遺産はいらない

レス34
(トピ主0
お気に入り45

家族・友人・人間関係

にも

皆様に相談させて下さい。

私は20代後半の既婚女性です。

先日実家に呼ばれて行きましたところ、急に両親に遺産について話をされました。
○○に保険証券が入ってる。あなたたち(妹がいます)に現金いくらずつ、不動産収入についてなど。税理士さんの連絡先等です。

突然の事でびっくりして、妹と何か病気でもと心配をしましたが、そうではないみたいです。
私はあまりにびっくりして、「別にいらないよ。それだけのお金があるならば、好きな事に使って。」
と言いましたが、両親は悲しそうな顔をして「そんなことはできないよ。あなたたちのお金だし、自分たちの分は確保してある。」と返ってきました。

その後妹と喋りましたが妹も同じ気持ちです。まだそんな歳でもないのに、遺産の話をされたら死んでしまうようで悲しいと。
両親は60代前半です。祖母も生きております。
裕福だとは思いますが、特別な贅沢はせずに貯めたお金だと思います。

そこで質問なのですが、何故親はそんな話をしたと思いますか?子供さんがいらっしゃる方でしたら、遺産の話をするのならいくつくらいの時ですか?
あと、できれば好きなように使ってほしいのですが、何と言ったらいいと思いますか?

質問ばかりで申し訳ありません。

ユーザーID:0914235626

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
  • ご両親の意に添うような行動をするのも

    親孝行の一つです。実際に相続が発生するときは両親が亡くなった時ですので、幾ら遺産があるのかなど今は分かりません。確定していません。
     親には「ありがとうございます。その時はそうさせてもらいます」と答えれば良いのです。それが本当の親孝行ですよ。
     親が好きなように使うのはもちろんですが、トピ主さん姉妹が「ありがとう」と返事する方が親も喜ぶのです。「わ〜、嬉しい」でよいと思いますよ。

    ユーザーID:2378321146

  • 60過ぎたら終活はじめ

    確かに平均寿命までまだかなりあります。
    でも60過ぎれば終活はじめてもいいと思いますが。
    本人に話すのは早すぎるかな。
    相続の意向はいくらでも上書きできるんだから。

    好きなように使ってほしいとは優しい娘さんですね。
    でも思っても口に出さない方が無難。
    ご両親に長年にわたる介護が必要になったり、そのためにトピ主さん姉妹が離職するはめになったりするケースもあるんですよ。
    そうなったら遺産はとてもありがたいです。

    ユーザーID:3635547676

  • 学生も終わり家を出てもおかしくない頃だからでは?

    主人は今30ですが、主人も成人した頃にそういった家の遺産というか貯蓄や資産の話をされていました。

    洋服だってしまむらとかで、普通の家庭で贅沢もしませんが、義母が貯金が趣味で、女性にしては高収入の資格職のため驚きの貯金額です。

    そろそろ昔の同級生やお友達で亡くなった話でも回ってきたのかもしれませんね。
    自分も若くて元気、子供もそれなりに若くて記憶にも残るだろうしと今のタイミングになっただけでは無いでしょうか?

    きっと主様のお母様は節約家で贅沢が苦手な人ではありませんか?
    きっと今までの節約というか、お金の使い方が身に付いてばーんと派手には使えないんですよ。

    私もそうですが、もっと贅沢したってなんとかなるのにグラム100円越えるお肉は買えなかったり(笑)
    他の安売りの材料を探して予定してたおかずを別メニューに変えちゃいますもの。

    はいはいと話を聞いて、そのお金は将来主様のお子様のためにでも使ってあげれば良いのではないでしょうか?

    ユーザーID:2972459286

  • 死期が近づいてからでは話題にしにくい

    元気なうちだから出来るのです。

    遺産は要らない?
    放棄することは可能ですが、そういうことを仰っているのではないのですものね。

    病気がなくても天変地異、事故などで何が起こるかわかりません。
    手続きなど必要な証書類、税理士さんの連絡先を伝えたいと思うのは当然のことです。

    私も最初に子供たちにそういう話をしたのは、55歳の時でした。
    (長男長女とも20代半ば)
    遺産というより親の財産の概要です。
    詳しい金額は伝えてはいませんが、不動産登記簿、生命保険などの保険証や
    銀行郵便局の預貯金口座、利用している証券会社、解約しなければならないクレジット会社、PCやスマホのパスワード。

    >自分たちの分は確保してある。

    遺産というより知っておいて欲しいという連絡事項を伝えたという事だけです。

    自分たちで使ってって・・・最後は自分でお金の出し入れさえままならなくなることも有りますからね。
    子供として把握しておいてくださいね。

    親の老後、介護問題などもこの機会に話をしたかったのかもしれませんね。

    >「別にいらないよ。それだけのお金があるならば、好きな事に使って。」

    哀しそうな顔をしたと思うのなら
    もしかしたら、
    遺産は要らないから、そのお金で老後は自分たちで何とかしてねと
    引導を渡されたようなな気持ちになったのかも。
    いや、基本自分たちで過ごすのは大前提ですが、子供たちの手を全く借りないというわけにはいかないんですよね〜。

    まだまだ先の話と思っていても、親の老後問題はひたひたと近寄ってきているのです。

    ユーザーID:5122190789

  • 元気だからこそ

    お金の事って、仲が良かった兄弟姉妹でも揉めたりするものなんです。
    本当に年を取ると、就活もきちんとできなくなったりします。
    ご両親はまだまだ元気だからこそ、就活の一環としてトピ主さん姉妹を呼び、話をしたのではないでしょうか?
    ご両親がどれだけお金を使っても残しても、いずれトピ主さん姉妹で相続することになるのですし。
    親は子供のために残してあげたいと思って、それを幸せと思うのであれば、親御さんの言う通りに聞いていればいいと思います。
    それも親孝行だと思います。

    生きてるうちにお墓を買うと、長生きすると言われています。
    それと同じで元気なうちに、そういったことをきちんとしておくと、その後元気で長生きできるということで解釈すればどうですか?

    ユーザーID:3895234405

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 元気だからです!

    死にそうなら、そんな話はできません
    心身ともに余裕がないと無理です

    自分が当面死なないと思ってるから
    余裕持ってできるんですよ

    現にあなたは、両親に何かあったのかと
    ヒヤヒヤしたでしょう?

    遺産の話を、したら自分が死ぬような気がして話せない人は多いです
    病気になると、本当に気が弱って性格も変わります
    そうなると、財産なんて残したくなくなる

    そんでもって
    死んだあとに大変な事になるんですよね


    あとは終活ブーム
    最近依存相続の法律が変わったというのもあります

    私なら
    残せる遺産があるならば
    頭のはっきりした60代のうちに

    できれば子供が就職して結婚して落ち着いているタイミング
    って意外に短い
    子供が生まれると数年はバタバタして話すタイミング無くしそう

    成人後や就職してすぐにだと早すぎる
    孫が大きくなるのを待つと遅すぎると思います

    なので、ちょうどいいのでは?

    私なら両親に
    そんなもんなくても生きていけるわ!
    と笑って返します

    多分ご両親の見栄もあると思うので、
    精一杯強がります

    ありがたい事です

    ユーザーID:7809650749

  • ご両親が正しい

    ご気分を害されたら申し訳ありません。
    いつ何があっても大丈夫なように備えておいて何も不都合はありません。
    ご両親は正しいと思います。
    おそらくご両親としては今後にかかるお金をきちんと計算されたうえでおおよそ残せる資産について明確にしておきたいのだと思います。
    死んでしまってからでは何も話せない。
    残せるものがあるのなら姉妹でもめることがないようきちんとしておきたいのでしょう。
    どこに何があるのか知っておくことは大事なことです。

    ユーザーID:6793341158

  • えぇ〜??

    >できれば好きなように使ってほしい

    それが あなた達にお金を残すということ なのでは?

    好きなようにさせておあげなさいよ。
    ご両親のご自由なんですから。
    遺産を残してやるからこっちの言う事に従え、みたいな話ではないんでしょ?

    >その後妹と喋りましたが妹も同じ気持ちです。まだそんな歳でもないのに、遺産の話をされたら死んでしまうようで悲しいと。

    もういい大人で結婚もしておられるのだし、幼い感傷はそろそろ捨てないと。

    >何故親はそんな話をしたと思いますか?

    あなた達ご姉妹が相続で揉めないように、きちんと話をしておこうと考えられたのだと思います。

    もし「お金なんて欲しくない」ということでしたら、あなたも妹さんも、ご両親が亡くなってから相続放棄をする自由があります。

    ユーザーID:0772153469

  • ウチも

    突然の話で驚かれたのでしょうが
    別に早過ぎるとは思いません

    ウチも60代前半の夫婦ですが
    すでに数年前、息子と娘に
    遺産の事や葬儀の希望などを伝えました

    最近は、コロナのせいで
    同世代の有名人が亡くなった事もあり
    自分もいつ、あっけなく逝くかも知れないと思いますし
    ご両親がそう思われても不思議ではありません

    「遺産はいらない」との事ですが
    例えば、トピ主さんも将来お子が数人できて
    全員に本人の希望通りの教育を受けさせたい、とか
    自分達の老後は子の世話になりたくない、とか思えば
    お金は本当に必要で、親の遺産があって良かったと
    思う日が来るでしょう

    ユーザーID:5749550522

  • 使い道がない

    50代、今のところ健康です
    私も子らに自分の死後はどうしてほしい
    こうしてほしいと話す時があります
    私の姉は50前半で突然亡くなりました
    誰でも明日生きている保障なんて
    ないんですよ
    子どもにある程度の遺産が残せて
    老後資金もあるとなれば
    幸せなことです
    自分の好きなように使うなんて
    何もほしくないし無理なんですよね
    私もそうです

    ユーザーID:2078624852

  • 人間いつ何があるか分からない

    気が付いた時に色々と決めて話しておきたかっただけでは?
    伝えることを伝えればちょっと肩の荷が下りる気がしますし。

    親の死後の話を聞くのが悲しいのは分かりますが、何故?と思うような事ではないと思います。
    生きているうちに使って欲しいというのも十分わかりますが、両親はトピ主さん姉妹に残したいのでしょう。お互いの気持ちが行き違っているだけです。

    ちなみに私は50代ですが既に将来の事を考えてエンディング・ノートも書いて保管してあります。

    ユーザーID:7928610681

  • 残したい親も普通、別にいらないよという子も普通

    ご両親の子育ては成功だったのでしょう。
    親は子供が自主独立して生計を立てられるように導くのが役目。

    親の遺産を別にいらないよって言えるのは、自らの才覚で生きていける自信に外ならず、親としての役割を十二分に果たしたということでしょう。

    一方で、人生には酸いも甘いもある。
    20代後半と言えば人生の「甘い」部分を経験しているに過ぎません。
    結婚し、子を成し、時に社会情勢に翻弄されることもあるでしょう。
    住宅ローンの重圧や学費の高額さに暗澹たる思いになることもある。
    プレッシャーに押しつぶされそうになることだって一度や二度ではないでしょう。
    ご両親の年代ならリーマンショックなどで収入が激減なんて「酸い」の部分の経験もあるはずです。
    そんな時、ご両親の両親。つまりトピ主さんのお爺さんやお婆さんからの遺産や経済的援助はとても心強い助けだということも知っています。

    親の経済力が子の助けになることを知っているし、実際に自分達も親から助けられたことがあるのでしょう。
    だから次は自分達が子供を助ける番だと思うのは普通のことだと思う。
    だからこそ「あなたたちのお金だし」というセリフになるのだと思う。
    自分達が親から受けた恩を子供に戻す義務があると思えば「これは自分のお金ではない」という意識になるのでしょう。

    そして子供の立場で綺麗さっぱり使って逝ってくれればいいというのも、これまた当然のことかた。
    独立して生計を立てる知恵を授けてくれればそれで十分だと思う気持ち。
    尊く立派だと思う。

    親と子が、それぞれがそれぞれを思っての発言。

    美しい姿だと思うよ。
    それで良いと思う。

    そして20年くらいすれば親の気持ちが理解でき、遺産を残してくれて有難いって気持ちになると思う。
    その時は親はなし。
    でもそれはそれで良いのです。

    今の偽らざる気持ちこそ大切ににて欲しいと願うばかり。

    ユーザーID:7051027183

  • それも愛情

    コロナ禍のせいもあるかもしれませんね、いざというときのことをきちんと話しておくのは悪いことではないと思います。
    トピ主さん姉妹に遺せるものを遺したい、何かのときに困らないようにしてあげたい、そしていざというときに「親のお金のことなんて何も分からないよ!」という状況にならないようにしておきたい、これもご両親の愛情だと思います。
    しかし一方で困惑して悲しい気持ちになるのも理解できます。
    お金の話もきちんと話し合いつつ、「でも一番嬉しいのは親が幸せに長生きしてくれることだから、もしこの先に大きな買い物とか病気とかで話してくれたお金を使うことになったら躊躇せずに使い切ってほしい」と伝えてみてはどうでしょう。

    私自身の場合、学生の頃に母が倒れ、幸い命はとりとめましたが意思疎通ができるようになったのは数か月後で、任せっきりだった家のお金のことが何も分からず父と兄と私で右往左往しました。母が助かるか、意識が戻るか、と毎日病室で付き添う日々の中で、更に「家のお金のことなんて何も分からないよ!」という状態でした。
    こういうパターンではなくとも、例えば、大病してもう時間がないからとお金の話をされるのも辛いことでしょう。
    元気なうちに話し合えるのが一番いいのではないかな、と個人的には思いますよ。

    ユーザーID:3915967207

  • 自立した子供がいる60歳代なら自分達の死後を考えますよ

    私(50歳)子供がいないから40歳代半ばくらいから考えています。

    私が30歳代前半の時に50歳代前後の上司と話していました。
    その上司が「自分が死んだ時のことを考える」と言っていたので
    何故そんなことを?と思いましたが、それくらいの年齢になると考えるものです。

    あなたは親の死後に親の財産が分からなくて困る子供の話を聞きませんか。
    テレビ番組や新聞で散々言われていることです。
    だから親御さんはそのことを話されたんです。

    そして親が貯めたお金をどう使おうが親の自由です。
    全部使おうが、全額子供に遺そうが、全額寄付しようが、
    適当な割合で振り分けようが、それは親の自由です。

    それをあなたが
    >「別にいらないよ。それだけのお金があるならば、好きな事に使って。」
    と言うのは無神経です。
    要らないなら親御さんが亡くなった時の税理士さんとの話し合いの時に
    要らないと言えばいいんです。
    親御さんに言うことじゃないです。
    できれば好きなように使ってほしいなんてあなたが望むことではありません。

    例えばあなたの預金を無関係の人が「あれを買いなさい、こう使いなさい」
    と言ったら「余計なお世話」と思いませんか。
    それと同じです。

    あなたがしていることは親御さんのことを思っているようで、
    親御さんの気持ちを踏みにじっています。
    あなたもある程度の年齢になれば分かります。
    それまでは分からないことでしょうね。

    ユーザーID:7012521002

  • アラ還です〜ご両親の気持ちわかります

    50歳を過ぎたあたりから 同級生などが ボロボロと亡くなったり 癌治療はじめたりの話しが耳に入りはじめました。
    まさか?! が ……実感されてきます。
    しっかりとしてる内に 伝えて起きたいトピ主さんのご両親の気持はよく分かりますし〜 自分達のために使ってね〜と言ってあげたトピ主さんの言葉は ご両親には 有難かったと思われます。

    こういったことは その年齢にならないとピンとこないでしょうね……

    ユーザーID:5524994374

  • まだ生々しくないからです

    私は50代で両親は80代です。さすがにこの年齢になると遺産の話は生々しすぎてできません。私から話しかけるのは親の死を期待しているように思われそうだし、親から話が合ったら、余命宣告でも受けたのか?と思いますしね。

    私の両親は60代で自分たちの資産の話をしてくれました。大きな災害のあった年で、その時の惨事を見て何があってもおかしくないと思った、と言ってました。私も同じことを思ったので、私の資産についても話をしました。「あなた蓄財の才があるわね」と褒めてもらいました。生々しくないから話ができるのです。

    ユーザーID:1821628665

  • 相続税

    不動産もあるなら相続税もかかるし、

    親のぶんは確保してある、というが、何千万か何億かあるのか分かりませんが、失礼ですが、それほどの資産家でもないなら、もし長生きして施設にでもお世話になることになれば、月に25万ぐらいは掛かるのよ。

    手続きだって子供に頼むし、万が一、思ったより残らない程度で、足が出るなら、子供に残そうと思ってたぶんからも払うことになるし、

    分け合う姉妹兄弟がいるなら、

    今からキッチリ分けてもらったほうがいいに決まってます。

    あればあったで、分けなければならないなら、揉める確率高いですもん。

    悲しいとかそんなこと言ってる歳ではない。

    私は一人っ子だし、旦那の方も将来的に私の子供しか跡継ぎがいないから、継ぐものがあるので、不動産も預貯金も、結構な資産家なので全て把握してますよー。

    ユーザーID:2325483461

  • 正に今の私です

    私は60代前半ですが、正に最近そういう事を考え始めました。
    小さな事では、持っている着物のうちこれは姪はへ、これは娘へと送ったりしています。
    不要な家具を処分してスッキリして、次は家や土地の相続を分かりやすくしようと思います。
    でも、健康ですよ。
    子供達に、分かりやすく残してあげたいと、皆思うのではないでしょうか。

    ユーザーID:1680483058

  • コロナ のせいだと思います

    ご両親と同年代です
    お元気だった人がコロナで突然
    話もできないまま亡くなっていかれたのをみて
    私もそのような気分になりました
    話はしていませんが子供たちにもわかるようにまとめてあります

    大多数の人は大丈夫だとはいえ
    もう危険度の高い年代
    心残りのないよう準備しておきたかったのではないでしょうか

    「お話は聞いておきます
    でも好きなように使って充実した老後を暮らしてもらった方が
    私は嬉しい」
    で良いのでは?

    ユーザーID:4210229585

  • 元気だから今する話

    60代でまだ遠い話だからこそ、今できるんですよ。
    喪服は家族が元気で葬儀が関係無いときに作る、それと同じです。死期が近づいたら縁起でもなくて絶対に出来ません。
    だから、今なんです。

    私も息子に相続の話をしましたよ。
    私自身が働いていた上場企業の株式と父から相続した株式をそれぞれ二人の息子に残すから、と。

    ユーザーID:4334892436

  • ちゃんと聞きましょう

    最近、親を亡くしたものです。

    私はもともと親と仲が良くなく、何をしているかさっぱり分かりませんでした。
    そして突然の死去。
    葬式から相続やその他手続きまで、まったく分からないままやりました。
    その時の経験から、親に、どんな葬式をしたいか、資産はどこにあるのか(額はすぐに分かるからいい)など、すべて聞いておくべきと思います。
    おそらく、親御さんは、主さんたちに苦労を掛けたくなくて、実家に呼んで話そうとしたのだと思いますよ。

    親から突然そんな話をされたら驚くと思いますが、これはいつかは必要なことです。
    今からでもいいので、妹さんと、「あのときは話聞かなくてごめん。びっくりして。今度はちゃんと聞くから」と言って、、姉妹でもう一度実家に行くことを強くお勧めします。
    税理士さんが噛んでいるなら、相続について心配することはないでしょう。
    ただ、話を聞くだけで十分だと思いますよ。

    ユーザーID:8392698082

  • 必要な情報

    遺産と生命保険なら、死んだ後のことですね。
    どんな資産があるかは、どうせ親が死んだら、
    相続税の申告のこともあるし、
    調べないといけないことです。
    借金があったら、相続放棄、限定承認など、
    必要かも知れませんが、
    税金の申告と、相続放棄、限定承認の手続きには、
    期限があります。
    一から、家探しして、調べるのは、大変でしょうし、
    今のうちに、伝えてくれたのは、助かると思います。

    遺産いらなければ、
    相続放棄は出来ますが、
    その場合、故人の親、故人の兄弟
    あなたにとっては伯父伯母、叔父叔母などに、とられるかも知れない。
    更に、その人たち全員が相続放棄すれば、
    国のものですが、
    あなたの両親が、せっせと築いた資産は、
    やはり子供や孫のために残したいものです。

    ユーザーID:5069610105

  • 六十代後半です。

    六十代前半で心筋梗塞になりました。それまで全く元気でした。
    人生いつどうなるかわかりません。

    色々考えて通帳の場所などを子供に話しました。全く何も知らないと困りますからね。
    実家のお墓も処分しましたがややこしいところにある主人の方のお墓の場所をきちんと教えておかないといけません。私の骨を入れなくてはいけませんから。

    主人の友人は元気に回復するつもりでしたが亡くなりました。いろいろ使用人に持ち逃げされました。後始末が大変だったようです。

    ご両親がなさることに無駄はありません。いつかは必ず来ます。感謝しましょう。

    ユーザーID:7336810551

  • いいご両親です

    ご自分たちが元気なうちに、もろもろの手続き等を済ませてくれて、ちゃんと娘さんたちに伝えられていて、とてもしっかりしたいいご両親だと思います。
    私は50代後半、80代の両親と実家暮らしですが、私の両親は終活など何ひとつしようとしないので、私がやっていますが、それはそれは大変です。
    遺言書の作成、それを今年7月に改正された法に基づいて処理、父の死後の母の遺族年金、公共料金の支払いの口座変更、等々。
    父がもう長くなさそうなので、父の認知機能の衰えが少なく、まだ自力で動けるうちにやってしまわないと、と休日はそれらの事で奔走しています。
    知識がないので、ネットで調べるのと並行で、専門家の方に相談に乗って頂きながら進めていますが、そういう事の連絡も全て私がひとりでやっています。
    書類の書き方も勉強して、両親に教えながらやっています。
    おかげで最近は休日は気持ちも身体も休まりません。
    もう少ししたらひと段落しますが、それが終わったら今度は葬儀会場と墓地とお墓の手配が待っています。
    事前に全部手配しておかないと、いざ亡くなった時に泣いたり悲しんだりするヒマもないですから。
    ふたりとも何もしないのなら、私がやるしかありません。
    親の死後の事など縁起でもない、となかなか言い出せなかったし、着手もできませんでしたが、ここ最近父の衰えが目に見えて加速してきたので、縁起でもないなんて言ってる場合じゃない、と思い切りました。
    何もしない親を持つと大変です。
    トピ主さんはいいご両親がおられて、うらやましいくらいです。
    娘さんたちを心配されて、それでお金を残そうと思われたのでしょう。
    せっかくのご両親の気持ちですから、遺産は素直に受け取る、と伝えて謝意を示して差し上げるのが親孝行ではないでしょうか?

    ユーザーID:0964870914

  • きっと、コロナだから。

    ご存知ですか。今は、新型コロナ感染症予防のため、入院した場合、面会が禁止されています。さらには他府県への移動も制限されています。昔は入院してからあーだ、こーだ言えましたが、今は亡くなるまで会いにくくなっているのは確かです。ですから、自由に会える今、面と向かって色々と話をしてくれるのではないでしょうか。

    ユーザーID:4298943241

  • 小学生から

    小学校高学年から話をしてますよ。
    社会人になってからは遺言書も作成し、配偶者、親や兄弟にも希望を伝えています。
    その後はライフプランが変更になる度に遺言書は書き換えています。役場できちんとお金を払って作成しています。
    子ども達も高学年になれば理解できますので、印鑑のある場所や通帳のある場所、我が家の家計や預貯金について話をしています。
    早すぎると思ったことはありません。
    生きている以上、我々の身体には今この瞬間にも死が内包されています。
    死ぬ準備というよりは、残ったものを困らせないようにする、未来のための一手と思い手を打っています。
    トピ主さんたちは驚いたようですが、いままで家計の話など折に触れてされたりしなかったのですか?
    親の給与や家計費の内訳など、通常は子どもも交えて話していくものだと思います。(もちろん話さないという選択もありだと思います。)

    悲しくなるような話ではないと思いますよ。
    そういう受け止め方は親御さんにとっては不本意だったのでは。
    いらないと突っぱねる必要もないでしょう。
    遺産を、親心や想いと置きかえてください。突っぱねられたら悲しくなりませんか?
    もちろん、好きに使って良いという気持ちからだとは思います。ですが、個人差はあれど、歳をとるとそこまで物欲もないし、子どもができれば我が身より子どもとなります。
    私はまだ30代ですが、若い頃に比べ物欲は落ち着いてきましたし、自分が使うより子どもに使いたいです。残したいです。だって、子ども達の世代の方が間違いなく苦しい世の中になるから。
    私はまだ若いですが、私が親より先に亡くなることがあれば、私の子どもは私の親の養子に入れるように頼んでありますし(特別養子ではありません)、配偶者と子どもに分ける資産もきちんと税理士さんと弁護士さんにお願いしています。
    決して富裕層ではなく、庶民です。

    ユーザーID:0279020157

  • ご両親のご両親(祖父、祖母)の件から学んだのでは

    私はご両親と同じ年代です。
    私の父は80代後半で亡くなりました。
    80代半ばころから認知症となっていて、その前からも年齢のせいか判断力も落ち、物の整理整頓や管理も難しくなりました。
    いつも探し物をしていました。
    母は70代で亡くなっています。
    で、亡くなってから必要な書類など探すのにとても苦労しています。
    判断力が怪しくなったころから徐々に医療保険証、介護保険証などの本人が生活するために必要なものは私が管理していましたが、その他の資産などにかかわるものは家中探したり、弁護士さんに依頼してしらべてもらったりしましたが、全容が明らかになったのか不明です。

    ご両親も同じようにご自分たちが苦労されているので、同じ目にトピ主さんたちが合わないようにしてくれているのではないですか。
    また、ご両親の老後の蓄えが問題ないと知ってもらって、トピ主さんたちが心配しないようにという意図もあるかもしれません。


    ご両親の資産についてはこれから2、30年生きていくうちに必要となる時もでてくるかもしれませんから、その時にはしっかり使ってもらって、今はとりあえずどのようなものがどこにあるかを把握しておくだけでいいと思います。

    ユーザーID:5218286070

  • 羨ましいです

    しっかりした親御さんお持ちで羨ましいと思いました。私の親は元気な時からお金に関してはどんぶり勘定、行き当たりばったり。お金を無心されることもありました。当然自分達の老後や就活など考えることもなく母はなくなり父は今、認知症です。コミュニケーションがとれません。土地などの財産は残りますが心配なのは父が平気で借金する人だったので亡くなったあとの事考えると負の遺産が出てくるのではということです。しっかりしているうちからあなたの親御さんのように残された子供さんの事まで考えてくださる。ご立派だと思います。また、私も親御さんの歳に近いですがそういう事を考え始める年齢なんです。聞いてあげてください。

    ユーザーID:0570951591

  • 優しい娘さんですね

    にもさん、当方は60代半ばの夫婦ですが、去年のお盆にソレやりました。

    還暦過ぎると、周りの人たちのいろんな話が耳に入ってきましてね。

    いくら自分達が元気だと思っていても、事故や急病でいつどうなるか誰にも分かりません。

    私達の場合は、3人の子供の前で、年金手帳、保険加入状況、土地の権利書、通帳と印鑑カードと暗証番号を開示しまして、それらの収納場所も知らせました。相続の話も致しました。

    わずかな宝石類は、娘にすでに譲りました。娘1人息子2人です。

    神妙に聞いていましたよ、彼らは(笑)

    そうしたらね、なんか安心してしまい、ますます元気になりました!

    これでゆっくりと古希、傘寿、米寿に向かって頑張ろうね、と夫婦で話しています。

    ユーザーID:2764826328

  • 予測不可能だからでしょ

    では、急にご両親に何かあって
    資産状況が分からない事態に陥ったら
    前もって言っておいて欲しかったと思うのではありませんか?

    人間は勝手なモノで、今は未だ大丈夫でしょと思うから
    トピ主姉妹のような反応をするのです。

    でも、実際何も分からない状況になった人は
    違う反応をします。

    親御さんはもしもの事態に備えているわけで
    賢いではありませんか。

    コロナもあり、新聞やテレビでも
    誰それが、急逝など良く見かけますよね。

    トピ主達は準備の良い親御さんに感謝すべきです。

    要らないなら、他の姉妹が全部相続しても文句言いませんか?
    そんな人はほとんど居ませんけど。

    ユーザーID:0002469047

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧