• ホーム
  • 話題
  • 55歳。定年まであと5年のおひとりさまです。

55歳。定年まであと5年のおひとりさまです。

レス50
(トピ主5
お気に入り418

生活・身近な話題

マリーゴールド

私は新卒からずっと都内の大手の企業で事務の仕事をしてきました。
ご縁がなく結婚は一度もしたことがありません。子供もいません。
何の取柄もない中年女性ですが、定年まで長く続けられる仕事には恵まれたと思います。
一人なら老後も安心できそうな貯蓄や住まい(ローン無マンション)を持っています。企業年金もあり、金銭的な不安はありません。

今年、コロナ禍で在宅勤務が続く中、55歳になりました。
コロナ以前は、仕事は存分にやってきた、定年したら自由だ!体が動く60代は好きなアーチストのコンサートに行く、遠征を兼ねた旅行、スポーツジム、自宅のリフォーム、時々友達に会っておしゃべりしたりご飯を食べたり、断捨離して70代を迎えよう、75歳位でちょっと高級な老人ホームへ?なんて将来を描いていました。

けれど在宅勤務で感じたことは、会社で同僚に囲まれて仕事し、給料をもらい、福利厚生にも恵まれて過ごしていた日常がどんなに安心で幸せだったかということです。
そんな生活があと5年弱で終わりと思うと、気持ちが沈みます。

ならば60歳以降も継続雇用を希望して働けば良いと思われるかもしれませんが、給料はうんと下がりますし、生活には困らなさそうなので、いつか会社を辞めるのなら60歳で定年退職したい。

一人暮らしですが片道1時間の距離に両親が居り、もう歳ですから数年内には両親は亡くなっているでしょう。
姉は国際結婚で海外永住で、甥や姪はいません。親戚づきあいは薄いです。

とりとめのない文章になってしまいましたが、これまでの人生は、勤め先に恵まれて成り立っていたと思うのです。
仕事がある、周りに人がいる、給料をいただける。
仕事以外の楽しみもあったけれど、会社や仕事が人生や生活の中心で拠り所だったのでしょう。

定年後は不安だらけになってしまうかもしれないという不安の中にいる55歳おひとりさまです。

ユーザーID:9770384040

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数50

レスする
  • わー似てる

    私は59才です。

    60才になったら定年退職します。

    そして、毎日フラフラして、旅行に行って、ライブに行って、とにかく自由にします。

    時々、仕事をやめたら物忘れが酷くなるかなと不安になりますが、一人で好きなことできる時間は限られてる。70才過ぎたら、行きたいところもなくなるかもしれない。

    コロナがはやり数ヶ月家と職場の往復だけしていたら、生きているのか死んでいるのか、ただ年だけとっていくと感じました。

    健康診断も毎年受けていますが、大きな病気がみつかる前に、少し好きなことをしたいのです。

    飽きてまた働きたくなったら、それも良いと思ってます。

    ユーザーID:3824875878

  • 私もそうです。

    同い年の独身アラカン女性です。
    トピ主さんと違うのは、そんなに恵まれたお仕事に就いてないのと、蓄えもないことかな。ほんとにコロナで、一人の不安感は絶えずあります。仕事をしていると不安を感じている暇がないからなんでしょうね。
    蓄えもあり、老後資金に問題がないトピ主さん羨ましいです。私は、定年後、お掃除かスーパーのパートでも考えています。恥ずかしながら蓄えがないので、身体が続く限り働かないといけません。お金に問題がなければ、定年後はのんびり過ごされたらいいのでは。

    ユーザーID:6695874810

  • 会社生活も色々ありましたけど

    トピ主です。

    会社では何度か部署異動は致しました。今の部署は数年前に異動しました。
    今や部長も課長も年下です。
    20年前、35歳の頃に異動した部署では女性同僚とうまくいかず、数年間苦しかったですが、大きな会社のためか部署異動はつきもので、その後の何度かの異動で今は良い感じの部署にいます。
    仕事は楽ではないですが、仕事好きなんです。

    コロナ禍で今も在宅勤務が推奨されていますが、緊急事態宣言の頃とは変わり、人数を絞って出社することができます。
    私は在宅勤務では気持ちが鬱々としてしまうし、出社した方が効率も良いので、ほぼ毎日出社させてもらっています。
    IT化にも疎い年齢で、いきなり在宅勤務、IT化推進せよ、と言われましても、若者ののようにどんどんアイデアがでてくるわけでもありませんしね(苦笑)。

    出社してオフィス街の風景を眺めても、ここで過ごせるのもあと5年弱だわとか、自席の周りを歩いていても、5年たったらオフィスに入ることすらできないと思うと、切ない気分になります。

    ユーザーID:9770384040

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • よく分かります

    よく分かります。
    今まで長い間勤めてきた、アイデンティティは会社員だった。
    その会社勤めのゴールが見え始めてきたのですよね。

    私はトピ主さんだけ少しだけ年上で、少しだけ人生経験があります。
    お一人様だった親戚が孤独死した後始末をした事もあります。
    親を少し素敵な有料老人ホームに入居させていた事もあります。

    お一人様ならば新聞など毎日配達される物を購入していると、何かあった時に直ぐに気づいてもらえます。
    自分の葬式は自分では出せないので、どこかに頼んでおきましょう。

    ちょっと高級な老人ホームは月々30万円以上はかかります。
    介護度が上がれば、もっとかかります。
    狭い村の中で生活しているようなものなので、人間関係で悩む人もいます。
    経営母体の状況が悪くなれば、あっという間に経費削減で人員や最大の楽しみの食事の質が落ちることもあります。

    女性は長生きしますよ、人生100年と考えると老後の生活は40年あります。
    その間、本当に企業年金が安泰という保証は無いです。
    できれば継続雇用して65歳まで働きましょう。

    老後の生活、なんといっても頼りになるのはお金です。
    給料が下がるから、などと言わず、不要なプライドも捨てて働き続けることをお勧めします。
    繰り返して言います、老人が頼れるのはお金です、お一人様ならば尚更です。
    お金さえあれば解決することはたくさんあります、できるだけ長くお給料を貰う生活を続けることが快適な老後の第一歩です。

    ユーザーID:5652173734

  • あと10年

    50歳独身です。
    トピ主さんと違うのはお金が無い事と来年も会社が存続してるかわからない事、両親鬼籍の無い無い尽くしと言う事ですかね。
    子供の頃から集団に馴染めず、両親不仲→離婚なので結婚に夢を持てなかったし。
    結婚したいと言ってくれる物好きもいましたが、子供が出来た先のママ友付き合いを考えると絶対無理と思いました。私も子供も絶対虐められると。
    お金が無い親に育てられたので、割と早くから経済的自立をしてましたが、自分に才能があると勘違いしてお金にならない業界(売れない、下っ端○○クリエイターみたいな)を泳いできたので、本当にお先が真っ暗です(苦笑)
    ただ一人でなんでもしてきたので、このコロナ禍で人と会わなくなっても一人がそんなに苦痛では無いことですかね。
    多分60歳過ぎても仕事はしてます。
    年金は漏れなく払ってきてますが、薄給なので多分生活できるほど出ないと思いますし。

    ユーザーID:5955381823

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 孤独ですね

    話し相手もいない生活、好きなことをしても孤独感は強まるばかりのようか気がします。
    いつも側に心許せる相手が一人いるかいないか、天と地の差があります。
    生活は安泰でも、大きく足りないものがあるように見えます。
    自分以外に大事な相手がいるというのは幸せです。

    動物を飼うには年齢的に無理がありますし、老後友達を作るのがいいかも。

    ユーザーID:7395726822

  • 不安は形にする

    漠然とした不安ほど恐ろしいものはありません
    なので、不安を想定内のものにすればいいんです

    想定内にならないものは
    考えても無駄なんです

    地域の中に居場所づくりを少しずつ始め
    不安をできるだけ自分の言葉に変換
    したいことも、しなければいけないことも
    できるだけ具体的にする

    そして今をできるだけ楽しむ

    最後に自分を卑下しない
    同じ企業で働き続けた立派な職業婦人なのですから

    ユーザーID:5289405550

  • 羨ましい

    主さんとは真逆の生活をしているアラフィフです。
    私は主さんが羨ましいです。
    定年退職しても金銭的に生活には困らず、好きな事をして過ごせるなんて素晴らしい!
    今まで頑張ってお仕事されてきた結果ですよね。
    私は逆で21で結婚し子供は3人、もうすぐ30年になります。
    この30年自分の為に生きてきた実感はありません。
    旦那や子供の為の30年。
    確かに一緒に笑って楽しい日々ですが、私は趣味がたくさんあり、でも家族がいると、大量の洗濯物や食事など次から次と家事が山積みで、なかなか思う通りには出来ません。
    そして自分の部屋なんかももちろんありませんから常にリビングで家族の誰かと一緒です。
    一人になりたくてもトイレかお風呂くらい…
    時々ふっと逃げ出したくなる衝動に駆られます。
    生まれ変わったら主さんのような一生を過ごしたいと思うくらいです。
    結局は隣の芝生なのでしょうが…

    今勤めている会社を定年退職後、落ち着いたらパートでもしてみたらどうですか?
    今までの職種と違うことも楽しいかもしれませんよ!
    生活に困らないのであれば、好きな事をしつつ、週に何日かパートをして人との関わりも見つけつつの生活はどうなんでしょうか。
    こう書いていて本当に羨ましいと思う私です!

    ユーザーID:1691337725

  • 昨年退職しました

    昨年退職して、自由気ままに暮らしています。
    近くに仲のいい友達がいて、月一でお食事したりショッピングしたり映画を
    見たりしています。
    それから、私には趣味や習い事がいくつかあります。
    ひとりだけですが、この友達がいて趣味があるので、毎日楽しいです。

    兄弟が少し離れたところにいて、毎週末には必ず電話で近況を報告しあって
    います。
    昨日も私の老後の話になったら、最後は子供たち(私の甥と姪)が何とかする
    からと言ってくれました。
    私は甥・姪を頼るつもりは全くありませんが、そう言ってもらえることは心強く、ただただ感謝です。

    トピ主さんは、できる限り現在の会社で働かれるほうがいいと思います。
    とりあえずはあと5年がんばってみて、その先はまた考えればいいのでは。

    トピ主さんは、ご両親が頼りにしている大切なお嬢さんです。
    お身体には気を付けてご活躍ください。

    ユーザーID:0383775309

  • ボランティアは?

    私はトピ主さんよりちょっと年下の独身です。
    そうですね。仕事があるって幸せなことですよね。
    私は定年がない立場なので、出来る限り仕事は続けたいと思っています。

    さて、トピ主さんの不安はなんでしょう?
    お金の心配はないとのことなので(羨ましい!)
    居場所がなくなってしまうこと?
    孤独になってしまうこと?
    アイデンティティをキープ出来ないとか?

    突然梯子を外されるみたいな感じなのかなぁと想像しますが
    定年後のあるあるな感じです。

    先ずはゆっくりされて、その後今までできなかったやりたかったことを存分にされたらいいと思います。
    その中で新たにお友達もできるかもしれませんし、別の世界が広がるかもしれません。
    後はボランティアとか如何でしょう?
    居場所にも繋がるのではないでしょうか。
    またはトピ主さんと同じような境遇の男性も多いと思いますので、出会いを求めるのもいいかもしれません。

    結婚しているからと言って安心とは限りませんし、孤独でないとも限りません。
    お一人様をあまり悲観されませんように。
    ご主人の介護の心配もない気楽な立場でラッキーくらいに思っては如何でしょう?

    人生前向きに!

    ユーザーID:6472089018

  • いろいろうらやましいです。

    定年まで1年数ヶ月、10年ほど前に夫と死別し、成人した子どもが3人います。10年ちょい専業主婦で、末っ子が小学生になったのでそろそろ働き始めようとした矢先に夫が倒れました。それからパートから2回転職して今の職場で正社員になったので、給料は娘と息子の新卒初任給より少ないし、3人の大学の学費を払ったら私の老後の資金はほぼ残っていません。実家から相続できるものが多少はあるので、何とかなるとは思いますが、60歳過ぎても働ける限りは働くつもりです。
    そんなわけで金銭的な面でトピ主様がうらやましいのはもちろんですが、3人の子どもがこれから結婚するのか、したらしたでうまくいくのか、子どもは持つのか、持ったら持ったで、ちゃんと育つのか…などなど気がかりの種はつきないと思います。
    そういう意味でもお金のあるおひとりさまがほんとうにうらやましいですね。

    ユーザーID:9853674687

  • 分かります

    私もあと五年弱の定年後を楽しみに生きていました。
    その後の理想は小遣い稼ぎで、月火働き水休み木金働き土日休みです。
    平日ゴルフや旅行に行ける日を、ワクワクしながら働いています。
    トピ主様と一緒で、いまは在宅勤務も多くなり余り張りのない日々を過ごしています。

    とかく大企業を退職すると、プライドばっかり残ってその後のアルバイトにもこだわり、うまくいかないケースがあるみたいですね。
    私は何でもいいから、一から新しいことを始めたいと思っております。
    世間との繋がりは持っておきませんか?

    ユーザーID:0421302335

  • 定年まであと4年です。

    あなたより1歳年上、定年後は希望すれば65歳までは働けますが、もう早期退職するつもりです。
    私は更年期の体調が悪くて、足掛け10年近く苦しんでいました。
    そして体調がましになり、更年期乗り切れたかな?と思ったら、今度は前みたいに仕事ができない。
    物覚えが悪くなり、キーボードのミスタッチ増え、処理能力も鈍り、車の運転は下手になり、凡ミスしたり、こんなじゃなかったのにという状況に。
    体力の低下と、自身の老化を痛感し、このまま仕事を続けていいものだろうかと考え悩むようになり、仕事を辞める決断しました。
    それと、兄弟が50前半で病気が見つかり亡くなったので、人間いつどうなるかわからないという気持ちもあります。
    私も35年以上ずっと仕事してきたので(体力的にはきつかった)、抜け殻になってしまうかもしれませんが、暫くゆっくり身体を休めたら、何か自分にできる事をみつけたいです。
    ほんの1歩でも半歩でも進めればいいかな、という感じで。

    ユーザーID:1335919563

  • 失礼かもしれませんが、トピ主さんが羨ましいです

    トピ主さんはしっかりしていて、社会性があるお方なんですね。
    私は人と長時間働きたくなく、かといって個人で儲けられる才能もないのでフリーターで日々を誤魔化して生きてます。だから私はトピ主が羨ましいなと思いました。
    トピ主さんのように周りに人がいる事、働くのを楽しいと思える人は社会で生きていくのに向いてる人間だと思うんです。
    そういう方はパートでもお仕事続けられた方がご本人にとって楽しいのでは、と思います。
    トピ主様は寂しいお気持ちでとてもお辛いと思いますがそれは人間社会に適応出来るという才能です。
    寂しさに強く孤独が好きな人間は生きづらくて社会に適応できません。
    寂しく思うのは社会性のある証拠です。負ける事なくむしろご自身を誇りに思って下さい。

    ユーザーID:5276631294

  • 65歳まで働きましょうよ

    62歳です。
    2年前に30年間勤務した会社を退職しました。
    夫はいますが、子供はいません。

    退職前は、疲労困憊。継続雇用なんて考えられるはずもなく、
    命からがら定年退職しました。

    そんな私ですが、人様には継続雇用をおすすめします。

    トビ主様の会社の規定がどんなものがわかりませんが、
    継続雇用になると給料も下がりますが、勤務内容も少し楽になりませんか。
    最初から5年間と決めないで、とりあえず1年やってみて、毎年継続するか検討してみるのはどうでしょうか。

    その間に仕事を離れた後の生活を徐々にシミュレーションしたらいかがでしょうか。

    どなたかもレスしていましたが、老後の頼りはお金です。
    それだけではありません。仕事に助けられていることもあります。

    人生100年時代。
    トビ主様の人生設計を5年間遅らせることは、全然可能だと思います。

    ユーザーID:8325333139

  • お友達になりたいかもしれません

    仕事へのコミットがとても大きいのに
    会社や仕事というものとどうしても噛み合わず
    苦労の真っ最中の10歳下の独身です

    お書きのご感想をお持ちということは
    会社員としての基礎マナーといいますか
    私に1番欠けているものを豊かにお持ちなんだろうと思いました

    不景気なり働き方改革なりで
    今後ますます個人プレーや厳しい労働環境になると思われますが
    今までの日本の労働環境は
    主さんのような方が職場の潤滑油、層の厚さになって
    平和に回ってきたのではないでしょうか

    そういうお力をどこかで発揮され続けられたらとふと思いました
    産業カウンセラーなどされるおつもりはありませんか

    働くのが辛い人が多い中
    普通の人が普通にひりひりせず働けるための
    手助けがあればたくさんの人が幸せになれると思いますが...

    ユーザーID:0781104899

  • 54歳独身男です。

    貯金も億を超え、ローン無しの6LDKに独り暮らし。今は気ままなボランティア感覚の時給1000円のパートです。将来の年金も個人年金を合わせて余裕で億を超えます。6LDKの部屋は全て趣味の部屋です。インドアな趣味なので今のコロナ時代でも不便を感じません。
    楽しめる趣味があれば悩む事もありません。
    元気なうちは70でも75になっても働こうかな と思います。趣味は無いのですか?

    ユーザーID:0466774682

  • 折角なので

    仕事を「ボケ防止と体力維持の為」と位置づけ、週3回程にセーブして65歳まで続けてみたらどうでしょう。

    趣味の場で出会う人達は、年金との兼ね合いで、そのようにセーブして働いている人が多いです。

    理由を聞くと、「暇になってしまうと、生きがいを無くすから。仕事をしているからこそ、趣味の息抜きが楽しめる。」とのこと。
    まぁ確かに、仕事が有るから休みが楽しいというのは有りますよね。

    うちの大家さん(70歳独身女性)は、不労所得も有るのに、早朝出勤して、栄養士として病院に勤めています。カッコイイなと思います。

    金銭面で余裕が有る人も居れば、厳しいからと言う人も居ます。どちらの場合の方でも「社会から必要とされている。」というプライドの様な物が有る様に見受けられます。

    そして、そういう人達は、総じて若い。やはり若い人達に囲まれているからなのでしょう、話題も知識も行動範囲も違います。これは仕事を続けているメリットの一つかなと思います。

    主さんも、色々な未来を考えてみたらどうでしょう。

    ユーザーID:9501339769

  • 時代の最先端、マリーゴールド様

    この先、多くの女史達が、現在の
    マリーゴールド様のような生活を送られるはずです

    もちろん、結婚も出産も望んでいた方、両方とも望んでいない方、
    両方いらっしゃるはずですが

    前者は、人生をむなしく感じるのだと思います
    後者は、マリーゴールド様のように前向きに年齢を重ねていかれるのだと思います

    もちろん、マリーゴールド様も結婚も妊娠も望んでいた結果の現在かもしれません

    しかし、自分が積み重ねてきた日々に後悔はなくむしろ頼もしさとたくましさを感じ、
    まさにこれこそが女性の強さなのだと痛感したトピックでした

    私は学も向上心もなく、妥協で結婚と出産と育児に追われる日々を送り
    若いころの私はなぜあんなにもバカだったのかと後悔するばかりです

    後悔するとともに両親の教育は先人たちのすり込みにより
    私も洗脳されてしまっているのだなと感じる次第であります

    お金、本当に大切ですよね
    でも、生きたお金の使い方、これからの自分への使い方
    ご健康だからこそのことと思います

    むしろ、この先定年後、亡くなられる迄の軌跡を
    どなたかに密着していただき書籍にしてほしいくらいです

    そのくらい未来の女性のお手本となりうるマリーゴールド様
    この先のご健康とご多幸を祈念しております

    ユーザーID:5732607866

  • あと5年もあるのに。不安は自分で作ってるだけ

    今と同じような環境で働けるよう計画を練る時間があと5年もあるんですよね。
    5年もあれば、それ以降の人生をどうしたいか考えて行動するには十分な時間ではありませんか?
    60歳以降、給料が下がるから働きたくない
    とは言っても、今の環境がお好きなんでしょう?
    給料が全てなんですか?
    そうじゃないでしょう。
    人生の質を高めたいと思うなら、たとえ給料が下がっても仕事を続けたらいいのではと思います。
    あなたが必要とされる場があるなら、そしてそこが大好きだというなら、頑張ったらいいのに、と思います。

    そして、そんな環境下にいられるあなたが羨ましいとも思います。
    私はトピ主さんより少し年下ですが、あと何年生きられるかわからない病床にいます。治療のためコロナ禍と共に仕事に出られなくなりました。夫と子供がいるのでそれだけが支えですが、もしいなかったら、もう自分はこの世で必要とされないんじゃないか、消えてしまいたい気持ちでいます。
    元気なうちにやれることを色々やっておくんだったと、死期の恐怖を感じながら後悔しています。

    無用な不安は自分で作らない方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:0109750590

  • アイデンティティーの喪失と再生

    私は今フリーランスですが、若い頃に大病をし、大手企業を退職しました。
    仕事は大変でしたが楽しく「ここで一生働くぞ!」と、まさに自分と会社を
    一体化させていました。

    で、病気発症で泣く泣く退社。その後は振り返っても恥ずかしい。
    「私、〇〇会社で〇〇をしていたんです!」のプライド。転職しても
    「〇〇在職中は」と前職を引きずっていました。(結局長続きせず)

    ところがある日、街中で偶然、前職のクライアントとバッタリ。
    今まで親しかったのに、退職の話をしたところ、急に冷たい態度に。
    「私は会社と肩書だけの存在だった…」と、愕然としました。
    「私って何だろう?」と、やっとアイデンティティーと対峙することに。

    …そんな経験をしていたので、「濡れ落ち葉」「定年後にうつうつと
    する男性」の気持ちが、よく分かります。
    「何もない自分」「どこにも所属のない自分」が辛くて、街行くOLさん
    たちの姿がまぶしかった。

    フリーランスになって25年経ちますが、自分のアイデンティティーを
    喪失し、再生し続けてきたのかなと思いました。

    トピ主さんも定年退職後、私のような気持ちになるのかもしれませんね。
    ですが、今の時点ですでにそれをシミュレートされていらっしゃる
    のですから、案外定年後、ギャップに苦しむことは少ないのかも。
    すでにそれらを達観している方々は、尊敬に値します!

    知人で大手機関の役職までついていた女性は、60歳でさらりと定年退職。
    (他機関からお呼びがかかっていたのに、すべて断った)前職のプライド
    を見せず、趣味を楽しまれているのを見ると、格好いいなあと思います。

    定年後、体がどれだけ自由に動けるか、将来のことは分かりません。
    まずは「行きたいところがあれば、行けるうちに」ですよ。人生は短い。
    旅行も趣味も、足腰アタマが少しでも若いうちにぜひ!

    ユーザーID:8658602704

  • 介護

    同い年です

    両親は80代前半

    祖父母が長生きなで

    (100歳近い)

    親はさらに長生きしそう…


    私の定年後は

    介護で終わりそうです



    介護を想定しないって

    うらやましです

    ユーザーID:2937098782

  • 今からなにかを始める、あるいは65歳まで働く

    そんなに会社を辞めるのが寂しと思うなら、お金の問題ではなく週3でもいいから働く

    そのうえで、会社以外の何かを初めて人間関係を作っている

    それでもう会社が勤めが必要ないという自信がつかたら65歳でなくてもいいわけで
    つまり、辞めるのはいつでもできます。

    あなたにとって会社はお金だけの問題ではないという事ですよね。

    うちの職場も大抵の人は定年で辞めるとギリギリまで言っておられるのですが結局は週3,4で働いておられる場合が多いです。

    私も実はもうすぐですが、迷っています。

    私自身は辞めても会社以外で友人がいますので、というか会社で個人的な友人はいませんので、既に仕事をしていない友人達が手ぐすね引いてます(笑)

    それでも、ずっと働いていたので、週3ぐらいで気軽なパートを続けるのもいいかもと揺れている様態です

    会社の先輩はそう勧めるし、既に退職して悠々自適な人は健康なのは今のうちよと誘ってきますし
    悩ましいところです。

    ユーザーID:1858391856

  • 私は悲観的なので・・・

    トピ主様のコロナ禍前の考え方が羨ましいです
    私は元々悲観的な性格なので、不安で不安でたまりません

    >片道1時間の距離に両親が居り、
    >もう歳ですから数年内には両親は亡くなっているでしょう。

    私は自分の親がすんなり亡くなるとは思いません
    認知症になってもすんなり施設に入ってくれるとは限りません
    親子で壮絶な闘いをして入所までこぎつけた話とか
    施設に入ってもしょっちゅう連絡が来る、3ケタまで生きる等
    苦労話ばかり聞いていますので
    壮絶な介護がやがてやってくるのでは?と怯えています



    また、配偶者も子供もいないので
    自分の老後は自分でどうにかしなければいけません

    施設に入る、自宅を売却、
    今の頭がしっかりしているうちに、どこかの弁護士、司法書士事務所等に任意後見をお願いしなければならない
    判断能力がなくなったら、成年後見人切り替えてもらえるよう
    早めに準備をしなければならず、
    死ぬまで毎年報酬費用も考えなければなりません


    友人のお母様は70才くらいで認知症になって施設に入ったので
    最長30年施設に入るとして・・・


    ちょっとお高い施設なら
    月50万円と見積もって、諸経費込みで
    30年で2億弱・・・


    施設代に、自宅処分や死後事務等の費用、後見費用、
    トピ主さんは金銭的に恵まれているようですが
    私は不安です


    この歳になってくると
    不安と孤独との戦いだと思います

    ユーザーID:3506529254

  • 心配だらけ

    超高齢化で、恐ろしいくらいの少子化

    私達が高齢者で施設のお世話になる頃
    少子化の影響で働き手がおらず
    施設に今ほど簡単に入れるのでしょうか

    老人ホームに入れたとしても
    経営困難で潰れるところもあるし
    どうなんでしょうね


    老人ホームに入っても
    会いに来てくれる人はいない
    ホーム内での人間関係もうまく行くかどうか


    心配はつきません

    ユーザーID:3263172776

  • アイデンティティー

    短い間に多くの方からレスを付けていただきまして、感謝しています。

    「アイデンティティー」そうなのかもしれません。
    長年の居場所だった会社を去ったら、自分が誰なのか何なのか、わからなくなりそうです。

    コロナ禍以前は、忙しかった仕事から解き放たれて、定年後は自由!と夢見ることができました。

    でも、コロナ対策で在宅勤務をして、人と話さない生活、外に出ない生活が苦しくて仕方ありませんでした。

    50代ともなると毎日の通勤は疲れますが、便利なオフィス街で週5を過ごし、仕事をし、同僚がいて、給料をいただける生活は本当に幸せなことですね。

    プライベートもそこそこ充実していると思ってきましたが、コロナでコンサートがいくつも延期や中止になり、人にも会いにくい、旅行もしにくい、等々もあり、不安に拍車がかかったのかもしれません。

    ユーザーID:9770384040

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 60歳から65歳の勤務について

    定年後も継続雇用で働いたほうが良いというご意見もいただきましたので、その点について。

    まず、希望すれば全員が継続雇用されるわけではないのです。
    雇用されたとしても、週5日のフルタイム勤務、そして「うんと下がる給料」です。
    1年ごとの契約更新ですから、2年目はないかもしれません。

    企業年金は65歳からの支給ですが、60歳から65歳手前までは「継続雇用されていない人には」、実は企業年金相当額を勤務先(元勤務先)が支給してくれます。
    その額が「うんと下がる給料」とほぼイコールの額なんです。

    つまり、週5でフルに働いても、60歳で辞めてしまっても、60歳から65歳の間は勤務先からいただくものは同じなのです。
    企業年金が65歳から支給開始なのに対し、定年は60歳のため、その間の5年間を埋めてくれるという制度です。

    稼ぐという点では、勤務先の継続雇用制度を使わずに、自力で外で働き口を見つけ、企業年金相当額を60歳から受け取ることです。

    専業主婦の奥さんを食べさせていかないとならない管理職の男性に多いのが、50代後半で関連先の企業に転籍し、給料は下がるものの、60歳以降もその企業で働き続けるというパターンのようです。
    (私のような事務の一般職のなれの果てには、転籍してまで来てくださいといってくれる関連企業はありません)

    なんとなく考えているのは、60歳で定年退職し、失業保険もいただき終わったら、週1とか2で簡単な事務の仕事が見つかれば、認知症防止にいいかもなということですが、果たして60代のおばちゃんにそんな都合の良い仕事が見つかるのかどうか・・・。
    そういうのは地元の職安で探すのでしょうか?

    ユーザーID:9770384040

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 親の介護のこと

    今現在、父・要介護4、母・要介護1です。
    父は老人ホームにおります。
    母は一軒家に住むのをやめて、父の老人ホームの近くのマンションに引っ越しました。

    父は癌で余命宣告されまして、でも今、それ以上に生きています。
    私の姉が海外に住んでいるので、コロナ禍で帰国が難しいこともあり、できれば父にはコロナが収束するまでは生きていてほしいのですが、いつまで生きられるかわかりません。

    両親の入院や通院時には休暇を取らせてもらうこともあります。
    介護休暇の制度もあり、ありがたく思っています。

    母はもしかしたら10年後も生きているかもしれませんね。
    その時はきっと60歳で仕事を辞めたフリーな娘がついているので、心強いでしょう。
    シナモン様が書いてくださった「両親が頼りにしている大切なお嬢さん」というお言葉、大変嬉しく、また恐縮致しました。

    私自身は、ロンダさんと同じで、どこかの弁護士、司法書士等に任意後見をお願いしないとなりません。
    報酬について詳しく調べたことがないのですが、月10万円位とも聞きます。
    年間で120万円。75歳から20年間で2,400万円、これは安心のためには仕方のない出費だと覚悟していますが、任意後見というのが本当に私にとって安心なのかがよくわからずです。
    でもおひとりさまにはそれしかすがるものがないのも事実です。

    ユーザーID:9770384040

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 健康について

    連投ですみません。明日から残業予定なので、今日まとめて投稿致します。

    私は、30代後半にストレスが原因と思われる病気しました。初めての入院でした。
    当時、同僚女性との関係が本当にきつかったのです。身体は正直です。

    40代半ばで、めまい症。
    当時の上司の男性と合わなかった。ストレスから来るものでしょう。入院はしないで済みましたが。

    30代の時も、40代の時も、もちろん「あの人がストレスで病気になった」とは会社で言いませんし、言えません。今でも私の心の中だけにとどめています。

    50代に入り、今度は癌。
    初期で発見できたため、手術して短期間の入院。5年間は定期的に検査を受けています。あと1年です。今のところ異常なしです。

    今年、元同僚だった65歳の女性から久しぶりに連絡がありました。
    定年後、お元気だとばかり思っていましたが、去年、ある癌がステージ4でわかり、それから手術や抗がん剤治療で入退院が続いているそうです。
    連絡を受けて泣きそうになりました。
    その方は旦那様と二人暮らしで、旦那様とお姉様に支えられているそうです。

    年齢とともに病気も増えていくでしょう。
    そのような思いもあり、60歳で定年して、元気なうちは好きなことをしたいと思うようになりました。
    おひとりさまなので、定年後に病気をした時のことなど対策を練っておかないとならないですが、どうしたらよいものか、、、です。

    ユーザーID:9770384040

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 時間があれば会社以外の人間関係がそれなりにできてくる

    私も独身50代です。そこそこの蓄えが早くにできたので、仕事を辞めてぷらぷらしてた期間が長いです。思いがけず、去年から会社員をまたやっていて、それはそれで楽しくもあるのですが、ぷらぷらしてた時は時間がたっぷりあったので、仕事をしていたらできなかったことができたし、知り合えなかった人たちとの出会いがたくさんありました。

    お金の面が大丈夫なら、心配しなくてもとぴ主さんは退職後もそれなりに充実した時間を過ごされるような気がします。

    退職まで後5年あるなら、その間にやりたいことリストを作ったり、旧交を温めたり、そういう準備をしておかれると良さそうに思います。

    ユーザーID:4499360985

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧