始め手伝っているので
    生徒数は増やせず少なくなりましたが
    全盛期は、1日5人45分(個人授業)で毎日やり
    3年は続きました。
    次の生徒が椅子で待っていて
    まるでお医者さんの順番待ちみたいでした。
    <じゃ、次の方どうぞ >

    ユーザーID:1115264029

  • 読売中高生の皆さんへ 英語力が私の人人生を変えた。其の2

    英語はきちんと勉強しておきましょう。

    必要になるかはどうかは今のところあなた達にとって未定でしょう。

    世界に向いて羽ばたく予定、希望の方は勿論、そうでない人も何時何かの

    チャンスがやって来るかもしれません。その日のために用意しておきましょう。


    若者よ 英語力を鍛えておけ
    美しいあなたが
    たくみな英語に からくも
    支えられる 日がいつかは来るかも
    その日のために
    英語を鍛えておけ 若者よ
       (ぬやまひろし作詞の若者よ、替え歌)

    備えあれば患いなしです。一言これを伝えたかったです。
                 70代女、在米50年

    ユーザーID:4081357086

  • 必要かな?

    ずーと日本にいて日本人としかかかわらない場所で、生活し働くのであれば英語は必要なしでしょう。

    しかし今の時代やはり海外旅行などで日本の外に出ればやはりどの国でも英語は公用語,意思の疎通ができるくらいの簡単な会話は必要かと思います

    就職では日常会話以上の英語ができれば職種も企業も選べる範囲が広くなると思われます。

    自分は日本人としかかかわらない、日本から出ないと思っていても人生は何が起きるか先の事は判らない、英語を話せる、書ける、聞けるように勉強して準備しておいても損はないと思います。

    身に着けた教養は誰にも奪い取ることが出来ない自分自身の宝物です。

    ユーザーID:8268652452

  • 英語は大人になってから習得できる

    日本語の習得をおろそかにしたまま英語を学ぶと、日本語で考える力が破壊されてしまいかねません。破壊されてしまえば、自分の都合の善し悪しが思考の基準になり、都合の悪いことを排除することしか出来なくなります。

    旅行や日常生活程度の会話であれば、すぐに慣れて何とかなります。そもそも英語だけでは英語圏の人には叶わないものです。

    先人が英語を習得した意味は、日本には無い専門的なことを学ぶためです。先人の努力もあり、ほとんどの専門的なことは、日本語で学ぶことが出来るようになりました。

    専門的なことに対する日本語での習得が無ければ、英語を上手く活用することが出来ません。日本語で専門的なことを学ぶことが出来る大切な時期に、それをしないことはもったいないことです。

    少なくとも日本語で出来ることは、英語でも出来るようになります。しかし、日本語で出来ないことは、英語で何とかしようとしてもどうにもなりません。日本語で出来なくても、英語で出来ることは、それを仕事とすれば自分の人生に役に立つとは思いますが、そうで無ければ自分の人生に役に立つ場面を見つけることが難しいでしょう。

    海外で役に立ったことは、私の経験上、自国で学んだ自国の歴史と専門知識です。これが無ければ、英語で何をどうすることが出来るというのでしょう。おそらく海外では浮いてしまうかもしれません。

    自分の人生を高めるためには、母国語によって育まれる日本人の精神性の向上です。先人は、自国で学んだ自国の歴史と専門知識を武器にして、それを英語で活用して「ジャパンasナンバーワン」を築き上げたのです。その先人達は段階の世代を筆頭にリタイヤしつつありますが、まだ教えを請うことが出来ます。

    その次に続いていく世代の人達が、コロナ禍であっても日本にある資源を武器にして磨き上げ、これからの世界で互角に渡り合い、新しい時代を創って欲しいものです。

    ユーザーID:4265826067

  • 私には必要でした。

    医学系の大学院博士課程修了後
    期間限定の助手(留学中の助手さんの代理)経験ののち
    アカデミックポストにつけなかったため
    学生時代の研究内容を活かせる外資系企業に中途入社し10年ほど働き
    現在は転職して大学の教員をしています。

    私の場合は人生に英語が必要でした。
    博士課程ともなると国際学会で発表する機会もあり
    その後外資系企業におりましたので
    英語は、まずは飯のタネとして必要でした。

    さらに、今は公私ともども海外へよく行くようになり
    現地でコミュニケーションを取るには
    英語がある程度できれば何とかなるので
    飯のタネの他、プライベートでも助けられています。
    英語が出来なければ、海外へはツアーを利用するしかなかったと思いますが
    ツアーは行ける場所に制約があったり
    ツアーメンバーにより満足度が変わるので
    自分には個人旅行の方が合っていました。

    ユーザーID:8991282949

  • 必要な人には必要

    世界って広いですよ。
    確かに英語は、世界的に普及している言語ではあります。
    しかしポルトガル語や中国語の方が使用人口は多いです。
    大手で、英語よりも中国語を必須としている企業があるくらいです。
    する仕事によりけりでしょうね。

    ちなみに私は小さい商店を経営していますが、翻訳機が活躍しています。
    小売店レベルであれば、もはや機械を介してでも十分成り立ちます。

    関東圏 40代 男性

    ユーザーID:3796473860

  • いらないかもだけど

    日本語が通じない人にも何か伝えたいことがある!という欲や情熱は必要と思うけど、英語の語学力そのものが絶対必要かって言われたら、翻訳アプリもあるし、要らないかも?と思います。

    でも、日本語が通じない人に英語で何かを話して通じたとき、そして会話になったとき、嬉しいような、不安なような、いつもの自分ではないような、脳がびっくりしているような…不思議な感じに私はなります。
    そんなふうに、「いつもの自分ではないみたい」な体験ってなかなかできないので、学校でせっかく英語の授業があるなら、しっかり学んで楽しむのがお得と思います。

    ユーザーID:7964637164

  • 英語が必要というよりは

    理解できた方がいい、という感じかな。

    私は、スーパーで働いていますが、
    最近、スマホ片手に商品の場所を訪ねてくる
    外国人の方が増えました。

    子供たちには英語が喋れた方がいい、とは言っていますが、
    近いうち、翻訳機がどうにかしてくれるのでは?という
    予感もしています。

    政治や人生、教養など深い話題で、
    海外の人と話し合うチャンスはなかったので、
    身振り手振りの片言英語でも不完全燃焼ながら
    その場はやりすごすことはできた、と思います。
    折り鶴のひとつでも折れば、もう、尊敬の眼で友達気分(笑)。

    ただ、やはり、「やり過ごした」だけなので、
    もっと勉強しておけばよかったーとも思います。

    しかし、あこがれのアメリカ人俳優に会った時、
    用意していたセリフが全部飛んだので、
    必要なのは、度胸?だったりして(笑)。

    神奈川在住、50代、女性。

    ユーザーID:5230814173

  • アイテムの一つとして習得しておいて損はない

    但し、必ずしも特になるとも限らない。
    社会に出てから英語に全く関わらない仕事って現実的にありますからね。
    それでも高度な数学よりは使う機会があるのですから、習得しておいて損とまでは言えないですよね?

    何も通釈レベルを目指す必要はない。
    高校生レベルの英語はビジネスでも十分に役に立ちます。
    専門的な単語を押さえておけば文法的には問題ない。
    もちろん業界独自の言い回しはあります。

    でも、英語が得意な若手ビジネスマンが陥りやすい間違いは、英語ができることイコール仕事ができるという勘違い。
    英語はアイテムにすぎません。
    武器の一つではあるけど、使いこなす腕があって初めて生きる。
    立派な刀だけあってもダメで、正しく扱う精神と腕がなければ単なる飾りです。
    英語も同じで英語で話せる事と、伝える内容は別の話。
    ビジネスでは伝える内容こそが最重要で、英語という言語に変換する作業は他人任せでも成立はします。
    英語に変換する技術に優れていても、中身がカラッポじゃビジネスでは意味がありません。

    何にでもなれる君達に必要なのは、何にでもなれるように、何でも学んでおくことです。
    英語も学んでおく。
    でも英語だけ学んでも全然ダメで広い知識こそが役に立つ。

    私が通訳として三流以下なのは英語だけを先鋭化してしまったから。
    通訳を頼んでくる人達は、それこそ英語以外を先鋭化させた専門家で、彼らが言う言葉を理解できなければ通訳はできない。
    よく、中学の理科で習ったよね?
    高校の物理で習ったよね?とお客さんに言われて恥をかく。

    物理も化学も数学も政経も歴史も学べる内に学んでおいて。
    それを言葉に乗せる道具が国語であり英語です。

    ユーザーID:9208711570

  • 英語に限らず、です。

    緊急の時に、外国語が少しでも話せる、聞ける能力が役に立つので、
    必要だと思います。

    今は、若者が海外へ行くことも増え、日本にもたくさんの外国人が暮らすようになりました。

    みなさん、翻訳アプリがあるからと安心されている方も多いようですが、

    事故や災害、トラブル時に、スマホやパソコンが使えるかというと、
    それはわかりません。事故でスマホが粉々になっていたら?
    充電が切れてしまったら?水浸しになったら?

    過去の私の経験としては、
    着陸先の空港で急に爆弾騒動による避難を強いられたり、
    建物内での急な「火災訓練」に遭遇してしまったり、
    公園で置き引きと対面して説得したり、
    翻訳している暇などない場面がありました。

    言葉が通じる方が、周囲の人から情報も得られるし、
    場合によっては、
    辛い状況で励ましあったり、
    待機する時間にコミュニケーションが取れて
    その人と協力しようという気持ちが生まれます。

    また、自分は日本にいても、前述のような状況に置かれた
    外国人に対して手助けしやすくなります。

    彼らが困っていたら、助けてあげて下さい。
    私もよその国で、随分助けてもらいましたから。

    なにより、「外国人と話せない」というハードルをクリアしておいた方が、有事の際には問題が一つ解決済みということです。

    山で一泊したりなんかすると、唄を歌って、みんなが打ち解けることもあります。お互いに知る、それが案外、危険回避につながることもあります。

    英語を勉強している人や習得している人が、世界的にも多いという前提で考えると、英語はかなり有利な方だと思います。

    私自身は、英語はダメで、他に出来る外国語があったので、それも随分役に立ちました。

    学校のテスト(記述)の点数は悪くてもいいから、
    駅や空港のアナウンスの情報を断片的にでも得られるくらいは
    出来た方がいいです。

    九州在住、40代、女性

    ユーザーID:9056118230

  • できたほうがいいですよ。

    小生、ある言語を生業としていましたが、「日本人に英語がどうしても必要か?」と問われれば、「ノー」ではありますが、できることで、活動範囲、職業のチャンス、外国旅行の楽しさがずっと広がります。

    国際社会、ネット社会で、外国、外国人に触れ合う機会が増え、英語ができるのは、絶対に利点になります。

    若い方たちには、「就職してからは、仕事は会社で教えてもらえるが、語学は教えてくれない。英語ができるだけで、就職の際には必ず役立つ」と言っています。

    語学は学問ではないので、学べば学ぶほどうまくなりますし、偶然な機会に英語で対応することができれば、みんなに見直されますよ。

    ユーザーID:3937396057

  • 全ての人に必要ではないけれど。。。

    在米 40代 女性

    皆さん既にお答えになっていますが、英語を学ぶことで選択肢・可能性を広げる事ができる、というのが最大の利点かと思います。
    私自身は語学が苦手だったため、語学を勉強しなくてよい学科に進学しましたが、30代前半に東南アジアの某国に留学し、現地の言葉を習得したのをきっかけに、英語も勉強し直しました。とても遅いスタートだったので、30代は必死でした。もっと早い時期に勉強しておけば。。。と何度思ったことか。人生何が起こるかわかりませんので、備えがあればなお良し。特に今の若い世代だと、英語が出来るからといって特にすごいわけでもなく、これからは当たり前になっていくでしょうから、デフォルトとして備えておく必要はあるのではないでしょうか。

    それとは別の事ですが、以前雑誌で読んだ記事で、複数の言語を話す人はマルチタスクが得意、とありました。英語を聞き取る言語野は日本語のそれとは異なる場所にあること、複数の言語を同時進行で考える行為が、マルチタスクのスキルを上げるのだそうです。他にも記憶力アップ、認知症予防など、脳に大きな影響があるようですね。

    個人的には、人々が母国語以外の言語を学ぶことで、他国の文化や歴史に興味を持ち、理解や共感を深め、それが結果的に紛争や差別を無くすことに繋がって欲しいと願っているので、英語だけでなく、言語を学ぶことは必要かどうか以前に、とても大切なことだと思います。

    ユーザーID:2298646025

  • 英語が理解できて良かった瞬間

    得意などと口が裂けても言えない回答者ですが、判ることでよかった瞬間がありました。

    映画で原語と字幕の差があることに気が付いた。

    初めての海外旅行でチケットを自力で買えた時、チェックイン時に書類を書か(意地悪)されたとき。

    趣味の最新情報は英語雑誌だった。

    国際通販で国内より遥かに安く買えた。

    外国人に話しかけられても、資料がいきなり英語(仕事)だったとしても動揺しない。

    オーバーシュートとかピークアウトとか言われても原語で正確な意味を理解できる。

    日常英語に触れない生活は無理と思います。

    ユーザーID:4460332639

  • 単語ぐらいは知ってた方がいいかな

    中国地方
    30代


    ペラペラに話せるレベルの英語は、
    必要な人・興味のある人が学べばいいと思います。

    特に今の所そんな夢はない人、
    嫌々、テストの為や受験の為に英語を学んでる人は
    その単語をうっすら知ってる程度で問題ないかなぁと。

    高校受験の時に、受かる為に必死に塾で英語を習いました。
    でもそれ以降は全然真面目に取り組んでないので、
    文法とかはもうサッパリです。
    でも、今の所不自由してません。

    単語の意味はうっすら分かるので
    ずら〜っと文が並んでても、単語だけ見て
    大体こんな事言いたいんじゃないの?ってわかるし、
    それ以上を理解しなきゃいけないほど
    海外の人と交流したりしないので”大体”でいいと思ってます。
    いちいち、これは助動詞で…文法的には…とか考えた事ない。

    実際に海外旅行行っても、
    文法は分からなくても単語や身振り手振りで伝わるし、
    (まぁこれは周りの海外の皆様が優しかったおかげでもある笑)

    日本に来た海外旅行者に何度か道や行き方を尋ねられましたが、
    単語と地図と身振りで問題ありませんでした。

    英語を知れば知る程、
    知れる世界は広いのは確かだと思いますが、
    「必要だから」と嫌々習わされて英語が嫌いになってしまう方が
    世界は狭くなっちゃう気がするので、
    高校生までは、
    将来への選択肢の一つとして英語はあった方がいいと思いますが、
    以降は、各々の人生ですからお好きに〜!でいいと思います。

    もしかしたらこんな事言ってた私も
    数年後英語習ったるぜ〜!ってなってるかもしれないし笑

    ユーザーID:6554461258

  • 必要ではないけれど、英語じゃないと入ってこない情報がある

    ニュース一つ見るにしても、日本語サイトと英語サイトで見解が違うので面白いです。
    日本からの視点、海外からの視点を知った上で物事を理解できるので
    色々な見識が深まる様な気がします。

    あとは単純に人生の選択肢が増えますかね。。。
    私は必至で英語を習得、現在ギリギリ生活でなんとか海外で働いていますが
    同僚(他国籍)にはは「英語は当たり前のもの」と言われて、
    ちょっと悲しくなると同時に、もっと頑張ろうと思います。

    ユーザーID:3352459349

  • 教科科目を考えると…

    平安時代の古文、『外国古典文学』の漢文、伝統文化の書道…
    これら全部とっても、不要って言えば不要ですよね。けれどその素養があるだけで人生が三次元に奥行きも間口も広くなり、潤いと彩りに満ちてきます。
    英語はなおさら、だって実用ですから。
    そんなに難かしく議論の対象にしなくても、PC、デジタル、IT関連全てほぼカタカナ英語になっています。スポーツだって英語の単語知っているとルールも理解が早い。
    今の生活にカタカナでも英語の基礎知識は必要不可欠。時事問題、政治家の演説だって今時、英単語抜きでは語られず、理解に苦しむ。
    音楽の世界だって流行りの主流は英語です。知っていて決して損はない。
    旅行するときも空港内だけでも簡単な英語ができれば一人旅の不安も大半は解消。
    将来の利点についてはきっと他の皆さんが語ってくれるでしょう。
    でも一番取り掛かりやすい最も広範囲に通用する英語を足がかりにするのは悪くない。
    私の大好きな短編小説で(すでに古典ですが)『チップス先生さようなら』というのがあります。男子校の年取ったラテン語の先生ですが、生徒に『何のために死者の言葉を習わなければいけないの?』と訊かれ
    『日曜日の午後、一杯のお茶を前にクロスワードパズルをする。そんな時、解答のラテン語の単語を知っている、それだけでささやかな喜びを得られるじゃないか』。。。そのままではないですが、内容は確かこのようなものでした。
    教養ってそんなものではないですか?
    同じ風景を前にしても「追体験できる」素材を持っていると思い出と重なって記憶は二重三重に心に刻み込まれる…英語も外国文化の入り口に、そして実用と将来のため、まさに一石二鳥三鳥。なんでも吸収できる若い頭脳に「義務教育」でやらねばならない、ではなく『絶好の機会をもらっている』と考えて学ぶといいですよ!!!
    鉄は熱いうちに打て…

    ユーザーID:5264768357

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧