子育ての成功談、失敗談教えて下さい。

レス5
(トピ主0
お気に入り24

妊娠・出産・育児

ゆか

1歳2ヶ月の娘を育てている30代後半の者です。


夫と私と娘の3人暮らしです。

初めての子育てなのですが、私の性格が心配性なくせに
めんどくさがり屋という相反する部分があり、
子育てに関しても調べたり知識を入れたりはするものの
きっちりとはできず、ある意味適当に育てています。

(コップもオムツ外しも保育園に行ってるので
何とかなると思っている)


でも、もし知らない事があり後からああすればよかった…


という事があれば後悔してしまうので、皆様の成功、失敗の
体験談をお聞かせ願いたいと思いました。


例えば、厳しくし過ぎたとか甘やかせすぎたとか
よく聞きますが、厳しくし過ぎたらどうなったのでしょうか。
(甘やかせすぎたらワガママに…はわかるのですが)


もちろん子供によって変わるので同じでない旨は
承知の上、教えて下さい。


ちなみに私のモットー(?)は、

・食べて、出して、寝てたらなんとかなる。
・ダメなことはダメと怒らず伝えるが
 泣いて抱っこを求めてくるなど甘えたいときはたくさん抱っこして甘えさせる。
・早期教育はしない。子供の頃はたくさん遊んで自分で考える力をつけさせたい。

です。


うちはこうしたら、今こんな感じに育ったよ、程度にお気軽な気持ちで教えてください。

ユーザーID:7777394069

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
  • 可愛がり過ぎたかな?

    毎日の育児お疲れ様です。

    うちの娘はもう二十歳になりましたが、昔の私の育児方針は、まさにトピ主様のモットーと同じ内容でした。そしてそこについては、全く後悔していません。

    反省点があるとしたら、そうですね、うちは夫婦そろって娘をべろんべろんに?可愛がり過ぎたこと、かな。決して甘やかしたわけではありません、きちんといけないことはいけないこととしてしつけをしました。
    それにしてもとにかく娘が可愛くて(!)、夫も私もメロメロ状態でした。そうすると、娘は決して「わがまま」にはなりませんでしたが、何と言いますか、あまりにも家庭の居心地が良すぎるせいか、いまひとつ大人になっても自立心が足りない気がします。親に反抗することも一度もなく、ただもう毎日家でのんびりしている大学生です。

    少し可愛がり過ぎたかな?というのが私ども夫婦の反省点です。

    ユーザーID:4636977118

  • 自分の気持ちを表現出来る子に

    一人っ子の娘を大切に育てました
    しつけをきちんとやり、周りが不愉快にならないようにワガママを摘み取って・・
    周りが良い子ばかりの時はそれでよかったのですが、世の中そんなに甘くなかった

    自己主張の強い子の中で、自分の気持ちをきちんと言えない娘はあっという間にイジメの対象になりました 
    「それはしたくない」
    「やりたくないよ、嫌なんだ」
    「ごめん、貸せない」
    サラッとこんなことを言えなかったんですよ
    いつも一歩引いてる良い子過ぎました

    健康で伸び伸びと明るく楽しく、自分の気持ちを大切に表現出来る子どもが一番です
    早期教育も必要無し
    音楽を楽しめて、自由に大胆にお絵描きして、本好きな子どもに・・、
    これくらいかなあ、振り返ってみて思うのは

    子どもが小さい時は宝物の時間です
    親子で十分楽しく、ね
    厳しいしつけも必要無しです

    ユーザーID:4189838330

  • まだまだこれから、ですが。

    うちは、大学生と高校生のまだまだ子供です。
    今のところですが

    父親を尊敬するように育てたかったので、常日頃から父親を立てる発言、行動を心がけてきました。
    果たして、思い通り父親を尊敬し、大切に思っていると思います。
    もちろん軽い反抗期もありましたが、二人とも、父親の言うことはきちんと聞きますし、大切に思っていることは日頃の言動からわかります。

    次に、祖父母を敬うように気を付けました。
    敷地内別居の主人の両親、遠方の私の両親に対しても、優しい気持ちを持ってくれています。
    敬語は当たり前ですが、表面的なことだけではなく、色々と思いやりを持って接しています。

    反省点は、私、母親の立場をもう少し強くしておけば良かったかな、と思います。
    主人の両親と敷地内別居のため、どうしても私が弱い立場、控えめにしてしまったので、子供たちも私には上から目線。
    息子のお嫁さんはもっと強く、対等な立場でいるよう伝えたいと思っています。

    精神的なことは、ある程度は意図した通りに育つものなのかな、と感じています。

    ユーザーID:5964569737

  • 「環境はお金を払ってでも」かまわない

    我が家はひとりっこです。

    ひとりっこへ対する偏見は「言われ過ぎ」ました。

    夫婦で子供はひとりを大事に「きちんと」育てると決めました。

    公立小学校がちょっと色んなお子さんがいてしっかり者の我が子が
    「お世話係さん」をお願いされた時に夫が

    「うちの子供も他のお友達とも遊ばせたいんですけど」と校長や担任に言っても理解してもらえず
    「私立中学受験」をしました。

    私立中学は親が「ここへ入れたい」と思う子供が入っています。
    入学させたくない人は入らない。
    公立小学校時代、ひとりっこへの「あたり」は相当なものでしたが、子供が入学した中学では一切なかったです。

    そのまま大学までエスカレーター。

    幼稚園や小学校でのPTA役員は常に問題になりますよね。
    (ひとりっこは、暇でしょうからやって下さいと言われがちです。私は常にやってました。)

    私立では「立候補」が当たり前でした。
    「子供がお世話になるのだから、お手伝いします」って。

    いじめも子供に聞いても全く見た事ないって言ってました。

    中学から私立なんて無駄。地元のトップ公立高校へ行けば良いと言われる地域に住んでいますが、中学からの子供の友達を見ても
    本当に躾がされているお子さんばかりです。

    私は「環境はお金を払ってでも惜しくない」と思いましたね。

    子供はすでに社会人。
    今でも中学からの友達とはお付き合いが続いていますし、子供もあの学校で良かったと言っています。

    ユーザーID:0924528316

  • 子育ては

    試行錯誤しながら 娘と息子を育てました。
    初めての育児は寝顔見ては 反省したり
    「この可愛い寝顔を死に顔にはしない!」と我が子の命は守る!と。

    子どもが大人になって 子育て振り返って良かったと思ったことは
    1 子どもを叱る時は 「危ないからダメ! 壊れるからダメ! ・・・ダメ!」ではなく 何がダメなのか どうしてダメなのか考えさせてました。
    「・・・これは良い事?悪い事? 」と子どもに聞いて「悪いこと」て答えたら「何で悪いことなの?」子どもは考えながら話してましたよ
    最後に「良い事なら誉められてたけど 悪いことしたから叱られだんだよね!ちゃんと悪いことしたってわかったんだね? また同じことする?」て聞いたら「もうしない!」て子どもが言うと お約束と言ってる指切りしてました。

    親が一方的に悪い事 危ない事 ダメな事と言ってしまうのではなく 子どもになぜ危ない 悪い事なのか判断させ考えさせてました。

    2 まだ小さいから言ってもわからない!でなく
    小さいながらでも その年に合った教え方?話し方?で 分かりやすく 物に例えたりしながら教えてました。「もし自分だったら?・・・」と何かに例えたり まだ小さいからわからはいは親の考えで 2才3才4才・・・なりに教えたらわかりますしわかっていました。

    私はこんな育て方も加えて育てました。
    娘も息子も1本の花咲苗木だと20才にはどんなきれいな花を咲かせるのかと
    肥料や水は教養 躾 太陽は愛情 成長の段階でこの枝は?切って この枝はちょっと様子を見よう こちらの枝はこのまま伸ばして何て 子どもの個性や性格に例え そして20才

    子どもが小さいときのこの先10年20年は気の遠くなる年数だと思いましたが 過ぎて振り返った年数はあっと言う間の短い年数でした。
    子どもに手のかかる時が親として1番幸せな時だったんだと思います。

    ユーザーID:0026967655

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧