• ホーム
  • ひと
  • 祖母からもらった着物を私が着ようとすると、母が嫌がります。

祖母からもらった着物を私が着ようとすると、母が嫌がります。

レス20
(トピ主3
お気に入り114

家族・友人・人間関係

ぐれサブロウ

トピを御覧下さってありがとうございます。
私が祖母からもらった着物が現在、実家の桐箪笥に保管されているのですが、その着物を私が持ち出し、着ようとするのを母が承知しません。
着物は実質的には母のもの、として考え、最初から無いものとして諦めた方がいいのでしょうか。

●トピ主
40代、独身、身長150cm前半、自分用の着物は無し(のちに祖母から貰った)。

●母
70代、身長150cm後半、誂えてもらった着物は無し、若い頃は茶道を習っていたが、その際の着物は全て自分で誂えていたらしい。

●祖母
大正生まれ、故人。身長160cm後半、着道楽。長身の長女(母の姉)には着物を沢山誂えたが、次女(母)には誂えなかった。

細かい状況説明は下記になります。

着付け教室で着付けを習いました。
家の桐箪笥の中には祖母が生前、私にくれた着物が入っていて、教室終了後は、その着物で時々出掛けたいと考えていました。
教室終了後に、母に、数年前に私が祖母からもらった着物があるはずなので着てみたいと言ったら、
「やめて頂戴、独身女がいきなり着物でこの辺出歩いたら、どうかしたのかと言われる、やめて」と言われました(本当はここには書けない、もっとキツイ言葉でした)。
確かに私の住んでいる辺りは噂好きの住民が多く、私が着物で出歩いたら近所の人に何を言われるか判らないので、
この時は引き下がりました(私や両親が出掛ける時は必ず外に出てきて見てくる人がいます)。
数年後、私は実家を出て1人暮らしを始めました。引っ越し先は都会なので着物で出歩いても特に問題は無い土地柄です。
ある時、実家に寄った際に改めて母に、1枚だけ着物を持ち出せないか、着付け教室でお茶会みたいなものがあるからと、
打診してみました。(もらった着物は引っ越しの際に持って行くと言ったら、母の反対で結局持ち出せなかったのです)。続きます。

ユーザーID:8360622783

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
  • トピ主です。続きです。

    すると母は「え、着物なんて着ないでしょ、持ち出さないで、保管場所も無いのに。どうするの!」と言い、急に不機嫌になりました。
    着物の保管は着物専用の袋(商品名は伏せます)を購入するし、1人暮らしの部屋は、実家の私の居た部屋より広くなったので、
    保管場所は特に問題無いと言っても、聞いていなかったかの様にスルーされました(ここだけ無視でした)。


    私の身長ですと、リサイクル着物で安く購入することができます。
    母を怒らせてまで祖母の着物にこだわらなくても、リサイクル着物を着ればいいのでは、とも思います。
    (母はリサイクル着物を「死人の着物!」と呼び嫌悪していますが‥)
    ですが生前の祖母が、「よかった、ぐれサブロウにあげることができて。どんどん着てちょうだい」と私に言ったので、
    出来ることなら何とかしたいです。

    ちなみに、3月に実家に寄った時、母がトイレに入ったスキに桐箪笥を開いて見たら、
    たとう紙の上を細かい虫がたくさん動いていました。胴裏は黄色いボツボツがありました。
    素人目にも良さげな着物ばかりですが、ボロボロになっていくのが見るに忍びないです。
    それでも、着物を諦めるべきでしょうか?

    ユーザーID:8360622783

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 心の傷があるのかなあ

    昔、着道楽のお祖母様と伯母様が近所の人に何か言われていた(噂好きの土地で)そのためにお母様は肩身の狭い思いをした。
    自分には着物が無くて寂しい思いをした。等々、何か事情はあると思います。

    ですが着物って着られる年齢があるんですよね。更年期過ぎた辺りから肩が痛い、腕が後ろに回らないとかでタンスの肥やしになり勝ちです。着なれて無いと動きづらくもなってくる。

    私なら「ごめんね、これ持ってくね」でさっさと運んじゃうと思います。

    ユーザーID:9800270687

  • 諦めましょう

    お母様が気の毒です。
    要するに、お母様にとってお婆さまは毒親だったんでしょう。
    長女には沢山の着物を誂えてあげて、次女には無し。孫には自分の着物を譲る。酷すぎませんか?

    和服は身長155cmぐらいの方を標準に仕立てます。お婆さまと伯母様の身長だと特注なので面白かったんでしょうね。
    で、その着物をトピ主さんが着ると合いません。おはしょりを多く取る事になります。袂も長いはずです。不恰好でしょうね。
    お母様も自分の母親に恨みを持っていないはずはありません。
    トピ主さんがお婆さまの着物を着るのを許せないんでしょう。
    そんな状況でお婆さまから着物を譲り受け、それを着たがるトピ主さんもどうかしています。
    諦めましょう。
    売ってしまった方がいいんじゃないでしょうか。
    お金にして、それを元手に自分の着物を買うのはいかがですか?それならお母様も許してくれると思います。

    ユーザーID:0961847368

  • 亡き母への複雑な心境…

    お祖母様の着物をトピ主様が着る事について、何故お母様が嫌がるのか…

    お母様にとっては複雑な思いがあるのでしょう。

    姉は沢山の着物を誂えて貰ったのに自分は誂えて貰えなかった。
    お母様自身、若い頃は着物をお召しになったが、それは全て自分で誂えて、母は何もしてくれなかった。

    お母様にとっては、同じ姉妹なのに差別的な扱いをされ、傷ついたのではないでしょうか?
    お祖母様の着物は、お母様にとっては良い思い出の品ではなく、嫌な気持ちを思い出させる品なのではないですか?

    お祖母様は孫であるトピ主様に着物を譲り渡したとの事ですが、娘であるお母様には譲られなかったのでしょうか?もし、お母様を飛び越えて孫にだけ、だったなら、
    お母様は胸中穏やかではないのでは?

    お母様とお祖母様の間には、トピ主様の知らない確執があったのかもしれませんね。

    普通に考えれば、着道楽で着物好きなお祖母様なら、娘であるお母様がお稽古で着物を着るのであれば、喜んで誂えたり自分の着物を譲ったりしそうなものです。
    そうしなかった、されなかった背景が何かあるのかもしれません。

    着物好きな母娘ならば、母から娘へ、娘から孫娘へ、大切に着て貰えたら嬉しい筈なのに、手入れもろくにせず虫がついても気にしない…
    お母様は、もしかしたらお祖母様に対する恨みのような気持ちがあるのではないでしょうか?

    トピ主様、もしお母様自身の着物があるのなら、お母様の着物を借りてみてはいかがですか?
    お祖母様の着物は勿体ないですが、ひとまずそれは置いておいて「お母さんの着物、眠ったままなら私が着てみたい」って。
    娘が自分の着物を引き継いでくれるのなら、お母様の気持ちも和らぐのではないかと思います。

    それにしても、お祖母様は大正生まれの女性としては長身だったのですね。
    無事、着られるようになったとしても、お直しが必要かもしれませんね。

    ユーザーID:3650900407

  • 多分もう無理

     泥棒みたいに、こっそり箪笥を探るのは止めましょう。それが形見にしても。

     お分かりでしょうが、その保管状況なら、人前で着るのは無理です。一目でそれだけ染みがあれば、大島でも無理でしょう。
     また、写真館の人が「お祖母様の着物を持ち込む人がいるが、一度着たらちぎれる」と言われてました。

     レトロ着物を現代的に着こなせるのは、保管が良いから。いくら上物でも、レトロとボロは紙一重です。「これは祖母の思い出の品です」と言ったところで、他人から見たら状態が悪い事に変わりはない。
     おうちで着るのもいいけど、何か痒くなりそう。

     また、サイズも無理です。大は小を兼ねない。小柄な人が長身の着物を着るのは難しいです。見たら分かりますよ。長さだけの問題ではありません。仕立て直しが必要です。

     着付け教室を終わって、数年ですか?
    自分の着物が無くて着てないなら、着ること事態が厳しいかと。
     
     私は嫁入りで着物を親に誂えて貰いました。姉は自力で買ったのですが、その事ではよくチクチク言われます。お母様も似たようなものでしょう。母子の気持ちは孫には分かりません。トピ主とお母様の関係と同じです。

     詳しくないですが、古い着物を染めの帯に仕立てる事はあるようです。

     お祖母様の気持ちを大切にしたいなら、やがて入手した時考えてください。

     今時は新品同様の古着もありますから、着ても分からないと思います。

    ユーザーID:7435222879

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 今はいろいろありますよ

    難しいお母さんのご機嫌とってまで、古い着物要らないのではないでしょうか。
    自分が有効利用できなかったものを主さんが使って楽しむのが嫌なのか。
    でも着物も流行り廃りがあるので、当時高いものでも古くなればそれなりです。
    年齢や、顔映りもあるので主さんに似合うものを少しずつ揃えて誰にも遠慮なく着れば良いと思います。
    シミや虫食いもあるでしょうから、クリーニング代に出すと思えば、そのお金で洗える着物が新品で買えますよ。
    ただ、小物や帯はあれば使いたいですよね。
    「一緒にどんなものがあるか見よう」と提案しても無理なら、その母親が生きてる間は難しいそう。草履やバッグなどは経年劣化するのでキレイに見えても実際に使うと無理な場合が多いです。
    「おばあちゃんかわいそう、大事な着物なのに誰も着てあげられなくて・保管も悪くて・ひどいよね」と嫌味を言ってみるとか。
    私は祖母の着物をかなり引き受けましたが人にあげたのが多かったです。母は存命ですが興味ないし、身長が違うので仕立て直してまでは要らないですから。
    ただ振袖類は助かりました。娘2人に着せましたよ。

    ユーザーID:7890435188

  • お母様を変えるのは無理

    お母様は、お祖母様の着物を、現在は自分の所有物だと思っているのでしょう。着物を誂えてもらえなかったトラウマがそうさせているのだと思います。
    これからもお母様はその着物を着るつもりはなく(ご本人はいつか着ると思ってそうですが)、着物を占有しているという状態に満足しているのです。

    私の母は、着るもの食べるものに不自由した子ども〜若い時代を過ごしましたが、モノに対する執着がすごかったです。いただきものだけど嫌いな食べ物、もう似合わないし絶対に着ないであろう洋服、セールストークにひっかかって買ったけど1回か2回しか使わなかった家電など、誰かが「ちょうだい」と言おうものなら、文字通りしがみついて死守していました。

    トピ主さんが着物を手にするには、過去にさかのぼってお母様のトラウマが帳消しにでもならないかぎり無理だと思います。トピ主さんがお母様を説得することはできないでしょう。
    ただし、着物の保管状態からみて、お母様は箪笥の中身をながめてうっとり、といったことはしてらっしゃらないようなので、こっそりと数枚、お母様に気づかれないように持ち出されてはいかがでしょうか。それを繰り返し、代わりに箪笥の中にはそのへんで買ってきた古着でも入れおき、中身をそっくり入れ替えるのです。正攻法では無理、これぐらいやらないと。

    ユーザーID:5350495190

  • お母さんの立場で考えてみた?

    トピ主さんの書いた状況だけで赤の他人の私でもお母さんの悲しさ辛さ悔しさの入り混じった気持ちが伝わってきました。

    姉妹でありながら差別をされ一枚の着物すら貰えなかったのに、なぜトピ主さんには渡すのか、
    なぜ自分は貰えなかったのか、

    お母さんに対して祖母の愛情は全く感じられませんし、お母さんにしてみたらトピ主さんにも渡さず手入れもせずに着物が朽ちて行く事で気持ちを晴らしているのかもしれません。
    リサイクル着物は死んだ着物と言うのにも通じてるのでしょう。

    私なら諦めます、というか母親に辛い思いをさせた人の着物は着たくない。

    ユーザーID:6281835330

  • 複雑な思いあるのでしょう

    実母からのあからさまな差別を受けたトピ主母には祖母の着物を着る娘を見たくないのかも。
    和服は管理が大切、桐とはいえ虫がつくようでは傷んでいるでしょう。洗い張りと仕立て直しの費用で自分で好きな着物を購入してはいかがですか?今古着でもとても良いものがあります。気に入れば買って沢山袖を通すと着物も喜びます。
    お母さんのことはそっとしておいてあげてください。

    ユーザーID:8247908682

  • 難しい問題ですね。

    先ず言えることは、トピ主さんが祖母に貰った着物なら遠慮なく着ればいいのに思いますがトピ主さんはそうはされませんよね。何故ですか?
     次にお母さんはトピ主さんの要求に対し自信をもって「NO」と言っています。ここにトピ主さんとお母さんが微妙な関係にあることが窺えます。
     同じ事がお母さんと祖母さんの間にもあったようですね。お母さん自分が実の母親にされたことをトピ主さんにしているような気がします。
     きっとお祖母さんとお母さんの関係と、お母さんとトピ主さんとの関係同じなのだと思いますよ。
     お祖母さんに貰った着物諦めた方が良いと思います。お母さんとの仲が拗れないためにも。

    ユーザーID:9687865038

  • たぶん

    お母さまは苦しかった気持ちを忘れられないのだと思います。姉は着物をたくさんあつらえれもらったのに、自分は一枚もなく、すべて自力で用意した。娘として悲しかったでしょうし、くやしかったのでしょう。なぜ、という思いもあったはずです。さらに、形見という形でも手にすることはできず、自分を飛ばして孫に与えるとは、受け入れがたいでしょうね。だから、母親が亡くなった今でもその思いから逃れられないのだと思います。

    トピ主さんがせっかくの着物を活用したいお気持ちはわかります。でも、着るのはあきらめるしかないように思います。極端なことをいえば、お母さまと絶縁してまでも着たいかどうかということだと思います。

    ユーザーID:9955676147

  • 心の闇

    お母様は何か心の中に闇があるのです。

    お祖母様の着物はお母様の闇につながる道です。

    誰かの心の闇を覗いたところで楽しいものが見えることはありません。

    お祖母様の着物のことは忘れしまいましょう。

    ユーザーID:7296909862

  • 着てほしくないのよ

    お母様には誂えてもらえなかった…。お婆様から差別を受けて苦しんでいたのですね。
    自分を苦しめた着物を自分が大切に育てた娘に着てほしくないのよ。
    二度とこの話はしないであげてね。

    ユーザーID:5291151663

  • 追加レスの状態なら

    トピ主さんは、着物の管理についての、知識は無いのでしょうか?
    追加レスに書かれたような状況なら、もう着られる状態では無いと思います。
    穴だらけだし、生地も湿気で劣化してボロボロなのではないかと。

    多分ですが、トピ主さんに譲ると言った時点から、すでに着物は痛んでいたんじゃ無いかと思います。(うちの祖母がお祖母様と同年代で、日舞やお茶を習っていた着道楽な人でしたが、80歳を過ぎてからは、大事な着物の手入れも出来ずに、亡くなった時には、全部ダメボロボロでした)←本人にこだわりがあり、大切な着物は人に触らさせなかったため、家族も分かっていたが、手出し出来ず。

    また。トピ主さんにとっては、よいお祖母様だったのでしょうが、実の娘に対して、そこまで露骨な差別をする方だったのですよね。
    お茶を習っていた娘であるお母様ではなく、当時は着る機会も手入れをする事も出来なかった、トピ主さんに残すと言ったのは、孫娘に対する愛情からの行為というよりは、次女に対する最後の意地悪の側面の方が大きかったのでは無いでしょうか。

    お母様は、トピ主さんが事実(貰った着物がゴミ同然の状態だった)を知って、あなたが傷つく姿を見たく無いのでは?

    >母はリサイクル着物を「死人の着物!」と呼び嫌悪しています

    これも、お祖母様がトピ主さんに残した着物が、まさに「死人の着物」だからでは無いでしょうか。
    着道楽だったお祖母様の着物に対する執着と、次女にはぼろ切れ一枚譲ってやるものかと言う執念。
    もうその着物の事は忘れて、実家の和ダンスの中で、朽ち果てるに任せた方がいいと思います。(それが忍び難いなら、着るのではなく、お炊き上げして、お祖母様にお返ししましょう)

    ユーザーID:2675099905

  • 色々無理かと

    お母様のことはおいといて、まず、その状態の着物では
    素人目に良さげであっても状態はひどいものだと思うのですが。
    ろくに手入れもしていない、虫が食ってる状態ってことでしょ?
    おばあちゃんに言われたから、って、着たくても着られる状態ではないのでは…

    お母様のことですが、お祖母様には姉妹差別されていたようですね。
    母さん(お祖母様)はなぜ姉さんばかり着物を誂えて、私には1枚も誂えてくれなかったの、
    なぜ娘の私を飛び越えて孫娘にあげるなんて言うの、
    そんなに私が嫌いなのか、って、
    悔しく悲しい、言葉で表せないほどの暗い気持ちがあると思います。

    考え過ぎかもですが…
    お祖母様はなぜあなたにあげると言ったのでしょうね?
    トピ主さんも着付けをされるならお分かりではないですか、サイズが全く合わないこと。
    身長160cm後半の人のために作られたものを150cm前半のあなたがそのまま着ると、不格好です。
    確かに着物は直せば着られます。
    でも、なら娘に渡せばいい。
    沢山誂えてあげるほど可愛がった長女なら、多分直さず着られる。直して着てね、なら、次女を飛び越えて孫にいく理由がない。

    考えついて嫌になったのですが、
    お祖母様、着物を孫に遺すことで娘が苦しむ種になることを分かっていたのではないでしょうか。
    あなたが「おばあちゃんがせっかく遺してくれたし」と言えば、娘と孫の仲はこじれるばかりでしょう。

    亡くなったお祖母様の心中は分かりませんが、
    大正生まれで身長160cm後半の女性、「大女」として笑われることもあったかもしれません。
    長身の長女は、自分と「同じ」だからかわいがった。沢山着物を誂えた。上の子だし。
    身長150cm後半の次女は「違う」から差をつけた。
    …と、そんな理由があったかも。

    なんにせよ、着られる状態でなくなった物のために親子喧嘩するなんてくだらない。
    諦めましょう。

    ユーザーID:6589568261

  • その着物は諦めましょう

    お母様の怨念がこもった着物は着ない方が良いでしょう。

    触らぬ神に祟り無しです。

    要らぬ事に顔を突っ込むと別の問題を呼び寄せますから。

    どうか、もうお母様の前では着物の事には触れないであげて下さい。

    ユーザーID:6338406563

  • トピ主です。

    皆さま、回答ありがとうございます。
    ネットに上がった自分の文章を改めて読んでみると‥確かに母は着物に対して
    心に傷を持っていると感じました。闇があるというか。

    結論としては、私は実家にある着物は諦めることにしました。
    あれは母の着物です。(後述しますが母が実力でもぎとった着物です)
    着物の状態も良くないのでしょうが、あのまま母にまかせます。
    これからは母に対して、着物の話題を出す事もしません。1人暮らしをしている中で
    使用している、和雑貨(着物の布地で作ったコースターとか来客時に出していた)も、
    母に対しては使いません。着物を連想させる物は排除します。
    抹茶ケーキは喜んでいたので、和菓子までですね‥。

    自分で着る着物は、実家を出てからリサイクル着物を手に入れているので、
    引き続きそちらを着ようと思います。
    (着付け教室を終了してから数年ですが、着物は教室でレンタルしたものを着たりしています。
    着付けは一応大丈夫かと‥)

    私は母と話すときは、母が機嫌を損ねないよう当たり障りの無いような事しか喋りません。
    母は気が強く、言い合いになったら私は負けます。
    接触が最小限になって初めて、穏やかに話せている気がするので、このままの状態をキープしたいのです。

    私には5つ上の姉がいます。姉(身長170cm越え)は祖母に誂えてもらった着物で
    桐箪笥がいっぱいでした(姉は既婚ですが結婚前の学生の頃から大量に誂えてもらっていました。
    桐箪笥も姉専用のものが有)
    昔からそうで、当たり前のことでしたので(20代までオタクで漫画ばかり描いていて、着るものに
    関心無かったし)、問題とも思っていませんでした。
    いや、何が当たり前なのと言われると、そうなんですが‥。

    ユーザーID:8360622783

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です。

    母は茶道の免状も持っています。実家の和室には、茶道で使う炉があります。
    でも家でお茶をたてた事は一度も無いです。母が着物を着たのは姉の結婚式の時のみです。

    私が祖母の着物をもらったきっかけは姉の結婚式でした。

    姉「式にはちゃんとした服で来てよ!」
    その頃の私は服装に関心無く、外ではジーンズ、家ではジャージでした。
    私「判った」
    姉「着物は?おばあ様の作った着物着てよ」
    私「え、無いよ、持ってない」
    それを聞いていた母が、祖母の家に電話をしました。
    母「〇〇(姉)が結婚する、ぐれサブロウの着物が無い。私の黒留袖も無い。今度取りに行くからよこせ!」怒気をはらんだ声でした。
    母は私を連れて祖母宅へ行き(新幹線の距離です)、そこで祖母に着物やら反物やら色々出させ、
    母は祖母の黒留袖をもらい、結局、私の礼装用の着物は似合うものが無かっためもらうのは保留となりました。
    (私はこのときは一枚ももらっていません)
    式には洋装で出席し、事なきを得ました。服は姉が見立てたので大丈夫かと。
    反物のままでもらったものは、母のサイズで仕立てを依頼していました。
    (祖母より母に私のサイズの問い合わせがあったが、母が「あの子のサイズは私と一緒だから!」と
    言ったらしいので、母のサイズで仕立ててあります)この時祖母は私のサイズで仕立てようとした?

    それから十数年後、祖母の体が弱ってきた頃より数回にわたり、母は祖母宅を訪ねた際、着物を自宅へ移送し始めました。
    私が実際に着物をもらったのは、その数回のうちの一回です。荷物持ちで同行していましたので。

    だんだん色々思い出してきました‥

    母との接触はこちらからはしない、のですが、10月に
    私は外科手術のため入院、退院後は実家で数日療養することになっているので(退院後は実家に寄らず家に帰ると言ったが母がきかないので)、何かグルグル考えてしまいます‥。

    ユーザーID:8360622783

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 諦めようよ

    虫わいているんでしょう? 私なら、そんな着物見た瞬間にごみ袋に投げ入れますね。どうして、そんな虫だらけの着物着たがるのか不思議です。いくらたとうしの上と言っても、絶対に中に入り込んでいるはず。私ならタンスごと捨てます。 おばあさまからもらっただの、お母様の気持ちだの、一瞬にして吹き飛んでしまいます。

    ユーザーID:8101938910

  • 衣類の防虫剤を入れてあげて

    おばあさまが主さんに下さった着物はどうなったんでしょう?

    主さんは。主さんがいただいた着物をきて、
    お母さまの頂かれた着物には手を出さない方がいいのでは?

    いずれにしても、お母様のタンスには、だまってコッソリと、衣類の防虫剤を入れて差し上げてください
    それくらいは親孝行してもいいんじゃない?

    ユーザーID:1386002799

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧