老鳥について

レス7
(トピ主3
お気に入り14

趣味・教育・教養

トピ主

老鳥と暮らしています高齢者です。
最近小鳥たちはは寝ている事が多く、
食事の量も減り体重も少し減少しています。
飛び立つと時もかなり踏ん張っています。
毛艶は良いです。
糞便検査異常なしです。
数は少ないですが良いうんちをしています。
餌の好き嫌いがあり、丸く白っぽい(薄い黄色?)餌を好んで食べています。

老鳥が穏やかに過ごせる環境について教えて頂きたいのです。
ケージのバリアフリー化。
老鳥用の餌。
保温(今は28度くらいにしています)
いま思いつくのはこのくらいですが、他にもございましたら宜しくお願い致します。

ユーザーID:8585008702

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
  • 過去の経験から

    定期的に動物病院で検査なさるなど大切にされているご様子が伝わってきます。

    「丸く白っぽい(薄い黄色?)餌」は栄養価の高いあわ玉という餌ではないかと思いました。

    以下、過去の経験をお書きしたいと思います。

    バリアフリーは、加齢に伴い小鳥が止まり木からこけるようになったら、二階の止まり木を外し一階だけの暮らしにしました。
    その頃には皆、行動範囲も狭くなるので、より小さなゲージ(ハムスターかごとか)や目白かご転居させました。
    御飯いれ、水いれも一階暮らしでこと足りるように配置しました。
    配置は実は動物病院の担当医が小さな箱庭のようにアレンジしてくれました。

    餌は天寿を全うするまで、皆、普通の殻つき餌でした。
    食欲のない時期は、動物病院特製の特別療養食を食べることもありましたが。

    保温は、小鳥の種類にもよりますが、28度で十分ではないかと思います。
    うちはエアコンで、暑すぎたり寒すぎたりしないように調整していました。

    ほか特別なことはしませんでした。
    天寿が近くなると、はあはあ荒い呼吸をしたり、膨らんだり心配なこともありましたが、動物病院からは、病院への移動だけでも大変なストレスなので、保温にだけ気をつけて、おうちで様子をみてくださいと言われました。

    最期は、朝おきたら、かごに頭をもたれかかるように眠るように逝った子、目の前で頭がすうっと下におりて逝った子、病院から天に召されたとの連絡があった子、、などでしたが、みなよい思い出を残してくれました。

    大切な小鳥ちゃんたちの幸せをお祈りしています。
    動物病院ならもっと適切な助言をくださるように思います。

    ユーザーID:8671591610

  • トピ主です。

    小鳥さま、アドバイスありがとう御座います。

    文鳥ですが、2階の止まり木でターンするのが辛そうです。

    1階の生活の方が楽ですね。

    3日ほど前から、文鳥の顔の周りの羽毛が抜けてる気がしていたのですが、昨日から大量の羽毛が抜けてきました。
    2日で一部の地肌が見えそうなくらいの勢いで怖いくらいです。
    毎年、換羽は6月前後でしたが、今年の6月頃に換羽はありませんでした。
    この時期に換羽はあると思われますか?

    ユーザーID:8585008702

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • これまた過去の経験からですが

    トピ主様は丁寧に観察なさっていらっしゃいますね。

    恥ずかしながら私は毎年の換羽時期を正確に把握してきませんでした。

    思えばうちの子たちは4〜6月頃には毎年、羽が入れ替わっていたと記憶しています。
    思い出すと季節外れに2月の子もおりました。

    推測ですが、ひとも動物も年齢とともに、色々な周期が乱れてくるかも知れず、もしかしたら遅めの換羽期かも知れません。

    ただ過去に脱毛が長引き心配で動物病院に連れていきましたところ、換羽のほか、真菌(かび)、ストレス(人間と同じですね)、栄養の偏りなど色々な可能性を指摘されました。

    換羽(確かに地肌が見えます)ですと抜けたあとにすぐトゲトゲの筆毛が生えてくると思いますが、抜ける一方のときには、主様、文鳥さんのご負担にならない範囲で動物病院にご相談になるのもよいのかなと思います。

    ユーザーID:8671591610

  • 小鳥様。

    何度もありがとう御座います。

    トゲトゲの新しい羽が出てこないようでしたら、病院に相談してみます。
    先生が少しモラ気があるように感じておりまして、質問すると不機嫌になられます。
    以前に診て貰っていた先生がお辞めになられ、他に小鳥を診て頂ける病院が無くて。
    診察時間を含め、約3時間かかりますので、小鳥には負担になっていると思います。
    私の方は大丈夫です。

    白っぽい、薄黄色の餌はあわ玉ですか。
    栄養価が高いとの事、少し増やしてみようと思います。

    ユーザーID:8585008702

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です。

    経過です。

    文鳥は8歳です。
    昨日も大量に羽毛が抜けてしまいました。
    頭と頬と胸の一部が酷い状態です。
    尾羽も残りわずかです。
    一日中、毛づくろいをしており、
    触ったり、ブルブルをしただけで抜け落ちています。
    小鳥用の羽毛座布団が出来そうなくらいです。

    昨日は気が付かなかったのですが、先ほど老眼鏡で見ると、頭に数ミリの白いポツポツがありました。
    新しい羽毛かも知れません。

    ユーザーID:8585008702

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 飼い方は自己流でした

    羽が抜けるのが換羽なのか、心配な脱毛(羽)かわかりかねます。
    ただ、文鳥さんがもし、いつもと変わらない様子なら、自分なら少し様子を見るかなと思います。

    羽根は抜けなくても、膨らんでいたり、いかにも元気がなかったり、てんかん発作を起こすなど、明らかにいつもと様子が違っていたら動物病院に連れていっていました。

    あとは本やさんで、文鳥の飼い方の本をみたり、ネットで調べたり自己流でしたでしょうか。

    自己流なもので、ある日病院から、豆苗をあまり食べさせないで下さい、と注意を受けました。

    文鳥には甲状腺の病気が多く、豆油はよくないのだそうです。
    こんな感じで自己流で飼ってきました。

    ユーザーID:8671591610

  • 鳥の飼育者に必要なこと

    鳥をまともに診察できる獣医師を確保していること。
    鳥のピンチをそれと認知できること。
    ペレットを与えること。
    検診を受けさせること。
    だと私は思うんです。

    鳥も人間と同じように、年をとると腎臓、肝臓、心臓など悪くします。
    そういうときにいきなり薬ではなく、
    処方食が力を発揮することがある。
    それに対応するためにペレット食にしておくこと。
    若いうちにそうしておくべきでしたが。

    鳥の1年は長いです。
    2、3か月に一度ぐらいは通院させているでしょうか。

    保温していると胸を張る人は多いが、
    何のためになぜ保温するのかを見失っている人も多い。
    「うちは30度をキープしています!」
    聞くといたって元気な若い鳥だというのです。
    健康な鳥が30度なら、病気したときに
    いったい何度まで上げるおつもりで???
    鳥を煮るおつもりですか?
    ちゃんと理論と合理性が伴っていなければ、
    飼い主がやることはただの自己満足になってしまいます。
    直接診察した鳥類専門医でもない限り、
    現在の温度設定や環境を適切と判断することはできないはずです。
    トピに寄せられるアドバイス、共感、信頼、友情。
    私の話を信じるかも含め、よくお考えになったほうがよいです。

    飼い主の質問に苛立ち丁寧に答えない獣医師は、
    鳥にとっての良い獣医師でしょうか。
    私であれば今からでも、並行してよそを探します。
    ここ何年か特に、各地に開業する専門医が増えています。
    最も恵まれているのは無論、首都圏ですが、
    貧弱だった関西、九州にも少しずつ。
    予約が取りにくいかもしれませんが、
    今からでもよそを探すことも強くお勧めします。

    ユーザーID:3834135409

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧