• ホーム
  • 話題
  • お仏壇のお線香、娘にも毎朝させるべきですか?

お仏壇のお線香、娘にも毎朝させるべきですか?

レス51
(トピ主1
お気に入り52

生活・身近な話題

なやめる母羊

レス

レス数51

レスする
  • 母親に肯定されている事を父親に否定される

    話し合ったらいかがでしょう?何よりもダメなのが父親と母親の意見が違う事ですよ。

    『そのために朝起きる時間を早めるなんて以ての外』と母親が考えていて、父親が『朝娘が忙しくてお線香をあげられないと不機嫌になる』と言うのが娘さんに悪影響だと思いますよ。

    娘さんにしてみれば母親に肯定されている事を父親に否定されるのは苦しい事です。

    ですから三人ちゃんと膝を合わせて話し合ってベストの答えを出すのはいかがでしょう。ちょっと『あなた、別にいいじゃない?』『絶対にダメだ』では堂々巡りで前に進みません。どうしてやらないといけないのか、それをちゃんと場を設えて、自分の主義主張を発表して話し合いましょう。その話し合いの場に付かせるのはあなたの仕事です。

    ユーザーID:9888380705

  • ご主人は以前から毎日お線香を?

    ご主人は義両親が亡くなる前はどうだったのでしょう。
    ご主人にとってのお祖父さんお祖母さんにも毎日お線香をあげていたのでしょうか。
    義両親が亡くなってからの習慣なら、娘さんにそれを強要するのはおかしいですよね。
    自分はどうだったのかと。

    ユーザーID:1664553828

  • 宗教の自由

    これにつきると思います。

    嫌々することになんの意味があるのかなと思います。
    帰って反発心を招いたり、ますます故人を良く思えなくなると心配です。

    お嬢さんは違う時間ならと譲歩しています。
    旦那さんは娘さんの心情の経緯を知っていて尚且つ強制するのでしょうか。

    思春期に親が祖父母で苦労する姿を目の当りにし、自分も被害に合うというのは心に染み入るものです。
    大人になったり祖父母の年になって客観的になれるかなというくらい。

    旦那さんが譲歩するところだと思います。
    ここであくまで強制となったら20代、30代と後を引く問題になるかもしれません。

    トピ主さん、ここはお嬢さんの為に(ひいては旦那さんの為にもなる)もうひと頑張り!だと思います。

    ユーザーID:6441303890

  • 宗教観は引き継げない

    昔なら当家の信仰 宗教は引き継がれるものなのでしょう。

    その信仰によって、当人の行動ががんじがらめにあい 精神的に追い詰められている友人がいます。
    結婚も阻害されています。

    故人を忍ぶという行為は、強制しなくても出てくるもの。 そうおもいますが、それではダメなのかな。

    ユーザーID:9313647142

  • 夫の心配りがない

    娘さんが線香をあげないと不機嫌?
    勝手な押し付けです。

    娘さんが線香をあげないと悲しい・・
    これならわかります。
    自分の娘が自分の親に対して良い気持ちを持ってないんだ、と、父親として気づいてあげられないのですね。娘さんの気持ちを理解しようとしないのですね。

    一部のレスにある、仏壇と毎日対峙するのが体に染み込んでいる人の意見は娘さんにとって何の参考にもなりません。

    父親が「自分の親が世話になった、ありがとう」と娘さんに言えればまた変わるかも。

    ほんと、信仰とは自分本位なものですね。純粋に、人や自分を幸せにするものであればいいのに、と思います。

    ユーザーID:3452018064

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 世界は広い

    娘さんは娘さんで今後、独自の世界観、宗教観を持つものです。

    日本人のすべてが仏教徒ではありません。
    そして世界にはいろんな宗教や教えがあります。
    なので人が死んでも仏様にはなりません。
    娘は狭いの地域の中で生きていくのでなく、世界に羽ばたいていくものでしょ。

    信仰を強制するものではないよ。

    ユーザーID:1071073253

  • やってる感満載のお線香あげ

    我が家は夫が私の両親と同居でトピ主さんと逆バージョンです。
    私は実両親なのでお線香とお水とご飯を毎朝あげています。

    夫はリビングにある仏壇に御線香を全くあげません、時折好物や初物を買ってきては仏壇にお供えした時に御リンをチンとしています。でもお線香はあげません。

    子ども達もお線香をあげません。
    子ども達は旅行から帰宅した時はお土産をあげています。
    また試験日・合格したい・当選しますように・とお願い事の時だけお仏壇に手を合わせている姿に笑い転げています。

    先祖を敬うことを強制してはいけません、親のやっていることを見よう見まねでいつの日か実践してくれたらありがたいなと思っているぐらいがちょうどいいのです。

    トピ主さんのご主人はご自分の両親に毎朝お線香をあげていることはご主人のお気持ちからしていることだと思うのです。
    それを家族みんなに強制するってことはご主人は毎日お線香をあげるのがおっくうになっているのだと思います。

    あまり気になさらずにほっておきましょう。

    ユーザーID:2631014232

  • 考え方の違いです。

    死んだら仏様にはなりません。

    死んだら無になるだけです。

    今、生きている人の生活中心でも問題ないのでは?

    トピ主の夫さんがお線香をあげるのは自由です。

    トピ主の娘さんが上げないのも自由です。

    不機嫌になっても気にしないようにしたらいかがですか?

    お焼香も別に必要がない人もいるでしょうし。

    夫さんに言うなら一言「信仰していないので、お線香をあげる事は強制しないでください。貴方がするのは自由ですけど。」

    だけでずーっとスルーでいいと思います。

    ユーザーID:2522045485

  • 夫婦の問題かと思います

    ご主人と娘さんの問題ではなく、根本的にはご夫婦の問題かと思いましたが違うのでしょうか。同居とありましたが、5年前くらいに2世帯住宅を建てたのでしょうか。それ以前からトピ主さんと義両親はうまくいってなかったようなのに、二世帯建築と同居のような重い話に至ったのはよく話し合いをした結果なのでしょうか。

    2人で介護とありましたが比重は同じくらいでしたか。トピ主さん納得の上でのお世話でしょうか。

    元々ご夫婦でくすぶっていた物をきちんと解決せずに無理やり蓋をした結果娘さんを使って2人で争っているように見えますがそうではないのでしょうか。

    毎朝お線香をあげるという事自体は賛成です。高校生にもなって火の扱いが心配とかちょっと疑問ですし。安全に線香点ける道具とか工夫の仕方はありますよね。

    1階に行く時間がないと主張し続けて、じゃあ2階に仏壇を持ってくると言われたらトピ主さん困るのではありませんか。どこかできちんと話し合いをして、高校の間は夕方必ずする、とか、2階で娘さんがお線香を点けてトピ主さんが必ず1階にもっていく、など妥協案を見つけた方が良いと思います。夫が折れるべきと言ってますが、折れるような人ですか?

    やる事はやるけど、ここから先は絶対譲らない、そういう話し合いをご夫婦でしてください。娘さんはお二人の被害者だと思いました。

    ユーザーID:8666550461

  • べきってほどの事柄じゃない

    〜すべきって言うほどでもないような
    でも、迷惑を被ったから、先祖として敬えないと言うのは言い過ぎだと思う
    今旦那さんが毎朝お線香をあげてるのは、亡くなった親のためと言うより、自分自身のためじゃないかな
    お葬式にしろ法要にしろ、生きてる人のケジメをつける手段みたいな意味合いがあって、旦那さんは相次いで親を亡くして、心の整理をしてるんじゃない?
    長くて辛い介護生活、トピ主や娘にも迷惑かけた
    時には早くこんな生活が終われば良いと思った事もあったでしょう
    親不孝だったかも、そんな複雑な気持ちを整理するのに、娘さんにも付き合って欲しいんじゃない?

    トピ主の書き込みからは、義両親への嫌悪を感じるんだよね
    そう言う物差しで家族を制御するのはどうかと思うな
    来年くらいになれば、ご主人もそんなに厳しく言わなくなるんじゃない?

    ユーザーID:6114964088

  • 死者が尊いことには変わりない

    トピ主さんが、娘さんを正当化させる理由には、義両親の生前の家庭内での振る舞いにあって許せないようですが、そこは、月日とともに、許していかなければならないと思います。どこか娘さんの御参りしない態度に、小気味よく考えていませんか。
    亡くなった人は、仏様になり尊い存在です。一族の行く末を見守り、そして、お力添えされていく方です。
    お嫁さんのあなたが、娘さんの行動を正当化させるようでは、本当の意味で、親になり切れていないと思います。

    出来るだけの範囲でよいから、朝のご焼香をするように娘さんに言えませんか。ご主人にとっては、かけがえのないご両親です。

    私の家は、昨年舅が亡くなって、仏壇が昨年から置かれましたが、朝のご焼香は、各人に任せています。まず、お花の水替えは、私が行い、時間があれば、娘も焼香していますし、息子である主人は、会社に行く前に、かならず焼香しています。
    ご飯は炊いたときは、お供えしています。花は枯らさないように、毎日お水を替えています。来客の手土産は必ず一度は、お供えします。

    親が後ろ姿で、見せていれば、将来娘さんがお嫁さんに行ったとき、どうすればよいかわかると思います。

    いすれは、自分も仏壇に入ります。その時、娘さんが、ご焼香しなかったらどう思いますか。義両親だからと小気味よく思うのでなく、広い思いで考えてください。

    ご主人はあながち間違ってはいないと思います。

    ユーザーID:6481636377

  • 良い香りのするお線香

    白檀とかよりもラベンダーとかローズとか
    お線香立てるのは朝よりも帰ってからとかどうだろう?

    リラックマ線香とかもあるし
    チョコレートの香りするお線香もあるので
    高校生受けするの進めてみては。

    朝お供えしてるのって
    うちなんかご飯じゃなくてヨーグルトよ!

    一口に仏教と言っても宗派によって考え方は全く違うしね。

    ユーザーID:3188511279

  • 娘さんの自由にさせるべき

    信仰されているのは義父母とご夫君が多少ということで、娘さんは信心がないのではないでしょうか? たとえ未成年であっても信仰の自由は保障されるべきです。ですから、御線香をあげるか否かは娘さんの自由にさせるできです。(娘さんのほうから、「朝指導してほしい」とご夫君に頼んだ際にのみ、ご夫君は娘さんに指導すべきです。)

    ユーザーID:5393776629

  • 宗派により違うけど

    お線香は仏様のご飯だそうです。
    朝から、そんなに沢山のご飯、仏様は要りますかね?
    私なら食べきれません。
    登校前か帰宅後に手を合わせるだけで良いと思う。

    ユーザーID:6330545460

  • かえってこじらせてる

    結局の所ご主人と娘さんとの問題ですよね。

    で、トピ主さんは完全に娘さん側ですよね

    だとしたら、ご主人が自分で娘さんに言う
    拒否するかどうかはもう高校生の娘さんなんですから自分で断る

    あなたがご主人を説得する必要はないのでは。

    ご主人としても娘さんに拒否されたらあきらめるでしょうけど
    あなたまで娘さん側にたつと意地になりますよ。

    何か言われたら、自分で直接言って

    どっちの味方もしない
    あくまで中立にいる事でしょう。

    あなたが娘さん側に立つことでかえって事がこじれてる気がしますよ。

    ユーザーID:7040385451

  • 親の背中を見て子は育つ

    信仰心の豊かな両親でしたが 一人娘の私に強制したことは一度もありません。

    ただ幼いころから 頂き物はまずお仏壇へお供えする事だけはしていたし いつも両親が拝んでいるのを見て育ちました。

    大人になりいつの頃からか 私もお仏壇のお世話をするようになりましたが 私がそうだったように私自身も子供たちへ強制したことはありません。

    子供たちは結婚し家を出ましたが 帰省するとまずお仏壇に線香をあげるようになりました。

    これが「親の背中を見て子は育つ」という事じゃないかと思います。

    強制されて嫌々手を合わされても お先祖は浮かばれませんよ。

    子供の線香のあげ方は もしかしたら間違ってるかもしれないけれど 可愛い孫が自発的に手を合わせてくれることを 亡くなった父は何より喜んでくれていると思います。

    ご主人のやり方を強制すると 自発的に拝んでくれることはそのうちしなくなりますよ。

    ユーザーID:0873223296

  • 供養の仕方はそれぞれ

    二世帯住宅の姑の住む世帯には仏壇があります。
    普段は仏様ならぬ「ほっとけ様」。家族の誰も姑すら線香は滅多にあげないし、花も彼岸や盆暮れにお経をあげにお坊様が来るから、慌てて供花してお供えするだけ。

    年に4回もお経をあげにお坊さんが来るけれど、お経の間に考えているのは大体「今日の夕飯何にしよ〜」とか、木魚のリズムを心の中で譜面にしてみたりと全く信心がない母親です。

    当然我が子にも同じように言っています。供養や法要なんてやってもやらなくてもいいよ。生きている人の好きにしてちょうだい。あなたたちに負担はかけたくないしね。

    一番の供養は、たま〜にでもいいから思い出してくれることだけ。出来の悪い母ちゃんだったなとか、お母さんのご飯はこんな味だったな、とかそれだけでいい、十分だよ、と言ってある。

    我が家の仏壇の一番の新人の仏様は舅。線香をあげなくても拝まなくても、一日一度は舅のことを懐かしく思い出す。今日は、姑のリビングのテレビ台にいたずら防止鍵がついていて「じいじがつけたんだな」と微笑ましく思い出した。

    ご先祖がいるからこそあなたがいるだの、線香もあげないのは躾ができていないだの、そんなのただの主観。価値観の違い。

    ただ親を亡くした夫の気持ちには寄り添ってあげてほしい。
    私だったら「お父さんのために、ちゃちゃっと線香あげておきなさい」って言っちゃう。

    ユーザーID:0238977781

  • 朝のお線香

    朝のお線香は、朝のごはんやお茶を備える人がやってます。
    習慣のない人には苦痛かもしれませんが、朝のひと仕事です。
    できる人がやるのではだめなんですかね?

    お線香をあげるのに5分10分かかるわけじゃないでしょ?
    お経をあげるのですか?

    みんながお線香をあげる必要はないので、解決策としてはできる人がやるでいいのでは?
    あとは電子線香なるものもありますよ?電気で点灯するもの。

    ユーザーID:3757025243

  • 信仰とか供養とか

    宗教に係ること、信仰に係ること、
    誰かを供養する想い〜

    これらは、全くもって個人に帰属する事柄です。

    よって、娘さんに一切委ねられるべき事です。
    「育て方」とか「しつけ」とか、家族の関係性とか、
    それらを超越した所にあります。

    因みに、私は寺の住職を数十年務め引退した者です。

    信仰や供養のスタイルにも決まりはありません。
    その個人の想いのままに行えば良いのです。

    “線香の煙の向き”の件など、もはや話になりません。
    煙は、風の方向に流れるに決まってます。

    ユーザーID:2322282967

  • 2回目です

    ご主人はもともとお線香をあげていたのでしょうか。義両親の死後にやるようになったのか、生前からやっていたのか、どちらなのでしょうか。ご主人も本当はやりたくないと思っているのではありませんか? だから、自分だけがやらされているように感じて、娘にもさせたいのではないかな、と。

    子供のころに義両親に強制されたのか、義務感のみでしているのか。義両親をしのぶ気持ちや信仰心ではなく、ただの義務だと感じているのではないでしょうか。だから、妻と子供にも強制するのだと思います。

    義両親を思ってのことなら、また自分自身の心の平安のためなら、妻子に強制する気持ちは起きないものだと思います。本人の気持ちにまかせるでしょう。

    ご主人は本心ではやりたくない、いやだと感じているのだと思います。だから、強制するのではないでしょうか。

    ユーザーID:6460335620

  • 実の息子がやってるんだから

    それで充分じゃない?嫌がってるんだから無理矢理やらさなくてもいいよ。これ、娘が結婚でもして墓じまいするなんて言い出したら一悶着起きそうだね。
    毎日線香あげて手を合わせたいと思うほど慕われる故人じゃなかったって事だから仕方ないよ。強要したら余計に反発されるだけ。

    ユーザーID:3397228690

  • べき

    悩める母羊様、こんにちは。

    お嬢様に線香をあげさせるべきか分からないとのこと。

    思うに、多くの事柄について
    誰かに「◯◯をさせるべき」などという事はありません。
    あくまで◯◯をさせるという考えはさせる側にあるわけであって
    する側が望まない事を強制するならば相応の代償を支払うのが道理。

    未成年の飲酒喫煙をやめさせるべき
    嘘や暴力をやめさせるべきなど人として外れている行為でもない限り
    尊重されるのは“する”側ではないでしょうか。

    また、「人は死ねばゴミになる」という書籍があります。
    これは義両親様方の様に病を患った方の生き方について書かれた本ですが
    決してネガティブな内容ではなく死ねばゴミになるという過激な表現の元
    生きている1分1秒を大切に生きようとする
    むしろ前向きな気持ちを記したものです。

    果たして義両親は自分が死んでしまった後、生き切ったその先に
    自分自身が原因で残った家族が不仲になる事を望んでいたのでしょうか。

    墓も、仏壇も、葬儀も彼岸やお盆でさえも
    今生きている人が今生きている人の為にする行為
    既に“ゴミ”となった故人の意思などそこにはありません。

    日本には宗教の自由があります。

    現実的にも法的にも
    お嬢様に故人を偲んで線香をあげる事を強制するべきではない
    私はむしろ、ここに“べき”という表現が相応しい様にさえ感じます。

    ご主人の考え自体も正しい。
    自分の信じる宗教に則ってそうしたいと思う事は至極真っ当なものですが
    他人がそうしないから怒る、強制するというのは
    なんとも日本らしからぬ過激派宗教的なニュアンスになります。

    貴女様の立場は難しいでしょうが
    お嬢様に強要する事で、お嬢様はよりお爺様、お婆様の事が嫌いになるでしょう
    それを強いるお父様、貴女様も同じ事

    禍根に囚われずフラットな目線で見たほうが良いのでは?

    ユーザーID:5501203069

  • 強制するものではない

    毎日お線香をあげろ。
    誰のおかげで今の自分がいるのか。

    トピ主夫やレスでそう書かれている方は、いずれそういうご先祖様になるのかも知れませんが、その言葉で縛りつけるのは、生きている人間です。

    ご先祖様は、そう思っているのか、自由に生きて欲しいと思っているのか、そんなことは分かりません。

    私は寺の生まれですが、時々心に思うだけで、お線香をあげるのは、法事の時や盆暮れくらいですよ。

    ユーザーID:3588828997

  • いらないでしょ

    うちの家は長い間、お仏壇がない家でした。
    永代供養をお願いしていたのでお寺に行くスタイル。途中でお仏壇を買ったので、お寺さんも来られますが、その時しか開けないしお線香もしないです。臭いしね、無理。そもそもお仏壇に入っている事になっている祖父母が信仰心薄かったので、そんなもんです。

    そんな家に育ったので、お線香はすごく嫌いです。お香も無理だから当然ですね。
    二世帯に住んで長いけれど、お仏壇が1階にあるなら娘さんも私と同じだと思います。
    馴染まないし、綺麗な2階からゴミ屋敷の1階に朝から行くと運気が下がりそう。時間も勿体ない。髪や制服に臭いが付くのも嫌です。
    嫌々やるぐらいなら、やらない方が良いでしょう。
    お寺さんが来られる時だけ同席すれば十分だと思います。

    義両親様が信仰深かったら少しは真面目にした方が良い気もしますが、ご主人の様子からそうでもなさそう。ご主人だって義務で格好だけやってるんだと思います。
    四十九日以降はご主人も嫌ならやらなきゃ良い。いちいち1階に行くのも面倒だし、お線香あげる暇があれば1階を片付けて欲しいです。

    ユーザーID:0665801941

  • 強いて

    向かわせる必要があるのかなって所です。
    うちも嫁いでからは手を合わせてますが子ども達は後ろでジッと見てました。
    それで充分かなと。
    お墓参りでも手を合わせるし。

    難しい頃合いなのかもしれないです。

    うちの子達が同居したのも上の子が4年生でした。

    ユーザーID:0158375505

  • 自分はなぜここに存在しているのか?

    うーん、どんなに人格に問題ありでも、そのご先祖がいなければ自分はいないわけじゃないですか。今よりも福祉などは充実していない、戦争などで先の見えない世の中で、なんでもかんでも自分たちでやらねばならなかった時代、お産だって今より危険と隣合わせだったはず。それを乗り越えて、我々を産み育ててくれた人たちを敬えないなんて悲しいですね。
    ご先祖が命を繋いできてくれたからこそ、自分がいるわけだし、
    今の世の中があるのも彼らの苦労があってこそとは思いませんか?

    ユーザーID:0380540565

  • 強制しなくても

    「仏壇に手を合わせて祈る」その姿を娘さんに見せることが大切だと思います。

    わたくしごとですが。
    私は三十代、実家にわけあって3つ(3つというのかどうか分かりませんが)も仏壇があって、同居の祖母が毎日ご飯をお供えし、買い物から帰ったり、頂き物をしたときは真っ先に仏壇に供えていました。お線香は火事の心配があってほとんどあげていませんでしたが。
    そんな姿を物心ついた頃から見ていたにもかかわらず、手を合わすのはめんどう、法事は暇で嫌い、お墓参りより友達と遊びたい線香など臭いだけ…そんな十代でした。

    それが、三十代になった今、神主さんを呼んで神棚を作り、神社に願掛けし、お盆やお彼岸には墓参を欠かさず、頂き物があれば真っ先に仏壇へ。

    多分、仏壇を大事にする祖母や両親の姿を見ていたからと自分で思っています。
    娘さん、高校生ならあらゆることが楽しくて、でも甘えていられるのが今だけと分かって焦っている時期だと思います。いつか余裕が出来たら、落ち着いて手を合わせてくれますよ。

    それに、親戚が亡くなったときお坊様が仰っていたことですが、亡くなった人のことを忘れず時々思いだすのが一番の供養だそうです。

    ユーザーID:6599731750

  • クールダウンしましょうよ

    毎朝の線香は信仰の領域だと思いますので、娘さんの自主性に任せるものだと思います。

    祖先を敬う心も、先祖供養も大切です。
    困ったときには、ご先祖様が何かの時にお力添えしてくださることもあるかもしれません。

    でも信仰の深さは人により違うので、不特定多数の人が見るネットで、特定の宗教宗派のやり方を強要するようなことは、反感があって当然です。
    また、宗教の信仰にやり方の問題はどんなに討論しても反感をあおるばかりです。

    火の始末にしても昨今の狭い住宅事情では厳しいものがあります。

    不特定多数の人が見るネットですから、信仰に関してのことはちょっとクールダウンしてくださいね。

    ユーザーID:1071073253

  • 線香について

    私はうちに仏壇があるので、毎日水と線香をあげていますが(しつこいですが、1分もかからないです)、線香は立てて、お鈴を鳴らしたらすぐに下がります。
    きちんと倒れないように立てて、周りに燃えないものを置かないのが条件になりますが、燃え移ることはあり得ないと思っているからです。
    個人的には、ろうそくは本気で危ないと思っているので付けません。

    私は、仏壇というのは、もちろん親を含む先祖を供養するためにあるのですが、一番は、自分が穏やかな気持ちになるためにあると思っています。
    義務じゃないですが、朝のひと時に、なにかしら落ち着く時間があってもいいと思いますよ。

    ユーザーID:3335871119

  • そんなに大変なこと?

    小学校卒業間近に同居していた祖母が亡くなり、以来、大学進学で家を出るまで毎朝仏壇に線香をあげてました。

    つまり、中学・高校時代に毎朝仏壇に線香をあげてから登校していたのですが、全く負担じゃなかったですよ。
    蝋燭に火をつけて線香に火をつけ、鐘を鳴らして合掌するだけ。
    1分もかかりませんでした。

    家族に強制された訳ではなく、なんとなく習慣になってました。
    他の兄弟はたまにしか線香をあげてなかったです。

    私は運動部で毎朝朝練があったけど、部活で忙しいから線香をあげられない、なんて発想にはなりませんでしたよ。

    私は線香云々よりも、親を亡くしたご主人の気持ちに寄り添えず、人の死にホッとするあなたの心根にゾッとしました。

    ユーザーID:0790520631

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧