イギリス人の主人が大学院に行きたい

レス6
(トピ主0
お気に入り18

キャリア・職場

ニコラ

私(日本人)の旦那(イギリス人)が、大学院に行きたいと言い始めました。

応援したいと思うのですが、現在の年齢で行く意味があるのか(社会的地位、給与面で)教えていただけたらと思います。本人は、勉強しに行きたいというよりは、収入が増えるから良いかなという感じです

私自身は34歳で、レストランで調理師兼店長のようなことを4年くらいしています。(元々は和食調理師です)アルバイトで収入は月25ー27万程度です。もちろんアルバイトなので、手取りは20万くらいでしょうか。子供はいません。

旦那は現在、大手英会話スクールで英語を教えています。旦那は33歳です。

経歴としてはイギリスで、大学を卒業(日本とアジア全般の言語と文化を専攻)。在学中には早稲田大学にも1年間留学。その後ロンドンで就職(事務職系)。数年で辞め、韓国で英会話の教師、日本で英会話の教師で現在に至ります。

キャリアアップ、給与アップ(転職をすることで)のため、大学院で博士号をとることを考えています。

博士号は特にどこの大学とこだわりはなく、オンラインでしたいとのこと

今後も日本での生活、仕事を考えています。

ユーザーID:1321415991

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
  • キャリアにどう結びつくのか

    大学院出て、その後の仕事はどう考えてるのでしょうか?

    同じく英会話教師ですか?それに関することなら意味あるのでしょうが、英会話に博士号ってキャリアアップにつながります?



    職業も未定?何を学ぶのかも未定。
    なのに何がどうキャリアアップ、収入アップになるのか。全くわかりませんが?
    大学院行ってる間の生活費や学費はどうするのですか?蓄えが存分にあるのですかね。
    お子さんの予定は無しでいいのでしょうか?


    ご主人は何か全てに甘いと思います。
    だって何一つ明確でないんだもの。


    私がトピ主夫婦の知人でこんな話しきいたら、親が裕福なのか、妻の稼ぎが良くて余裕で生活できるんだなーと思いますよ。
    ご主人はトピ主さんの収入知ってますよね?

    ごめんなさい。何だか疑問だらけになってしまいました。

    ユーザーID:1361724613

  • まずご主人のイメージしている未来を共有

    以前英会話スクールに勤務しておりました。
    講師ではなくマネジメント側です。
    多少の経験ですが人事も担当しておりました。

    ご主人が(たぶん)懸念されている通り、英会話講師はあまり息の長い職業ではありません。
    一般企業のように役職がつきませんので基本給や職能給が増えませんしね。
    (経験年数によってジュニア講師とシニア講師、というかんじで分けるところもありますが)
    将来のことを考えての転職は良い選択だとおもいます。

    ご主人に博士号は将来的にどう活かされるのか(どんな職業を狙っていくのか)お尋ねになってみては?
    ここで他人が博士号にはこういう可能性があるよ!と言ったって、実際にご主人が目指してるものとはことなるかもしれないし、そもそもご主人が博士号さえとれば転職が容易になると思っているのならそうでないことを説明して差し上げないと。

    ユーザーID:4109151803

  • イギリスでは、珍しくない事だと思います。

    旦那様が、どの様な方向で
    >キャリアアップ、給与アップ(転職
    を目指すか分かりませんが…
    英国では社会人が働きながらオンライン・(パートタイムの)キャンパスベースでマスター、PhDを取得は珍しくありません。
    英国の大学の(オンライン)コースでも
    日本の提携・教育・公的機関で試験を受けられる
    日本で学位が認められる
    等も少なくありません。

    社会人+オンラインの場合、一般的に入学時の学習意欲は現役の学生より高めですが卒業できるのはホンの握りです。特にオンライン未経験者は、本人の適性が分からないので、可能なら正規入学前に1つか2つ位、お試しでコースを取って勉強してみた方が良いと私は思います。

    また
    >韓国で英会話の教師、日本で英会話の教師で
    出願前の過去数年間以上、英国+EU圏内に在住+納税していなかった場合、学費が「海外出身者」のカテゴリーになる可能性があります。
    その場合、オンラインでも英国出身の学生の2〜3倍になる場合があるので、それなりに
    >給与アップ
    しないとコスパが悪いと思います。

    ただマスター、PhDを取得出来れば
    >英会話スクール
    以外で、英語を教える事が出来る可能性はあると思います。

    旦那様が、どの様なプランをお持ちなのか、良く聞いてみる事をお勧めします。

    ユーザーID:3029567249

  • 是非オススメします

    自分はイギリスの大学院を出て日本の大学で教員をしています。英語の教員(常勤か非常勤)の採用の選考もします。基本的に、人手不足でどうしようもない場合を除いて、ネイティブでも最低で修士かできれば博士号(英語教育など)の人を雇います。通信の修士でも、ないよりも何倍も信頼性があります。また教育分野で学会発表や論文のある人であれば引く手あまたです。旦那さんが英語教師としてキャリアアップしたいなら、ぜひ教育分野での修士をおすすめします。イギリスにいたときは30代の修士学生は当たり前にたくさんいました。まだまだ若く、人生長いです。ぜひおすすめします。

    ユーザーID:1560692571

  • MBA?

    MBAなのかなと思いました

    MBAを生かして転職したいのなら年齢的には最後のチャンスでしょうね

    一生日本語教師というわけにはいかないでしょう

    ユーザーID:0875517041

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • しっかりと考えていらっしゃったら良いけれど・・・

    20年ほど前に、大手で英会話のレッスンを受けていました。
    そこの先生で、転職して「大学で英語を教えることになった」という方がいました。聞けば、アメリカで工学部系の院卒だったらしく、そのバックグラウンドで工学部の学生向けの「工学系英語」の授業を持つとのことでした。

    ご主人は大学院を出た後、どのような形の給与アップを目指していらっしゃるのかな?
    そこが曖昧だと、時間もお金も無駄になるかもしれません。アカデミックな所では先にレスがあるように、大学院卒は必須だけれども、日本の企業などは、海外に比べると「院卒」の価値はそんなに高くないように感じます。学部卒の人より、数万お給料が高いぐらいだったり。

    MBAは別にして、文系の大学院を出てアカデミックな職に就くとなると、日本だけを考えるのは難しいのでは?
    私の知り合いに、ご主人が日本の大学院で学んでいる時に知り合って国際結婚された方がいます。トピ主さんのご主人と同様、アジア文化系の研究をなさっていて、「この分野で教えることができるなら、どこの国でも行く」覚悟だとか。私が聞いた時は、ご主人の出身国(非英語圏)では無い、非英語圏の大学で教えていらっしゃいました。お子さんの教育(言語教育も)に、苦労なさっていました。

    一生、英会話学校の雇われ教師と言うわけにもいかないでしょうから、この機会に将来のことを話し合われるのも良いのでは?

    ユーザーID:0989306049

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧